福井 新型 コロナ 爆 サイ。 「発熱検知機能付LEDディスプレイ」TBグループがwithコロナ時代のデジタルサイネージを展開

新型コロナウイルス感染防止緊急事態宣言発令に伴う当社の対応について

福井 新型 コロナ 爆 サイ

特定多数が出入りする会社や学校、また不特定多数が集まる飲食店や商業施設、公共施設等のエントランスで行われる人の手を介した検温やマスクチェック。 属人的な方法だけで進めるには現場の負担が大きく、中長期的に対策をし続けることは大変困難です。 これらの背景を見据えて、顔認識技術をも活用しながら検温とマスクチェックが高速・高精度で可能となるAIサイネージの検討を重ね、 「FACE CATCHER」 の受注開始に至りました。 また認識時のデータは、リアルタイムにサーバに送るだけではなく、本体に蓄積しておき、LAN(有線あるいはWi-Fi)経由でPCにエクセルデータで保存することが可能です。 (3)WEB管理サーバによる一括管理と拡張性 専用のWEB管理サーバシステム内管理アプリで一括管理ができます。 管理サーバでマスクの有無、体温、体温異常者を個別に管理できます。 またHTTPインターフェース提供のため、既存の勤怠管理サーバシステム等との連携も有償にて対応可能です。 (4)応用的な活用 メガネやヘルメット等の着用管理、検索、登録者以外の来場者の性別推定や年齢推定、感情推定等のデータを利用して、マーケティングやサイネージの効果測定等に応用することもできます。 消費財メーカー向け営業アウトソーシング、店頭リサーチ事業、マーケティングに関わるシステム開発およびASP 展開。 調査インフラとして、全国47 都道府県のメディアクルー(登録スタッフ)数が28 万人を超える。 予告なしに変更され、発表日と情報が異なる可能性もありますので、予めご了承ください。

次の

「発熱検知機能付LEDディスプレイ」TBグループがwithコロナ時代のデジタルサイネージを展開

福井 新型 コロナ 爆 サイ

岩手県は新型コロナウイルスの感染がゼロなのか。 ご当地女性タレントのふじポンが現地をリポートした。 「ウイルスは飛んでいるんだけど、人がいないからくっつかない。 渋谷のスクランブル交差点の人が減ったというけど、盛岡なんて、いつもこんなもんです」と女性は語っている。 岩手県の人口は全国32位の122万人だが、面積は北海道に次いで全国2位と広く、人口密度も1平方キロメートルあたり80人で2番目に少ない。 「口数の少ない県民性で飛沫も少ない」「真面目な県民性。 やりましょうということに対して、岩手県民は『はい、わかりました』とやる人が多い」と、県民性を理由にあげる人もいた。 また、「納豆とか食べていて、健康に気を使っているから」「豆腐や納豆を食べるといいよとよく聞きます」と、納豆を挙げる人が多数いた。 雪が多い東北地方では、納豆は冬場の貴重なタンパク源。 盛岡市の納豆購入金額は、総務省の2018年の調査で全国1位なのだ。 「感染者1号のなりたくない」とみんなで予防 病院の連携体制や独自の外出自粛要請など、達増拓也知事の対応の早さを評価する声もあった。 古着店で働く男性は、「みんな、(県内の新型コロナ感染者の)1人目になりたくないという意識が強いのかもしれない。 それが(予防の)徹底につながっている」と話していた。 東邦大の小林寅竽教授「知事の初動が早く、県民もそれに従うということが成果に表れています」キャスターの立川志らく「(感染者ゼロは)たまたではなく、いろんなことが積み重なっています。 真似るべきですね」 「感染ゼロ」がクローズアップされると、必ず岩手へ行こうというバカ者が出てくる。 さくらまつりを中止した岩手県北上市の住民は「『住民です』と嘘をついて入ってくる観光客で渋滞が起きてます。 控えてほしい」と訴える。 県内のある旅館は、平日でも予約の半分を関東の客が占めるようになり、安全のため休館にした。 郄橋知典(弁護士)「今は岩手に行かないことが大事です」 外部サイト.

次の

​アフターコロナ検温AIサイネージ 「FACE CATCHER」 、 受注開始のお知らせ|インパクトホールディングス株式会社のプレスリリース

福井 新型 コロナ 爆 サイ

目次 【NEW】 令和2年6月26日、午前11時「市新型コロナウイルス感染症対策本部からのお知らせ」「イベント・施設」「新型コロナウイルス感染予防・啓発」を更新しました。 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 <外部リンク> 市新型コロナウイルス感染症対策本部からのお知らせは下記リンク先をご覧ください。 特別定額給付金については下記リンク先をご覧ください。 貸し付け・給付・助成• <外部リンク> 税・料金等 収入が大幅に減少したなどの事情により、市税や保険料・料金等の支払いに不安のある方は随時相談をお受けしております。 下記の担当課へお問い合わせください。 問い合わせ先 市税・料金等 担当 電話番号 市・県民税、固定資産税・都市計画税、軽自動車税(種別割) 税務課納税係 227-6041 国民健康保険税 保険年金課健康保険係 227-6071 後期高齢者医療保険料 介護保険料 介護長寿課介護保険係 227-6066 水道料金・下水道使用料 上下水道課管理係 227-6102 関連ページ ・ ・ ・ <外部リンク> 中小企業・小規模事業者支援については下記リンク先をご覧ください。 野々市市事業継続緊急支援金【6月23日より拡充】 新型コロナウイルス感染症に伴う経済活動の制限などにより売り上げ減少に悩む市内事業者に対し支援金を交付します。 支援金の額:1事業者あたり一律10万円 対象事業者、申請方法等の制度の概要はをご覧ください。 〇お問合せ先 産業振興課商工労働係 076-227-6082 新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛等の影響によって、野々市市内の飲食業にも大きな影響がでています。 このような状況の中で、テイクアウト、デリバリー等の方法によって事業の継続に奔走する飲食業者の方々を少しでも支援したいという思いから、市内のデリバリー、テイクアウトまとめサイト「#ののうちごはん」を開設しました。 持続化給付金事業 コールセンター 受付時間:8時30分~19時00分 (5月・6月(毎日)、7月から12月(土曜日を除く) 直通番号:0120-115-570、IP電話専用回線:03-6831-0613 <外部リンク>• <外部リンク>• 市主催イベント等の開催方針について(5月28日改訂) 石川県が示す基準を満たすことを前提として、適切な感染防止策を講じた事業の実施を検討してまいります。 ただし、感染のリスクが高く安全の確保が困難な事業は、引き続き実施の必要性を慎重に検討し、中止又は延期等の対応を行ってまいります。 イベント等を開催する方へのお願い(5月28日改訂) 適切な感染防止策を講じたうえで、参加者のほとんどが市内・県内在住であることを前提に、石川県が示す基準を満たす場合に、開催できることとします。 なお参加者の皆さまには「新しい生活様式」の実践にご協力いただきますようお願いします。 <外部リンク> <外部リンク> イベント等の開催方針について(5月22日以前分) コミュニティバス・シャトルバスの運行については下記リンク先をご覧ください。 野々市市教育委員会からのお知らせ 市教育委員会からのお知らせは下記リンク先をご覧ください。 子どものいるご家庭へ 新型コロナウイルス感染症について• 感染予防・啓発 新型コロナウイルス感染症の予防・啓発にご活用ください。 <外部リンク>• <外部リンク>• オンライン申請・郵便請求 子育てや介護分野の手続きを中心に、オンライン申請が可能です。 感染症の予防にご活用ください。 <外部リンク> また、住民票や戸籍、税証明などは郵便請求が可能です。 詳しくは担当課へ問い合わせてください。 <外部リンク>• 日々の生活の悩みについて相談したいとき 各相談窓口の一覧については下記リンク先をご覧ください。 <外部リンク>• <外部リンク>• <外部リンク>• <外部リンク>• <外部リンク>.

次の