讃岐 うどん レシピ。 讃岐うどんの作り方・中野うどん学校−ダイエット料理レシピ

簡単!ざるうどんつゆの作り方*讃岐うどんの味を自宅で完コピ!

讃岐 うどん レシピ

手打ちうどん(讃岐うどん)讃岐うどん(手打ちうどん)の作り方です。 カロリー:約 350Kcal• 脂肪分:約 1. うどん粉(うどん専用粉)=500g• 水=220~230cc(室温で若干変わります)• 生地が硬く感じる場合は若干水を加水してください。 【使用する道具】• まな板• 麺切り包丁(無ければ普通の包丁でも可)• 大き目のボウル• うどん粉は粉ふるいで2回ほど篩っておきます。 分量の塩を分量の水によく溶かしておきます。 うどん専用の打ち粉、またはうどんを作るときと同じ粉を用意します。 レシピ.

次の

讃岐うどん・かけうどん−ダイエット料理レシピ

讃岐 うどん レシピ

讃岐うどんのメニューを 基本的なものから、チョッと変わった 風変わりメニューまでご紹介しております。 シンプルだから際立つ美味しさ 亀城庵釜玉うどん• 美味しい讃岐うどんの茹で方• 1) 沸騰したたっぷりのお湯(麺の10倍の量 の中にうどんを入れます。 2) うどんが底に付かないように、軽く箸でほぐします。 1分くらいすると、うどんが浮き上がってきます。 それまで強火のままにして下さい。 3) うどんがグルグルと対流するように火力を調節します。 4)茹で上がったら、鍋から取り出します。 5)茹で上がったうどんを冷たい水でゴシゴシ水洗いします。 (冷たく締めれば締めるほど強いコシがでます。 6)水洗い後、別の沸騰させたお湯でうどんを湯銭して下さい。

次の

讃岐うどん・かけうどん−ダイエット料理レシピ

讃岐 うどん レシピ

いずれも弊店販売の麺ですので、他店の麺とは調理方法が異なる場合がございます。 下記麺の調理方法を他店の麺には決して流用しないで下さい。 1.『小豆島そうめんの茹で方』 【ポイント】 そうめんとひやむぎは、麺線が細い為にわずかな時間でも茹で過ぎになることがあります。 特に茹でてから流水で洗う間にも、麺が煮えてしまうので、 ざるに取り上げたら「氷水」で粗熱を取るのが 重要なポイントです。 ・ボールや鍋、たらい等に予め「氷水」を用意しておきます。 (茹でた素麺が浸る位です。 (ほぼうどん同様です。 複数束入れる時には、予め帯を外して下さい。 お湯に入れる都度帯を外すと、茹で時間に差が出てしまいます。 (地域により差がありますので加減して下さい) (2分を目安として、硬めにしたい時は1分30秒、柔らかめにしたい時は、2分30秒以上の目安で茹でます。 また、氷水につけたままの盛り付けを 行うときはつゆを少し濃い目にすると良いでしょう。 「にゅうめん」でいただく時は、一度上記のように麺を洗って後に温め直して頂きます。 このとき、予め具の用意とつゆの用意をしておき、頂くまでの時間を空けないようにしましょう。 四季を通じて、マカロニの代わりサラダとして、ちょっと塩味を薄めにした汁物の具(下茹でせずそのまま使います)として ビーフンの代わりに炒め物の具としてなど様々にご利用いただけます。 『乾麺・うどんの茹で方』 【ポイント】 乾麺・うどんも、比較的麺線が細い為に少しの時間でも茹で過ぎになることがあります。 茹であがり時間に近づいたら、こまめに麺の茹で上がり状態を噛んで確かめましょう。 ・1袋250gに対して、茹でる為のお湯は2.5リットル以上用意します。 (半生うどん同様です。 (地域により差がありますので加減して下さい) (硬めの場合は、噛んでみてわずかに芯が残る程度で茹であがりとなります。 また、氷水につけたままの盛り付けを行うときはつゆを少し濃い目にすると良いでしょう。 温かい麺でいただく時は、一度上記のように麺を洗って後に温め直して頂きます。 このとき、予め具の用意とつゆの用意をしておき、頂くまでの時間を空けないようにしましょう。 ふとうどんが食べたくなった時や単身のお子様、ご主人などお一人の方には最適な常備麺です。 温かくしても、冷たくしても、焼きうどんのように炒めてもおいしく戴けます。 『乾麺・そばの茹で方』 【ポイント】 乾麺・そばも、比較的麺線が細い為に少しの時間でも茹で過ぎになることがあります。 茹であがり時間に近づいたら、こまめに麺の茹で上がり状態を噛んで確かめましょう。 ・1袋250gに対して、茹でる為のお湯は2リットル以上用意します。 (ほぼうどん同様です。 (地域により差がありますので加減して下さい) (硬めの場合は、噛んでみてわずかに芯が残る程度で茹であがりとなります。 温かい麺でいただく時は、一度上記のように麺を洗って後に温め直して頂きます。 このとき、予め具の用意とつゆの用意をしておき、頂くまでの時間を空けないようにしましょう。 ふとそばが食べたくなった時や単身のお子様、ご主人などお一人の方には最適な常備麺です。 温かくしても、冷たくしてもおいしく戴けます。 『ひやむぎの茹で方』 【ポイント】 そうめんとひやむぎは、麺線が細い為にわずかな時間でも茹で過ぎになることがあります。 特に茹でてから流水で洗う間にも、麺が煮えてしまうので、 ざるに取り上げたら「氷水」で粗熱を取るのが 重要なポイントです。 ・ボールや鍋、たらい等に予め「氷水」を用意しておきます。 (茹でた素麺が浸る位です。 (ほぼうどん同様です。 複数束入れる時には、予め帯を外して下さい。 お湯に入れる都度帯を外すと、茹で時間に差が出てしまいます。 (地域により差がありますので加減して下さい) (4分を目安として、硬めにしたい時は3分、柔らかめにしたい時は、5分以上の目安で茹でます。 また、氷水につけたままの盛り付けを 行うときはつゆを少し濃い目にすると良いでしょう。 このとき、予め具の用意とつゆの用意をしておき、頂くまでの時間を空けないようにしましょう。 四季を通じて、マカロニの代わりサラダとして、ビーフンの代わりに炒め物の具としてなど様々にご利用いただけます。 『祖谷古式そばの茹で方』 【ポイント】 そばも、比較的麺線が細い為に少しの時間でも茹で過ぎになることがあります。 茹であがり時間に近づいたら、こまめに麺の茹で上がり状態を噛んで確かめましょう。 ・1袋180gに対して、茹でる為のお湯は1.8リットル用意します。 強くかき混ぜると麺が折れますので ゆっくりと麺をほぐしてください。 (地域により差がありますので加減して下さい) (硬めの場合は、噛んでみてわずかに芯が残る程度で茹であがりとなります。 温かい麺でいただく時は、一度上記のように麺を洗って後に温め直して頂きます。 このとき、予め具の用意とつゆの用意をしておき、頂くまでの時間を空けないようにしましょう。 | | | | | | | | | | | |.

次の