ファミリー リンク 解除。 【Android】子どものスマホ使用を制限する「Googleファミリーリンク」の使い方

【解決済み】Googleファミリーリンク13歳以上になった後の設定方法、「管理ツールを設定」画面でスマホに赤く「!」が出て動かないあすたまいず

ファミリー リンク 解除

はじめにアカウント削除と管理機能解除の違いを確認しよう Googleファミリーリンクの管理機能を停止するとき、スマホの設定画面で該当項目を探してみると、「アカウント削除」という項目にたどり着くことがあります。 「アカウント削除」は文字通り、 子ども用に作成したアカウントを削除するものです。 「管理機能解除」は、 保護者のアカウントから子ども用アカウントを管理する機能のみ解除することを意味しています。 日本では13歳以上になると、Googleアカウントを自分で作成・管理できるようになりますが、Googleファミリーリンクで作成した13歳未満の子ども用アカウントは、13歳になるまでは保護者の管理下にあることが必須条件になっています。 つまり、13歳未満の子ども用Googleアカウントの場合、そもそも管理機能の停止はできません。 13歳未満の子どもは、そもそも「ファミリーリンク」ではない通常のGoogleアカウントは作成できないため、保護者の設定画面では「アカウント削除」しか表示されないというわけです。 「アカウント削除」の項目がある。 子ども用のGoogleアカウントの管理機能を停止したいだけなのに、誤ってGoogleアカウントを削除してしまう、ということがないよう注意が必要です。 万が一、子ども用アカウントを削除してしまった場合、保護者が13歳未満の子ども用に作成したアカウントで、かつ削除した直後であれば復旧ができます。 では、ファミリーリンクの管理機能を解除する方法を確認していきましょう。 Googleファミリーリンクの管理機能を解除する方法 Googleファミリーリンクの管理機能は、 保護者用の端末から解除を行います。 具体的には、以下の手順で解除できます。 保護者用端末からGoogleファミリーリンクアプリを起動• 「メニュー」から管理機能を解除したい子どものアカウントを選択• 右上のサブメニュー(三点リーダー)から「アカウントの管理機能」を選択• 誤って管理機能を停止した場合や、停止したけれどもう一度設定したい場合は、再度ファミリーリンクの設定もできます。 子どもの成長に合わせてGoogleファミリーリンクの管理機能を調整しよう 子どもたちが自分で安全にインターネットを使えるようになるまでは、使い方について家族でルールを決め、保護者が見守るというケースが多いですよね。 13歳を過ぎても、必要であればGoogleファミリーリンクの管理機能を使用することも可能です。 成長に合わせて、子どもたちと話し合いながら管理機能を活用すれば、より安全にスマホを使わせることができそうです。

次の

Googleファミリーリンクの解除方法は?注意点とあわせて解説

ファミリー リンク 解除

保護者の方へ Google にとって、保護者の皆様からの信頼は大切なものです。 また、お子様に Google アカウントを持たせることが保護者の方にとって大きな決断であることを理解しています。 このファミリー リンク開示情報(保護者向け)(以下、「開示情報」)では、お子様に Google の各種サービスへのログインを許可する前に、保護者の皆様にご検討いただきたい重要情報について説明しています。 お子様が Google アカウントを利用するには、この開示情報(下記の「プライバシーに関するお知らせ」を含む)と に記載されているとおりに Google がお子様の情報を収集、利用、開示することを保護者の方に許可していただく必要があります。 許可していただくと、お子様のアカウントが保護者の方の Google ファミリー グループに追加され、保護者の方はファミリー リンクの機能を利用してお子様のアカウントを管理できるようになります。 お子様用の Google アカウントは、保護者用のアカウントと類似しており、保護者の方がご利用になるような一般ユーザー向けのサービス(Chrome、Google 検索、Gmail、Google Play、ハングアウト、Google アシスタントなど)を含む、Google のさまざまなサービスにアクセスできることをご理解ください。 ほとんどのサービスは子ども向けに作成されたものではないため、お子様がそうしたサービスを利用して他のユーザーとやり取りしたり、保護者の方が不適切とみなすコンテンツを見つけたりする可能性があります。 お子様は、自分のアカウントを使用して次のようなことを行えるようになります。 インターネットにアクセスして検索する。 メール、チャット メッセージ、ビデオ通話、音声通話を送受信する。 お子様のアカウントを対象とする Google Play の承認設定に沿って、アプリ、ゲーム、音楽、映画、書籍など、Google Play で入手できる各種コンテンツの購入、ダウンロード、アプリ内購入を行う。 写真、動画、音声、メモ、プレゼンテーション、ドキュメントなどのコンテンツを作成、表示、共有、受信する(こうしたコンテンツが一般に公開される場合もあります)。 お子様の年齢が 13 歳を超えている場合は、Google Fit で健康状態やフィットネスに関する情報(活動量、心拍数、血圧、栄養状態など)を追跡する。 下記の(「プライバシーに関するお知らせ」)に記載されているとおり、Google がお子様にを配信することはありません。 ただし、お子様が Google サービスを使用しているときに広告が表示される場合があります。 また、この開示情報に記載されている内容を、保護者の方の同意なく変更することはありません。 保護者用の機能 ファミリー リンク お子様用アカウントの権限を付与すると、ファミリー リンクで次のことができるようになります。 お子様による Google Play からのダウンロードや購入を承認する。 ユーザー成熟度別レーティングに基づいて、Google Play ストアに表示されるコンテンツを制限する。 セーフサーチなど、Google 検索の設定を管理する。 お子様が Android デバイスで使用するアプリの権限(マイク、カメラ、位置情報、連絡先へのアクセス権など)を確認する。 YouTube Kids アプリのコンテンツ フィルタ設定を変更する。 お子様の Android または ChromeOS デバイスに対して、利用時間の上限を設定する。 お子様がログインして使用している Android デバイスの位置情報を確認する。 お子様の Google アカウントのアクティビティ設定を管理する。 2 人目のファミリー メンバーがファミリー グループの管理者とほぼ同じ機能を使ってお子様のアカウントを管理することを許可する。 ファミリー リンクのツールを利用して、ご家族のデジタル機器の利用に関する基本ルールを設定できます。 が、すべての機能にアクセスするにはまたは ファミリー リンク アプリが必要になります。 たとえば、利用時間の上限の設定といった機能を使用するには、ファミリー リンク アプリをダウンロードする必要があります。 なお、機能によっては Android、ChromeOS などの一部の OS でしかご利用いただけないものがあるほか、特定の設定や環境が必要になることがあります。 たとえば、ファミリー リンク アプリでお子様のデバイスの位置情報を確認するには、お子様のデバイスの電源がオンで位置情報の共有が有効になっており、インターネットに接続されていて、最近使用されている必要があります。 さらに、セーフサーチや Chrome のウェブサイトの制限といったフィルタは完全ではないため、お子様に見せたくない露骨な表現、画像などのコンテンツが表示される可能性もあります。 保護者による Google Play の使用制限と購入の承認 お子様は Google Play ストアで、さまざまなコンテンツ(アプリ、映画、書籍、音楽などのタイトルを含む)を検索できます。 お子様のアカウントに管理機能を設定する際に、保護者の方はお子様にとって適切だと思われる判断に基づき、Google Play の設定を確認して、変更する必要があります。 ただしこのような設定は、サードパーティによるユーザー成熟度別レーティングに基づいているため、対象年齢の区分が不十分な場合や不適切な場合があります。 したがって、保護者の方が選択した設定にかかわらず、不適切と思われるコンテンツのリストがお子様に表示されてしまう可能性があります。 お子様が成人向けコンテンツをリクエストしたり、デバイスにインストールしたサードパーティのアプリを利用して他のユーザーと情報の共有や、やり取りを行ったりする可能性もあるため、何を承認するかは保護者の方の裁量で決定する必要があります。 たとえば、お子様はサードパーティのアプリを利用して写真や動画を共有できます。 場合によっては、お子様の購入とダウンロードに承認設定を設けても、保護者の方の承認が求められないこともあります。 たとえば、お子様がアプリやコンテンツを再ダウンロードする場合、アプリのアップデートをインストールする場合(コンテンツを追加するアップデート、データや権限の追加を要求するアップデートも含まれます)、Google Play ファミリー ライブラリから共有コンテンツをダウンロードする場合などです。 お子様の Android または Chrome OS デバイスからアクセスできないように、アプリをブロックすることもできます。 アプリをブロックするには、ファミリー リンクで [アプリ] カードをタップし、ブロックするアプリを選択して [アプリを許可] をオフに切り替えます。 アプリは削除されませんが、アプリのブロックを解除しない限り、お子様のデバイスに表示されなくなります。 なお、お子様のデバイスからアプリを削除またはアンインストールしても、お子様は保護者の方から追加の承認を得ることなくアプリを再インストールできます。 また、保護者の方はファミリー リンクを利用してお子様のアプリの権限を確認することもできます。 ファミリー リンクで管理する Google アカウントのプライバシーに関するお知らせ(13 歳またはお住まいの国の該当する年齢未満のお子様向け)(「プライバシーに関するお知らせ」) Google では、お子様の Google アカウントに関して Google が収集する個人情報、個人情報を収集する理由、保護者の方がその情報を更新、管理、エクスポート、削除する方法について、保護者の皆様にご理解いただくことが重要だと考えています。 このプライバシーに関するお知らせと は、お子様の Google アカウントのプライバシー保護に対する Google の取り組みについて説明するものです。 なお、カスタマイズされた広告に関する制限の規定など、このプライバシーに関するお知らせと Google プライバシー ポリシーの内容で相反する事項がある場合は、このプライバシーに関するお知らせが優先されます。 このプライバシーに関するお知らせは、お子様が利用するサードパーティ(Google 以外)のアプリ、アクション、ウェブサイトには適用されません。 お子様にとって適切であるかどうかを判断するには、データ収集やその利用方法など、サードパーティのアプリ、アクション、サイトに適用される規約、ポリシーをご確認ください。 Google が収集する情報 には、Google の情報収集方法について記載されています。 たとえば、Google は以下の情報を収集します。 保護者の方やお子様が作成した結果、Google に提供される情報 アカウント作成プロセスの一環として、氏名やメールアドレス、生年月日などの個人情報の提供をお願いしています。 また、Google は、お子様に提供していただいたコンテンツ(Google が保護者の方の同意を得る際に必要となる、保護者の方のオンラインの連絡先情報など)を収集するほか、 お子様が Google フォトへの画像の保存、Google ドライブでのドキュメントの作成といった操作を行った場合も、お子様が作成またはアップロードした情報や他のユーザーから受け取った情報を収集します。 お子様が Google サービスを使用したときに Google が収集する情報 Google は、お子様が Google 検索でクエリを入力したり、Google アシスタントに話しかけたり、YouTube Kids で動画を見たりしたときなどに、お子様が使用したサービスやその使用方法に関する特定の情報を自動的に収集し、保存します。 これには以下の情報が含まれます。 お子様のアプリ、ブラウザ、デバイス Google は、お子様が Google サービスにアクセスするために使用するアプリ、ブラウザ、デバイスに関する情報を収集します。 この情報には、固有 ID、ブラウザの種類と設定、デバイスの種類と設定、オペレーティング システム、モバイル ネットワークに関する情報(携帯通信事業者名や電話番号など)、アプリケーションのバージョン番号などが含まれます。 また、Google サービスとお子様のアプリ、ブラウザ、デバイスの間の通信についての情報も収集します。 たとえば、IP アドレス、障害レポート、システム アクティビティ、お子様のリクエストの日時と参照 URL などが該当します。 こうした情報は、お子様のデバイス上の Google サービスが Google のサーバーと通信したとき(お子様が Play ストアからアプリをインストールしたときなど)に収集されます。 お子様のアクティビティ Google は、Google サービスでのお子様のアクティビティに関する情報を収集します。 この情報は、Google Play でお子様向けのアプリをおすすめするなどの目的に使用します。 Google が収集するお子様のアクティビティ情報には、検索キーワード、視聴した動画、音声機能を使用する際の声や音声の情報、お子様のやり取りの相手やコンテンツの共有相手、お子様の Google アカウントで同期した Chrome 閲覧履歴などがあります。 また、お子様が通話の発信、着信やメッセージの送受信を行える Google サービス(Google ハングアウトなど)を使用する場合に、電話のログ情報(お子様の電話番号、発信者の電話番号、着信先の電話番号、転送先の電話番号、通話やメッセージの日時、通話時間、ルーティング情報、通話の種類など)を収集することがあります。 お子様は Google アカウントにアクセスし、アカウントに保存されているアクティビティ情報を確認、管理できます。 保護者の方も、お子様の Google アカウントにログインすることでお子様のアクティビティ情報を管理できます。 お子様の位置情報 Google は、お子様が Google サービスを使用するときにお子様の位置情報を収集します。 お子様の現在地の判定には、GPS、IP アドレス、お子様のデバイスからのセンサーデータ、お子様のデバイスの近くにあるもの(Wi-Fi アクセス ポイント、基地局、Bluetooth 対応デバイスなど)に関する情報が使用されます。 Google が収集する位置情報の種類は、お子様のデバイスやアカウント設定によって変わる場合があります。 お子様の音声情報 Google は、お子様の音声情報を収集することがあります。 たとえば、[ウェブとアプリのアクティビティ] の設定が有効な場合に、お子様がログインしているデバイスから音声アクティベーション コマンド(「OK Google」やマイクアイコンのタップ)を使用すると、コマンドの後に発声した音声(およびその前の数秒間)の録音がアカウントに保存されます。 Google はお子様の情報を収集、保存するために、Cookie、ピクセルタグ、ローカル ストレージ(ブラウザのウェブ ストレージやアプリケーション データのキャッシュなど)、データベース、サーバーログといったさまざまな技術を使用しています。 Google は、お子様用のアカウントで Google サービスを利用するうえで合理的に必要な範囲を超える個人情報の提供をお願いすることはありません。 収集した情報の利用方法 Google のプライバシー ポリシーでは、お子様の Google アカウントに関する目的について、さらに詳しく説明しています。 一般に、Google では、Google サービスの提供、維持、改善や、新しいサービスの開発にお子様の情報を使用しています。 また、お子様に合わせて Google サービスをカスタマイズしたり、パフォーマンスを測定して Google サービスの利用状況を把握したり、Google サービスに関連する情報をお子様に直接お届けしたりするほか、Google サービスの安全性と信頼性の向上を図るためにも使用しています。 こうした目的のために、Google はさまざまな技術を使用してお子様の情報を処理します。 たとえば、カスタマイズされた検索結果を表示したり、お子様の Google サービスの利用方法に合わせてその他の機能を提供したりするために、お子様のコンテンツを解析する自動化されたシステムを使用しています。 お子様のコンテンツの解析は、スパム、不正なソフトウェア、違法コンテンツといった不正行為を検出するためにも行われます。 また、データのパターンを認識するために、アルゴリズムも使用しています。 Google のシステムにおいて Google のポリシーに違反するスパム、不正なソフトウェア、違法コンテンツなどの不正行為が検出された場合、Google は該当するアカウントを無効にするか、その他の適切な措置を講じることがあります。 状況によっては、違反について管轄当局に通報する場合もあります。 Google は、おすすめの情報、お子様向けのコンテンツ、カスタマイズされた検索結果を提供するために、お子様の情報を利用することがあります。 たとえば、お子様の設定内容に応じて、Google Play では、お子様がインストールしたアプリなどの情報を使用して、お子様向けの新しいアプリをおすすめすることがあります。 さらに、Google は上記の目的のために、Google サービスやお子様のデバイスから収集した情報を組み合わせることがあります。 お子様のアカウントの設定内容によっては、Google サービスの改善のために、他のサイトやアプリでのお子様のアクティビティがお子様の個人情報と関連付けられることもあります。 Google がお子様に対してを配信することはありません。 つまり、お子様のアカウントから収集した情報に基づいて広告を配信することはありません。 ただし、お子様が閲覧しているウェブサイトやアプリのコンテンツ、現在検索している語句、おおよその位置情報(都道府県や都市など)などに基づいて広告が配信される場合があります。 また、ウェブの閲覧中や Google 以外のアプリの利用中は、サードパーティによってカスタマイズされた広告を含め、Google 以外の広告提供者によって配信された広告がお子様に表示される場合があります。 Google による情報の共有 Google が収集する情報は、限られた状況下で Google の外部に公開される場合があります。 Google は、以下の場合を除いて、個人情報を Google 以外の企業、組織、個人と共有することはありません。 同意を得た場合 Google は、同意を得た場合に(該当する場合)、個人情報を Google の外部と共有します。 ファミリー グループを作成した場合 保護者の方が所属する Google のファミリー グループのメンバーと、お子様の情報(氏名、写真、メールアドレス、Play 購入履歴など)を共有する場合があります。 外部処理の場合 Google は、情報処理を委託するために Google の関連会社、信頼できる企業または個人に対して個人情報を提供します。 その場合、当該の関連会社、企業、または個人は Google の指示に基づいて処理を行い、このプライバシーに関するお知らせと を遵守するほか、適切な機密保持およびセキュリティ対策を取るものとします。 法律上の理由がある場合 Google は、個人情報に対するアクセス、利用、保存、または開示が以下の理由で合理的に必要だと誠意を持って判断した場合、その情報を Google 以外の企業、組織、または個人と共有します。 適用される法律、規制、法的手続き、または強制執行可能な行政機関の要請に応じるため。 違反の可能性の調査など、適用される利用規約の遵守を徹底するため。 不正行為、セキュリティや技術上の問題について検出、阻止またはその他の対処を行うため。 法律上必要なまたは許容される範囲で、Google、Google ユーザー、または公衆の権利、財産または安全に対する危害から保護するため。 Google は、個人を特定できない情報(Google サービスの一般的な利用傾向など)を公開したり、Google のパートナー(サイト運営者、広告主、デベロッパー、権利者など)と共有したりすることがあります。 たとえば、Google サービスの一般的な利用傾向がわかる情報を公開する場合があります。 また、特定のパートナーに、広告および測定の目的でパートナー自身の Cookie や類似の技術を使用してブラウザまたはデバイスからの情報を収集することを許可しています。 お子様が自分の Google アカウントで YouTube Kids にログインしている場合は、このプライバシーに関するお知らせが適用されます。 お子様が自分の Google アカウントで YouTube Kids にログインしていない場合は、YouTube Kids のプライバシーに関するお知らせが適用されます。 お子様の個人情報へのアクセス 保護者の方がファミリー リンクを使用してお子様用の新しいアカウントを作成すると、お子様の Google アカウントにログインすることでお子様の個人情報にアクセスし、更新、削除、エクスポートを行うことができます。 お子様のパスワードをお忘れの場合は、ファミリー リンクのアプリまたはからパスワードを再設定できます。 ログイン後は、Google に記載されたさまざまな管理方法(など)を利用して、お子様のプライバシーの設定と情報を管理できます。 お子様が自分のアカウントを作成した後にが変更になり、その後、お子様が自分のアカウントを保持することを保護者の方が許可した場合、保護者の方は、お子様のパスワードを再設定したり、お子様の許可なくお子様のアカウントにログインしたりすることができなくなります。 デフォルトでは、お子様は自分のアクティビティ管理の設定を変更したり、[マイ アクティビティ] で過去のアクティビティを削除したりできるほか、サードパーティのアプリに権限(デバイスの位置情報、マイク、連絡先へのアクセス権など)を付与することもできます。 なお、お子様が保護者の方の許可なく Android デバイスでこれらの設定を変更できないようにすることも可能です。 これを行うには、アプリやウェブからファミリー リンクの設定にアクセスし、[Google でのアクティビティ管理] と [アプリの権限] の設定を [保護者のみ] に変更します。 ファミリー リンクのアプリやウェブ上のファミリー リンクの設定を利用すると、お子様の Google アカウント情報を編集、変更したり、アプリのアクティビティや権限を確認したり、お子様の Android デバイスの情報(位置情報、マイク、連絡先など)へのアクセス権などをお子様がアプリに付与できないように制限したりできます。 また、Android の特定の機能、アプリ、サービスへのお子様のアクセスを管理したり、Android の権限を変更したりすることもできます。 お子様の情報の収集や利用の停止を希望される場合は、お子様の Google アカウントを削除してください。 アカウントを削除するには、ファミリー リンクのお子様の [アカウント情報] ページか で、[アカウントを削除] をクリックします。 お子様のアカウント情報は、一定の期間内に完全に削除されます。 お問い合わせ お子様の Google アカウントに関してご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 Google がサポートいたします。 ファミリー リンクとお子様用の Google アカウントについて詳しくは、をご覧ください。 お住まいの地域の法律に基づくご自身の権利についてご不明な点がある場合は、地域のデータ保護当局にお問い合わせください。

次の

Googleのファミリーリンクの使い方!子供のAndroidをペアレンタルコントロールする方法!

ファミリー リンク 解除

13歳未満の子供用の Google アカウントを作成したり、また13歳以上であっても保護者が子供の Google アカウントを管理できるファミリーリンクという機能。 子供が安全にスマホを利用するのに役立ちますが、子供の Google アカウントをファミリーリンクから解除したいという場面もあるでしょう。 ファミリーリンクから子供の Google アカウントを解除する場合、 子供のアカウントの年齢が13歳以上なのか13歳未満なのかによって対応が異なります。 このページではそれぞれの状況におけるファミリーリンクの解除の方法をご紹介していきます。 子供のアカウントの年齢が13歳以上の場合 まずは子供の Google アカウントに設定された年齢が13歳以上で、ファミリーリンクを解除して保護者の管理下から外したい場合です。 保護者の端末からファミリーリンクアプリを起動し、対象の子供のアカウントを選択してください。 [設定を管理]をタップします。 [アカウントの管理機能]をタップしてください。 [管理機能の停止]をタップします。 これで保護者の管理機能が停止され、子供の Google アカウントがファミリーリンクから解除された状態になります。 もちろん、子供の Google アカウントが削除されたりしません。 スポンサーリンク 子供のアカウントの年齢が13歳未満の場合 もし子供の Google アカウントに設定された年齢が13歳未満の場合、ファミリーリンクから解除することは可能ですが、 子供の Google アカウントを削除する必要があります。 ご存知の通り Google アカウントを所有できるのは13歳以上であることがルールとなっています。 そのためファミリーリンクで作成した13歳未満の Google アカウントは、年齢が13歳以上になるまで保護者が管理することが必須となっているのです。 つまりファミリーリンクから解除するということは、子供の Google アカウントを削除しなければならないのです。 削除なので、そのアカウントの Google フォトなどに保存されているデータは消えてしまうことになります。 解除する前に必ず、大切なデータを SD カードなど子供の Google アカウントに連動していないサービス等へバックアップしておいてください。 では13歳未満の Google アカウントをファミリーリンクから解除する方法をご紹介いたします。 解除は保護者の端末からでも子供の端末からでも可能ですが、今回は保護者の端末からの操作でご紹介しています。 子供のアカウントが設定されている端末から削除する まず事前に Android 端末や Chromebook などの 端末から子供のアカウントを削除(取り除く)必要があります。 端末から子供のアカウントを削除していない状態で子様のアカウントそのものを削除してしまうと、その端末がロックされて出荷時設定へのリセットが必要になる可能性があります。 もしログインしている端末がないのであればこのステップは無視して「2」へ進んでください。 保護者の端末からファミリーリンクアプリを起動し、対象の子供のアカウントを選択してください。 子供のデバイスのカードにある[設定]をタップします。 [デバイスをリセットしてデータを削除]をタップしてください。 リセットの理由を選択して[次へ]をタップします。 状況によってログインを求められる場合がありますので、記載されている手順に従ってください。 子供の Google アカウントそのものを削除する では子供の Google アカウントそのものを削除していきます。 保護者の端末からファミリーリンクアプリを起動し、対象の子供のアカウントを選択してください。 [設定を管理]をタップします。 [アカウント情報]をタップします。 [アカウントを削除]をタップしてください。 注意事項等をよく読み問題なければ[アカウントを削除]をタップします。 これで子供の Google アカウントそのものが削除されました。

次の