アマゾン ギフト 設定。 Amazonギフトラッピングおよびギフトメッセージの設定方法

完全版!Amazonほしい物リストの基本設定と匿名で送る・貰う方法|ネット労働研究所

アマゾン ギフト 設定

Amazonギフトオプションとは? Amazonギフトオプションは、 ギフトラッピングと ギフトメッセージから成ります。 ギフトラッピングは、プレゼント用などの商品に、特別な包装をするというサービスです。 これを設定しておくことで、購入者はギフト梱包のサービスを受けることができます。 記念日などにギフトラッピングのサービスを利用する人は多く、私も利用したことがあります。 ギフトメッセージは、購入者が任意でメッセージを入れたギフトカードを商品と一緒にお届けする、というサービスです。 「お誕生日おめでとう」などのメッセージを入れたギフトカードを貰うと嬉しいので、このサービスを使用したいと考えている人も一定数います。 これらを設定しておくことで購入者はギフトオプションを選ぶことができ、 多少売り上げを底上げすることができます。 Amazonギフトオプションのデメリット FBA出品の場合は、全くデメリットはありません。 FBA出品の商品の場合、出品者は余分な料金や作業が必要ではなく、Amazonが代行してくれるので、設定しておいて損はありません。 自社出品の場合は、自分でラッピングの種類などを設定する必要があり、発送の際にもひと手間かかるというデメリットはあります。 しかしむしろ小さな手間で売上を底上げすることができますし、商品ごとに設定でき、ギフトラッピングしないという選択をとることもできるので、大したデメリットではありません。 FBA出品の場合は必ず、自社出品の場合もラッピングサービスを提供できる場合には設定しておくといいでしょう。 右上の「詳細表示」をアクティブにし、「出品情報」から「ギフトメッセージ」、「ギフト包装」にチェックを入れ、「保存して終了」ボタンを押します。 以上がFBA出品の場合のギフトオプション設定方法です。 「ギフトメッセージの設定」と「ギフトラップの設定」を「使用可能」に変更します。 「ギフトメッセージの設定」の「設定の変更」より、「ギフトメッセージ最大文字数」と「ギフトメッセージ最大行数」を設定し、「保存」ボタンを押します。 「ギフトラップの設定」の「ギフトラップを追加する」より、「ギフトラップ名」、「ギフトラップ型番」、「ギフトラップ価格」、「画像」などを設定し、「保存」ボタンを押します。 「ギフトメッセージオプションの内容」と「ギフト梱包オプションの内容」を入力し、「保存」ボタンを押します。 右上の「詳細表示」をアクティブにし、「出品情報」から「ギフトメッセージ」、「ギフト包装」にチェックを入れ、「保存して終了」ボタンを押します。 以上が自社出品の場合のギフトオプション設定方法です。 まとめ 以上、ギフトオプションの設定方法について説明しました。 劇的な効果がある類の情報ではありませんが、このようなことの積み重ねが大事です。 少なくともFBA出品の場合は全くデメリットがないので、必ず設定しておきましょう。

次の

Amazonのギフト設定でラッピングなしの届き方

アマゾン ギフト 設定

伝票には贈られる方の住所・氏名のみが記載され、贈り主の情報はなし メッセージ入り納品書 注文時に入力したメッセージが記載されています。 メッセージに入力したニックネームはそのまま印刷されていますが、一緒に贈り主の氏名も 本名で印字されてきます。 贈り主の氏名の設定は画面中にありませんでしたので、おそらくメッセージがない場合でも氏名だけは記載されるようになっていると思われます。 また納品書は通常のものと違っています。 レシート状の長細い紙で、 金額の表示はないものの、商品名などは細かく記載されていました。 写真は納品書の上半分ほどで、その下半分には注文日、注文番号、商品の名称や品番、商品の保証書についてや返品・返金方法などの案内が細かく記載されていました。 Amazonのギフト設定 Amazonというと自宅へ商品を届けてもらうサービスというイメージがありますが、 プレゼントを相手先へ送るのにも対応しています。 購入時に ギフト設定を行うことで相手先の住所へ配送することが可能ですし、プレゼント用の ラッピングや のしシールを付けての配送も可能となっています。 プライム商品が対象 ギフト設定を行えるのは プライムと記載されているアマゾンの配送センターから配達される商品がメインです。 アマゾンの倉庫からではなくマーケットプレイスから直送される商品の場合、ギフト設定を利用できないことがほとんどですのでご注意下さい。 ギフト設定しないで相手先へ送ってしまうと 配送先を自宅以外に設定した場合、ギフト設定をせずに配送するのはおすすめできません。 ギフト設定せずに注文を確定してしまうと、Amazonは自分への購入だと判断してしまい、 誰が贈った商品なのかわからない状態で届いてしまいます。 相手にあらかじめ連絡しておくことができるならそれでいいかもしれませんが、サプライズでのプレゼントの場合はギフトとして贈った方がいいと思います。 ギフト設定しないとどうなる? ギフト設定の手順 ギフト設定は商品購入時にセットすることができます。 ギフトの設定 注文時のカートで ギフトの設定にチェックを入れてから、レジに進むようにします。 これにより、 贈り主名を相手へ表示することができます。 お届け先住所の選択 お届け先住所の選択では、相手の住所を選択します。 はじめて送る住所の場合には住所を追加しましょう。 金額を表示しないために つづいて、ギフトの詳細を設定していきます。 ギフトですので、 納品書に金額を表示しないにチェックが入っていることを確認します。 デフォルトでチェックされていると思います。 ラッピングの設定 ギフトの設定では、 ギフトラッピングや のしシールを付けるかどうかを選択します。 今回は ラッピングなしでどのように届くのかをご紹介します。 メッセージの設定 ギフトメッセージを含めるかどうかを選択します。 ラッピングなしの場合でも無料でメッセージを含めることができます。 メッセージは付けても付けなくても送ることができます。 ギフトラッピングありに設定した場合は、ラッピングに付いているメッセージカードにもメッセージが記載されると思いますが、ラッピングなしの場合には納品書へ記載されてきます。 チェックするとデフォルトでは「 ギフトをお楽しみください! (苗字)」というメッセージが入っていました。 今回は苗字の部分をニックネームに変更して贈ってみましょう。 以上でギフトの設定は終了です。 以降は通常の商品購入と同じように配送を手配してショッピングは完了です。

次の

amazonでギフトの送り主を表示する設定とギフト包装はこう届く

アマゾン ギフト 設定

例えば本ならビニールにくるまれた状態ですが、家電なんかだとさらにその製品の梱包箱を開ける必要があります。 納品書は箱に入っている? Amazonから配送される商品には 納品書は入っていません。 ただし「出荷明細書」と呼ばれるものは入っています。 価格は載っていないのでご安心ください。 詳しくは、のちほどの写真レポートで確認して頂ければと思います。 ギフトラッピングが選べないとき 注文時にギフトラッピングが選択できないときには、以下の2つの原因が考えられます。 原因1:マーケットプレイスの商品 マーケットプレイスの商品だと、ギフトラッピングが選べない場合があります。 出品者が対応するかどうかを決めるわけですね。 原因2:大きすぎる 大きすぎる商品だとラッピングができません。 例してみたところ、冷蔵庫はNGで、電子レンジはセーフでした。 ギフトラッピング設定のやり方 ここからは具体的な手順を解説します。 手順1:注文ページに進む いつも通りカートを商品に入れ、注文ページにまで進みます。 手順2:[ギフトの設定をクリック] 上の画像のように、ラッピングしたい商品の[ギフトの設定]をクリックします。 [ギフトメッセージを入れる]のチェックを外せば、メッセージカードは同封されなくなります。 これで元の画面に戻ります。 手順4:確認して注文確定.

次の