映画 みんな エスパーだよ 感想。 みんな!エスパーだよ! ドラマの感想(染谷将太)

映画 みんな!エスパーだよ!のレビュー・感想・評価

映画 みんな エスパーだよ 感想

池田エライザのwikiに以下のようなエピソードがあった。 『2015年、園子温監督の映画『みんな! エスパーだよ! 』のヒロインに抜擢され、本格的に女優活動を開始する。 同映画への出演はオーディションでの採用だったが、園に自身の映画をどう思うかと聞かれ、素直に「嫌いです。 血みどろだったりセックスだったり、でも最終的には家族の愛なんてどんだけシャイなんだ」と答えたところ、受かったという。 』(wikiより) なんにも知らない素人の感想だが、映画のオーディションで、そういう採択をする映画も監督も、どうなんだろう。 興味深い逸話ということになるんだろうか。 ついでに言うなら池田さんは、直感でやってしまう監督の根性主義を見抜いていたからこそ、嫌いからのシャイに言明したわけである。 でなければオーディションへ出る意味がない。 断片エピソードに過ぎないが、頭のいい人なのだろう「家族の愛なんてどんだけシャイなんだ」とは、およそこの監督の大好物であろう表白である。 ましてあのエキゾチックな風体で吐かれたら、おじさんはコロッと参るに違いない。 自分を知り相手を観察した人の戦略的な発言だと思う。 ただ、まんまと策に中たって驚いたのは彼女自身だったかもしれない。 そんな監督が海外で大絶賛されたと半ばお抱えのマスコミに持ち上げさせるたび、わたしはいったいどこの海外なんだろうと思う。 もし根性論が通用する映画産業があるなら、わたしはユネスコの世界遺産登録署名運動を惜しまない。 日本人がこの監督の見せる世界観に感じ入ることがないのであれば、いわんや海外をや、である。 ひるがえって、日本にいい映画がないという世代にまたがる嘆きの素因は、観衆の側にある。 見る目がないから、いい映画がなくなっていったのだ。 それ以外に山っ気なクリエイターが台頭する現象を説明できる構造はないんじゃなかろうか。 この映画に対する率直な感想は「楽しそう」である。 おそらく、それを目当てに昭和のブルーフィルムに群がった人々が、玉石混交とはいえ、今は日本映画界の重鎮たちなわけでもある。 日本映画を鑑賞するなら、あるいは映画を目指すなら、我々のオリジンが、もはや海外とは桁違いに拙いところから出発していると考えるべきだ。 しかし中高生向けエロである。 だれ一人として脱いでいない。 出演女優は全員が、エロとパンチラはOKだけどトップレスはNGというアクロバチックな合意のもとに、嬉嬉としてぬるい限界に興じ、それでもチラ見せが絶賛報道される類の有名人たちだ。 そもそも彼女らを迎え入れるのは映画の批評などではなく芸能人の自撮りにかわいいを連日コメントし続ける人々の底なしの許容度である。 とはいえ、中高生だって拙劣を見いだすかもしれない。 PGレイトのどんなエロドラマにでも出てくるテンガネタに欠伸を漏らすかもしれない。 よもやこれを大人が見ても楽しいと本気で考えているのだろうか。 ただ映画は原作がある以上、くだらないとは言えない。 よしんばくだらなかったとしても、くだらないこと自体になんの問題もない。 誰でも積極的にくだらないものが見たいと思うときがある。 でもこの監督のばあい、どうしても「楽しそう」のあとに「だろ?」が入ってくる。 著名な女優たちを思いのままに扱える既得権を誇示しているように見える。 とりわけリアル鬼とこれはそうだ。 いわば置屋の主人が獲得した妾たちを見せびらかしているように見える。 それは疲れる。 くだらない映画の最大の効用であるはずの癒やしが削がれる。 この監督の映画を見ていると、たとえるなら、桐島の前田涼也が、押しの強い自信家な映画部先輩の隣で、先輩の自信作を見ている気分、になるのである。 その示威が監督の特徴だと思う。 「楽しそうだろ?」「すげえだろ?」「残酷だろ?」「感動もんだろ?」「エロいだろ?」 なぜか俺様が感じられてしまうそれらの承認欲求が同監督の最大のカラーで、やっぱりそれは映画とは別物のスタンスだと、個人的には思っている。 2回目の鑑賞。 豊橋東三河のクセ強め・方言強めの童貞と処女がエスパーとなり、敵エスパーから世界を救う。 街には下着姿のセクシー美女が溢れ返り、かなりのカオス。 登場人物全員変態の超おバカな映像化する必要もないような話。 本来なら、脱ぎもしない低予算の超駄作として片付けられるような映画なのですが、なんか見入ってしまいます。 流石、園子温監督です。 結局変わらない日常、人間の本質等々メッセージ性もないわけではありませんが、映画としては評価したくない感じ。 エロの芸術として捉えましょう。 そこそこの俳優陣にこの役をやらせるのは、最初はびっくりしましたが、もう観終わる頃には慣れています。 街中水着美女のカオスな世界でさえ、なんとも思わなくなりました。 かなりの人が「夏帆じゃないのか」と落胆していましたが、僕は池田エライザさんでも、これはこれで良かったです。 そして、なんといっても鴨川嘉郎くん、あんた凄いよ。 ナレーションのように我が鴨川嘉郎くんと言いたくなる感じ。 染谷将太さんぴったりでした。 他にも園子温組常連メンバー頑張ってました。 息"抜き"程度に観たい超名作、いや、迷作です。 ネタバレ! クリックして本文を読む 原作は未読、テレビシリーズは鑑賞済みです。 本作が公開された2015年は、園子温監督作品が3本もロードショーされるということで、「全部映画館で観よう!」という意気込みの下観に行きました。 私が鑑賞した回には、中学生から20歳前後の男性諸君の姿が…。 おそらく、殆ど童貞? 笑 テレビシリーズを観ていたので、映画化がアナウンスされたときはたまげました。 このテンションをスクリーンで…。 なんて贅沢なんだ! 内容的には、リブート版といったところ。 連ドラを観ていなくても大丈夫な親切設計でした 笑 骨太なテーマなんて存在しません! エスパーたちがエロに妄想に世界の危機にグダグダと奔走し、パンチラ、おっぱい、「やりたいや~」な性欲に悶々とするだけ。 TVドラマ版を観たことがあるが、観たきっかけは美由紀役の夏帆であった。 ベテラン女優がこの役やるのか?と当時はビックリしたものである。 今回、美由紀役は夏帆では無く池田イライザになり、全体的に女性陣が増え、下着の露出も増え、映画版らしくはなった。 内容もTVドラマ版を観たこと無い人でも分かる様な内容。 下着などのチラリズムジャンルが消えつつあるメディア業界。 馬鹿馬鹿しくも残って頂きたいジャンルではある。 ネタバレ! クリックして本文を読む 運命の人の手や足、手を繋ぎ走り、キスをするシーンが想像できる主人公鴨川。 彼は運命の人が見つかるまで自慰を続ける。 ひょんなことからエスパーの能力を持つようになった彼は、人の心の声が聞けるようになった。 彼は超能力について本で学び能力を使えるエスパーは正義である、下心で使ってはならないということを学ぶ。 それ以降本能と正義の葛藤に悩まされる日々が続く。 とはいうものの最終的に彼は本能に従ってしまう。 正義を捨て自分の本能に従うことが世界を救うことにつながった。 振り出しに戻る世界、何事もなかったかのように世界は進む。 宇宙の片隅にある地球、地球の片隅にある日本、日本の片隅にある豊川市。 中でも同じ年に産まれ、同じ学校に通い友だちを作る僕たち。 出会えただけで運命なのではないだろうか。 だからみんながあの歌を歌うことができ、「みんなエスパー」なのである。

次の

映画みんな!エスパーだよ!夏帆の降板理由は×××だった!

映画 みんな エスパーだよ 感想

みんな!エスパーだよ!番外編 〜エスパー、都へ行く〜 園子温監督 2015年コメディ映画 染谷将太主演 浅見紗英 真野恵里菜)からの一本のメールから始まり、「助けて」というSOSの内容。 それから事件が発生とばかり、エスパーたちは東京に向かうけど、そこに大変なものが待ち受けているという。 ヤンキー軍団とキャバ嬢軍団がいる定時制の高校なんて凄すぎるし、そんな高校が現実にあるんですかね 笑 3つの派閥がせめぎ合う派閥抗争が起きていて、エスパー軍団もその渦中に巻き込まれてしまう。 そこで散々な目にあうエスパーたちが面白かったです。 前作に比べて、真野恵里菜はさらに魅力が増していますね。 そしてクラス委員の北原里英が出演しているのが、見どころです。 ただ前作で出演していた夏帆がいないのが、非常に残念でした。 ドラマでは胸を揉まれたり、散々な内容だったので出演を拒否したんですかね 笑 それと、三つの軍団の女性たちが濃すぎるのが少しだけ気になりました。 パンチラは普通ならありがたいですが、この作品を見ていると胸チラやパンチラが当たり前すぎて普通に感じてしまいました。 こういう環境に飛び込んでしまったら、人生終わりですね。 キャラだけでなく、設定も展開も全てが無茶苦茶で、本当に笑えた作品です。

次の

映画 みんな!エスパーだよ! | 無料映画倶楽部

映画 みんな エスパーだよ 感想

ドラマ『みんな!エスパーだよ! ~欲望だらけのラブ・ウォーズ~』が、8月19日からdTVで配信される。 同作は、9月3日から映画版も公開される若杉公徳の漫画『みんな!エスパーだよ!』をもとにした作品。 新たに書き下ろされたというオリジナルストーリーをドラマ化し、喫茶シーホースに現れたアルバイト志望の女性・明日香と、チームエスパーの一員・榎本の恋や、人を酔っ払いに変える能力を持つエスパーが巻き起こす騒動を描く。 キャストには、主人公・嘉郎役の染谷将太、真野恵里菜、マキタスポーツ、榎本役の深水元基をはじめとするレギュラーメンバーが名を連ねている。 さらに、ドラマ版のヒロイン・明日香を、ドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』や映画『先輩と彼女』への出演で知られる小島梨里杏が演じる。 今回の発表とあわせて明日香のメイド姿やスカートが捲れ上がるシーン、全裸で走る榎本の姿、嘉郎が新たなエスパーの出現に動揺する様子などを捉えた場面写真と予告編も公開されている。 小島梨里杏のコメント この度「みんな!エスパーだよ!~欲望だけのラブ・ウォーズ~」に、ヒロイン星野明日香役として出演させて頂きました。 園監督の一ファンとして、テレビシリーズも全部見ていた私はこの役が決まったとき、とても嬉しかったです。 エスパーらしいエロさのある衣装たちは、もちろん普段着ないようなものばかりだったので、恥ずかしさもありながら、心の内でニヤニヤしていました。 さらにこの作品の中での男の人の欲望や見ている場所を見つけていくのが面白かったです。 榎本くんの真っ直ぐさはとても可愛らしくかっこよかった。。 今まで演じたことのない際どいシーンに関してはどう見せれば儚く美しくエロいのか、その見せ方に一番苦戦しました。 パンチラシーンを撮る時は待ってました!と言わんばかりに気持ちよくパンチラして頂きました。 輝さんのテレキネシスのおかげです。 ありがとうございます。 笑 今までのエスパーにない新しいヒロイン像を見せられたかと思います。 皆さま、どうぞお楽しみに。

次の