電動 アシスト 自転車 スポーツ。 スポーツタイプ比較表

スポーツタイプの電動アシスト自転車「e

電動 アシスト 自転車 スポーツ

坂道走行や長距離走行、あるいは重い荷物を載せている時に活躍するのが、今回紹介する電動アシスト自転車です。 電動アシスト自転車は国内主要メーカーである『ヤマハ』『パナソニック』『ブリヂストン』をはじめ、海外メーカーからも展開されるほど人気な車種です。 ただ、数多くの製品が販売されていることで、選ぶ際に何を基準にすれば良いのか悩んでしまうことも。 そんな悩みを解消するために、まずはじめに自転車ツーキニストの名づけ親であり、NPO法人自転車活用推進研究会理事を務める疋田智さんに、おすすめの電動アシスト自転車をご紹介していただきました。 またあわせて、電動アシスト自転車の選び方、プロおすすめメーカー、そしてIPPING編集部調べによる口コミ人気ランキング10選を紹介します。 こちらはモーターやバッテリーの力を借りなくても、時速25キロ程度のスピードが出るのでフラットな場面では電動アシストが必要なく、漕ぎ出しと坂道を上る際にグッとアシストしてれくれます。 バッテリーは小学性の筆箱くらいのサイズですが、限られた走行シーンのみで電動アシストが活躍するためバッテリーの持ちが良くなっています。 これに乗り慣れてしまうと手放せなくなるくらい、おすすめの一品ですよ。 Jコンセプトの詳細 メーカー ヤマハ 重量 ・YPJ-C M :16. 1kg ・YPJ-C XS :16. 実は、この皆さんがイメージされる自転車と、正式に電動自転車と呼ばれるものは全くの別物になります。 電動自転車と電動アシスト自転車との最も大きな違いは、公道を走行できるかどうかです。 電動自転車は、法律上では原動機付自転車にあたり免許をはじめ、前照灯や方向指示器などの装備(保安部品)や自賠責保険への加入が必要になります。 さらに、装備する保安部品は、道路運送車両の保安基準で義務付けられているものでなければ、公道を走行することはできません。 そのため、フル電動自転車で公道を走行することはできないといえるでしょう。 一方、電動アシスト自転車の場合は特別な免許や装備が要らず、自転車屋などで購入した日からすぐに乗ることができます。 また、性能面での違いも大きく、電動自転車の場合はペダルを漕がなくても走行可能ですが、電動アシスト自転車はペダルを漕ぐことで搭載されたモーターが動き出し、走行をアシストしてくれる仕組みになっています。 参考: 3.電動アシスト自転車の選び方 ここでは、電動アシスト自転車を選ぶ際の3つのポイントを解説します。 ポイント1.用途に合わせて選ぶ ひと口に電動アシスト自転車といっても、さまざまなシーンに最適な機能を備えたタイプが増えており、実際の用途に合わせて選ぶことができます。 以下で、主な用途ごとでのポイントを詳しくみていきます。 子供を乗せたいとき お子様を幼稚園や保育園などへ送迎をしたいと考えた場合、幼児2人同乗用タイプがおすすめです。 その理由が、前乗せと後ろ乗せで対応年齢や身長・体重に違いがあるため。 幼児2人同乗用タイプであれば、お子様が小さいうちは前乗せ、大きくなったら後ろのせと、長く安全に走行することができますよ。 また、幼児2人同乗用タイプの電動アシスト自転車を購入する場合には、「安全・環境基準適合車(BAA)」や「幼児2人同乗基準適合車」を満たしているものを選ぶようにしましょう。 画像: 坂道が多い走行シーンや買い物時には お住まいの地域によっては、坂道が多いところもあり自転車での移動も一苦労という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 お買い物で荷物が多い時には、普通の自転車だと大変・・・ということもありますよね。 そんな時には、電動アシスト自転車が活躍してくれます。 女性の場合は特に、取り扱いがしやすい車体重量が軽いタイプや、タイヤが小さく小回りが利くタイプがおすすめです。 レジャー使いしたいとき 最近では、スポーツタイプに特化したアシストユニットを搭載した電動アシスト自転車が登場しています。 スポーツタイプのアシスト自転車の場合、ペダルの踏み込みがダイレクトに推進力へと繋がることで、漕ぎ出しがスムーズになり自然なアシストを実現しています。 また、スポーツタイプは車重が軽いものが多いため、走行中にアシストの力を必要とする場面が少なく、結果それがバッテリーの持ちの良さにも繋がっています。 スポーツタイプの電動アシスト自転車なら、年齢や性別を問わずにサイクリングなどのレジャーを楽しむことができるのでおすすめです。 ポイント2.できるだけ車体が軽いものを選ぶ 多くのアシスト自転車は30kg前後の重さとなるため、選ぶ際には車体重量もチェックしておきたいポイントです。 車体重量が重くなることで搭載されるバッテリー自体も大きくなってしまい、その結果、自転車の総重量が重くなってしまい、取り回ししにくくなります。 できるだけ車体が軽いタイプを選ぶようにしましょう。 最近では20kg程度の軽量モデルも登場しています。 疋田智さんコメント 車体重量は、とても大切です。 重量が重いとバッテリーも大きくなり、車体全体も重くなります。 女性は特に、自転車を引いて歩くときに支えきれず倒れてしまう、なんてことも。 また、下りでブレーキが利きにくいこともあるため、走行中の事故につながってしまう可能性もあります。 ポイント3.バッテリー性能がよいものを選ぶ 電動アシスト自転車の要ともいえるのが、バッテリー。 大きく分けると、「リチウムイオン電池」と「ニッケル水素電池」の2種類になります。 最近では、小型・軽量で長寿命といったメリットがあるため、リチウムイオン電池を採用したバッテリーが多くなっています。 先ほどもお伝えしましたが、車重はバッテリーの持ちに影響しますので、軽い車体の自転車を選ぶこともバッテリーコストを下げるポイントです。 4.電動アシスト自転車のおすすめメーカー ここでは、自転車のプロ・疋田智さんがおすすめする、電動アシスト自転車のメーカーを国内外合わせて4つ紹介していきます。 パナソニック 快適でスムーズな走りとリーズナブルな価格を実現させた、『ヤマハ』の電動アシスト自転車。 搭載されたセンサーシステムとドライブユニットが漕ぎ出し時はもちろん、巡航・加速、坂道走行、そして駐輪の際にも最適なアシストを可能にしています。 アシスト可能時間を左右するバッテリーは、30分程でバッテリーの約40%まで充電可能。 充電忘れの時といった、いざという時に活躍してくれます。 また、大型バスケットや肉厚なサドル、LEDライトなど8つの機能を充実完備。 プラスする必要がないのも嬉しいポイントですね。 PAS ナチュラM の詳細 メーカー ヤマハ 内容量 23. 6kg 特徴 ・全長:180cm ・タイヤサイズ:26インチ ・バッテリー形式:リチウムイオン電池 ・バッテリー容量:6. 2Ah 参考価格 100,440円(税込) アクティブな走りをサポートする多彩な機能&装備に、大容量バッテリーを備えた電動アシスト自転車です。 搭載された独自アシスト制御技術によって、高機能センサーがさまざまな走行シーンをリアルタイムで感知し、ギアごとに最適なアシストを実現しています。 他にも充実の機能と装備があり、たとえば優れた制動力とコントロール性を可能にするディスクブレーキや、路面からの衝撃を吸収してくれるサスペンションを採用しています。 また、バッテリーは大容量15. 4Ahのため、1度の充電で71kmの長距離走行が可能です。 PAS Brace の詳細 メーカー ヤマハ 内容量 23. 2kg 特徴 ・全長:170. 6cm ・タイヤサイズ:26インチ ・バッテリー形式:リチウムイオン電池 ・バッテリー容量:15. 4Ah 参考価格 173,880円(税込) 洗練されたコンパクトデザインとパワフル走行を両立させた、電動アシスト自転車です。 メインパイプ内にワイヤーハーネス類を内蔵させてことで、直線使いが印象的なX型フレームデザインになっています。 フロントバスケットやリヤキャリヤなどを選べる仕様に。 好みに合わせてカスタマイズできるので、オシャレに街乗りを楽しみたい方におすすめです。 PAS CITY-X の詳細 メーカー ヤマハ 内容量 21. 1kg 特徴 ・全長:158. 5cm ・タイヤサイズ:20インチ ・バッテリー形式:リチウムイオン電池 ・バッテリー容量:12. 3Ah 参考価格 124,200円(税込) パナソニック 自転車を輪行するロングライドを楽しみたいけど、長距離走行に自信がないといったことはありませんか? こちらの製品は、わずか3ステップでコンパクトに折りたたむことができる電動アシスト自転車となっています。 搭載された電動アシストシステムが、漕ぎ出しや巡航といった走行シーンをスムーズにサポートしてくれるので、初めての長距離輪行の際におすすめです。 また、ロングライドを支えてくれる装備も充実しており、たとえばハンドルやサドルは疲れにくいデザイン設計となっています。 折りたたみ式 OFF Time の詳細 メーカー パナソニック 内容量 20. 5kg 特徴 ・全長:152cm ・タイヤサイズ:前18インチ、後ろ20インチ ・バッテリー形式:リチウムイオン電池 ・バッテリー容量:8Ah 参考価格 137,160円(税込) 通勤スタイルを変えるきっかけになる、電動アシスト自転車です。 搭載されたバッテリーは、女性でも持ち運びしやすい軽量タイプでありながら、1度の充電で最大約50kmの走行を可能にしています。 夜間時など暗い走行シーンで活躍するLEDビームライトや衝撃吸収に優れたタイヤ、さらにズボンやスカートの裾を汚さないチェーンケースなど、通勤の際に重宝する装備や機能が装備されています。 男女問わず好まれやすいシンプルデザインを採用しているので、自転車通勤を考えている方におすすめの一品です。 VELO-STAR の詳細 メーカー パナソニック 内容量 22. 4kg 特徴 ・全長:186. 全ての工程を日本国内で行なっている、安心の日本製。 『ビビ・SX』はチャイルドシートを取り付けることもできるため、安全に走行できるのも重要なポイントです。 不意のグラつきや転倒を防ぐ機能を装備。 ハンドル部を固定でき、転倒しにくい設計となっています。 また、メインフレーム部分をU字型にしたことで、スカートを履いた女性でも乗り降りしやすいデザインです。 夜間走行時に手元を照らす、バックライト付きアシストナビを採用しているのも嬉しいポイント。 ビビ・SX の詳細 メーカー パナソニック 内容量 25. 8kg 特徴 ・全長:187. 5cm ・タイヤサイズ:26インチ ・バッテリー形式:リチウムイオン電池 ・バッテリー容量:8Ah 参考価格 91,800円(税込) スポーティデザインに、軽快でパワフルな走りが印象的な電動アシスト自転車。 バッテリーをシートチューブではなく、フレームのダウンチューブと一体化させたため、スポーツバイクのようなスタイリッシュなフォルムへと仕上がっています。 搭載されたスポーツドライブユニットが滑らかで力強いアシストを実現し、さらにシマノ製コンポーネントを採用したことで、平坦な路面から坂道まで軽快に走ることができます。 他にも随所に光るこだわりが、アクティブな走りをサポートしてくれます。 XU1 の詳細 メーカー パナソニック 内容量 24. 一見するとミニベロのような佇まいを感じさせる『グリッター』は、搭載された充電バッテリーは小型ながら12Ahの大容量タイプを実現しています。 電動アシストと大容量バッテリーのおかげで、速度の維持が難しい小径タイヤの弱点を克服。 ちょっとした遠出も可能にしています。 付属のフロントバスケットが約30cmのトールサイズを採用したことで、凸凹した道などで荷物の飛び出しを防ぐことができるのも嬉しいポイントです。 グリッター の詳細 メーカー パナソニック 内容量 24. 5kg 特徴 ・フレームサイズ:158cm ・タイヤサイズ:20インチ ・バッテリー形式:リチウムイオン電池 ・バッテリー容量:12Ah 参考価格 118,800円(税込) ブリヂストン 世代問わず快適な乗り心地を実現した、電動アシスト自転車になります。 乗り降りしやすい低床設計、幅広フロントバスケット、裾の汚れや巻き込みを防ぐチェーンケース付きといった普段使いしやすいベーシック装備を採用しています。 また、チェーン外れを抑える内装式3段変速機は、信頼性の高いシマノ製。 走行シーンに合わせた、最適な走りを可能にしています。 こちらは、10万円を超える電動アシスト自転車が多い中で、約8万円を実現。 非常にリーズナブルな価格も魅力の1つです。 アシスタファイン の詳細 メーカー ブリヂストン 内容量 25. 2kg 特徴 ・全長:186. 5cm ・タイヤサイズ:26インチ ・バッテリー形式:リチウムイオン電池 ・バッテリー容量:6. 2Ah 参考価格 85,500円(税込) クロスバイクが持つ軽快な走りと安全性を実現した、電動アシスト自転車です。 安定感を生むフロントサスペンションやスリックタイヤを装備したことで、段差や凸凹道でも軽快な走行を可能にしています。 制動力の高いディスクブレーキをフロントタイヤに装備したことで、突然の雨でも安全に走り続けることができます。 また、15. 4Ahの大容量バッテリーによって、最大90kmのロングライドが可能。 街乗りはもちろん、遠出したい時にもおすすめの一品です。 リアルストリーム の詳細 メーカー ブリヂストン 内容量 22. 5kg 特徴 ・全長:175cm ・タイヤサイズ:26インチ ・バッテリー形式:リチウムイオン電池 ・バッテリー容量:15. 4Ah 参考価格 155,800円(税込) 電動アシスト自転車の売れ筋ランキングはこちら ご参考までに、電動アシスト自転車の売れ筋ランキングは、それぞれのサイトの以下のページからご確認ください。

次の

コロナ禍で電動アシスト自転車が今人気。手軽なレンタル方法&売れ筋おすすめ車種って?

電動 アシスト 自転車 スポーツ

普通の自転車とは違い、漕ぐ力をアシストするモーター、そしてモーターを動かすためのバッテリー、その他の電気線やコントローラーがついています。 バッテリーは専用の充電器をあらかじめ4~6時間程度充電してから自転車に取り付けて運転をする必要があります。 1 漕ぐ力を軽減電動自転車は人力での漕ぐ力をアシストしてくれるので、体力に自信が無いと言う方でも、気軽に乗ることができ、普通の自転車の半分から3分の1の力で漕ぐことができるので、膝にかかる負担も軽減されます。 2 遠距離 サイクリングで遠出をする時はもちろんですが、遠距離にある職場や学校への通学や通勤のために自転車で移動するのが楽になります。 フル充電のバッテリーの使用時間は、およそ4時間程度のものが一般的でしたが、現在ではバッテリーの性能が上がっている上、新型番Cyrusher XF590長距離サイクリングにも使いやすいモデルです。 10,000mAhの大容量で長距離走行できます。 最短約4時間でフル充電でき、最大約100km PAS1アシストモード 走行できます。 3 運動不足の解消電動自転車に限ったことではありませんが、自転車に乗ることが苦痛になりにくいため、積極的に自転車で移動するようになる方も居ます。 運動不足で何かしてみたいけれど、体に過度な負担をかけたり、わざわざ体を動かすためだけの時間を取りにくい方は、スーパーへの買い出しや通勤などの移動を電動自転車に替えてみることで、運動不足の解消になります。 商品到着から1週間がたち、外出自粛要請中の大型連休で、ちょっとした買い物、散歩の際に大変重宝させていただいております。 商品には、車体、付属品(ペダル、ミラー、鍵、空気入れ、バッテリー充電器、工具)が付属していました。 バッテリーは別送となり、車体到着からおよそ5日後に到着しました。 商品到着後に出品者様と少しやり取りを行わせて頂きましたが、とても丁寧な対応をしていただきました。 保証書、販売証明書は商品には同封されていないので、出品者様に要望することでPDFを添えてメールで送ってくださいます。 その際の対応のレスポンスが思っていたよりも早く、とても丁寧で助かりました。 肝心の自転車はというと、組み立ては一般的な自転車の整備が自分で出来る方なら簡単にできると思います。 バッテリー到着まで、普通の自転車として使用していたところ、ギアのチェーンの初期伸びがすぐに現れましたが、インターネットで調べながらディレイラーを調節すると、初心者でも簡単に直すことができました。 バッテリー到着後にアシスト自転車として使用したところ、乗り心地、アシストはかなりよいです。 バッテリーが少し重たいので、バッテリーを積んだ際には車体の重量としてはかなり重たくなります。 バッテリーにもきちんと鍵がかかる仕様なので安心です。 アシストパワー平均1〜2の使用で、走行距離30kmの際のバッテリー残量は半分でした。 平均的な街乗りであればバッテリー残量を気にすることなく走れると思います。 めっちゃ楽しいです。 アシスト自転車自体初めてですが、かなり乗りやすい。 人力では行きだけで断念した場所往復できました。 私は引きこもりで足に筋肉が全くと言っていいほど無いので、今回移動用に購入しました。 組み立ては、説明書など無いですが、難しい事は無いです。 車輪、ペダル、ハンドルつけるだけ。 バッテリーとフレームは別々に届きます。 私の体重は85kgです。 参考にどうぞ。 よかったところ 移動しやすくなった。 アシストマックスで時速30kmまですぐ到達する。 体感4、5秒くらい バッテリーの変えがきくので、走行距離がのびる。 アシストモードでレベル1、2あたりなら50kmくらいは走れそうです。 アシスト5だと多分25kmくらい。 電動のみで20kmくらいかな。 体感予想 アシスト3で時速20kmは出る。 長距離で走るなら疲れればフル電動にすれば良い。 サスペンションが一応付いている。 無いよりは全然良い。 デザインがカッコいい。 思ったより大きい。 組み立てがシンプルで簡単。 わかるまで少し時間がかかったが ブレーキが良く効く と思う バッテリーとモーターが日本製よりもハイスペでコスパも良い。 空気入れ、ロックが何気に付属していて助かる。 悪いところ 出品者とコミュニケーションが取りづらい。 返信は早いが、言語的な意味で 付属で付いてきたミラーが割れていた。 ミラーを付ける人は注意 説明書が無い。 公式サイトからざっくりとした説明は見れる 自分のがハズレだったのかは知らないが、後ろのブレーキがキッーって鳴る 直せそうだしあまり気にしては無い ハンドルがほんのすこしがたつく。 安定感的にちょっと危ない サドルがゴミでケツが壊れる。 予備バッテリーが高い。 メンテが大変そう。 結論 買ったことは後悔していないが、おススメ出来るかは人による。 予備バッテリーや変えのサドルを含めて合計で16、7万の買い物になった。 サドルは絶対に変えた方が良い。 原付と比べてこっちが欲しいとは思わない。 性能で言えば圧倒的に原付でいい。 法整備が追い付いて、乗っても目立たなくなったら自転車として20万の上位互換を買ってもいいかなとは思えるクオリティ。 価格抑えめな分少し不満なところも有るが、アシスト自転車としての性能がクソで高い日本製品よりはこっちの方が個人的に好き。 もう少しだけ細かいクオリティ上げてくれたら全く文句は無い。 ハイパワーにお金使いたい人にはオススメ。 組み立てだが、ディスクブレーキにハマるように前輪をつけて、棒入れて、とめる。 ハンドルはかたいレバーを無理矢理上げて、開く。 ペダルはハメて回す。 100km走っての感想。 走行距離は、ギアやアシストレベルを調整しながら快適に走って1日で45km走れました 電池バー残り2つで帰宅 その中にはフル電動と、レベル5アシストも半分くらい入ってます。 常にフルスピードは勿論危ないので、1、2アシスト混ぜながら、段差なんかにも気を付けて安全運転で走ったり、サイクリングロードではフルパワーで長距離走ったりを繰り返して45kmです。 長距離になるとケツが痛いです サドル交換済み。 ただ人力では1kmでギブアップしていた自分がここまで走れて感動してます。 フル電動で信号待ちからの重いペダル回転を消してその後アシストに切り替えたり、楽できます。 アシスト5も同様。 ただそれでも十分速いです。 ロードバイク以外であればスイスイ抜きます。 登り坂も30度 体感 に挑戦して登れました。 スピードはもちろんかなり落ちましたが。 体重軽い人ならもっとスピードも距離も、のびるんじゃないでしょうか。 タイヤは空気パンパンに入れないとダメです。 気圧4って自転車屋さんで言われました。 付属の空気入れでは厳しいです。 楽し過ぎてファットバイクの方が欲しくなってきました。 I'm 6' 3" 300 lbs. I'm 54 and have a torn meniscus in my left knee. Legs aren't that great due to heavy labor jobs while younger. Very stiff when I get up in the morning but I have no problem riding this bike for long distances. For sizing, the top tube comes right up to my crotch. With my feet on the ground, there's maybe an inch of space from the top tube. Had to replace the seat as it was too small for me. Got a little larger one with a flashing light from Cyrusher's site and it was perfect. WAY more comfortable. I've stripped the bike down to bare metal and put it back together again. I added a riser to the steering tube because I was too tall for the shorter one and had to bend way over while riding, which is uncomfortable for me. I'm not racing or off roading but instead just cruising and didn't like the angle I had to ride at with the original riser. My route only includes low to medium grade hills. Took the tires off the rims twice to replace tubes from punctures, which was very easy to do and is a frequent task with bicycles. Putting the tires back on required several tries as I didn't realize the fork ends change a little when you pull the tire off, so when you put the tires back on, you have to play with the fork ends to get the width right again. You do have to disconnect the rear tire's power plug for the controller when you remove the back tire however. After you do it once, it's easy to do it again. I put 700 miles on it in 39 days. The brakes still have plenty of pad left and are a no brainier to change when the time comes. You just pull the cotter pin, pull out the old pads, which have a spring in the middle and replace with like brake pads and spring. The only tool you need to change the brake pads are needle nose pliers. The bottom bracket is a sealed, square taper type and feels brand new after 700 miles. It did come loose a little after a couple hundred miles but was easy to tighten back up because I bought all of the tools I needed to do m... I was shocked when I first put this bike together. I thought I was way too big but not. It's just right for me at 5'11". Good exercise with or witout the battery power. My battery life is much longer than I expected... I guess it may be do to the fact that I keep pushing unless I'm realy exhausted. Good eBike. This is my first one so I can't say it the best one out there but I can say it's a strong contender in it's price range. rad und funbike! dachte ich beim kauf! selbst im winter mitm snowboard! das licht nutze ich nicht, sondern ein usb. kaufempfehlung! 5 freunde haben nach ner testfahrt auch gekauft!!!!! I love this e-bike. It is my first one ever so I am very excited. It was very easy to put together and comes with tools! I enjoy riding it and I definitely recommend it to anyone looking for a super fun way to ride the streets or the trails. It can go by itself without pedaling and has five levels of pedal assist mode. Level 1 is pretty much no assist and you do quite some work, level 3 is enough for most purposes so you can do a little bit of exercise at least. Level 5 brings you to full speed while pedaling and you need not pedal much at all. You can also always use the throttle without using the pedals and it goes very fast! I absolutely recommend it! I received my bike last week and have been really impressed. Assembly took the best part of a half day, but it seems to be well made, although the flashy decals on the wheels were peeling a little even before the bike had been removed from the box! Any misgivings were soon swept away when I started to ride it, and its ability to accelerate on the flat, and provide massive assistance on hills, are really exhilarating! The scope for adjusting the saddle and handlebar height is very wide, and even as a 6-footer I had no trouble getting a comfortable riding position. My bike came with black plastic mudguards which is something I would myself have purchased and fitted, had this not been the case , but I am still looking to fit a parcel rack, rear light front one was supplied and warning bell. I do not think any of these will prove problematic. My biggest criticism by far lies in the total inadequacy of the instructions. Obviously the manufacturer's budget didn't run to employing anyone who could speak intelligible English. I find this a real irritation: just look at the absurd warnings that appear on the crossbar! The formal written instructions feature the same deficient text, and to add insult to injury, do not exhaustively cover all the basic functions, and are printed in a minute type size that really requires the use of a magnifying glass. I know how to switch the front light on and off only because it features in the promotional video, but have still not managed to change the display from kph to mph. Doubtless I'll work out how to do this in due course, but it really ought to be clearly explained in the instructions. Long term reliability will be a key factor, however, since it is mechanically and electrically complex, and re... It arrived before the due delivery date and was relatively easy to assemble. The bike is a powerful and impressive machine that is able to function off road in challenging conditions. It attracts almost too much attention for a bike that does not conform to UK regulations for use on road. Off road the twist grip accelerator is perfect for muddy standing starts and negotiating narrow bumpy paths. The the pedal assist tends to kick in slowly but even eco mode the lowest setting is capable of a major forward thrust. Fortunately I live in an area with a multitude of Heathland Bridleways and have a smaller legal ebike for on road use. Not recommended for urban areas due to the possibility of incurring a fine. The design is great, the bike looks awesome. It took me 45 minutes to assemble although 30 of that was looking for the English instructions online. The company is clearly good at making bikes, just not as good at website organization. That being said, the bike is awesome. I found this bike fairly easy to assemble and easy the set up for my 6 foot 1 frame. I found it quite tricky to ride to begin with as the motor seamed to kick in when least expected on my first electric bike when about to turn corners. The bike is fun to ride, came with mud guards luckily I was truggling to find fat mudguards before the bike arrived it is heavy to peddle once the battery is dead. On the road the bike handles great however it come into its own in the mud, wind, on sand or on ice the fat tyres are very stable. Great price good spec top Amazon purchase There are a lot of things I like about this. The small things tend to catch my mind, and are less talked about by most people, so I'll start with those. MINOR THINGS:PROS- The shifters are easily accessible from the natural grip position, unlike most bikes, where you have to lift your fingers to shift to higher gear, much like how you need to do for the brakes. I LOVED that I didn't have to do that for gear shifting. - buying this comes with af ree tuneup and assembly. This is GREAT. I love it. A tune-up costs around 80 dollars, and amazon provides it for FREE. The shifters not being in the right range, the brakes being slightly off, the spokes being misaligned.. all that jazz. You don't always know what to adjust, or if you do, it's not always the easiest to get precise. My guy did a great job. He even gave me a call so that I could reschedule earlier, since the bike comes earlier than the stated delivery date, usually. I got teh bike, I rescheduled, and I had it assembled the next morning. This of course is subjective to avialability, so don't always expect it. Its' dependent on your local area and scheduling. But it worked out great for me. - The electronic power level shifters are soft touch, and not all spikey and hard like some other brands. This is a big deal when you're riding on rough terrain, and you're trying to press the button. Pointy parts will really dig into your skin. Good job. - The folding is low-friction. Very easy. - Fits in an accord sedan trunk! - The seast is comfy. It's not super skinny where it hurts you. It's not the super fat plus kind either, but it's medium, cushy enough, and quite comfy. - The power level is 0 through 5. That's quite nice. You really don't want so many steps from min power to max power settings. 5 is perfect. - The level 1 power level delivers quite a bit of power. this is not a pro or con, since it's subj...

次の

《2020年》人気の電動アシスト自転車!タイプ別に13モデルを徹底解説

電動 アシスト 自転車 スポーツ

モデル バッテリー 走行距離 定価 レビュー ハリヤ BE-ELH42 12. 0 約73km 129,000 イーゼット BE-ELZ03 8. 0 約52km 117,000 エネモービル・S BE-ENB01 3. 0 約12km 73,889 リアルストリーム RS615 12. 8 約75km 152,800 PAS Brace XL PA26B 12. 8 約75km 151,000 PAS VIENTA5 PA26V 8. 7 約52km 120,000 ジェッター BE-ENHC644 BE-ENHC649 13. 2 約72km 166,000 以下にパナソニック、ブリヂストン、ヤマハの電動アシスト自転車の中からスポーツタイプの性能と特徴をまとめてみました。 ブリヂストンとヤマハは基本的に同じ性能のため、それぞれ対応するモデルは1つの表にまとめてあります。 4kg タイヤサイズ 26 チェンジ 外装7段 身長目安 150~185cm メーカー定価 税抜 129,000円 ハリヤの特徴 固定もできるフロントサスペンション 道路の段差などの衝撃を吸収。 サスペンションはレバーで固定することもできます。 サスペンションを固定すると力がダイレクトに伝わり、スピードを出しやすくなります。 90HE) 太めで凹凸の少ないタイヤなので衝撃を吸収しつつ軽快な走行が可能です。 フロントキャリヤ 最大積載質量2kg。 専用のバスケットを取り付けることができるので、通勤やお買物にも便利です。 0Ah 走行距離 約12km 重量 20. 0kg タイヤサイズ 20 チェンジ シングル 身長目安 150cm以上 メーカー定価 税抜 73,889円 エネモービル・Sの特徴 スマホに給電できるバッテリー「ene bottle」 なんと電動アシスト自転車のバッテリーからスマホに給電することができます。 BMX風ストリートハンドル スポーティでスタイリッシュながら、快適なハンドルポジションが保てます。 8Ah 12. 8Ah 走行距離 オートエコモード75km 標準モード59km 強モード50km オートエコモードプラス75km 標準モード59km 強モード50km 重量 22. 4kg 23. 2kg(ワイヤーロック0. サスペンションの固さの調節もできます。 雨天時に強いディスクブレーキ ディスクブレーキはタイヤから離れた場所についているので泥はねなどの影響を受けにくく、雨天時や悪路でも高い制動力を発揮します。 5 チェンジ 内装5段 身長目安 149cm以上 メーカー定価 税抜 120,000円 PAS VIENTA5の特徴 またがりやすいフレームデザイン トップチューブが後ろ下がりになっていて、小柄な方や女性でもまたがりやすいフレームデザインです。 フロントキャリヤ 専用のフロントバスケットが取付けられるので、お買物や通勤にも便利。 セミスリックタイヤ 凹凸の少ないタイヤなので軽快な走行が可能です。 PAS VIENTA5のレビュー・口コミをチェック 比較ポイント 前サスペンション マウンテンバイクタイプは全て前サスペンションがついていて太目のタイヤを装備しているのでクッション性は良いです。 しかしサスペンションが付いていると運転者の力がダイレクトに路面に伝わらないのでスピードはどうしても落ちます。 またこのサスペンションはあくまでも街乗り用なので本格的なオフロード走行には対応しきれません。 変速ギア ブリヂストン・ヤマハは内装変速、パナソニックは外装変速を使っています。 通常スポーツ車は外装変速を使っているのでパナソニックの方が通常のスポーツ車に近い作りです。 外装変速は軽い反面チェーンが外れるというトラブルがたまに起きてしまうことがあります。 内装変速はチェーン外れなどのトラブルが起きにくい代わりに重量が重くなってしまうという欠点があります。 タイヤ径とフレームサイズ ジェッターのタイヤ径は700Cというロードバイクやクロスバイクによく使われている径で、それ以外の26インチタイヤよりも大きい径になります。 単純にタイヤ径が大きければひと漕ぎで進む距離が長くなるのでスピードが出しやすくなります。 またジェッターは唯一フレームサイズを2種類展開しています。 一般的な自転車はサイズと言うとタイヤ径のことですが、スポーツ車の場合はフレームサイズのことを指します。 ユーザーそれぞれの体格に合った車体サイズでないと、スポーティな走行ができないので、同じモデルの中に何種類も違うフレームサイズを揃えているのです。 そういった点からジェッターはかなり本格的なスポーツ車を意識した作りになっています。 そしてより自分に合ったフレームサイズを選ぶことができます。 まとめ スピードよりもクッション性重視で日常的な悪路(街中での砂利道程度)も走るのであればマウンテンバイクタイプ、スピード重視であればジェッターがおすすめ。 女性で小柄な方にはフレームが小さく、少し下がった形状になっているPAS VIENTA5がおすすめです。 軽さ重視であれば外装変速のパナソニックがおすすめですが、チェーン外れのトラブルをできるだけ回避したいのであれば内装変速のブリヂストン・ヤマハがおすすめです。

次の