鶏 もも肉 柚子 胡椒。 鶏肉の柚子胡椒焼きのレシピ/作り方:白ごはん.com

鶏肉の柚子胡椒焼きのレシピ/作り方:白ごはん.com

鶏 もも肉 柚子 胡椒

だいたい柚子胡椒なんて買ってきても余らすんすよ。 一人暮らしなんてもんは。 20歳の時に自分の中で柚子胡椒ブームがきて「あっ、これバリうまやないすか」って。 だけど料理の幅が無い学生の料理なんてレパートリーがないもんで。 結局使うのは、そば・うどんばっかりに、 または使える料理の時に冷蔵庫に入ってるのに気づいていない。 すげぇもったいないけどそんなもんす。 んでもってだいたい柚子胡椒は期限が短いので、ちょこちょこ使ってもすぐロスになる。 使い勝手が悪いんすよ。 でも20歳の頃の衝撃はいまでも強くて、メインで使うとこれほど有能な調味料ないです。 上品ないい辛みもあって、居酒屋とかでも「柚子胡椒を効かせた何か」があるとなんだか頼んでみようかと思うし、家で料理でだしても喜ばれる。 そのサイズが完成系です。 鶏皮もつけますしメイン料理なんでちょい大きめ推奨です。 あまり細かくすると皮がとれますけん。 写真はジップロックですが普通にレジ袋でOKっす。 密閉してよく揉んで下さい。 肉が柔らかくなるのと味がしみます。 今回もんだ後10分ほど放置しましたが別に放置せんでもいいっす。 たいしてかわらんす。 熱した鍋に鶏肉を皮のほうから焼きます。 パリっとさせたいもので。 結構な油がでますが皮をパリっとさせるための要素になるのでそのままです。 時々、焼き目を見てください。 皮にパリ感がでて、上図らへんまで色づくと十分です。 油が残っていて気になる方はクッキングペーパーで適時ふきとってください。 鍋にフタをして3分ほど蒸し焼きにしたら完成です。 水菜とかレタスがあるといいすね もみこんで焼くだけという簡単さながら普段食いなれない味のためか、まわりの評価もいいんすよ、まぁ、あわないわけないんすけど鶏肉とは。 うどんそばだけじゃ勿体ない。 鶏タタキにつけようとしたら鶏の色というかコンデションがなんとなく悪い…そんな時とかにもうってつけやと思います。 柚子胡椒も一回に大さじ1使うので期限切れロス前の消費に試しにやってみてください。

次の

【メール便で送料無料】宮崎名物鶏料理! 鶏のもも肉(国内産)鶏炭火焼110g×2パックセット【柚子胡椒付き】

鶏 もも肉 柚子 胡椒

焼き鳥が好き過ぎて… 佐藤 です。 私は、焼き鳥が好きです。 大好きすぎて、大阪に居た頃は 週に4回も焼き鳥屋に足を運んで ました。 ですが、 ビールの飲みすぎと焼き鳥の食べすぎ が原因で『痛風』になりました。 脂っこい「皮の串」や「ぼんじり」、 生レバーや「肝の串」… そんな痛風まっしぐらな食べ方を していたことが、一番の問題だったと 思います。 が、 歩けなくなるくらい激痛の『痛風』を 味わっても、 「焼き鳥」は、いまだに大好きです。 ということで今回は、焼き鳥が好きだ という私の勝手な都合だけで、 「焼き鳥料理」を伝授します。 カブッっと噛みつける鶏料理なので 食べごたえ抜群です。 鶏の独特の臭みを抑えるため 柚子胡椒をに塗りつけます。 これで、風味も良くなり、一風 変わった焼き鳥になります。 作り方も簡単すぎて腰が抜けます。 鶏もも肉に切り込みを入れ、 酒、塩をふり、柚子胡椒塗って、 グリルで10分ほど焼くだけ。 彩の良い「焼野菜」も添えているので、 見栄えと栄養面も問題ないはずです。 私、最近久しぶりにこの料理作って 食べました。 柚子胡椒のピリッと感がたまらないです。 皮もパリッとして食感がイイ。 ところどころ軽い焦げ目が香ばしく、 「やっぱり焼き鳥最高!!」って 思ってしまいました。 ほんの5分でたいらげました。 皮、身、両面とも刺しておきます。 (熱を早く通します) 2、鶏もも肉全体に酒をまぶします。 塩も両面にふります。 少~し多いめにふっておいて下さい。 (鶏もも肉は脂分が多いので塩を少し 多めにしないと味が薄くなります) 3、柚子胡椒を表面に塗りつけます。 両面まんべんなく塗り付けて下さい。 グリルに火を付け強火にします。 皮を下にして身の方から焼いていきます。 表面が白くなってきたら、中火にして 7~8分焼きます。 4、鶏肉を焼いている間に、野菜を切ります。 かぼちゃは、7mmの厚さに切ります。 皮は剥かなくていいです。 熱を通しやすくするため皮側に 切込みを10箇所入れておきます。 5、しいたけは、表面に付いている 石づき(小さい石みたいな)を取り除きます。 軸を切り落とし、カサの表面に十文字に 切込みを入れます。 6、ししとうは、ヘタを切り落とします。 浅く切り込みを入れておきます。 ちょっと切れ目が入っていればOKです。 (破裂防止) 7、野菜全体に酒を軽くまぶします。 (お酒をふると美味しいです。 あと塩が表面に付きやすくなります) 塩を薄くふってください。 8、鶏もも肉が焼けたら裏返します。 野菜も焼きます。 かぼちゃは長めに焼いて 他の野菜は、裏表に焼色が付いたらすぐに取り出しておきます。 (しいたけ、しし唐はすぐに焦げるので よく確認して下さい) 10、皮目も7~8分焼きます。 11、焼けたら、まな板に取り出します。 7~8等分に切ります。 のこぎりを使う時のように上下に包丁を動かしながら切ると、 鶏肉が潰れずに綺麗に切れます。 お皿に盛り付けて完成です。 熱いうちに食ベてください! カテゴリー一覧•

次の

マッシュルームと鶏もも肉の柚子胡椒クリームスパゲティ 作り方・レシピ

鶏 もも肉 柚子 胡椒

2.をボウルにいれて(下味)の調味料を全て入れてよく揉み込みます。 3.茄子のヘタをとり、を輪切りにしてビニール袋に入れ片栗粉をまぶします。 4.大さじ4程度の油をひいたフライパンで茄子を中火で焼いていきます。 この間ににも片栗粉大さじ2〜3をまぶしておきましょう。 5.茄子をひっくり返して両面に焼き目がつき、火が通ったら一度別の器に移しておきましょう。 6.同じフライパンに油大さじ1程度を足して、を中火で焼いていきます。 5分ほどでひっくり返し、さらに5分中火で焼きます。 7.キッチンペーパーで余分な油を拭き取り、先ほどの茄子と砂糖、ポン酢を加えて炒めていきます。 8.全体にポン酢がよく絡まり、水気がなくなったら火を止めて、お好みで刻みネギといりごまを加えましょう。 9.器に盛り付けて完成です。

次の