振る べき か 振ら ざる。 ゴルフ「腕を振る」で意識すべきポイント2つの注意点

ルビ。振るべきか。振らざるべきか。 (その2): つらつらぐさ

振る べき か 振ら ざる

【今週の質問】ある人は「腕やヘッドを振れ」というし、また別の人は「腕だけを振らずに体と同調させろ」と言います。 一体どっちが正しいのでしょうか。 「手の動きはなくしてボディーターンだけでシンプルに打てば距離も出るし、方向性も安定する」 体の部位の動きとそれぞれの組み合わせは無限にある。 バラバラであるとショットは安定しない。 そこで、手首や肘などの動きを抑えることでフェースの無駄な動きをなくし、体の回転のパワーを主体にして打てば、正確に遠くへ飛ばせるのだという(写真〔1〕〔2〕)。 実際、私もそんな感じを意識している。 グリップエンドがいつもヘソを向くようにして、体の回転とクラブを同調して動かすことで、いつも同じスイングができ、ミート率が上がるという感覚がある。 ただ、これを誰もがやってうまく打てるかどうか。 それは疑問と言わざるをえない。 例えば一般のシニアにはとても窮屈なスイングになる。 手首の動きをなくして、腕を棒のように使って打ったら、タイミングがうまくとれなくなったり、タメとからテコの原理とかいう要素も使えなくなって、まったく飛ばなくなってしまう人もいる。 そういう人には逆に「体の回転よりも、手首や腕を柔らかく使って、クラブヘッドを振るように」というようなアドバイスの方が有効だ。 意識を持った方がしっかりスイングできるようになる(〔3〕)。 こっちの方がヘッドスピードを上げて距離を出しやすいだろう。 実は私も最近は体の回転よりも腕の振りを重視している。 あまりいい当たりが出なくて、調子が悪いのでよく考えてみると腕が振れていなかったと気がついて、腕を振るように気をつけたら調子が戻るということがあった。 もちろん、パワーあふれる男性プレーヤーには「手を使うな」というアドバイスは有効だ。 ここ一番で力んで左へのミスが出る長距離砲に、「右手の力を単独で使わないで、体の回転で振れ」といえば、たぶんうまく球筋をコントロールできるようになるだろう。 要するに、手や腕の動きを完全になくしては打つことはできないし、動かし過ぎるとショットは安定感を欠くということになる。 しかも、腕を振ろうと意識しているといずれ振り過ぎになり、抑えようとすると抑え過ぎになっていくので、調子がいい時期を過ぎると調子は悪くなっていくということになる。 結局、人によって違うし、同じ人でも調子によっても違うということになるのだが、今、私は腕は振るようにした方がいいと思っている。 レギュラーツアーで活躍後、2012年シニア「ISPSシニアマスターズ」優勝。 19年グランドシニア「ゴルフパートナー・ヴィクトリアカップ」優勝。 1955年10月25日生まれ。 熊本県出身。 関西学院大法学部卒。

次の

ルビ。振るべきか、振らざるべきか。: つらつらぐさ

振る べき か 振ら ざる

第八話 「……どういう意味?」挑発だろうか、とりあえず油断なくシェオルドレットを睨み付ける。 「私、もう戦えないもの」返ってくるのは予想外の台詞。 戦えない? 「さっきの『是空』はフォトンをエネルギーに変換するリアクターに対するジャミング。 私から半径二メートル内にある武器、というよりフォトンを動力とするあらゆる機関を一瞬だけ停止させるの。 私のメインエンジンの機能停止と引き換えにね」 「メインエンジンの……機能停止?」「えぇ。 今の私は予備のバッテリーでやっと動いてる状態。 戦闘には耐えられないわ」 と、いうことは、今回は諦めてくれるのだろうか。 だから、ノーン」いつの間にかシェオルドレットの後ろにノーンが立っていた。 出血は収まったようだが、真っ白だった服は赤黒い斑に染まっていて痛々しい。 「使いなさい」シェオルドレットは、右手に持っていたダブルセイバーをノーンに渡した。 「うふふ、アハハハッ」ノーンは凄く嬉しそうに笑い、それを握った瞬間ぶるり、と震えた。 「アァッハッハッハッハァ!」掠れた哄笑と共に、その身体が青い光で爆ぜる。 一月前と同じ、インフィニティブラスト。 だけど、何かおかしい。 ノーンの身体から放出される青いオーラが、右手の武器に吸い込まれていく。 「持てざる武器(アーティファクト)、『破軍』ドレットノート」そんなノーンを眺めつつ、シェオルドレットが誰にともなく語る。 「その力は『周囲のフォトンを吸収し、威力に上乗せする。 また、リアクター内で活性化させたフォトンを使用者に還元し、その身体能力を引き上げる』」 あれはアーティファクトだったのか……。 ドレットノートは青いオーラを纏い、その刃をさらに長大に変化させてゆく。 光が安定した時、全体的な長さは五メートルにも達していた。 『黒巻』ならともかく、人のサイズであんなものを振れるのだろうか。 インフィニティブラストの効果は肉体とフォトンを一体化させて活性化すること。 上下左右に、目まぐるしく。 木に当たり、石に当たり、地面を削るはずの軌道でもそれらを全て切り崩し、その勢いが削がれることは無い。 なるほど、あれだけの切れ味があるならどれだけリーチが長かったところで引っかかる物が無い。 振るのに不便は無いということか。 「悔イなサイ、無駄だケど!」先ほどとは比べものにならない速さで一瞬のうちに踏み込むノーン。 地面を垂直に斬り上げながら、振り上げる。 [newpage] 「!!」 ただでさえ桁外れに長い刃を地面で隠され、間合いなんて全然わからない。 それでも何とか、ダークフロウでのガードは間に合った。 ガギィン 衝撃を利用して大きく下がる。 が、多少の距離なんて身体能力の上がったノーンとドレットノートのリーチの前にはさほどの意味は無い。 着地した時には、またドレットノートの間合いの中。 「あら……? 斬れないなんて。 何かしら、その剣」全く意に介さないノーンとは対照的に、首を傾げるシェオルドレット。 ガギィン 「くっ……」ノーンの攻撃を防ぐのに精いっぱいで答えないでいると、シェオルドレットは勝手に調べたらしく、また喋り出した。 「あぁ、あれが『魔剣』ダークフロウなのね……。 以前は父親が持っていたとあるけど、所有者が変わったのかしら……? 同じアーティファクトだから斬れないのかしら」 上下左右から迫る刃に、パパとの特訓を思い出す。 『良いか、アン。 闘い慣れた者ほど、動きにリズムを持っている。 呼吸や心拍、地面を踏むリズムだ。 強敵と思ったらまずは観察しろ。 そのリズムさえ掴めば少なくとも、負けることは無い』 特訓を受けてる時はとても聞く余裕なんて無かったはずなのに、自然とパパの声が蘇る。 ノーンの動きはまるでデタラメだけど、パパの木剣に比べたら全然遅い。 そして本来なら『一切の防御ごと斬る』というドレットノートも、同じアーティファクトであるダークフロウは斬れない。 つまりダークフロウで防いでいる限り普通の武器と変わらない。 同時にノーンの右腕があらぬ方向に振られる。 ばツん 再びの音。 今度はノーンの左足が力を失ったように膝をつく。 ミち、ぷつぶち、ばツん、ぎち……。 奇妙な音が鳴るにつれて、ノーンが地面に崩れてゆく。 [newpage] 「アハァ、ハハハハッ」明らかな異常。 それでもノーンは笑う。 自分の身体が壊れてゆくのが楽しくて仕方ないというかのように。 「だ、大丈夫?」さすがに駆け寄ったりはしないが、とりあえずダークフロウを構えたまま尋ねる。 もちろん、ノーンは笑うばかりで答えない。 「……ノーンはドレットノートの力を最大限に発揮できる。 けれど、ドレットノートに選ばれた訳じゃない」応えたのはシェオルドレットだった。 不規則に全身を痙攣させ、のたうつノーンに歩み寄りながら話す。 そこでようやくシェオルドレットはノーンにたどり着き、ドレットノートを収めた。 ノーンの身体は痙攣を止め、自分の吐しゃ物に顔をうずめたまま動かなくなる。 「失敗だったわ。 それがアーティファクトなら、ドレットノートを持たせるべきじゃなかった」淡々と語るシェオルドレット。 「……それだけ? 心配じゃないの?」その態度にざわり、と心が波立つ。 「心配? よく分からないわ。 この子が死んだら困るけれど、それだけのことでしょう?」心底分からない、といった風のシェオルドレット。 「もちろん死なせる気は無いけれど、それと死ぬかどうかは別問題。 音のした方、東の空が赤く染まる。 「何……あれ……?」「あら、間に合ったのね」 平然と赤い空を眺めるシェオルドレットに、嫌な予感がする。 「あれは、何?」今度ははっきりと問いかける。 まさか。 「アイから聞いたのでしょう? 私たちは『三人組』だと」ノーンを担ぎながら答えるシェオルドレット。 ノーンが呼吸できないみたいだし、もう用は無いし」それだけ言うと、シェオルドレットはさっさとトランスポーターを出して帰ってしまった。 「……ユウ姉」すぐ後ろで止まった足音に、俯いたまま名前を呼ぶ。 「……申し訳ありません。 なぜ二人同時に闘わないのか、なぜあぁも自分の手の内を喋ったのか。 違和感はあったのですが、足止めをしているはずの私たちが足止めされているとは思い至りませんでした」 謝罪なんて、聞きたくない。 謝りたいのは私なのに。 あの炎の中にいるであろう、全ての人に謝りたかった。

次の

#現代版SH【腐】 sound of secret mind J

振る べき か 振ら ざる

【今週の質問】ある人は「腕やヘッドを振れ」というし、また別の人は「腕だけを振らずに体と同調させろ」と言います。 一体どっちが正しいのでしょうか。 「手の動きはなくしてボディーターンだけでシンプルに打てば距離も出るし、方向性も安定する」 体の部位の動きとそれぞれの組み合わせは無限にある。 バラバラであるとショットは安定しない。 そこで、手首や肘などの動きを抑えることでフェースの無駄な動きをなくし、体の回転のパワーを主体にして打てば、正確に遠くへ飛ばせるのだという(写真〔1〕〔2〕)。 実際、私もそんな感じを意識している。 グリップエンドがいつもヘソを向くようにして、体の回転とクラブを同調して動かすことで、いつも同じスイングができ、ミート率が上がるという感覚がある。 ただ、これを誰もがやってうまく打てるかどうか。 それは疑問と言わざるをえない。 例えば一般のシニアにはとても窮屈なスイングになる。 手首の動きをなくして、腕を棒のように使って打ったら、タイミングがうまくとれなくなったり、タメとからテコの原理とかいう要素も使えなくなって、まったく飛ばなくなってしまう人もいる。 そういう人には逆に「体の回転よりも、手首や腕を柔らかく使って、クラブヘッドを振るように」というようなアドバイスの方が有効だ。 意識を持った方がしっかりスイングできるようになる(〔3〕)。 こっちの方がヘッドスピードを上げて距離を出しやすいだろう。 実は私も最近は体の回転よりも腕の振りを重視している。 あまりいい当たりが出なくて、調子が悪いのでよく考えてみると腕が振れていなかったと気がついて、腕を振るように気をつけたら調子が戻るということがあった。 もちろん、パワーあふれる男性プレーヤーには「手を使うな」というアドバイスは有効だ。 ここ一番で力んで左へのミスが出る長距離砲に、「右手の力を単独で使わないで、体の回転で振れ」といえば、たぶんうまく球筋をコントロールできるようになるだろう。 要するに、手や腕の動きを完全になくしては打つことはできないし、動かし過ぎるとショットは安定感を欠くということになる。 しかも、腕を振ろうと意識しているといずれ振り過ぎになり、抑えようとすると抑え過ぎになっていくので、調子がいい時期を過ぎると調子は悪くなっていくということになる。 結局、人によって違うし、同じ人でも調子によっても違うということになるのだが、今、私は腕は振るようにした方がいいと思っている。 レギュラーツアーで活躍後、2012年シニア「ISPSシニアマスターズ」優勝。 19年グランドシニア「ゴルフパートナー・ヴィクトリアカップ」優勝。 1955年10月25日生まれ。 熊本県出身。 関西学院大法学部卒。

次の