離婚待ちの彼女。 離婚したくないが、夫と不倫相手を許せない [亀山早苗の恋愛コラム] All About

不倫相手に本気になった既婚女性が、それでも離婚できなかった理由

離婚待ちの彼女

不倫され、離婚したいけれど生活を考えるとできないという妻は…… 夫の浮気が発覚、夫は謝罪してやり直すことになったものの、どうしても相手の女性が許せない、もちろん夫のことも許せない。 そういうとき、妻たちはどうやって「復讐」するのだろうか。 離婚したくないから夫を責められない 離婚覚悟なら、いくらでも夫本人を責めることはできる。 だが、離婚したくない、今はできないという状況だと、妻たちはどうしても相手の女性に目が向いてしまう。 「夫を責めて家の中が険悪になるのは避けたい。 夫を社会的につぶしたら家庭も壊れてしまう。 子どもたちのためにそれはできません」 レイコさん(46歳)は悲痛な表情でそう話す。 2歳年上の夫と結婚して18年、不倫がわかったのは半年前だ。 元部下で既婚の女性と3年にわたって不倫を続けていたという。 「まったく気づかなかったんです。 夫とは長年セックスレスでした。 私はそんなものかと思っていたけど、夫は外で恋をしていたんですね」 悔しかった、ひたすら悔しかった、夫を取られるなんてとレイコさんは言った。 本妻のプライドなのだろうか。 不倫がわかったのは、夫のバッグを見てしまったから。 バッグが少し開いており、そこから使ったハンカチが覗いていたので、新しいハンカチと替えたときだった。 長方形の箱と、それに添えた封筒が見えた。 箱は高級アクセサリーのもの。 思わず封筒を開けた。 「つきあって3年目の記念日だったようです。 『この3年、本当にありがとう。 僕ががんばれるのは〇〇のおかげ』なんて彼女の名前を呼び捨てにしてありました。 誕生日ではなく、つきあった記念日というのがムカついて……。 私なんか誕生日でさえ何もしてもらったことがありませんから。 結婚記念日だって忘れているような人なのに」 そのままバッグを閉めた。 封筒は開封されたままだ。 夫はおそらく妻が見たと気づいただろう。 だが、夫は帰宅しても何も言わない。 1週間ほどたって、しびれを切らせたのはレイコさんのほうだった。 「いったい、あれは何なの、と問い詰めると夫は『ごめん』と。 もう謝ろうと最初から決めていた感じでした。 謝れば私がおとなしくなるだろうと高をくくっている。 そんな対応でした」 我慢できずに三者面談 妻の怒りは、浮気相手の女性のほうへ向く もう別れたと夫は言った。 だがレイコさんは信じられない。 「いますぐここで彼女に電話をかけて、と言いました。 土曜日の午後だったように記憶しています。 夫が渋々電話をかけ、『もう会えない』と告げて。 夫と彼女の間で何か段取りができていたのかもしれません。 私が電話を代わると『申し訳ありませんでした』とか細い声が聞こえました」 だがレイコさんは、それだけではどうしても腹の虫がおさまらなかった。 「今から彼女の家に一緒に行ってちょうだい、と夫に言うと、目を丸くしていました。 『あっちだって家庭があって』と。 そんなこと言うならあちらのだんなさんにバラすわよ、と脅して、夫の車で彼女の家の近くへ。 夫の携帯は私が持っていたので、夫は彼女に連絡することはできなかったと思います。 夫に彼女を呼び出してもらい、彼女の自宅近くの喫茶店で待ちました」 そこへ入ってきた彼女。 30代半ばのきれいな女性だった。 前に座らせて、どういうつもりだったのか問いただした。 「彼女の家の近くですから、ひょっとしたら知り合いもいたかもしれませんね。 だからなるべく大きな声で責め立てました。 夫がときどき『もうちょっと小さな声で』と言いましたが、『近所に知られたら困るの? そりゃ困るわよねー。 奥さんが不倫なんかしてちゃ』とことさら大声で言いました。 周りの人たちの耳がダンボになっているのがよくわかった」 激した女は止まらなくなってしまう。 レイコさんもそうだった。 「もう会いませんから、と頭を下げている彼女に向かって、『ねえ、うちの夫の性処理につきあってくれたんでしょう。 あなたって公衆便所なの?』とまで言ってしまいました。 彼女は泣き出し、夫は『ごめん』と頭を下げる。 周りから見たら修羅場だったでしょうね。 私は夫を促して、私たちのコーヒー代だけテーブルに置き、そのまま店を出ました。 店を出てから、水の一杯もひっかけてやればよかったと思ったけど」 妻の怒り恐るべしである。 同じ女性でありながら、いや、同じ女性だからこそ、とんでもない侮辱の言葉を投げつけてしまうのだ。 そしてこういうとき、夫は無力だ。 携帯をとりあげられ、妻が見張っていたら彼女の心を慰めることもできない。 それでもモヤモヤは晴れない そこまでやって夫には「二度と浮気しません」と一筆書かせたものの、レイコさんは今もモヤモヤが晴れないと言う。 「この半年間、夫とは最低限の会話しかしていません。 たまに夫が馴れ馴れしく話しかけてくると、『どういうつもりなの』とにらんでしまう。 夫は『そうやってオレをずっと許さないつもりか、どうすればいいんだ』と言うんですが、とにかく夫が私の知っている夫ではなく、3年も私を騙すような人だったのが悔しいんです」 この先も、レイコさんは過去を持ちだして夫を責め続けるのだろうか。 もちろん、不倫した夫が悪いのは確かだ。 だがどうやって贖罪すればいいのか夫もわからない。 レイコさんの気がすむような方法を話し合うことはできないのだろうか。

次の

離婚するカモ? 他の男と結婚する彼女を待ち続けるべきか(2014年6月25日)|ウーマンエキサイト(1/4)

離婚待ちの彼女

先日彼女にプロポーズをしました。 しかし彼女はその場で返事をくれませんでした。 後日返事がしたいと言って、3日経ちました。 4年間付き合いお互いに言わなくても通じるようになってきた感覚もあり、即答を貰えなかった瞬間に裏切られた感覚に陥ってしまいました。 もちろん一方的な私の感情の話であり、彼女にも考える事はあると思います。 私はプロポーズをするまでに何度も悩み、決心するまでにそれなりの覚悟は決めたつもりです。 今私は彼女の返事の内容問わず、プロポーズを撤回しようと考え始めました。 即答できないという事は、やはり私に対し躊躇するところがある。 仮にYESでも、私に対し失礼ではないのか。 もし気持ちの整理と言うのならば、何を整理するのか誰か教えてください。 (悩んでいます、乱文になってしまいすいません) ユーザーID: 2755153963 プロポーズに即答って…。 テレビドラマの見すぎです。 あなただって、プロポーズをするまでに、色々考えて、やっと決断したのでしょう。 あなたは決断するまでにどれだけの時間を費やしましたか? 彼女にも、それと同じだけの時間は必要だと思いませんか? それとも、何ですか? オレ様が決めたんだから、OKして当たり前とでも思っているのでしょうか? プロポーズにOKするとは、今後、一生あなたと生きて行くという事なのです。 あなたと彼女の一生がかかっているのです。 即答して貰えると思っていたのなら、勘違いです。 熟慮してから返事をしてくれる方が、それだけ真剣に考えてくれていると言うことだと思いますよ。 逆に、「即答くれなかったからプロポーズを撤回する」ような変な男性なら、安易に返事しなくて良かったと思いますよ。 ユーザーID: 3865999641• あなたは 結婚を躊躇する理由は、何も相手の事だけではありませんよ? 自分自身が妻としてきちんとやっていけるのだろうか・・とか、 実は、新しいことを始めようかと思っていた矢先だった・・とか、 自分の両親のことで考えるべきことが出来てしまっていた・・とか、 他人の私が想像しただけでも、いくらでも出てきます トピ主様にとっても、結婚は一生の大事の様に 彼女にとっても同じ事です でも、トピ主様は結婚されない方が良いかも知れませんね 「YES」の返事を即答して貰えなかった=自分の思い通りにならなかったから、それが裏切りだと思ってしまう様では 結婚したとしても、この先が思いやられます もしかしたら、トピ主様のそういう性格を見抜いていて彼女は考えてしまっている可能性もありですね ユーザーID: 4625491896• すぐ撤回しましょう。 (彼氏であるこの俺のプロポーズを受けて嬉しいはずだ、当然だ断るはずない) という考えがあるからイライラするのですよ。 ここで怒りに任せてプロポーズを撤回する事が正しい事であるかどうか冷静になるべきです。 ドラマのように皆が皆二つ返事なんてないですよ。 貴方だって何度も悩んだんでしょ? 彼女にもその時間をあげてください。 ここでまず、結婚できるかどうかが試されてる気がします。 彼女は誠実ですよ。 ちゃんと考えてから人生の大きな決断を決めようとしている慎重で思慮深い人です。 貴方は自分のちっぽけなプライドと彼女を天秤にかけるのでしょうか? ユーザーID: 8676260889• やーめた…プロポーズ撤回もあり トピ主さんのほうに、結婚を躊躇させるような悪条件というのはありませんか? 親との同居とか、多額の借金があるとか、ギャンブル癖があるとか。 もし心当たりがなく、堂々胸を張ってプロポーズしたというのなら、 トピ主さんの憤慨は当然です。 オロオロしないところは、男らしいですね。 プロポーズというのは、男としてそれなりに悩み、一大決心した結果なのですから、 相手が即座に受けてくれないと、こっちの気持ちも冷えるというものです。 4年間も付き合ったのなら、相手女性も十分過ぎるほど、 その瞬間がいずれ来ると覚悟してきたはずです。 なのに、その段になって返事を保留するというのは、 はっきり言って、トピ主さんがそう好きではないということになります。 男のプライドとしては、撤回もあり…私ならそうします。 ユーザーID: 3354915635• ご自身も、プロポーズするまでに何度も悩み、決心するまでにそれなりの覚悟を決めたって書いておられますよね? じゃぁ、彼女も同じではないですか? 自分勝手、自己中心だと理解してください。 私は女性ですが、仮に結婚を申し込まれても、 今現在、彼しか見えなくて舞い上がっている状態ではないので 考えます。 即答できるというのは、それまでに考え抜いて、この人と結婚しようと思っている場合ですよ。 彼女は未だ結婚について真剣に考えていなかっただけです。 あるいは、あなたとはと躊躇している。 どっちにしろ、即答してくれなかった=失礼だからと言って プロポーズを撤回するのは、 子供のすることであって、自分の利益しか考えない、情けない大人のすることですね。 他人の立場から物事を考えられるようになってください。 結婚しても、無理ですよ? ユーザーID: 5271248328• トピ主さんに不満・不安があるのかな 私も前の彼にプロポーズされました。 正直、嬉しくなかったです。 彼に対する不満が沢山あって、私はずっと我慢していました。 何度かプロポーズされましたが、「まだ考えていない」と答え、結局その彼とは私から別れました。 彼からしてみれば私は「俺の欠点もすべて受け入れてくれる女性」と思っていたのかもしれませんが、私は受け入れていたのではなく、ひたすら耐え忍んでいただけでした。 トピ主さんの彼女が、私同様に不満があるとは限りません。 彼女自身に、家族のこと、体のこと、仕事のこと等のパーソナルな悩みがあって躊躇しているのかもしれません。 >仮にYESでも、私に対し失礼ではないのか。 それは短絡的すぎではないでしょうか。 先程も言いましたが、なぜ彼女が返事にためらっているのか理由によります。 もしトピ主さんに不満があって彼女がためらっているにせよ、人並みに思いやりがある彼女なのだとしたら、彼女の不満に素直に耳を傾けられる余裕は大切ですよ。 なぜなら、今の彼女と別れたとしてもその欠点のせいであなたは他の女性ともうまくいかないかもしれません。 自分の欠点から目をそらさない勇気も必要です。 ユーザーID: 1373750702• 撤回って・・・ プロポーズに即答してくれない、即答出来なかった彼女の対応に冷めた。。。 であれば、彼女からOKの返事があり今後結婚に向けて話を進めていく上でも 色々出て来そうですねぇ。 とにかく、彼女からプロポーズの返事があるまで待って、きちんと受止める。 それから次の行動に出た方がいいと思います。 これまで4年間付き合ってきた彼女に対する貴方の気持だった訳ですから、 貴方も、プロポーズ受けた彼女の回答がどうなのかを知るべきです。 注意すべきは、彼女から返事がある前にプロポーズ撤回の言動をおこしたら プライド優先だの自己中... と、批判をあびる事になると思いますよ。 結婚ってタイミングもありますからねぇ、こればっかりはご縁でしょ。。 ユーザーID: 9232498515• まぁまぁ皆さん落ち着いて 私は今の夫にプロポーズされた時、Yesと即答しました。 結婚の話は一度もしたことがありませんでしたが、とても良い人だと思っていたし、いずれ時が満ちれば自分からプロポーズしようと思っていた相手だったからです。 でも、プロポーズをその場で受けたことを母親や職場のおば様達(親世代の人)に話した時、皆一様に即答したことを驚いていました。 特に母親には、「どんなに良い人だと思っていても答えは一度持って帰らなければならない。 プロポーズの返事は例え心が決まっていたとしてもとても重いものなのだ。 」と言われました。 …そう言われればその通りですよね…。 職場の人にはそこまでハッキリ言われなかったけど、あの少し戸惑った祝い方は、私が少々軽率に見えてしまったのでしょう。 それでなくても職場で一番若く頼りなく見えていたようですし。 (その後改めて周りに彼を紹介し、皆さんに心からの祝福をもらいました。 ) トピ主さんの彼女も、そういう事なのだと思います。 決して本気で答えを迷っているとは限りません。 私は軽率にも即答したことを当時の彼(現夫)に申し訳なく思いましたから。 つづく ユーザーID: 6801788901• まぁまぁ皆さん落ち着いて2 が、トピ主さんの気持ちも分かります。 というのも、プロポーズを実行したあの時の気持ちは夫にとってとても思い出深いものらしく、結婚何年かしてから 「あの時即答してもらえなかったら自分はどうしていただろう?」 と、突然話題に上ったことがあるんです。 いわく、「即答してもらえなかったら、プロポーズを撤回していたかもしれない」と…。 トピ主さんと同じですね。 でも私には衝撃でした。 付き合っている時も結婚後も、お互いにこれ以上の人はいないと思えるようなパートナーだと、私は一方的に思っていたからです。 今度はこちらが「たかがその程度の気持ちだったの…!? 」と本当にショックでした。 そういうことではないのだと、そんな突発的な気持ちでしたものではないからこそそう思ってしまうのだと懇々説明されて、分かったような分からないような。。。 ともかく、そこが男の人の繊細はところなんだと思います。 こんなこと説明されるまで思ってもみませんでした。 だからこそ、トピ主さんには早まった判断は抑えてほしいです。 彼女に迷いがあるのだと、簡単に判断してほしくないと思います。 ユーザーID: 6801788901• 彼女が悩み、決心するまでの猶予を与えない。 彼女の今の態度すべてが、あなたに対して「無礼」だと受け取り、批難している。 本性が出たんですね。 あなたの。 結婚してから、モラハラ発揮しそうですね。 結婚はやめた方が良いと思います。 お互いの為に。 悩んでるって・・何に? 気持ちの整理って何?とあなたは言われてますが、 あなたこそ何を悩み、なんの覚悟を決めていたんですか? 彼女だって、「この人と、一生を共に出きるか?」とか、 不安なこと心配なこと、色々ありますよ。 俺様がプロポーズしたんだから、泣いて喜んで飛びついて来いと? ハーレクインじゃあるまいし。 プロポーズの撤回、賛成です。 ユーザーID: 6538465918• 自分は悩んだのに? 自分の事しか考えてないんですね。 四年なら彼女はトピ主のその自己中な性格を熟知してるのでは。 男が悩み抜いた末の結論だから女は即答しろって…バカにしすぎ。 なにがプライドですか。 相手が即答しないだけで興醒めする程度の決意なんてたかが知れてます。 プロポーズだろうが何だろうが、何かを申し込んだ側は相手の答えを待つ立場でしょ。 しかも彼女は適当に流したのではなく、考えさせてほしいとちゃんと伝えてるのに。 トピ主さんは偉そうに待たせやがってくらいに思ってるのでは? それとも待つことの不安に耐えられず、その感情をすり替えての八つ当たり? どちらにしてもこの先の苦労が目に見えます。 トピ主さんも一太郎さんも、相手に熟慮させないのだから、結婚してからやっぱり嫌と離婚される事に文句言いませんよね。 一瞬の選択でこの先の人生決めろって横暴すぎ。 彼女がYESだった場合、即答じゃないからプロポーズ撤回しようと思ってたときちんと言って下さいね。 彼女の為に。 ユーザーID: 0973455171• 失望 みなさんの意見を聞いて、プロポーズをしてしまった事に対しもの凄く後悔しました。 女性は付き合いも長かったり年頃になれば結婚は意識するものと聞きます。 そうではなくてプロポーズをしてから結婚を考えるものなのですね。 今までの時間は何だったのでしょうか。 がっかりだ。 未だにプロポーズは男からするものと考える女性も多い中、男に言わせといてこんないいようでは言ったもん負けだと気付きました。 これでは世の男が結婚したくないという理由も頷けます。 これからの時代は、どっちから結婚を言うのか根競べになりそうですね。 私は彼女の了承の答えを聞いてから、白紙にする事を決めました。 女性の意見が聞けて良かったです。 これにて、トピを〆させてもらいます。 ユーザーID: 2755153963• いきなり言われたら結構ビックリするよ どんなシチュエーションでプロポーズしたか、解りませんが、突然言われて戸惑う感はありませんか? サプライズで言われて喜んでばかりはいられません。 私の場合ですが、結構現実的で、まだローンの支払いが残ってるのがあって、結婚したら仕事を辞めて欲しいって言われていたから、それをどうしょう…って真っ先に頭に浮かびました。 困った顔をしてたのを嫌がっていると感じたらしく、『結婚したくないの?』って言われましたが理由を話すと、ホッとしてました。 ですから、彼女にも即答出来なかった理由が、何かしらあるのだと思いますよ。 四年もお付き合いしていたんですから、待ってあげて下さい。 夫は三回プロポーズしましたよ。 今じゃ、忘れてますけど…。 ユーザーID: 1016377576.

次の

プロポーズの返事待ち

離婚待ちの彼女

不倫され、離婚したいけれど生活を考えるとできないという妻は…… 夫の浮気が発覚、夫は謝罪してやり直すことになったものの、どうしても相手の女性が許せない、もちろん夫のことも許せない。 そういうとき、妻たちはどうやって「復讐」するのだろうか。 離婚したくないから夫を責められない 離婚覚悟なら、いくらでも夫本人を責めることはできる。 だが、離婚したくない、今はできないという状況だと、妻たちはどうしても相手の女性に目が向いてしまう。 「夫を責めて家の中が険悪になるのは避けたい。 夫を社会的につぶしたら家庭も壊れてしまう。 子どもたちのためにそれはできません」 レイコさん(46歳)は悲痛な表情でそう話す。 2歳年上の夫と結婚して18年、不倫がわかったのは半年前だ。 元部下で既婚の女性と3年にわたって不倫を続けていたという。 「まったく気づかなかったんです。 夫とは長年セックスレスでした。 私はそんなものかと思っていたけど、夫は外で恋をしていたんですね」 悔しかった、ひたすら悔しかった、夫を取られるなんてとレイコさんは言った。 本妻のプライドなのだろうか。 不倫がわかったのは、夫のバッグを見てしまったから。 バッグが少し開いており、そこから使ったハンカチが覗いていたので、新しいハンカチと替えたときだった。 長方形の箱と、それに添えた封筒が見えた。 箱は高級アクセサリーのもの。 思わず封筒を開けた。 「つきあって3年目の記念日だったようです。 『この3年、本当にありがとう。 僕ががんばれるのは〇〇のおかげ』なんて彼女の名前を呼び捨てにしてありました。 誕生日ではなく、つきあった記念日というのがムカついて……。 私なんか誕生日でさえ何もしてもらったことがありませんから。 結婚記念日だって忘れているような人なのに」 そのままバッグを閉めた。 封筒は開封されたままだ。 夫はおそらく妻が見たと気づいただろう。 だが、夫は帰宅しても何も言わない。 1週間ほどたって、しびれを切らせたのはレイコさんのほうだった。 「いったい、あれは何なの、と問い詰めると夫は『ごめん』と。 もう謝ろうと最初から決めていた感じでした。 謝れば私がおとなしくなるだろうと高をくくっている。 そんな対応でした」 我慢できずに三者面談 妻の怒りは、浮気相手の女性のほうへ向く もう別れたと夫は言った。 だがレイコさんは信じられない。 「いますぐここで彼女に電話をかけて、と言いました。 土曜日の午後だったように記憶しています。 夫が渋々電話をかけ、『もう会えない』と告げて。 夫と彼女の間で何か段取りができていたのかもしれません。 私が電話を代わると『申し訳ありませんでした』とか細い声が聞こえました」 だがレイコさんは、それだけではどうしても腹の虫がおさまらなかった。 「今から彼女の家に一緒に行ってちょうだい、と夫に言うと、目を丸くしていました。 『あっちだって家庭があって』と。 そんなこと言うならあちらのだんなさんにバラすわよ、と脅して、夫の車で彼女の家の近くへ。 夫の携帯は私が持っていたので、夫は彼女に連絡することはできなかったと思います。 夫に彼女を呼び出してもらい、彼女の自宅近くの喫茶店で待ちました」 そこへ入ってきた彼女。 30代半ばのきれいな女性だった。 前に座らせて、どういうつもりだったのか問いただした。 「彼女の家の近くですから、ひょっとしたら知り合いもいたかもしれませんね。 だからなるべく大きな声で責め立てました。 夫がときどき『もうちょっと小さな声で』と言いましたが、『近所に知られたら困るの? そりゃ困るわよねー。 奥さんが不倫なんかしてちゃ』とことさら大声で言いました。 周りの人たちの耳がダンボになっているのがよくわかった」 激した女は止まらなくなってしまう。 レイコさんもそうだった。 「もう会いませんから、と頭を下げている彼女に向かって、『ねえ、うちの夫の性処理につきあってくれたんでしょう。 あなたって公衆便所なの?』とまで言ってしまいました。 彼女は泣き出し、夫は『ごめん』と頭を下げる。 周りから見たら修羅場だったでしょうね。 私は夫を促して、私たちのコーヒー代だけテーブルに置き、そのまま店を出ました。 店を出てから、水の一杯もひっかけてやればよかったと思ったけど」 妻の怒り恐るべしである。 同じ女性でありながら、いや、同じ女性だからこそ、とんでもない侮辱の言葉を投げつけてしまうのだ。 そしてこういうとき、夫は無力だ。 携帯をとりあげられ、妻が見張っていたら彼女の心を慰めることもできない。 それでもモヤモヤは晴れない そこまでやって夫には「二度と浮気しません」と一筆書かせたものの、レイコさんは今もモヤモヤが晴れないと言う。 「この半年間、夫とは最低限の会話しかしていません。 たまに夫が馴れ馴れしく話しかけてくると、『どういうつもりなの』とにらんでしまう。 夫は『そうやってオレをずっと許さないつもりか、どうすればいいんだ』と言うんですが、とにかく夫が私の知っている夫ではなく、3年も私を騙すような人だったのが悔しいんです」 この先も、レイコさんは過去を持ちだして夫を責め続けるのだろうか。 もちろん、不倫した夫が悪いのは確かだ。 だがどうやって贖罪すればいいのか夫もわからない。 レイコさんの気がすむような方法を話し合うことはできないのだろうか。

次の