花粉症 いつから いつまで。 子供の花粉症いつから?3歳息子が発症!医師に詳しく聞いてきた。

春の花粉が飛ぶのはいつまで?知っておきたい花粉症の基本

花粉症 いつから いつまで

今年も花粉症の時期が近づいて参りました。 今回も昨年同様、• 2020年の花粉症はいつからいつまでなのか• 代表的な花粉、「スギ」「ヒノキ」の飛散量は例年と比べてどうなのか ということについて徹底的に調べあげ、書いていきたいと思います。 本記事を参考にし、花粉症の期間に合わせて薬で対策するなりマスクを爆買いするなりして自分なりの対策をしてもらえればと思います。 それでは参りましょう。 『2020年の花粉症はいつからいつまで?スギ・ヒノキ飛散量は?』 2020年の花粉症はいつからいつまで? 花粉症の方はご存じと思いますが、花粉の飛散する時期というのは例年、だいたい決まっています。 昨年の記事で例年のおおよその期間を表にまとめていますのでそちらを丸々引用させていただきますと、 スギ花粉 ヒノキ花粉 東北 2月上旬~4月下旬 3月下旬~5月上旬 関東 2月上旬~6月上旬 3月初旬~5月中旬 東海 2月中旬~4月中旬 3月中旬~4月下旬 関西 2月上旬~4月上旬 3月中旬~4月下旬 という感じです。 わたしは愛知県に住んでいますが、この表通りだいたい2月に入ってから鼻がもぞもぞとしてきて、2月中旬ごろには鼻が大洪水といった状態になります。 さらにわたしはヒノキ花粉も持ち合わせていますので、3月はもう鼻が洪水警報レベルです。 4月からは比較的ラクになりますね。 このようにだいたいは例年どおりで予測ができますが、たまに思ったより早い鼻の洪水に対策が間に合わなかったり、思ったより花粉が遅く、花粉症が治ったかもしれないという錯覚に陥ることもありますので、わかる限り細かく期間を予想してみます。 スギ花粉は昨年の夏の気温や日照時間、今年の気温などにより飛散量や飛散時期が予想されます。 飛散量については後ほど書かせていただきますが、飛散時期に関しましては 全国的に例年よりやや早めに飛散が開始されると予想されます。 スギ花粉は寒さのピークを越えて、暖かくなると飛散が開始されます。 気象庁でも今年は暖冬と予想され、寒さのピークというのがイマイチ読みづらいところもありますが、例年より気温が高いと思われるため、飛散時期は例年より早めになると思われます。 全国的に、 2月の頭くらいから飛散が始まると警戒していてちょうど良いくらいでしょう。 花粉症が始まると、近くの薬局やスーパーからマスクや薬が売り切れまくる恐れがありますので、これに合わせて準備しておきましょう。 スギ花粉症のピーク 花粉症の期間としては以上の期間ですが、中でも花粉の飛散がピークとなり、我々花粉症患者が一番もだえ苦しむ期間も表にします。 スギ・ヒノキ花粉の両方にアレルギーを持つわたしの経験で、スギ花粉のピーク時のほうが圧倒的につらいことから、スギ花粉のピークの期間のみ表にいたします。 2020年花粉症ピーク期 スギ花粉 東北 3月上旬~4月中旬 関東 2月下旬~3月中旬 東海 2月下旬~3月中旬 関西 2月下旬~3月中旬 この期間以外でも、風の強い日や雨上がりの晴れた日などは飛散量が増加しますので、これまでより一層天気予報に注意を払いましょう。 2020年スギ・ヒノキ花粉飛散量 さて。 上記の花粉症の期間の段階で、かなり注意を払うよう不安を煽った書き方をしてしまいましたが、 2020年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量は全国的に昨年より、平年より減少傾向にあると予想されます。 (北海道は除く) 上記でも、花粉は昨年夏の気温や日照時間、今年の気温が関係すると書かせていただきましたが、スギ・ヒノキ花粉の飛散量は昨年の気温と日照時間が大きく影響します。 少し昨年の夏を思い出してみましょう。 わたしは愛知県に住んでいるのですが、昨年はとにかく梅雨の時期が長かったというか、雨の日がとても多く感じました。 全国的に被害がありましたが、台風も結構多く、最強台風なんてものも到来しましたよね。 あの台風で甚大な被害を受けた方々、心よりご心配申し上げます。 それでもわたしは、昨年はそれなりに暑かった記憶もあります。 ただその暑かった記憶というのが、夏ではなく9月ごろの秋ごろの記憶です。 (余談ですが、世界的に見れば昨年の夏はかなり暑かったそうです) スギ・ヒノキの雄花が生長する時期に、雨が多かったりそれほど気温が上がらなかったりと条件が適さなかったわけですね。 2018年なんて記録的猛暑といわれるくらいの夏でしたから、そりゃ昨年はスギ・ヒノキは生長しまくりの花粉飛ばしまくりでしょって話です。 (現に、昨年のスギ・ヒノキ花粉は平年を上回っています) そんなわけで、今年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量は平年より減少傾向にあるだけでなく、 地域によっては花粉の総飛散量が平年より多かった昨年の半分ほどと予想されていますので、昨年をなんとか乗り越えた我々からしたら大きな自信となるでしょう。 この予想は「ウェザーニュース」が図で分かりやすく過去10年の飛散量をまとめてくれています。 大変見やすいので引用いたします。 よろしければそちらもご参考ください。 まとめ 以上、 『2020年の花粉症はいつからいつまで?スギ・ヒノキ飛散量は?』ということで書かせていただきました。 花粉の飛散時期や飛散量を抑えておくだけでもこれからの対策なり、心構えなりできると思いましたので、しっかりと書かせていただきました。 これだけ書いておいてなんですが、わたしは対策をマスク以外は一切やらない人間なので、もしわたしと同じような変わり者がいましたら、この記事を見て 「この期間だけ気合で耐えぬけばいいんだな」と心構えの場にしていただければ幸いです(笑) それでは皆様、良い春をお過ごしください。 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

花粉症2019年はいつからいつまで?予防や対策方法を伝授

花粉症 いつから いつまで

それどころか、昭和初期が誕生日のおばあちゃんなどは花粉症でない場合が多いですよね? 冒頭でもお話ししたとおり、国民病と呼ばれ、5人に1人かかると言われている花粉症が、昔の日本にはなかったのです。 花粉症どころか、 「スギ花粉」という単語さえ一昔前には認知されていなかったんですね。 スギという植物自体は、弥生時代から日本人には馴染みのあるもので、水田の矢板などに用いられていました。 また、加工しやすく香り豊かなスギは重宝されやすく室町時代には本格的な植林まで始まったと言われています。 けれどもこの頃のスギは、現代のように花粉を撒き散らし猛威を振るうような存在ではありませんでした。 前述したとおり、昔の人たちはスギを伐採したり加工したりと、決して スギを放置することがなかったためです。 花粉症はいつから始まったの? 花粉症という言葉が認知されるようになったのは、1964年。 東京オリンピックの年ですね。 今までは植林と伐採、加工が交互に行われ、丁寧に管理されていた大量のスギ林がこの頃から 放置されるようになったのです。 当時の日本は、ちょうど木材貿易の自由化が進んでいる時期。 それまで時給で国内の木材を活用していたのが、 海外の安い木材を進んで使うようになりました。 9割あった木材の自給率が、7割を輸入に頼るほどです。 そうなると、スギは伐採される機会も植林される機会も減ってきます。 日本の経済発展に合わせて、皮肉なことにスギ花粉も、大量に増殖、発散されるようになったんですね。 また、1950年頃は戦後復興期の真っ只中です。 戦時中には軍需目的で大量伐採されていたスギが、戦後に改めて植えられるようになりました。 これは、木が切り倒された山々が洪水の原因になってしまうので、それを防止する目的があったためです。 そして、先ほど書いた木材貿易の自由化に伴うスギの放置。 スギが花粉を飛ばしまくるのは樹齢30年頃と言われていますから、本格的に花粉症が流行するとしたら1980年前後ということになります。 ・・・見事に計算が合ってますね。。。 1979年には「社会問題」にもなるくらいの規模で、花粉症が流行するようになりました。 これが東京オリンピックから15年後の出来事です。 というわけで、 花粉症という言葉が認知されるようになったのが1964年。 花粉症が社会問題化したのが1979年になります。 花粉症になる人はなぜ増えた?その原因や理由とは また、昔よりも今のほうが花粉症になる人が多い原因として、暮らしの変化が挙げられます。 たとえば 食生活。 戦時中までの日本の食事といえば、魚や野菜が中心のものでした。 肉や牛乳をガツガツ食べるような食生活ではなかったはずですよね? それが、戦後には食生活の欧米化が進みます。 先に挙げた肉とか牛乳、ビールや激辛系の料理やこってり系の料理。 それから砂糖のたっぷり入ったアイスクリーム・・・ これらは全て、 花粉症を引き起こしたり悪化させる原因になる食べ物として知られています。 だから平成以降の 現代人よりも花粉症に対して抗体があると言うことが出来ますね。 Sponsored Link そして、現代社会は ストレス社会です。 体調を崩してしまうほどのストレスを抱える人や十分な睡眠を取れていない人がたくさんいるのが現代の日本です。 スマホやパソコンの画面を長時間眺めることも、心はともかく身体にとっては強いストレスの原因となります。 ストレスは身体の免疫力を低下させます。 そして、免疫力が低下した身体にこそ花粉は喜んで足を踏み入れるのです。 現代人が花粉症を改善したり対策したりするためには、食生活や生活習慣などを 「昔の人」に少し寄せてみることを心がけるのが良さそうですね。 花粉症が悪化する食べ物や生活習慣などについては、以前に記事に書きました。 よろしかったらそちらもご参考にされてみてください。 まとめ.

次の

2020年花粉はいつから?花粉症ピークや時期を地方別まとめ!

花粉症 いつから いつまで

スポンサードリンク 花粉症の薬を飲む期間はいつからいつまで? 花粉症を含むアレルギー疾患は、根本的に治療することが簡単ではありません。 そのため、現在の花粉症の治療は薬による対症療法が主流となっています。 ではその薬は、花粉症の症状が出始めてから飲めばよいのでしょうか。 実は、花粉症には 早めの対策が有効であるといわれています。 例年同じ時期に花粉症の症状に悩まされている方は、 花粉が飛び始める2週間ほど前から薬を飲み始めるとよいでしょう。 これは 「初期療法」といって、花粉症の強い症状が出る前から治療を始めることで症状が出るのを遅らせたり、花粉シーズン中の症状を軽くし、症状の終了も早めることができるのです。 毎年花粉症に悩む方でも、花粉が本格的に飛んで症状がひどくなってから受診される方が多いようです。 しかし、症状が出た頃にはすでに鼻の中のアレルギーの炎症は盛んになっているので、薬を飲んでも効きづらい状態になっています。 一方でまだ炎症が本格的に出ていないときに薬を飲み始めれば、症状を効果的に和らげることができるのです。 また花粉シーズンになると、耳鼻科などの医療機関も大変混雑します。 お住まいの地域の花粉情報をチェックし、花粉が飛び始める2~3週間前に受診しておくのがおすすめです。 ただし薬を服用し始めてから、症状が軽くなってきたからといって自己判断で薬を飲むことを止めてしまうのはNGです。 花粉が大量に飛散した時に症状が悪化することもありますし、抗アレルギー効果も十分に発揮できなくなってしまいます。 症状が軽くなっても医師の指示がない限りは、薬を継続して服用しましょう。 スポンサーリンク また、花粉の飛散量が減ると服用する薬の量も減らすことができます。 眠気やのどの渇きなどの副作用が気になる方は、医師に相談して飲む時期や症状に合った薬を処方してもらうようにしましょう。 そして、いつまで薬の服用を続けるのかしっかり確認しておきましょう。 花粉症の薬を飲むタイミングはいつが最適? 花粉症をきちんと治療するためにも、薬の正しい飲み方を知っておきたいですね。 抗アレルギー薬といわれる処方薬として、治療に特によく用いられるのが 抗ヒスタミン薬です。 これはくしゃみや鼻水などの症状に効果があり、最近では眠くなりにくい「第二世代」と呼ばれる抗ヒスタミン薬が薬局でも市販されるようになりました。 この第二世代の抗ヒスタミン薬で使用されるのが、 「アレグラ」 「タリオン」という薬ではないでしょうか。 これらの薬は1日2回服用することになっているので、 基本的には朝食後と夕食後の30分以内に1回ずつ飲むようにしましょう。 また「アレジオン」や「ジルテック」などの抗ヒスタミン薬は、1日1回の服用で約24時間効果が持続するので、就寝前に忘れずに飲んでおきましょう。

次の