アイフォンの写真をパソコンに送る。 スマートフォンからパソコンへBluetoothで画像を送る方法

4つの方法でiPhoneの写真をパソコンに取り込む(Windows・Mac)

アイフォンの写真をパソコンに送る

【 本記事のターゲット 】• iPhoneで写真をよく撮る• データはiPhoneの中に入れっぱなし• パソコンにiPhoneの写真データを転送・取り込みたい 今回はiPhoneに保存されている写真データをWindows 10 PCへ転送・保存する方法をご紹介します。 スマートフォンとして、iPhoneを持っている方は非常に多いかと思います。 そこで、つい最近Windows 10を搭載しているパソコンにiPhoneの写真を保存するという機会があり、普段Macを使っているmogにとっては恥ずかしながら最初やり方が分からなかった... 汗 という事で、下記にWindows 10 パソコンにiPhoneの写真データを保存・転送する方法を画面キャプチャ付きで分かりやすくご紹介したいと思います。 TIPS:Androidのスマートフォンにある写真をパソコンへ転送・保存する方法や撮影した動画をパソコンへ転送・保存する方法に関して、下記別記事にて纏めていますので、良ければご確認下さい。 Windows 10 パソコンにiPhoneの写真を転送する手順をご紹介 今回利用したのは上記のようなWindows 10搭載パソコン、iTunesなどのソフトは一切インストールしていないクリーンなPCでの取り込み手順となります。 特に特別なソフトなどは必要なく、Windows 10 標準機能でiPhoneの写真データを取り込む・パソコンに保存する事が可能です。 パソコンとiPhoneをLightning - USBケーブルで接続 まずはiPhoneとWindows 10搭載パソコンをUSBケーブルで接続します。 特に問題なければ、下記のようにエクスプローラー(何かしらのフォルダをダブルクリックすれば表示されます)を開くと、左側の列に「Apple iPhone」といったアイコンが表示されるはずです。 もし表示されない方は1分程焦らず待機してみましょう。 またiPhoneの画面も一度見てみましょう。 iPhoneの画面上に• このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか? と表示されている場合は「許可」をタップしましょう。 そうすれば上記のようにアイコンが表示されるはずです。 表示されたiPhoneを右クリック、画像とビデオのインポートをクリック iPhoneのアイコンが表示されたら、アイコンの上にマウスポインタを移動させて「右クリック」を実施しましょう。 最近ふと気がついたのですが、最新のノートPCなどではトラックパットが1枚になっていて、右クリックという物が存在しないタイプが多くなってきています。 マウスを利用している人は右クリックでいいのですが、1枚タイプのトラックパットタイプのノートPCを利用している人は、慣れないかもしれませんが2本指で同時にトラックパットをクリックしてみましょう。 動作としては右クリックと同様となりますので。 上記画像のように表示されたら、「画像とビデオのインポート」をクリックしましょう。 そうすると下記のようなポップアップが表示されます。 一部の写真のみを選択して取り込む事も出来るし、新しく撮影した写真を一括で取り込む事も可能です。 左下の「その他のオプション」をクリックしてみると... 写真データのインポート(取り込む)先のフォルダを指定したり、取り込む際のファイル名の命名規則を設定したり、インポートした後にiPhoneから画像データを自動削除するといった設定などが出来るようになっています。 パソコンにインポートする(取り込む)写真を選択 今回は写真を選択してインポートしてみたいので、先ほどの画面で「インポートする項目を確認、整理、グループ化する」を選択して「次へ」をクリックします。 すると下記画面が表示されます。 右下の「グループの調整」という項目をすると、分類する間隔を調整する事が出来ます。 デフォルトでは撮影した時間を元に「3時間」間隔で写真データを分類・グループ化されています。 そのまま右下のインポートをクリックしてしまうと、全ての写真が取り込まれてしまいますので、まずは左上の「全て選択」のチェックボックスを外します。 その上で、今回インポートしたい写真が入っているグループ項目を見つけ出し、右側の青文字に表示されている「xx項目を表示」をクリックします。 すると下記画面が表示されます。 サムネイルとして写真データが表示されるので、左上の「全て選択」のチェックが外れている事を確認した後、今回パソコンに取り込みたい画像をクリックしてチェックを入れます。 この状態で右下のインポートをクリックすると、選択した画像データのみパソコンに取り込む事が可能です。 パソコンに写真データが保存されたか確認する では実際にiPhoneの写真データがWindows 10搭載パソコンに保存されたかどうか確認しましょう。 今回はデフォルトの設定なので、「ピクチャ」フォルダの中に保存されているはずです。 先ほどと同様にエクスプローラーを開いて、左タブのPCの中から「ピクチャ」をクリックしてみましょう。 そうすると上記画面が表示されるかと思います。 すると、先ほど選択したiPhone内の写真がちゃんとインポート、パソコン内に保存されているはずです。

次の

iPhoneの写真を一枚ずつ選択してパソコンに保存しよう!PCで整理して戻す方法も徹底解説。

アイフォンの写真をパソコンに送る

パソコンはMacでもWindowsでもおこなうことができます。 方法は、まずiCloudフォトライブラリを有効にします。 iPhoneの方では、ホーム画面から設定アプリを開き、iCloudを選択します。 次に写真を選択し、iCloudフォトライブラリをオンにします。 そして、Macパソコンに転送したい場合は、Macのシステム環境設定を開き、iCloudを選択します。 そして、写真の横のオプションをクリックし、iCloudフォトライブラリを選択します。 もし転送したいパソコンがWindowsの場合はWindows用iCloudをダウンロードしたうえで、写真の横にあるオプションを開きiCloudフォトライブラリを選択します。 Macに読み込む場合 Macに転送する場合は、iPhoneをUSBケーブルでMacに接続します。 もしSDカードを使っている場合は、MacのSDスロットに挿入するか、カードリーダーを使って接続します。 そして、iPhoneのパスコードを解除します。 すると、MacにiPhoneの写真Appが自動的に開きます。 すると、写真Appに読み込み画面が表示されます。 iPhoneに保存している写真と動画が全て表示されますので、Macに移したい写真等をクリックし、選択項目を読み込むをクリックします。 もし、全ての写真を読み込みたい場合は、すべての新規項目を読み込むをクリックすると良いです。 読み込みが完了すると、iPhone上に写真を残しておくか削除するかを選択します。 ここまで完了したら、Macから取り外せますので、安全に外します。 Windowsに読み込む場合 Windowsパソコンに読み込む場合は、iPhoneをパソコンに接続したうえでWindowsフォトギャラリーを使用します。 iPhoneをUSBケーブルでWindowsパソコンに接続します。 そして、Windowsフォトギャラリーに写真を読み込みます。 WindowsフォトギャラリーでiPhoneの写真を読み込む場合、向きが逆になったりすることがありますので注意が必要です。 この方法をおこなう場合は、転送先のパソコンでLINEアプリをインストールしておく必要があります。 そして、iPhone側とパソコン側をLINEで同じグループにし、あとは通常のLINEの使い方と同じです。 iPhoneから転送したい画像をメッセージで送ることもできれば、トーク内でアルバム作成することもできます。 これだけで、パソコン側からは、通常のLINEと一緒で画像が送られてきたり、アルバムに追加された画像を確認・保存することができます。 ネットさえ使える環境であれば、Wi-Fiネットワークでなくても簡単に画像転送することができます。 Androidでインターネットを... 404,729件のビュー• Android端末を利用している... 377,885件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 329,739件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 288,589件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 238,765件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 229,383件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 226,985件のビュー• Windowsを利用していると「... 220,652件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 210,632件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 193,545件のビュー.

次の

iPhone からパソコンに写真を無料で転送・保存する方法

アイフォンの写真をパソコンに送る

Part 1: AnyTrans for iOSを使ってiPhoneの写真をパソコンに取り込む(一括&個別) iPhoneの写真をパソコンに取り込むには、 累計1000万ダウンロードを超えた を強くおすすめします。 「カメラロール」だけでなく、「フォトライブラリ」「フォトストリーム」「アルバム」「パノラマ」「バースト」などの写真もサポートします• PC(パソコン)で写真・画像の閲覧と選択ができます• サイズの変更と画質の劣化はありません• 高速な転送スピードを持っていて、5分間で約1000枚の写真を移すことができます• 逆に、パソコンの写真をiPhoneに送ることもできます• 写真のほか、音楽、プレイリスト、ビデオ、着信音、メモ、連絡先、などほとんどのファイルもサポートします "AnyTrans4 — 手の痒いところまで届くiPhone管理ツール!AnyTransなら大事な音楽データやアプリのデータをエクスポートする事が出来ます。 " Apple認定開発者によって開発されたツール - AnyTrans for iOSにウイルス、広告、スパイウェア、マルウェアなどの有害なものは一切含まれていません。 また、購入する前に無料トライアルの利用が可能です。 製品を注文しても、も対応しております。 ご安心ください。 方法1:iPhoneの写真を一括でパソコンに取り込む Step 1 : iPhoneの写真を一括でパソコンに取り込むには、まず&インストールしてください。 ウイルス検査済み ウイルス検査済み ウイルス検査済み 初心者向けのAnyTrans for iOSダウンロード、インストール、起動、言語設定などの方法に困ったら 、をご覧ください。 Step 2 : AnyTrans for iOSを立ち上げます。 もしiPhoneがAnyTrans for iOSに認識されないなら、をご参考ください。 一括でiPhoneの写真をパソコンに取り込む Step 4:「マイフォト」を選択 > 「選択」ボタンをクリックして写真の保存先を設定 > 「次へ」ボタンをクリックして、iPhoneからパソコンに写真を送ります。 一括でiPhoneの写真をパソコンに取り込む 方法2:iPhoneの写真を個別に選択してパソコンに取り込む Step 1: &インストールします。 個別にiPhoneの写真をパソコンに取り込む Step 3: 左側で必要な項目・カテゴリを選択して管理画面に入り(ここで、マイフォトを例にする) > アイフォンからパソコンへ保存したい写真を複数・一括選択 > 右上にある 「PCへ転送」ボタンをクリック > 選択された写真がiPhoneからパソコンに移されます。 個別にiPhoneの写真をパソコンに取り込む 作業が終わったら、パソコンからエクスポート先のフォルダで確認してみましょう。 個別にiPhoneの写真をパソコンに取り込む• 自動再生を使ってiPhoneからWindows 7パソコンに写真を送る時、カメラロール内の写真のみがコピーされます。 フォトライブラリ、フォトストリームをパソコンに取り込みたい場合は、を参考にしてください。 自動再生を使ってiPhoneからWindows パソコン写真を転送する場合に、HEICという形式で保存することもよくありますが、見れないので困っています。 iPhoneカメラロールの写真をWindows 7パソコンに移す方法 ご注意:iPhoneには[このコンピュータを信頼しますか?]という確認画面が表示されます。 [信頼]をタップすると、接続しているパソコンとデータをやりとりできるようになります。 Step 2: 「読み込み」をクリック > iPhoneの写真がパソコンに移されます。 新しいウインドウが開き、読み込んだ写真が表示されます。 「自動再生」が表示されない場合は、「スタート」から「コンピューター」を選択し、ポータブルデバイス欄に表示される「iPhone 」を右クリックし、「画像とビデオのインポート」を選べば、iPhoneのカメラロールの写真を一括でパソコンに取り込むことも可能です。 写真元:dekiru. net Step 2:下端からスワイプしてアプリコマンドを表示(マウスを使用している場合は、アプリを右クリック) > 「インポート」を選びます。 Step 3:インポート元のデバイスを選びます。 Step 4:Windows 8に保存したい写真を選択 > 「インポート」をクリックしてiPhoneの写真をパソコンに取り込みます。 Part 4: iPhoneの写真をMacパソコンに取り込む Step 1:iPhoneを USB ケーブルで Macに接続します。 Step 2:「写真」を起動 > サイドバーの「読み込み」セクションに iPhoneをクリックします。 Step 3:写真を選択して読み込むには、目的の写真をクリックしてから、「選択項目を読み込む」をクリックします。 新しい写真をすべて読み込むには、「すべての新しい項目を読み込む」をクリックします。 これで、iPhoneの写真を Mac パソコンに取り込めるようになります。 最後に 以上、iPhoneの写真をパソコンに取り込む4つの方法です。 また、Part 1で使用しているソフトウェアは写真以外の音楽、動画、アプリ、連絡先、メッセージ、着信音、オーディオブック、ボイスメモ、Safariのブックマークやメモなどをこともできます。 一度使えば手放せなくなる実用的なツールです! 最後まで読んでくれてありがとうございます。 本記事について、ご質問がございましたら、遠慮なくご連絡ください。 もしこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。

次の