ブラバス 800。 ブラバスがメルセデスAMG「E63 S」を800馬力にカスタム!わずか3秒で100km/hまで加速するスーパーセダンに。

ブラバスがメルセデスAMG「E63 S」を800馬力にカスタム!わずか3秒で100km/hまで加速するスーパーセダンに。

ブラバス 800

ワイドスターコンバージョンセットを始めとして、カーボンボンネット、LED付きのルーフアタッチメント、フロントグリルなど、すべてブラバス基調に改められる。 ホイールは11. グロスブラック一色となるブラックプラチナムエディションだ。 ブラバスが得意とするワイドボディメイク エンブレムを見たら一目瞭然、ブラバス・コンプリートである。 メルセデス・ベンツがスマートのハイパフォーマンスモデルに「ブラバス」を設定することでも窺えるように、ブラバスはメルセデスとの結びつきが強い世界最高峰のメルセデスチューナー。 今回、東京オートサロン2020で展示されたG63はその最新作だ。 「ブラバス 800 ワイドスター G63」という名が示すように、メルセデスAMG G63をベースに最高出力を800psにまで引き上げ、かつブラバス流のワイドボディを与えたもの。 2019年3月のジュネーブショーで公開されたものが、2020年の東京オートサロンにやってきた。 とはいえ、この個体の生い立ちは少々ユニークだ。 ブラバス本社で製作されたものではなく、ここ日本のインポーターを務めるラガーコーポレーション&ボンドカーズが本国と協力する格好で、日本で完成させたもの。 使用されるボディパーツなどはすべて本国から直送してもらったほか、出力性能の決め手となるターボチャージャーはわざわざ本国へ送って加工してもらったという。 この個体は日本仕様のメルセデスAMG G63をベースに、タービンの本国加工、吸排気、パワーエクストラ(ECUチューニング)などの措置を経て最高出力800psを達成している。 最高出力800psを絞り出すブラバスチューン このタービン加工にECUチューニング(パワーエクストラ)、吸排気変更などを経て、気兼ねなく普段使いできる800psが完成した。 結果として日本仕様のAMG G63をベースとした、世界でも稀有なワイドスターとなった。 ワイドボディを構築するボディパーツも多岐にわたる。 ホイールだってオリジナルのモノブロック。 ヘッドレストの刺繍などは、タービンと同じく本国での加工を経たものだという。 こうした手間ヒマをかけたからこそ、ブラバス本国が認めるコンプリートカーとして結実した。 今回の個体はほんの一例。 こうした体制が整うということは、ユーザーの希望に即して多種多様な仕立てが可能ということである。 世界に1台自分だけのブラバス、それも本国が認めたコンプリーカーが手に入るだなんてとても夢がある。 REPORT/中三川大地(Daichi NAKAMIGAWA) PHOTO/降旗俊明(Toshiaki FURIHATA) 【問い合わせ】 ラガーコーポレーション TEL 048-845-0808 【関連リンク】 ・ラガーコーポレーション公式サイト.

次の

ブラバスから最強のメルセデスAMG GT 4ドアクーペ…フランクフルトモーターショー2019

ブラバス 800

BRABUS 800 WIDESTAR ブラバス800ワイドスター スポーツカーをも凌駕する圧倒的なパフォーマンス。 ドイツのメルセデス・チューナー「ブラバス(BRABUS)」は、最新の「メルセデスAMG G63」をベースとした「ブラバス800ワイドスター」をジュネーブ・モーターショーで公開。 オーバーフェンダーにより拡幅されたワイドボディに加え、パフォーマンス面でも究極のオフロードマシンが完成した。 心臓部に搭載される4. 0リッターV型8気筒ツインターボエンジンは、アルミ製のパドル付き9速オートマチックが組み合わせられ、最高出力588kW(800hp)、最大トルク1000Nmという圧倒的なパフォーマンスを実現。 ブラバス製ツインターボキットの採用で800hpを実現。 ブラバスは数十年間メルセデス・ベンツ製エンジンのチューニングを手がけており、昨年の「700パワーエキストラ」投入後も、さらなるパワーアップを目指して4. 0リッターV8ツインターボエンジンの開発を続けてきた。 生産モデルのツインターボは、ブラバス製ハイパフォーマンスターボに置き換えられ、より大型のコンプレッサーユニットも採用されている。 ハードウェアの変更に合わせてエンジンマッピング等も再調整された。 完璧な耐久性を目指して数週間のテストを敢行。 優れたパフォーマンスを追求するだけでなく、完璧な耐久性も求められている。 最新のテストベンチを使ったエンジン本体の耐久テストに加えて、様々なシチュエーションでの数週間にわたる走行テストも敢行。 その結果をふまえ、今回のアップグレードプランに対してブラバスは、3年間または10万km/6万マイルの長期保証を付帯している。 「ブラバス・ステンレス製スポーツエキゾーストシステム」は、パフォーマンスを最適化するだけでなく、制御された排気フラップを採用。 「帰宅(Coming Home)」モード、「スポーツ(Sport)」を備えており、状況に合わせてスポーティなV8サウンドを楽しむことができる。 片側10cm拡幅化された迫力のワイドボディ。 中身以上にアグレッシブなのが、片側10cm(4インチ)も拡幅された、前後のワイドフェンダーだろう。 ブラバスは「800ワイドスター」の購入者に対して、20〜23インチのオーダーメイドホイール&タイヤの組み合わせを推奨している。 ワイド化されたボディワークに合わせて、フロント&リヤのデザインも変更。 パワーアップしたエンジン、ラジエター、ブレーキにフレッシュエアを導くべく、フロントエアインテークを大型化。 さらにエアインテーク下部にLEDライトが追加されたことで、ボディのエッジを引き立たせるだけでなく、アクティブセイフティレベルも向上させている。 ボンネットのパワーバルジはカーボン製を採用。 また、ラジエターグリル中心には、ブラバスのロゴが鎮座する。 インテリアはオーナーの希望に合わせてカスタマイズ。 インテリアはオーナーの好みに合わせてカスタマイズすることが可能。 今回ジュネーブに展示される「800ワイドスター」には、マスティックレザーとアルカンターラが組み合わせられ、インストゥルメントパネルやセンターコンソールに採用されたカーボントリムと共に、ノーブルな印象を醸し出すことに成功している。

次の

ブラバス、メルセデスベンツ Gクラス 新型を800馬力に…2種類の限定車は各10台

ブラバス 800

ブラバスから「G63」をベースに800馬力にカスタムした「BRABUS 800 WIDESTAR」が登場。 5秒という、十分すぎるほどな高性能モデルとなっていました。 そんなAMGの「G63」でも満足できないという、クロスカントリービークルにぶっ飛んだ性能を求めるオーナーさんのために、ドイツのチューニングメーカー「ブラバス」がさらに高性能で厳つく仕上げた「 BRABUS 800 WIDESTAR」を発表しました。 1秒で加速するワイドボディな高性能オフローダーに。 もともと高性能なG63がブラバスにより高性能なワイルドで豪華なオフローダーに進化! (画像:より) ジュネーブモーターショーに合わせて発表されたブラバスの「 BRABUS 800 WIDESTAR」は、もともとAMG 4. 0リットルV8ビターボエンジンを搭載し、最高出力585PS、最大トルク850Nmという高性能な「」を、 エンジンチューニングによって大幅に上回る、最高出力800HP、最大トルク1000Nmに引き上げ、この結果、わずか4. ・2020年1月12日、サイトのパフォーマンス向上を目的にCDN(Content Delivery Network)の導入と、一部画像サーバーの変更を行いました。 ・諸事情により「Idea Web Tools」は2019年の秋頃から更新を休止しておりましたが、2020年1月10日より、新規記事の追加、更新を再開致しましたので、今後とも引き続き当サイトをご利用いただければ幸いです。 2019年5月20日:サイトのデザインが新しくなりました。 完全なデザインの一新は2013年の運営開始以来初めてとなり、スマートフォン表示を意識したレスポンシブデザインとなっております。 デザイン変更に伴い、今後投稿される記事の表示も新デザインに合わせたカタチへとシフトしていく予定です。 (過去記事の表示に不具合が発生している部分が御座いますがご了承下さい).

次の