うな重 と うな丼。 「うな丼」と「うな重」の違いは?

うな重| なか卯の商品 | 丼ぶりと京風うどんのなか卯

うな重 と うな丼

Contents• gnavi. 多くの人はうな丼やうな重として食べられるかと思いますが、お店でウナギを買って自分の家でご飯を炊いてうな丼やうな重にして食べるという人もいるかと思いますが、お店で食べられる人も多いですよね。 そのうな重、うな丼ですが、平均価格は大体どれくらいになるのでしょうか。 やはり使用されているウナギが国産かそうでないのかなどによって値段に違いはありますが、 大体うな重だと2000円から3000円、うな丼だと1000円から2000円程となっているようですね。 高いところだと5000円~6000円の価格となっているお店もあるようですので、ちょっと奮発したいという時に食べられるのもいいかもしれませんね。 一人だと奮発して食べられる価格ではありますが、家族で行かれるとかなり高額になってしまうためウナギだけ買って家でうな丼などにして食べるようにしてるという人も多いようですね。 sukiya. どちらもウナギをタレで食べる、調理方法にほぼ違いがありませんよね。 大きな違いと言えば器が重箱なのか、丼なのかという違いがあります。 この他の違いとしてウナギの肝の吸い物がうな重に付いている、乗ってるウナギの量がうな重の方が多いといった違いがあるそうです。 ただ、うな丼でもたくさん乗ってるお店もありますので、明確な違いというのは無いのかもしれませんね。 どちらかと言えばうな丼よりもうな重の方がより高級感を味わえるというのも違いの一つかもしれませんね。 うなぎを多く食べられだした江戸中期にはうな丼、うな重というものが無かったそうですが、芝居小屋でもウナギを食べるようになったことで、冷めないようにと丼に入れて出されたのが始まりであると言われています。 最初は蓋が無い丼だけだったそうですが、明治時代になると蓋つきの丼になり、大正時代になると陶器の器ではなく漆塗りの器に入れるうな重が出始めたそうです。 重箱を使うことによってうなぎは高級であるとアピールされたとも言われています。 乗ってるウナギの量が違ったりと違いはありますが、どちらも同じ食べ物であることには違いないようですね。

次の

チェーン店の「うな丼」で1番おいしいのはどこなのか / 吉野家・すき家・なか卯・ほっともっとを食べ比べてみた

うな重 と うな丼

この記事に書いていること• ひつまぶしとうな重の違いは? うなぎ料理と言われて思い浮かぶのは、うな重、うな丼、鰻の蒲焼き、ひつまぶしだと思いまが、ひつまぶしってあまり馴染みが無い方も多いと思います。 それもそのはず、ひつまぶしは名古屋の郷土料理なんです。 まずはひつまぶしとはどんなものなのかをご紹介しますね。 ひつまぶしとは ひつまぶしとは、刻んだウナギの蒲焼を、小さなお櫃に入ったご飯の上に乗せた料理のことです。 海苔やワサビなどの薬味が添えられて、お吸い物と一緒に出されることが多いです。 ひつまぶしの「ひつ」とはご飯を入れる「お櫃」のことで、「まぶし」は刻んだうなぎをごはんにまぶすこと。 この二つを合わせて「ひつまぶし」と命名されたようです。 出前持ちも、器が変わってさぞ安心したことでしょう(笑)割ったら罰金!とかだったんでしょうか。 いずれにせよ割る度に怒られたでしょうね。 うな重との違いは? 一方誰もが知っているうな重は、その名の通り重箱の中にご飯を入れて、その上にうなぎの蒲焼を乗せた物。 うなぎの内臓の入った肝吸いと一緒に出されることが多く、山椒をふりかけて食べる煮がスタンダード。 ひつまぶしとうな重の共通点と違う点 「ひつまぶし」と「うな重」、こうやって書き並べてもどちらも白米にうなぎの蒲焼が乗っているという点では同じですね。 決定的な違いといえば、お櫃に入っているか重箱にはいっているかという点。 でも、実は食べ方も違うんですよ。 それについては後ほどご紹介しますが、同じく混同されやすいうな丼との違いをまず解説しますね。 ひつまぶしとうな丼の違いは? 先ほどはひつまぶしとうな重の違いをご紹介しましたが、うな丼の存在も忘れてはいけません。 うな丼とはズバリ!丼に入ったご飯にうなぎの蒲焼を乗せたものです! すでにお気づきかもしれませんが、うな重もうな丼も、ひつまぶしも、大まかにいえば器の違いなんですね! でも、うな重とうな丼って、なんだかうな重の方が高級感がありませんか? そしてうな丼の方が庶民的な感じがしますよね。 基本的にうな重もうな丼も「使っているうなぎは同じ」。 違いは容器とうなぎの量、そして肝吸いが付くか、ただのお吸い物が付くか、ということです。 金額的にはうな重>うな丼なので、うな重の方が高級感があるのはそのせいなのかもしれませんね。 ただ、お店によってもちょっと違いがあるようで「ランチにはうな丼、夜はうな重だけ」という所もあるそうです。 うな重の松竹梅の違い うな重のランク付けの松・竹・梅ってありますよね。 あれって、うなぎの産地や天然か養殖かの違いだと思いがちですが、違うんですよ。 松・竹・梅の違いも、うなぎの量なんです。 松のうな重を頼むと重箱からはみ出すくらいのうなぎが乗っていることが多いのもそのせいなんですね。 名古屋流ひつまぶしの食べ方 うな重とうな丼、そしてひつまぶし。 どれもごはんにうなぎの蒲焼が乗ってるという点は全く一緒です。 しかし、うな重・うな丼と一線を画すのがひつまぶしなんです。 そして、その違いは「食べ方」にあります。 それでは先ほど後回しにしてしまった、ひつまぶしの正しい食べ方についてご紹介しましょう。 ひつまぶしの正しい食べ方 正しい食べ方といっても、そんなに難しいことはありません。 まず初めに、お櫃に入ったひつまぶしをしゃもじで4等分にします。

次の

うな重とうな丼の違い

うな重 と うな丼

2018年夏、7月20日と8月1日はうなぎ屋が忙しくなる「土用の丑の日」である。 近年、価格が高騰していると言われているうなぎだが、親しみやすい価格設定でグッと身近な存在にしているのが、牛丼屋などをはじめとする大手外食チェーンだ。 そこで今回は、 「すき家」「吉野家」「なか卯」「ほっともっと」のうな丼(うな重)をテイクアウトして食べ比べ、どこが1番おいしいのかチェックしてみることにした。 ちなみにうなぎの産地は、いずれも中国産だった。 また、カロリーについては最大で約40kcalの差なので、全体の量に大きな違いはないと考えても良さそうだ。 それでは、筆者の個人的な意見にはなるが、各社のうなぎ弁当を食べ比べた感想をランキング形式でご紹介していくゾ! ・第4位:吉野家『鰻重 一枚盛』750円 4社のなかで、見た目も食感も明らかに残念だったのが「吉野家」だ。 商品の個体差を少なくするためか、3つの切り身を組み合わせて1枚にしてあり、 端がボソボソと崩れてしまっているのが印象に残った。 食べてみると、見た目と同じく食感もボソボソしており、タレの味も強すぎてうなぎの旨味がイマイチ感じられない。 ひつまぶし的な食べ方には合いそうだが……そういったメニューが無い点もまた残念だ。 牛丼に定評のある吉野家だけに、今後に期待したい。 ・第3位:ほっともっと『うな丼 並盛』780円 ボリュームがあって脂も乗っているが、 皮が厚く身も硬めだったのが「ほっともっと」である。 また、付属される小袋入りのタレの味にクセがあり、米発酵調味料からきていると思われるアルコールの匂いが少し気になった。 同商品に関しては、時間が経ってしまった場合はレンジで温めてから味わうのがベターだろう(弁当容器は電子レンジ不可)。 そして、好みにもよるが付属のタレは量が多めなので、かけすぎに注意した方がいいかもしれない。 ・第2位:すき家『うな丼 並盛』790円 前述の2社に比べてクセが少なかったのが「すき家」。 柔らくなめらかな舌触りのうなぎが甘めのタレで仕上げられていて食べやすかった。 今ひとつだった点として、皮のねっとりとした食感が挙げられるが、ご飯と一緒に食べればさほど気にならないレベルである。 すき家の情報によると、中国の福建省で養殖されたうなぎを使用。 養殖を始めるまえから店舗で販売されるまで11回にも渡る検査を実施しており、これは一般的な国内養殖うなぎよりも厳しいものだという。 もしかすると、そうしたこだわりが味に現れているのかもしれない。 ・第1位:なか卯『うな重』850円 そして、4社の中で最もおいしかったのが「なか卯」だ。 ふっくらとしたうなぎの食感に加えて、臭みやしつこさを感じさせないタレの濃さもまた絶妙。 本格専門店で食べるような焼きたての味には及ばないが、香ばしく仕上がっていて豊かな味わいが楽しめた。  ご存知の方も多いかと思うが「なか卯」は「すき家」と同じ 「ゼンショーグループ」が運営するチェーン店。 うなぎの質感や味の濃さはそれぞれ異なってはいるものの、今回の食べ比べで同グループのうなぎに対する強いこだわりを見たような気がする。 以上、食べ比べてみた結果、個人的な意見としては「なか卯」のうな重が最も美味しく感じた。 他の3社に比べてやや高価だが、うなぎの市場価格を考えれば高コスパといえる。 気になる方はぜひその味をご自身で確かめてみてはいかがだろうか。 参考リンク:、、、 Report: Photo:Rocketnews24.

次の