ヘッドホン ワイヤレス おすすめ。 e☆イヤホン厳選ラインナップ!おすすめ!ワイヤレスヘッドホン特集

開放型ヘッドホンのおすすめ9選!ハイエンドも【2020年版】

ヘッドホン ワイヤレス おすすめ

Porta Proといえばパンチがあり生き生きとした低域が特徴。 開放型なのに関わらず量感が多く音楽を楽しく聴くことが出来ます。 サイズからは想像もつかないグイグイと迫るような低域とヌケが良くと開放的な中高域のバランスは当機種ならでは。 ボーカルや中高域のフォーカスが少し甘く感じますが、個人的にはそのフォーカスの甘さが特徴的な低域を邪魔せずPorta Proならではの味になっているのではと感じました。 豪快なサウンドなので相性が良いのはロック、ポップス、ヒップホップなど強いベースが活かされるジャンルの楽曲と相性がいいと思います。 逆にどんな音源でも元気に聴かせようとする傾向があるので静かで繊細な曲との相性は人を選んでしまうかもしれません。 無線ユニットの性能が良いのか有線バージョンとの音質差は少ないと感じました(接続するプレーヤーによって変化はしますが。 ) 音楽をベースラインにフォーカスして聴く方やとにかくノリよく楽しみたいという方に非常におすすめなヘッドホンです。 PR部• かわちゃん• ブログより引用 まずデザインですが、シンプルかつお洒落でファッションの一部にできそうな見た目です。 とても小型で軽量なので、通勤通学にも使えちゃいますよ! ヘッドバンドがメッシュのような素材になっているので暑い時期の蒸れが緩和されそうです。 少し締め付けが強い印象もありますが歩いている時にずり落ちて煩わしい思いをしなくてもよさそうです。 アームが結構伸びてくれるので自分に合ったアームの長さに調節ができます。 音に関しては、オンイヤーですがボーカルが近い印象を受けました。 低域が強すぎず中域も綺麗に鳴ってくれるので、ギターの音が結構いい感じになってくれると思いました。 立体感のあるギターを鳴らしてくれます!!! ロックでもミドルテンポくらいの曲調がいい味を出してくれます。 名古屋大須店• はっちょう 無印のX5同様、非常に高い遮音性の高さを継承しています。 側圧の強いカッチリしたフィット感なので遮音性は抜群で装着感もグッド!この快適な装着感と高い遮音性は現場はもちろん普段使いでも威力を発揮し、例えば通勤通学の電車内でも音漏れを気にする事なく音楽を楽しむことが出来ます。 さらに特筆すべき点として、Bluetoothコーデックに高音質aptXだけでなく、低遅延のaptX Low Latencyにも対応している事。 aptX-LL対応のトランスミッターを使えば家で映画鑑賞やドラマを見てもほぼほぼレイテンシーを感じずに楽しめます。 音質的にはローがしっかりしたリアリティあふれる音質が特徴的。 骨太ながらも高い解像度でアタックを正確に捉える事が出来ますので、広いスタイルに対応しているのはさすがPioneer DJと言えるでしょう。 付属のカールコードを接続すると、すべてのファンクションボタンが自動的にオフになるのも非常に便利。 「使う側の立場」で考えに考えられたモデルと言えます。 ハウジングのグリップも良く、ガッと持ってサッとどけられます。 ストレスフリーに思い通り確実にずらしたりできるのは地味に素晴らしいポイントの一つ。 単なるデザインアクセントのスリットではなく現場での実用に即した造りはさすがですね。 秋葉原店• よねちゃん• 優しい所は優しく、力強い所は力強く! とても強弱のはっきりしている音作りで、音が最後消える所まで楽しめる音作りになっています。 ボーカルは少し近めではありますが、それほど嫌みのある感じではなく自然で 楽器とバランスの取れた音作りになっていてとても聴き心地の良い音になっています。 なんといっても、ホール感があり、それでいて音の一音一音の粒立ちはとてもはっきりとしていて 楽曲に浸れるようなメリハリで聴きごたえもあります。 結構弱いんじゃないの…?とか効きすぎてきついんじゃないの?そう思う方もいるかとは思いますが、 結構効き過ぎず、弱すぎずの良い感じのノイズキャンセル機能になっています。 ノイズキャンセル機能をオフにしても結構密閉性があるので、楽曲を聴いている際は外音があまり気にならないです。 イヤーパッドもとても柔らかく、ヘッドクッションもCrusherWirelessよりもより柔らかいものになっているので 着け心地もとてもいいので、寒くなってきてヘッドホン買おうかどうか悩んでいる… そういった方にとてもお勧めしたいヘッドホンです!!• 名古屋大須店• 長時間リスニングするにあたってこの仕様はかなり有難いし低反発クッションを採用しているので耳に対するストレスを一切感じません! 音質ですがモニターサウンドです! 電気的なイコライジングをしていないので、ワイヤレス状態と有線状態での音質の差がほぼありません! 各帯域とてもクリアで、この楽器が聴こえないというぼやけている感じが無いのでどのジャンルでも対応してくれます! Bluetooth接続では約3時間充電で約24時間使用できます! ハウジング右側ではスワイプ操作での再生・一時停止・スキップ、音量調整ももちろんできます! 音質・装着感・ユーザビリティ全てに満足できるヘッドホンです!• 名古屋大須店• むーさん Crusher Wirelessから約1年半ぶりにCrusherシリーズの新モデルがきましたー! キャメルとブラックのツートンカラーがオシャレ。 そしてCrusher Wirelessと比べて、振動が45Hz〜75Hzから、Crusher 360は20Hz〜100Hzと大幅にアップ。 そして無音時に感じた足音などの振動がハウジング内で反響し響く感じが、Crusher360では問題なく遮音性も上がりました。 また振動時に中高域より低域の出だしがゆっくりな感覚が、Crusher360ではしっかりとした鳴りだしとスピード感で表現されます! 中でも低域が増しても中高域が聴きやすくボーカルが埋もれない! 映画など動画観賞やゲーム、チャットでもしっかりとセリフ&声が聴きとれました。 個人的に良かったのがクラップやキックが鮮明で、弾ける感覚や重厚感に感動しました!!• 梅田EST店• しばちゃん ノイズキャンセリングのレベルが格段に進化していることに驚かされます。 装着者の頭部の形状や髪形などを検知してノイキャンを最適化してくれる機能 「NCオプティマイザー」も併用すると、 人の声が聴き取れるかどうかというレベルにまで遮音性が高まります。 飛行機などで「ノイキャンのみ」で活用したい場合に便利です。 音質に関しては、前世代と比べてボーカルの距離感などに然程の違いはありませんが、 M3のほうが明らかに低域にキレと圧があり、 ベース部分をもやっとせず鮮やかに演出してくれる印象です。 これを高精度なノイキャンで正確にリスニングさせてくれるので、 どんな騒音環境でもこのキレを体感できるのだと思うと本当に魅力的な製品ですね。 大阪日本橋本店• BOSE待望の新ラインナップヘッドホンは型番もデザインも今までのQuietComfortシリーズとは一線を画すものになっています。 スタイリッシュで近未来的なデザインは心をくすぐってきますね、これだけでほしくなります。 装着してみてまず気になったのはヘッドバンド(頭頂部に乗る部分)の質感です。 表面はマットでさらさらとした質感なのですが、ぐにっと握ってみると「もちもち」というべきか「ふにふに」というべきかなんとも表現しがたい今まで触ったことのないような感触ですが不思議と心地よいです。 頭に装着した際にもあまり重さを感じづらく、ズレにくく工夫されているようです。 ノイズキャンセリングをオフの状態でもかなりの遮音性があることにも驚きました。 また、ノイズキャンセリング機能はオフの状態を合わせて11段階の調節が利くのでお好みや環境に合わせて調節が可能です。 営業中の秋葉原店内でノイズキャンセリングをマックスにしてみるとほぼ無音で驚きました。 特にエアコンなどの機械の動作音がほとんどシャットアウトされた印象です。 これなら電車の駆動音や飛行機のエンジン音などにもしっかりと効いてくれそうです。 サウンドとしてはBOSEらしい引き締まった低音に伸びやかな中音域が特徴的です。 量感としては中音域が少し多めの所謂かまぼこタイプ。 どんな曲にもオールマイティに合わせられそうです。 飛行機や新幹線などの長距離移動や、作業時に外界をシャットアウトして集中したいときのお供に是非! 秋葉原店• まず外観からただ者じゃない空気が漂ってきますね。 が、アラウンドイヤー型なのですっぽりと耳を覆って、弾力性のあるパッドのおかげか密閉感がとてもしっかりしています。 制作に使われている素材もこだわっていて、レザーやバリスティックナイロンは軽量、耐久性、装着性を網羅し、汚れにも強いだとか。 視聴してみたところ、ボーカルの輪郭がしっかりしていて、弦の鳴りがとても生々しいです。 低音は締りがあり躍動感も申し分ないのでロックだろうとクラシックだろうとPOPだろうと聴きごたえ充分です! 奥行きの表現がとても優秀なのですが、各楽器の解像度を落とさず存在感のある演奏を聞かせてくれるのでノイズキャンセルの効果も相まって外でも音楽に没入できるのは最高!! また機能面では、最大29時間ワイヤレス接続で再生できるタフさ。 USBケーブルを使用したDAC使用や、アプリでノイズキャンセルの強弱を調整、イヤカップ内にあるセンサーでの曲再生の自動化など数多くのお役立ち機能が満載。 デザインも、機能も、音質も妥協一切なしのハイレベルなヘッドホン。 ぜひあなたの音楽ライフに取り入れてみてください。 秋葉原店•

次の

【2020年版】高音質ワイヤレスヘッドホンおすすめ20選。Bluetooth対応の人気モデル

ヘッドホン ワイヤレス おすすめ

今はどこに行ってもとにかくワイヤレスヘッドホンの時代。 電車でも、ジムでも、カフェでも、ランニングでも見かけるそのスタイリッシュな見た目で人気なのも頷けます。 一方で、ワイヤレスヘッドホンはコード付きの通常のヘッドホンに比べて価格が高くなりがちなだけに、結局どれを選べばいいのか迷ってしまうものです。 初めてワイヤレスヘッドホンを買う人も、もうワンランク上のクオリティのものが欲しいという人も、選んで間違いのないものを徹底的にリサーチしました。 ここから選んで失敗したら、自分の耳と感覚をリセットする旅に出る覚悟で書き上げています。 筆者が店舗に行って血眼で確認した中で、とにかく欲しいと思ったものを厳選して10選ピックアップ。 これで、明日からの通勤通学、ジムでの利用でさらなるパフォーマンスを発揮すること間違いなしです😉 目次• ワイヤレスヘッドホンとは(初めて購入する方へ) この章は完全に初めてワイヤレスヘッドホンを試すという方向けなので、すでにiPhoneでワイヤレスイヤホン等を知っている方は読み飛ばしても大丈夫です😉 後半でおすすめのヘッドホン10選について解説します! Bluetoothとは? Bluetoothという名前も随分と一般的になってきたこの頃。 私が初めてBluetoothと聞いたときはWi-Fiとの違いもわからず、なんとなく音楽を聞くときの無線はBluetooth、データのやりとりができる無線はWi-Fiといった随分とざっくりとした理解をしていたものです。 (今でもその認識は大きく外していないとは思いますが…) 街中で見かけるワイヤレスヘッドホンは、コードがないというだけでかなりスタイリッシュな印象があります。 ジムに行ったり、スポーツしたり、休憩したり移動のときなど、いつでも音楽を聞きたい方は街中でもヘッドホンをおしゃれに装着している姿が印象的です。 Bluetoothとは無線通信の技術の一つです。 機器同士を特定の周波数で繋ぐことによりデータのやりとりを可能にしています。 有効範囲はおよそ10m以内です。 国際標準規格なので、対応機器ならどこの国のメーカー同士でも接続することができます。 最近は徐々にスマホからイヤホンジャックも消えてきてるので、ますますワイヤレス接続のヘッドホンの需要は高まっています。 私もWi-FiやBluetoothをというワイヤレス規格を初めて聞いたときはずいぶん混乱したものでした。 でも使ってみてその便利さに気づくともう息を吸うように当たり前のものになっていきますよね。 さらにBluetoothにクラスという概念があって、クラスごとに繋がる距離が異なるので、状況に合わせて適切なものを使っていきましょう。 通信距離 最大出力 Class 1 約100m 100mW Class 2 約10m 2. 5mW Class 3 約1m 1mW 過去には無線通信規格が乱立していて混乱していましたが、よりシンプルで使いやすいBluetoothが登場により統合に近づきまいした。 まずはワイヤレスヘッドホンをペアリングするところから始めよう! Bluetoothの機能は実は常に進化を続けています。 つなぎ方は簡単。 Bluetooth機器の電源ボタンを長押しするか、Bluetoothボタンを長押しすると大抵の場合、ペアリングモードになります。 新しいデバイスをペアリングする場合は、 その他のデバイスの項目にヘッドホンの名前が表示されるので、タップ! そうするとペアリングが完了して、 以降はBluetoothをつければ自動で探して接続されるようになります。 初めてで慣れないとうまく接続できなくて戸惑うかもしれませんが、ゆっくりやれば結構簡単です。 これでワイヤレスで音楽を楽しめるようになりました😆 最近流行りのサブスクなら音楽が聴き放題ですね! 主要アプリを簡単に表にしたので参考にしてください。 音楽アプリ 月額料金 音楽数 特徴 Spotiy 980円 約4000万曲 洋楽が豊富 LINE Music 960円 約5500万曲 学生は安い Amazon Music 980円 約6500万曲 曲数がダントツ Apple Music 980円 約6000万曲 選曲が幅広い Youtube Music iPhone 1280円 Android 980円 未発表 iPhoneユーザー不利 Google Play Music 980円 約4000万曲 使いにくい 音楽を聞かないときはBluetoothをオフに! ヘッドホンの充電は大丈夫だとしてもワイヤレス再生は意外とスマホのバッテリーを消耗してしまうもの。 使わないときはBluetoothをオフにしてバッテリーを節約しましょう。 そこでおすすめなのが、使わないときは機内モードにしてしまう方法です。 Bluetoothの接続をオフにすると自動的にヘッドホンの電源もオフなってくれるので、両方のバッテリーを節約することができて便利です。 バッテリーを気にしないでガンガン使えるようにしたいという方はやはり、モバイルバッテリーを携帯するのがおすすめです。 選ぶときに注意するポイントはココ!ワイヤレスヘッドホンでこだわりたい4つの視点 選び方その1 ワイヤレスヘッドホンを使う場面にこだわる 音楽を聞いたり、映画を見たり、オンラインで授業を受講したり… ヘッドホンを使う場面は人によって様々! 最近はランニングや、ジムに行く時や、なんとお風呂やプールでも音楽を聞きたい!という要望にも答えて、防水のヘッドホンまで登場しています。 さらに近年はeスポーツの認知度の高まりによって、ゲームをするときにヘッドホンを利用するということもあるかもしれません。 自分がヘッドホンを使いたいのはどんな場面なのか想像して購入すれば、失敗も少ないです。 選び方その2 ワイヤレスヘッドホンの見た目にこだわる せっかくヘッドホンを買うならこだわりたいのはその見た目!ジムで利用したり、 通勤通学で利用したりその場面が増えただけにおしゃれなヘッドホンはもはやファッションとも言えます。 ワイヤレスヘッドホンはコードレスなのででスタリッシュな印象を与えくれます。 おしゃれなデザインのヘッドホンで周りに差をつけたい方はもちろん、どんな場面でも安定して使える落ち着いたデザインのものなど、デザインでもこだわった一品を選んでいきましょう。 選び方その3 ワイヤレスヘッドホンの音質にこだわる やはりヘッドホンで1番気になるのはその音質。 ひと昔前のワイヤレスヘッドホンだと気になっていたのは混線や、遅延でした。 特に多くの人が無線を使用する電車では、とても使えるものではありません。 しかし最近はBluetoothもより進化して、混線や遅延の少ないものになりました。 だからこそワイヤレスヘッドホンを安心して買うなら今!なのです。 さらに特に音質にこだわる人におすすめしたいのが、より原曲に近い音を再現するハイレゾに対応したヘッドホンです。 開放型を装着して耳に圧迫感を感じるという人もいれば、密閉型をつけてもっさりした感じが嫌という人もいて、装着感に関しての感じ方は人それぞれ好みがあります。 結局装着してみないとわからない!という結論になりそうですが、意外と視聴のできるお店や商品は限られているもの。 しかし、この2種類に関して知っているだけでも、装着感に関する不安は取り除くことができます。 私もこのタイプの違うがわからなくて、Amazonで買ってみたものの、開放型で耳が痛くなって失敗した…! と思った経験があります。 シンプルなデザインでいやみを感じさせませんが、そこはさすがゼンハイザーのヘッドホン!しっかりと 低音まで聞くことのできる作りには納得せざるをえません。 その特徴は、 2時間の充電で約25時間再生できるところにも現れて、毎日音楽を聞く場面で必ず重宝することになるでしょう。 付 属のケーブルをつければそのまま、通常のヘッドホンのように使うことのできるハイブリッド仕様なので、どんなときでも安心です。 さらにイヤーパッドの部分はゆったりとした柔らかみがあり、つけた時に違和感を感じさせないようなこだわり。 コンパクトに折りたためる最近の主流を外さず、総合的に文句なしの一品です。 ハイレゾの高音質まで聞くことができるので、オーケストラを家でじっくり聞きたいときはとにかく重宝します。 さらに 3段階のノイキャンモードなので、周りの騒音の度合いを調節することができるので、相手から話かけるときの余力を残したいときでも大丈夫です。 (そのせいか、ノイキャン自体の効き目は少しマイルドかも) 追加の機能としては Googleアシスタントに対応するため、機能面も充実。 家で音楽を聞くときに安心感のある印象のパナソニック製品ですが、より高音質を求める上級ユーザーも納得の一品となっています。 人気の秘密はその高性能のノイズキャンセリング機能です。 大型の店舗に行けば必ず試聴することのできるWH-1000XM3は、音楽を聞いてみたらそのすごさがしっかりと伝わってきます。 イヤーカフの部分は冬でも暖かく使えそうなのに、不思議と夏でも暑くない素材。 そのため、 オールシーズンに対応したワイヤレスヘッドホンと言えます。 デザイン自体は少し大きめかな?と感じるほどのサイズ感ですが、しっかり音漏れも防止して、頭にぴったりとフォットする密閉型なので、 映画やゲームをプレイするにも威力を発揮するオールラウンダーです ! Ankerのおすすめワイヤレスヘッドホン Soundcore Space NC こちらはモバイルバッテリーでも大変お世話になっている、Ankerのワイヤレスヘッドホン。 こちらガジェット好きならすぐにでも飛びついてしまうような、AIノイズキャンセリングを搭載した激アツのテクノロジー系ヘッドホン! つまり、 手動でノイキャンの度合いを調節しなくても周りの音を学習して、適切なノイキャンに調節してくれるという、なんとまあドキドキの最新機能! ノイズキャンセリングで重要なのは全部の騒音を遮断することではなく、聞きたい情報は拾ってくれるということ。 そこをこのElite 85hなら聞き分けてくれます。 しかもこれ、びっくりすることに電源ボタンがないんです🤣 つまり、耳にかぶせれば自動で音楽を再生してくれるという優れもの! 今すぐにでも欲しい最新ワイヤレスヘッドホンはギークな心をくすぐってくれます。 Beats by Dr. オンイヤーヘッドホンですが価格が下がり使いやすくなっています!こちらのヘッドホンはW1チップを搭載し、iOSデバイスとのBluetooth接続がワンタッチで行えるという優れもの。 5分の充電約3時間再生できるFast Fuel機能を搭載。 すぐにでも音楽を聞きたいときに重宝するファストチャージャーです! iPhoneユーザーやおしゃれなヘッドホンが欲しい人には特におすすめのモデル。 スタイリッシュで操作も簡単なので、海外でも多くの人から愛される安心の一品です。 アーカーゲー(AKG)のおすすめワイヤレスヘッドホン Y50BT 上位の機種を購入して、Bluetoothの良さを再認識させられるヘッドホン。 これ使ってる人はかなり多いです。 この前も渋谷で何人も使っている人みました😆(この仕事しているせいか、街でヘッドホンしている人がいたら無意識にガン見してしまう…笑) こちらも非常に人気が高いので、ぜひ店頭でその使い心地によさを確認してみるのがいいでしょう。 先入観なしに相当いいものは「いい」と感じることのできる品です。 ワイヤレスに特化したヘッドホンだからストリーミング再生との相性は抜群です。 これで一気にコード付きのヘッドホンからおさらばしてしまいましょう! Skullcandyのおすすめワイヤレスヘッドホン Crusher Wireless アメリカ発祥のオーディオメーカー!ガイコツのロゴがクールなにくい存在。 こちらシンプルなデザインの中にガイコツのロゴですが、その形はなかなか個性的です。 軽量ですが、しっかりイヤーパッド部分も丁寧に作りこんであり、幅広いユーザーに愛されている一品です。 アメリカは日本に比べると、とにかくヘッドホンユーザーが多い!そのため、圧倒的な激戦を勝ち残って人気のこのヘッドホンはアメリカのヘッドホンの中でも相当な評価を得ています。 同じぐらいのスペックでもsolo3よりも安いのも高評価です😆 個人的には国産のヘッドホンよりも海外製が大好きなので、ゼンハイザーに次いでおすすめのモデルです! 番外編(最高級ヘッドホン) Denon(デノン)のおすすめワイヤレスヘッドホン AH-D9200 お金があったら是非とも欲しい!超個性的なデザインで一生物のヘッドホン。 もはや値段がギャグになってますが、スペックを並べると値段もあながち間違っていない納得の一品。 (正直そこまでの高周波数を聞くことはないだろうという感想もありながら…) 街中でこのヘッドホンをつけている人がいたらおそらく3度見ぐらいはしてしまうと思います。 出る前から話題性抜群で、このおしゃれな見た目と品質から私もほんとに欲しい一品!職人技から成し遂げられるこのウッディなデザインは世界中に衝撃を与えることになりそうです! 最新ワイヤレスイヤホンに関する記事はこちら さらに詳しいヘッドホンに関する記事はこちら ゲームヘッドセットをお探しの方は以下の記事も参考にしてください.

次の

ワイヤレスヘッドホンのおすすめ17選!Bluetooth対応の神製品!

ヘッドホン ワイヤレス おすすめ

オープンエアーにこだわり、広がりのあるサウンドを再現できる「オーディオテクニカ」のヘッドホン。 商品ラインナップが豊富で、一般ユーザーからプロまで多くの人が利用している人気メーカーです。 しかし、エアーダイナミック・アートモニター・ソリッドベースなどシリーズも豊富で、スペックや搭載されている機能も異なるため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、 オーディオテクニカのヘッドホンを選ぶうえで重要なポイントを、いくつかピックアップ。 さらに 通販レビューでも評価の高いおすすめ商品を人気ランキング形式で紹介していきます。 ワイヤレス・上位コーディング・重低音対応のモデルもランクイン。 早速、気になるモデルを手に入れて、オーディオテクニカならではのこだわりのサウンドを楽しみましょう! オーディオテクニカ 商品名 プロフェッショナルモニターヘッドホン プロフェッショナルモニターヘッドホン エアーダイナミックヘッドホン ワイヤレスヘッドホン DJヘッドホン ダイナミックヘッドホン ポータブルヘッドホン ダイナミックヘッドホン ワイヤレス ヘッドホン 特徴 オーディオテクニカの技術が集結した、コスパ最強の人気モデル DJプレイにおすすめ!片耳で使用可能な90度反転モニタ... 付けていることを感じさせない開放感に優れたモデル 大口径ドライバーで、ワイヤレスでも臨場感のあるサウンド... 2種類のコードを標準装備!DJプレイからリスニングまで... コストを抑えて快適なサウンド環境を手に入れたい人に 繊細なサウンドを正確に再現。 バンドサウンドにおすすめ サウンドとの一体感が味わえる高音質ウッドハウジングシリーズ 軽いつけ心地と迫力ある重低音サウンドが楽しめる 最安値.

次の