お 体 ご 自愛 ください ませ。 「ご自愛くださいませ」の例文・使い方・返信|相手別/季節別

「ご自愛くださいませ」の例文・使い方・返信|相手別/季節別

お 体 ご 自愛 ください ませ

皆さんは「ご自愛くださいませ」をどのようなシーンで使うことが多いですか。 そもそも「ご自愛くださいませ」とは、自分を大切にする・自分の健康を気遣うという意味です。 一般的に、手紙やメールで結びの挨拶としてよく使われるでしょう。 文の末尾に「ご自愛くださいませ」が入っていたら気持ちがよく、相手の気遣いを感じることができます。 使い方としては、健康を気遣う一文となりますから、体調を崩しやすい季節の変わり目などに使うことをお薦めします。 ビジネスにおいての使い方 年齢や性別を問わず使う事ができ、特に目上の方に対する丁寧な言葉なのでビジネスにおいて、メールの末尾などに添えると相手に良い印象を与えます。 また、取引先の人が体調を崩して休暇をとっていたり、入院していたりするとお見舞いのメールを相手を元気付けるという意味でした方が良いでしょう。 そのような時は、体調を気遣うために「ご自愛くださいませ」という言葉を用いるのは不適切です。 なぜならば「ご自愛くださいませ」は、健康である人に使うのであり、病気や怪我に悩まされている時に使うのは好ましくないです。 入院や病気の時に「ご自愛くださいませ」というメールが届いたら、常識がない人だと捉えられてしまうので、マナーとしておさえておくべきポイントです。 そのような場合には「一日もはやいご回復をお祈り申し上げます」や、シンプルに「お大事になさってくださいませ」というのでも良いでしょう。 また、かしこまった言い方が良い場合には「ご無理をなさらず、十分にご静養なされますよう、願っております」と目上の方に使う場合や、大切な取引先の方に送る場合は、こちらの方が適切です。 仕事の用件のみで済ませるのではなく、相手の事を思いやった一文を添えることによって、取引先や上司に与える印象アップに繋がることもあり、良い関係性を築けるでしょう。 ご自愛くださいませの例文 季節にふれながら「ご自愛くださいませ」を使うのが一般的であり、使用している人も多いので気軽に使いやすいです。 目にすることが少ない「花冷えの時期柄、ご自愛くださいませ」「朝夕の寒暖の差が激しい時期柄、ご自愛くださいませ」など、美しい季語を入れて一工夫してみると、また印象がぐっと変わります。 お体ご自愛くださいませ 「お体をご自愛くださいませ」は、一見するとすごく丁寧な言いまわしのように考えられますが、「お体」の表現の重複を意味します。 分かりやすく言うと、腹痛が痛いと同じことになり、お体お体を大切にしてくださいという意味になりかねません。 これは、よくある誤りなのでビジネスにおける取引先や上司の方や、目上の方に使うメールや手紙を書くときには十分に注意が必要ですし、常識がないと感じられたり、不快になってしまうことも考えられるので、気を付けるポイントです。 くれぐれもご自愛くださいませ.

次の

【季節別】「くれぐれもご自愛ください」の意味と使い方|目上

お 体 ご 自愛 ください ませ

よく手紙やメールなどで「ご自愛ください」という、 言葉を使うことがありますよね。 この言葉はわりと丁寧な言い方をする際に、 便利な言葉というか、使い勝手が良いものですよね。 ただ、よく使われてるから自分も使っているけど、 そもそも 正確にはどんな意味なのか知らないことも 多いのではないかなと思います。 まあ、言葉のニュアンスで把握してる感じですかね。 そういったこともあり実際に目上の人には使うと、 失礼になるのではないかと思っている人も多いようです。 あとは実際にどう活用するのが正しいのかどうかがわからずに、 なんとなくニュアンスで使ってみたり、そもそも使わないなどもありますね。 そうなるとどうやって活用するのかの文例だったり、 返事や返信などの書き方なんかも気になるところですね。 そこで今回は「ご自愛ください」の正しい意味と使い方や、 文例や返事・返信の書き方などをご紹介します。 ご自愛くださいの本来の意味とは? まず大前提としてご自愛くださいの意味って、 正確にはどんなものなのか知らないと活用できません。 言葉のニュアンスからすると、「自分を愛してください」だから、 「 自分の身体を大切にしてください」って意味ですね。 簡単に言えば「健康でお元気でいてください」とか、 「あまり無理しないでくださいね」とかでも使いますね。 こういった意味合いもあるので、 使い勝手の良い言葉でもあります。 さらに男女問わず使える上に、丁寧な言葉でもあるので、 手紙やメールなどで使う機会は社会人になれば多くなりますね。 ご自愛くださいの使い方! ご自愛くださいの使い方として気になるのが、 目上の人に対して使ってもいいのかですね。 そもそもなぜ、目上の人に対して使うのは失礼という認識が、 一部であるのかというは気になるところですよね。 それは言葉のニュアンスとして、 上から目線な気がするからみたいですね。 しかし、ご自愛くださいは「自分の身体を大切にしてください」なので、 むしろ目上の人に対して使う丁寧な言葉です。 普通に使っても大丈夫なので安心してください。 いちおう正しい使い方としては「 ご自愛くださいませ」なので、 そちらを使うとより丁寧な言葉になりますね。 ご自愛くださいの文例! ここでは実際にどういう時に使えばいいのかを、 文例を上げながらご紹介していきます。 文例1「寒中見舞い」 「寒中お見舞い申し上げます。 暖冬とはいえ、急に冷え出した今日この頃、 いかがお過ごしでしょうか。 くれぐれもご自愛ください」 文例2「暑中見舞い」 「暑中お見舞い申し上げます。 厳しい暑さの毎日ですが、 いかがお過ごしでしょうか。 その1「体調を悪くしている人には使わない」 これは「ご自愛ください」の意味が体調を気遣うものであり、 風邪などすでに体調を崩している人には使えません。 その際は早く治るように別の言葉を使いましょう。 「一日も早い回復を心からお祈り申し上げております。 」 などを送るといいと思います。 その2「お身体をご自愛くださいは間違い」 これはよく間違える人が多いので注意が必要です。 「自愛」には自分の身体という意味がありますから、 言葉が重複してしまうんですよね。 日本語って意外とこういう部分は難しいですよね。 重複する言葉は意外と使ってしまいますが、 間違えないに越したことはないですので。 返事・返信の書き方! ここまでは意味や使い方についてご紹介しましたが、 ここでは実際に手紙やメールが送られてきた際の 返事や返信の書き方についてです。 【書き方の例】 「お気遣い頂き、誠にありがとうございます。 」 こういった文面が一般的ですね。 「ご自愛ください」に対しては 「相手の気遣いへの感謝の気持ち+自分側も相手の体調を気遣う文面」 このパターンで返事や返信をすれば問題ないですので、 あとは自分なりの言葉を使って書けば大丈夫です。 まとめ ここまでご自愛くださいの意味や正しい使い方から 文例や返事の書き方についてご紹介しました。 ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

次の

男性も使える?「くださいませ」の意味と使い方、目上の人には失礼??

お 体 ご 自愛 ください ませ

相手の身体や体調を気遣う意味を持つ「ご自愛ください」という言い回し。 身体を気遣われて嫌な思いをする人は少ないでしょうし、挨拶のような感覚で使ったら、便利そうだと考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。 しかし、「ご自愛」という言葉は、使えるシーンが限られています。 つまり、「使ってはいけない」場合があるということです。 特に気を付けたいのが、「既に体調を崩している方には使ってはならない」という点です。 相手が体調を崩している場合は、「ご自愛ください」ではなく、「一日も早い回復を心からお祈り申し上げております。 」などの、別の挨拶をするようにしましょう。 上記でもご紹介したように、月や季節によって、「ご自愛」と組み合わせて使われる言葉は異なります。 「ご自愛」の言い回しとして、1パターンだけを暗記するような使い方をしていると、「夏なのに冬の挨拶をしてしまった」といったミスをしてしまう可能性も。 手紙などで「ご自愛」を使う場合は、季節の挨拶を調べてから使うことをおすすめします。 会話などで使う場合は、無理に季節の挨拶などと共に使おうとせず、「ご自愛ください」「くれぐれもご自愛くださいませ」といったシンプルな言い回しで十分ですよ。

次の