麒麟 が くる 向井 理。 麒麟がくる:2020年大河ドラマ新キャスト発表 風間俊介が家康役 尾野真千子、向井理、伊吹吾郎も

大河ドラマ2020年は「麒麟がくる」新キャスト向井理の役柄は?ロケ地はどこ?

麒麟 が くる 向井 理

2020年1月19日より放送がスタートするNHK大河ドラマ『麒麟がくる』より、新たなキャラクタービジュアルが公開された。 本作は、大河ドラマ第29作『太平記』の池端俊策が脚本を手掛けた戦国時代劇。 織田信長の家臣として知られ、日本史の一大事件のひとつ「本能寺の変」を起こした智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた半生に光を当てていく。 光秀を長谷川博己、信長を染谷将太、斎藤道三を本木雅弘が演じるほか、木村文乃、門脇麦、伊藤英明、南果歩、西村まさ彦、石川さゆり、岡村隆史、堺正章、谷原章介、眞島秀和、川口春奈、吉田鋼太郎、尾野真千子、高橋克典、檀れい、向井理、滝藤賢一らがキャストに名を連ねている。 このたび公開されたビジュアルは、足利義輝役の向井と、足利義昭役の滝藤。 義輝は、剣豪将軍と謳われた室町幕府13代目将軍。 父・義晴とともに、混迷する京の情勢に翻弄され、近江と京を出入りすることを余儀なくされる。 三淵藤英(谷原章介)を通じて、光秀と知己を得る。 義昭は義輝の弟。 もともと将軍家の家督相続者以外の子として仏門に入っていたが、義輝亡き後、室町幕府最後の将軍として擁立される。 政治的手腕に富み、抜群の先見性と外交力がある。

次の

『麒麟がくる』向井理、眞島秀和、玉置玲央が初登場!第5回は「すてきな男子がたくさん」

麒麟 が くる 向井 理

NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。 あす24日放送の第19回「信長を暗殺せよ」で、主人公・明智光秀()は、朝倉義景()から京の様子を探りに行くように命じられる。 道三の死から2年、越前で慎ましい生活を送っていた光秀。 一方、近江へ都落ちしていた将軍・足利義輝()は、三好長慶と和解し、5年ぶりに京へ帰還。 将軍の権威を回復させるようと、諸大名に上洛を求めたが、応じた大名は少数だった。 朝倉義景も自分の代理として、光秀を送ることにしたのだ。 京では、尾張を手中に収めようとする斎藤高政()と再会。 今は義龍と名乗っており、その義龍一派が、これから上洛してくる信長の命を狙っているという不穏な噂も耳にする。 光秀は、松永久秀()の力を借りてそれを未然に阻止。 義龍は再会を果たしたかつての友に、再び自分と手を組み美濃を大きく豊かな国にしようと持ち掛けるが…。

次の

向井理、絶妙な立ち位置を繊細に体現 『麒麟がくる』義輝役に漂う品性と風格|Real Sound|リアルサウンド 映画部

麒麟 が くる 向井 理

大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK総合ほか)の第5回「伊平次を探せ」が2月16日(日)に放送される。 放送に先立ち行われた試写会では、演出を担当した藤並英樹が見どころを語った。 第5回「伊平次を探せ」では、道三(本木雅弘)の命を受けた光秀(長谷川博己)が、鉄砲の作り方に加え、なぜ将軍家が鉄砲を大量に必要としているのか探るべく、再び京へ向かう。 腕利きの鉄砲鍛冶・伊平次(玉置玲央)を探しやってきた本能寺では、将軍・足利義輝(向井理)の護衛でやってきた三淵(谷原章介)と再会。 将軍家も伊平次を探しているがこつぜんと姿を消したという。 三淵に連れられて松永(吉田鋼太郎)の元へ向かった光秀は、松永から鉄砲の真の力はお互いをけん制し、戦を減らす抑止力になることであると聞く。 第5回の演出を務めた藤並は「サブタイトルが『伊平次を探せ』ということで、ロールプレイングゲームのように伊平次を追いかけていきながら、美濃から遠く離れた武士の中心地的な京都の実情を光秀が理解していく回になっています。 そして出会う人たちから、鉄砲の抑止力的な思想や京都の権力闘争の関係が分かります。 そして、次回は第6回『三好長慶襲撃計画』を送るので、第5回は京都前編だと思っていただければと思います」と語った。 今回、光秀が京で探すことになる伊平次役で玉置玲央が初登場。 玉置の印象について「玉置さんは、一緒にお仕事してみたいなと思っていた人でした。 舞台の経験が長い方なので、いろいろとディスカッションをしながら『手先が器用だけど、ちょっとヤンチャなお兄ちゃん』というようなキャラクターを一緒に作っていきました」と明かした。 さらに、向井理と眞島秀和も初登場する。 向井の印象については「向井さんはとにかくカッコいい。 光秀は足利義輝をアイドルのように思っていて。 将軍であることは知っていたけど、武家の棟梁としても尊敬していてる人に初めて会うシーン。 その時の神々しさやアイドルに初めて会った感じが向井さんのたたずまいも含めて、すごくカッコいいです」と。 眞島については「鹿島の太刀の型がすごく上手なんです。 構え方もきれいで、光秀と対峙していても、そんなに大きくは動かないんですが、剣術が強い人同士って感じがしました。 眞島さんが演じる細川藤孝は、このドラマではあまり描かれないんですが、文化人的な人なので、その賢さや教養のある感じが眞島さんからもにじみ出ていてすてきです」と語り、「第5回はすてきな男子がたくさん出てくる回です(笑)」とPRした。 また、初回に登場した吉田鋼太郎演じる松永も再び登場する。 「吉田さんには松永の女好きというキャラクターに合わせて、アドリブを入れてもらっているのですが、どういうふうに振る舞うかは吉田さんにお任せしています。 吉田さんをはじめ、皆さん達者な人たちなので、お芝居を舞台のように楽しみながらやってくださっているので、それが面白いシーンにつながっているのかなと思います」と語った。

次の