楽天 カード ローン 審査 落ち た。 【体験談】現役ブラックリストの私が審査に通ったクレジットカード教えます

楽天銀行スーパーローンの審査時間は早い?審査落ちしたらどんなメールが来るの?

楽天 カード ローン 審査 落ち た

ネット通販や各種サービスが充実し、 今や生活に欠かせない! そんな人も少なくないのが楽天グループのサービスです。 もちろん、楽天は銀行としてカードローン商品も展開しています。 楽天銀行スーパーローンは消費者金融業者に比べて金利が低いです。 スマホから簡単に申し込みでき、利用残高にあわせてポイントも進呈されるなどの特典もあります。 しかし、いざ借入するとなると審査に通るか不安…。 あるいはすでに申し込んで、審査に落ちてしまったという方もいるかもしれません。 ここでは楽天銀行スーパーローンの審査を受ける前にチェックしておきたいポイントをご紹介。 すでに審査に落ちてしまった方ができる対処法もまとめています。 このページでわかること 楽天銀行スーパーローンは、楽天が提供するカードローン商品のひとつです。 保証会社は楽天カード株式会社、セディナ株式会社の2つとなっており、いずれかの保証を受けられる方が融資を受けられる、ということになります。 審査を申し込む前に気を付けておきたいポイントは以下の3つです。 現在の収入が安定していると証明できるもの(勤続年数、年収など)• 過去の支払いの延滞や、債務整理などの金融事故情報• 申し込み時の他社からの借入状況 詳細は本文を参考にしてください。 楽天カードローンってどんなローン? まずは楽天カードローンについて簡単にまとめていきます。 申込方法 インターネット(パソコン、スマホ、モバイル) 金利(年率) 1. 例えば期間限定で金利が半額になったり、入会・利用するだけで楽天ポイントがもらえます。 ちなみに金利や限度額に関しては、他の銀行系カードローンとあまり変わりません。 むしろ楽天会員でないとメリットがないので、利用する時は必ず会員登録を行いましょう。 楽天カードローンではその日のうちに借りられる?即日には対応していません スマホで申込み完結することができるので非常に早く契約までは進みますが、即日対応はしていません。 契約完了後なら平日の0:10~14:45までの振込依頼なら、当日中の9時~15時の間に融資が行われます。 また 楽天銀行の口座を持っている場合は、24時間いつでも振込融資が可能です。 ただし、申込みが混み合っている場合、土日祝日の場合には、当日中に審査結果が出ないことも。 またATMからキャッシングしたい場合には、後日郵送されてくるローンカードを待つ必要があります。 楽天カードローンの在籍確認はどんな感じで行われるの? 審査の段階では他のカードローン同様、在籍確認は職場に電話連絡が行われます。 一部の消費者金融では、 直近の給与明細などを提出することで在籍確認ができる場合もあります。 しかし銀行系カードローンでは電話による在籍確認がほぼ必須です。 職場に電話がかかってきて、カードローンの利用がバレるのでは…と心配されている方も少なくありません。 非通知設定のうえ、担当者の個人名で職場に在籍確認を行う• 非通知拒否設定の場合、電話番号を通知のうえで電話する このように、あくまでも個人名、もしくは楽天銀行とだけ名乗ることを徹底しているようです。 担当者名が本人以外に詳細な要件を伝えることはありません。 しかし、それでもやっぱり心配…という方は、在籍確認が書類提出で行えるカードローンを利用しましょう。 インターネットからWEB完結申し込み時の大まかな流れ 楽天カードローンではインターネットからWEB完結申込みが可能です。 公式HP「楽天会員のかたログインしてかんたん申込」か「楽天会員でないかた今すぐ申込」からスタート。 ログイン、本人情報と勤務先情報を入力して申込、案内メールが送付される。 最短当日中に審査結果がわかり、在籍確認が行われる。 本人に契約内容の確認。 必要書類をアプリから提出して契約完了。 楽天銀行の預金口座を持っていれば、メンバーズデスクから振込融資が可能。 しばらくしてローンカードが郵送される。 口座振替依頼書を返送する。 絶対楽天カードローンの審査に落ちたくない!チェックするべき2つの項目は? 普段から楽天市場は使っていても、借入となるとやっぱり不安がつきもの。 簡単に通るだろうと構えていたら審査に落ちた、なんてネット上のうわさを見て戸惑っている方も多いかもしれませんね。 楽天カードローンに審査を申し込むとき、チェックしてほしいポイントは次の2つです。 楽天カード株式会社、セディナ株式会社の保証を受けられるかどうか 銀行系のカードローンでは原則として保証人や担保は不要となっています。 これはもし仮に顧客が返済不能となっても、保証会社が顧客に代わって銀行に代位弁済を行うため。 それ以後は保証会社が、顧客に返済を求めることになります。 つまり顧客は、 銀行が提示している信用会社の審査を受け、さらに銀行の審査を受けて、晴れて融資が受けられる、ということになります。 それでは、楽天銀行の信用会社を見てみましょう。 楽天銀行スーパーローンの申し込み対象となる条件のなかに「楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方」とあります。 例えばこれまでに楽天のクレジットカードの支払いを延滞したことがある場合は要注意。 楽天のカードローンに申し込んだとしても、審査する企業は同じです。 結果、融資不可となる可能性が高い、ということになります。 また 株式会社セディナが発行しているクレジットカードの支払いを延滞している場合でも、審査通過は厳しいものとなるでしょう。 審査にかかわる重要な項目「収入」「信用情報」「借入状況」を徹底的に見つめなおす 楽天銀行スーパーローンに申し込む前に、まずは審査の段階で重要視されるものを確認します。 収入:年収はもちろん、勤続年数や企業名などから、返済能力を総合的に判断される• 信用情報:過去の支払いの延滞や金融事故履歴などを個人信用情報機関に照会する• 借入状況:現在何社からどれだけ借りているか整理する。 4社以上だとかなり厳しくなる 楽天銀行スーパーローンはアルバイトやパートであっても、 安定かつ変動しない収入があれば申し込み、融資を受けることが可能です。 収入の項目に関しては申込書でも詳細を書くことになります。 この時、嘘偽りなく、正確に記すようにしましょう。 また他社からの借入状況に関しても正確に申告してください。 借入があるにも関わらず申告しないでいれば、情報を照会され必ずバレてしまうことになります。 貸し主からの信用を得るためにも、自分の持つ属性をきちんと見つめなおすことが大切です。 楽天カードローンの審査に通った人の体験談。 長い勤続年数で安定収入を証明! ここからは実際に楽天カードローンの借入審査に申し込み、通過したという方10名のアンケート結果の中から、数名の方のものをプロフィールと一緒にご紹介していきます。 45歳コールセンター勤務の女性 借り入れ目的 入院時の急な出費に備えるため 融資額 100万円 雇用形態 正社員 年収 350万円 勤続年数 8年 他社借入 なし A. 5年くらい前、1年くらいに渡って借りた30万円を滞納してしまいました。 すでに完済済みですが、あれが原因で未だに信用情報に傷がついているんだと思います。 結論:楽天カードローンの審査に通った人・通らなかった人から見る6つの条件とは? アンケートに答えて頂いた方々からの調査結果をまとめると、楽天カードローンの審査には次のようなポイントがあることがわかりました。 審査に通った人に見る要チェックポイント• 楽天カードローンでは、雇用形態にかかわらず融資可能だが、安定した収入が必要• 長い勤続年数と安定した収入を証明し、連絡も丁寧に取り合うよう徹底している• 当時の年収に対し、低めの融資希望で申告している 審査に通らなかった人に見る要チェックポイント• 正社員であっても、過去に滞納・延滞をしていたり、自己破産・個人再生などの債務整理を行っている場合には審査に落ちてしまう• アルバイト・パートでも応募ができるが、高めの融資上限額を提示したことで審査に通りにくくなっている傾向がある• 他社からの借入が多いほど審査には通りにくい傾向にある 楽天カードローンでは、アルバイトやパートであっても融資可能とあり、審査のハードルは一見低そうに見えます。 楽天のクレジットカードを利用していて、かつ毎月の返済を滞りなく済ませている方であれば、ある程度の信用は得られているものと考えてよいでしょう。 しかし、 過去に個人再生や債務整理などを行っていると、その異動情報は 5年~10年は消えることがありません。 審査段階でこれらの金融事故情報を照会することになります。 もし仮に 申し込み段階でウソをついていたとしてもバレてしまい、審査落ちする結果になってしまうわけです。 また、アルバイト・パートの方は、必要最低限の融資希望額を申告したほうがよいでしょう。 はじめから数百万円単位で融資を希望しても、審査を厳しくしてしまうだけです。 まずは数十万円規模の融資を希望して、 自らの年収と見合ったムリのない返済プランで申し込むようにしてください。 楽天カードローンの審査に落ちた人が今すぐできる5つの対処法 それでは、楽天カードローンの審査に落ちてしまった方々は、またすぐに申し込んでしまってもよいのでしょうか。 正しい対応を知っておかないと、申し込みブラックとして扱われてしまう場合もあります。 6か月は申し込み情報が消えない!即時再申し込みはブラックの素 審査に落ちてしまった方がよくやってしまいがちなことといえば…。 そう、 「またすぐに同じ、あるいは別の貸金業者に申し込むこと」です。 これは実は非常に危険な行為。 下手をすると個人信用情報に傷がついていないのに、それと同じように扱われてしまいます。 これは、「 申し込みブラック」と呼ばれる状態です。 というのも、お金を貸す側やそれを保証する会社としては、審査段階で借り逃げや多重債務が疑われる顧客をできるだけ抱え込みたくない、という事情があるのです。 一度に3社、4社以上同時に融資の申し込みをすると、その情報はたちまち貸金業者の間で共有されてしまいます。 また一度申し込みをすると、その情報は6か月間保存されます。 その間何度申し込みをしたとしても同じ審査結果が待っている、ということになります。 このように、すぐに再申し込みをするとブラックになってしまいます。 できるだけ間を置いて申し込むようにしてください。 信用情報を開示し、金融事故履歴を確認してみる 今回のアンケート結果で意外に多かった意見のひとつ。 それが、 債務整理後に申し込みをしたけどダメだった、というお話でした。 自己破産や個人再生を行った場合は、完済後10年に渡ってお金を借りたり、クレジットカードを利用することができません。 任意で行う債務整理をした場合には、完済後5年ほどは、同じように融資を受けたり、クレジットカードを利用できません。 それまでにあった借金を完済したからといって、またすぐにお金を借りることはできない、ということですね。 「過去に支払いを延滞して個人信用に傷がついていないか心配…」 そんな時には、個人信用情報機関に情報開示請求をして、自分の金融履歴(クレジットヒストリー)を確認してみましょう。 審査に必要な自分の属性を見直し、育てていく 前述したとおり、楽天カードローン審査に重要な項目は「 収入」「 個人信用情報」「 借入状況」です。 個人信用情報は時間が経つのを待つしかありません。 しかし、「 収入」と「 借入状況」は今からでも変えていけるものです。 審査に落ちてしまうと、その後半年間は新たに申し込むことができません。 個人信用情報を開示し、金融事故が記録されていたら、数年間は審査に落ち続けてしまいます。 その間に、 年収をコツコツ上げて、勤続年数を積み、毎月の返済をきちんと行ってみましょう。 すると、あっという間に信頼のおける クレジットヒストリーが完成するのです。 常にクレヒスを意識して育てる、ということは難しいです。 毎月やってくる返済日に備え、まずは簡単な節約からはじめる…というのもいいかもしれません。 あなたのクレヒスは大丈夫?スーパーホワイトに気を付けて ローン支払いやクレジットカードを使ったことがない!という30歳以上の方は要注意。 「 スーパーホワイト」とは、これまでに金融関連における情報がない状態。 つまり、信用度もまっさらな人のことを指します。 クレジットヒストリーを育てていくということは、要するにその人の信用度を上げていく、ということに他なりません。 例えどんなに現金主義で、ネット通販にも一切手をつけずに生きてきたとしても、いつ何時まとまったお金が必要になるかわからない時代です。 まずは審査の甘いクレジットカードに申し込み、商品を購入、きちんと支払いを行いましょう。 コツコツと信用を重ねていくことで、 スーパーホワイトから脱却していけるのです。 希望は必要最低限に。 融資額は低く申告しよう 個人信用情報を照会し、スーパーホワイトからも脱却、自分の属性を高めることができたら、再度申し込みを行いましょう。 ただし、申し込み時の希望融資額は必要最低限に抑え、 毎月の収入で返済していける無理のない状態を保つことを徹底してください。 年収に見合わない限度額は、審査の目をとがらせてしまうだけです。 まとめ:信用情報に要注意。 希望融資額はできるだけ低く申し込もう 今回のアンケートでは、債務整理に関わる金融事故情報によって審査に落ちてしまった方、アルバイトはしているけれど、 収入が少ないのに高い限度額で申し込み、審査に落ちた方などが目立つ結果となりました。 楽天銀行スーパーローンに関しては、特に楽天のクレジットカードを利用されている方にとっては身近なカードローンであると言えます。 楽天カードの支払いの延滞を繰り返している方は当然、楽天カードローンの審査には通りません。 この延滞もまた、異動情報として個人信用情報機関に登録されてしまっているためです。 債務整理の場合は5~10年、異動情報は5年もの間残ることになりますので、 日頃からカードの支払いには充分気を付けておきたいですね。 また申し込むときには、 できるだけ融資額を低く、収入に見合った範囲で申告するのがベターと言えるでしょう。

次の

楽天カードの審査基準!落ちたのはどんな残念な人?

楽天 カード ローン 審査 落ち た

「楽天銀行カードローンの審査は甘い」「楽天銀行カードローンは楽天会員だと審査優遇がある」という口コミについて、詳しくは「」で分析しているので参考にしてください。 楽天銀行カードローン審査に落ちた!残るチャンスは2回 楽天銀行カードローンの審査に落ちたら、 他社カードローンの新規契約ができるチャンスは残り2回となります!! まずは落ち着いて、楽天銀行カードローンの審査に落ちた原因を分析してください。 楽天銀行カードローンの審査に落ちたら、すぐにでも他のカードローンの申し込みをしたいという気持ちはよく分かります。 ただ、短期間に複数社へ申し込みがあれば、「相当お金に困っている」と判断されて審査落ちします。 平均的に2~3ヶ月に新規申し込み3社までならセーフと言われているため、楽天銀行カードローンの審査に落ちたら、自動的に他社で新規申し込みできるチャンスは2回しか残っていません。 これから楽天銀行カードローンの審査落ちる原因を解説するので、どこで引っかかったのかをよく考えて他社へ新規申し込みをしてください。 楽天銀行カードローンは審査落ちた人も6か月後に再申し込みOK 楽天銀行カードローンの審査に落ちた人でも、申し込み日から6か月以上経過すれば再申し込みできます。 これは実際に、楽天銀行カードローンの公式サイトにも記載されています。 どうしても楽天銀行カードローン契約が良い人は、楽天会員になって実績を積んで半年後にリトライ! 1回目の申し込みで楽天銀行カードローン審査に落ちた人でも、2回目の申し込みで審査通過する可能性はあります。 「楽天銀行カードローンの仮審査で落ちた人」は、この原因であることがほとんどです。 個人属性=個人情報なのですが、スコアリング評価って言葉は聞きなれないと思うので詳しく解説しますね。 スコアリング評価とは? 申し込みフォームに記入した個人情報に細かくスコア(ポイント)を付け、総合スコアを算出して評価をする審査方法。 総合スコアが規定数を超えていれば仮審査通過、逆に既定数よりも少なければ仮審査で否決される。 スコアリング評価は申し込み内容を元にコンピューターで審査をするため、すぐに審査結果が出るのが特徴的。 スコアリング評価で重視されるのは「安定した返済能力の有無」です。 例えば、年収が低くても公務員で勤務年数が長く、独身・子供なし・親の実家に住んでいればスコアリングの総合評価は高くなります。 逆に、年収が高くても自営業で開業したて、結婚していて子供が3人いて賃貸住宅に済んでいればスコアリングの総合評価は低くなります。 各カードローン会社によってスコアリング評価の内容は異なる上に、社内情報なので絶対とは断言できません。 ただ、年収の高い低いよりも「収入-毎月の生活費=どのくらい余裕があるのか」が重要視されています。 年収の高い・低いはあまり関係ない もちろん年収もスコアリング評価の対象ですが、審査落ちの対象ではありません。 「年収が低い=限度額が低くなる」だけ。 だからこそ楽天銀行カードローンは専業主婦でも世帯収入があれば申し込みOK、アルバイト・パートでもお金を借りることができます。 【リカバリ法】トータルのスコアリング評価を上げる 楽天銀行カードローンの審査落ちた原因が「スコアリング評価が低かった」場合、家族構成・住宅環境・職種に関しては簡単にリカバリできません。 ただ 「同じ職場での勤務年数を長くする」のは、自分でもできますよね。 スコアリング評価は「総合スコア」となるので、全体的な評価が上がればいいってこと。 最低でも2~3年の勤務年数があれば、スコアリング評価は上がります。 信用情報に記載があればアウトな内容• 過去に金融事故を起こしたことがある• 3年以内に長期的(常習的)な延滞や滞納をしたことがある• 半年以内に他社で延滞や滞納を数回している• 2~3ヶ月以内に他社新規申し込みを2~3回以上している よく見落としがちですが、 スマホ本体代のローンを含む携帯電話会社の月額支払いや、保証会社を使った賃貸契約での家賃滞納なども信用情報に記載されます。 また楽天銀行カードローンは保証会社が2社あるため、年数に関係なく「楽天グループ」や「セディナ系のクレカ・ローン」で、延滞や滞納をしたことがある人も注意! 社内データとして延滞記録が残っている可能性が高いため、信用情報に記載されていない古い情報でも否決される可能性が高いです。 信用情報は自分で開示できる 信用情報は金融機関だけが開示できるものではなく、手数料さえ支払えば自分で情報開示できます。 不安な人は自分の信用情報を開示して、どんな評価になっているのか確かめてみても良いでしょう。 この原因の場合、 仮審査・本審査、どのタイミングでも否決される可能性があります。 ただ、2018年から銀行のカードローンの過剰貸し付けが原因となり、金融庁から融資額や審査の厳格化を指導されています。 【リカバリ法】他社残高(元金)を減らすことに集中 楽天銀行カードローンの審査落ちた原因が「他社借入の総額が多い」場合、まずは 他社の返済に集中!! 通常の返済だけではなく 「随時返済」、つまりいつもよりも多めの返済を積極にして「元金」を確実に減らしてください。 他社借入やクレジットカードの残高が低くなれば、その分新たな枠ができます。 最低返済額で返済を続けても利息が膨れるだけ、 随時返済をして元金を減らすことに集中しましょう。

次の

楽天カードの審査に落ちる4つの理由と今日中にクレジットカードを作る方法

楽天 カード ローン 審査 落ち た

著書『貯める! 儲ける! お金が集まる94の方法 』 ローカス 他多数。 「消費者金融より大きなお金を借りやすそうな が気になる。 楽天カードと言えば審査が甘いので有名だし、ここも通りやすいんじゃないかな? 」 確かに パート・アルバイトOKを公言する 楽天銀行スーパーローン カードローン は、 銀行の中では低めの審査難易度を設けていると思われますが……。 それでも残念ながら その通過基準は、各消費者金融に比べかなり高い模様。 通過の目安は 「アルバイト、年収200万円、勤続1年、他社借入無し」であり、 これより属性が悪いと審査落ちの可能性が高くなることでしょう。 今回は 実際の「楽天銀行スーパーローン」審査経験者を対象に実施したアンケート結果の中から、同ローンの審査難易度・審査基準を推測しまとめました。 読み終えていただければ、あなたが今このローンの審査結果にどれくらいの期待を抱けるかが分かります。 安定所得を得ている正規雇用者 多重債務者含む の審査通過例等については以下のページをご覧ください。 CHECK 事前にチェック! 申込条件 以下の条件のうち、1つでも満たせないものがあると「楽天銀行スーパーローン」の審査に通ることはできません。 あらかじめご確認ください。 年金や失業保険などでのみ生活している場合、当ローンは利用できませんのでご承知おきください。 毎月の引き落としには任意の金融機関の返済用口座を利用可 目次• 実際の審査可決・否決例から見る、楽天銀行の審査通過ボーダーライン まず原則として、楽天銀行スーパーローンは 「申込時に入力した情報」、つまり 「年収」「勤続年数」「雇用形態」といったステータスを元に審査を行います。 これは当たり前と言えば当たり前なような気もしますが……。 各消費者金融会社が申込後に聞き取り審査を行い、個別の事情を加味して審査を行うことを考えると、楽天銀行の審査は 融通が利かないと言っても良いでしょう。 ……ただし、これは悪いことばかりでもありません。 というのもステータス重視の楽天銀行の場合、実際の「審査通過」「審査落ち」例とあなたの属性 ステータス を照らし合わせることで、 ある程度審査結果を推測できる可能性があるんですね。 その判断材料となりそうな、いくつかの実例をご紹介させて頂きます。 回答者は全部で30名ほどとなりましたが、その中で最も「ギリギリで」通過されたと思われるのが以下のAさん。 年代 20代 年収 200万円 勤務形態 アルバイト 勤続年数 1年 ご家族 未婚、親と別居 家賃、住宅ローン 月あたりの支払い額 4万円 適用金利 14. 審査を受ける上での不安 収入が低かったので、審査落ちが心配でした。 さて、楽天銀行への申込時には希望限度額 契約額 を選択できるのですが、こちらの最低値は「50万円」です。 楽天の場合はこの希望限度額を前提に審査を行う、というよりは 「希望限度額を上限として、楽天銀行側が利用限度額を決定する」というかんじ。 稀に銀行側からより高い契約もできますよ、と案内が入ることもあるようですが そして以上の内容を考えるとAさんは、 「50万円の借り入れを希望したけれど、10万円の限度額が適用された」例と判断できるわけですね。 10万円というのは「楽天銀行スーパーローン」における 最低限度額 契約額 です。 このことを考えると、この Aさんの審査通過はかなりギリギリだったと言って差し支えないでしょう。 「楽天銀行スーパーローン」において、ギリギリで審査に通過できる目安属性は 「年収200万円、アルバイト、勤続1年、他社借入なし」となります。 わりあい機械的に審査を行う楽天銀行の場合、Aさんより明らかに属性が優れているようならば審査結果にも期待を抱けます。 ただしその逆もしかり。 Aさんの属性を下回っているようであれば、より柔軟な審査を行ってくれる会社 主に消費者金融 への申し込みを検討したいところです。 ですが 「Aさんより収入は低いけど勤続は長い」というような、微妙な状況に置かれている方も少なくないかともいます。 これについて少しばかりのヒントになるかもしれないのが以下のBさん・Cさんの例。 Cさんの勤続年数が5年と十分であることを考えても、年収100万円で「楽天銀行スーパーローン」の審査に通過するためには、 安定所得のある配偶者の存在が必須と言えます。 ……ここで気になるのは 「独身は年収いくらから審査通過可能性があるのか」という点ですが、残念ながらこれに関してちょうど良い回答を得ることはできませんでした。 とは言え「価格. com」等では年収200万円未満・アルバイトでの審査通過例もしばしば見られます。 ギリギリでの審査通過となったAさんが「年収200万円・勤続1年」であることを考えると、 「勤続年数が長ければ」あるいは 「正規雇用者なら」 年収200万円を下回っていても審査に通過できる可能性があると見込むのが妥当でしょうか。 ただし、年収が100万円に近付くほどそれも難しくなりそうです。 年代 20代 申告年収 120万円 勤務形態 パート・アルバイト 勤続年数 6ヶ月 他社借入 なし 家族構成 未婚・親と同居 備考 仮審査の段階で審査落ち 先ほどにも挙げさせていただたいたCさんは本審査にこそ通過できなかったものの、申込確認の電話が掛かってきたとのことで 仮審査には通過されていた模様。 これに対し、DさんはCさんよりわずかばかり 年収が高いにもかかわらず、仮審査 おそらく機械による自動審査 の段階で審査落ちとなっています。 影響しているのは、やはりその 勤続年数の短さでしょう。 実際、今回の調査において、 勤続1年未満の非正規雇用者の方がこのローンの審査に通過されている例は見られませんでした。 安定収入のある配偶者がいるのなら 専業主婦扱いで審査を受けられるなら これはほとんど問題にならないとは思いますが……。 申込者が独身 あるいは家族を扶養する立場 である場合、 勤続1年未満だと露骨に審査通過は厳しくなると見て差し支えないでしょう。 審査についての感想 楽天銀行の審査は比較的通りやすいとのことでしたが、審査落ちでした。 他社での借り入れもないため、少し不満に思っています。 その他• クレジットカードの所持なし 審査に通らなかったため• この後、へ申し込み審査通過されたとのこと 限度額30万円 年収、勤続年数ともに問題ナシ。 他社借入も0件です そもそもおまとめ対応の楽天銀行の場合、他社借入はあまり問題にならないことも多いのですが。 これだけ見れば、この審査落ちは不当と言って差し支えないでしょう。 が、そんな中でヒントとなるのが 「審査に通らなかったために、クレジットカードを持っていない」という回答。 ダイナースやアメックスの発行カード、もしくはゴールドカード等ではない普通のクレジットカードなら、特に自分で収入を得ていない学生だって作れます。 Gさんがいつ・どのカードに申し込まれたのかまでは分かりませんが……。 仮にこの属性でクレジットカードの審査に落ちてしまっていたなら、Gさんが 知らないうちに信用情報上の問題を抱えていたと考えるのが自然でしょう。 信用情報とは簡単に言うと 「後払いサービス」の利用履歴のことで、あなたがクレジットカードや各種ローン、分割払いなどを利用するたびに 「個人信用情報機関」という場所に記録されます。 この情報はすべての「審査を必要とする後払いサービス」に共有され、あなたが審査を受けるたびに過去の信用情報がチェックされるわけですね。 もちろん楽天銀行だって例外じゃありません。 そして審査が不利に進みやすいのは、以下のような記録が残っていた場合です。 1 5年以内の長期延滞 2ヶ月~ 、強制解約、自己破産など 2 数週間~2ヶ月程度の支払い遅延 ブラック未満のキズ 3 30代以上で、今まで一度も後払いサービスを利用したことが無い いわゆる ホワイト状態 4 直近6ヶ月間での立て続けの「後払い」申し込み Gさんの場合、 楽天の後にプロミスで30万円の契約に成功されたということから、おそらく 2 か 3 に該当されていたのではないかと思います。 が、この場合限度額は10万円となることがほとんど 該当したのが 2 だとすれば、引っかかったのは携帯電話端末の分割払い履歴などでしょうか。 原因がどちらであったにしろ、 楽天銀行はブラック未満の信用情報上のキズにも敏感と考えて差し支えないでしょう。 ちなみに 3 の「ホワイト」状態による悪影響は、以下のHさんの例でも確認できます。 仮審査には通過• 楽天カードユーザー 何の落ち度も見受けられないIさんが審査落ちになっていることから、楽天銀行はかなり自営業者に対して当たりがキツいと思われるのですが……。 このIさんより所得の高いHさんが 仮審査にすら通過できなかったという結果には、やはり「一度もクレジットカードを作ったことが無い」という点が関係していそうです。 詳しくは以下のページをご覧ください。 ただしあなたが20代であれば、 30代以上の方ほど「ホワイト」が問題にならないことは多いです。 そもそも「ホワイト」が警戒されるのは、個人信用情報の保存期間の関係上、 「単にクレジットカード等を今まで作ったことの無い人」と「自己破産などの問題を起こし、5年以上立った人」の区別が全く付かないから。 もちろん単に「後払い」を利用したことの無い人に貸すのが怖い、という理由もあるとは思いますが 20代 特に前半 ならこれまでカードを作ったことが無くてもそこまで珍しくはありませんし、5年前に問題を起こしているとも考えにくいです。 というわけで あなたが20代 とくに前半 なら、このホワイトのことはそこまで気にしなくても良いでしょう。 ……逆に言えば30代以上で「単に今まで一度も後払いを使って来なかった」という方は、 金融機関からあらぬ疑いを掛けられてしまうと言えます。 ギリギリ 限度額10万円 で審査に通過できる目安は 「年収200万円アルバイト、勤続1年、他社借入なし」• ただし 安定収入のある配偶者がいる場合にはその限りでない• 勤続1年未満だと明らかに審査は不利となる• 「ブラック未満」の信用情報上の問題 これまで一度もクレジットカードを作ったことが無いなど も審査落ちの要因となる これを見て分かる通り、 楽天銀行の審査は「甘い」…とまでは言えません。 無職でも作れることのあるらしい「楽天カード」のイメージに引っ張られてか、一般に審査の甘いイメージを抱かれている「楽天銀行スーパーローン」。 実際、今回のアンケート調査では 「審査が甘いと聞いていたのに! 」といった不満の声も見受けられましたが……。 実際の利用者によるアンケート回答を見る限り、審査は 明らかに属性重視で、安定収入のある配偶者のない限りほとんど融通が利かないと言って差し支えないかと思います。 ……とは言え 「年収200万円アルバイト、勤続1年、他社借入なし」というボーダーラインは銀行カードローンにしては低い方。 これ以上のステータスをお持ちなら あるいは年収が少し低くとも、勤続年数などでカバーできそうなら 、 そのまま楽天銀行へ申し込んでしまっても良いかと思います。 審査が不安なら、ステータスにかかわらない審査を行う消費者金融会社を選びたい わりあい機械的な審査を行っているらしい「楽天銀行スーパーローン」。 もしもあなたが 「年収200万円アルバイト、勤続1年、他社借入なし」というボーダーラインを超えられないと思われるのなら、 もう少し柔軟な審査を行っている申込先を選ぶのが良いでしょう。 具体的には各 消費者金融会社ですね。 各消費者金融会社は、申込時に記入するステータスよりも 「個別の事情・返済能力」に応じ審査結果を出します。 例えば上の例だと「年収100万円、勤続5年、親と同居、アルバイト」という属性で楽天銀行の審査に落ちてしまったCさんがいらっしゃいましたが……。 実際、ではを確認済み ここまで詳しい情報は、言うまでも無く申込情報だけじゃ分かりません。 そのため消費者金融会社は審査の過程で細かな 「申込確認」 聞き取り審査 を行うことが多いです。 人によっては 「そんなプライベートなことまで聞くなんて! 」と反感を覚えることもあるようですが……。 柔軟な審査を必要としている状況なら、 属性よりもあなたの生活事情を考慮してくれる消費者金融会社の方が力となってくれることでしょう。 ちなみに申込先にはどこを選んでも構いませんが、利便性と柔軟な審査の両立という点で見れば 「プロミス」が有力候補になるかと思います。 大手消費者金融会社5社の簡易比較 優先度順 メリット デメリット• 時間や曜日を問わない振込• カードレス契約対応• 他社より若干 0. 30日間無利息• ネット申込窓口は混雑に若干弱いかも• 時間や曜日を問わない振込• カードレス契約対応• 180日間5万円以下無利息、または30日間無利息• 全ATM手数料無料• 他社より成約率が低い 少し審査が厳しい ブラックでの審査通過例も未確認• カードレス契約対応• 30日間無利息• の回避に積極的• 振込は平日日中のみ• インターネット返済不可• 30日間無利息• 店舗数が多い• 振込は原則平日日中のみ 楽天銀行口座宛てを除く• インターネット契約に向かない• 時間や曜日を問わない振込 プロミス、レイクに比べると限定的• 無利息サービスが無い• カードレス契約に条件が多い• 通常カード契約時、郵送物を避けられない• 他社より即日融資に弱い• インターネット返済不可 申込先の選び方や審査傾向については、以下のページを参考にしてみてくださいね。 よって「自分の年収は低い もしくは無い が、配偶者に安定収入がある」という場合には、かえって楽天銀行の方が大きなお金を借りやすいかもしれません。 またこの制限により、 自分自身で収入を得ていない方が消費者金融会社を利用することは原則として不可能です。 まとめ ポイント• 「楽天銀行スーパーローン」の審査は 一般的なイメージほど甘くない。 審査通過の目安ラインは 「年収200万円アルバイト、勤続1年、他社借入なし」。 若干年収が低くても勤続年数などでカバーできるが、 独身だと年収100万円での審査通過は不可か• 勤続1年未満だと、明らかに審査通過は不利となる。 また、ブラックに至らない信用情報上の問題も審査結果にかかわってくる模様• 以上の内容は、安定収入のある配偶者がいる場合はその限りでない。 ステータス重視の楽天銀行の審査に不安を感じているのなら、個別の事情に応じ審査を行ってくれる消費者金融会社を選ぶのが無難。 審査の柔軟性と利用者サービスを照らし合わせると、筆頭候補となるのはか 楽天カードの存在、あるいは楽天グループの身近さのためか、実態以上に「甘い」と思われているらしい 「楽天銀行スーパーローン」。 確かにこのローンですが、 非正規雇用者への姿勢は決して柔軟とは言えません。 とは言え柔軟さが無いということは 「属性だけを見て、審査結果を予測しやすい」ということでもあります。 ここで紹介した可決・否決例をもとに、ご自身の審査通過可能性について今一度考え、申込先を選んでみると良いでしょう。

次の