味の素 株価。 味の素(株)【2802】:株式/株価

味の素【2802】の株価分析と配当や株主優待について

味の素 株価

味の素のみんかぶ目標株価は「1,982円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】 理論株価 1,632円 、証券アナリストによる予想では【買い】 予想株価 2,093円 、個人投資家による株価予想では【買い】 予想株価 2,233円 と判断されています。 味の素は、【アミノ酸、食品、内食】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

味の素の株価は、なぜ下がるのか?低迷する理由を分析|株価予想は本当に当たるのか?

味の素 株価

6 %) 引用: 上のデータを見てみると、味の素の業績悪化となっています。 2019年でいえば、前年と比較すると売上高は微増となっていますが、利益面では「-50. 6 %」と大幅減益となっています。 今回の四半期で目立つのが第2四半期の利益のマイナス部分です。 第1よりも第2のほうが利益が低いということは赤字ということですからね…。 そして、第3四半期はそのマイナスを持ち直した感じになります。 96倍」になっています。 そして、味の素が属する業種『食料品』の東証一部上場でのPER平均は「20. また、 味の素のPBRは「1. 75倍」になっています。 このPBRも業界平均であれば「1. 引用: 味の素はレンジ相場が目立つ。 そのレンジブレイクの際は決算短信の業績の悪化が公開されたのち下落している。 2015年上旬から「2800円」と「2400円」の間で激しく上下している状況です。 そのレンジ相場は 2016年8月上旬に下にレンジブレイクしています。 この下落方向にブレイクした理由は2016年7月28日で発表された第1四半期の業績発表が悪かったからだと推測できます。 1」となっている。 そして、そのレンジブレイク後は「2400円」と「2000円」でレンジ相場となっています。 そのレンジ相場は 2018年8月上旬に下にレンジブレイクしています。 上と同様、2018年7月31日の第1四半期の業績発表で悪かったからです。 0」となっている。 その後、「2000円」と「1800円」の間でレンジを組んでいます。 2019年1月末には一時的に上のレンジに下に抜けています(コレも第3四半期の業績が悪かったためです。 7」)が、現在も上のレンジが続いている状況です。 ・優待内容は「味の素商品の詰め合わせ 」となっている。 ・業績は2019年3月期四半期では大幅減益、今回の四半期では売上微減、利益は持ち直している状況。 ・株価は「2000円」と「1800円」の間でレンジ相場となっている。 味の素は「うま味調味料」で有名な食品メーカーです。 現在は化粧品ブランド「Jino」などアミノ酸生産技術を活用したケミカル事業、医薬事業も行っています。 そんな味の素の優待は「味の素商品の詰め合わせ」で、単元買いであれば「1000円相当」となっています。 そして、その優待の利回りは「0. 50%」となっています。 業績は2019年には前年より当期純利益は「-50. 6%」で今回の四半期も芳しくありません。 業績と伴い、株価は2016年からレンジ相場を挟みながら、どんどん下落していっています。 そして、これまでに決算短信の結果が悪いことで株価もそれに伴って下落してきていることもあり、今後も業績に少なからず依存して変化していくと考えられます。 ですので、味の素の業績を注意深く確認しておくことをお勧めしておきます。 最後に、ここで書いたことは自論です。 ですので、上のことを踏まえたうえで、自身でも調査をして味の素に投資をするかを検討してみてください。 初心者のおすすめな証券会社 『Tポイント』を使って株が買える。 月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題で、毎月Tポイントが200ptもらえます。 手数料が業界最安値水準! FX口座開設数NO. 1のDMMFXと同様、DMM. com証券が運営する証券会社。 DMMFX同様、 初心者からプロまで対応した取引ツールが備わっている。

次の

味の素(株)【2802】:株主優待

味の素 株価

味の素ってどんな会社? 時価総額は食品業種172社中で3位、売上高は 1兆円を超える規模の企業です。 皆さんご存知の調味料で国内最大手、アミノ酸技術で飼料や医薬の分野への進出もしています。 時価総額の1兆円を有効活用してM&Aに力を入れていることも強みですね。 味の素の株価を収益の視点から分析する それでは、現在の株価1881. まずは、一株当たりの利益の割合を表す、(株価収益率)をみてみると19. 74倍ですから、お得だと判断される15倍を超えていて少し割高です。 (一株当たり利益)は95. 3円です。 を基準にお買い得と判断されるPERの10~15パーセントを掛けると、 妥当な株価は953円~1429. 5円とでてきますから、収益から判断すると割高であると判断できます。 ちなみに、現在の株価1,930円とRPS15倍の差は500. 5円ですから収益の面から見ると500. 5円割高とみることが出来ます。 味の素の株価を資産の観点から分析する では引き続いて資産からみていきましょう。 株価がの何倍の価格になっているかを表す(株価純資産倍率)の値を確認すると、1. 66倍ですから、一般にお得とされる1. 5倍を少し超えています。 が1164. 63円だという事から、万が一倒産してしまうようなことがあっても1164円は受け取る権利があるという事ですね。 1164. 63円を株価の底値と見ることもできます。 BPSの1. 5倍を現在の株価と比較すると、1164. 945円 1881. 5 現在の株価 -1746. 9=134. 6円 というわけで資産から見ると現在の株価は134. 6円割高とみることが出来ます。 味の素の配当や株主優待はどうなのか? 味の素の一株当たり配当は、30~32円の予想なので100株持っていたなら年間で3000~3200円の配当が得られることになります。 は、1. 配当性向は前期で45. 株主優待は自社グループ商品の詰め合わせで、100株以上で1000円相当、1000株以上で3000円相当です。 味の素の売上高と利益はどうなのか? はほぼ横ばいでありながら、若干のブレが見られます。 良く言えば前年に引きずられないとも見れますが微妙です。 営業利益は、右肩上がりです。 味の素の株価をROEと流動比率から分析する は8. 5%、は3. 9%と決して悪い値ではありませんね。 流動比率は2. 21倍で私が優良の基準とする1. 5倍を超えています。 短期的な資金に問題はありません。 自己資本比率も47. まとめ 収益面、資産面ともに、判断の結果は若干の割高といった印象でした。 株価チャートに方向性や、企業の価値との関連性もみられず投資の対象としては厳しいといった印象です。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の