メディア ハーツ 社長。 メディアハーツ(ファビウス)社長ら逮捕。従業員が競合他社を誹謗中傷

三崎優太(イケメンIT社長)は青汁で年収12億?彼女や結婚や家の場所は?wikiや経歴や馬主が気になる!画像あり【有吉ジャポン】

メディア ハーツ 社長

スポンサーリンク 1.三崎優太さんの経歴 三崎優太さんのプロフィールです。 名前 三崎優太(みさきゆうた) 生年月日 1989年3月29日 年齢 29歳 出身 北海道札幌市 高校 不明 三崎優太さんの年齢は29歳です。 三崎優太さんの出身高校はわかりませんでしたが、高校を卒業する頃にはインターネットのアフィリエイトで月に400万円以上稼いでいたそうです。 高校生で月に400万円って・・・絶句です。 三崎優太さんは高校卒業と同時に現在社長を務めている「メディアハーツ」を立ち上げました。 現在、メディアハーツは11年目ですね。 一般的に会社を立ち上げて、10年後に会社が生存している確率は5%程度といわれています。 18歳で会社を立ち上げて、その会社を倒産させるどころか巨大な利益を上げているのですから三崎優太さんは天才ですね。 みなさん、マネしないようにしましょう。 大怪我をします。 2.三崎優太さんの会社の年商は? 三崎優太さんの会社「メディアハーツ」は美容通販事業の会社です。 2017年のメディアハーツの年商はなんと120億円を見込んでいます。 メディアハーツの主力製品は「すっきりフルーツ青汁」という健康食品です。 青汁がすっきりフルーツ味なんてもう青汁ではないですよね。 この「すっきりフルーツ青汁」が大ヒットして、すでに6000万本以上売れているそうです。 すっきりフルーツ青汁は30日分で4330円です(初回のみ630円)。 1本の値段は100円ちょっとですね。 単純計算ですっきりフルーツ青汁の売り上げは60億円です。 青汁の原価を調べてみましたが、わかりませんでした。 ただ、多くの通販会社が青汁を販売しているところをみると、青汁の原価はあまり高くないと思います。 おそらく10%にも満たないでしょう。 ということで、50億円以上が利益となっています。 もちろん原価のほかに経費などがかかってきますが、50億円の前にはそんなものは吹っ飛んでしまいます。 三崎優太さんの 現在の 年収は12億円といわれています。 その証拠がこちら。 自身のtwitterでつぶやいていました。 これが僕のリアルな給与明細 見ての通り半分近く税金として課税されます、国民のために正しく使われることを心から願いたい もし、日本伝統の出る杭は打たれる刑に処されたら海外に引っ越します — 三崎優太 misakism13 月収1億円ですよ。 場所は六本木だと思われます。 三崎優太さんの自宅は150平米で家賃は100万円だそうです。 内装費だけで数千万円使っているそうです。 三崎優太さんの最近の大きな買い物はフェラーリで4000万円。 また、フランクミュラーの時計が500万円。 月にかける洋服などのファッション代は300~400万円ということです。 三崎優太さんは資産投資として仮想通貨の取引を行っており、現在54億円ほど所持しているそうです。 ここ最近の騒動による仮想通貨の値下がりを考えると、この先いくらまで増えていくんでしょうか。 目標は2018年中に300億円ということです。 4.三崎優太さんの結婚は? 三崎優太さんは現在独身で彼女もいないそうです。 三崎優太さんの希望としては30歳までに結婚したいということなので、狙っている女性がいるのかもしれませんね。 以上、今日は三崎優太さんの年収や資産と、会社の年商、そして自宅や結婚について調査しました。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 仮想通貨に興味のある方は、仮想通貨のFX取引がオススメかもしれません。 少額の元手でレバレッジを効かせた仮想通貨取引を行うことができます。 東証一部上場企業のGMOインターネットグループが運営する なら、安全に取引することができます。 口座開設は無料で、専用アプリを使って低額から簡単に取引できるのが 心強いですね。

次の

三崎優太の年収は10億円!会社の年商や資産を調べた!自宅や結婚も調査

メディア ハーツ 社長

私が起業したのは2007年、札幌の高校に通っていた18歳の時。 当時、高校にもあまり行っていなかったので、「何としても自分で稼がなければならない」という、危機感に近い使命感がありました。 そこで始めたのはアフィリエイト。 徹底的に調べ上げ、ほどなく月に数百万円を稼ぎ出すようになりました。 結果、税理士に勧められるまま、税金対策で会社を作ったのがメディアハーツのルーツです。 その後、アフィリエイトでお世話になっていた広告代理店の方の誘いもあり、原宿竹下通り近くにオフィスを構え、東京進出を果たしました。 「夢占い」や「動物占い」など、携帯電話の公式サイト運営をメインに事業を行い、西新宿へ移転した2009年には、社員数は10名ほどになっていました。 しかし2010年、スマホが普及し始めたこともあり、このビジネスには先がないと感じて事業撤退を決意。 18歳の頃から続けてきた会社ごっこに疲れていたのかもしれません。 数年は会社を休眠状態にし、部屋にこもってFXや株式投資に明け暮れていました。 そんな時に出会ったのが、現在主力となっている美容通販事業。 最初は半信半疑だったものの、研究に研究を重ねるうち、うまくやればものすごい勢いで成長できるビジネスだとわかりました。 ここから、女性の美しさをサポートする美容商品のECブランド「FABIUS(ファビウス)」の運営へとつながっていきます。 私は自分が「いいビジネスになるのでは?」と思ったことに関しては、中途半端では終わらせず、徹底的に調べます。 そうして調べた結果「これはやっぱり違った」と事業化をやめることも度々あります。 eコマースについても知識は全くありませんでしたが、徹底的に研究を重ね、同業の会社に関する売り上げや利益の伸び率など、不眠不休の勢いで徹底的に調べ上げました。 そして、その中で最も成長している会社をベンチマークした上で、「FABIUS」をスタートさせたのです。 最初に手掛けたのはプラセンタを使った商品で、こちらは徐々に売れてきたところで、事業全体をバイアウトしました。 この経験から、自分たちのやり方が間違いないことを確信。 そして2商品目である「すっきりフルーツ青汁」が、累計1000万本を超える大ブレイクを果たしました。 その後も増収を続け、会社は飛躍的な発展を遂げています。 「FABIUS」のテーマは、「ITと美容の融合」。 前述の通り、もともと美容メーカーを志して起業したわけではありませんし、この事業を始めてから1年半と日が浅いのも事実です。 そんな中で大げさかもしれませんが、《世の中の女性をキレイにする》ことがミッションだと本気で思っています。 多くの美容商品メーカーが通販の広告を代理店任せにしている中、当社は過去のモバイルコンテンツ事業の知見を活かし、自社で広告を運用することができる。 だからこそ、《本当に良いモノを作ればお客様に買っていただける》という、至極当然のことにこだわれているのだと思います。 例えば「すっきりフルーツ青汁」の開発の際は、社員の間で試飲を繰り返し、「これでいける!」という味を徹底的に追求しました。 ご協力いただいた製薬会社のおかげもあり、とても良いモノを作ることができたと満足しています。 このように、何事も中途半端にせず、徹底的にやるのがメディアハーツのスタイル。 現在は次のヒットに向けて増員しつつ、よりクオリティーの高い美容商品を研究中です。 2014年9月の販売開始以来、累計8000万本出荷と大ヒットとなった『すっきりフルーツ青汁』をはじめ、7商材を展開している会社です。 急成長の背景にあるのは、業界の常識に捉われない商品企画力と、元IT企業としてのノウハウを最大限に活かしたWebマーケティング力。 「これまでの青汁が目を向けてこなかった若年女性層を対象にすれば、市場で独り勝ちできる」という考えにより生まれた『すっきりフルーツ青汁』は、20代女性の美容・ダイエットサポート製品として、新しいスタンダードとなりました。 この商品開発力に、過去の事業内容を活かしたWebマーケティング力をかけ合わせたものが、私たちの武器である「ITと美容の融合」という考え方です。 事業内容 「急激に伸びた会社は落ちるときも急激」と言われることもありますが、私たちの事業はリピート通販。 つまりストック型のビジネスモデルですので、この手の批判はそもそも当てはまりません。 消費者にとって「良い商品」を作り続けていれば、解約せずに続けていただける。 美容通販事業がスタートしたばかりの際に『すっきりフルーツ青汁』をお申込み頂いたお客様が、まだ『すっきりフルーツ青汁』を続けていただいたいるだけでなく、ファビウスブランドの他の商品もご購入いただいている。 この事実が、私たちの信念を証明していると思います。 極論、これが実現できれば、どんな事業でも成功できると考えています。 また、会社全体としての成果の分だけ、個人に還元しやすい点も、少数精鋭の組織を目指している理由の一つです。 だからこそ、個人のスキルアップには徹底的にこだわっています。 業務内容に合った、希望スペックのPCを支給することはもちろん、書籍の購入や外部セミナー参加費などもすべて会社負担。 未経験からwebマーケティング担当として入社した社員が、3ヶ月で100万円もするアフィリエイター向けセミナーに参加するなど、会社として「生きたお金の使い方」にはこだわっています。 だからメディアハーツ内で「自分たちの会社」と言えば、それは他の会社のように「自分たちが所属している会社」という意味ではなく、「自分たちが出資している会社」レベルの意識が求められます。 もちろん、本当に資金的な負担が求められるわけではないですが、自分ごととして会社のことを考えられるかどうかが大切。 そのくらいの責任感があるメンバーが揃っていますので、決裁権や裁量権などといったことが問題になることがない、「大手病」とは無縁の会社と言えるでしょう。

次の

すっきりフルーツ青汁の社長三崎被告と脱税の関係は?理由や経歴を調査!

メディア ハーツ 社長

株式投資で健康食品事業に着目 2007年、三崎氏は北海道札幌市で携帯アフィリエイトビジネス業の会社を起業した。 当時19歳だったが、この年齢がビジネスにマッチし、「若い人のトレンドを理解できた」(『賢者の選択 Leaders』より)という。 半年後には月商400万円を上げ、三崎氏が起業のテキストにしたアフィリエイトビジネス専門書の著者が評判を聞いて札幌市まで面会に来たほどだった。 この面会で、三崎氏は東京への進出を決意する。 決意してから移転まで、わずか1週間のスピードだった。 これは、決して拙速ではない。 いつの時代でも、台頭する経営者は常人には及びもつかない行動力を発揮するのだ。 行動力は「反射神経」と言い換えてもいいだろう。 反射神経が秀でていなければ、チャンスの獲得も危機の回避もかなわない。 東京進出後は、美容関連の通信販売事業をスタートさせた。 15名の社員を雇うまでに拡大したが、役員による背任行為に見舞われて解散を決意。 「社員には申し訳ないという思いでいっぱいでした」(同)。 全員に退職金を支払って、三崎氏は株式投資を始める。 しかし、三崎氏は単にトレードに没頭したのではない。 新事業のリサーチを試みたのである。 そして、売買対象企業の業績分析を重ねていくうちに、収益性が高く参入障壁の低い事業として、健康食品の開発・販売に目をつけた。 数社を調べたところ、参入初年度に年商1億円、2年目に3億円、3年目には10億円を上げる会社もあった。 ここで、そのまま先行企業の後追いをする起業家も少なくないが、その場合はレッドオーシャンへの突入が避けられない。 ブルーオーシャンに出帆するには、新市場の創出が絶対条件である。

次の