コロナ禍使い方。 コロナ禍の読み方や意味は?使い方は?

コロナ禍の読み方と意味は?コロナ渦とは違うの?

コロナ禍使い方

コロナ禍とは 「コロナ禍」という言葉は、 主に新聞で使われている印象があります。 なので知らなきゃ読めない! 日常ではほぼ使いませんから、なんて読むの?と思って当然です。 コロナ禍ってなんて読む??【読み方】 「コロナ禍」は「 ころなか」と読みます。 「コロナ鍋(なべ)」などと読んでる人もいるみたいですねw コロナ禍の意味 「禍(か)」とは、 わざわいや 不幸せを意味します。 音読みが『か』、 訓読みが『まが』、『わざわ(い)』です。 「福」の 対義語です(形が似てて分かりやすい!)。 つまり、 コロナ禍とは『 コロナによる災難』の意味ですね。 コロナ禍の使い方をわかりやすく説明! コロナ禍、読み方がわかっても、日常で使うわけでないので読めないし使いにくい言葉です。。 実際に使われている例をみながら使い方を説明します。 コロナウイルスの流行で人々の外出が減る、工場などの生産も休止される、経済全体が落ち込むので車など高価なものは特に購入を控える人が増えると予想されるなど、 新型コロナウイルスそのものだけでなく、『流行が原因で生じた現象』を含んだ表現と言えるでしょう。 この記事は面白くて、 ブラジルのジャイル・ボルソナロ()大統領は18日、閣僚2人と上院議長が新型コロナウイルス検査で陽性だったと発表する中、 記者会見でマスクをもてあそび、新型ウイルスの パンデミック(世界的な大流行)をめぐる対応をまたもや「ヒステリー」と呼んだ。 極右のボルソナロ氏は、これまでも新型ウイルス危機に対する おざなりな対応を批判されてきたが、記者会見中にとんでもないやり方でマスクを使用し、 ネット上で嘲笑の的になった。 とあるんですが、ウイルスそのものの被害ももちろんあるのですが、このように 一国の大統領がコロナウイルスの流行という非常事態への対応があまりにひどくネットで批判を受けてしまう、という正に「コロナ禍」、 コロナによるわざわい・災難と言える内容です…。 何か天天災の時などに目にすることがあるかもしれませんね。 これらの言葉も新聞などでしか使用されないので読めないという人が多いはず。 まとめ コロナ禍の言葉についてだいぶ慣れていただけたでしょうか? 新聞などで使用される言葉なので、日常で使用することはあまりないと思われますが、残念ながらコロナウイルスの世界への広がりをみるとすぐに終息するとは言えない状況なので今後もニュースや新聞で目にすることが多いかと思います。 その度に間違った読み方をしていると、人前でふと声に出したときに恥ずかしいことがあるかも…(笑) 「 ころなか」です!覚えておきましょう!.

次の

夏休みの旅行はキャンセル? コロナ禍でも夏を楽しむお金の使い方(LIMO)

コロナ禍使い方

旅行を再開するきっかけは? 大手旅行会社の株式会社JTBは、2020年5月に「新型コロナウイルス感染拡大による、暮らしや心の変化および旅行再開に向けての意識調査 」を公表しました。 この調査によると、過去1年間に国内外の旅行を1回以上経験した人が、旅行を再開するきっかけとして挙げているのは、「治療薬やワクチンが完成し、効果が出る(45. 6%)」「全国の緊急事態宣言が解かれたら(43. 8%)」「WHOが全世界のコロナウイルス感染症の終息宣言をしたら(33. 9%)」と続いています。 また、「旅行に行っても周囲からとがめられない状況になったら(26. 8%)」「自治体が来訪自粛要請をやめたら(23. 0%)」等の回答もあり、こちらは比較的男性よりも女性に多い傾向が見られます。 2020年6月末時点においては、日本全国での緊急事態宣言は解除され、県をまたぐ移動の自粛も緩和されているものの、例年のような夏休みの計画を立てられるようになるには、まだまだ時間を要しそうな印象ですね。 とはいっても、長い外出自粛要請期間を経て、「少しは遠出をして気分転換をしたい」「娯楽を楽しみたい」と思っている方もいるのではないでしょうか。 コロナ禍でも今年の夏を楽しむための、具体的な選択肢を見ていきましょう。

次の

コロナ禍の使い方【挨拶文】いつから広まった?読み方や意味を解説

コロナ禍使い方

よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 と出てきました。 「コロナ禍」というのはどうやら漢字の意味そのままのようで、【 コロナによるわざわい】という解釈でよさそうです。 訓読みの「禍々しい禍(まがまがしいわざわい)」がまさにその通りという感じですね。 (当たり前っちゃ当たり前なんですけど。 笑) 「新型コロナ禍」 「コロナウイルス禍」 「新型コロナウイルス感染症禍」 など似たり寄ったりなワードを見かけますが、いずれも新型コロナウイルス(COVID-19)のことですので意味としては一緒ですよね。 ちなみに 「禍」と「災い」、どちらも「わざわい」と読みますが、この2つには差があるのでしょうか? どうやら、 【渦(うず・か)】 渦(うず):勢いよく流れる水(液体)の表面にできる、螺旋 らせん 状に巻き込んだ流れ。 また、それに形が似たもの。 渦(か):水がうずをまいて流れる。 また、うずをまいている形。 うずまき。 渦を使った単語には、「渦中」や「戦渦」といった単語があります。 世界中がコロナウイルスによる混乱に巻き込まれている現状は、「コロナ渦」と表現しても意味的におかしくはありませんよね。 「コロナ禍」の方がよく見かける辺り最初は誤用だったのかな?とも思いますが、認められて使われている部分もあるように思います。 読み方としてはこちらも「ころなか」になるんでしょうかね? ちなみに「 コロナ鍋(なべ)」という言葉もちらほら。 こちらも検索してみましたが、どうやら誤用かな?という印象でした。 笑 コロナウイルスに関しては聞き慣れない単語も多いので戸惑ってしまいますね。 コロナ禍とは? 今回「コロナ禍」という単語を調べてみてすっきりしました! 「ころなうず」だと思っていたでの中々あれなのですが、1つ賢くなりましたね。 笑 とにもかくにも世界中に広まる「コロナ禍」、早く終息することを願うばかりです。

次の