ワオン ポイント。 イオン店員がレジでおすすめするWAONカードを作ってはいけない理由

実は別物!イオンの『ときめきポイント』『WAONポイント』『WAON』の違い、ボーナスポイントなどしつこく解説

ワオン ポイント

ときめきポイントとWAONポイントの違い• ときめきポイント:イオン系のクレジットカード利用で貯まるポイント• WAONポイント:電子マネーのWAON利用で貯まるポイント• WAON:実際に使える電子マネー ときめきポイントはクレジットカード払いなので、普通にカード提示で支払え、ポイントも貯まります。 WAONカードは電子マネーなので、 チャージしないと使えません。 店内のWAONチャージャーなどでチャージするか、WAON一体型のクレジットカードならオートチャージシステムがあります。 混乱しやすいのは、WAONポイントとWAONですね。 WAONポイントが貯まったらそのままWAONとして使えると思っている人が多いんですが、実際に使うにはWAONステーション等で、 WAONポイントをWAONに移動させる交換作業(チャージ)が必要になります。 貯まったらそのまま使えるTポイントなどとは異なります。 ときめきポイントの解説 クレジットカード利用で200円ごとに1ポイント貯まるときめきポイント。 これも使うためには交換作業が必要です。 1,000ポイント以上、500ポイント単位で交換可能です。 ときめきポイントは、WAONポイント以外にも イオン商品券やギフトカードなどと交換できます。 参考 何と交換するのがお得? 1:1のレートそのままでWAONポイントに交換できるので、WAONに交換するのがお得です。 また、イオン商品券もけっこうおすすめです。 イオン商品券は、 お釣りが出る商品券なので、200円未満のポイントが貯まらない少額の買い物が多い人にはいいかも。 イオン商品券は、イオン以外でもミニストップやマックスバリュ、VIVRE等でも使えますよ。 WAONポイントに交換できるクレジットカード WAONポイントに交換できるのは、などお馴染みの犬のロゴが入っているWAON一体型のクレジットカードのみです。 この場合、クレジットカードとして使うとときめきポイントが貯まり、電子マネーのWAONとして使うとWAONポイントが貯まります。 有効期限(応募期限) ときめきポイントの有効期限は、最長2年間で翌年への繰越しが可能です。 誕生月と 11日、 10日がポイントになります。 ポイントを獲得したのが誕生月の11日から翌年の誕生月10日だったら、有効期限は、ポイントの獲得期間開始日の翌々年誕生月末日になります。 10日か11日かで、かなりの違いですね。 WAON(ワオン)の解説 イオンの電子マネーで、200円ごとに1WAONポイントもらえます(イオン関連店ではいつでも2倍なので2WAONポイント)。 貯まったWAONポイントは、WAONステーションなどでWAONに交換することで、WAON残高に加算され使えるようになります。 WAONステーション・ミニストップのレジなら1ポイントから交換可能です。 有効期限 WAONの有効期限は、『 加算期間』と『 有効期限』、 WAONに初めてチャージした月がポイントになります。 たとえば、10月25日に初めてチャージした場合、加算期間が10月25日から翌年10月31日になり、有効期限は2年後の10月31日までになります。 で、次の年からは11月1日から10月31日までが加算期間になり、有効期限は、そこからまた2年後の10月31日までです。 最長2年、最短1年です。 有効期限は、レシートにも表示されますし、WAONステーション、WAONチャージャー、WAONホームページ、モバイルWAONで確認できます。 考えるより見たほうが早いですね。 1ポイントから交換・チャージできるので、気づいたときにすぐチャージしてしまうのがいいと思います。 キャンペーンなどで手に入れたWAONポイントは、ダウンロード期限があるものもあります。 参考 交換可能ポイントの違い ときめきポイント:1,000ポイントからWAONポイントや商品に交換可能 WAONポイント:1ポイントからWAONに交換可能(一部では100ポイントから) ときめきポイントを1,000ポイント貯めれば、WAONにもそのまま交換できます。 WAONなら200円で1ポイント貯まりますが、ときめきポイントは、1,000ポイント貯めるには20万円使わないといけません。 かなり大変です。 なので、ボーナスポイントを利用していくのが効率的です。 ボーナスポイントの違い WAONポイントやときめきポイントは、通常はポイント還元率0. しかし、イオンや系列店ではボーナスポイントをもらえるキャンペーンがあります。 それも、両方適用されるものと適用されないものがあるので、利用するときには気をつけましょう。 まとめ ちょっとややこしいですが、ときめきポイントさえ攻略すればわかりやすくなります。 ざっと見ると、クレジットカードよりもWAONで使った方がお得なのがわかりますね。 キャンペーンも『WAON支払いで』となっているものが多いです。 ときめきポイントのメリットは正直薄いです。 「それならイオンのクレジットカードいらないじゃん」と思うかもしれませんが、そうでもありません。 イオンカードセレクトならオートチャージによってWAONポイントが貯まるからです。 これによりポイント2重取りが可能になるため、メリットは大きいです。 お得に利用するならイオンのクレジットカードは一択と言っていいでしょう。 追記:ときめきポイントやWAONポイントの他に、WAON POINTも登場しました。 確かに、WAON POINTカードやイオンカードでもボーナスポイントの対象になるみたいですね。 ただサイトを見る限りでは、イオンカードのクレジット払いのボーナスポイントが、ときめきポイントになるのかWAONポイントになるのか、ちょっとわからない感じですね…。 「クレジット払いはときめきポイントだからボーナスもときめきポイント」とも「サイトはWAONのページだからもらえるボーナスポイントもWAONポイント」とも解釈できる気がします。 WAON POINTカードのボーナスポイントはWAON POINTだと思いますが。 イオンカードのいつでも2倍はやっぱりお得ですよね。 WAONだと2倍デー等は日にちが限定されるので、私も普通の日だとちょっと損な気がします。

次の

WAONポイントの貯め方・使い方

ワオン ポイント

電子マネーWAONポイント 電子マネーWAONポイントサービスは、電子マネーWAONポイント加盟店にて、電子マネーWAONでお買い物をするとポイントがたまります。 WAON POINT WAON POINTサービスとは、2016年6月よりスタートした新しい共通ポイントサービスです。 WAON POINT加盟店にて、WAON 電子マネー または現金でお買い物をするとポイントがたまります。 その他のカードにつきましても、一定の条件によりWAON POINT会員へ自動登録されている場合がございます。 電子マネー WAONポイント加盟店で お買い物した場合 イオングループの WAON POINT加盟店で お買い物した場合 支払い方法 電子マネーWAON 電子マネーWAON または イオンカードをご提示の上 現金等でお支払い たまる ポイント お買い物の たびにたまる 200円 税込 ごとに 電子マネーWAONでのお支払いで 200円 税込 ごとに イオンカードご提示の上、現金などでのお支払いで 200円 税込 ごとに ポイントの 確認方法• ・レシート• ・WAONステーション・イオン銀行ATMなどの電子マネーWAON端末• ・WAONネットステーション• ・暮らしのマネーサイトMyPageトップ• ・レシート• ・WAONステーション・イオン銀行ATMなどの電子マネーWAON端末• ・Smart WAON ウェブサイト/アプリ• ・WAONネットステーション• ・暮らしのマネーサイトMyPageトップ MyPage内ポイント表示のご注意事項 電子マネーWAONポイントについて MyPage内の掲載情報(ポイント数、利用履歴)は、店頭で電子マネーWAONを利用後、リアルタイムでは反映されません。 したがって、実際の電子マネーWAONポイント数や利用履歴と異なる場合がございますのでご注意ください。 クレジットカードの有効期限の更新や再発行の際、WAON番号が変更となります。 データ移行手続きが完了するまでの期間中、新旧2枚のWAON情報が表示されたり、残高やポイント数がゼロと表示される場合がございます。 また、旧クレジットカードのWAON情報はクレジットカード名称と「照会・交換」ボタンが表示されなくなるため、カード名称は1つ上に新たに表示される新クレジットカードのWAON情報より確認をお願いします。 WAON POINTについて MyPage内の掲載情報(WAON POINT数、利用履歴)は、キャンペーンのポイントなどリアルタイムでは反映されないケースがございます。 したがって、実際のWAON POINT数や利用履歴と異なる場合がございますのでご注意ください。

次の

ときめきポイントをWAONポイントに交換する|イオンカード 暮らしのマネーサイト

ワオン ポイント

このカードは共通ポイントカードです。 イオン以外にも、ダイエー、マックスバリュ、ミニストップなど、イオングループを中心に色々な提携したお店で利用することができます。 WAON POINT加盟店 イオン、ダイエー、マックスバリュ、ダイエーグルメシティ、ピーコックストア、KOHYO、まいばすけっと、マルナカ、キミサワ、イオンモール、イオンタウン、ビブレ、フォーラス、オーパ、ミニストップ、イオンスーパーセンター、アコレ、ザ・ビック、サンデー、ホームワイドなど。 smartwaon. html イオンモール専門店街にもWAON POINT加盟店はあります ちなみに、WAON POINTカードで貯めたWAON POINTも、スマートワオンに両方とも登録されていれば、電子マネーWAONにチャージできます。 どちらのポイントも、電子マネーWAONに1ポイント=1円分としてチャージすることができるので、そこまで違いを意識する必要はありません。 つまり、200円(税込)ごとに2ときめきポイント貯まります。 いつでも2倍対象店舗一覧です。 イオン、イオンスタイル、ダイエー、グルメシティ、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、ザ・ビック、アコレ、ピーコックストア、サンデー、KASUMI、KOHYO、マルナカ、ホームワイド、まいばすけっと、ミニストップ、イオンモール、イオンタウン、イオンリカー、イオンバイク、R. aeon. html 3つの機能を搭載している.

次の