インフルエンザ 予防接種 腫れ。 インフルエンザ予防接種で腫れる場合、冷やすのは効果的?

インフルエンザ予防接種のあとが腫れたら

インフルエンザ 予防接種 腫れ

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染した人が咳やくしゃみなどをすることによって空気中に広がり、そのウイルスを吸い込むことによって感染が広がっていきます。 潜伏期間1~5日で発症し、その症状もさまざまですね。 発熱、頭痛、関節痛や筋肉痛など、どれも風邪とは違い全身症状が強く、気管支炎や肺炎を合併し重症化することもあります。 そんなインフルエンザを予防するには、日々の手洗いやうがい、規則正しい生活ももちろん大事ですが、流行する前に予防接種を受けることがとても重要ですね。 インフルエンザにおいて予防接種は最も有効な予防方法で、特に高齢者の発病防止や重症化防止に有効的であるといわれています。 ただ、インフルエンザ予防接種の注射の後って、赤く腫れたり痛い事がありませんか? 今回はそんな予防接種後の腫れや痛みの原因を探ってみたいと思います。 Sponsored Link インフルエンザの予防接種とは? インフルエンザの予防接種は、体の中にウイルスに対する抗体を作る事です。 抗体があれば、ウイルスが体内に侵入してきた際に ウイルスを攻撃し、発症や重症化するのを防いでくれるのです。 予防接種を受けてから抵抗力がつくまでには 約2週間ほどかかり、効果の継続期間は約5ヶ月間となります。 予防接種の効果はかなり大きく、特に65歳以上の高齢者ではインフルエンザのワクチンを摂取することによって、発症や死亡リスクを大幅に減らす事が出来るとの研究結果も出ています。 予防接種の有効性を高める為にも、毎年流行する前に予防接種を受けておきたいですね。 なお、ウイルスは毎年変化していますので、 その年に流行が予測されるウイルスにあった予防接種を受ける事が大事です。 Sponsored Link 予防接種後の痛みや腫れの原因は? インフルエンザの予防接種を受けた後に注射をした箇所が腫れたり痛んだりした事がありませんか? 症状は軽いものでだいたい2~3日で収まってしまいますが、それでも注射後ですと不安になりますよね。 一体この腫れの原因はなんなのでしょうか? それは 予防接種の副反応の症状だと言われています。 インフルエンザのワクチンが体の中で反応して起こっているもので、 インフルエンザに対する抗体がちゃんと作られている証拠なんです。 またインフルエンザは皮下注射といって、注射針を浅く入れて皮膚の表面に薬を入れる方法をとっていて、この皮下注射の場合腫れや痛みが出やすいようです。 通常の副反応は範囲も狭く2~3日で収まる軽度のものですが、ごく稀に肘や肩を超えて広範囲で腫れる事があります。 その場合はワクチンに対する過剰なアレルギー反応ですので、ただちに医師に診てもらうようにしてください。 ただこの痛み、基本特別なことはせずに、症状が治まるまで余計な刺激を与えない方がいいのだそうです。 ですがどうしても気になる痛みの場合は、 市販の保冷剤や湿布などで冷やし様子を見てください。 この時に揉んだりするなどの刺激は与えないようにしてくださいね。 広範囲で腫れてきたり我慢できないような痛みの場合は、自己判断をせず、すぐに医師に受診してください。 また、予防接種の際の注意事項も甘く考えずにきちんと守りたいですね。 インフルエンザの 予防接種をした後24時間は、注射した箇所を強くこすったり刺激したりすることはしないように気をつけてください。 大量の飲酒や激しい運動、長時間の入浴なども避けましょう。 まとめ インフルエンザの予防接種で起こる腫れや痛みの原因は、体がウイルスへの抗体を作る為の反応だったのですね。 腫れや痛みが出てしまうのはつらいですが、通常は2~3日で収まりますので安静にして冷やすことで乗り切ってください。 予防接種に副反応はつきものです。 冷静な判断と対処をして乗り切りたいですね。 Sponsored Link• おすすめ記事.

次の

インフルエンザの予防接種で腫れたら?対処法と注意点

インフルエンザ 予防接種 腫れ

接種した日は激しい運動や大量の飲酒は避け、できるだけ安静に過ごしましょう 感染症を予防するワクチン接種には、種類によって副反応(副作用)が出る可能があります。 インフルエンザワクチンの場合は、接種したときに副反応が出る原因のひとつに、卵アレルギーがあります。 インフルエンザワクチンは、生ワクチンと不活化ワクチンがあり、日本で承認されて主に使われるのは不活化ワクチンです。 これは、ワクチンを接種してもその病気にならないように、病原性をなくして不活化したウイルスの一部を使ったものです。 一方の生ワクチンは毒性を弱めたものなので、接種後にその病気の症状が軽く出ることがあります。 生ワクチンも不活化ワクチンも、作り方はほぼ同じです。 インフルエンザウイルスをニワトリの卵に入れて、増えたインフルエンザだけを精製し、卵の成分をできるだけ除いて使用します。 不活化ワクチンは卵の成分の混入が少ないため、卵アレルギーがある人でも比較的軽い、卵加工品などを食べても問題がない人であれば、接種可能と考えられています。 とはいえ、医師に相談するなど、接種する場合は注意が必要です。 インフルエンザワクチンの主な副反応 季節性のインフルエンザワクチンを接種した際に起こる副反応には、以下のようなものがあります。 注射部位の赤み(発赤)・腫れ・痛み• 全身症状(発熱・頭痛・悪寒・倦怠感・嘔吐・吐き気・下痢・関節痛・筋肉痛)• 湿疹・じんましん・かゆみなど• アナフィラキシー• 急性散在性脳脊髄炎(脳と脊髄に炎症が起こり、重症な場合は呼吸ができなくなる病気)• ギラン・バレー症候群(末梢神経の病気で手足が麻痺する)• けいれん• 肝機能異常• 喘息発作 インフルエンザの予防接種を受けた後は、すぐに移動せず、アレルギー反応が起こりうる30分程度は病院のロビーなどで静かに過ごして、自分の状態を観察しましょう。 もしもアレルギー反応が出た場合、すぐに医師に相談してください。 また接種後24時間は、副反応が出ないかどうか注意してください。 また、自分では卵アレルギーはないと思っていても、調べてみたらじつはアレルギー体質だったりするケースもあり、体が弱っていて免疫が落ちているとアレルギー反応が出ることもあるので注意しましょう。 接種当日は、ふだん通りの生活をしても大丈夫ですが、やはり激しい運動や大量の飲酒は避けたほうがよいでしょう。 入浴もかまいませんが、注射した部位をこすったりしないようにしてください。 副反応の多くは2~3日で自然に改善! 必要に応じてケアを 季節性のインフルエンザワクチンの副反応には、接種した場所の赤みや腫れ、痛みなどがあります。 これらの副反応は接種を受けた人の10~20%に起こります。 また発熱やかゆみなども含めた副反応は、たいてい2~3日で落ち着きますが、それ以上長引いたり、症状がひどくなってきたりしたら、必ず予防接種を受けた医療機関を受診してください。 注射をした部分の皮膚が赤くなったり腫れたりするのは、体の健全な防御反応でもあります。 腫れた場合は、念のため入浴は避けてください。 副反応に対しては、自己判断で余計な刺激を与えない方が安全です。 症状がつらい場合は、保冷剤や湿布などで軽く冷やすと、比較的楽になります。 ワクチンについて不安がある方は、「」「」もあわせてご覧ください。 また、赤みや腫れ、痛み、しこりなどの副反応が出ている間は、飲酒や激しい運動、長時間の入浴は症状を悪化させることがあるため、控えたほうがよいでしょう。 高熱やけいれんなどの異常な症状が出た場合は、速やかに医師の診療を受けてください。

次の

インフルエンザの予防接種後に腕が赤く腫れる場合の対処法とは?

インフルエンザ 予防接種 腫れ

嘘だ!痛い痛い! 接種後1日弱で異変が! そんな注射を終えた翌朝。 ムスコーは腕がかゆいと言っています。 見ると 腕が少し腫れています。 ただ、大人の二人も多少の腫れと痛がゆい感じがありましたし、例年のことなので「そういうもんだよ」と諭してその場は終わりました。 午後、ムスコーは水泳に出かけました。 練習風景を見ていると、動きにいつものキレがないように思えます。 あれ?と思って戻ってきたムスコーのおでこを触ると熱く、急いで帰宅しました。 家で 熱を測ると38. これは予防接種の副反応か?と思い、土曜午後にやっている小児科を探して出かけようとしました。 まさにその時、さらなる異変に気付きました。 じんましんはないものの、 上腕がひどく腫れています。 肩口から肘のところまでが赤みを帯び、パンパンに張っています。 明らかに左右で腕の太さが違うと分かるほどです。 これは大ごとだと思い、行き先を総合病院の救急外来に変更。 幸いすぐに診てもらえ、「インフルエンザの予防接種の影響でしょう」とのこと。 まあ予想どおりです。 副反応の原因は? 対策は? 予防接種のせいで腕が腫れたと仮定して、その原因は大きく分けて2つ考えられるそうです。 1つは 予防接種の「中身」による副反応。 注射の中身は毎年違うので、例年大丈夫でも今年のはNG、という場合があるとのこと。 もう1つは、 予防接種の際に細菌が体内に入ってしまったことによる炎症。 もしそれが原因だとしたらガックリだよね。 ちゃんと消毒しろよ!って 今の段階ではどちらとも言い難く、さりとて血液検査をするほどでもないので様子を見たら?とのことでしたが、モヤモヤした感じは拭えません。 「基本的に医者は信用していない」というのがツマーの持論なので、血液検査をやることになりました。 ムスコーは腕が腫れた上に2日連続の注射とあって踏んだり蹴ったりでしたが、ともかく検査はできました。 炎症反応(CRP)の値は1. 0前後とやや高いものの(正常値は0. 3以下です)、これをもって前述の2つの原因のうちどちらを疑うべきかは分からないということでした。 ムスコーは元々鼻炎のためにアレルギーの薬を飲んでいるので、追加の薬は出ず。 より症状がひどくなるようなら再度受診するということで一旦帰宅しました。 腫れとかゆみを抑えるため、夜は保冷剤を腕に巻いて寝ました。 いい加減にせえよ! 4日目、投薬開始 さらに翌日、月曜日。 腫れは一進一退の状態です。 3日連続で通院したところ、平日のせいか、わりと偉い先生が出てきました。 相変わらず原因不明ではあるものの、 とにかく腫れを抑えようということになりました。 あまり 長いこと腫れていると血行障害なども懸念されるとのことです。 処方されたのはプレドニゾロンという薬で、いわゆる ステロイドです。 これを 4日間、わりと大量に投与して一気に炎症を抑えようという作戦。 子供なので散剤を薦められましたが、苦みが懸念されます。 錠剤ならば溶けるまでは苦くないのですが、粉薬では苦味が直接来ます。 ムスコーは6歳にして錠剤をうまく飲めるので、あえて錠剤にしてもらいました。 5日目、ようやく収束の方向へ そして火曜日。 何と 4日連続で通院です。 腕の腫れはここにきてようやく収束に向かい始め、腕の太さが若干サイズダウンしたほか、腫れている部分の色も鮮やかな赤から徐々に黒っぽくなってきました。 結局最後まで原因不明ということで通され、血液検査もしませんでした。 しかし経過が順調ということで、薬は飲み続けるものの、このまま終息に向かえば通院は不要となりました。 幼稚園への登園もようやく許可されました。 薬のせいか、自然治癒なのか分かりませんが、腕の腫れはこの日以降ほとんど気にならなくなりました。 かゆみは多少残っていたようですが、これも1週間を経過して完全に治ったようで、後遺症もなく今は元気に過ごしています。 ただ、2回接種の2回目については「同じことになる可能性が高い」ということで見送ることにしました。 今後の接種はどうする? 一件落着したころ、予防接種を行った病院へ報告に行きました。 この先生に非があるわけではないと思うのですが、「いや大変だったんですよ」としみじみ語りました。 すると先生は 「まあ、予防接種しなくても、かかった時点で薬を飲めばいいだけですから、 今後は(永久に)受けなくていいんじゃないですか」 と大らかな発言。 何か、これを聞くと、ムスコー以外も予防接種しなくていいんじゃないかと思えてきてしまいますね。 ということで、ムスコーに関してはこれ以降、インフルエンザの予防接種をしていません。

次の