池田泉州銀行 ネットバンキング。 法人のお客さまへ l 池田泉州銀行

池田泉州TT証券ダイレクト l 池田泉州TT証券

池田泉州銀行 ネットバンキング

お客さまの資金ニーズにお応えするため、さまざまな融資制度をご用意しております。 人材採用・定着をサポートするためのサービスです。 海外進出や貿易取引などをサポートします。 地元経済活性化の貢献に取組んでいます。 経営や事業に関する情報の提供からご相談までお客さまの様々なご要望に幅広く対応します。 〈創業サポート〉• 手形に代わる新たな決済手段として、電子債権(でんさい)のメリットや取引の仕組みをご覧いただけます。 インターネットまたは電話回線で接続し、各種銀行取引を簡単にご利用いただけます。 ビジネス関連情報・サービスを提供しております。 様々な相談会・セミナーを開催しております。

次の

ダイレクトバンキング|池田泉州銀行

池田泉州銀行 ネットバンキング

池田泉州ホールディングス [ ]• 池田泉州銀行 [ ]• 池田銀行と泉州銀行が、にやれと言われて合併した結果できた銀行。 池田銀行と泉州銀行のそれぞれのネット支店が未だに残ってる。 統合する気はない模様。 ダイレクト(ネットバンキング)を申し込んだりすると、他とは違い毎度関係書類が2通来る。 一通は、もう一通はからでそれぞれ旧池田と旧泉州の事務処理センターと思われる。 一々めんどいからマジで統合しろや。 池田は独立系、泉州は三和の子分。 すったもんだの挙句、池田側の強い意向で、合併後MUFGを離脱。 ちょっと経営が傾きかけた池田に増資してまで、合併させたUFJはメリット無し。 おかげで泉州銀行と三和銀行の時代からの相互無料入出金サービスが終わった。 2014年春からがUFJでの無料出金を始めたことを考えると、泉州人は紀陽に乗り換えるほうが得になったように思う。 しかし、実は、この池田泉州HDの独立で、数年後に結果的にはMUFGは得をすることになる。 得した理由は以下のとおり。 この国際的な新規制のおかげで、地銀を子会社に抱えるのがただのお荷物どころか、国際規制を満たすのには、むしろ邪魔な足枷になるという時代になった。 池田泉州HDの収益悪化。 京都銀行や紀陽銀行等、近隣他府県の銀行の攻勢に負け、さらに、元々販管費と行員の気位が高めなせいで、経費削減が進まず、最終的に本業で赤字計上するまでに至った。 池田銀行の方が主導権を握っているみたい。 泉州系(元三和行員)の重役と三菱東京銀行から下ってきた重役などで三つ巴の内部抗争があるという噂。 この辺、池田系と泉州系の抗争のみならず、三和系と三菱系の人間の代理戦争の様相を呈してもいて傍目には面白い。 とやたら仲がいい。 池田の時代の付き合いなので結構長い。 でも阪急自体は昔から三和みどり会。 定期預金商品の一つに「すみれの花定期預金」というのがある。 名前からなんとなく想像がつくが100万以上預入すると抽選での観劇招待があるという。 そういや、イメージガールも永らくタカラジェンヌがやっている。 それも毎度娘役のトップスターが固定。 一方、泉州銀行の流れもあり南海とも仲がいい。 ちょくちょく共同でイベントやっとる。 ここの発行するクレジットカードに阪急か南海のPiTaPaを搭載できるのもその影響か。 阪急阪神と南海の駅構内のATM、Patsatの幹事行。 確か、日本初の電鉄会社と銀行の共同設置によるステーションATMだったはず。 でもウィキペディア大先生は、それより3年以上後にできた横銀のが元祖だと主張している。 関西2府4県の地図を社章にしている。 しかし、滋賀と奈良には店舗もATMもない。 京都と和歌山も市内に1店舗だけで、地名で言えば瑞祥地名と同レベルのことをやっている。 本店の場所が。 池田泉州銀行なのに池田でも泉州でもない。 本店ビルがめちゃくちゃ小さい、というか細長い。 ネット上の画像では分からんだろうが、今にものビルが後ろから襲いかかってきそうな感じさえする。 コンビニATMでの入金が無料である。 関西の銀行ではここだけだったりする。 の中に出張所を置いていることが多い。 イズミヤ今福店に至っては同じ建物内に支店まで構えている始末。 特に池田銀行なんかそうだったが、ほとんどリテールしかやってない印象。 法人営業をやる気は端からなさそう。 そういや行員も見るからにボンボンお嬢ちゃんだらけ。 そりゃ中小企業向け法人営業みたいな泥臭い仕事できはるわけないわな。 泉州銀行も大概弱かった。 そりゃ親会社(三和銀行)の意向とかもありましたもんなあ。 おかげで、お膝元の泉州地方でさえも紀陽銀行に法人客は取られる一方だったとか。 パーソルグループのパーソルキャリアと提携して職業紹介事業を始めるらしい。 池田泉州TT証券 [ ]• 池田泉州銀行とが組んでできた証券会社。 神戸支店は、元々東海東京証券神戸支店だったものを顧客ごとそっくりそのまま移しただけ。 自然総研 [ ]• 名前が極めて胡散臭いが、一応、地銀系シンクタンクらしい。 やっていることは、中小企業とジジババ向けのセミナー。 本社は池田市城南。 旧・池田銀行本店(現・池田泉州銀行池田営業部)の中にある。

次の

【池田泉州銀行の口座解約】方法と必要な持ち物、手数料について

池田泉州銀行 ネットバンキング

池田泉州銀行の本支店なら、どこの店舗でも解約手続きできる• 取引店(口座開設店)でなくでも解約可能• ただし、混雑状況によっては待ち時間が生じる 池田泉州銀行の口座を解約する際は、 最寄りの店舗に行く必要があります。 ネット(ネットバンキング)や電話で、池田泉州銀行の口座を解約することはできません。 ちょっと面倒ですが、池田泉州銀行の窓口に行き、解約手続きを行いましょう。 ちなみに… 取引店(口座開設店)でなくても、解約手続きはできます。 なので、事情によって取引店に行けない時は、最寄りの池田泉州銀行に行けばOK。 ただし! 口座を解約するにあたり、必要な持ち物があります。 持ち物に不備があると、解約手続きを受け付けてくれません。 通帳や届出印をなくした(手元にない)場合も、解約手続きはできる• ただし、解約手続きと同時に「喪失届」の提出が必要• 本人確認資料を忘れず持参すること 通帳や届出印がない場合は、解約手続きの前に「 喪失届」を提出しましょう。 喪失届についても、池田泉州銀行の窓口で提出できます。 なので、流れとしては…• 池田泉州銀行の窓口に行く• 喪失届を提出する• 解約手続きを進める このようになります。 念のため、事前に電話で確認しておくと安心できますね。 池田泉州銀行の窓口に行く前に、手続きを行う店舗に電話をして、 「口座を解約したいのですが、通帳(もしくは届出印)が手元にありません。 この場合、どのように手続きすればいいですか?」 と尋ねましょう。 すると、池田泉州銀行のスタッフが丁寧に案内してくれます。 その後、案内に従い必要な物を準備し、池田泉州銀行の店舗に行きましょう。 解約手続きが完了次第、その日のうちに解約となる• ただし、混雑状況によっては待ち時間が生じる• 混んでいると20分〜30分ほど待つ場合もある 池田泉州銀行の窓口で手続きが完了すれば、 即時解約となります。 数日〜1週間と時間がかかるわけではありません。 ですが… 池田泉州銀行の窓口は、曜日や時間帯によって大変混雑します。 連休明けや月末月初、給料日直後…などなど。 混雑具合によっては、20分〜30分と待ち時間が生じることも。 なので、少しでもスムーズに解約したいなら、比較的空いている時間帯を狙っていきましょう。 詳しくは下記のページで解説されているので、参考にしてください。 原則、口座名義人が解約手続きをする必要がある• ただし、事情によって窓口に行けない場合は、代理人に解約を依頼できる• 代理人に解約を依頼する場合「委任状」が必要• 委任状の準備方法については、池田泉州銀行に電話で確認 原則として、口座名義人(本人)が池田泉州銀行の窓口に行く必要があります。 ですが、家庭の事情などにより、本人が窓口に行けないこともあります。 その場合は、代理人に解約手続きを依頼できます。 ただし、代理人に解約手続きを依頼する場合は「 委任状」が必要です。 利用目的の例• 給料の振込先として利用するため• 送金のやり取りが必要なので• 諸事情により、やはり池田泉州銀行の口座が必要になったため Q:電話やネットのみで解約できないの? できません。 必ず、池田泉州銀行の店舗に足を運ぶ必要があります。 Q:池田泉州銀行が空いている曜日や時間帯はいつ? 空いている曜日は火曜日〜木曜日。 空いている時間帯は10時前後、13時30分前後。 あくまでも目安ですが、この曜日や時間帯は比較的空いています。 詳しくは下記のページでまとめられているので、参考にしてください。 まとめ• 池田泉州銀行の口座解約は「店舗窓口」で手続き• 取引店(口座開設店)以外でも解約できる• 本人確認資料・通帳・キャッシュカード・届出印などが必要• 解約手数料はかからない(無料)• 手続きが終わり次第、即時解約となる.

次の