エイラク 中国 ドラマ ネタバレ。 【瓔珞(エイラク)】あらすじとネタバレ感想 35話・36話。

瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~

エイラク 中国 ドラマ ネタバレ

【瓔珞 エイラク 】あらすじ全話 1話・2話ネタバレ感想 主人公の 瓔珞 えいらくは、宮中で殺された姉の復讐をするために新人女官として入宮しました。 姉の遺品の中から 富察傅恒 ふちゃ ふこうの持ち物を見つけた瓔珞は、彼を姉の仇だと思い込んで近づくことに。 やがて、瓔珞は富察皇后に気に入られて皇后の侍女になりました。 また、 乾隆帝 けんりゅうていから目をつけられてしまった瓔珞の行く末はいかに!? 3話・4話ネタバレ感想 ・瓔珞は、霊柏(木)を傷つけて咎められるも言い逃れる ・瓔珞は、姉の元恋人に遭遇する ・方女官が姉の形見を落とす ・皇后の弟である 富察傅恒 ふちゃふこうを姉の仇だと勘違いした瓔珞は、彼に近づき……!? 5話・6話ネタバレ感想 「男と密通している」とデマを流された瓔珞は、逆にそのデマを利用して首謀者を返り討ちにすることにします。 瓔珞の狙いどおりワナにかかった首謀者の錦繍&方女官は、他人を陥れようとした罪で追放されました。 7話・8話ネタバレ感想 こちらでは、清時代の妃の階級を図表にして載せています。 9話・10話ネタバレ感想 瓔珞は、皇后の宮で仕えることになりました。 殺されかけている愉貴人を目にした瓔珞は、彼女を救って助けを求めます。 直後に現れた高貴妃に、愉貴人を襲った犯人に仕立て上げられてしまった瓔珞。 果たしてどのようにしてピンチを切り抜けるのか!? 11話・12話ネタバレ感想 嘉嬪と高貴妃は、犬を使って愉貴人のお腹の子を害そうとします。 居合わせた瓔珞は犬を追い払い、後日2人に報復することにするのです。 一方の乾隆帝は、超貴重なライチの植木を皇后に贈りました。 瓔珞はライチの管理を任されますが、何者かにライチの植木を荒らされてしまい……!? 13話・14話ネタバレ感想 瓔珞にやりこめられた嘉嬪は、瓔珞をハメるための新たな策を思いつきました。 高貴妃の後ろ盾を欲している怡親王を利用して、瓔珞を陥れようと考えたのです。 一方で嫻妃は、父親がワイロを渡した罪で牢獄されたことを知り……!? 15話・16話ネタバレ感想 傅恒は、瓔珞の姉を殺したのは自分ではないと潔白を訴え、疑うのなら殺せと短剣を渡しました。 そう言われた瓔珞は、つい軽く刺してしまったものの、すぐに逃亡。 その後、皇后から頼まれた瓔珞は、傅恒に薬をもっていき謝罪します。 すると、謝罪よりも行動で示してほしいと看病を要求され……!? 17話・18話ネタバレ感想 皇后の不在中に愉貴人が出産を終えますが、生まれた皇子はなんと金瞳でした。 それを見た高貴妃は、不吉な存在だから しきたりに従って処分すると言い出します。 19話・20話ネタバレ感想 疥癬 かいせんという感染症にかかった乾隆帝。 感染を防ぐために妃たちの面会は禁じられ、養心殿で陛下に使える者たちも皆ほかの場所にうつされました。 そんな中、皇后は感染をおそれず看病を申し出て、瓔珞も付き添うことになり……!? 21話・22話ネタバレ感想 乾隆帝の誕生日を祝う宴の最中。 皇太后に贈るための仏舎利(石)が舒貴人に盗まれてしまいました。 宴が終わるまでに取り戻したいと考えた瓔珞は、斬新な方法で取り戻すことに成功するのです! 23話・24話ネタバレ感想 瓔珞の姉・阿満を襲った犯人は、乾隆帝の弟(弘昼)でした。 弘昼は乾隆帝から寵愛されているため、よほどのことがない限り罰を受けることはありません。 犯人を知り復讐に燃える瓔珞。 そんな彼女を見て、傅恒は心配でたまらず……!? 25話・26話ネタバレ感想 傅恒は、皇后に「瓔珞を娶りたい」と申し出ました。 それを聞いていた爾晴は、2人の邪魔をしようと画策!? 一方で、傅恒の想い人が瓔珞だと知った乾隆帝は激怒するのです。 27話・28話ネタバレ感想 弘昼の母親である裕太妃を亡き者にした瓔珞は、辛者庫で労役することになりました。 そこにいたのは、袁春望と錦繍でした。 袁春望・・・太監たちからイジめられていた男性。 錦繍・・・繍坊で瓔珞をハメようとしていた女性。 29話・30話ネタバレ感想 瓔珞が辛者庫で労役して半月がたちました。 乾隆帝は「仕事を増やして瓔珞を泣かせろ」と太監に指示。 一方の瓔珞は、袁春望を助けたことがキッカケで彼と仲良くなり……!? 31話・32話ネタバレ感想 こちらの記事では、高貴妃役のタン・ジュオのプロフィール情報もまとめています! 33話・34話ネタバレ感想 こちらの記事では、袁春望役のキャスト情報もまとめています! 35話・36話ネタバレ感想 失恋で傷心した純妃は、将来の地位を盤石にするために陛下に取り入ることにします。 一方で、富察傅恒と爾晴の婚礼の日が近づいてきて……!? 37話・38話ネタバレ感想 こちらの記事では、青蓮 せいれん 役のキャスト情報もまとめています! 39話・40話ネタバレ感想 こちらの記事では、富察皇后を演じるチン・ランのキャスト情報もまとめています! 41話・42話ネタバレ感想 袁春望と瓔珞は、ここ数年の間 円明園で気ままに暮らしていました。 そんなある時、乾隆帝や妃嬪、そして皇太后が万寿節のために円明園にやってきます。 名玉と再会した瓔珞は、名玉が純貴妃に虐待されていることを知り……!? 43話・44話ネタバレ感想 乾隆帝の妃嬪になった瓔珞は、恋の駆け引きを弄して乾隆帝のこころを奪っていきます。 一方の乾隆帝も、駆け引きだと見抜きながらも瓔珞を寵愛するのです。 そんな中、金川の反乱鎮圧に成功した傅恒が帰京し……!? 45話・46話ネタバレ感想 傅恒が帰京したことで、宮中では 傅恒と瓔珞の不義の噂が広まります。 瓔珞に寵愛を独占されて面白くない純貴妃と嘉嬪は、2人の不義を陛下の前で匂わせ……!? 47話・48話ネタバレ感想 傅恒との密通容疑は晴れたものの、いまだに瓔珞は冷遇されたままでした。 それを知った傅恒は、命がけの訴えを陛下にするのです。 「陛下が瓔珞を冷遇するのは嫉妬で己を見失っているからでは?」と……。 49話・50話ネタバレ感想 反乱鎮圧に人を向かわせたい乾隆帝でしたが、名乗り出たのが傅恒だけだったことにイラだちます。 それと同時に乾隆帝は、いつもいつも命知らずな傅恒が心配でたまらない様子。 そんな乾隆帝に、瓔珞は「傅恒殿にとって戦で死ぬことは、国に身を捧げること同じなはず」と助言するのです。 51話・52話ネタバレ感想 皇后の父・那爾布は、無実の罪を着せられたまま死亡しました。 皇太后が殺した犯人だと見抜いた皇后は、それを乾隆帝に訴えるものの相手にされませんでした。 一方で純貴妃と愉妃は、瓔珞を罠にはめようとしており……!? そんなある時、瓔珞が避妊薬を服用していたことが判明してしまい……!? 該当記事が完成し次第、追記します。 瓔珞とは1番仲が良い。 玲瓏 陈偌汐 瓔珞と同期。 錦繍 きんしゅう 高雨儿 瓔珞と同期。 瓔珞に反感を抱いている。 方女官 殷旭 瓔珞の姉と関りあり!? 登場人物 キャスト名 役柄 海蘭察 ハイランチャ 王冠逸 (ローレンス・ウォン) 傅恒の友人。 袁春望 えんしゅんぼう 王茂蕾 辛者庫の太監 葉天士 易勇 町医者.

次の

🔥瓔珞(エイラク)|31話・32話・33話のあらすじ・ネタバレ感想|初期悪役敗退

エイラク 中国 ドラマ ネタバレ

延禧宮 眠る瓔珞を看病する皇上。 自分も疲れてるだろうに 朝 関係者は誰も罪を認めない。 だろうね 軽い罰で済ますっていう皇上に驚くハンランチャ。 考えあるんだろうな 鐘粹宮 入り口 怪しい太監が入っていくのを見るハイランチャ。 鐘粹宮 突然来る皇上。 皇上「嬉しそうだな」 って皮肉、対純貴妃では初めて見る態度 瓔珞を心配する振りの純貴妃。 皇上鋭い目つき。 まるっとお見通しだ! 策士策に溺れるって言われて純貴妃「お疑いで?」だって。 いや、確信してるから 瓔珞が寵愛独り占めしてるって責め出したよ、自分はしなかったって。 だから何? 潔白だって天に誓う純貴妃。 雷フラグかw 皇上あごクイで警告、失望させるなって。 ブーメランやん 皇上去って愉妃来る。 どうしてくれるのよ!な純貴妃、自分は無関係、ヤバいのはそっちの皇子だって。 尻尾切りか 愉妃のこと買いかぶってたなー、がっかり。 延禧宮 愉妃来る、躊躇してたけど。 なんの用だ 警戒する明玉。 かわいい 瓔珞の恩は忘れていない愉妃、でも後ろ盾がないから仕方ないって。 そうか? 第七皇子を殺したのも前の皇后様を死なせたのも純貴妃!って瓔珞。 知りたくもない、子を守りたいだけって言う愉妃に、犬でも恩は忘れないって明玉。 家畜…まあまあキツい いろいろ理由挙げて水に流すように言う愉貴妃。 弱いことも罪だ 子がいるから1人で罪を被れないのはわかる、けど 雨降って地固まるってなんだよ 皇后様の死も馬の事故も追求するな、第五皇子のために、だって。 知らんし ここで手を引けば純貴妃はもう誰も狙わないのか?って瓔珞。 それ期待できるん? 自分が制止するって即答。 いや、できんやろ 考えてみるって瓔珞、怒る明玉。 主2人を害したもんね 子のためなら何でもする、子ができれば瓔珞もわかるって愉妃。 子のためなら何しても許されるのか?好きじゃない発想 悩んでる風の瓔珞。 どうする? 愉妃の部屋 第五皇子と過ごす愉妃。 か、かわいい…この子ためならわかる、豹変? 人の道説いてる皇子。 賢いのがまたかわいい、この子イケメンになる、 っていうかすでにそう 皇子の髪を整える愉妃、 死ぬ気なの? 泣いてる。 人に会わせるって。 誰に? 承乾宮 父親の膝当てを縫う皇后、思い出を語ってる。 家族運悪いんだよね 父親が来たけど時間外って断る皇后。 今度会うときに…って言ってる。 こっちも死ぬのか 拝礼する皇后父。 や っぱり死ぬな 養心殿 入ろうとするハイランチャを邪魔する和親王、皇后父の書類をもみ消したいよう。 皇后父は救済米に手を出したらしい。 ふーん 和親王が庇うけど、皇上投獄を指示。 身内に甘いとなめられるしね やって来る皇后、勝手に入る。 政に口出しか 嘆願する皇后、父に罪ない。 って本人覚悟してたけど? 必死に潔白を説く姿に気の毒になる皇上、再調査決める。 結果は変わらない気がする 外に出た皇后に、疑い晴らすって和親王。 最悪タッグか 皇太后の居所 呼ばれて来た皇上 用件は皇后父のこと。 皇上は無実って分かってたから、皇后の口出しを不問に。 そーだったのか 皇太后は皇后父の無能さに怒り、笑顔で殺せって。 やっぱり甄嬛だ 関わった者が多いし、皇族も関わってる事案、先帝の苦労を引き合いに説明する皇太后。 無能も罪だな 皇后の父だからこそ殺すって。 確かに、それでこそ賢帝 軽率には決めないって帰る皇上。 気が重い 養心殿 また来た皇后、会うまで待つって跪く。 やめたげてー太監困るー これ助けないんだろな、それで皇后がラスボス第2形態くらいに進化するんだ ハイランチャも皇太后の考えに1票。 ほう 皇上もう寝たって言われてもずっと跪く皇后。 たった一人残った家族だから気の毒といえばそう 皇上も寝てなんかいない、苦悩の夜。 ちょこっとまとめ 前回、皇上が馬事件の犯人を裁く決意してるって思ったけど、違ったみたい。 諸事情考慮しての「警告止まり」なのかな。 逆に皇后父のことは、無実と知ってても殺さないといけない。 まあ、事態の収拾を誤って被害を出した無能さも罪だし。 皇帝にはなりたくないな、大変だもん、頼まれとらんけども。 失うものと得るものを天秤にかけて冷酷な決断を迫る皇太后、それもニコニコしながら、我等が甄嬛がそこにいたよ。 愉妃死ぬつもりかな、あのかわいい子を託す相手だけは間違えないで欲しい。

次の

[中国ドラマ]《延禧功略》『璎珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃』あらすじ、見どころ、名言など。魏璎珞の男を虜にする裏技とは?※ネタバレあり

エイラク 中国 ドラマ ネタバレ

《延禧功略》『璎珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃』の見どころ 美人な后たちがたくさん出て目の保養になるわけですが、特に私がズキュンときたのが、乾隆帝の正室、富察皇后!! 演じるのは秦岚さん。 美しすぎて、主人公の魏璎珞よりも皇后のファンになってしまって、彼女に感情移入しちゃって、後半は特につらかった…!! そして 美しすぎる。 私もこうやって「いい子だから頑張ってきなさい」って言われたら頑張れる。 洛神裙を着た 、可愛い。 もしあなたが歩み道で あなたを阻むものが現れて どうにも前に進めなくなったら 目標を達成することだけにとらわれるのではなく ちょっと冷静になって 精神を集中させるの。 もしかしたら 希望が見えてくるかもしれない。 」 (ちょっと日本語にするとニュアンスが伝わらない~名言な感じが伝わらない~) とにかくかっかして先を急ぐのではなくて、冷静になって集中しなさい、ということ。 70話で、娴妃は、魏璎珞に、どうやって皇帝を夢中にさせたのか、と聞きます。 魏璎珞の答えは… 你以往情深可为什么要告诉他呢 先说出口的人 就已经输了 「あなたはずっと皇帝のことを深く愛しているけれど、なぜそれを彼に伝えるの? 先に気持ちを口にしたら 負けなの。 」 その2:男に時間(と金)を使わせる! 70話の最後に魏璎珞が皇帝に言うセリフ 皇上在臣妾上浪费了太多时间 不愿一无所获 才会越陷越深 「皇帝は私にたくさんの時間を使った。 なのに何も得るものがないなんて耐えられないはず。 だから、どんどん深みにハマるのよ。 」 こ、これは!!キャバ嬢さんたちがよく使う手では!!! お金と時間を使わせて、見返りがあるように思わせて、さらにどんどん貢がせて、どツボにハマる、ってやつ! 魏璎珞、男性経験ほぼゼロで嫁いでるのになんでこんなテクもってるの!!と感動しました(笑) 乾隆帝の后宫(史実) 《延禧攻略》『璎珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃』に出てきた后たち、史実でも存在していました。 ()のモデル。 おまけ:同じ時期に同じ時代のドラマ《如懿传》が放送開始 同じ時代のドラマ、《如懿传》が2018年8月20日から始まりました。 《如懿传》はの後編、という位置づけ。 《延禧攻略》と同じ人物が出てくるのですが、描かれ方が全然違い、《延禧攻略》で大人気だった皇后は、《如懿传》は悪女に描かれています。 そして《延禧攻略》で悪女に描かれていた娴妃が《如懿传》ではヒロインです。 《延禧攻略》がまだ終わっていない時に《如懿传》を見始めてしまって、頭がごっちゃごちゃになったので、ひとつ見終わってからもうひとつ見始めることをおすすめします! 《》で悪女として描かれてた娴妃が《》ではヒロインで、《延禧攻略》では魏璎珞が住んでた延禧宫に《如懿传》で娴妃が住むことになって、《延禧攻略》娴妃お母さん役の女優さんは《如懿传》皇后のお母さん役演じてて、もう頭の中ぐっちゃぐちゃ。 さらに、中国は移り変わりが激しいです。 現在は異なる可能性がございますのでご了承ください。

次の