アメリカ に 負け なかっ た 男。 【ドラマの感想】『アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~』の感想を500文字以上で教えて下さい。のお仕事

【アメリカに負けなかった男】のキャストとあらすじ|NHK版との比較

アメリカ に 負け なかっ た 男

テレビ東京開局55周年特別企画 スペシャルドラマ アメリカに負けなかった男 〜バカヤロー総理 吉田茂〜 ジャンル 原案 『父 吉田茂』 脚本 竹内健造 監督 出演者 (特別出演) 音楽 国・地域 言語 製作 チーフ・ プロデューサー 中川順平 プロデューサー 倉地雄大 椋樹弘尚 佐藤雅彦 制作 (協力) 製作 放送 放送チャンネル テレビ東京 映像形式 音声形式 放送国・地域 放送期間 放送時間 月曜 21:00 -23:24 放送分 144分 回数 1回 番組年表 関連番組 『 アメリカに負けなかった男〜バカヤロー総理 吉田茂〜』(アメリカにまけなかったおとこ バカヤローそうり よしだしげる)は、開局55周年特別企画スペシャルドラマとして、の月曜 21時 - 23時24分に放送された。 主演は。 原案は吉田の娘であるが著した『父 吉田茂』。 概説 [ ] 吉田茂が日本の復興や独立に向けて尽力していくさまを娘である和子の視線で描いていく物語。 写真を見せられた笑福亭鶴瓶は吉田茂の写真であると思ったそうだが、カメラマンからこの写真に映っているのが鶴瓶自身だと言われて驚いたといい、身内の方からも「吉田茂が舞い降りてきたんじゃないか」と驚かれたという。 さらに吉田の右腕として活躍した白洲を演じる生田は「白洲が吉田に平和条約の受諾演説を渡して、吉田がそれを読み上げる場面を撮った時の鶴瓶さんの演技が凄いと思った。 これまで俳優の仕事をしてきた中で第三者の演技を見て、ここまで心が震えたことなんてないと思えるくらいに感動した」といい、「これはきっと生涯忘れることはありません」と語った。 キャスト [ ]• - (特別出演)• (幼少期) - 亮汰• - ロバート・A• - ドン・ジョンソン• - アナトリ・クラスノフ• 大塚 -• 坂本喜代(こりん) -• 、、、、、 ほか スタッフ [ ]• 原案 - 麻生和子 『父 吉田茂』(刊)• 監督 -• 脚本 - 竹内健造、、• 音楽 -• 時代考証協力 -• 助監督 -• ロケ協力 - 映像のまち推進課、栃木県フィルムコミッション、、もおかフィルムコミッション、蓮岱館、、 ほか• 技術協力 -• VFX -• 美術協力 - リマーテクリエイティブ 新都総合芸術)、• チーフプロデューサー - 中川順平(テレビ東京)• プロデューサー - 倉地雄大(テレビ東京)、椋樹弘尚(角川大映スタジオ)、佐藤雅彦(角川大映スタジオ)• 制作協力 -• 製作著作 - 書誌情報 [ ]• 麻生和子(著)『父 吉田茂』、、 再放送 [ ] 2020年には、同局の『』枠(ただし19:54 - 22:18に枠拡大)で再放送された。 その他 [ ]• 鶴瓶は前日の2月23日に放送された、司会の昭和ドキュメンタリー『』にも、本作の宣伝を兼ねて出演した。 脚注 [ ] []• 株式会社blueprint. 2019年12月9日. 2019年12月9日閲覧。 CINRA. NET. 2019年11月25日. 2019年12月9日閲覧。 Real Sound 株式会社blueprint. 2019年11月25日. 2019年12月9日閲覧。 Real Sound 株式会社blueprint. 2020年1月20日. 2020年2月3日閲覧。 MANTAN. 2020年2月3日. 2020年2月3日閲覧。 『 関東版』2020年12号、、 46頁。 外部リンク [ ]•

次の

SPドラマ『アメリカに負けなかった男』に矢本悠馬、前野朋哉、安田顕、勝地涼、佐々木蔵之介|Real Sound|リアルサウンド 映画部

アメリカ に 負け なかっ た 男

時を同じくして、世界各国を飛び回っていた白洲次郎(生田斗真)も、世界情勢の機微を敏感に感じとっていた。 白洲と親交の深い吉田は、娘・和子(新木優子)らが見守る中、戦争回避に向けて動くが、その甲斐も虚しく、日本は第二次世界大戦に踏み切った。 1945年、終戦。 総司令部GHQと向き合う外務大臣のなり手が誰も見つからない中、先の大戦に猛反対し投獄された過去を持つ吉田に、白羽の矢が立つ。 かくして吉田は、外務大臣として、のちに総理大臣として、日本の独立と復興を担うことになる……。 吉田は白洲を参謀に据え、最高司令官マッカーサーらと必死の交渉をする。 過度な内政干渉など、幾度も緊迫した事態に陥るが、和子や麻生太賀吉(矢本悠馬)、のちに総理大臣となる「吉田学校」の池田勇人(佐々木蔵之介)、佐藤栄作(安田顕)、田中角栄(前野朋哉)、宮澤喜一(勝地涼)らの助け、内縁の妻こりん(松嶋菜々子)の献身的な支えを受け、日本の独立に向け尽力していく。 落語家、テレビの司会だけでなく演技もこなすマルチタレントな鶴瓶さん。 そんな鶴瓶さんといえば、テレビ東京に長らく出禁だったという逸話がありますが、今回はなんと主役に抜擢されました! 主役を演じたのは2019年の映画『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』以来となります。 登場人物:吉田茂(よしだ しげる)• 第45代、第48~51代内閣総理大臣• 外交官時代に戦争反対派だったため戦時中に投獄される• サンフランシスコ平和条約を締結• 国会での「バカヤロー」発言で内閣を解散し総辞職• 第92代内閣総理大臣の麻生太郎は孫にあたる 笑福亭鶴瓶さんのコメント Q.吉田茂を演じてみていかがでしたか。 「吉田茂をやる」と決まった時から声がガラガラ声になってきました(笑)。 カメラマンが見せてきた写真を見て「吉田茂は確かにこんな感じやね」と話してたら、「これ鶴瓶さんですよ」って言われて、自分でも(あまりにそっくりで)「えーーー!」ってなって。 ヨメさんにも吉田茂さんが降りてきたんじゃないかって言われました。 (自分自身も)演じれば演じるほど吉田茂を理解していきました。 吉田茂は年を取ると権力にしがみつくようになっていくんですけど、それによって晩年を汚すという部分が、人間味があって更に面白いなと。 人間の業を思わせてくれるのがとても良いですね。 Q.撮影で苦労された点はありますか? 台本を頂いた時はどうしようかなと思って。 英語は丸覚えでどうにかなったんですけど、大変だったのは標準語。 全部覚えてきてんねんけど、一カ所違うといわれたら、どうすればいいのかわからなくなってしもうたりして。 だから(生田)斗真がおってほんまによかったですよ。 監督も秋田の人ですからね、何か直されても不本意なんですけど、斗真に言ってもらったら聞けるんです(笑)。 あと収録で大変だったのは眼鏡。 鼻眼鏡だから喋ってる時に落ちそうになるんですよ。 こんなに鼻先に気を使って、アシカの気持ちがわかりました(笑)。 Q.豪華キャストの皆様との共演はいかがでしたか? 今作品は共演者も凄く豪華で、ゴールデンで主役やるような方々に囲まれて、キャスティングも頑張ってもらったなと思います。 ただ今回は政治の話も出てきますし、長いセリフが多かった。 更にイントネーションと何重苦でしたし、周りに迷惑を掛けないように頑張りました。 すごく印象に残っているのは、講和条約を締結して演説の下読みをするシーン。 本当に「日本は独立するんだ」って気持ちになって声を出して泣きました。 しかもこのシーンでは斗真も涙目だったんです。 「あ、泣いてるな」って思いながら読み始めたら、こちらも号泣したっていう。 普段泣かないので演技で泣くのも珍しいんですが、その中で自然と涙が出てしまうというのは自分でも不思議でした。 Q.ドラマのみどころなど、視聴者の方々へメッセージをお願いします。 『A-Studio』(TBS)では人の人生を掘り起こすんですけど、今度は人の人生を自分が演じるっていう…そして演じてみると、その人の人生がすごく面白いんですよね。 今回は吉田茂の側近という役を演じます。 2019年には『俺の話は長い』(日本テレビ)で主役を演じ、『いだてん〜東京オリムピック噺〜』(NHK)などに出演していたのが記憶に新しいです。 テレビ東京のドラマに出演するのは、今回が初めてとなります。 公私仲がいいという鶴瓶さんとのドラマでの共演も初となります。 2人のやり取りがどんなものなのかに注目です! 登場人物:白洲次郎(しらす じろう)• 吉田茂の側近• イギリス留学をしていたため英語が堪能• 貿易庁長官に就任• 後の経済産業省となる通商産業省を設立• 鶴瓶さんが吉田茂をやられるという部分で、非常に心惹かれました。 バラエティー番組とかプライベートのお付き合いとかで何度もご一緒しているんですけど、役者・笑福亭鶴瓶に会ってみたいなと思って、作品に参加させて頂きました。 やっぱり今の日本という国にとって、吉田茂と白洲次郎という人は欠かせない日本のヒーローだと思っているので、そんな大役を務めるっていうのは身が引き締まる思いだなと思って毎日撮影していました。 Q.白洲次郎を演じてみていかがでしたか。 皆さんそれぞれに白洲次郎像がおありにあると思うんですけど、自分なりの日本を愛する気持ちと、何よりも吉田茂という男に惹かれた、歳は離れているんですけど友情に近いような関係性っていうのを、僕と鶴瓶さんの中で出せていければなと。 特に晩年、吉田茂にものを言える人はそんなに多くなかった。 でも白洲さんは物怖じせずにきちんと意見を言っていた方だと思うので、その辺の吉田茂との距離感を出せればいいなとは思って。 特に何をという訳ではないんですけど、変に気を遣うことのない友情関係っていうものが表現できたらなと思って演じました。 Q.生田さんが考える白洲次郎の人物像とは? 男としてあこがれる存在のひとりだと思うんですよね。 外見もすごくかっこいい人だったと思うし、自分の信念を貫き通すっていう部分もそうだし、周りの人間たちが長いものに巻かれていく中で、きちんと「それは違うんだ」「NOだ」ということを叫び続けた人だと思うし、憧れを持ちますね。 Q.鶴瓶さんが演じる吉田茂はいかがでしたか? 平和条約の受諾演説を白洲が手渡して、それを吉田が読み上げるっていうシーンを撮ったんですけど、すごかったですね。 人のお芝居を見てここまで心震えたことがあっただろうかっていうくらい、感動して衝撃でした。 吉田茂と重なる部分があったし、鶴瓶さんの芝居を見て、撮影現場なんで、どの部署も静かにしてなきゃいけない場面なんですけど、みんなが必死に嗚咽を堪えながら、それぞれの仕事をしているという。 瞬間に空気が変わる感じを目の当たりにして、これはちょっと生涯忘れないだろうなというシーンでした。 そのシーンを一緒にやれただけで、この作品に参加できてよかったなと思いました。 Q.ドラマのみどころなど、視聴者の方々へメッセージをお願いします。 日本が、黒船が来航してペリーが来航して、そこから鎖国していた国が開国をして、100年もたたずに日本は戦争という戦乱の渦に巻き込まれていって潰れてしまう…そのもう一つの変わり目が、この時代だったと思うんです。 今回は、戦後、日本が独立をしてもう一度立ち上がって、平和な国としてまた100年続けられるのか、継続する国になれるかということが作品のテーマとしてあるんですけど、世界の情勢とか国内の問題とかある中で、もう一度平和とか、日本という国のことを考える大きなきっかけになると思うし、見て下さった方々に大きなメッセージとして届いてくれたらいいなと思います。 今回は鶴瓶さんと父娘役で共演し、矢本さんとは夫婦役で共演します。 テレビ東京のドラマは『100万円の女たち』 2017年 以来3年ぶり。 鶴瓶さんとのドラマでの共演は初となります。 どんな父娘を見せてくれるのか楽しみです。 登場人物:麻生和子(あそう かずこ)• 吉田茂の三女• 元総理・麻生太郎の母親• 2019年はドラマ出演がありませんでしたが、2020年は既にWOWOWで放映していた『頭取 野崎修平』にも出演しています。 松嶋さんがテレビ東京のドラマに出演するのは今回が初です。 鶴瓶さんとは以前TBSで放送されたスペシャルドラマ『レッドクロス~女たちの赤紙~』以来の5年ぶりの共演となります。 登場人物:坂本喜代・こりん(さかもと きよ)• 元・新橋の芸者• 吉田茂の後妻になり後年を支える• 麻生太賀吉…矢本悠馬 和子の夫。 実業家だったが吉田に請われて政治家に• 田中角栄…前野朋哉 吉田に目をかけられ法務政務次官になる。 後の第64・65代内閣総理大臣• 佐藤栄作…安田顕(特別出演) 鉄道省官僚。 第61・62・63代内閣総理大臣• 宮澤喜一…勝地涼 池田勇人の秘書官。 後の第78代内閣総理大臣• 池田勇人…佐々木蔵之介 大蔵大臣。 後の第58・59・60代内閣総理大臣 【アメリカに負けなかった男】とNHKドラマとのキャスト比較 同じ時代を題材にしたドラマで、過去にNHKで【負けて、勝つ〜戦後を創った男・吉田茂〜】という連続ドラマがありました。 こちらのドラマも非常に見ごたえのあるドラマです。 そこで今回放送される【アメリカに負けなかった男】とキャストの比較をしてみました。 テレビ東京でキャストが発表されている人物のみ比較しています。 追加があり次第、更新していきます。 登場人物 テレビ東京版 NHK版 吉田茂 笑福亭鶴瓶 渡辺謙 白洲次郎 生田斗真 谷原章介 麻生和子 新木優子 鈴木杏 麻生太賀吉 矢本悠馬 望月章男 田中角栄 前野朋哉 橋本一郎 佐藤栄作 安田顕 高橋和也 宮澤喜一 勝地涼 尾上寛之 池田勇人 佐々木蔵之介 小市慢太郎 こりん(坂本喜代) 松嶋菜々子 松雪泰子 NHK版が戦前から戦中・戦後を通して連続ドラマで放送した作品なため、戦中の人物に結構よいキャストを配役しています。 なので、吉田学校出身者のキャストだけを比較すると、テレ東のほうが豪華に見えます。 また、NHK版は吉田茂の視点から書いているのに対し、テレ東版は原案が娘の麻生和子さんの『父 吉田茂』を原案としています。 視点が和子さん目線のものも多そうなので、そこら辺の違いも楽しみです。 白洲次郎役を誰がやるのかが、このテーマのドラマの見どころの一つです。 実在の白洲氏も非常にオシャレで格好いい人物でした。 だから絶対イケメン俳優が配役されます。 NHKドラマスペシャル【白洲次郎】では伊勢谷友介さんが演じていました。 【アメリカに負けなかった男】の原作 原案は麻生和子さんの『父 吉田茂』です。 娘の和子さんから見た、父・吉田茂の姿を記した本です。 総理大臣の吉田茂というイメージとは違う、父親としての吉田茂について客観的に書かれた面白い本です。 文末には麻生元総理のあとがきも収録されています。 リンク NHK版はどこで見れる? NHK版の【負けて、勝つ〜戦後を創った男・吉田茂〜】は、2020年2月現在NHKオンデマンドで配信中です。 同じくNHKドラマスペシャル【白洲次郎】も配信されています。 様々な映画やドラマ、さらにNHKオンデマンドも視聴できる、で見るのがお得となっています。 は初回登録に限り、31日間無料トライアルで見れます。 2020年2月現在 NHKオンデマンドは自動更新になっているので、トライアル期間中にU-NEXTを解約したい人は必ずNHKオンデマンドの更新手続きを止めるのもお忘れなく! 【アメリカに負けなかった男】はいつ放送? 【アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~】は2月24日 月・祝日 21時からテレビ東京系列で放送予定です。 もし見逃してしまった場合、放送終了後一週間(3月2日)まではで無料配信されます。 それ以降は有料になりますが、やで配信されます。 【アメリカに負けなかった男】はこんな人にオススメ よくある政治や戦後の歴史を語るドラマではなく、娘から見た父の話となっています。 総理大臣だって一人の父親、娘からしたらどんなに偉かろうが父は父。 父親としての吉田茂像が新たに発見できると思われます。 戦後の日本の歴史に興味がある• 吉田茂という人物がどういうものか知りたい• 今までとは違う吉田茂像が見たい• 豪華キャストが出演するドラマが好き• 総理大臣の家庭ってどんなものか興味がある 逆に吉田茂という人物が、どういった人生を歩み、そしてどういうことを成し遂げて来たかを知りたい人は、NHK版の【負けて、勝つ】のほうが見応えがあります。 【アメリカに負けなかった男】の見どころ 【アメリカに負けなかった男】の見どころをいくつかピックアップしてみました。 その1:新しい吉田茂 ドラマやドキュメンタリーで何度も描かれている吉田茂ですが、今回は娘の和子さん目線で描かれています。 政治家としての面以外に、父親としてどうだったのか?その時家族はどう思ったのか?そういったことが、エピソード内に組み込まれているでしょう。 今まで一般的に知られていたイメージとはまた違った一面が見れることに期待です! その2:キャストの豪華さ スペシャルドラマなのでキャストが基本的に豪華です。 生田斗真さんを始め、佐々木蔵之介さん、安田顕さん、松嶋菜々子さんといったメンバーが登場します。 キャストが今後追加発表されるのかは分かりませんが、現時点でも十分見応えのある配役です。 その3:鶴瓶さんの吉田茂 吉田茂は東京生まれの人物なので標準語を話しますが、鶴瓶さんと言えばやはり関西弁。 コメントでも語っているように、標準語でセリフを全て喋ることに苦労したそうです。 そんな苦労をした中で、鶴瓶さんがどんな演技を見せるのか?テレビでよく見る姿とはまったく別の一面が見れるかもしれません。

次の

【アメリカに負けなかった男】のキャストとあらすじ|NHK版との比較

アメリカ に 負け なかっ た 男

」 1936年。 第二次世界大戦前の吉田茂 笑福亭鶴瓶 は駐英大使としてロンドンにいた。 やがて吉田が反対していたドイツとの防共協定を日本が締結したのを機に、吉田は駐英大使を辞す。 太平洋戦争が始まり、吉田は内縁の妻・こりん(松嶋菜々子)と共に大磯で暮らしながら、戦争を早く終わらせるべく上奏文の準備を進めていた。 だが情報が漏れ、終戦工作に関わった罪で拘留されてしまう。 戦後、マッカーサーを司令官とするGHQが、困難な占領政策を矢継ぎ早に打ち出してくる中、吉田は、外務大臣として、総理大臣として、GHQと相対し、独立に向け長い闘いをしていくことになる。 教科書で読むよりマンガで読む方が分かりやすい人間だったんで今回のアメリカに負けなかった男~バカヤロー総理吉田茂~に関しては嬉しいドラマだなと思っています。 吉田茂を笑福亭鶴瓶が演じるようで俳優として有名作品にたくさん出ている笑福亭鶴瓶の首相というのも見ものです。 人間味のある役をしているイメージが強いんで、首相という威厳ある雰囲気というのをどう出してくるのか楽しみにしています。 笑福亭鶴瓶の厳しい表情というのも注目しています。 佐々木蔵之介が演じる池田勇人が楽しみです。 佐々木蔵之介の演技は秀逸すぎるなと毎回感じています。 ドラマ知らなくていいコトでの編集長・岩谷進役での貫録があり深みのある演技はスゴいと思いました。 脇役なのに主役じゃないのかという存在感を感じるのが佐々木蔵之介です。 今回のドラマでの大蔵省の官僚役というのも重みのある魅力的な佐々木蔵之介が見れそうで楽しみです。 佐々木蔵之介に負けず劣らずのカメレオン俳優・安田顕が佐藤栄作を演じるというのも見ものです。 豪華メンバーでのドラマ・アメリカに負けなかった男を楽しみにしています。 アメリカに負けなかった男 見逃し配信楽しみな点 テレビ東京開局55周年特別企画スペシャルドラマとして2月24日月曜21時から2時間半放送される「アメリカに負けなかった男〜バカヤロー総理 吉田茂〜」。 吉田茂といえば渡辺謙さんや萩原健一さんが演じたドラマが記憶に新しいところですが、今回笑福亭鶴瓶さんが演じるとのことでむしろ前のお二人よりもイメージ通りのキャスティングであるようにも感じます。 ですので、笑福亭鶴瓶さんの演技には期待したいところです。 また、今回吉田茂の片腕である白洲次郎役を生田斗真さんが演じますね。 生田斗真さんはジャニーズ事務所で嵐になりそこなった方ですが、映画にテレビドラマにCMにバラエティ番組にと大活躍ですね。 今回の白洲次郎はかなり重要な役だと思いますので生田斗真さんの演技には注目したいです。 そして、吉田茂の娘であり麻生太郎元総理の母、そして吉田茂のファーストレディの役割もしていた麻生和子役を演じる新木優子さんも大注目だと思います。 新木優子さんはモデル活動から女優へと進出した方だと思いますが、最近はテレビドラマでの役もどんどん重要なものになっていて今回の演技は注目ですね。 ほかにも、重要な配役にはかなりの有名俳優がキャスティングされておりテレビ東京がこのドラマにかなり力を入れていることがわかります。 期待大のドラマだと思いますので、楽しみに放送を待ちたいと思います。 2月24日月曜日夜9時からテレビ東京で「アメリカに負けなかった男」という開局55周年特別企画スペシャルドラマが放送されます。 「アメリカに負けなかった男」はサブタイトルにもあるように吉田茂元総理をテーマにしたドラマで、吉田茂元首相を笑福亭鶴瓶さんが演じるようです。 これまでに吉田茂元首相を題材にしたドラマは何度も放送され様々な有名俳優が演じてきましたが笑福亭鶴瓶さんがどんな違った吉田茂像を見せてくれるのか楽しみですね。 笑福亭鶴瓶さんは落語家でありタレントさんなわけでバラエティ番組などが主戦場なのでしょうが、度々出演される映画やテレビドラマでの演技で見せてくれる迫力はすさまじいものがあると思います。 ですので、笑福亭鶴瓶さんが映画やドラマに出演している時には、出演しているシーンでは画面に釘付けにさせられるのを何度も経験しています。 ですのでむしろ、本業の有名俳優さん以上に俳優としての才能をお持ちの方なのではと感じさせられることもしばしばです。 今回の「アメリカに負けなかった男」でも、笑福亭鶴瓶さんの迫力ある演技により、既存の吉田茂イメージをひっくり返してしまうかも知れない、そんな期待感さえ抱かせる存在なのではないでしょうか? 笑福亭鶴瓶さん主演の『アメリカに負けなかった男』、絶対に見る必要がありますね。 吉田茂は、昔、長い間総理大臣を務めた人、という印象しかありませんでした。 あらすじを読んで、なかなか凄い人だということが分かりました。 日本の世界での劣情を感じながら、戦争に反対して投獄されていたとは。 なかなか既に骨のある人物だったのですね。 それがのちの総理大臣、というか、マッカーサーと対等にやり合うなんて、なかなかできた男だったのですね。 そんな人の生涯にとても興味がわきます。 娘の目線で語られるというのも面白いです。 娘ならではの視点がありそうです。 そこで気になってくるのがやはり松嶋菜々子ですね。 大物政治家の裏に絶対愛人はいると思いますが、彼女はいつから愛人だったのかというのはこの際目をつぶって。 とにかく吉田を支えた賢女であることは確かでしょう。 粋があって、頭の良いこりんは大変魅力的だったでしょう。 誰もが演じられるものではないと思います。 松嶋菜々子は適任でしょう。 彼女は女性的な魅力と賢さ、気遣いなどの演技に長けています。 見事に色々機転をきかせて吉田を助けるのでしょうね。 人間ドラマとしても楽しめそうです。 人間は歴史を知らないと今後に活かせないので、私の知らなかった歴史を知ることで、今後の一日本人としての世界でのありかたを考えるきっかけのドラマになりそうです。 アメリカに負けなかった男 視聴者感想 まとめ ジャニーズのイケメン俳優・生田斗真さんは、NHKEテレで放送されていた「天才てれびくん」のころから大好きです。 アイドルと言うよりも、俳優のイメージが強くグループとしてデビューはしませんでしたが、歌も踊りも上手でまたいつかテレビで披露している姿を見せてくれるといいなと思っています。 テレビや映画だけではなく、舞台でも活躍中の生田斗真さんは、演技派でどんな役でもこなせる俳優さんだと思っています。 映画「土竜の唄」では、大胆なシーンもあり、一皮むけたきがします。 そんな彼の作品で一番好きなのが、朝ドラ「あぐり」です。 まだまだ幼い頃の生田さんが熱演していて、可愛らしさの中にも凛としたものがあって、その頃から演技がとてもうまくて絶対に将来活躍するだろうと当時から思っていました。 彼の弟さんはフジテレビのアナウンサーとして活躍しており、兄弟そろってイケメンで羨ましいです。 ジャニーズの中でも、イケメン俳優としてずっと人気のある俳優です。 昔はJr. 時代に、TOKIOのバックとして踊っていたこともあり、実はダンスや歌もアイドル並みにこなすことができます。 それでも、どこのグループにも属さずに俳優としてドラマや映画で活躍されています。 生田斗真さんの演技力は、作品ごとにキャラクターがハマっていて魅了されます。 映画「脳男」を演じた際は、本当に恐ろしく怖い人物のように感じてしまいましたが、逆にユーモアのあるドラマ「俺の話は長い」では、屁理屈が上手で腹が立ってしまうようなキャラクターを生田斗真さんを忘れてしまうくらい同じ人物だとは思えないほど、作品に引き込まれて楽しむことができました。 また、ジャニーズ俳優でありますが、アイドルグループのジャニーズメンバーとも仲が良い方が多く、よく生田君と遊ぶご飯に行くと聞きます。 交友関係が広いのも彼の魅力だと思います。 星野源さんのラジオに出演した際には、ジャニーズらしからぬ下ネタも話してしまっても、応援したくなる可愛い一面もあります。 演技力の凄さに、彼がジャニーズグループだと言うことを忘れてしまいそうになりますが、演技だけてはなく多彩な才能を持った生田斗真さんをこれからも応援していきたいです。 生田斗真さんの魅力的なところは、どんな役柄でも演じられるその才能だと思います。 アホの子のような役柄を演じればそれもぴったりだし、反対に、ものすごくクールな役柄を演じても、またそれもぴったりだし、どんな役柄でもハマってしまうというのはすごいことだなと思いました。 だからこそ、ドラマや映画でずっと引っ張りだこなんだろうなと思います。 また、若い時からずっとカッコいいですが、30歳頃になってから、大人の男の魅力も加わって、さらに魅力的になったなと感じました。 なので、熱い刑事役やちょっと憂いのある役柄などがさらにぴったりハマるようになって、見ていると惹きこまれます。 一番ぴったりくるなと思うのは、コメディー的な役柄です。 生田斗真さんが本当にそういう人物なんじゃないかなと思ってしまうくらい演技が上手で、こんな人いるなとか、こんな人がいたら面白いなと思わされてかなり爆笑でした。 ジャニーズ所属のアイドルだということを忘れてしまうくらい、演技派な人物だと思います。 また、屈託のない笑顔もとても魅力的だなと思います。

次の