ゲーム オブ スローン ズ スタニス。 スターチャンネル9月のイチオシ「スパルタカス」、「ゲーム・オブ・スローンズ2」、「ダウントン・アビー2」他

ウェスタロス大陸&人物紹介

ゲーム オブ スローン ズ スタニス

ジャンル 原案 作曲 国・地域 言語 英語 シーズン数 8 話数 73 各話の長さ 50-82分 製作 製作総指揮 デイヴィッド・ベニオフ D・B・ワイス フランク・ドールガー () () 撮影地 撮影体制 Arri Alexa 編集 Oral Norrey Ottey Frances Parker Martin Nicholson Katie Weiland 製作 , Created By, Management 360 配給 HBO 放送 放送チャンネル HBO 映像形式 音声形式 5. 1 放送期間 2011年4月17日 2011-04-17 - 2019年5月19日 2019-5-19 『 ゲーム・オブ・スローンズ』(原題: Game of Thrones、略称GOT )は、著の小説シリーズ『 』を原作としたのテレビドラマシリーズ。 中世ヨーロッパに類似するがドラゴンや魔法が存在する架空の世界において、多くの登場人物が入り乱れる群像劇である。 、、、、、、、で撮影されている。 2011年春から放送が始まり、最終話は2019年5月19日に放送された。 日本ではにおいて2013年1月から放送され、第6シーズンからは日米同時放送された。 2016年2月18日、で配信が開始された。 2017年からはでも配信されている。 なお、各シーズンの副題は日本独自につけられている。 「」も参照 一つの季節が不規則に数年間も続く大陸と、海を隔てた東の大陸が主な舞台である。 古代には、ウェスタロスにはと呼ばれる小柄な種族が住んでいたが、ここに〈最初の人々〉と呼ばれる民族が侵入して〈森の子ら〉との戦争の後に講和し、〈〉と呼ばれる北からの超自然的脅威に備えるために、協力してと呼ばれる魔法的防壁を築いた。 〈壁〉は歴代の王によって支持され、志願者および追放された犯罪者が送られて防御されている。 にはいまだに〈最初の人々〉の影響が色濃く残り、〈〉があがめられる。 その後、アンダル人がウェスタロスを征服し、七王国を成立させた。 アンダル人の持ちこんだ〈〉は、北部とを除くウェスタロス中で信奉されている。 物語の数百年前、エッソスでは古代帝国が崩壊し、ヴァリリア人のがを使ってウェスタロスに襲来し、七王国を征服、解体してターガリエン統一王朝を開き、倒した敵の剣を溶かして作られた〈鉄の玉座〉に座ることになった。 物語の十数年前に、〈〉と呼ばれる出来事があった。 ターガリエン家の庶流であるがターガリエン王朝を倒して〈鉄の玉座〉に座り、ターガリエン王朝のほとんどは殺されたが、など一部の血縁の者はエッソスに逃れた。 この反乱のきっかけは、の婚約者での妹であったが、王の息子のと共に失踪し、これに抗議したエダードの父と兄がともに王によって処刑されたことであった。 ロバートとエダードは、里親であったと共に反乱軍を立ちあげた。 王は自らの護衛〈王の盾〉であったによって裏切られて殺され、ロバートが代わって新王朝をひらいた。 エダードはを味方につけるため、と結婚した。 リアナもレイガーも死に、エダードはを自らの落とし子として戦いから連れ帰った。 その後はジョン・アリンがロバートの〈王の手〉として、宰相の役目を担った。 ロバートは、反乱に加わったから、ジェイミーの双子の姉のを娶った。 その数年後、〈鉄諸島〉のが反乱をおこしたが鎮圧され、幼いはの人質となってで育てられることとなった。 プロット [ ] 概要 [ ] 「」も参照 本シリーズの脚本には小説シリーズ 『』の作者も加わっており、小説のあらすじに沿って製作されている 参照。 シーズンが進むにつれて、小説との差異はしだいに大きくなる。 小説に比べてドラマの登場人物は減らされており、一人の登場人物が、小説における複数の登場人物の役割を負う。 本シリーズには3つの主要なストーリーラインがある。 シーズンが進むにつれて、一つのストーリーラインに収斂していく。 一つ目は、王死去に伴う、七王国の〈鉄の玉座〉を巡ってのの内戦• 二つ目は、再来したの脅威から七王国を守ろうとする、 を中心としたウェスタロス極北部のにおける戦い• 三つ目は、に亡命したの血筋である の〈鉄の玉座〉奪還の試み 物語は9つの諸名家を中心に語られる。 およびを除く7つの領地は、かつて独立した王国であった。 統一後のウェスタロスがいまだに七王国と呼ばれる由縁である。 ウェスタロスでは結婚は神聖であり、高貴な人物の婚外子は落とし子と呼ばれ相続権もない。 落とし子は地方ごとに特別な名字をつけられ、ではスノウ、ではリヴァーズ、ではサンドとされる。 諸名家 領地 本拠地 標語 冬来たる われら種を播かず 高きこと誉の如く ウェスターランド 訊け、我が咆哮を! リーチ ハイガーデン われら強大たるべし 氏神は復讐の女神 サンスピア 折れぬ、枉げぬ、まつろわぬ 一族、本分、名誉 に亡命中 炎と血 プロットラインの多くに関与しているのは、の領主の「 」である。 を長とし、妻、熱血漢で責任感の強い長男の、可憐な長女、おてんば娘の次女、好奇心旺盛な次男、末息子のの2女3男がいる。 これに加え、ネッドの落とし子 私生児 である、から人質として差し出されたが共に暮らす。 ロブとジョンは同い年である。 エダードの友で王のと王妃の間には、、の3人の子がいる。 だがサーセイが真に愛するのは双子の弟のであり、小人の弟のを憎む。 出身の3人の父はかつての〈王の手〉で、冷酷なである。 ロバートにはとの二人の弟がいる。 ロバートによって倒された前王朝の生き残りのとは海を渡った東の大陸で亡命生活を送る。 第1シーズン『七王国戦記』 [ ] 原作第一部 『』をベースに製作されている。 七王国にて の領地で、の紋章である牡鹿と、スターク家の紋章であるが死んで見つかるが、そばでスターク家の子らと同じ数だけのダイアウルフの仔が見つかり、子らはそれぞれ1匹ずつを所有することになる。 はグレイウィンド、はレディ、はナイメリア、はサマー、はシャギードッグ、はゴーストと名付け、ジョンの仔は種である。 ネッドの古くからの友人であり、現在の七王国の王であるは、と愛のない結婚生活を送っている。 サーセイは、父の反対を振り切って王の護衛となっている、双子の弟のと秘密裏に肉体関係を持っていが、その下の弟である小人のは忌み嫌う。 世継ぎとされるをはじめとして、サーセイの子供たちは、実際にはジェイミーの子である。 またロバートの弟であるは、強大なのと結婚しているが、彼女の兄で、ハンサムな〈花の騎士〉として女性に人気が高いと男色関係にある。 長らくロバートの〈王の手〉を務めたが死に、ロバートがに旅してエダードに後継を依頼するところから、七王国の政治状況が動き始める。 〈壁〉とその北にて で落とし子として差別されながら育ったは、で北方の脅威から七王国を守る叔父に刺激を受け、 ナイツウォッチ に加わることを志願してを離れる。 だが、〈壁〉の北では数千年間で初めての変事が起こる。 エッソスにて 海の向こうでは、によって王座を簒奪され追放されたの生き残りであるが王座を取り戻そうと画策している。 そのために妹のとドスラク族の族長であるの結婚をとりまとめ、勢力を拡大しようとする。 からやって来た騎士はヴィセーリスとデナーリスに仕えるようになる。 デナーリスはドスラク族に馴染む努力をし、ドロゴの愛も得る。 しかしヴィセーリスは驕慢でドロゴの怒りを買い「溶けた黄金の王冠」によって殺される。 デナーリスはドロゴの子を身籠るが、女妖術師が胎内の子を殺し、戦傷が悪化したドロゴを植物人間にする。 安楽死させられたドロゴの火葬の際、デナーリスはドラゴンの卵と共にその炎に入るが彼女の身は焼かれず、「ドラゴンの末裔」である事を証明する。 炎の中で3匹のドラゴンも孵化している。 第2シーズン『王国の激突』 [ ] 原作第2部 『』をベースに製作されている。 七王国にて との子の出自を疑い、に続いて、その兄であるもまた王位に名乗りを上げる。 元密輸業者のは忠実な家臣としてスタニスを助ける。 スタニスの家来たちの多くは〈〉ではなくの神を信じるようになっており、その女祭司のが劣勢のスタニスのために魔法の力をふるう。 巨躯で容貌にも恵まれないが強力な女騎士であるがレンリーの護衛となるが、と共に事件に巻き込まれたのちはキャトリンに仕える。 〈北の王〉と名乗ったは、戦いへの援助を得るために強大なの娘との婚姻を約束していたが、戦場でと出会い、魅かれてゆく。 は親友で兄弟同然のロブへの援軍を要請するため、故郷のに久しぶりに戻り、姉の 原作ではアシャ に出迎えられるが、故郷の人々には受け入れられない。 は正体を隠して北部へと逃亡する途中でに捕えられ、謎の人物の助けを借りて逃げ出す。 〈壁〉とその北にて はの北で偵察に出て、〈野人〉の女を捕えるが、逆に〈野人〉に囚われとなる。 エッソスにて では、が砂漠を艱難辛苦ののちに通りぬけて、繁栄するの街にたどり着き、富裕な商人の援助を受けて〈鉄の玉座〉を奪回しようとするが、侍女の裏切りにより妖術師にドラゴンが奪われる。 デナーリスはドラゴンを奪回し、妖術師はドラゴンの炎に焼かれる。 王座奪還を目指すデナーリスは新たな旅に出る。 第3シーズン『戦乱の嵐-前編-』 [ ] 原作第3部 『』の前半をベースに製作されている。 七王国にて を〈ブラックウォーターの戦い〉で破った後、は〈鉄の玉座〉を確固たるものにしている。 だが同盟相手のは強力かつ謀略に長け、新たな脅威となる。 は〈王の手〉の地位を失い、父に自分の貢献が認められないことに苦しむ。 一方、利き腕を失ったはに戻る旅の途中で、道連れのと信頼を育む。 スターク家は戦争に負けつつある。 が婚約を破ってと結婚したために、からの支持はなくなり、軍勢の信頼も失い始める。 母がジェイミーを解放したために、ロブとの関係は冷えこむが、キャトリンの父とロブの弟たちの死で二人は絆を取り戻す。 だが、実はとは生き延び、リード家の子供たちとともに北へ向かっている。 は二人の死を偽装するが、見知らぬ男たちに拷問を受ける。 は帰郷の旅を続けるが、〈旗標なき兄弟団〉、次にに捕えられてしまう。 はでラニスター家に囚われたままだが、陰謀をめぐらすとタイレル家から助けの手を差し伸べられる。 では、スタニスが〈ブラックウォーターの戦い〉での敗戦に打ちひしがれている。 はを殺そうとして捕えられ、メリサンドルはの神を信じ、再びスタニスを立たせようと努力する。 〈壁〉と周辺にて は真の意図を隠しての〈野人〉の軍に加わる。 と恋に落ちたために、イグリットとのどちらかを選ばなければならなくなる。 〈冥夜の守人〉の偵察隊は ホワイト・ウォーカー に襲われて数を減じ、反乱を起こす。 エッソスにて の都市にて、の仲間に、かつての〈王の盾〉のが加わる。 デナーリスは、強力な奴隷兵である8000の〈穢れなき軍団〉を、1頭と交換する。 だがドラゴンは奴隷商人に従わず、デナーリスはアスタポアを〈穢れなき軍団〉とドラゴンによって征服する。 〈穢れなき軍団〉は解放されるが、そのままデナーリスに仕える事を選び、司令官を選出する。 次にデナーリスの軍団は、多数の奴隷を抱え傭兵軍〈次子〉 セカンド・サンズ に護られる都市へと進軍する。 ユンカイは降伏を拒むが、〈次子〉の副長のはデナーリスに惹かれて隊長ともう一人の副長の首を持参して寝返り、ユンカイは陥落する。 デナーリスはユンカイの奴隷達を解放する。 第4シーズン『戦乱の嵐-後編-』 [ ] 原作第3部 『』の後半をベースに、原作第4部 『』および第5部 『』からのストーリーの一部を加えて製作されている。 七王国にて には、王との婚儀の客が集まり、その中には復讐を求めるもいる。 ジョフリーが毒殺された時、動揺したは弟のが息子を殺した犯人だと名指しする。 ティリオンは姉と父に陥れられ、愛した人々すべてに見捨てられる。 の残りの子供たちは戻る家をなくし、それぞれの旅を始める。 はの助けでキングズランディングを逃げ出すが、二人の仲を疑い嫉妬に燃える叔母と争いになる。 一方、は親戚から身代金を得ようとするに連れられに旅する。 は、〈壁〉援護に向かうための軍を再編成しようともがく。 は、落とし子、奴隷と化した、家来のを使っての支配を固めようとする。 〈壁〉と周辺にて に戻ったばかりのは、の軍が〈壁〉を南北から攻めようとしていると警告する。 南側からの攻撃はとに率いられる。 やはり戻ったばかりのは、〈野人〉の女への気持ちを抑えようとする。 は姉弟とと共に、夢で見た〈三つ目の鴉〉に会うため、の北に向かう。 エッソスにて は、の征服を続け、最大の都市を手中にする。 に帰る前にミーリーンに留まって統治を学ぼうと決意するが、統治の難しさと新しい恋愛と裏切りを経験する。 第5シーズン『竜との舞踏』 [ ] 原作第4部 『』、および第5部 『』をベースにし、第3部 『』の内容を加えて製作されている。 七王国にて 予言を信じてを恐れるはの没落を謀り、〈〉に軍事組織の復活を許す。 マージェリーとだけでなく自分もまた逮捕される羽目となり、恥辱を受ける。 はと共にに潜入して危険にさらされたを救出しようとする。 亡きあとの弱体化を見通したはを連れてに行き、嫡出子となったと結婚させるが、サンサは夫に虐待を受ける。 は軍を率いてウィンターフェルに侵攻するが大雪に阻まれる。 〈壁〉と周辺にて ナイツ・ウォッチの総帥となったは〈野人〉と協力してと戦うため、〈壁〉の向こうに旅して数千の〈野人〉を連れ帰る。 エッソスにて はの奴隷を解放するもレジスタンスである〈ハーピーの息子たち〉に苦しめられてを失い、地元の名族と結婚して妥協を図る。 はデナーリスに仕えるためにと旅する途中で、追放されたに誘拐され、さらには奴隷商人に捕えられるがミーリーンにたどり着きデナーリスの助言者となる。 〈ハーピーの息子たち〉に襲われたデナーリスはドロゴンに救われ、その背に乗って荒野に着く。 第6シーズン『冬の狂風』 [ ] 原作者との話し合いにより、当時未刊の原作第6部 『』の内容をベースに、原作第4部 『』の内容を加えて製作されている。 七王国にて はに復讐を謀る。 〈火素〉を使って大聖堂を爆破し、ハイ・スパロウをタイレル家ともども殺すが、トメンは自殺し、サーセイは自ら〈鉄の玉座〉に座る。 では、に弱腰のがのクーデターで殺される。 家族を殺されたが復讐のためにと同盟する。 は、城を無血で開城させる。 がを殺して母と兄の仇をとる。 〈壁〉と北部にて はの魔術で蘇生し、と再会してから離れる。 野人の軍を率いてボルトン軍と戦い、率いるの軍の助けでを奪回する。 冬が来る中、北部諸侯に推されて〈北の王〉となる。 〈壁〉の向こう側では、が過去を幻視する訓練を積み、ジョンの出生の秘密を知る。 エッソスにて はに捕えられるが、奇蹟を見せて支持を得る。 を操って、を攻める親方たちの軍を打ち破り、およびと同盟してに戻ろうとする。 はで暗殺者としての訓練を積み、ウェスタロスに戻る。 第7シーズン『氷と炎の歌』 [ ] 原作者との話し合いにより、当時未刊の原作第6部 『』と第7部『A Dream of Spring』の内容をベースに製作されている。 これまで独立していたストーリーラインが交わり、登場人物たちが初めて出会い、あるいは再会する。 はに上陸し、に対抗して諸名家と同盟する。 だがの策略との艦隊によってとは崩壊し、の艦隊も失われる。 デナーリスはタイレル家攻略から戻るラニスター軍を襲い、ドラゴンの力を見せる。 はデナーリスに会ってとの戦いへの助力を求め、デナーリスはの北に飛んでジョンの危機を救うがドラゴンの一頭ヴィセーリオンを失う。 ジョンの連れ帰った〈亡者〉を見せられたサーセイは偽りの休戦を約束する。 の幻視で、ジョンがとの嫡出子エイゴンであることが分かる。 とはに戻り、ジョンの代理を務めるに再会する。 サンサはを殺人と反逆の罪で処刑させる。 〈夜の王〉が蘇生させたドラゴンを用いて〈壁〉を崩壊させ、死者の大軍が南へ進む。 第8シーズン『最終章』 [ ] 原作者との話し合いにより、当時未刊の原作第6部 『』と第7部『A Dream of Spring』の内容をベースに製作されている。 とは、〈穢れなき軍団〉、を率いてに入る。 は結集し、、、も加わって死者の軍団を待ち受ける。 ジョンは自分の出自を知り、デナーリスに伝える。 のはの傭兵〈黄金兵団〉を雇うが北に援軍は送らない。 死者の軍団は生者の守備軍を圧倒し、やシオンは死ぬが、が〈夜の王〉を倒して生者は辛くも勝利を収める。 デナーリスは攻めに向かうが、待ち伏せでドラゴンの一頭を失う。 サーセイは民衆を市内に呼び入れ、捕虜にしたを処刑して挑発する。 王位継承権の揺らいだデナーリスは恐怖で人々を服従させようとキングズランディングを壊滅させ、多くの民衆とともにサーセイを殺す。 デナーリスは捕虜を全員処刑し、さらに戦争を続けて全世界を征服しようとするが、民衆や弟妹たちの安全を気にかけるジョンに刺殺される。 有力諸家の会合でが北部を除く六王国の王となり、サンサは独立した北部の女王となる。 ジョンは再びに送られ、アリアはウェスタロスの西へ航海し、ティリオンは〈王の手〉となる。 ドロゴン、〈穢れなき軍団〉、ドスラク軍はエッソスに帰る。 登場人物とキャスト(50音順) [ ] 詳細は「」を参照 主要人物 [ ] 役名 説明 俳優 シーズン 声優 の次女 1-8 〈野人〉の女戦士、弓の名手 2-4 スパイの元締めの宦官 1-8 の生き残りの王子 1 通称ネッド。 の当主 () 少年時代 () 青年時代 1,6 壮年時代 青年時代 オベリン・マーテルの愛人 4-7 の族長での夫 1-2 の妻。 出身 1-3 〈穢れなき軍団〉の司令官 () 3-8 王の妃、と双子 () 少女時代 1-8 、の太った友人 1-8 の長女 1-8 の家臣、"ハウンド"、の弟 1-4,6-8 出身の娼婦での愛人 1-4 〈王の盾〉の騎士、と双子 1-8 の世継ぎの男子、の里子 1-8 出身の刺客 2,5-6 玉木雅士 王との長男、後に王 1-4 の息子、の家臣 1-8 の落とし子、 1-8 クラスターの娘であり妻の一人 2-8 王の弟、の兄 2-5 の傭兵部隊〈次子〉の司令官 S3 S4-S6 3-6 玉木雅士 S3 S4- の当主、らの父 1-5 の家臣、元密輸業者、〈玉葱の騎士〉 2-8 出身の治療者での妻 2-3 小人、との弟 1-8 の王女、の妹 1-8 〈巨人殺し〉。 〈野人〉の戦頭 3-8 とミアセラの弟、後に王 Callum Wharry S1,2 (S4-6) 1,2,4-6 合田絵利 S1,2 S4-5 S6 ハイ・スパロウ 雀聖下 の狂信派〈雀〉の指導者、のちにハイ・セプトン 5-6 〈王の盾〉の元総帥での家臣 1,3-5 蔵相、小貴族の出、"リトルフィンガー" 1-7 巨躯の女性騎士、タース島領主の娘 2-8 の次男、下半身不随 1-4,6-8 S1-4 S6-8 傭兵にしての友人 1-8 の長女、、、の未亡人 2-6 デナーリスの通訳 3-8 〈光の王〉の女祭司、に仕える 2-8 の叔父 () 6-8 〈夜の王〉 ナイト・キング の指導者。 S4-S5 Vladimir Furdik S6-S8 4-8 の落とし子 3-6 の旗主でドレッドフォート公 2-6 七王国の王、の親友 1 の長男、〈北の王〉 1-3 その他の登場人物 [ ] 役名 説明 俳優 シーズン 声優 アーサー・デイン の旗主デイン家出身の〈王の盾〉。 "暁の剣" () 6 〈紅の祭司〉 のの祭司 5 アニア・ウェインウッド の貴族 () 4 の護衛 () 5-6 の武術師範 () 1,4-6 S1 S4-6 アリス・カースターク カースターク家の世継ぎ () 7-8 アルトン・ラニスター の従弟 () 2 アンガイ 〈旗印のない兄弟団〉の弓の名手 () 3 櫻井トオル の〈偉大なる親方〉 () 5-6 イゼンバロ 劇団長にして俳優 6 イリ の世話をする奴隷 () 1-2 の豪商、の庇護者 () 1 口のきけない首斬り役人 1-2 ヴァーラ 〈ハーピーの息子たち〉の味方の娼婦 Meena Rayann 6 ヴィセーリオン のドラゴン 1-8 の旗主の富裕な当主 1,3,6 ウォルダー・リヴァーズ の落とし子 () 3,6 櫻井トオル ウォルダ・フレイ の孫での妻 () 4-6 品田美穂 ウン・ウェグ・ウン・ダール・ウン ハードホームにいた () 5-6 の家臣 () 1-2 山本格 〈壁〉の盲目のメイスター、出身 1,3-5 最上嗣生 が殺したの父 () 6 乃村健次 の末弟で〈溺神〉の祭司 () 6 エディソン・トレット ドロラス・エッド、の雑士 () 2-8 白川周作 の長男での弟 3,6,8 エブローズ アーチメイスター 7 元〈野人〉での召使 1-3,6 品田美穂 オセル・ヤーウィック の工士長 () 1,4-6 の落とし子の娘〈砂蛇〉 5-7 品田美穂 領主の弟 4 オリー 〈野人〉に襲われた村の少年 () 4-6 オリヴァー のスパイで男娼 () 3-5 オルネラ デナーリスと親しくなるドスラク人の寡婦 Hannah John-Kamen 6 佐藤美由希 の祖母、〈茨の女王〉 3-7 オレル 〈野人〉の皮装者 3 烏丸祐一 カーシ ハードホームの〈野人〉の指導者 () 5 カール・ジャークォ の族長 Joe Naufahu 6 カール・タナー の反逆者 3-4 山本格 カール・モロ を捕えるドスラク人の族長 () 6 白熊寛嗣 〈野人〉の戦頭で骨の鎧を着る Edward Dogliani 2-3, 5 蛙のマギー 少女時代のの未来を占った女 () 5 カメーロ イゼンバロの劇団員でエダード役を演じる Kevin Eldon 6 キンヴァラ の〈紅の祭司〉の長 () 6 人体実験で除名された元メイスター 3-8 伊藤和晃 クェイス 木の仮面をつけた女予言者 Laura Pradelska 2 クォーリン の哨士。 二本指のクォーリン () 2 クラスター 娘を妻とし大家族を率いる〈野人〉 2-3 間宮康弘 クラズニス の奴隷商人 () 3 グレイウィンド のダイアウルフ 1-3 スターク家の旗主、ジョン・アンバー () 1 クレイン を演じる女優 6 皆川純子 の家臣 "マウンテン"、の兄 () S1 () S2 S4- 1,2,4-8 白熊寛嗣 グレン 、の友 Mark Stanley 1-4 の領主の弟 () 1,2,5-6 櫻井トオル ケニング モウト 要塞 ・ケイリンを占領する人の指揮官 Grahame Fox 4 烏丸祐一 ゴースト の白子のダイアウルフ 1-8 香辛料の王 の実力者 Nicholas Blane 2 サマー のダイアウルフ 1-6 に味方する海賊 () 2-5 西村太佑 の豪商で〈十三人組〉のひとり 2 間宮康弘 ザンラッシュ ミーリーンの〈紅の祭司〉 Gerald Lepkowski 6 田中一永 ジェロルド・ハイタワー 〈〉時の〈王の盾〉総帥 Eddie Eyre 6 の落とし子、の友 1-4,7-8 櫻井トオル の総帥、の父 1-3 木村雅史 シャギードッグ のダイアウルフ 1-3 〈王都の守人〉総帥で後に Dominic Carter 1-2,4-5 ジョノス・ブラッケン の旗主 Gerry O'Brien 1 山本格 の旅の仲間、の弟 3-4 前任の〈王の手〉 () 1 の旗主アンバー家の当主 () 1 間宮康弘 シリーン・バラシオン とセリースの娘で灰鱗病を患う () 3-5 出身のの剣の師 Miltos Yerolemou 1 最上嗣生 スター の北のゼン族の族長 マグナー Yuri Kolokolnikov 4 乃村健次 スモールジョン・アンバー スターク家の旗主アンバー家の一員 Dean S. Jagger 6 セプタ・ユネラ 〈七神正教〉の修道女 () 5-6 杉浦慶子 セリース・フロレント の妻。 フロレント家の出身 2-5 タイエニー・サンド の落とし子の娘〈砂蛇〉、の娘 () 5-7 ダグマー を助ける鉄諸島人 2 タラ・ターリー の妹 () 6 佐藤美由希 の〈鉄の銀行〉の行員 4-5,7 田中一永 ディコン・ターリー の弟 S6 () S7 6-7 デニス・マリスター 〈壁〉の指揮官の一人 () 5 の最上位の名家マーテル家の長 5-6 賭博師 アリアが狙うの保険屋 Oengus MacNamara 5 烏丸祐一 ドリア デナーリスの侍女 () 1-2 合田絵利 の長男、の婚約者 () 5-6 ドロゴン の最大のドラゴン 1-8 ドロラス・エッド エディソン・トレット、の雑士 () 2- 白川周作 ドントス・ホラード 道化の身分に落とされた騎士 () 2,4 ナイメリア のダイアウルフ 1,7 ナイメリア・サンド の落とし子の娘〈砂蛇〉 () 5-7 ネッド・アンバー アンバー家の世継ぎ Harry Grasby 7-8 パイアット・プリー の黒魔導師で〈十三人組〉の一人 () 2 ハイ・セプトン の総司祭 Paul Bentley 5 間宮康弘 王に仕えるグランド・メイスター 1-6 白熊寛嗣 バイター に連れて行かれる囚人、 () 2,4 の雑士長 () 5-6 烏丸祐一 ハウランド・リード の戦友、の旗主 Leo Woodruff 6 ハラルド・カースターク リカードの息子で父の死後カースターク公 Paul Rattray 6 増元拓也 ハリー・ストリックランド エッソスの傭兵軍団〈黄金兵団〉の指揮官 Marc Rissman 8 ビアンカ イゼンバロの劇団員でサンサ役を演じる Eline Powell 6 佐藤美由希 裕福なの貴人 () 4-5 玉木雅士 ピップ 、ジョンの友 () 1,3,4 櫻井トオル の叔父、"ブラックフィッシュ" 3,6 伊藤和晃 〈浮浪児〉 〈顔のない男たち〉の徒弟の娘 () 5-6 の当主 2-3,6 無法者集団〈旗印のない兄弟団〉の長 David Scott S1 () S3,6 1,3,6-8 の哨士長。 の弟 () Matteo Elezi 少年時代 1,6 木村雅史 の召使、巨躯で知恵遅れ () Sam Coleman 少年時代 1-4,6 山本格 の長。 らの父 () 3 ホット・パイ パン屋の息子での道連れ () 1-4,7 品田美穂 の従者 () 2-8 白川周作 ボボーノ イゼンバロの劇団員でティリオン役を演じる Leigh Gill 6 烏丸祐一 ポリヴァー ロミーを殺したの家来 () 2,4 上田耀司 マーリン・トラント 〈王の盾〉の騎士 () 1-5 白熊寛嗣 マットス・シーワース の息子 Kerr Logan 2 白川周作 マルコ 奴隷商人の頭 5 間宮康弘 〈野人〉の王、〈壁の向こうの王〉 3-5 マンドン・ムーア 〈王の盾〉の騎士、を襲う James Doran 1-2 の旅の仲間、の姉 3-4,6- 堀井千砂 の祭司、〈旗印のない兄弟団〉 () 3,6-7 遠藤純一 の妹、の姉 Aimee Richardson S1-2 () S5 1,2,5 〈三つ目の鴉〉 の夢に繰り返し現れる存在 S4 S6 4,6 ミランダ の残虐な召使にして愛人 () 3-6 佐藤美由希 ミリ・マズ・ドゥール 人の治療者で妖女 () 1 リーチ の領主 () 4-6 木村雅史 メイスター・ルーウィン に仕えるメイスター () 1-2 メレッサ・ターリー の妻、の母 () 6 モサドール に仕えるの元奴隷 () 4-5 の姉、原作ではアシャ () 2-4,6-8 の新兵募集係 () 1-2 最上嗣生 ヨーン・ロイス の貴族 () 4- 間宮康弘 の妹、の妻 () 1,4 ラカーロ に仕えるドスラク人 1-2 ラスト の反乱者 Luke McEwan 1,3,4 西村太佑 の息子でらの従兄弟 1-2,5-6 玉木雅士 の父、の旗主でホーンヒルの領主 6-7 リーフ 木の葉 の一行を救う Octavia Alexandru S4 Kae Alexander S6 4,6 Lynn の妹 Cordelia Hill 少女期 () 青年期 6 佐藤美由希 リアナ・モーモント 〈熊の島〉の幼い女領主、の従妹 () 6-8 佐藤美由希 リカード・スターク の父 Wayne Foskett 6 の旗主カースターク家の長 Steven Blount S1 John Stahl S2-3 1-3 木村雅史 の末息子 () 1-3,6 レイ で小集団を率いる司祭 6 岩崎ひろし 、の兄 Wilf Scolding 7 レイガル のドラゴン 1-8 レディ のダイアウルフ 1 の末弟 () 1-2 櫻井トオル ローサー・フレイ の息子 Daniel Tuite 3,6 烏丸祐一 ロージ に連れて行かれる囚人 () 2,4 西村太佑 ロス のスパイの娼婦 () 1-3 坂井恭子 ロズリン・フレイ の娘での妻 () 3 ボルトン家の家臣 3-4 烏丸祐一 ロドリック・カッセル の武術師範 () 1-2 西村太佑 との息子、原作ではロバート () 1,4-6,8 畠中祐 ロベット・グローヴァー ディープウッド・モットの領主 6-7 乃村健次 ロボダ ハードホームのゼン族の指導者 () 5 の兄、〈花の騎士〉 1-6 ロリス・ストークワース の婚約者、城主の次女 Elizabeth Cadwallader 5 品田美穂 の旗主、ホワイトハーバーの領主 () 6 山本格 エピソード [ ] シーズン エピソード 初回放送日 と発売日 合衆国 日本 リージョン1 日本語版 リージョン2 1 10 2011年4月17日 2011-04-17 2013年1月19日 2013-01-19 2012年3月6日 2012-03-06 2013年7月17日 2013-07-17 2 10 2012年4月1日 2012-04-01 2013年7月28日 2013-07-28 2013年2月19日 2013-02-19 2013年12月4日 2013-12-04 3 10 2013年3月31日 2013-03-31 2014年4月20日 2014-04-20 2014年2月1日 2014-02-01 2014年9月3日 2014-09-03 4 10 2014年4月6日 2014-04-06 2014年7月27日 2014-07-27 2015年2月17日 2015-02-17 2015年6月17日 2015-06-17 5 10 2015年4月12日 2015-04-12 2015年8月27日 2015-08-27 2016年3月15日 2016-03-15 2016年5月3日 2016-05-03 6 10 2016年4月24日 2016-04-24 2016年4月25日 2016-04-25 2016年11月15日 2016-11-15 2016年11月16日 2016-11-16 7 7 2017年7月16日 2017-07-16 2017年7月17日 2017-07-17 2017年12月12日 2017-12-12 2017年12月16日 2017-12-16 8 6 2019年4月14日 2019-04-14 2019年4月15日 2019-04-15 2019年12月3日 2019-12-03 2019年12月4日 2019-12-04 第1シーズン 『七王国戦記』 [ ] No. 44 4 4 "" "" ブライアン・カーク () 2011年5月8日 2011-05-08 2013年2月17日 2. 40 8 8 "" "" ダニエル・ミナハン 2011年6月5日 2011-06-05 2013年3月17日 2. 04 第2シーズン 『王国の激突』 [ ] No. 76 13 3 "" "" () () 2012年4月15日 2012-04-15 2013年8月11日 3. 77 14 4 "" "" () 2012年4月22日 2012-04-22 2013年8月18日 3. 90 16 6 "" "" ヴァネッサ・テイラー 2012年5月6日 2012-05-06 2013年9月1日 3. 86 19 9 "" "" 2012年5月27日 2012-05-27 2013年9月22日 3. 20 第3シーズン 『戦乱の嵐-前編-』 [ ] No. 37 22 2 "" "" ダニエル・ミナハン 2013年4月7日 2013-04-07 2014年4月27日 4. 87 25 5 "" "" アレックス・グレイヴス () 2013年4月28日 2013-04-28 2014年5月18日 5. 50 27 7 "" "" 2013年5月12日 2013-05-12 2014年6月1日 4. 39 第4シーズン 『戦乱の嵐-後編-』 [ ] No. 60 32 2 "" "" 2014年4月13日 2014-04-13 2014年8月3日 6. 60 34 4 "" "" () 2014年4月27日 2014-04-27 2014年8月17日 6. 16 36 6 "" "" () ブライアン・コグマン 2014年5月11日 2014-05-11 2014年8月31日 6. 10 第5シーズン 『竜との舞踏』 [ ] No. 71 44 4 "" "" マーク・マイロッド () 2015年5月3日 2015-05-03 2015年9月17日 6. 82 45 5 "" "" () () 2015年5月10日 2015-05-10 2015年9月24日 6. 56 46 6 "" "" ジェレミー・ポデスワ ブライアン・コグマン 2015年5月17日 2015-05-17 2015年10月1日 6. 11 第6シーズン 『冬の狂風』 [ ] 日本では、第6シーズンはアメリカ東海岸と同時である月曜朝10時から世界最速で放送された。 94 52 2 "" "" ジェレミー・ポデスワ () 2016年5月1日 2016-05-01 2016年5月2日 2016-05-02 7. 89 56 6 "" "" ジャック・ベンダー () 2016年5月29日 2016-05-29 2016年5月30日 2016-05-30 6. 71 57 7 "" "" ブライアン・コグマン 2016年6月5日 2016-06-05 2016年6月6日 2016-06-06 7. 89 第7シーズン 『氷と炎の歌』 [ ] 2017年7月16日より放送。 第6シーズンに続き、日本ではアメリカ東海岸と同時である月曜朝10時から世界最速で放送された。 10 62 2 "" "" () 2017年7月23日 2017-07-23 2017年7月24日 2017-07-24 9. 17 65 5 "" "" マーク・シャクマン () 2017年8月13日 2017-08-13 2017年8月14日 2017-08-14 10. 07 第8シーズン『最終章』 [ ] 2019年4月14日より放送され、日本ではアメリカ東海岸と同時である2019年4月15日朝10時から世界最速で放送された。 初回放送時には権利元が制作した【世界同時放送版】の字幕で放送されたが、6月以降の再放送ではスターチャンネル作成の字幕に差し替えられた。 通算 話数 シーズン 話数 タイトル 監督 脚本 放送日 U. 視聴者数 百万人 68 1 "" "" () 2019年4月14日 2019-04-14 11. 8 69 2 "" "" デヴィッド・ナッター () 2019年4月21日 2019-04-21 10. 60 製作 [ ] 製作過程 [ ] との二人が原作を読んで映像化を決意し、に売り込み、原作者のの了解を得て2007年1月にパイロット版の製作が開始された。 HBOがパイロット版を気に入り、第1シーズンの製作が開始された。 ベニオフとワイスがプロデューサー兼ショーランナーとなり、脚本の大部分を執筆している。 脚本家としても豊富な経験を持つマーティンが第4シーズンまでの各シーズンで1話の脚本を書き、その他の脚本家も数話を書いている。 原作は2017年7月の段階では5部までの原作が刊行されているが未完であり、7部を持って完結の予定である。 ドラマの第5シーズンまでに原作のストーリーはほぼ使い切られており、第6シーズン以降は原作者との話し合いでストーリーが作られている。 2016年4月、第7シーズンと最終第8シーズンの製作が発表された。 本シリーズの予算規模は、『』と比較されてきた。 パイロット版の製作には500万ドルから1000万ドルが費やされ、第1シーズンは10話合計で5000万ドルから6000万ドルが費やされた。 第6シーズンは10話合計でおよそ1億ドルが費やされた。 オープニング・タイトル [ ] オープニング・タイトルは、シリーズの設定の世界の三次元地図が、中心に光源のある球の内側に投影されて映し出される。 地図の上をカメラが移動するとともに、各話に出て来る土地に焦点が合い、建物が姿を現す。 主要キャストとスタッフの名前が表示され、最後には各話のタイトルと、脚本家名および監督名が表示される。 オープニング・タイトルは2011年のメインタイトルデザイン賞を受賞している。 ロケーション [ ] キングズランディングのドラゴンピットのシーンが撮影されたセビリアのローマ時代の劇場遺跡 撮影の中心は、の郊外のPaint Hall スタジオであり、室内シーンのほとんどはここで撮られている。 そのほか、北アイルランドの多くの場所で、、などの屋外のシーンが撮られている。 パイロット版では、ウィンターフェルのシーンはで撮影された。 など南部のシーンは、パイロット版ではで撮影されたが、第1シーズンではで撮影された。 第2シーズン以降ではのおよびその周辺で南部のシーンが撮影された。 第3シーズンでのエッソスのシーンは、ので撮影され、生きた熊が出るシーンはのスタジオで撮影された。 の向こう側のシーンはで撮影された。 第5シーズンののシーンはで撮影され、の、セビリアの大学、のローマ橋などがロケーションに使用された。 第6シーズンのドーンの〈喜びの塔〉のシーンはスペインののザフラ城で撮影され、キングズランディングのベイラー大聖堂のシーンはスペインのの大聖堂で撮影された。 第7シーズンではスペインの、の海岸、城が新たにロケーションとして加わった。 衣装 [ ] の宮廷で着られる豪華な衣装は各人物の富と地位を誇る シリーズの衣装は、日本の鎧やペルシャの衣装など、多くの文化から着想を得ている。 人の着衣はに類似し の鱗に似せるために魚の皮から作られているものもある 、〈野人〉は人のように動物の皮を裏返しにして着る。 〈野人〉の骨の鎧は実際の骨から取られた型によって作られ、糸やに似たで繋ぎ合わされている。 〈野人〉やを演じるエキストラは冷涼な気候に合わせて帽子をかぶるが、視聴者が顔を見分けられるように主要登場人物は帽子をかぶらない。 が着たデザインのハイネックのドレスが、の衣装に影響を与え、娼婦の衣装はすぐに脱げるようにデザインされている。 〈野人〉の衣装も宮廷の婦人の衣装も、でリアルに見えるように2週間のが施されている。 女優達のために何十個ものが用いられている。 人の髪の毛で作られ、60cmにもなるウィグは7千ドルもし、実際の髪に見えるように洗われスタイリングされる。 ウィグをつけるのは時間のかかる作業である。 たとえばは、ブルネットの髪の上にプラチナブロンドのウィグをつけるのに2時間を要する。 やなどの俳優は頻繁に髪を染める。 エミリア・クラークやドスラク人の髪の毛、ウィグ、衣装は何週間も洗ってないように見せかけられる。 言語 [ ] 人は共通語と呼ばれる言語を話す設定であるが、ドラマの登場人物は出身地域によりアクセントの異なるを話す。 などの人は北部のアクセントで話し、などの南部人はイングランド南部のアクセントで話す。 などの人はなまりの英語を話す。 など、ウェスタロスの外の出身人物は共通語として、外国語なまりの英語を話す。 プロデューサーはに依頼してマーティンの原作にあるいくつかの言葉に基づいて、およびを製作した。 どちらもサブタイトルで英語訳が表示される。 ドスラク語は人によって話される。 ヴァリリア語はさらに高ヴァリリア語および低ヴァリリア語に分かれ、前者は今は崩壊した帝国全盛時に話され、いまだに学問や洗練された会話で使われる。 後者は一帯の庶民によって話される。 さらに、ヴァリリア帝国が倒した古代ギス帝国で話された古代ギスカル語の断片も、奴隷商人湾には残る。 スピンオフドラマ [ ] 2017年5月、HBOは5人の脚本家にそれぞれ別のスピンオフドラマを検討させると発表した。 2018年6月8日、HBOは5本のアイデアの中からの提案した前日譚となるドラマシリーズを選び、そのパイロット版を発注した。 シリーズはゲーム・オブ・スローンズの約1万年前に始まり、諸名家の創設、ホワイト・ウォーカーの到来を告げる〈長い夜〉、そしてからのアンダル人の侵略を描く予定であった。 だが2019年10月29日、HBOは製作中止を決定した。 シリーズはと妻でもある姉妹たちによる七王国征服から、300年後の〈の反乱〉までを描く。 が役でナレーションを担当する。 ドキュメンタリー [ ] 2019年5月26日、全シーズン終了の一週間後に、メイキングのドキュメンタリー" Game of Thrones: The Last Watch"が放送された。 賞 [ ] 、など数多くの賞を受賞している。 2018年現在、プライムタイム・エミー賞では通算で132賞にノミネートされそのうち47賞を受賞し、史上もっとも多くを獲得したドラマとなっている。 特に2015年、2016年、2018年と三回にわたって作品賞ドラマシリーズ部門を受賞している。 ワイス, Bryan Cogman, Jane Espenson, , , Brian Kirk, Daniel Minahan and 『ゲーム・オブ・スローンズ』 - シーズン 1 Kerrang! Katona、Paul Bercovitch、Tim Hands、David Klotz、Brett Voss、Jeffrey Wilhoit、Dylan T. Katona, Paul Bercovitch, John Matter, David Klotz, Brett Voss, Jeffrey Wilhoit, and Dylan T. Protected Blog. Film Music Reporter. 2011年2月3日. Martin, George R. Not a Blog. LiveJournal. 2010年7月10日閲覧。 スカパーオンデマンド公式サイト• Vineyard, Jennifer 2013年6月11日. Vulture. 2014年2月7日閲覧。 2017年12月7日閲覧。 ヨーロッパ向けリージョン2の発売日とは異なる• (百万人)• Seidman, Robert 2011年4月19日. TV by the Numbers. 2011年4月20日閲覧。 Gorman, Bill 2011年4月26日. TV by the Numbers. 2011年4月27日閲覧。 Seidman, Robert 2011年5月3日. TV by the Numbers. 2011年5月4日閲覧。 Gorman, Bill 2011年5月10日. TV by the Numbers. 2011年5月10日閲覧。 Seidman, Robert 2011年5月18日. TV by the Numbers. 2011年5月10日閲覧。 Gorman, Bill 2011年5月24日. TV by the Numbers. 2011年5月25日閲覧。 Gorman, Bill 2011年6月1日. TV by the Numbers. 2011年6月11日閲覧。 Gorman, Bill 2011年6月7日. TV by the Numbers. 2011年6月8日閲覧。 Gorman, Bill 2011年6月14日. TV by the Numbers. 2011年6月14日閲覧。 Seidman, Robert 2011年6月21日. TV by the Numbers. 2011年6月22日閲覧。 (百万人)• Seidman, Robert 2012年4月3日. TV by the Numbers. 2012年4月3日閲覧。 Bibel, Sara 2012年4月10日. TV by the Numbers. 2012年4月10日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年4月17日. TV by the Numbers. 2012年4月17日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年4月24日. TV by the Numbers. 2012年4月24日閲覧。 Bibel, Sara. TV by the Numbers. 2012年5月1日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年5月8日. TV by the Numbers. 2012年5月8日閲覧。 Bibel, Sara 2012年5月12日. TV by the Numbers. 2012年5月15日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年5月22日. TV by the Numbers. 2012年5月22日閲覧。 Bibel, Sara 2012年5月30日. TV by the Numbers. 2012年5月30日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2012年6月5日. TV by the Numbers. 2012年6月5日閲覧。 (百万人)• Bibel, Sara 2013年4月2日. TV by the Numbers. 2013年4月2日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年4月9日. TV by the Numbers. 2013年4月9日閲覧。 Bibel, Sara 2013年4月16日. TV by the Numbers. 2013年4月16日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年4月23日. TV by the Numbers. 2013年4月23日閲覧。 Bibel, Sara 2013年4月30日. TV by the Numbers. 2013年4月30日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年5月7日. TV by the Numbers. 2013年5月7日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年5月14日. TV by the Numbers. 2013年5月14日閲覧。 Bibel, Sara 2013年5月21日. TV by the Numbers. 2013年5月21日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2013年6月4日. TV by the Numbers. 2013年6月4日閲覧。 Bibel, Sara 2013年6月10日. TV by the Numbers. 2013年6月10日閲覧。 (百万人)• Kondolojy, Amanda 2014年4月7日. TV by the Numbers. 2014年4月7日閲覧。 Bibel, Sara 2014年4月15日. TV by the Numbers. 2014年4月15日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年4月21日. TV by the Numbers. 2014年4月21日閲覧。 Bibel, Sara 2014年4月29日. TV by the Numbers. 2014年4月29日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年5月6日. TV by the Numbers. 2014年5月6日閲覧。 Bibel, Sara 2014年5月13日. TV by the Numbers. 2014年5月13日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年5月20日. TV by the Numbers. 2014年5月20日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年6月3日. TV by the Numbers. 2014年6月3日閲覧。 Bibel, Sara 2014年6月10日. TV by the Numbers. 2014年6月10日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年6月16日. TV by the Numbers. 2014年6月16日閲覧。 (百万人)• Bibel, Sara 2015年4月14日. TV by the Numbers. 2015年4月14日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年4月21日. TV by the Numbers. 2015年4月21日閲覧。 Bibel, Sara 2015年4月28日. TV by the Numbers. 2015年4月28日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年5月5日. TV by the Numbers. 2015年5月5日閲覧。 Bibel, Sara 2015年5月12日. TV by the Numbers. 2015年5月12日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年5月19日. TV by the Numbers. 2015年5月19日閲覧。 Bibel, Sara 2015年5月27日. TV by the Numbers. 2015年5月27日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年6月2日. TV by the Numbers. 2015年6月2日閲覧。 Bibel, Sara 2015年6月9日. TV by the Numbers. 2015年6月9日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2015年6月16日. TV by the Numbers. 2015年6月16日閲覧。 (百万人)• Porter, Rick 2016年4月26日. TV by the Numbers. 2016年4月26日閲覧。 Cantor, Brian 2016年5月3日. Headline Planet. 2016年5月3日閲覧。 Porter, Rick 2016年5月10日. TV by the Numbers. 2016年5月10日閲覧。 Porter, Rick 2016年5月17日. TV by the Numbers. 2016年5月17日閲覧。 Porter, Rick 2016年5月24日. TV by the Numbers. 2016年5月24日閲覧。 Metcalf, Mitch 2016年6月1日. ShowBuzzDaily. 2016年6月1日閲覧。 Cantor, Brian 2016年6月7日. Headline Planet. 2016年6月7日閲覧。 Porter, Rick 2016年6月14日. TV by the Numbers. 2016年6月14日閲覧。 Metcalf, Mitch 2016年6月21日. ShowbuzzDaily. 2016年6月21日閲覧。 Porter, Rick 2016年6月28日. TV by the Numbers. 2016年6月28日閲覧。 (百万人)• Otterson, Joe 2017年7月17日. Variety. 2017年7月17日閲覧。 Porter, Rick 2017年7月25日. TV by the Numbers. 2017年7月25日閲覧。 Porter, Rick 2017年8月1日. TV by the Numbers. 2017年8月1日閲覧。 Porter, Rick 2017年8月8日. TV by the Numbers. 2017年8月8日閲覧。 Porter, Rick 2017年8月15日. TV by the Numbers. 2017年8月15日閲覧。 Porter, Rick 2017年8月22日. TV by the Numbers. 2017年8月22日閲覧。 Porter, Rick 2017年8月29日. TV by the Numbers. 2017年8月29日閲覧。 Hooton, Christopher 2017年9月27日. 2017年10月20日時点のよりアーカイブ。 2017年10月20日閲覧。 Chitwood, Adam 2017年12月15日. Collider. 2017年12月16日時点のよりアーカイブ。 2017年12月18日閲覧。 Carson, Biz 2017年3月12日. 2017年4月12日時点のよりアーカイブ。 2017年4月11日閲覧。 2019年1月15日閲覧。 Maglio, Tony 2019年4月15日. The Wrap. 2019年4月15日閲覧。 Welch, Alex 2019年4月23日. TV by the Numbers. 2019年4月23日閲覧。 Metcalf, Mitch 2019年4月30日. Showbuzz Daily. 2019年4月30日閲覧。 Welch, Alex 2019年5月7日. TV by the Numbers. 2019年5月7日閲覧。 TV Series Finale 2019年5月14日. 2019年5月14日閲覧。 CNN. 20 May 2019. Lee, Ben 2016年3月30日. Digital Spy. 2016年4月1日閲覧。 Holloway, Daniel 2017年5月4日. Variety. 2017年5月4日閲覧。 Hibberd, James 2018年6月8日. Entertainment Weekly. 2018年6月8日閲覧。 George R. Martin 2018年6月11日. georgerrmartin. com. 2018年9月2日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2019年10月29日. 2019年10月29日閲覧。 Deadline. 2019年10月29日閲覧。 Wigler, Josh 2019年3月27日. 2019年3月28日閲覧。 The Webby Awards. 2017年12月12日閲覧。 The Webby Awards. 2017年12月12日閲覧。 The Webby Awards. 2017年12月12日閲覧。 関連項目 [ ]• - このドラマがきっかけになって作られた新語で、ナラティブの技法の一種 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキクォートに に関する引用句集があります。 HBO• - (英語).

次の

ゲームオブスローンズで最後まで生き残ったキャラは?その後どうなった?|Y's BLOG

ゲーム オブ スローン ズ スタニス

All Rights Reserved. ネチネチした嫌な奴が多い(気がする)ゲームオブスローンズの世界ですが、オベリンは爽やかな清涼剤の様な存在。 妹の復讐のためとはいえ、 ティリオンの決闘裁判の代理闘士になるシーンは印象深いです。 名シーンが多いゲームオブスローンズですが、個人的にはこのシーンが一番好きかもしれません。 もともとオベリンは妹の殺害を命じたタイウィン(ラニスター家)を恨んでいてティリオンとも険悪なムードになっていたんですが、最終的にティリオンの味方になるという展開。 いがみ合っていた2人が協力するという展開はありがちですが興奮しました。 ラニスター家を恨みつつも、 ティリオン・ラニスターという個人は恨んでいないというオベリンの冷静さ、知的さが表れているシーンでもあったように思います。 All Rights Reserved. もしオベリンが生きていたらどんな展開に・・・と考えることが多いんですが・・・。 無敵すぎて生きていてはバランスが取れないのではないでしょうか。 基本的にゲームオブスローンズの登場人物は 「頭が良いが戦闘は出来ない」「戦闘は出来るが頭は良くない」という2種類のタイプがほとんどかと思います。 例えば前者はヴァリス、後者はマウンテンがいます。 しかし オベリンは「頭が良い上に戦闘も出来る」という異質の存在でした。 登場してから比較的すぐに亡くなってしまうオベリン・マーテルですが、もう少し活躍を見てみたかったです。 私も、オベリンがティリオンの代理闘士を引き受けるシーンが作中で一番好きです。 化け物みたいに醜いという国中の噂になっていた赤児のティリオン、幼少のオベリンと姉はそれを見るのを楽しみにしてたが、実際見たら全然普通の赤児じゃん!って落胆のあまりサーセイに姉と文句を言ったという思い出を語るシーンが、感動しましたね。 自身の出生に強いコンプレックスのあるティリオンに対して、同情の言葉ではなく、ごく自然な幼児の感想を伝え、それはあの時の傷ついたティリオンには何よりの救いであったように思います。 そのうえ、片手で松明を手に取りながら、俺が代理闘士になってやる。 ですからね。 格好良すぎて、あのシーンは何度も巻き戻しましたよ。

次の

ゲーム・オブ・スローンズ 完全ガイド シーズン5『第9話/ 竜の舞踏』

ゲーム オブ スローン ズ スタニス

スポンサーリンク ゲーム・オブ・スローンズシーズン5第4話<ハーピーの息子たち>のあらすじ 救出は自分がやるべきこと 「ジェイミー・ラニスター」とティリオンの右腕だった「ブロン」は商船に乗りドーンへ密かに潜入を試みていた。 「ジェイミー」は姪を連れ戻すのが目的だと話すと、ドーン人はイカれていて、軍を送れば済むと「ブロン」は言った。 「ジェイミー」は「ミアセラ・バラシオン」の救出は自分がやるべきことだと話した。 サーセイ、タイレル家の排除を開始 大蔵大臣になった「メイス・タイレル」は小評議会で、<鉄の銀行>から負債の返済を求められていると話し、軍隊の再建費用もかかると言った。 すると「サーセイ」から、お金はどう賄うかと聞かれ「メイス」は一時的に<タイレル家>が肩代わりすると話した。 「サーセイ」は<鉄の銀行>と直接話をしなければと「メイス」を<鉄の銀行>に送り、王の盾の騎士「マーリン」を護衛につけた。 「サーセイ」は、自分が新王「トメン・バラシオン」に話せば、信仰者の武装を容認するはずだと話し、その軍隊は神々に仕える聖兵だと言った。 「ハイ・スパロー」がお礼を言うと、「サーセイ」は我々の中に富と権力に守られている罪深き者たちがいると話した。 「ハイ・スパロー」は厳父の裁きが下ると「サーセイ」に言う。 女王「マージェリー」は「トメン」に、兄(ロラス)が連行されたのは「サーセイ」の仕業だと話し、キャスタリー盤城に戻るはずではと聞き、「ロラス」を助けるよう仕向けた。 早速「トメン」は、母「サーセイ」の所へ行き「ロラス」の釈放を命じた。 そして勝手に「サーセイ」が聖兵を武装させ「ハイ・スパロー」に軍を与えたと言うと「サーセイ」はその通りだと話し、王の「トメン」が、総司祭の「ハイ・スパロー」に話せば「ロラス」は釈放されると言った。 「トメン」は聖堂にいる「ハイ・スパロー」の所へ行くと祈祷中だと話しをすることを断られた。 そして「マージェリー」に釈放を強行すれば血が流れると「トメン」は話し、まだ釈放は無理だと言った。 怒った「マージェリー」は事情を説明しに、祖母「オレナ・タイレル」の所へ行った。 メリサンドル、スノウを誘惑する 総帥になった「スノウ」は「サム・ターリー」と人員補強のため、事務処理をしていた。 「スノウ」は<ボルトン家>の名前がある書類を見つけ、サインを拒否したが北部総督の助けがいると「サム」に説得されサインした。 女祭司「メリサンドル」がスノウの部屋にやって来て、<スタニス軍>に加わるよう要求したが「スノウ」は断る。 すると「メリサンドル」は、体をつかい誘惑するが「スノウ」は拒否した。 「スタニス」は娘「シリーン・バラシオン」に私を恥じているかと聞かれ、グレイスケール(灰鱗病)で死ぬと言われ、治すためにあらゆる手を使ったと話し、お前は私の娘だと抱きしめた。 スタニス軍がウインターフェル城を攻める 「サンサ」はウインターフェル城の地下墓地で「ベイリッシュ」に昔話を聞かされた。 話しが終わると「ベイリッシュ」は「サーセイ」から手紙が届いて王都へ戻ると言い、憎い相手と暮らすのは耐え難いだろうが、少しの辛抱だと「サンサ」に話した。 今、黒の城に「スタニス軍」がいて、王都へ進軍する前にウインターフェル城を攻めるだろうと「ベイリッシュ」は言った。 「サンサ」は<スタニス軍>は<ボルトン軍>に勝てるか聞くと「ベイリッシュ」は「スタニス」に分があると言った。 そして「スタニス」は<スターク家>最後の1人を殺しはしないと言い、「サンサ」を北部総督にするだろう話すと、「サンサ」は「スタニス」が敗れたら?と尋ねる。 「ラムジー」を手なずければ大丈夫だと「ベイリッシュ」は言い、「ルース・ボルトン」を出し抜けと話した。 ドーン潜入に成功したジェイミーは… 「ジェイミー」と「ブロン」は商船から小舟に乗り換えドーン潜入に成功した。 海岸を守る兵士たちに見つかった2人は王都から来たことを悟られ、やむを得ず兵士たちを殺した。 一方、オベリンの愛人「エラリア・サンド」とサンドスネイク<砂蛇>たち(オベリンの3人の落とし子)は復讐の計画について話していた。 ティリオンの誘拐とハーピーの息子たちの反乱 「ティリオン」は男に捕まり、小舟に乗せられた。 「ティリオン」を捕らえたのは「ジョラー・モーモント」で「サーセイ」がいる方向が違うと「ティリオン」が言うと、自分が仕える王女は「デナーリス」だと話した。 「ティリオン」が、自分は「デナーリス」に会いに行く途中で、誘拐は無駄骨だと言う。 そして、肩章や紋章を見て「モーモント」の名前を言い当て、「ヴァリス」のスパイだったことが「デナーリス」にバレて追放されたのだろう言った。 全て言い当てられた「モーモント」は「ティリオン」を殴り黙らせた。 王女の盾「バリスタン・セルミー」はデナーリスの兄「レイガー・ターガリエン」の話しを「デナーリス」していた。 すると<次子>の指揮官「ダーリオ・ナハーリス」が来て、50~100人ほど謁見に来ていると報告すると「デナーリス」は「バリスタン」を向かわせた。 デナーリスが闘技場について「ビズタール・ゾ・ロラク」と謁見している時、<ハーピーの息子たち>は町で民衆を襲っていた。 巡回中の<穢れなき軍団>は彼らを追い戦闘になり、指揮官の「グレイワーム」もその中にいて戦っていた。 「グレイワーム」が負傷し<穢れなき軍団>劣勢になったその時、「バリスタン」が現れ<ハーピーの息子たち>を制圧するが、彼らに圧倒され何度も剣で刺されてしまう。 「バリスタン」が止めを刺される前に「グレイワーム」が防止したが、2人とも刺されてその場に倒れてしまった。 ゲーム・オブ・スローンズ シーズン5第4話を見た感想 ・第4話。 面白かったです。 <ラニスター家>の「ジェイミー」は「ブロン」と一緒にドーン潜入に成功しました。 「エラリア」や落とし子の<砂蛇>たちは何だか不気味ですが、「ミアセラ」救出はすんなり行くのか、これからが面白くなりそうですね。 「ティリオン」は勘が良いので、すぐ「モーモント」と見抜きましたね。 <バラシオン家>の「サーセイ」は、とうとう<マーテル家>排除を始めました。 やはり彼女もかなりの策略家で、頭が良いですね。 「トメン」は頑張って「サーセイ」に文句を言ってみましたが、やはり体よくあしらわれてしまいましたね。 <タイレル家>の「ロラス」は「サーセイ」の策略で囚われてしまいました。 この先<タイレル家>が、どうなっていくのか楽しみです。 <スターク家>の「スノウ」は「メリサンドル」に誘惑されてしまうのかと冷や冷やしました。 彼女に誘惑されて断ったのは「スノウ」だけですね、頑張りました! 「サンサ」は故郷のウインターフェル城に戻ってきました。 ウインターフェル城には「ラムジー」に「リーク」と呼ばれている「シオン・グレイジョイ」が居ますが…、そろそろ顔を合わせそうですね。 <ターガリエン家>に仕える騎士たちの負傷は厳しいですね。 「バリスタン」は高齢なので重傷を負って大丈夫でしょうか?「グレイワーム」は若いから何とかなりそうな気が… さて次回は第5話です。 早く続きを見たいと思います。

次の