私 たち は どうか し て いる ネタバレ 55。 「私たちはどうかしている」最新話58話ネタバレ!椿が抱える不安と真相

私たちはどうかしている|漫画35話/7巻ネタバレあらすじ!無料で読む方法も

私 たち は どうか し て いる ネタバレ 55

スポンサーリンク 私たちはどうかしてる50話「天満月」のネタバレ 生死 椿が大旦那の部屋へやってき、倒れた大旦那と七桜を見て固まる。 「死なせない……絶対に死なせない……!」 必死に蘇生を試みる椿ーーーーーー…、 そのとき部屋に女将がやってくる。 女将は七桜がよからぬことをしたのでは…と、警察を呼ぼうとしたその時ーーー… 「ふ……ぐ……かは……ごほっごほっ」 大旦那が息を吹き返し、救急車も警察も呼ぶことを拒否をする。 母が残してくれた証拠が、自分がこの家の血を継いでいるという大事な証拠が目の前で破かれたことに七桜の心は裂かれそうな衝撃を受ける。 「返して」と伸ばす七桜の手を払いのけ、女将は大旦那に毎日心配していた大旦那になにもなくて本当によかった…と喜びを伝える。 「………その娘と 二人きりにしてくれ」 しかし大旦那が発した言葉は、七桜に対してだった。 女将は「そ……そんなどうしてまた…」と話すが、「いいからするんだ」と大旦那は強めに言い女将を黙らせる。 大旦那の言葉をうけ椿は部屋を出るーーー…女将は渋ったが大旦那に「出るんだ」と言われ、なす術なく部屋を後にするのだったーーーー…。 女将の憂鬱 部屋を出た女将は、一体いつから大旦那の意識がハッキリしていたのか…と冷や汗を流す。 「今度は なにをしたんだ?」 3年前の火事のときも、いろいろと思い通りにしてきた女将を疑ってる椿。 しかしいまも昔もいつだって光月庵のことを考えているだけだ、と女将はキッパリと話す。 「椿 あなたは間違いなく樹さんの子供よ」 火事のときのなにを聞いたか知らないけど、それだけは覚えておくようにーーー…そう告げ女将はその場を去った。 火事の日のこと 『3年まえの火事のとき 椿さんは七桜さんとの約束を守ろうとしていたんです』 栞はあの日煙が充満する屋敷の中で、倒れている椿を見つけて駆け寄った。 その時椿は何度もうわ言のように口にしていたーーーーー… 「……七……桜……も 戻る……七桜…七桜のところに……戻……る んだ……」 それを聞いた椿は一つの疑問が思い浮かぶ…あのとき自分が守ったっていう家に伝わる道具のことだ。 それも薄れゆく意識の中栞は見ていたーーーー…。 椿と栞の上に木材が崩れ落ちてきたとき、 消防隊の人と一緒にやってくる女将ーーー…その腕の中には道具があったのだ。 後日栞が光月庵を訪れると、椿が火事の中道具を取りに行ったと女将が言いふらしていた。 「でも……その道具は……」 栞が真実に言及しようとすると、女将は栞の口に指を当てる。 『この道具は椿が守った』…栞も上に立つものにはそういうことは必要ということがわかるでしょう? これは椿のためーーーー…女将はそう静かに栞に告げた。 栞は椿が七桜と別れたと聞いた時、心の奥で思ってしまった。 もしかしたら自分にもまだ希望があるかも…いつか椿の心が自分のものになるかもしれない…だったら自分が見たものを隠し通そう…。 「椿さんのためなんて きれい事です」 ずっと言えなかったことを栞は申し訳ないと頭を下げるのだった。 椿は栞の話を聞き、道具のある部屋にやってくる。 火事のときの記憶はまったくなかった…でもずっと執着してきた光月庵に受け継がれる道具を、無意識に守ったんだと疑わなかった。 そう考えなら道具に手を触れるーーーー…。 本当のことを知ってたらなにか変わってたのか…あの後、七桜との未来があったのかーーー… そんなことを考える椿だったが、自分と七桜にはそんな簡単なことじゃ済まないことがあること…それを思い出し儚く寂しい表情を浮かべるのだった。 大旦那の決断 七桜はやはり具合の悪そうな大旦那に、病院を勧める。 「『さくら』 おまえが本当に『さくら』なのか?」 七桜の言葉を無視し、話し始める大旦那ーーー…その問いに七桜は静かに頷くのだった。 しかしそれだけでは信じることができない大旦那は『証拠』はあるのかと問う。 七桜は母からの手紙を思い出し、自分の作ったお菓子を食べてもらうことに。 お菓子を口にする大旦那ーーーーー…口の中に広がるのは懐かしき桜と息子:樹のこと。 大旦那はお菓子を口にし、少し悲しく優しい表情をするのだった。 「私は……知っていたんだ…樹に ずっと想い人がいたことを……」 樹の想い人の名前も顔も知らないまま、大旦那は女将と結婚させるために2人を別れさせた。 結婚相手は家が決める…いまもそういう風習が残っている世界だからだ。 2人がその後も想いを断ち切ることができずに関係を続けていて、しかも相手が数ヶ月職人として店で働いてた…それを大旦那がしったのは2人が死んでしばらくしたあとだった。 男手一つで育てた息子は、いつも大旦那と店のことを気にかけていた。 愛する人と自分の立場の間でずいぶんと苦しんだことだろうーーー…そう大旦那は話す。 2人が一緒になることを自分が許していれば樹も、七桜の母親もいまも幸せに暮らしていたかもしれないーーーー… 「すべての原因を作った私を 許せるのか?」 大旦那のその問いに、6歳のあのときからずっと…何度も何度も夢に描いていた幸せな 暮らしを思い出す七桜ーーーー… 「ゆる…せません…」 そう絞りだした七桜の悲痛な言葉…。 だけども、母の気持ちを消したくない気持ちも七桜にはある。 「私は……父と母が大切にしていたこの店がほしいです」 そしてこの店で御菓子…桜の羊羹を作ることーーーー…それが七桜の願いだ。 それを聞いた大旦那は、椿の元まで手を貸してくれないかと七桜に頼み椿の元まで行く。 大旦那は自分の入院中、椿がかわりに店主をし…この店をなにか帰られたかを問う。 皮肉なもので、見舞いに来て世話を焼いてくれたのは椿だけだったのだ、と大旦那は話す。 椿はくたばる姿を見届けたかっただけだ、とそう冷たく一言。 「光月庵を継ぐのは 正式な血筋を持つものだけだ」 連綿と続く約束事で、大旦那自身も小さいころから何度も何度も言い聞かされてきた。 そしてその権利があるのはだれなのか…いまなら調べればすぐわかること。 ーーー…だが、本当にそれが正しいことなのか?なによりも守ることなのか…?大旦那は迷いに迷った末、七桜と椿に告げる。 今月末 12月31日大晦日 除夜祭の日 御菓子を作ってくれないか…と。 「より美味しく 魂をふるわす そんな御菓子を作った者……その者に 私は光月庵を譲るーーーーー…」 そう大旦那は2人に話すのだったーーーーー…。 大旦那は過去に大事な息子を失ったこと… そしてその息子の愛する人も亡くなったこと…なかなか響いているように思います。 だから最後の決断なのでしょうね。 それを変える…というのはなかなか難しいことだったでしょう。

次の

私たちはどうかしている第55話のネタバレと感想!新当主の最初の仕事|漫画ウォッチ

私 たち は どうか し て いる ネタバレ 55

〜もくじ〜• 私たちはどうかしている第59話のあらすじ 光月庵に戻った椿は、職人として淡々と仕事をこなします。 それを冷静にとらえながら、武六会のお菓子作りに入る七桜。 そんななか、多喜川が日本舞踊の名取になることが決まりました。 七桜はそのお披露目式に招待されます。 多喜川の舞の途中に椿が姿を現すと、明らかに動揺をみせる多喜川… 慌てて椿の後を追いかけた七桜は…? 私たちはどうかしている第59話のネタバレと感想 光月庵の職人として働き始めた椿。 周りはどう接すればよいのか困惑していますが、七桜は自分が冷静にならねばと、椿に指示を出します。 椿は自分の立場をわきまえ、下働きの仕事もこなします。 そんな椿に、これまでどおり普通に接する城島。 椿と城島のやり取りを見て、栞もまた、健気に自分の道を進むのでした。 この2人を見ていると、気持ちがほっこりするよ! 七桜は、武六会用のお菓子の作製に取りかかっています。 思うような菓子ができず悩む七桜。 お風呂上がりに庭の木の蕾を見ていた七桜は、偶然椿に会います。 七桜を優しく見つめる椿の瞳に、ちょっとドキッとした七桜なのでした。 さて、多喜川家では多喜川がお披露目式の練習をしています。 これまで周りがいくら勧めてもその気にならなかった多喜川なのですが、師範だった母の跡をようやく継ぐことに決めたのだそう。 多喜川が練習している横では、長谷屋の由香莉が見守っています。 そして、多喜川にキスしようと迫るのですが、多喜川は断ります。 「七桜ちゃんのこと本気なんだ 彼女が好きなんだよ」 由香莉は驚きます。 「あの子が本当のことを知ったら あなたのことを許すはずないわ」 多喜川はごめんと言い残し、その場を去りました。 多喜川の名取披露式の当日になりました。 七桜は場違いだと思いながらも、多喜川に招待されたので出席します。 多喜川の女形の舞が始まりました。 見事な鷺娘(さぎむすめ)です。 そこへ、椿が突然姿を現しました。 椿に気がついて動きが一瞬止まってしまった多喜川。 舞の後、着替えている多喜川に椿が詰め寄ります。 「なにが目的で七桜に近づいたんだ」 それを立ち聞きしてびっくりする七桜なのでした。 まとめ 思ったよりスーッと椿が光月庵になじめてよかったです! 周りは混乱するかもしれませんが、自由に椿のお菓子を作ってほしいですね。 一方多喜川も、七桜との結婚を本気で考え始めたようです。 その手始めに、名取になったのではないかと思います。 そして、光月庵の過去の事件に多喜川家が絡んでいると気づいた椿が、多喜川に接近してきました。 どんな真相が飛び出してくるのか楽しみです。

次の

私たちはどうかしている【55話】最新話のネタバレ。大旦那の遺言

私 たち は どうか し て いる ネタバレ 55

もくじ• 私たちはどうかしているのあらすじまとめ 七桜は幼いころに母が住み込みで働いていた老舗和菓子屋・光月庵で椿と出会った。 しかし事件が起き、殺人の容疑をかけられた七桜の母は逮捕されてしまい、七桜も追い出されり。 15年がたち、失意の七桜の前に現れた椿。 二人は和菓子の腕を競って対決することにまった。 七桜の人生を狂わせた椿。 その憎い椿は、なんと七桜に自分との結婚を持ちかける。 七桜を幼なじみだとは気づいていない椿。 思いもよらない言葉に七桜は!? 七桜は城島にたくさん迷惑をかけてしまう事を謝る。 城島はその言葉を聞き、複雑な表情を浮かべるのだった。 城島は本当は、七桜が光月庵に戻ってくることが反対だったのである。 城島は同時に、七桜が光月庵をもう恨むのをやめるように説得していたのに、それも叶わず悲しかったのである 七桜はその姿に胸を痛めて戸惑う。 しかし、自分がいまやらなければならない事を再び思い出し、心に強く思ったのだ。 そして、それが宿命だと信じているのである。 七桜は仕事始めに厨房であいさつをした。 しかしメンバーたちは厳しい表情を浮かべる。 七桜がこしあん作りの手伝いをしようとしても、厨房では空気を乱されたくないので断られてしまうのだった。 七桜はその場は諦めて、他に出来ることからしようと心に強く思った。 しかし、他の質問にもすぐに答えられない七桜。 自分が陰口を言われるのを感じ取ったのである。 ここで働くのは、思った以上に覚悟が必要なようだ。 よそ者というだけではなく、椿を追い出した人間として強くある必要があるのだと再確認をした。 武六会の席で、必ず皆の納得のいくお菓子を作ると約束する七桜。 店主として試される、初めての仕事、深々と一礼し引き受ける。 武六会が終って表に出ると雪だった。 多喜川がすっと傘を差し出してきた。 武六会では波風を立てないように、と上手くやるコツとアドバイスをしてくれた。 それを聞いた七桜は、それでいいのかと問い、本当の多喜川さんを知りたい、と詰め寄る。 思わず傘を落とす多喜川。 そこへ由香莉が近寄って来て、多喜川のそんな顔初めて見るわ、と言いう。 しかも多喜川のことを、下の名前で薫さんと呼ぶ。 七桜にも、親しげに多喜川の秘密を話そうとする。 多喜川がキッと睨みつけると、名前が薫で女っぽくて恥ずかしいと思ってるって言われたくなかった?と、由香莉はとぼける。 気づけば雪も止んでいる。 多喜川はそそくさと退散した。 残された七桜は由香莉に、多喜川と前から知り合いなのかどうか聞く。 由香莉は狭い世界だから、とだけ言って去っていく。 七桜は多喜川の鋭い姿勢がやけに気になった。 栞は多喜川のことをあまり良く思っていないらしい。 けれど、多喜川がいなければ最悪死んでいたかもしれない七桜は、彼を信じてちゃんと向き合いたいと想う。 その頃、偶然夕子の店を訪れていた椿は、店のカウンターで夕子と並んで話をしていた。 三年ぶりに再会した二人。 夕子は椿に、自分が七桜の本当の母親ではないことを知っているだろうと尋ねた。 そのことについて椿は、自分から光月庵を奪うために、夕子は七桜にお願いされてやったと考えていた。 全力で否定する夕子 のあまりに必死な様子に、椿は呆気に取られる。 夕子は七桜との約束を破り、椿にあのとき七桜は椿の子を身籠っていた、ということを教える。 まさかの真実に驚愕する椿は あまりのやるせなさに顔が歪む。 夕子はもう一度七桜とやり直せないのかと切望するも、また会えば傷つけ合ってしまうと椿は静かに答えるのだった。 道具が七桜のものになるくらいなら燃やす、きっときれいな炎になる、と。 椿はそれを聞いてやってきたのだ。 どうしてここにいるのかと七桜に問いかけられた椿は、忘れ物を取りにきた、と答えた。 光月庵に戻った七桜。 従業員たちは、手を怪我した七桜を心配する。 その時、一緒にやってきた椿に驚いた。 七桜は、もう二度と会うことはないと思っていた椿がなぜいるのか不思議で仕方ない。 椿は、職人が2人いないことに気づいた。 実は数日前に辞めてしまっていたのだ。 そのことを椿に伝えられず、忘れ物なら母屋でしょうと食ってかかる七桜だったが椿はその言葉を遮り、オレを光月庵の職人としてお前のそばに置いてくれと七桜に言った。 何を言われているのか理解できない七桜。 そんなことできるわけないとつっぱねるも、このままだと質も落ちるだけだと言われ、手の怪我が治る間でも職人がいるだろうと椿に言われる。 店を継ぐことにあんなにこだわっていた椿がなぜこんなことを言うのかわからず、何か目的があるのかと勘ぐる七桜。 そして、無理だ私の下で働くってことだから椿のプライドが許さないでしょと椿に言う。 しかし椿は、職人のエプロンをつけこれでいいのかと七桜に問いかけた。 椿の本気を感じて戸惑う七桜。 でも目が悪いんじゃないか、と理由をつけて断ろうとするも椿は目は手術をしたことを伝えた。 それを聞いた七桜は一瞬頑なな態度を軟化させ、よかったと小さく呟いた。 そんな七桜の優しさに触れ椿は、やっぱりオレはここでしか生きられないと七桜を見つめた。 そんな椿の瞳に見入ってしまう七桜。 七桜は光月庵の伝統を絶やさない為にも、椿に店に戻ってきてもらうことを決意する。 職人として戻ってきた椿に光月庵の従業員たちは騒然とする。 どう接していいかわからない従業員たちに対し、七桜は毅然とした態度で椿に接する。 菓子作りの指示をする七桜におとなしく従い、すぐに仕事に取り掛かる椿を見て、従業員たちは驚く。 そんな椿の姿を見たからか、七桜の指示に従業員たちもすぐに仕事に取り掛かるのだった。 「椿は職人としてここにいる。 それ以外なにもない。 冷静でいなきゃ……」 と心の内では自分に言い聞かせる七桜。 ふるいを洗う椿をみて、城島は慌てて「そんなことオレがやるし」と止めに入る。 それを断りながら椿は、焼きを任されるようになった城島を褒めるのだった。 椿とはやりにくいと話しつつも、認めてもらった嬉しさを隠せない様子の城島を栞は「ぷっ」と噴き出して笑う。 城島は、やはり椿は着物を着てここにいるのが一番しっくりくるのだと感じていた。 栞は城島を見習って、二人の蕾が開くこと、そしていつか自分の蕾もできたらいいな、と願っていることを城島に打ち明ける。 それを聞いた城島は「進歩じゃん」と栞を褒めるのであった。 一方、七桜は落雁作りが上手くいかずに悩んでいた。 風呂上がりに廊下を歩いていると、ふと外の梅の蕾に気付く。 蕾をよく見ようと窓を開けると、そこには椿の姿があった。 「はっ」として逃げようとする七桜はシュシュを落としてしまい、椿にそれを拾われてしまう。 シュシュを手渡された七桜はお礼を言うが、その時椿は七桜の耳に触れる。 「私の事恨んでるんじゃないの?」と戸惑いながら椿におやすみを告げ、七桜はその場から立ち去るのだった。 以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。 しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。 こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。 サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 最大900ポイント 待てば2冊が読める これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。 また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

次の