ブログ 100記事 稼げない。 ブログのアクセス数が伸びない人は半年待つべし!1ヶ月目のアクセスなんて飾りです

ブログを100記事書いたけど稼げない人の特徴。

ブログ 100記事 稼げない

アフィリエイターのクロネコ屋です。 ブログを作ってみたけど、アクセス数が全然伸びない…。 そんな悩みを抱えている人は多いと思います。 特にブログ運営初心者で「アフィリエイト(Amazonアフィやグーグル・アドセンスなど)で稼ぐぞ!」と意気込んでブログをはじめた人ほど、1ヶ月目のアクセス数の少なさにガッカリすると思います。 Googleの構造上、ブログ開設後、どんなに記事を書いても、1ヶ月目でいきなり検索からアクセスが集まる事はありません。 私のブログでも、ブログ開設直後に100記事投入したブログがありますが、1ヶ月目のデイリーアクセス数は10~20でした。 ブログにまとまったアクセス数が集まるまでは、どんなに早くても半年はかかります。 私はこれを『半年ルール』と勝手に名づけています。 このルールに則り、どんなに実験的なブログでも、とりあえず半年運営してみて、それから運営を続けるか捨てるか判断しています。 今回は、ブログ開設後のアクセスの伸び方について、私のブログのアクセス解析画像を参考に紹介します。 目次(もくじ)• 私のブログのアクセス推移から学ぶ『半年ルール』の法則 上記の画像は、私の運営するブログのアクセス推移です。 期間は7ヶ月。 1日1記事更新(月30記事)のペースで更新しました。 1記事の文字数は2000文字~3000文字です。 この画像を見れば分かると思いますが、 1ヶ月目のアクセス数は100前後。 しかも、これはリンクからのアクセスなので、実際に検索から来ているアクセスは20~30でしょう。 さすがに2000文字級の記事を毎日更新して、検索から1日20~30アクセスしか来ないと、心が折れそうになりますね。 収益も全く期待出来ませんし「貴重な時間を削って書いてるのに、これじゃタダ働きだ…」といった心境になります。 しかし、画像を見て分かる通り、ブログ開設から2ヶ月目、3ヶ月目…と時間を追うごとにアクセス数は右肩上がりに増加しています。 ちなみに3月はブログを放置してしまい、2記事しか更新していません。 にも関わらず、アクセス数は減るどころか、どんどん増えています。 8月はデイリーアクセス数が1000を安定して超えるようになりました。 特化ブログであれば、デイリー1000アクセスあれば収益も期待出来ます。 ちなみに、このブログは出会い系に特化した男性向け恋愛ブログで、すべての記事に出会い系の広告を貼っているため、 デイリー1000アクセスで月20万~30万稼げています。 出会い系アフィリエイトのやり方は、下記の記事を参考にして下さい。 グーグル・アドセンスとAmazonアフィリエイトだけでも、デイリー1000アクセスあれば月1万円以上稼ぐことが可能です。 (私の持っているブログで最も小さいブログが、デイリー200アクセス・広告はアドセンスのみで月3000円なので) 「ブログで稼ぎたい!」 「副業としてアフィリエイトを始めたい」 という方は、まず半年間、じっくり腰を据えて記事を蓄えていくのがベストです。 1ヶ月目のアクセス数を見て、慌てる必要はありません。 Googleの採点が終わるまで、コツコツ積み重ねていきましょう。 半年経ってもアクセス数が伸びないブログがチェックすべき項目 残念ながら、半年ルールはすべてのブログ・サイトに適用される訳ではありません。 Googleに評価されるブログ記事でなければ、検索順位上位に来れず、アクセスを呼ばない死に記事になってしまいます。 半年ルールに則ってアクセスを伸ばすためには、下記の条件を満たしていることが必須となります。 1:1記事のボリューム(文字数)が1000文字以上であること 文字数が少ないと、Googleは「内容が薄いコンテンツ」として検索順位を下げてしまう傾向があります。 最低でも1記事1000文字以上は無いと、アクセスを呼びこむ記事にはなり難いです。 2:検索ニーズがある内容を含んでいること 検索ニーズの無い記事は、当然ですがアクセスを呼び込みません。 ライバルとの競合を恐れて、あまりにもマイナー過ぎる話題で書くのも考えものです。 3:他社サイトとの差別化が出来ていること welpやNAVERまとめのようなキュレーションサイトと被る内容では、アクセス増加は望めません。 検索順位上位にいるサイトを斜め読みして、それになぞって書いた記事では検索順位が上がらないのです。 近年は、クラウドワークスなどでライターが買い叩かれ、ますますコンテンツの差別化が重要になってきました。 同じテーマでも、切り口や独自の目線、個人の体験談、イラストや画像で工夫して、ユーザーが飽きない記事を作りましょう。 キュレーションサイトが普及したため、ユーザーはありきたりな内容の記事には飽きています。 強烈な毒舌でも、独特な解説・レビューでも何でも良いので、他のサイトとは違うぞ! という点を作ることを意識しましょう。 月4記事でもいいから継続することが大事です 物事を継続するというのは、非常に大変です。 ブログで稼ぐ! アフィリエイトで稼ぐ! と意気込んでも、1ヶ月目で挫折してしまう人が多いです。 しかし、例え週1記事(月4記事)の更新頻度でも、積み重ねていけば必ずアクセス数は右肩上がりを描きます。 実際、私の最小のブログは月1記事更新を1年続けて、デイリー200アクセス・月3000円のアドセンス収益になっています。 副業の場合は、無理をせずコツコツ記事を積み重ねて、着実に収益化を進めていきましょう。 ブログ運営(アフィリエイト)は「ユーザーの役に立つ読みもの」を提供することで対価を頂くシステムです。 ユーザーが読んで楽しい・タメになるコンテンツを意識していけば、自然とアクセスは集まってきますよ。 特に、2018年以降はGoogleの変動も頻繁に行われています。 記事数や運営歴を積み重ねれば安心…とは言えない時代なので、自分を信じてコツコツ書く忍耐力が大切ですよ。 最近はもうホワイトだろうと運営歴が長かろうと、Googleは順位を揺さぶってくる。 記事数を積み重なればドメインパワーもついた頃に比べて、初心者の心を折りにきてる感じはある。 それでも腐らず結果が出るまで続けるためには、やはり「儲かるから」だけではキツい。 誰のための広告なのか考えるべし — クロネコ屋 若ハゲ社長ブロガー NINJAkusokuso 文章が書けなくなったら、こちらの記事を参考に休んでください。 関連記事 2018年一番稼げるアフィリエイトは仮想通貨アフィリエイトです。 その理由と根拠を紹介しています。 私の1年間の収益報告です。 アフィリエイトを活用すれば、ここまで収益を伸ばせます。 ブログをやっている人は、同時並行でアフィリエイトの勉強も行いましょう。 アフィリエイトを学ぶには本がおすすめです。 こちらで厳選した書籍を紹介しています。 アフィリエイトの仕組みやお金の流れを初心者向けに解説しています。 【PR】有料講座でノウハウを公開中です お金持ちになるためには、自分が寝ている時も働いてくれる『キャッシュマシン』が必要です。 多くの人は不動産や株式の配当金を想像しますが、もっと気軽に作れる不労所得がございます。 それが「ブログを収益化する」という方法です。 Brainという有料記事の配信サービスにて、ブログで稼ぐための有料講座を公開しています。 どちらも『一個人がブログの広告収入で稼ぐ』ためのノウハウとなっています。 ブログ収益化の月3万円~月100万円まで対応しており「ブログで稼ぎたいけどノウハウがない」とお困りの方に向けた教科書になります。 私が実践で得た知見をしっかり書いていますので、稼ぐまでの時短にどうぞ。 ただし、本気で「ブログやアフィリエイトで稼ぎたい!」と考えている人のみ購入して下さい。 アフィリエイトは実際に手を動かさないと結果は出ません。 楽して稼げる!といった気持ちで購入するとお金の無駄になりますので、作業できる人のみ参考にして下さい。

次の

ブログのアクセス数が伸びない人は半年待つべし!1ヶ月目のアクセスなんて飾りです

ブログ 100記事 稼げない

ブログを100記事書けば1万PVぐらい言って、収入も少ないながらも3000円ぐらいはいくんじゃないのかなあ?(あわよくば、何万円とかいくかも・・・) それを元手に勉強、インプットしたことをアウトプットして記事を書くんだ。 未来へのキラキラ感。 100記事書く前の私はそんな夢を描いていました。 ところがどっこい。 そう、ところがどっこいなのです。 100記事かいてPVは1500ほど・・・。 収益は72円でした。 (トータルです) ブログを1記事書くのに4~5時間ほどかかっています。 144 自給0. 144円・・・。 ホワッチャ~~~~~!ふるえます。 ブログを自分の好きに日記のように書くなら、どうかこうとも自由です。 ただ収益をあげることを考えたなら必要なことがあります。 失敗談を元に何がダメだったのか考えていきたいと思います。 ブログで収益を上げるうえで最低限必要なことに書いています。 ジャンル選びは重要です。 読んでもらえるブログを書くうえでブログのジャンル選びは重要です。 YMYL(Your Money Your Life)と呼ばれる。 健康や幸福、お金、安全に影響を与える可能性のあるページでの上位表示は個人ブログでは、ほぼ無理と考えていいでしょう。 「YMYL」の分野では特に専門性・権威性・信頼性が重要視されます。 「YMYL」の分野では「E-A-T」が重要です。 仮にこの分野でいい加減な情報が検索上位に表示されていたとしましょう。 本当に困って検索した人にいい加減な情報が伝わる可能性がでてくるわけです。 田舎に住む、普段ネットなんて使わないお婆ちゃんが体調がわるくて調べものをしてみた。 いい加減な情報が出てきた。 お婆ちゃんそれを信用。 全部やってみた。 体調悪化。 しかも大金も失う。 もしかすると、そんなこともあり得るのかもしれないと思うと、そりゃあ、そうなるよなぁ・・・。 ちなみに私はブログを書き始めた時、「クレジットカード」「ヒゲ脱毛」で記事を書き始めました。 どちらもブログ界のレッドオーシャン、激戦区として有名なジャンルです。 なけなしの浅い知識を握りしめて戦地へ赴きました。 後々考えたなら。 「クレジットカード おすすめ」 「ヒゲ脱毛 おすすめ」 例えば、そんなキーワードで検索してみると分かります。 すごくためになる知識がつまった記事がそこにあります。 自分が知っていることを「1」とするなら、相手は「10」なのです。 しかも専門性の高いジャンルです。 あっぱれなぐらい完敗ですな。 そして近年では公式サイトが上位表示される傾向にあります。 えっこれ、すごくいい情報がのったサイトなのに・・・。 検索順位が低い。 そんなこともあります。 ブログを書き始めた初心者がそのジャンルへ参入することは、おすすめできません。 ただどうしても自分はここのジャンルについて書きたいんだ。 という場合もあるでしょう。 自分はここの第一人者だ。 どうしてもこの素敵な知識をみんなに知ってもらいたんだ。 そんなに言うなら、書いた方がいいです。 「SNS」はやった方がいい 私はブログを書き始めた当初、TwitterなどのSNSをやっていませんでした。 ブログとの関連性がよくわかっていませんでした。 Twitterでブログの記事をツイートしたところで、読まれないだろと考えていました。 確かに、他のブログと代り映えしない内容の記事は読まれません。 リツイートもされません。 現在のGoogle検索結果は公式サイトが優位な傾向にあります。 そのため個人で書いたどんなにいい記事であっても検索上位にあがってくるのが難しいです。 ただ個人で書いた記事であっても、内容の素晴らしいものはTwitterでツイートしたなら誰かの目に止まる確率があがります。 そしてその内容がいいと思った人はリツイートをしてくれます。 どこの誰か分からない人がツイートした記事が読まれることは少ないでしょう。 しかし、信頼できるあの人(友人も含め)がいいと思って、リツイートした記事の内容はどんな内容なんだろう?気になりませんか?読んじゃいますよね。 そこでまた、内容がいいと思ってくれたならリツイートされる確率があります。 SNSをやらずにブログを始めた当初、そのブログへの入り口は検索エンジンだけです。 しかも検索エンジンでは上位表示されない。 そうなってくるとあなたのブログへの入り口がどこにも見当たらないわけです。 TwitterなどSNSをすることによって、あなたのブログへの入り口を増やす事ができます。 Twitterからブログを読みに来てくれる人もいます。 ブログを100記事書いても読まれることがほとんどない。 そんな状況にあるなかでTwitterから読みに来る人がいるとう事実。 そうなるともっとちゃん読みやすくブログ書かねば。 ここの言い回しは分かりにくいから変えてみよう。 工夫が生まれます。 GoogleアナリティクスでTwitter経由で人がブログで訪れてたことを確認できます。 実際に人の動きが見えることで、責任感やらやる気が生まれます。 これまで無風だった自分のブログに微かに風を感じるのです。 ブログ開始1~3か月で結果を出す人はSNSを上手に駆使しているのです。 「キーワード選定」をしなかった キーワード選定は重要です。 私はキーワード選定をしませんでした。 私自身、ブログ100記事を書いた上でとても大きな失敗でした。 なんなら自分で作ったオリジナルの単語をブログのタイトルにしていました。 そりゃあ検索されないよ。 その単語、自分しかしらないんだから・・・。 中には自分の書きたいことを書いてそれが世間に受け入れられる方もいるでしょう。 やたらと内容が面白い場合や、とても共感を生む場合など。 ただそっちほう難しい。 自分が書きたい内容がどんな「キーワード」で検索されているのかそれを知ることは重要です。 おすすめのキーワード選定サイト よくおすすめされているサイトです。 ただそれは、みんながおすすめするほど重要なサイトということです。

次の

ブログのアクセス数が伸びない人は半年待つべし!1ヶ月目のアクセスなんて飾りです

ブログ 100記事 稼げない

結構記事もたまったしそろそろ成果が出ても良いのでは?って諦めたくなる気持ちもよくわかります。 これだけやったのに対して稼げないじゃん?やっぱり才能ないの?って辞めたくなる気持ちも分かります。 だから私がアフィリエイトで稼げる唯一の絶対法則を教えます。 ここまでやって10万稼げてない人はまずいないと思います。 大変に聞こえますが私の海外の経験ではこれは向こうの大学生が1年で書くレポートの数にも満たないです。 しかも辞書を引きながら、バイトしながら英語でやるのです。 ついでに言ってしまうと向こうでTOEIC800点程度など恥ずかしくて言うことではありません。 でもアフィリエイトなら月収10万は年収100万ですよね? 海外の大学・大学院を根性ででても日本で年収1000万稼ぐのはわずか数%。 多分稼げないとすぐに嘆く方は努力のレベルがはるかに低いです。 私は100記事100ブログと聞いた時に、絶望よりも希望を感じました。 だってそこまでなら頑張れる。 無理だったら自分のなかで踏ん切りがつくって思えたから。 ちなみにこのサイト30記事を超えますが、2週間程度で書きあげてます。 もちろんブログもHPも書き、メルマガの質問に答え、授業を5時間以上こなし、テストの採点。 家に帰って家事を手伝いつつです。 このくらいのスピードです。 一緒に作業して思うのですが初心者の方は何もかもが死ぬほど遅い。 仕方ないことなのですが、やればやるほどうまくなるのはどんな仕事も同じですよ? 構造をマスターして一つだけドメインの強いブログを作ろう。 これはリンクの貼り方です。 とにかく稼げそうだな?と思ったサイトに一方的にリンクを送り込みパワーを全部あげます。 この構造がないとそう簡単に上位表示が出来ません。 アメブロの場合読者登録がありますが、他のブログではまずダメでしょう。 そう簡単にアクセスは伸びません。 100記事作っている中で、必ずアクセスの多いブログが出来ますので、そこからリンクを送ってください。 詳しくはメルマガで!って言いたいところですが簡単な概略図だけ無料で公開します。 A〜Cは無料ブログ。 全部バラバラのブログで作ってください。 メインサイトは独自ドメインです。 このピラミッド構造をいくつ作れるのか?そしてメインキーワードのタイトルが何なのか?で売り上げは違います。 だだ、100ブログを作ればアドセンスでしっかりとした教材費ぐらいは最低限稼げますので買った方が良いです。 100記事を書くモチベーションが続かないのは周りに努力家がいないからだけ。

次の