すいか ポイント。 Suicaのポイント還元率はどれくらい?Suicaの種類や使い方

Suicaポイントの貯め方と使い方を徹底解説!

すいか ポイント

期限は2019年10月1日〜2020年6月30日までの9カ月間。 ここでは交通系ICカードに絞って、キャッシュレス還元を受ける方法をまとめた。 主要な交通系ICカードは全国で10種類が流通しており、それぞれ還元の適用条件、付与方法が異なるの注意したい。 Suica(スイカ)は事前登録必要でウェブ上で引き換え 首都圏の私鉄や地下鉄などで普及しているPASMOも、キャッシュレス還元を受けるには専用サイトでの事前登録が必須だ。。 会員登録後、PASMOの番号を入力すれば登録完了となる。 貯まったポイントはウェブ上のPASMOのマイページで確認できる。 3カ月ごとに利用した金額に応じて還元される仕組みで、還元されたタイミングで登録時に入力したメールアドレスにお知らせが届く。 ポイントを登録したPASMOに付与する方法が少し面倒で、ウェブサイト上では付与できず、首都圏の私鉄会社の駅や定期券販売窓口での引き換えとなる。 西武鉄道は91駅(小竹向原駅を除く全駅)と京浜急行鉄道は72駅(泉岳寺駅を除く全駅)+定期券窓口4カ所とほとんどの駅でポイントの引き換えが可能だが、そのほかの鉄道会社では引き換え可能な駅が限られているので注意しよう。 ICOCA(イコカ)は事前登録必要で還元は自動 関西の私鉄を中心にい流通しているPiiTaPaでは、キャッシュレス・消費者還元制度のキャッシュレス決済事業者に登録済みだ。 9月28日時点では開始時期は明らかになっていないが、ポイントの還元方法は決まっている。 PiTaPaのポイントは「ショップdeポイント」と呼ばれ、100円の利用で50ポイント(5円相当)が付与される、500ポイント(50円相当)が貯まるごとに、PiTaPaポストペイエリアでの交通利用代金から50円が差し引かれる仕組みだ。 なお、ショップdeポイントはANA、JALのマイレージとの移行が可能だ。 なお、ジュニア、キッズカードは対象外。 manaca(マナカ)は事前登録必要だが還元は自動 東海地方で流通しているmanacaのキャッシュレス還元は少しややこしい。 manacaは、名古屋鉄道(名鉄)や名古屋市営地下鉄などが発行しているが、還元を受けられるのは名鉄系のみで、エムアイシー発行のカードに限られ、名古屋交通開発機構が発行するmanacaaは対象外。 エムアイシー発行のmanacaで還元を受ける場合、事前にミュースター会員へ登録する必要がある。 還元されたミュースターポイントは翌月にまとめた登録したカードに反映される。 ポイントは、会員サイト「マイミュースター」もしくは名鉄公式スマートフォンアプリ「ミュースターTouch」で確認できる。 SUGOCA(スゴカ)は事前登録の必要なしで還元も自動.

次の

マイナポイントのオススメ決済サービスはSuica!子ども分は

すいか ポイント

JR東日本の新ポイントシステム!SuicaでJRE POINTが貯まる まずはSuicaのポイントシステムの概要についてご説明していきましょう。 現在、Suicaの利用で貯まるのはJRE POINTというポイントです。 JRE POINTは2018年6月28日にJR東日本が取り扱う複数のポイントシステムを統合する形でスタートした新しいポイントシステムで、JR東日本の共通ポイントとして位置づけられています。 JRE POINTは有効期限が実質無期限 Suica利用で貯められるJRE POINTの基本的な仕組みを確認しておきましょう。 JRE POINTは、Suicaの利用を含めJR東日本の様々なサービスを利用して貯めることができます。 貯まったポイントも、Suicaに1ポイント=1円としてチャージするなどJR東日本の対象サービスにて利用可能です。 そして、JRE POINTの仕組みの中でも特に注目してほしいのが有効期限です。 JRE POINTの有効期限はポイントを貯めた、あるいは使った日から2年間となっています。 つまり、継続的に利用していればどんどん有効期限が延長され、実質無期限でポイントを貯め続けていくことができるのです。 貯め方・使い方ともに多彩で、しかも有効期限実質無期限のJRE POINTは、非常に貯めやすいポイントシステムに仕上がっていると言ってよいでしょう。 JREポイントはSuica以外にもビューカードやJREポイント加盟店などJR東日本の様々なサービスで獲得できるよ。 JR東日本ユーザーならどんどんポイントが貯まるのが魅力だね。 鉄道でもお店でもSuica利用でJRE POINT貯まる! Suica利用でJRE POINTを貯めるにあたって注意してほしいのが、SuicaのサービスがすべてJRE POINT付与の対象となるわけではないという点です。 JR東日本鉄道乗車やSuica加盟店でポイントが貯まる 現在、SuicaでJRE POINTが貯まるのは、以下の利用シーンとなっています。 利用 ポイント還元率 鉄道利用(JR東日本在来線) 0. 5~1% 2019年10月よりSuicaのJRE POINT対応範囲が拡大され、鉄道利用やSuicaグリーン券、モバイルSuica定期券の購入でもポイントが貯まるようになりました。 特にモバイルSuicaでは2%の高還元で利用することができ、非常にお得です。 鉄道利用も加盟店利用もポイント付与の対象となるので、JR東日本ユーザーの方ならどんどんJRE POINTを貯めていくことができますね。 エキナカのお店多数!ポイント貯まる加盟店を紹介 加盟店利用の中でもJRE POINTが獲得できるのは、下記のマークがあるお店でSuicaの電子マネー決済をした時となります。 お店によって還元率が0. 5%または1%と異なるので、注意してください。 それを踏まえて、Suicaの電子マネー利用でポイントが貯まる主要なお店をご紹介しましょう。 店舗 ポイント還元率 NEW DAYS 0. 5% キオスク 0. 5% エキュート 0. 5% グランスタ 0. 5% 駅弁屋 0. 5% メトロポリタンホテルズ 0. 5% ジェクサー 1% イトーヨーカードー 0. 5% 紀伊國屋書店 1% 洋服の青山 1% ホテルニューグランド 0. 5% ANA国内線機内販売 0. 5% タイムズ (関東・東北エリアの一部駐車場) 1% ヤマト運輸 0. 5% 駅ビルや売店と言ったエキナカの店舗が中心ですが、街中のお店に関してもある程度のジャンルを網羅しており、様々なシーンで活用することができるでしょう。 ぜひ対象店舗を一通りチェックして、JRE POINTを貯めるチャンスを逃さないようにしてください。 キャッシュレス消費者還元事業登録店舗で最大5% 2019年10月からスタートしたキャッシュレス消費者還元事業対象店舗でSuicaを利用すると、5%還元(フランチャイズは2%)が受けられます。 コンビニなどの利用で、その場で即時充当された場合を除き、JRE POINTでの還元となります。 利用した翌月に、1カ月分のポイント還元事業対象の分がまとめて付与され、貯まったJRE POINTは1ポイント1円としてSuicaとして利用頂けますから、ポイントの使い道に困ることはありませんね。 モバイルSuicaなら鉄道利用やグリーン券、定期券の購入でなんと2%分ものJRE POINTが貯まるよ。 カード型Suicaより圧倒的にお得だからぜひ活用してね! ポイントの二重取りができる!Suicaチャージはビューカードがおすすめ Suicaの電子マネー利用のポイント還元率は0. 5~2%ということで、Suica単体でもそれなりにJRE POINTを貯めていくことができますが、もっと効率よくSuica利用でポイントを貯める方法をご紹介していきましょう。 それは、にクレジットカードを利用するという方法です。 Suicaのチャージがポイント付与の対象となるクレジットカードを利用すれば、チャージ&利用でポイントの二重取りが可能になります。 中でも断トツでSuicaチャージ利用のメリットが大きいのが、同じJR東日本発行のビューカードシリーズです。 ビューカードなら、モバイルSuicaはもちろんのこと、多機能券売機や駅のATM『VIEW ALTTE』を利用してカード型Suicaにもスムーズにチャージすることができるうえ、クレジットカードとしては唯一、Suicaオートチャージサービスの利用も可能です。 しかも貯まるポイントもSuicaと同じJRE POINTなので、1つのポイントに集約して効率よくポイントが貯められるというのも魅力と言えます。 ビューカードはSuicaチャージでいつでもポイント還元率1. 5% ビューカードの利点は、ただ単にSuicaに便利にチャージできるということだけではありません。 実はビューカードシリーズ共通の特典として、Suicaチャージ(オートチャージ含む)のポイントが通常の3倍になるのです。 通常のビューカードの還元率が0. さらにこのポイント3倍適用の対象はSuicaチャージ以外にもJR東日本の複数のサービスに及びます。 乗車券、定期券、回数券、特急券の購入• JR東日本国内ツアー(一部対象外)• Suica定期券、Suicaカードの購入• モバイルSuica、Suicaアプリケーションの利用 これらのサービスをすべて、ビューカード決済でポイント還元率1. このお得さも、Suicaとビューカードを併用する大きなメリットと言えるでしょう。 加盟店で提示するだけで100円につき1ポイント貯まる ビューカードには他にも、JRE POINTをお得に貯められる特典が豊富に備わっています。 JRE POINT加盟店でカードを提示するだけで、100円(税別)1ポイントのJRE POINTが貯まります。 まず、JR東日本沿線の主要な駅ビルはほぼJRE POINT加盟店となっており、ビューカードでの決済でいつでもポイント還元率が合計1. 5%になりますよ。 WEB明細に切り替えるだけでポイントが貯まる お得なビューカードポイント特典のもう1つは、Web明細ポイントサービスです。 こちらは通常発行される紙の利用明細の郵送をストップしてWeb明細へと切り替えるだけで、明細書発行月に50ポイントずつもらえる仕組みとなっています。 したがって年間で考えると最大600ポイントものボーナスポイントが獲得できることになるのです。 紙の利用明細よりもWeb明細の方が扱いやすく、紛失や人目に触れるリスクも圧倒的に低くなるため、ポイント特典を抜きにしても切り替え自体もメリットが大きいですよね。 こうしたポイント特典を活用すれば、Suicaチャージ以外でもビューカードで効率よくJRE POINTを貯めていくことが可能となっているのです。 そんなビューカードシリーズは、他社特典を付加した提携カードも含めて実に10種類以上も用意されています。 その中でどれを選べばよいのか、困ってしまう方もいるかもしれません。 そこでここでは、Suicaチャージに利用したい方におすすめのビューカードを3つご紹介したいと思います。 おすすめビューカードその1!ビックカメラSuicaカード まず1つ目は、ビックカメラSuicaカードです。 ビックカメラSuicaカードはその名の通り、ビックカメラとの提携カードとなっています。 その最大の特徴は、普段のショッピング利用でJRE POINTとビックポイントの両方のポイントが獲得できるという点です。 それぞれのポイント還元率が0. ここにSuicaチャージ時に獲得したJRE POINT1. もちろん、ビューカード共通特典としてJRE POINT加盟店では1. ビックカメラSuicaカードは、ビューカードの中でもポイント面のお得さに特化した1枚となっているのです。 しかもこのカードはビューカードの中でも数少ない、実質年会費無料で利用可能なクレジットカードとなっています。 ビックカメラでお買い物をする機会が多い方はもちろん、ポイント還元率重視の方に幅広くおすすめできるのがこのビックカメラSuicaカードなのです。 基本のビューカード共通特典に加えて、東京駅構内のビューゴールドラウンジや国内主要空港ラウンジを無料で利用できるラウンジサービスが付帯していたり、旅行保険、ショッピング保険もより手厚くなっていたりと、ゴールドカードらしい上質かつ多彩な特典を備えています。 また、入会特典として5,000円相当のJRE POINTが貰える上、年間100万円以上の決済で次年度も5,000円相当のJRE POINTが貰えます。 通常ポイントやボーナスポイントと合わせると、年会費以上のポイントが獲得できる為、年100万円以上決済する方なら十分に相殺が可能となります。 年会費 11,000円(税込) スペック ・基本ポイント還元率0. 無料でポイントゲットも可能!JRE POINTアプリも活用すべし もう1つ、お得にJRE POINTを貯める手段としてぜひ活用してほしいのが、スマホ向けのJRE POINTアプリです。 JRE POINTアプリは、JRE POINTのポイント残高や利用履歴、期間限定ポイントの有効期限などをスマホで手軽に管理できるほか、キャンペーン情報のお知らせなども確認できる、JRE POINT会員向けの公式サービスとなっています。 そしてこのJRE POINTアプリでは、無料でポイントが獲得できるお得なミニゲームにも挑戦することができるのです。 挑戦可能なミニゲームは、以下の2つとなっています。 ゲーム 概要 ポイント福引 特定の駅にチェックインするごとに最大100ポイントが当たる福引に1回チャレンジ可能 鉄道すごろく お買物金額などに合わせて列車が進み、ゴール駅に到着するとポイントがもらえるすごろく アプリ自体も無料で利用することができ、お得かつ効率的にJRE POINTを貯めていくためには欠かせないサービスです。 JRE POINT会員に登録する際には、忘れずにダウンロードすることをおすすめします。

次の

25%還元のマイナポイント事業にSuica、nanaco、WAON、QR決済

すいか ポイント

総務省は、マイナポイント事業の対象となるキャッシュレス決済事業者の、2月19日時点の登録状況を公表した。 事業者数は23社。 マイナポイント事業とは、キャッシュレスでのチャージまたは買い物に対し、25%のマイナポイントが付与されるもの。 付与上限は1人5,000円分。 マイナンバーカードの取得と、マイキーIDの設定が必要となる。 消費者は、対象となる決済事業者の中から、任意で1事業者を選択。 選択した決済事業者が設定するポイントが付与される。 2月19日時点の対象決済サービスは、FamiPay、メルペイ、ほろかマネーサービス、Suica、au PAY、d払い、電子マネーゆめか、J-Coin Pay、CoGCa コジカ 、りそなウォレットサービス、PayPay、nanaco、LINE Pay、WAON、楽天ペイ アプリ決済 、Bibica、くまモンのICカード、楽天Edy、ナギフトマネー、FKDハイカード電子マネーサービス、オレボポイントカード。 決済事業者番号順。 サービス数は21となっており、事業者数より少ない理由は、りそなウォレットサービスをりそな銀行、関西みらい銀行、埼玉りそな銀行の3事業者が登録しているため。 また楽天系列から、楽天ペイ アプリ決済 と楽天Edyがそれぞれ登録されている。 今後の審査・手続きにより、変更される場合があるとしている。 またキャッシュレス決済事業者の申請受付は3月末まで継続する。 総務省は消費者に対し、マイナンバーカードの交付には一定の時間を要することから、早めの申請を呼び掛けている。

次の