豪 ドル 見通し 100 円。 豪ドルが100円ぐらいになるのは何年後ですか?

豪ドル円がコロナショックから急反発、今後の値動きのポイントは

豪 ドル 見通し 100 円

2020年6月23日 20:00 コロナ・ショックを受け豪ドル円も1豪ドル=59円台と、リーマン・ショック以来となる価格水準まで一時下落した。 現在は1豪ドル=70台前半まで反発したが、はたして今後どう推移するのだろうか。 FX(外国為替証拠金取引)などのカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが直近の豪ドル円相場の見通しを解説する。 * * * 豪ドル円は3月に1豪ドル=59円台まで下落しましたが、6月の上旬までに1豪ドル=76円台まで上昇しました。 豪ドル円の上昇には、中国の経済活動再開が影響しているでしょう。 オーストラリアは輸出額の3割程度を中国向けが占めており、中国市場の影響を受けやすい国です。 中国の経済活動が再開されると共に、中国への輸出割合が高い鉄鉱石などの資源価格も上昇したことから、豪ドルも堅調に推移し始めました。 また、ドル円が底堅く展開したことも、豪ドル円の上昇を下支えしています。 オーストラリアの経済情勢に目を向けると、国内の新型コロナウイルス新規感染者数が落ち着き始め、シドニーではジムやダンススタジオなどの営業も再開。 7月には経済活動再開のステップをさらに進めることを目指し、少しずつ規制緩和がされています。 こうした動きも豪ドル相場を下支えすると考えられます。 一方で、6月に入ると、中国がオーストラリアの大麦に追加関税を課し、豪州産の一部食肉の輸入停止など、オーストラリアは中国による貿易圧力を受けています。 現時点では豪ドル相場に大きな悪影響は見られないものの、新型コロナウイルスの感染状況以外にこうした中国絡みの要因で、オーストラリア経済や豪ドル相場が振り回される可能性があるので、豪ドルをトレードする際には注意したいところです。 豪ドル円の今後の見通しは、足元の急ピッチな価格上昇を踏まえると、一旦はレンジ相場に移行する可能性が想定されます。 世界各国で金融緩和が進み、オーストラリアも今年3月に政策金利も0. 25%に利下げしていることから、「高金利通貨」時代の1豪ドル=100円を超えるほどの上昇は見込みにくい状況です。 【PROFILE】池辺雪子(いけべ・ゆきこ):東京都在住の主婦。 若い頃から株や商品先物投資を学び、2000年からFX投資を始め、これまでに8億円以上の利益をあげている敏腕トレーダー。 2007年春、脱税の容疑で起訴、同年夏、執行猶予刑が確定。 その結果、所得税、延滞税、重加算税、住民税、罰金(約5億円)を全て即金で支払う。 2010年9月に執行猶予が満了。 現在は自らの経験をもとに投資、納税に関するセミナー、執筆活動を行っている。 トルコリラ/円、ドル/円、他通貨、日経平均株価などの値動きに関する詳細な分析を展開する「池辺雪子公式メルマガ」も発信中().

次の

【2020年】豪ドル円(オーストラリアドル)の長期見通し・予想がヤバい!今後は価格上昇する!?|今すぐ始めるFX投資

豪 ドル 見通し 100 円

Contents• 2019年の豪ドルの動向 現在のオーストラリアは比較的安定して上昇しています。 2018年の末にアメリカが利上げを行い金利2. その結果豪ドルも下落したのですが、現在は回復に向かっています。 現在の豪ドルの金利は1. そうすると、豪ドルは再び大きく上昇してくだろうと見られてます。 2019年の予想は、大きく価格に変化がないという意見が多く安定した年になりそうです。 再び豪ドルが100円を目指して上昇するには、利上げが不可欠と考えられており、もし今年中に利上げされると、大きく上昇するかもしれません。 利上げにおいて重要な指数となるインフレ率は2019年で1. 今後、 インフレ率が上昇することでで利上げの可能性は十分にありえますので、これからのオーストラリアの経済には注目していきましょう。 5年後の豪ドルの予想・見通し それでは、次に豪ドルの長期的な見通しを考えていきたいと思います。 豪ドルの価格変動に大きく影響を与えるのは、オーストラリアの経済状況と円安です。 もちろん経済状況がよければ、投資家が豪ドルに多く投資するようになり、円安になれば相対的に豪ドルが上昇することになります。 オーストラリアの経済から豪ドルを予想 オーストラリアは安定して経済が発展している国であり、 27年間連続でGDPが上昇しています。 オーストラリアの5年後• 今よりも発展している可能性が高い!• 影響力のある中国経済も継続的に発展の模様! 経済成長率は約3. このまま5年間で継続的に発展が続くとすると、 豪 ド ルは現在よりも上昇している可能性は高いと思います。 ですが、豪ドルの輸出は工業製品よりも一次商品の輸出を主な輸出品としているため、貿易相手国の中国の経済状況も重要です。 中国は現在一帯一路政策を進めており、アメリカが保護主義の立場を強める中でアジアやアフリカとの関係を強めています。 国内の金融の流れも大幅に刷新していく動きも見せており、 中国経済は今後5年間で継続的に成長していくと思われます。 そう考えると、オーストラリア経済は中国のポジティブな影響を受けて為替も上昇していくのではないでしょうか。 短期間で100円をめざすことは難しいでしょうが、 5年後でしたら価格が上向きに変化していても不思議はありません。 不安要素としてあげられるのは、リーマンショック並みの経済危機でしょうか。 前回の経済危機で大きく価格を落としていて回復するには、非常に長い時間が必要でした 今後5年でこのような危機が起きない限り楽観的な見方が強いように思われます。 \当サイト限定!最大53000円もらえる/ 日本経済の5年後• 東京オリンピックで成長が鈍化?• 人口減少の問題が浮上 5年間の間で日本にとって大きな出来事であげられるのが2020年の東京オリンピックでしょう。 その開催に向けて関連施設のインフラ投資などの公共投資や、民間での不動産投資、観光部門の活性化によって、オリンピック景気が日本に訪れているのです。 しかし、 その後はその反動を大きく受けると予測されており、経済が悪化するのではないかと言われています。 現在は年間GDP1%ずつの成長を見せていますが、オリンピック後は成長率が鈍化するかもしれません。 とはいっても この鈍化も時間とともに回復するのではないでしょか。 ほかの点に目を向けると、日本は2008年から人口は減少の一途を辿っており、労働人口が将来的に減少するという問題を抱えています。 労働人口の減少はそのまま国力の減少にもつながるので、深刻な問題です。 ですが、 これからの5年でこの人口減少が経済に深刻な影響を及ぼすとは思えません。 問題が表面化してくるのは、将来的な話ですのでまだ時間があるように思えます。 そう考えると、 今後5年で日本経済はオリンピックの反動を受けて一時的に景気が落ち込むかもしれませんが、その後は継続的に成長していくと見ることができます。 日本がこのような経済状況でしたら、 豪ドルに深く影響は及ぼさないのでオーストラリアの経済や中国経済の方が豪ドルの為替には重要と考えられますね。 10年後の豪ドル予想・見通し それでは次に現在から10年後の豪ドルの様子を考えていきたと思います。 だいたい2030年あたりの豪ドルがどうなっていくのか、予想していきたいます。 多くの要因が為替に影響を与えるとみられるので、様々な面から検証していきましょう。 オーストラリア経済から豪ドルを予想 現在のオーストラリアは27年間連続してGDPがプラスで成長している、経済発展が急速に進んでいる国です。 オーストラリアの10年後• 中国経済が覇権をとった影響で経済が上向き• 豪ドル高の可能性大! この背景を支えているのは、中国依存の経済と言えるでしょう。 中国から多額の投資を受けており、輸出先も中国に大きく偏っています。 つまり今後のオーストラリア経済を分析するためには、中国の動向を深く知っていかなければなりません。 中国はとてつもない経済発展を2000年代に記録しましたが、今後の課題はその発展をどれだけ維持できるかという点でしょう。 これまでは急激な人口増加によって生産力を極端に増加させ、輸出大国として自国のGDPの底上げに成功しました。 従来であれば、急速な発展はどこかで行き詰まるものですが、中国は元々の輸出国から超人口という利点を生かし、内需拡大へと移行しさらなる経済の成長の余地を残しています。 今後の発展も内需主導で行うと見られており、 次の10年も継続的に経済は伸びいくのではないでしょうか。 また、 中国の一帯一路政策が成果を見せてくるのは2030年あたりだと思われます。 一帯一路とは… アジア、アフリカ諸国に向けた大規模なインフラ投資のことであり、将来的には中国が、そのインフラの主導権を取り、経済または軍事的に利用していくための政策。 投資額は1兆7000億ドルに及ぶと思われており、この政策によってアジア、アフリカ地域の覇権を中国が取れば、 今後10年で世界のリーダシップがアメリカから中国へと変わる可能性があるのです。 そうなった場合、中国は今後もGDP世界1位へ向けて今後も成長していくと見られ、 中国と強い関係をもっているオーストラリア経済は今後も伸びていくと思われます。 そうなると、 豪ドル高という状況も大きく考えられるのです。 \当サイト限定!最大53000円もらえる/ 日本経済の10年後• 2030年は老人大国• 将来的に日本は衰退する!? 5年後の時に予想しましたが、 日本の大きな問題は少子高齢化、つまりは労働人口の大幅な減少です。 国立社会保障・人口問題研究所のデータによると、 2030年には人口は2000万人近く減少することになり、確実に日本に影響を与えるとしています。 その対策のために、AI・ロボットの活用により労働力の代替や移民受け入れによって労働力の底上げが挙げられますが、これらの政策が成功して始めてこの危機を乗り越えられるでしょう。 しかし、日本のIT業界は海外に比べて5年遅れていると言われ、この問題をイニシアティブをとって解決するには難しいと思われます。 また、日本の政府の見解としては移民を用いて人口増加に対応することはないとしていることから、この方針で成功するのは非常に厳しいのではないでしょうか。 政府としては技能実習生という出稼ぎ留学生で対応するとは言っていますが、学生を雇っても経済に大きな影響を与えられるのか疑問です。 日本の現状• ITでは世界に遅れている!• 移民政策には否定的な政府! いずれにせよ、 このままでは日本は老人大国として2030年を迎えることになりそうです。 となると日本の経済は今後GDPマイナスで推移することが明らかである以上、円の信用も落ちて国際的な円安というシナリオも考えられます。 そうすると、 相対的に豪ドル高になるので将来を見通して円を手放すことは十分に効果的な手段だと思います。 経済危機が起こった時の豪ドルを予想 もう1つ今後10年を考える上で避けて通れないのが、リーマンショック並みの経済危機が起きる場合です。 多くの人は、リーマンショックの経験から今後そのような経済危機は起きないと考えているようですが、 歴史を振り返れば周期的に経済危機は起きているのです。 年 経済危機 1987年 ブラックマンデー 1998年 LTCMの破綻 2008年 リーマンショック このように10年ごとに危機は起きているので、2019年現在大きな経済危機が起きていないことを考えると、 今後の10年で起きる可能性は十分にありえます。 もちろん過去の教訓から金融の規制も進み、バブルが起きにくいような状況にはなっています。 しかし、 現在は仮想通貨を始めとした新しい金融サービスも登場しており、10年間でそれらの新しい金融の仕組みがトリガーになる危険性は排除できません。 いずれにせよ、絶対起こらないではなく、起こる可能性があると頭にいれておくと過度な為替の上昇などのバブルの兆候にいち早く気づくことができると思います。 経済危機が起きると、 価格は50%ほどまで下落する可能性があるので、現在価格よりも下がる可能性があるので注意が必要です。 豪ドルを買うならLIGHTFX.

次の

オーストラリアドル為替レートこの先の見通しは?

豪 ドル 見通し 100 円

こまかく表示 気になるトピックをタップ!• 2020年の豪ドルの見通しは良好!今こそ投資を始めるチャンス 2020年3月地点で大きく下落傾向にある豪ドルですが、多くの投資機関は、今年の後半には豪ドルの相場は回復すると予想しています。 今後の豪ドル相場が上向きと予想される要因として、主に以下の2つの理由が挙げられます。 しかし、国内での感染を抑制できていることや、中国の感染者数も減少しているから、徐々に世界的に新型コロナウイルス問題は終息するだろうという見方が強くなっています。 ・参考サイト 豪ドルの見通しが長期的にも明るい3つの理由 2020年以降の長期的な豪ドルの見通しについても、以下の3つの理由から『 豪ドルは上向きに推移する』と考えています。 オーストラリアでは移民政策を行っており、技術がある人、金融資産がある人などを中心に受け入れ、インドや中国からの移民が増えているのが特徴です。 豪政府統計局の予測では、2066年までに豪州総人口は4,900万人に達する見込みで、 人口増加に伴い、消費が活発になり、小売売上高も右肩上がりで伸び続けています。 モリソン政権が打ち出している中小企業向け法人税減税・インフラ投資などの市場や企業寄りの経済政策は、豪ドル相場を上向きに推移させる要因として期待されています。 直近の政策でいえば、2020年代半ばにかけて実施される第2・第3段階の所得税減税が注目ポイント。 所得税減税が個人消費を底上げすると見込まれており、豪ドル相場に与える影響を注視しておきたいところです。 オーストラリア政府予算案の主な政策概要 政策 概要 所得税減税 今後10年間で 総額1,580億豪ドルの減税を実施。 現在4段階の所得税率を2024年度には3段階へ簡素化し、所得税率の引き下げを図る。 中小企業向け減税 年間売上高5,000万豪ドル未満の中小企業への法人税率を27. 5%から25%へ引き下げ。 インフラ 投資 今後10年間のインフラ開発への拠出額を従来計画の750億豪ドルから 1,000億豪ドルへ。 メルボルン~ジーロング間の高速鉄道に20億豪ドルを拠出。 都市混雑の解消のためのインフラ基金への拠出を10億豪ドルから 40億豪ドルへ増額。 輸送ルート改善のため道路建設への拠出を35億豪ドルから45億豪ドルへ引き上げ。 ・参考サイト 100円超えの可能性も!豪ドルの長期見通し 「豪ドルの為替・金利は上向きに回復する」と推測されます。 懸念材料である新型コロナウイルス問題が収束してしまえば、多くの投資家が豪ドル買いに集中する可能性が高いです。 このような過去の相場の推移もあり、「 新型コロナウイルス問題終息後は、相場は上向きに回復し、数年後には100円台まで戻る」と予想する投資家も多いようです。 しかし、未だコロナショックの不安は完全には払拭されていないため、少なくとも2020年の上旬いっぱいまでは、豪ドルの価格は現状のまま低下基調で推移する可能性が高いでしょう。 豪ドルの長期見通しの予想で忘れちゃいけない3つの確認ポイント 2020年以降の豪ドルの見通しを予想する上で以下の3つの項目は確認すべきです。 どれも豪ドル相場に大きな影響を与えるものばかりなので、必ずチェックしましょう! 中国経済の動向は必見! オーストラリアは輸出の3割を中国に依存しているため、中国の経済状況・政治譲許が豪ドル相場に大きな影響を及ぼします。 過去には、米中貿易戦争や新型コロナウイルス問題の影響を強く受け、豪ドルが大きく下落した状況が何度もありました。 また、近年では輸出量・輸入量ともに中国の割合は増加傾向にあるため、 以前よりも貿易における中国への依存度が大きくなっていると見るべきです。 ですので、中国に関連する経済イベントや中国が発表する経済指標の数値には目を光らせておきましょう。 ・確認しておきたい経済指標一覧 中国製造業PMI 購買担当者景気指数 中国GDP成長率 新規雇用者数・失業率 消費者物価指数 CPI 豪ドルは『リスク通貨』!日頃から世界経済をチェックしよう オーストラリアの経済は、貿易面で中国に依存していることや、高金利通貨として認識されていることから「 リスク通貨」と呼ばれ、 世界経済の見通しが明るいと買われ、暗いと売られる傾向にあります。 リーマンショックや米中貿易戦争などの「一見するとオーストラリアと無関係なニュース」が豪ドル相場に影響することがあるため、日頃から世界情勢について情報収集すべきです。 巨大な経済圏であるアメリカ・中国・ヨーロッパの主だった経済イベント・ニュースは必ず確認しておきましょう。 資源価格(石炭・天然ガス)も確認しておこう オーストラリアの輸出項目のうち、6割が石炭や鉄鉱石などの資源に頼っており、豪ドル相場は資源価格の相場の影響を受けると言われています。 資源価格のうちでも、豪ドル相場に影響を与えるものは原油価格。 原油価格が変動した際は以下のような流れで豪ドル相場が推移しがちです。 ・ 原油高になると豪州の景気が良くなり、資金が流入すると期待され 豪ドルが買われる。 ・ 原油安になると、資源国の景気が悪くなるとの懸念から、 豪ドルが売られる。 米中貿易戦争や新型コロナウイルスなどのビッグイベントに比べると、影響力は大きくありませんが、目立った経済ニュースがない時は原油価格の推移も確認しておきましょう。 【見通し良好】豪ドルは今が買い時! 2020年の3月上旬には新型コロナウイルス問題などの影響で64円まで下落した豪ドルですが、今後の見通しはかなり明るいと考えています。 記事の前半でもお伝えしましたが、「 新型コロナウイルス問題が終息するにつれて、豪ドル買戻しの動きが強まる」というのが多くの金融機関の予想です。 ですので、 今のうちに買いポジションを持ち、買戻しの動きが活発になったタイミングで決済すれば、為替差益と金利差益の両方で利益を得られる可能性が高いでしょう。 過去に配信されたスワップポイントのデータを元に、各FX会社の豪ドル運用をした際に『いくら稼げるのか?』を比べてみました! 順位 FX会社 平均 スワップ ポイント 年間 スワップ ポイント 最低取引量 公式 サイト 2円 743円 1,000通貨 2円 743円 1万通貨 2円 717円 1,000通貨 4位 1. 5円 541円 1,000通貨 5位 1. 見通し良好の豪ドル運用におすすめのFX会社 豪ドルでスワップ運用がしたい&為替差益で利益を得たい方におすすめのFX会社は LIGHT FXです。 LIGHT FXで高スワップ運用を始めよう! この記事では各通貨ペアで高スワップポイントを配信しているFX会社を紹介しています。 豪ドルに関する質問コーナー Q1. 豪ドルと相関性が高い通貨を教えてください。 豪ドル運用でおすすめのFX業者はどこですか? A. LIGHT FXがおすすめです。 また、他の通貨ペアのスワップも業界トップクラスの高さを誇っており、通貨ペアを問わずスワップ運用がしたい方におすすめです。 直近の豪ドルの見通しは明るいですか? A. 明るいと考えています。 しばらくの間、新型コロナウイルス問題による豪ドルの下落が続いていましたが、問題の終息につれて、豪ドルの買戻しが強まるというのが各金融機関の主な予測となっています。 また、数か月に渡って問題視されてきた森林火災も鎮火されたことも豪ドルが上向きに推移する要因とみていいでしょう。 おすすめ記事一覧•

次の