資生堂アナ雪予約。 資生堂アナ雪の予約や通販サイトは?発売日や口コミ・中身も調べた!

資生堂『アナと雪の女王2』限定コスメ全25種とお得な購入方法を紹介!キャンペーンも開催中【10/4から】

資生堂アナ雪予約

2019年11月22日日米同時公開の映画 【アナと雪の女王2】を記念して、様々なコラボ商品が激カワと話題になっています。 特に資生堂のコフレ商品や、アフタヌーンティーのコラボ雑貨が可愛い様で、SNSでも早々にゲットした方の声が沢山聞かれていました。 アナと雪の女王と言えば、 2014年に公開されたディズニーのアニメーション映画で日本でも大人気になった映画ですね。 その続編がいよいよ公開ということで、巷ではコラボ商品が続々登場しています。 どのブランドから、どんなコラボ商品が出ているのか気になりますよね。 あまりにも可愛いのでアナ雪2とのコラボ商品の数々を調べてみました。 この記事では、以下の内容をご紹介します! ・アナ雪2資生堂コラボ商品の内容・通販はあるか? ・アナ雪2アフタヌーンティーコラボ商品の内容・通販はあるか?• アナ雪2 資生堂コラボ商品の内容と通販情報 資生堂からは5ブランドタイアップ限定デザイン商品「インテグレート」「専科」「スノービューティー」「dプログラム」「マキアージュ」の 全20品目、25品種のうち一部商品は既に発売されてます。 資生堂の商品はドラッグストアやコンビニ、スーパーなどの店頭でも購入しやすいのが嬉しいところですよね。 もちろんでも予約購入可能です。 「dプログラム」と「スノービューティー」は10月21日より既に販売が開始されています。 「専科」は11月中旬から販売開始、「インテグレート」「マキアージュ」は11月21日(木)から販売開始予定です。 店頭で見つけたら思わず手に取ってしまいそうな可愛さですね! アナ雪2アフタヌーンティーコラボ商品の内容・通販はあるか? アフタヌーンティーリビングは、言わずと知れた女性に大人気のお店ですよね。 オリジナルの雑貨も可愛らしい物や優しい色使いの物が多く、結婚式の引き出物などでも多く利用されているようです。 個人的にも好きなのでよく贈り物で利用しています。 タオルや食器が特におすすめです。 また、ムーミンとのコラボ商品も多くて北欧雑貨好きな方にもおすすめです。 また、レモンを入れると色が変わるお茶や、赤から青へのグラデーションカラーの雑貨はーバリウムやディフューザーなど気になる商品が沢山です。 アフタヌーンティーリビングの通販サイトもありますが、こちらではアナ雪2とのコラボ商品は販売されていませんでした(注:2019. 14現在)。 アフタヌーンティーリビングのコラボ商品は、店頭に行ってゲットする方が良さそうです。

次の

資生堂から「アナと雪の女王2」コラボコスメ限定発売!インテグレートやマキアージュ、スノービューティ、dプログラム、純白&洗顔専科もアナ雪仕様に

資生堂アナ雪予約

ディズニー最新作『2』と資生堂がコラボした化粧品が発売され、そのCMが話題になっています。 スタイルの良いロングヘアの女性2人が仲良くお互いにメイクし合っている様子が「えっなにこれ、超可愛いじゃん」「2人でメイクし合ってるのとか最高」「リアルアナ雪では?」と、女性たちの間で噂になっているんです。 女性がメイクをし合うなんて、心を開いて信頼している証ですよね。 そして、この2人は実生活でもとっても仲の良い2人なんです。 黒髪のロングヘアの女性が、モデルとして活躍している萬波ユカ(まんなみゆか)、28歳。 三重県出身で、大学では看護について勉強し看護師として活躍していた経歴の持ち主です。 モデルになる前から彼女のインスタグラムには3万人以上のフォロワーがいたとか。 その後2015年にモデルに転身するやいなや、ユニクロの広告やラグジュアリーブランドのショーに登場した経験もあります。 眉毛より上の位置でカットしたパッツン前髪が印象的な、お人形さんのような見た目と、透明感のある存在感から、ファッション誌の表紙などグローバルに活躍の場を広げています。 そして、ピンク色のロングヘアの女性が、同じくモデルとして活動しているフェルナンダ・リー、24歳。 中国人の両親とともにオーストラリアで育ち、英語と中国語を話す彼女は、高校生のときにスカウトされてモデルの道に進みました。 2015年にルイヴィトンのショーでデビューを果たすと、「あのピンクヘアの子は誰?」と業界内でたちまち話題となったそうです。 2人の出会いは今から数年前。 萬波はインスタグラムで、3年以上前に「また遊ぼうね〜」という言葉と一緒にツーショット写真をのせたり、2年前には「おフェルと住む家が決まったよ」と、ツーショット写真とともにニューヨークでルームシェアすることを明かしていました。 休みが一緒の日には、共通の趣味のゲームをしたりカラオケをしたり、古着屋さんにでかけるんだとか。 なんでもリーは「カラオケで歌う曲など、共通の趣味はたくさんあります。 結婚したカップルは似てくるというけど、そのルームメイトバージョンですね」と『Numero TOKYO』(2019年5月号)で2人の関係について語っています。 また同誌には「家ではソファの取り合いをしたり、ブランケットに潜り込んだりもする」という、何気ない日常についてもサラッと書かれていましたが、なんじゃそりゃ…可愛すぎるではありませんか! 友達以上恋人未満のような仲のいい女友達と、キャッキャしながらキラキラした毎日を過ごす2人を想像して思わず「尊さ」を感じてしまいました……。 ちなみにリーはインスタグラムで、たびたび2人で一緒に撮った写真に「 kikilala」のハッシュタグをつけて投稿。 髪の色は全然違うけれど、双子のような姉妹のような仲の良い存在であることを紹介しているんです。 「アナ雪」のアナとエルサのように、励ましあって、時にはケンカして、でも心を開ける相手がいるって、やっぱりステキ。 「あなたの存在が私を強くする」というCMの言葉がピッタリあてはまる女性同士の絆が、現実の2人の間にもきっとあるから、こんなに女性の間で共感をよんでいるのかもしれないですね。 <文/佐藤まきこ> 【佐藤まきこ】 女性誌のエディターやファッションビルの広告・プロモーションのプランナー、コピーライターとして長年経験を積み、フリーランスのエディター・ライターへ。 ハワイ在住。

次の

アナ雪2のコラボコスメ!マキアージュの発売日は?種類は?値段は?在庫は?

資生堂アナ雪予約

ディズニー最新作『2』と資生堂がコラボした化粧品が発売され、そのCMが話題になっています。 スタイルの良いロングヘアの女性2人が仲良くお互いにメイクし合っている様子が「えっなにこれ、超可愛いじゃん」「2人でメイクし合ってるのとか最高」「リアルアナ雪では?」と、女性たちの間で噂になっているんです。 女性がメイクをし合うなんて、心を開いて信頼している証ですよね。 そして、この2人は実生活でもとっても仲の良い2人なんです。 黒髪のロングヘアの女性が、モデルとして活躍している萬波ユカ(まんなみゆか)、28歳。 三重県出身で、大学では看護について勉強し看護師として活躍していた経歴の持ち主です。 モデルになる前から彼女のインスタグラムには3万人以上のフォロワーがいたとか。 その後2015年にモデルに転身するやいなや、ユニクロの広告やラグジュアリーブランドのショーに登場した経験もあります。 眉毛より上の位置でカットしたパッツン前髪が印象的な、お人形さんのような見た目と、透明感のある存在感から、ファッション誌の表紙などグローバルに活躍の場を広げています。 そして、ピンク色のロングヘアの女性が、同じくモデルとして活動しているフェルナンダ・リー、24歳。 中国人の両親とともにオーストラリアで育ち、英語と中国語を話す彼女は、高校生のときにスカウトされてモデルの道に進みました。 2015年にルイヴィトンのショーでデビューを果たすと、「あのピンクヘアの子は誰?」と業界内でたちまち話題となったそうです。 2人の出会いは今から数年前。 萬波はインスタグラムで、3年以上前に「また遊ぼうね〜」という言葉と一緒にツーショット写真をのせたり、2年前には「おフェルと住む家が決まったよ」と、ツーショット写真とともにニューヨークでルームシェアすることを明かしていました。 休みが一緒の日には、共通の趣味のゲームをしたりカラオケをしたり、古着屋さんにでかけるんだとか。 なんでもリーは「カラオケで歌う曲など、共通の趣味はたくさんあります。 結婚したカップルは似てくるというけど、そのルームメイトバージョンですね」と『Numero TOKYO』(2019年5月号)で2人の関係について語っています。 また同誌には「家ではソファの取り合いをしたり、ブランケットに潜り込んだりもする」という、何気ない日常についてもサラッと書かれていましたが、なんじゃそりゃ…可愛すぎるではありませんか! 友達以上恋人未満のような仲のいい女友達と、キャッキャしながらキラキラした毎日を過ごす2人を想像して思わず「尊さ」を感じてしまいました……。 ちなみにリーはインスタグラムで、たびたび2人で一緒に撮った写真に「 kikilala」のハッシュタグをつけて投稿。 髪の色は全然違うけれど、双子のような姉妹のような仲の良い存在であることを紹介しているんです。 「アナ雪」のアナとエルサのように、励ましあって、時にはケンカして、でも心を開ける相手がいるって、やっぱりステキ。 「あなたの存在が私を強くする」というCMの言葉がピッタリあてはまる女性同士の絆が、現実の2人の間にもきっとあるから、こんなに女性の間で共感をよんでいるのかもしれないですね。 <文/佐藤まきこ> 【佐藤まきこ】 女性誌のエディターやファッションビルの広告・プロモーションのプランナー、コピーライターとして長年経験を積み、フリーランスのエディター・ライターへ。 ハワイ在住。

次の