戸郷 根尾。 巨人・戸郷翔征の打ちづらさは天下一品。藤原、根尾らを子ども扱いしていた(webスポルティーバ)

セの新人王は「この男」と予想する。巨人で戸郷翔征が2ケタ勝つ可能性。

戸郷 根尾

今から2年前の2018年2月。 宮崎でのプロ野球キャンプ取材が終わり、ついでに近隣の高校野球も見ておきたいと思い、宮崎市内から北におよそ100キロに位置する延岡市まで足を延ばした。 なぜ、延岡に行ったかといえば、お目当ての選手がふたりいたからだ。 ひとりは延岡学園の小幡竜平(現・阪神)。 前年の秋の大会で、内角の厳しいストレートをライトスタンドに特大のアーチをかけたという。 身長184センチの大型遊撃手だが、動きも軽快で三遊間の深いところから一塁へストライクスローを投げられるという評判もあり、ぜひともこの目で見ておきたかった。 しかし、延岡学園のグラウンドはシーンと静まり返っていて、まったくひと気がない。 空振りだった……確認もせずに訪れたのだから、仕方ない。 高卒2年目にして巨人の開幕ローテーションに入った戸郷翔征 もうひとりのお目当ては、聖心ウルスラの戸郷翔征(現・巨人)だ。 気を取り戻して聖心ウルスラのグラウンドに向かったが、こちらも閑散としていた。 だが、小高い丘の上にあるグラウンドに続く急勾配の坂道を見て、1年前に甲子園で見た戸郷の迫力あるピッチングを思い出した。 2017年夏、早稲田佐賀との1回戦。 戸郷は立ち上がりからブンブン腕を振って、スリークォーターから激しく動く快速球とベース付近で急激に曲がるスライダーを武器に打者を圧倒。 「打てるものなら打ってみろ!」と言わんばかりの表情も、2年生とは思えないたくましさがあった。 7回に4連打で2点を失ったが、完投して11奪三振。 なにより、長打を1本も許さなかったのが、優れた球威の証拠となった。 腕の振りは荒々しく激しいのに、ボールはしっかりとコントロールされる。 しかも「打てるものなら打ってみろ!」と言わんばかりの表情に、迫力とたくましさを感じたものだ。 そんな戸郷が今年、高卒2年目ながら開幕ローテーションの座をつかんだ。 巨人では桑田真澄氏以来、33年ぶりの快挙だという。 6月23日、今季初先発の広島戦。 7回途中でマウンドを降りたが、4安打2失点7奪三振。 見事なピッチングで今季初勝利を飾った。 7回、西川龍馬にストレートをライトスタンドの2回まで運ばれたが、あれは西川が持つ高度な技術のせいだ。 それよりも注目したのは、ホームランを打たれたあとの戸郷だ。 4番・鈴木誠也に対し、外のスライダー2つで追い込むと、148キロの高めのストレートで詰まらせショートフライ。 つづく5番・メヒアにはフルカウントまで持ち込まれたが、目の高さからフォークを沈めて空振り三振に仕留めた。 東京ドームなら、タイミングさえ合えば芯を外しても軽く放り込むスラッガーふたりに対し、恐れることなく腕を振ったからこその結果だった。 テイクバックで腕を伸ばし加減にして、いったん固定してから一気にぶん回してくるスタイルは、打者にとってはタイミングを取るのが難しく、とくに右打者は抜けたら背後にボールがきそうで、踏み込むのをためらってしまう。 「すごい投手」というよりは、「嫌らしい投手」という印象だろうか。 スピード勝負の投手は、調子のいい日にしか通用しない。 しかし、打ちづらい投手というのは、調子が悪い時でも5、6イニングならなんとかしのげる有利さがある。 この戸郷のようなタイプが、いつの間にか一軍に定着し、ローテーション投手として10勝を挙げている……プロ野球って、意外とそういうところだ。 そして、こういう投手がいるチームは間違いなく強い。 巨人の新鋭・戸郷からいよいよ目が離せなくなってきた。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

ジャイアンツ戸郷翔征のアーム投げが話題に!新人王なるか?

戸郷 根尾

今から2年前の2018年2月。 宮崎でのプロ野球キャンプ取材が終わり、ついでに近隣の高校野球も見ておきたいと思い、宮崎市内から北におよそ100キロに位置する延岡市まで足を延ばした。 なぜ、延岡に行ったかといえば、お目当ての選手がふたりいたからだ。 ひとりは延岡学園の小幡竜平(現・阪神)。 前年の秋の大会で、内角の厳しいストレートをライトスタンドに特大のアーチをかけたという。 身長184センチの大型遊撃手だが、動きも軽快で三遊間の深いところから一塁へストライクスローを投げられるという評判もあり、ぜひともこの目で見ておきたかった。 しかし、延岡学園のグラウンドはシーンと静まり返っていて、まったくひと気がない。 空振りだった……確認もせずに訪れたのだから、仕方ない。 高卒2年目にして巨人の開幕ローテーションに入った戸郷翔征 もうひとりのお目当ては、聖心ウルスラの戸郷翔征(現・巨人)だ。 気を取り戻して聖心ウルスラのグラウンドに向かったが、こちらも閑散としていた。 だが、小高い丘の上にあるグラウンドに続く急勾配の坂道を見て、1年前に甲子園で見た戸郷の迫力あるピッチングを思い出した。 2017年夏、早稲田佐賀との1回戦。 戸郷は立ち上がりからブンブン腕を振って、スリークォーターから激しく動く快速球とベース付近で急激に曲がるスライダーを武器に打者を圧倒。 「打てるものなら打ってみろ!」と言わんばかりの表情も、2年生とは思えないたくましさがあった。 7回に4連打で2点を失ったが、完投して11奪三振。 なにより、長打を1本も許さなかったのが、優れた球威の証拠となった。 腕の振りは荒々しく激しいのに、ボールはしっかりとコントロールされる。 しかも「打てるものなら打ってみろ!」と言わんばかりの表情に、迫力とたくましさを感じたものだ。 そんな戸郷が今年、高卒2年目ながら開幕ローテーションの座をつかんだ。 巨人では桑田真澄氏以来、33年ぶりの快挙だという。 6月23日、今季初先発の広島戦。 7回途中でマウンドを降りたが、4安打2失点7奪三振。 見事なピッチングで今季初勝利を飾った。 7回、西川龍馬にストレートをライトスタンドの2回まで運ばれたが、あれは西川が持つ高度な技術のせいだ。 それよりも注目したのは、ホームランを打たれたあとの戸郷だ。 4番・鈴木誠也に対し、外のスライダー2つで追い込むと、148キロの高めのストレートで詰まらせショートフライ。 つづく5番・メヒアにはフルカウントまで持ち込まれたが、目の高さからフォークを沈めて空振り三振に仕留めた。 東京ドームなら、タイミングさえ合えば芯を外しても軽く放り込むスラッガーふたりに対し、恐れることなく腕を振ったからこその結果だった。 テイクバックで腕を伸ばし加減にして、いったん固定してから一気にぶん回してくるスタイルは、打者にとってはタイミングを取るのが難しく、とくに右打者は抜けたら背後にボールがきそうで、踏み込むのをためらってしまう。 「すごい投手」というよりは、「嫌らしい投手」という印象だろうか。 スピード勝負の投手は、調子のいい日にしか通用しない。 しかし、打ちづらい投手というのは、調子が悪い時でも5、6イニングならなんとかしのげる有利さがある。 この戸郷のようなタイプが、いつの間にか一軍に定着し、ローテーション投手として10勝を挙げている……プロ野球って、意外とそういうところだ。 そして、こういう投手がいるチームは間違いなく強い。 巨人の新鋭・戸郷からいよいよ目が離せなくなってきた。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

巨人6位で聖心ウルスラ・戸郷!藤原、根尾から三振

戸郷 根尾

【プロ野球巨人対広島】試合後、カメラマンの要望に応えてポーズを取る巨人・戸郷翔征=2020年6月23日 東京ドーム 写真提供:産経新聞社 「広島を抑えたということは、1つ自信につながったと思う。 次からどこのチームも倒せるように、1勝1勝積み重ねて行きたい」(戸郷) リーグ連覇を目指す巨人に、また新たなヒーローが現れました。 186センチの長身から、150キロ超の直球、カットボール、スライダー、フォークなどを繰り出し、広島打線から7三振を奪った戸郷。 圧巻だったのは、2点を勝ち越した直後の6回です。 この回先頭の代打・野間を空振り三振に仕留め、続くピレラは150キロの真っ直ぐを振らせて三振。 続く安部のバットも空を切り、3者連続空振り三振で、逆転してくれた味方打線に応えました。 「自分もしっかり、気持ちを入れて抑えないといけない。 結果に出てよかった」(戸郷) 巨人で、高卒2年目のピッチャーが開幕ローテーションに入ったのは、1987年の桑田真澄以来33年ぶりで、白星を挙げたのも桑田以来。 打線も、昨シーズン(2019年)1勝6敗と苦汁を舐めさせられた天敵、K・ジョンソンから3点を奪い、巨人は3年ぶりの開幕4連勝を飾りました。 先発を6人で回す場合、まずエースを1カード目の初戦に持って来て、2番目に計算できる投手を2カード目の頭に置くのが、基本的なローテーションの組み方です。 巨人は広島に5年連続で負け越しているだけに、初戦に誰を持って来るかは注目されていましたが、戸郷を抜擢した原監督の賭けはみごとに当たりました。 原監督は戸郷のピッチングについて、「いや、もう見事に、持っている力を十分に発揮できたと思います」と讃えました。 大事な開幕2カード目の初戦を、なぜ昨シーズンわずか1勝の戸郷に任せたかについて聞かれると、「う~ん。 まあ、ちょっと意味はあるんですけど……」と言葉を濁しましたが、それだけ期待を寄せている証拠です。 宮崎出身の戸郷は、聖心ウルスラ学園時代の2017年、2年の夏に甲子園に出場。 早稲田佐賀から11三振を奪い完投勝ちしています。 しかし3年時は春夏とも甲子園に行けず、埋もれた存在になっていました。 戸郷が注目を浴びたのは、2018年8月、3年の夏に「宮崎県選抜」として出場した、U-18日本代表との壮行試合でした。 「あれは誰だ?」と、一躍ドラフト候補へ躍り出たのです。 ドラフトでは、将来性を買って巨人が6位指名。 指名順こそ下位でしたが、戸郷は「同世代には負けたくない」と闘志を燃やしました。 プロ入り後も地道なトレーニングと走り込みを重ね、高校時代の最速は149キロでしたが、154キロにアップ。 ルーキーイヤーの昨年は、2軍戦で11試合に投げて4勝1敗の成績を残すと、シーズン終盤、ついに1軍からお呼びが掛かります。 実績のないルーキーを「お試し昇格」で投げさせる場合、消化試合や点差の開いた場面などで投げさせるのが普通ですが、原監督は何と「勝てば優勝」という9月21日のDeNA戦に、戸郷を先発で起用しました。 Vが懸かる大一番に、高卒ルーキーを初登板・初先発させたのは前代未聞でしたが、この大胆起用には、先を見据えた原監督なりの「計算」がありました。 戸郷はプレッシャーの掛かるこの試合で、150キロを超える真っ直ぐを連発。 あと一歩で勝利投手にはなれませんでしたが、堂々たるピッチングを披露し、巨人は5年ぶりのリーグ制覇を達成しました。 緊張のあまり「涙が出そうだった。 でも楽しかったです」と試合後に語った戸郷。 並のピッチャーなら腕が縮み上がるところですが、緊張感を楽しむ余裕を見せたのは、やはりタダ者ではありません。 原監督は戸郷の強心臓ぶりを見抜き、その後に控えるCS、日本シリーズの秘密兵器にしようと、あえて重要な試合を任せたのです。 戸郷はその後、阿部慎之助・現2軍監督の引退試合でプロ初勝利を挙げると、阪神とのCSファイナルステージ第3戦に先発。 さらに日本シリーズにも、第3戦で同点の4回に登板するなど、重要な場面を任されました。 日本シリーズでは、内川に決め球を痛打されて崩れ、自分のエラーも絡んで4失点と炎上。 苦い経験になりましたが、おそらく原監督はこのときから「来季(2020年)は戸郷をローテの柱にしよう」と決めていたのでしょう。 背番号が「68」から「13」に変わった今シーズン、戸郷も期待に応えるべく、年初にこんな目標を立てました。 「球速をさらに上げ、160キロ台を出す。 それには体重をあと10キロ増やすこと」。 昨年の体重は73キロでしたが、目指すは83キロ。 そのために自主トレで弟子入り志願したのが、ポスティングで巨人からブルージェイズに移籍した山口俊でした。 昨シーズンはチームトップの15勝を挙げ、優勝に貢献。 最多勝のタイトルを獲得した山口。 「山口さんの代わりになれるように、1勝でも多く勝てるようにしたい」と、戸郷は山口の沖縄合同自主トレに、1月4日から参加しました。 もともと食が細く、なかなか体重が増えないのが悩みだった戸郷。 実は山口の身長は、186センチの戸郷とほぼ同じなのです。 しかし体重は山口が98キロ、戸郷が73キロ(当時)と25キロの差がありました。 昨シーズン、チーム最多の170イニングを投げたパワーの源は「食生活にあり」と考えた戸郷は、自主トレ期間中、山口と食事を共にし、胃袋も鍛えました。 父親が力士だった山口の食事量は半端ではなく、戸郷も「食事が練習よりハード」とこぼしたほどでしたが、おかげで体重は、球団の公式発表によると75キロに増えました。

次の