私たちはどうかしている 相関図。 私たちはどうかしている|ドラマ放送日いつから?女将役は誰で最終回は?

人物相関図:ガイドミー!

私たちはどうかしている 相関図

横浜流星さんのコメント 亡き父を信じ、尊敬している椿。 光月庵を大切に思い奮闘するカッコいい男です。 そんな椿を演じることにプレッシャーもありますが、期待に応えられるよう頑張ります。 七桜 さくら との関係も物語の魅力的な部分だと思っています。 また、和菓子の魅力も伝えられるといいなと思っています。 追加キャストが発表され次第更新していきます。 七桜と椿の幼少期を演じる子役も誰が演じるのか気になりますね・・・! 私たちはどうかしているのあらすじは? 現在「BE LOVE」にて大人気連載中の私たちはどうかしているですが、連載中ということもあり、まだ未完結で結末は誰もわかっていません。 15年前、全てを奪われた・・・ 全ては15年前に起きた事件から始まります。 老舗和菓子屋・光月庵の若旦那が何者かに殺害されてしまいます。 殺害された若旦那の息子の証言によって、住み込みで働いていた女性和菓子職人が容疑者として逮捕されました。 若旦那の息子の名前は「椿」 住み込み女性和菓子職人の娘の名前は「七桜」 被害者の息子・容疑者の娘という肩書きを背負うことになった二人。 母親が逮捕されたことで七桜は光月庵を離れることになり、二人は離れ離れになりました。 そして15年の歳月を経て再会した二人。 七桜は母が大好きだった和菓子作りの才能や思いを受け継ぎ、和菓子職人として働いていたのです。 もちろん椿も跡取りになるべく、光月庵を守るべく和菓子職人の腕を鍛えていました。 椿は再会した七桜が幼馴染のさくらであることに気づかぬまま、プロポーズをします。 七桜は「母の無実を証明する」ことを強く願っているため、正体を隠したままプロポーズを受けることに。 光月庵に乗り込んだ七桜を待ち受けていたのは、女将のこの上ない嫌がらせやドロドロのお家事情…。 どんな逆境にもめげずに負けずに戦う七桜。 椿もそんな七桜に惹かれつつ、後継としての思いもあり… 15年前の真相が徐々に明らかになり、二人の関係も変化していきます…。 私たちはどうかしているの見所は? 15年前の事件の真相 全ての始まりの15年前の老舗和菓子店「光月庵」の若旦那殺害事件。 七桜の母が容疑者として逮捕され、そのままなくなってしまっていることから再捜査はされていないのですが、「私はやってない」という母からの手紙のこともありますし、真実が気になるところですね。 原作漫画がまだ完結していないので、原作とは異なるオリジナルの結末が予想されますので、毎回誰が本当の殺人犯なのか!?恋愛ドラマなのにミステリー要素もある、見応えのある内容になること間違い無いですね! 幼馴染ラブは成立するのか!? 15年前の事件が鍵!となんどもお伝えしているのですが、私たちはどうかしているは恋愛ドラマでもあるのです! 恋愛ドラマとミステリードラマが合わさった、恋愛ミステリードラマですね^^ 主人公の七桜と椿は幼少期はとても仲が良く、二人でよく遊んでおり、幼いながらに互いに惹かれ合っていた仲。 15年前の事件によって、二人は歪な関係になってしまっているのですが、幼少期の仲が良かった頃の思い出や、和菓子に対する熱い想いは共通しているので、憎しみあいながらも惹かれ合う・・・とっても複雑な関係なのです。 二人の恋の行方がどうなっていくのか、横浜流星さんと浜辺美波さんが演じるラブシーンに毎回胸キュンさせられてしまうかもしれませんね! 和菓子職人としての演技力 和菓子がテーマということで、七桜と椿を演じる浜辺美波さんと横浜流星さんの演技力が気になりますね!.

次の

【韓国ドラマ】ウォッチャーキャストや相関図★あらすじをご紹介|韓国ドラマmania

私たちはどうかしている 相関図

放送いつから? 「私たちはどうかしている」は、当初の予定では、7月期より日本テレビで水曜日に放送される夏ドラマでした。 「私たちはどうかしている」が放送される予定である日テレ水10の枠では、現在は「ハケンの品格」が放送されています。 「ハケンの品格」は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、 初回放送日が6月17日となりました。 そんな「ハケンの品格」は、7月29日が最終回の全7話になることが予定されており、「私たちはどうかしている」は8月スタートで9月末に最終回を迎える全8話となる可能性が高いようです。 春ドラマも夏ドラマも話数を短めに切り上げて、秋ドラマを通常通り一斉スタートさせるために調整するようですね。 ドラマの短縮は残念ですが、非常事態ですから、仕方のないことです。 ちなみに「私たちはどうかしている」は、6月7日より撮影が再開されたのだそうです。 原作との違いや見どころは? ドラマ版のストーリーについては現時点では詳しくは発表されていないので、原作漫画との相違点は不明ですが、本作の見どころについて、ご紹介いたします。 本作はミステリー作品ですので、事件の謎を追うのがメインストーリーです。 しかし、本作はミステリー作品としてだけでなく、椿(横浜流星さん)と七桜(浜辺美波さん)のラブストーリーとしても楽しむことができます。 今もっとも旬の俳優である横浜流星さん、女優さんの中でも特にかわいらしくて美しい浜辺美波さんが、和服姿を披露しているドラマのポスターを見ただけでもテンション上がりますよね! 二人はかつては、おさななじみであり、お互いに淡い恋心を抱いていました。 しかし、そんな二人は被害者家族と加害者家族の関係になり、引き裂かれてしまいます。 二人は、大人になり再会しますが、すぐにロマンスが始まるわけではありません。 七桜は母親を殺人犯だと証言した椿を恨んでいたし、椿の方も七桜に対しては複雑な感情を抱いていました。 そんな二人が次第に恋愛感情を持つようになり、惹かれるようになっていくというシチュエーションは、キュンキュンできること間違いなしです。 最新話から最終回を考察 原作の漫画は、まだ完結しておらずまだ続いていますので、マンガの最新話からどんな結末になるのか予想していきたいと思います。 「わたしたちはどうかしている」のストーリーは、子供の頃、椿は父親を何者かに殺害され、犯人は、七桜の母親・百合子だと疑いを持たれたことから始まります。 七桜は母親の無実を信じていますが、実際やはり犯人は百合子なのかと思われる伏線がたくさん散りばめられていました。 七桜は再会を果たした椿に、自分が百合子の娘であることは隠していましたが、 ついにバレてしまいます。 二人が離れ、三年後。 七桜は、自分の和菓子屋を経営していました。 そんな七桜のそばには、幾度となく彼女のピンチを救ってきた多喜川がそばにいました。 多喜川は、光月庵の後継者になるという七桜の夢が叶ったら結婚してほしいと伝えていました。 そしていよいよ迎えた光月庵の跡継ぎ対決の日。 七桜と椿は戦い、見事、七桜は勝利します。 七桜と椿は、対決の日の前日、一夜を共に過ごしました。 七桜にとっては、椿への思いを断ち切るための儀式のようなものでしたが、七桜は気持ちを切り替えて、多喜川との結婚に踏み切ることができるのでしょうか。 また、椿は失明するかもしれないという状況にありますが、椿の目はどうなってしまうのでしょうか。 個人の意見としては七桜が椿と結ばれることは、「母親が犯人ではない限り」期待できない展開だと思いますが、最終回の結末が二人にとって幸せな余韻を残したものであってほしいと願っています。

次の

私たちはどうかしているのキャスト・相関図!浜辺美波・横浜流星らに注目!

私たちはどうかしている 相関図

母親の汚名を晴らすため、椿と婚約し同じ部屋で暮らす。 祖父の大旦那さまと確執あり。 店を立て直すことのに奮闘する。 16話:偽りの心 椿は私の初恋だった… 椿から「さくら」なのか?と問い詰められ、考えをめぐらす七桜。 ここに来た目的を思い出し、完全否定する。 「私は花岡七桜です」 「七桜、おまえを信じる」 そして、茶会に出すお菓子「落とし文」の製作に取り掛かる。 作業場でかわいい新人・城島くんといちゃつく七桜を見て、嫉妬する椿。 かなりの恋愛モード。 城島くんはどういうつもり?七桜との距離が近い。 そしてお茶会の日ーー 完璧な落とし文が出来上がった。 椿は1つだけ自分に作らせてほしいと言う。 17話:嘘 以前、七桜の母役として現れた女性のお店に現れた女将。 どうやら七桜が持っていた名刺を盗み見たらしい。 結婚式の招待状を渡して、嫌がらせをする。 七桜は椿と大旦那さまの関係の悪さに疑問を持ち、問いかける。 すると椿は、父が死んでから1年半経ったころに、大旦那さまの態度が急変したとか。 事件のあった日、椿は父の部屋で七桜の母ともめていたと証言していた。 しかし、実は2人はキスをしていて、怖くて言えなかったと打ち明ける。 息子を溺愛していた大旦那さまは、嘘をつかれて大激怒。 早く代替わりした方がいいよ。 (電子書籍のebookjapan) 18話:大事な茶会 五月雨亭にて、大事な茶会が開かれる。 ずっと恨んできた椿から、大旦那さまとの話を聞かされ、うわの空の七桜。 そんなとき茶会に参加予定の大旦那さまの姿が見えない。 七桜が探すと、大旦那さまは廊下で息を切らせていた(死亡フラグ?) 介抱しようとする七桜を拒絶する大旦那さま。 椿のことを大ウソつきと言い、「お前も裏切られるぞ」だって。 ほんと性格悪い… 七桜は椿のことを「純粋な人」だと言う(そうだっけ?) 大旦那さまが足を踏み外しそうになり、椿が後ろからキャッチしたよ。 手を貸して会場に案内をする。 いよいよお茶会が始まろうとする頃、椿は七桜をバックハグ。 どうやら緊張している模様。 「絶対大丈夫」 根拠のない励ましで椿を勇気づける。 そんなとき、依頼主が朝電話で頼んだ、小豆アレルギーの子ども用のお菓子がないとのこと。 椿たちは聞いていなかった。 絶対成功させたい椿は、あんこ抜きですぐに作れるお菓子が1つだけあると言う。 1つずつ難題をクリアしていく毎に、2人の気持ちが近づいていく感じがいいね。 19話:父と息子 急場しのぎで「落雁」を作ろうとする椿。 椿は作業場を借りて粉を混ぜる。 七桜は光月庵に型を取りに行く。 以前閉じ込められた部屋で見つけたもんね。 復路で大渋滞にはまり、タクシーを降りてダッシュ。 屋敷につくと、例のおじさんとぶつかる(こんな忙しい時に!) 七桜が持ってきた動物の型は、昔、椿の父が椿のために作ってくれたものだった。 なんとか間に合った模様。 お茶会でお菓子を振舞い、椿が「落とし文」の説明をする。 今日は父の日。 葉に守られた虫で親の愛を感じる子を表現したとのこと。 自分にとって葉は光月庵のお菓子。 父が遺してくれた愛を大事に育てたい。 大旦那さまの前で堂々とお店を守ることを宣言したね。 よく頑張った。 20話:残されたお菓子 大旦那さまは、出された御菓子に手を付けずに帰っていった(はぁ?!) お茶会が無事終わり、ホッとする2人。 七桜はさっきぶつかったおじさんを探す。 お店の人曰く、この辺一帯の土地を持つ地主で色んな事業も手広くやってる多喜川さんだとか。 ちなみに、多喜川さんのお父さんは七桜ママのお菓子のファンで、七桜ママの遺言はお父さんから預かったものだった。 多喜川さんは、七桜を見守り続けたいと言う。 見事あしながおじさんをゲットする七桜であった。 大旦那さまは実はお菓子を包んで持って帰っていた。 息子の仏壇にお供えしてからパクリ 「まだまだだな…」 陰からその姿を見た椿は涙する。 部屋に戻って七桜の膝にゴロリンこ。 いつの間にかとっても仲が良くなってる。 七桜のおかげで大旦那さまに一歩近づけた。 もう離したくない。 気持ちがあふれて七桜を押し倒す。 七桜は戸惑いながらも受け入れてしまう。 ほんとどうかしている… 女将の部屋では、、、 新人の城島くんがいたーー!!どうやら悪いヤツだったみたい。 でもまだ4巻だから、そんなすぐ上手くいかないよね。 いいよいいよ。 ちょっかいかけて面白くして! (電子書籍のebookjapan) 余談:実写ドラマについて 2020年8月12日(水)夜10時から、日テレで1話が放送されるとのこと。 最高のキャスティングやないか!! 横浜流星と高杉真宙で浜辺美波を取り合うの?そんなの楽しいに決まってる。 しかも大旦那さまが 佐野史郎ときた! これはヤバい大旦那さまが期待できるね。 楽しみでしかない。 さらに女将は 観月ありさとか!! アラフォーのツボを上手くついてくるねー。 美魔女感と背の高さで圧のかかり方がハンパないだろうな。 美波ちゃんガンバ! ドラマには全く興味が持てなかったんだけど、これを知って視聴決定です。 楽しみだ。

次の