フリーター 東京。 【東京バイト事情】フリーターの平均月収や労働時間は?

フリーター女性はクズ?就職した方がいい?20代のうちに正社員経験なしのまますぎると将来が不安?

フリーター 東京

仕事が豊富• 時給が高い• 他人の生活に干渉しない人が多い などが考えられる。 仕事・アルバイトが豊富 東京など都会では、アルバイトの種類も豊富である。 まず、田舎では無いような職種のアルバイトが多いし、会社・お店自体が多いので1度どこかの面接に落ちたとしても、同じ職種の違うお店に面接を受けに行く事も出来る。 時給が高い 東京で最低賃金が1000円を超えた。 都会は最低賃金・時給ともに田舎よりも高い傾向にある。 他人の生活に干渉しない人が多い 田舎は都会より地域のつながりが強く、お節介な高齢者も少なくない。 それに比べ都会では、良い意味でも悪い意味でも• 他人に干渉しない• ドライ な人が多く、それが時に楽である。 フリーターが都会で一人暮らし生活を送るデメリット フリーターが都会で一人暮らし生活を送るデメリットとしては、• 通勤時のストレスが少ない• 家賃が安い などがある。 通勤時・帰宅時のストレスが少ない 田舎の場合、車通勤もしくは自転車通勤が多くなり電車で通勤する人の割合はかなり少なくなるかと思うが、 車・電車・自転車いずれにしろ 通勤時・帰宅時のストレスは都会の時より圧倒的に少なくなるかと思う。 場所にもよるので一概には言えないが、田舎の場合は人口密度も低く「朝から満員電車に乗って通勤」なんて事はまず無いし、車通勤にしてもよっぽど大きい道で無い限り大きな渋滞が起こる事もほとんど無い。 家賃が安い 田舎の場合、東京など都会に比べて家賃は安くなる。 同じ家賃なら、田舎の方が圧倒的に条件の良い物件を借りる事が出来る。 ただ、「1ルームの物件をあまり取り扱っておらず、結局都会と同じぐらいの家賃で広めの部屋を借りるしかなかった」と、言うような事も無いとは言えない。 >>> フリーターが田舎で一人暮らしをするデメリット フリーターが田舎で一人暮らし生活を送るデメリットとしては、• 高齢者が多い• 世界が狭い• 時給が安い• 国民健康保険が高くなりがち 高齢者が多い 田舎では、やはり高齢者が多い。 職場にしても街中でのプライベートな時間にしても、都会での生活に慣れている人だとストレスを感じる場面も少なくないかもしれない。 また、都会では他人の生活に干渉しない人が多いが、田舎では良く言えば「世話好き」な、悪く言えば「お節介」な高齢者も少なくない。 この辺もストレスに感じる人も少なくないかもしれない。 世界が狭い 田舎ではそもそも人口が少なく、人間関係も都会に比べて固定されがちだ。 都会では、仕事にしても生き方にしても実に様々な人間がいる一方、田舎では• 時給が安い 都会に比べて最低賃金が安く、全体的な時給も安くなる。 国民健康保険が高くなりがち 国民健康保険に加入しているフリーターは、月々の国民健康保険料も多少なりとも負担になってくるかと思う。 この国民健康保険だが、 国民健康保険料は地域ごとに月々の支払額が変わってくる。 都会などの「若者が多く高齢者が少ない地域」では保険料は安くなるが、逆に田舎など 「若者が少なく高齢者が多い地域」では保険料は高くなる。 国民健康保険料だけで判断するのは良くないが、「これから田舎に部屋を借りて一人暮らしをしようと思っているフリーター」は、月々の国民健康保険料も引っ越し先の目安の1つとしても良いかもしれない。 東京(都会)で稼ぎつつベッドタウンに住む• シェアハウスに住む• 家賃(・生活費)が極限まで安くなる地域に住む と、言ったものがある。 (海外移住と言う手もあるが、ここでは日本国内で生活する場合のみに絞って考えて行く) 東京(都会)で稼ぎつつベッドタウンに住む まず、 「東京(など都会)の時給の高いアルバイトで稼ぎつつ、東京よりも家賃が安くなるベッドタウン(郊外)に住む」と、言う戦法だ。 部屋は東京隣県(千葉、埼玉、神奈川など)の比較的東京寄りの場所に借りておく。 そして、 アルバイトや遊びに行く時は電車で東京まで行く、と言った感じだ。 「時給パフォーマンスを高めつつ生活費は抑える」と、言った生活スタイルだ。 シェアハウスに住む 「シェアハウスに住む」と、言うのも家賃を抑える為に効果的な策だ。 同居人何人かと家賃を分担するので、一人あたりの家賃の負担額は軽くなる。 同居人がいる為、一人暮らしと呼べるのかどうかは分からないが生活費を抑えたい場合、このシェアハウスも選択肢の1つとして考えておいても良いのではないだろうか? 家賃(・生活費)が極限まで安くなる地域に住む 仕事よりも、まず 「生活費抑える事を最優先させたい人」の場合は 「家賃(・生活費)が極限まで安くなる地域に住む」と、言う選択しを頭に入れておいても良いかもしれない。 探せば、「家賃1万円台、2万円台の物件」も地方にはある。 家賃を始めとした生活費を抑えれば、生活のしやすさも変わってくるだろう。 節約など生活費を抑える為の方法に関しては、を参考に。

次の

フリーターの年収で一人暮らしは出来なくはないけど相当きつい|20代後半で就職した元フリーターのブログ

フリーター 東京

フリーターで一人暮らしは可能?バイトで毎月いくら稼げば良い?という疑問を解決します!月どのくらいバイトすれば良いのか、家賃目安はいくらか、一人暮らしするまでに必要な初期費用や、毎月の生活費、節約術なども紹介します! フリーターで一人暮らしは可能? 結論から言うと、フリーターの一人暮らしは可能です。 ただし、思った以上に金銭面での苦悩が多くのしかかります。 フリーターは収入が安定しないため、バイト先からシフトを入れてもらえなかったりすると、その日の給料が発生しません。 そのため、毎月決まった給料が手元に入るとは限らず、家賃や食費、娯楽費など生活費を調整しないと、一人暮らしを続けられなくなります。 フリーターの一人暮らしはどんな生活? フリーターの一人暮らしは、我慢が多くなります。 主に、以下のようなことは我慢が必要です。 月の手取りは14万円ないとキツい 東京都内や神奈川・千葉・埼玉など首都圏で一人暮らしをする予定の場合は、フリーターでも月の手取り14万円はないとキツいです。 そもそも月の手取りとは、厚生年金・国民健康保険料・所得税・住民税などが給料から差し引かれたお金です。 そのため最低でも「月18万円」ほどの稼ぎは必要です。 以下が、項目ごとの控除額目安です。 月収18万円の場合 厚生年金保険料 約16,410円 国民健康保険料 約12,800円 雇用保険料 - 所得税(源泉徴収税額) 約4,700円 住民税 約6,700円 月の手取り 約139,390円 所得税や年金に関しては、収入額に応じて変わってくるので注意してください。 また親の扶養に入っている場合は、保険料は親の給料から引かれています。 バイトは週5日フルで入るべき 月18万円以上稼ぐのであれば、週5日、1にち8~10時間フルで働くべきです。 東京の最低賃金で1日8時間、平日20日勤務した場合は以下のように約16万円しか稼げないので、時間を伸ばしたら休日出勤しましょう。 もしくは、深夜料金で時給が高くなるバイトを探したり、夜勤シフトでバイトに入るなど調整したほうが良いです。 バイトルなどの求人アプリを活用して、どんなアルバイトをするべきか考えましょう。 家賃は手取りの3分の1以下が目安 家賃は、手取りの3分の1以下に抑えましょう。 手取りの3分の1を超えてしまうと、保険料や年金などが控除されて手元に残るお金が少なく、一人暮らしをするどころではなくなります。 以下は、手取りに対する家賃目安の一覧です。 家賃目安 手取り13万円 43,000円 手取り14万円 47,000円 手取り15万円 50,000円 手取り16万円 53,000円 手取り17万円 57,000円 東京23区で家賃4万円台のお部屋を探すなら、練馬区・葛飾区・足立区など家賃相場が低いエリアで探しましょう。 また「駅徒歩15分以内・アパートタイプ・築年数指定なし」という条件であれば、管理費・共益費込みで家賃4万円台前半の1Kが見つかります。 家賃が高いとそもそも審査に通らない フリーターの場合、正社員のように収入が安定しているわけではないので、家賃が高いお部屋を選んでしまうと入居審査に落ちてしまう可能性があります。 そもそも入居審査とは、お部屋を契約する人が「家賃を支払い続けられるか」「本当に住ませて良いか」を判断する審査です。 一般的に入居審査をクリアする基準は「家賃の36倍以上の年収が必要」と言われているほど、収入面が重視されます。 例えば、家賃5万円の物件でなら年収180万円以上、家賃8万円なら年収288万円以上ないと、審査に落ちやすくなります。 一人暮らしするまでに最低40万円必要 一人暮らしするまでに、賃貸契約の初期費用・引っ越し費用・家具家電購入費などで最低40万円ほど必要になります。 家賃5万円で計算した場合、以下のような内訳で「38~40万円」ほどかかります。 賃貸の初期費用 約22. 5~25万円 引っ越し費用 約5万円 家具家電購入費 約10万円 賃貸の初期費用は、敷金・礼金や仲介手数料など、お部屋を借りる際に必要なお金で一般的に家賃の4. 5~5ヶ月分と言われています。 引っ越し費用は、引っ越し業者の利用料や自分で引っ越しした際のレンタカー代です。 家具家電購入費は、新居に設置する家具や家電を新しく購入した場合に発生する費用です。 ちなみに賃貸の初期費用は家賃を元に計算されるため、家賃が安いお部屋を選べば初期費用も安くなります。 フリーターで一人暮らしをするなら節約は必須 フリーターで一人暮らしをするなら節約は必須です。 以下で、総務省統計局の2018年単身世帯の家計調査データをもとに、一人暮らしの生活費内訳をまとめてみたところ約14万円でした。 食費 約45,000円 食費 約30,000円 水道光熱費 約10,000円 娯楽費・交際費 約30,000円 通信費 約8,000円 交通費 約10,000円 衣類・日用消耗品代 約8,000円 合計 141,000円 先に紹介したように、フリーターで一人暮らしをするなら月の手取りは14万円ないと厳しいことがわかります。 少しでも出費を抑えて生活を楽にするため、以下で紹介する6つの節約を実践してみてください。 料金が安い都市ガスのお部屋にする これからお部屋を探す人は、物件情報の「設備」の欄が「都市ガス」になっているお部屋を選びましょう。 プロパンガスより約半額近くもガス代を抑えられます。 以下は、都市ガスとプロパンガスの料金比較です。 表に記載している月間5㎥とは、一人暮らしの人が平均的に使用する1ヶ月のガスの量です。 都市ガス プロパンガス 1㎥あたりの料金 314円 504円 月間5㎥使用した場合 1,570円 2,520円 基本料金 750円 1,574円 月額合計 2,320円 4,094円 まかないが出るバイト先にする まかないが出るバイト先を選べば、1食分の食費が浮きます。 1食500円として20日分であれば、約1万円もの節約になります。 チェーンの飲食店や居酒屋のバイトの場合は、まかない料理が出ることが多いです。 また、ごくまれに食堂があるオフィスでの事務仕事のバイトが見つかることもあります。 アルバイトの求人広告などで、社食あり・食堂利用可・まかないありなどの文字があるところを優先して探しましょう。 格安SIMのスマホに変えるかプランを見直す 大手キャリアから格安SIMに変更すると、毎月4,000円ほどスマホ代を抑えられます。 大手の携帯会社だと最低でも6,000円はかかりますが、格安SIMであれば2,000前後で利用できるからです。 格安SIMに変えなくても、契約中のプランを見直して、使っていない分の電話代やパケット代を削れば、1,000~2,000円の節約になります。 お部屋にWi-Fiを設置している場合は、帰宅したらWi-Fiを使うよう徹底すれば、パケット量を抑えたプランでも問題なくスマホが使えます。 コスパの良い食材で自炊をする コスパの良い食材で1日3食すべて自炊をすれば、月20,000円以内に食費を収めることも可能です。 小麦粉・キャベツ・卵だけで簡単にできるお好み焼きは1食約60円ほど、もやし・豆腐・鶏胸肉・味噌で作る味噌鍋は1食約120円ほどです。 もやし:1袋10~20円 豆腐:1パック20~30円 パスタ麺:1袋100~200円 納豆:3パックセット50~150円 鶏胸肉:100g70円 ひき肉:100g60円 キャベツ:半玉200円 じゃがいも:1個25~35円 人参:1個35~45円 卵:1パック100~200円 自炊が苦手な人は耐熱タッパを購入し、レンチンで出来る簡単料理から始めてみてください。 エアコンの温度は一定にする エアコンの温度設定と夏は26度、冬は20度で固定するだけで、電気代の節約になります。 年間で、約15,000円近く節約できます。 どうしても温度を変えたい場合は、なるべく長時間同じ温度設定にしましょう。 タップ式のコンセントにして使わない家電はオフにする タップ式の延長コンセントにして、使用していない家電製品の電源をオフにしましょう。 面倒かもしれませんが、寝ている間の7時間だけでも、テレビ・ブルーレイレコーダー・パソコン・ドライヤーなどの待機電力をなくすだけで年間1,500円ほどの節約になります。 生活費を抑えるなら家賃が安いお部屋を探すべき 生活費を抑えるなら、毎月決まって支払う必要がある家賃を安く済ませるべきです。 一度安いお部屋に住んでしまえば、節約を意識しなくても出費を抑えられます。 日々の出費を抑える節約は、人によっては苦痛に感じたり、うまくいかなかったりすることが多いので、固定費である家賃を安く済ませて、快適な生活を送るのがおすすめです。 家賃や生活費の実例を、インタビューで聞いた内容と一緒に紹介していきます。 コンビニ深夜勤務の男性:月収19. 8万円 ・月収19. 3万円のワンルーム 家賃 43,000円 食費 35,000円 水道光熱費 8,000円 娯楽費・交際費 30,000円 通信費 8,000円 交通費 10,000円 衣類・日用消耗品代 8,000円 合計 142,000円 住んでいるお部屋は、豊島区にある家賃4. 3万円のワンルームのアパートです。 家賃を抑えるために、床が畳になっている築年数が古めの物件を選んだそうです。 少しでもバイト代を稼ぐために毎回深夜勤でシフトを入れているとのことでした。 ただし、まかないはないのでカップ麺や弁当を買って食べているようです。 自炊は苦手なので、電子レンジで出来る簡単な料理1品と、白米を多めに炊いてお腹を膨らましているとのことでした。 それ以外は、特に目立った節約をしていないようですが、毎月の生活費は何とかなっています。 無駄遣いをしない、ご飯はお腹が膨らめばそれで良いという生活であれば、月15万円も稼げば充分一人暮らしできます。 ショップ店員の女性:月収17. 5万円 ・月収17. 5万円 手取り約13. 5万円 ・週5フルタイムで勤務 ・半年に1回報奨金あり ・練馬区の家賃4. 7万円の1K 家賃 47,000円 食費 30,000円 水道光熱費 8,000円 娯楽費・交際費 25,000円 通信費 8,000円 交通費 8,000円 衣類・日用消耗品代 10,000円 合計 136,000円 どうしてもバス・トイレ別のお部屋にしたかったようで、家賃4. 7万円の1Kと予算オーバーのお部屋に住んでいます。 そのため、給料日前の1週間はかなりお金がキツいそうです。 モヤシやキャベツなどかさ増しできるもので食事の量を増やしたり、カップ麺で生活しているとのことでした。 その他、食器を洗うときは溜め桶の水で洗う、浴槽にお湯を貯めるのは2週2回まで、日中は電気をつけないなど節約をかなりしているそうです。 フリーターの場合、家賃よりお部屋の設備を重視してしまうと、毎月ギリギリになって苦しい思いをするので要注意です。 居酒屋バイトの男性:月収15万円 ・月収15万円 手取り12. 2万円 ・週4~5ほど居酒屋でアルバイト ・1食だけまかないあり ・葛飾区の家賃3. 5万円のワンルーム 家賃 管理費込 約35,000円 食費 約30,000円 水道光熱費 約7,000円 スマホ・ネット代 約8,000円 交際費・趣味代 約20,000円 衣類代・美容代 約8,000円 日用品購入費・医療費 約8,000円 交通費 約5,000円 合計 約117,000円 住んでいるお部屋は、駅徒歩18分のワンルームのアパートです。 家賃を重視したため、浴槽はなくシャワールームのお部屋になったようですが、本人的には問題ないそうです。 食費は、夜はバイトのまかない、それ以外は自炊が苦手なのでカップ麺やスーパーの安い総菜でどうにかやりくりしているようです。 一応、月3万円には収まっているとのことでした。 衣類は下着以外は古着屋などで格安のTシャツやジーンズを購入して費用を抑えています。 また、スマホのプランを安いものに抑えて、通信代を抑えているそうです。 ただし、月末は通信制限が入るので、約1週間は電話ができるだけの鉄の箱になります。 基本的に月収15万しかない人は、貯金が一切できず毎月ギリギリの生活になります。 フリーターならではの物件探しの注意点 フリーターで一人暮らしをするなら、まずは賃貸物件の入居審査に通らなければいけません。 そのため、以下の3つのことに気を付けながらお部屋を探せば、入居審査に通りやすい物件を見つけられます。 ・正規雇用者限定の物件は諦める ・家賃の安さを最優先に考える ・物件の希望条件を絞りすぎない 正規雇用者限定の物件は諦める 賃貸物件の中には「正規雇用者であることが条件」としている場合もあります。 これは、大家さんが家賃の支払いに対し不安があるため、正社員以外の人はお部屋を借りられない物件です。 そのため、どうしても内装や立地が気に入ったとしても、フリーターの人は賃貸契約できないのであきらめてください。 家賃の安さを最優先に考える フリーターで一人暮らしをするには、まずお部屋を借りなくてはいけません。 そのため、家賃の安さを最優先に考えてお部屋探ししましょう。 また、家賃は毎月の支払が来るものなので、生活費を抑えて冠婚葬祭や体調不良時などの急な出費に備えておくべきです。 先にも紹介しましたが、月の手取りの3分の1以下に抑えてください。 物件の希望条件を絞りすぎない 「大きい駅の近くで、徒歩10分以内、2階以上、バス・トイレ別、独立洗面台 etc…」などという好条件の物件を、フリーターで借りるのは正直厳しいです。 好条件であればあるほど家賃は高くなりますし、入居者の安定収入が求められるからです。 フリーターである分、正規雇用者に比べて家賃を支払えなくなるリスクが高くなるので、物件のグレードをある程度妥協しないといけないケースが多いです。 おすすめの希望条件は「駅徒歩15分以内・築年数指定なし・室内乾燥機置き場」です。 物件数が多いので、吟味して理想のお部屋を探せます。 わざわざ不動産屋に行ってお部屋を探そうとしていませんか? わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます! SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます! 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです! おすすめ関連記事.

次の

【月収公開】フリーターが東京で一人暮らしして貯金はできるのか?

フリーター 東京

部屋探しの話• 最近LINEでお客様より「フリーターでも上京できるの?」と質問をお受けしました。 上京してみたいと考える一方で、資金面などが不安になっている方も多いようです。 そこで今回は、フリーターの方でも上京できるのか、お部屋探しのプロであるエイブルAGENTが上京時にありがちな悩みのポイントと、お部屋探しのコツをご紹介します。 フリーターの方に向けて生活を楽にするコツも合わせてご紹介しますので、ぜひともご参考ください。 その他、フリーターで賃貸物件を借りられるか気になる方はこちら 賃貸物件の審査基準が気になる方はこちら この疑問の目次• フリーターでも上京はできるのか? 東京といえば「物価や家賃が高い」というイメージが強いため、「フリーターでも上京できるの…?」と不安になられる方も多いでしょう。 そこでまずはフリーターが上京する過程で、ありがちな問題点をご紹介します。 実際に上京するとき、どのようなポイントが問題になってしまうのか事前に把握するだけでも、上京のイメージがしやすくなるはずです。 フリーターが上京をするときの壁、その1「まとまったお金が必要」 実際のところ東京は物価が高く、家賃もそれなりに必要なため、上京時にはまとまった資金が必要となります。 初期費用として敷金や礼金を、高い家賃に上乗せして支払う必要がある上に、引越し分の出費もあります。 地方からの上京にまとまった資金が必要なのはどの場合でも変わりません。 しかし安定収入がないフリーターの方は、資金面にゆとりを持って上京する必要があるのは間違いないでしょう。 フリーターが上京をするときの壁、その2「審査が通りにくい」 賃貸物件を借りるためには、はじめに入居審査をパスしなければなりません。 入居審査では安定した収入が参考にされるため、正規雇用で会社勤めをしている方などに比べると、フリーターは賃貸物件を借りづらくなっているのが現状です。 初期費用を抑えたい目的で選ばれがちなフリーレント物件でも同じく審査が行われます。 そのため、フリーターの方が上京するときには、入居審査の難しさが課題点になってしまうのです。 フリーターが上京をするときの壁、その3「都内の場合、家賃が高い」 地方に比べて、都内は家賃が高い傾向にあります。 いい部屋に住もうと高過ぎる賃貸物件に住んでしまうと、後々家賃の支払いに追い込まれてしまうこともあり得ます。 自身に合った家賃の賃貸物件を探せるかどうかがポイントになるでしょう。 フリーターが一人暮らしをするには、どのくらいの手取りがあれば良い? 実際どのくらいの手取りがあれば生活できるの? と、金銭面でナイーブになられる方も多いでしょう。 フリーターの方が一人暮らしする場合、お金の管理、節約はかなり重要になってきます。 どのくらいの手取りが必要なのかご紹介します。 手取りは15万円は必要 家賃、食費、光熱費、日用品、交通費、交際費、娯楽、年金、保険といった出費を考えると、少なくても手取りは15万円ほどは必要になると言われています。 仮に時給1,200円のアルバイトを週に5回、7時間勤務だとすると、月収は16万8,000円です。 少なくとも時給が1,070円以上の仕事を選ばなければ、手取り15万円の実現はかなり難しくなるでしょう。 最低限かかる生活費 仮に手取り15万円として考えてみましょう。 家賃 6万円 食費 3万円 光熱費 5,000円 日用品 5,000円 通信費 8,000円 交通費 3,000円 交際費 1万円 娯楽 5,000円 年金 1万6,340円 保険 8,000円 これで合計して15万円ほど。 実際には食費や交際費にプラスやマイナスが出たり、収入に応じて健康保健料や住民税などが変わったりと、ライフスタイルによって金額は変動します。 節約によって、いろいろと削ることもできますが、15万円の手取り収入ではギリギリの生活になります。 万が一のための貯金も厳しいものとなってしまうのは言うまでもありません。 家賃に見合ったエリアを探そう 賃貸物件を決めるにあたって、勤務地から近いもの、周辺施設の充実度など、人それぞれに重視したいポイントは異なります。 しかし上京するときに重要なのは、家賃に見合ったエリアを見つけることです。 まずは自身の収入と予算を考慮して、予算に見合ったエリアがどのあたりなのかを調べてみることも、生活を楽にする部屋探しのコツです。 予算と照らし合わせて物件をチェックしよう ご自身の家賃条件と合う物件を見つけたら、それぞれをリスト化しておきましょう。 賃貸物件には家賃だけでなく、周辺施設の充実度や勤務先への距離などそれぞれの条件が異なっています。 予算が同じなら、出来る限り優れた賃貸物件に住みたいですよね。 エイブルAGENTではLINEを通じてお気軽にご相談いただけるため、「予算と条件がマッチした物件がなかなか見付からない」とお悩みの方はぜひ一度お声掛けください。 節約を意識することがポイント フリーターの方が「上京して一人暮らしを」と考えても、意外とお金が掛かってしまい、なかなか踏み出せないという方も多いでしょう。 そんな費用面でお悩みの場合は、節約を意識してみてはいかがでしょうか。 節約によって、貯金や娯楽にお金を回すことが可能になります。 そうした節約をできる人とできない人の違いは、自分の収入に合ったお金の使い方をしているかどうかにあります。 フリーターの方は収入が安定しない場合が多いため、浪費を避ける、工夫によって無理のない節約をするように心掛けることをおすすめします。 毎月かかる固定費を見直す まずは、節約を意識していく上で、毎月どのくらいお金を使っているのか把握する必要があります。 家賃や食費、光熱費など各種の支払いを一度ノートなどに書き出してみてはいかがでしょうか。 毎月どのくらいのお金を使っているのか、無駄なお金を使ってはないか、ご自身でしっかり認識するだけでも節約に対する意識を変えることができます。 節約生活をする場合は、金額の大きなものから削っていくことがポイントです。 一番出費が多い「家賃と食費」をどの程度削れるか、光熱費をいかに節約できるかを意識するだけでも月々の出費を抑えることができるでしょう。 外食ではなく自炊を心がける 手軽にできる節約法として、自炊も一つの手段となります。 「一人暮らしだと自炊するほうが高いのでは?」と思われる方もいるでしょう。 スーパーのお惣菜や安い飲食店の利用も節約の選択肢に挙がりますが、トータルで見た場合、自炊のほうが食費を浮かせられる傾向にあるようです。 まず、コンビニやスーパーなどで買い出しをするときに予算を決めましょう。 事前に必要なものをメモして買うものを決めておけば無駄遣いを防ぐことができます。 とくに上京する前に都内の激安スーパーをチェックしておき、自炊によって、さらに出費を抑えることができます。 ちょっとしたお昼代や飲み物代も、積み重なると大きな金額になるのも事実です。 常日頃から水筒を持ち歩き、食費を抑えるために自炊することを心掛けましょう。 賄い付きのアルバイトを見つける フリーターのメリットとして、賄い付きのアルバイトを選択できる点です。 勤務日は1日1食分の食費を減らすことができるため、かなり節約ができます。 料理が苦手だけど食費を浮かせたい、とお考えのフリーターの方には特におすすめです。 食費を減らしつつ、きちんとした食事もとれるため、健康的な生活を送れるのは大きなメリットといえます。 家計簿をつけて、出費を把握する 出費を常に把握しておくために、家計簿をつけるのも効果的です。 今では、レシートの写真を撮影して取り込むだけで家計簿をつけてくれるアプリなどもあります。 家計簿をつけることによって、今月どのくらいの節約ができたのかを把握できるようになります。 一番重要なのは、自身の出費がどの程度かしっかりと把握することです。 支出を見直すと、お金を使い過ぎている点と、節約できそうな部分がだんだんと理解できるようになります。 家計簿をつけていないと実際に数字が見えないため実感しづらく、無駄遣いにつながってしまうこともあります。 家計簿をつけることにより、節約の仕方も計画しやすくなるはずです。 フリーターの物件探し、注意点とは? フリーターの方は安定した収入がないため、正規雇用の会社員に比べると賃貸物件探しが難航してしまうのが現実でもあります。 フリーターの方が賃貸物件を探すなら、どのようなポイントに気をつけるべきかご紹介します。 家賃の安さを一番に考えよう 入居審査のポイントは家賃の支払能力があるかどうかということ。 フリーターの人が賃貸物件の契約をするには、家賃を支払えるかどうかが特に重要です。 上京するとはいえ、この範囲を超えた賃貸物件に住み続けるのは厳しいです。 何よりも家賃の安い賃貸物件を探すことが重要だと念頭に置きましょう。 物件の希望条件は控え目に 物件の希望条件があまりにも多いと、物件探しがかなり困難になってしまいます。 家賃の安さ、物件自体の条件、周辺の環境など、さまざまな希望条件もあるかとは思いますが、希望条件をつけすぎてしまうと物件探しは難航してしまいます。 上京して腰を落ち着けた後でも、希望の物件に転居することは可能です。 希望条件は控え目に設定して、まずは上京時に住んでいけそうな物件を探すことをおすすめします。 審査は正規雇用より厳しく行われる フリーターは収入が不安定という理由で、正規雇用の方より審査が厳しく行われる傾向にあります。 とはいえ、十分に貯金があり、家賃2年分の貯金があると審査に通ることもあります。 大家さんによっては、審査が緩いところもあるものの、フリーターだからという理由で審査が厳しくなってしまうのは避けられないでしょう。 できれば正規雇用を目指そう 引越しも含め、フリーターはさまざまな契約で不利になりやすいと言われています。 そのため、安定した収入を得るためにも正社員を目指してみてはいかがでしょうか。 フリーターのままで年月を重ねるほど、信用性が低くなり、さらに物件を借りづらくなってしまう可能性もあります。 機会があれば、と後回しにしてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、昨今では売り手市場ということもあり、少し探してみることで正規雇用の道筋が見つかるかもしれません。 フリーターの方の上京、エイブルAGENTが親身になってアドバイスします! 上京するときにはまとまった資金が必要であったり、賃貸物件の審査が通りにくかったり、いろいろと不安な気持ちを抱えてしまった方もいるかもしれません。 しかし、実際に上京したときに味わえる楽しさや喜びは人それぞれです。 フリーターだからこそ見つけられる人生の楽しみ方もあります。 「上京してみたいけど……」と足踏みをされている方は一度、エイブルAGENTまで、ぜひ一度ご相談ください。 親身になってアドバイスいたします。 LINEを通じて、いつでもご相談をお受けすることができますので、地方から上京するときのイメージを固めるお手伝いができるかもしれません。 もちろんご希望の条件に合う賃貸物件探しのサポートも行っておりますので、「フリーターだけど上京時の物件はどうしよう?」とお悩みの方はぜひお声掛けください。

次の