リベンジ マッスル。 リベンジ (テレビドラマ)

【放談】真マッスルリベンジャー、世にも奇妙な物語

リベンジ マッスル

リベンジ ジャンル 原案 出演者 作曲 iZLER 音楽 国・地域 言語 シーズン数 4 話数 89 各話の長さ 43分 平均 製作 製作総指揮 マイク・ケリー マーティー・C・ボウェン ゴールドン・ウィック・ゴッドフレイ プロデューサー ランディー・スッター サマンサ・トーマス メリッサ・ロイ ジョー・ファッジオ 協賛 テッド・バブコック 製作 撮影地 第一話: 撮影監督 クリス・マンレイ シンシア・プッシュエック ジョン・スミス ランス・ラッキー 編集 マーティン・ニコルソン 製作 ザ・ページ・フライト・カンパニー マイク・ケリー・プロダクション テンプル・ヒル・プロダクション 放送 放送チャンネル 放送期間 2011年9月21日 2011-09-21 - 2015年5月10日 2015-5-10 日本での放送 放送チャンネル 放送期間 2012年3月17日 2012-03-17 - 『 リベンジ』(原題: Revenge)は、との主演でで放送されたテレビドラマシリーズ。 2014年5月、ABCは2014年から2015年にかけて更新するドラマを発表し、「リベンジ」についても新シーズンを製作することを明らかにしたが、 2015年4月、放映中のシーズン4をもって番組を終了することが明らかになり、最終回が5月10日に放送された。 概要 [ ] あらすじ [ ] エミリー・ソーン ()は、明るい夏を楽しむため、に来て、グレイソン家の隣の家を借りた。 その後、エミリーは少女時代にハンプトンズにいたことが明らかになる。 実は、エミリーの本名はアマンダ・クラークであり、彼女の父は無実の罪を着せられて終身刑になったのである。 エミリーは父と別離し、二度と会うことはなかった。 今、彼女はハンプトンズに戻り、彼女と父親に罪を被せた人々への復讐を始める。 エミリーが計画を実行に移し、父を裏切った人々を破滅させるため、上流階級でうまく立ち回ろうとする。 しかし、計画が進むにつれ、彼女自身に複雑な感情が芽生え、動機と行動に疑問を持つのであった。 作品評価 [ ] パイロット版は、のタブレット端末であるとのタイアップで、ABCのサイトで配信 され、全ての重要な年代 18-49歳 の広告デモグラフィックにおける3. 3ニールセンレーティングを集めた後、ABCによりフルシーズン制作が決定された。 また、他のネットワーク CBS, FOX, CW, NBC の18~34歳のデモグラフィックにおいても常にその時間帯で勝利している。 『』の2006-2007シーズン以来、水曜日午後10時の時間帯におけるABCの最高視聴率を得ており、LOSTがその時間帯から去って以来4年ぶりに18-49歳デモグラフィックで同等の高視聴率を達成したシリーズである。 は2012年で最優秀主演女優にノミネートされ、また、本シリーズは2012年でお気に入りの新ドラマにノミネートされた。 父親をテロリストに仕立てた人々への復讐のために、裕福な慈善事業家エミリー・ソーンとしてハンプトンズに戻る。 非常に知的であり、格闘術にも長けている。 父の名誉を挽回することと、父を騙した者たちを失脚させることに心血を注ぐ。 ダニエル・グレイソンと婚約中である。 ビクトリア・グレイソン 演 - 、日本語吹替 - 「ハンプトンズの女王」と称される、コンラッド・グレイソンの妻で、ダニエルとシャーロットの母。 かつて、アマンダの父デヴィッド・クラークを深く愛していたが、コンラッドとフランクにより、デビッドを無実の罪に陥れる陰謀に加担させられた。 その結果、ビクトリアはエミリーの最大の敵となり、エミリーの正体を知らないものの、若くて完璧なエミリーに不信感をぬぐえず、信頼せずにいる。 ビクトリアは冷淡に他人を操り他人の感情を解さない人物と描かれているが、内面では彼女がデビッドに対して行った仕打ちに対する罪悪感と自分の家族を守るためだと示される。 ジャック・ポーター 演 - (幼少時代:ニコラス・スタージェル)、日本語吹替 - エミリー(本名アマンダ)の幼なじみ。 ボランティアのためにハイチに向かう直前に父親が急死し、弟デクランの法的保護者となったことと父の遺した店ストア・ウェイを続けていくために、ハンプトンズに残った。 本物のエミリー・ソーン(偽名アマンダ・クラーク)と知り合い、ボーイフレンドになる。 アマンダを探しに海岸に行き、殺人事件に巻き込まれる。 ノーラン・ロス 演 - 、日本語吹替 - 天才ソフトウェア発明家であり、コンピュータハッカー。 その資産は長者番付のトップ10に入る。 キャロル・ミラーの紹介でデヴィッドと出会う。 ノーランが事業を興す際、ノーランの可能性に賭けて自分の資産を投資してくれたデヴィッドに恩を感じ、エミリーの復讐計画を手伝う。 エミリーとは兄妹のような関係である。 その為、エミリーに復讐を止めて幸せになってほしいと願う想いもある。 またジャックやデクランに対しても、エミリーとグレイソン家の争いに巻き込まれないように、しばしば手をまわしている。 コンラッド・グレイソン 演 - 、日本語吹替 - ビクトリアの夫であり、ダニエル・グレイソンの父親。 グレイソン・グローバルの現在のCEOであり、デビッド・クラークの元上司でもある。 ビクトリアの元親友リディア・デイヴィスと愛人関係にあった。 コンラッドは、デビッド・クラークがテロ組織に資金を提供したとして有罪になった飛行機事故の真の責任者であるが、フランクとビクトリアの協力によりクラークを犯人に仕立てた。 ダニエル・グレイソン 演 - 、日本語吹替 - ビクトリアとコンラッドの長男。 エミリーと恋に落ち後に婚約する。 ダニエルは裕福なプレイボーイであるが倫理観を持ち、家族がグレイソン・グローバルの次期CEOに彼を迎えようとすることに密かに躊躇している。 シャーロット・グレイソン 演 - ()、日本語吹替 - グレイソン家の長女。 デクランに惹かれ付き合うようになる。 実はビクトリアとデヴィッドの間に生まれた娘(エミリーの異母妹)だが、ビクトリアはそれを隠し通してきた。 しかし、記者のトレッドウェルのインタビューテープから発覚してしまう。 デクラン・ポーター 演 - 、日本語吹替 - ジャック・ポーターの弟。 シャーロット・グレイソンのボーイフレンド。 アシュリー・ダベンポート 演 - ()、日本語吹替 - エミリーの(見かけ上の)親友で、主にビクトリアの秘書的な役割を務めるグレイソン家の従業員。 忠実であるが、セレブの仲間入りを切望する野心的な面も見せる。 準レギュラーキャスト [ ] デヴィッド・クラーク ()、日本語吹替 - アマンダの父親で故人。 グレイソン・グローバルで成功した幹部でありながら、ビクトリアと不倫関係にあった。 親切で寛大な男で、アマンダの献身的な父親であった。 コンラッド、フランク、ビクトリアらの姦計に嵌り、信頼していた友人や同僚たちにも裏切られ、彼らからのでっち上げによってテロリストの資金調達責任者にされ、テロと殺人のかどで逮捕・投獄された。 少年院で知り合ったアマンダ・クラークと身分を交換することに同意する。 リディア・デイヴィス 演 - 、日本語吹替 - ビクトリアの元親友で、コンラッドの愛人。 デヴィッド・クラークの元秘書であり、デヴィッドの裁判で偽証したため、エミリーが最初に復讐の標的とした人物。 フランクともみ合った末にバルコニーから転落し重傷を負ったが、転落前後の記憶を失い、グレイソン家に回復するまで滞在した。 ビクトリアに軟禁されていることを知ったコンラッドにより連れ出された後、姿を見られていない。 タイラー・バロル 演 - 、日本語吹替 - ダニエルのハーバード時代の友人。 グレイソン・グローバルの仕事を得るためにダニエルと一緒にハンプトンズに来る。 エミリーとノーランの罠にかかり、ダニエルらグレイソン一家から信用を失い、エミリーを恨んでいる。 両親はなく、現在は兄が法的保護者となっている。 ある精神疾患を患っており、薬が切れると興奮したら手がつけられない乱暴者となってしまう。 フランク・スティーブンス 演 - 、日本語吹替 - グレイソン家の警備責任者で元FBI捜査官。 コンラッドとともにデヴィッド・クラークにテロリストの資金提供の濡れ衣を着せ、ビクトリアに嘘の証言を強要した。 ビクトリアに恋愛感情を持っていることが後にコンラッドに知られ解雇される。 追い詰められた末、グレイソン家の信用を取り戻すためにエミリーの正体を暴こうとした矢先、本物のエミリー・ソーンによって殺害された。 デヴィッドの友人であり、エミリーに復讐の心得や武術を教えた恩師である。 エドワード・グレイソン 演 - 、日本語吹替 - グレイソン・グローバルの創業者で取締役会長、同社の元CEOでコンラッドの父親である。 会社と一族の名声の評判と地位を守ることに情熱をそそぐ。 シャロン・スタイルズ 演 - 、日本語吹替 - 元少年院看守。 後にエミリーの協力者であることが明らかになる。 ライアン・ハント 演 - ()、日本語吹替 - ビクトリアの離婚弁護士で、和解中にコンラッドの評判を貶める違法行為に手を染める。 最終的に両者の信用をなくし、ビクトリアに解雇される。 また、デヴィッド・クラークの弁護人でもあった。 当初はエミリーの復讐の標的と示唆されたが、実はクラークの無実を信じるエミリーの協力者であることが後に明かされる。 ベンジャミン・ブルックス 演 - 、日本語吹替 - タイラー・バロルの殺人事件でダニエルを弁護するために雇われた弁護士。 レオ・"メイソン"・トレッドウェル 演 - 、日本語吹替 - 著名なノンフィクション作家。 デヴィット・クラークに関する取材中、デヴィッド本人や幼少のエミリーを取材したが、グレイソン家に買収され、著書の中でデヴィッド・クラークについて嘘の内容を書いた。 エミリーによって、デヴィッド・クラークとエミリーのインタビューテープを盗まれ、家を放火された。 マルゴー・ルマルシャル 演 - 、日本語吹替 - ファッション誌ヴーレのアメリカ支社長。 ヴーレ本社オーナーであるパスカルの娘。 ダニエル・グレイソンの幼馴染。 自分の働きを認めようとしない父に不満を持つ。 ある時期から、ジャック・ポーターと個人的関係を築いていくが・・・。 ルイーズ・エリス 演 - 、日本語吹替 - 精神病院に送られたヴィクトリアと同室になった女。 ヴィクトリアが脱走した後に退院し、ヴィクトリアに近づこうと画策する。 ベン・ハンター 演 - 、日本語吹替 - 警官。 ジャックの同僚で相棒。 エピソード [ ] シーズン1 [ ]• アメリカ : - 、 - 、 - 毎週水曜日 22:00 -• 日本()• 吹替版:2012年 - 、(土曜日 21:00 - 22:00 JST )• 字幕版:2012年 - 、(金曜日 23:00 - 23:54 JST ) タイトル(邦題) 原題 監督 脚本 (第17話を除く) 第1話 幕開け Pilot 第2話 崩壊 Trust フィリップ・ノイス マイク・ケリー ジョー・ファッチオ 第3話 密告 Betrayal サルバトール・スタビル 第4話 告白 Duplicity ウェンディ・カルホーン 第5話 悔恨 Gulit ニキ・トスカーノ 第6話 誤算 Intrigue ダン・ドウォーキン ジェイ・ビーティ 第7話 虚偽 Charade ジョー・ファッチオ 第8話 記憶 Treachery ライアン・スコット 第9話 秘密 Suspicion サルバトール・スタビル 第10話 阻害 Loyalty ウェンディ・カルホーン ニキ・トスカーノ 第11話 脅迫 Duress エル・トライドマン 第12話 汚名 Infamy マット・アール・ビーズリー ダン・ドウォーキン ジェイ・ビーティ 第13話 覚悟 Commitment ケネス・フィンク マーク・B・ペリー リズ・タイゲラー 第14話 知覚 Perception ティム・ハンター ニキ・トスカーノ サリー・パトリック 第15話 混沌 Chaos サンフォード・ブックステイヴァー ジョー・ファッチオ 第16話 同盟 Scandal ケネス・フィンク エル・トライドマン 総集編 終わりの始まり From the Beginning 第17話 疑惑 Doubt マット・アール・ビーズリー Story by: マイク・ケリー Teleplay by: ダン・ドウォーキン、ジェイ・ビーティ 第18話 正義 Justice ボビー・ロス リズ・タイゲラー サリー・パトリック 第19話 赦免 Absolution サンフォード・ブックステイヴァー ニキ・トスカーノ テレサ・レベック 第20話 遺産 Legacy ダン・ドウォーキン ジェイ・ビーティ 第21話 悲嘆 Fear マーク・フィッシュ ジョー・ファッチオ 第22話 制裁 Reckoning サンフォード・ブックステイヴァー マイク・ケリー マーク・B・ペリー 総集編 1時間でわかるリベンジ シーズン1 総集編 The First Chapter シーズン2 [ ]• アメリカ : 2012年 - 2013年 毎週日曜日 21:00 -• 吹替版: - (土曜日 22:00 - 22:54 JST )• 字幕版:2013年 - (金曜日 23:00 - 23:54 JST ) タイトル(邦題) 原題 監督 脚本 第1話 運命 Destiny ケネス・フィンク マイク・ケリー マーク・B・ペリー 第2話 復活 Resurrection サリー・パトリック 第3話 信頼 Confidence J・ミラー・トービン グレッチェン・J・ベルグ アーロン・ハーバーツ 第4話 直観 Intuition ランドール・ジスク ダン・ドウォーキン ジェイ・ビーティ 第5話 容赦 Forgiveness マット・アール・ビーズリー 第6話 幻想 Illusion ボビー・ロス マイケル・フォーレイ 第7話 贖罪 Penance エル・トライドマン 第8話 起源 Lineage ニキ・トスカーノ 第9話 露見 Revelations ケネス・フィンク テッド・サリバン 第10話 権力 Power ジョー・ファッチオ 第11話 妨害 Sabotage ダン・ドウォーキン ジェイ・ビーティ 第12話 結託 Collusion マット・シャクマン サリー・パトリック スニル・ネイヤー 第13話 結婚 Union マイケル・フォーレイ テッド・サリバン 第14話 犠牲 Sacrifice マーク・B・ペリー ジョー・ファッチオ 第15話 報復 Retribution ニキ・トスカーノ エル・トライドマン 第16話 露呈 Illumination ボビー・ロス マイケル・フォーレイ サリー・パトリック 第17話 勝利 Victory コリン・バックシー ダン・ドウォーキン ジェイ・ビーティ 第18話 仮面 Masquerade スニル・ネイヤー ジェシカ・ジェームス 第19話 本性 Identity チャーリー・ストラットン ジョー・ファッチオ テッド・サリバン 第20話 婚約 Engagement エル・トライドマン サリー・パトリック 第21話 真実 前編 Truth, Part 1 ランドール・ジスク マイケル・フォーレイ ニキ・トスカーノ 第22話 真実 後編 Truth, Part 2 J・ミラー・トービン マイク・ケリー マーク・B・ペリー シーズン3 [ ]• アメリカ• 2013年 - 2014年 毎週日曜日 21:00 -• 2014年 - 毎週日曜日 22:00 -• 吹替版: - (土曜日 21:00 - 22:00 JST )• 字幕版:2014年 - (金曜日 26:00 - 27:00 JST ) タイトル(邦題) 原題 監督 脚本 第1話 恐怖 Fear 第2話 原罪 Sin ジョー・ファッチオ 第3話 懺悔 Confession サリー・パトリック 第4話 慈悲 Mercy カリン・ギスト 第5話 支配 Control 第6話 分解 Dissolution グレッチェン・J・ベルグ アーロン・ハーバーツ 第7話 復帰 Resurgrence ジョン・スコット クリストファー・ファイフ 第8話 禁断 Secrecy サリー・パトリック ジェシカ・ジェームス 第9話 降伏 Surrender ジョー・ファッチオ 第10話 脱出 Exodus ケネス・フィンク スニル・ネイヤー カリン・ギスト 第11話 生還 Homecoming マット・アール・ビーズレイ テッド・サリバン 第12話 忍耐 Endurance サリー・パトリック 第13話 憎悪 Hatred グレッチェン・J・ベルグ アーロン・ハーバーツ 第14話 回帰 Payback スニル・メイヤー クリストファー・ファイフ 第15話 苦悩 Struggle マイケル・J・シンキューマニ 第16話 屈辱 Disgrace シャノン・ゴス 第17話 依存 Addiction タラ・ニコル・ワイア ジョー・ファッチオ 第18話 帰郷 Blood カリン・ギスト 第19話 盟友 Allegiance ジェニファー・ウィルキンソン テッド・サリバン 第20話 革命 Revolution クリストファー・ムーア スニル・ネイヤー マイケル・J・シンキューマニ 第21話 監禁 Impetus J・ミラー・トービン グレッチェン・J・ベルグ アーロン・ハーバーツ 第22話 処刑 Execution ケネス・フィンク スニル・ネイヤー ジョー・ファッチオ シーズン4 [ ]• アメリカ• - 毎週日曜日 22:00 -• 吹替版:2015年 - 2015年(毎週日曜日 23:00 - 00:00 JST )• 字幕版:2015年 - 2015年(毎週土曜日 27:00 - 28:00 JST ) タイトル(邦題) 原題 監督 脚本 第1話 再生 Renaissance サリー・パトリック 第2話 暴露 Disclosure ジョー・ファッチオ 第3話 焼跡 Ashes アレックス・タウブ 第4話 流星 Meteor カリン・ギスト 第5話 波紋 Repercussions 第6話 打撃 Damage ジョン・ターレスキー クリストファー・ファイフ サリー・パトリック 第7話 奇襲 Ambush シャノン・ゴス 第8話 接触 Contact ジョー・ファッチオ 第9話 諜報 Intel カリン・ギスト 第10話 代償 Atonement ジョン・ターレスキー テッド・サリバン 第11話 追悼 Epitaph アレックス・タウブ 第12話 執念 Madness サリー・パトリック 第13話 誘拐 Abduction クリストファー・ファイフ 第14話 系譜 Kindred コリン・バックシー ナンシー・キウ 第15話 獲物 Bait タイ・トゥルリンガー シャノン・ゴス 第16話 怨恨 Retaliation アルリック・ライリー ジェシー・ラスキー 第17話 喪失 Loss ジョー・ファッチオ 第18話 決断 Clarity カリン・ギスト 第19話 激白 Exposure ジェニファー・ウィルキンソン ウィルソン・ポロック アンドリュー・ステイアー 第20話 炎上 Burn ケネス・フィンク テッド・サリバン 第21話 余波 Aftermath ロブ・J・グリーンリー シャノン・ゴス クリストファー・ファイフ 第22話 懇願 Plea J・ミラー・トービン アレックス・タウブ 第23話 墓穴 Two Graves ジョン・ターレスキー ジョー・ファッチオ 放送局 [ ] シーズン1 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考 2012年3月17日 - 8月18日 毎週土曜 21:00 - 22:00 吹替版 2012年3月23日 - 8月24日 毎週金曜 23:00 - 23:54 字幕版 2013年3月20日 - 9月4日 毎週水曜 01:38 - 02:38 2か国語版 ・ 2013年7月11日 -12月11日 毎週木曜 01:33 - 02:33 2013年8月21日 - 毎週木曜 01:33 - 02:33 2013年10月2日 - 毎週水曜 12:05 - 13:00 2013年10月6日 - 毎週日曜 01:00 - 01:55 テレビ東京系列 2013年10月11日 - 毎週金曜 01:30 - 02:30 2013年10月16日 - 2014年4月2日 毎週水曜 01:59 - 02:54 日本テレビ系列 2013年10月18日 - 毎週金曜 02:00 - 02:55 フジテレビ系列 2013年11月19日 - 毎週火曜 01:59 - 02:54 テレビ朝日系列 シーズン2 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考 日本全域 Dlife 2013年3月23日 - 8月10日 毎週土曜 22:00 - 22:54 BS放送 吹替版 2013年3月29日 - 8月16日 毎週金曜 23:00 - 23:54 字幕版 2014年2月26日 - 毎週水曜 01:39 - 02:39 2か国語版 2014年6月9日 - 毎週火曜 01:00 - 01:55 テレビ東京系列 2014年7月3日 - 毎週金曜 0 0:50 - 01:45 中京広域圏 メ~テレ 2014年10月20日 - 毎週火曜 01:59 - 02:54 テレビ朝日系列 シーズン3 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考 2014年3月8日 - 8月2日 毎週土曜 21:00 - 22:00 吹替版 2014年3月14日 - 8月8日 毎週土曜 02:00 - 03:00 字幕版 中京広域圏 メ~テレ 2015年6月29日 - 2015年12月7日 毎週火曜 01:59 - 02:59 テレビ朝日系列 2か国語版 Dlifeにおける特別編成 [ ] オール アバウト リベンジ ナイト [ ] Dlifeスペシャル オール アバウト リベンジ ナイト(ディーライフスペシャル オール アバウト リベンジ ナイト)とは、2012年17:00 - 22:00 JST にかけてDlifeで放送された特別編成である。 「6月23日は復讐の原点へ…」 と題し、物語の起点となる第一話から第四話までの再放送、、第十五話の本放送で構成されている。 この編成に合わせて、が出演した「」が特別編成の前座として放送されている。 特別編成とその前後の番組 この編成で放送された番組は以下の表の通りである。 時刻 6月23日のタイトル 備考 14 Dlife CINEMA 15 16 版 ゲスト : 17:00 リベンジ 第一話 17:50 リベンジ 第二話 18:40 リベンジ 第三話 19:30 リベンジ 第四話 20:20 出演者:、 21 リベンジ 第十五話 22 シーズン2 第二話 注釈 字幕版を除き、もしくは日本語のみの放送 背景色がピンクの個所は特別編成枠 リベンジ サタデー [ ] リベンジ サタデー Revenge Saturday とは、からまでで放送された特別編成である。 2013年から放送開始のリベンジ シーズン2の放送を目前に、シーズン1本編を再放送した編成で、とのタイアップ企画の一環でもある。 また、が出演して、毎週25,000円分の商品券が8名にあたる懸賞 の告知も行われた。 放送日時• 毎週土曜日18:00 - 21:00(2013年2月2日、)- 第1話から第6話まで• 毎週土曜日18:00 - 22:00(2013年 - 3月9日)- 第7話から第22話まで リベンジウィーク 沈没への序章 [ ] 特別編成 「リベンジウィーク 沈没への序章」( - ちんぼつ - じょしょう、 Revenge Week The Secret of the Sunken Ship)とは、2013年からにかけてDlifeで放送された特別編成である。 「6月15日アマンダ号は沈没する」と題し、「リベンジ」シーズン2前半のクライマックスを迎え、後半の展望をうかがうストーリーとなる第13話と第14話の放送にあたり、まだ本作を観てなくても楽しめるよう、第1話から第12話までの再放送と、第13話と第14話の放送を迎える構成になっている。 放送時間• 月曜日 - 金曜日19:00 - 21:00(2013年6月10日 - )- 第1話から第10話までの吹き替え版の再放送• 火曜日 - 土曜日2:00 - 4:00(2013年6月11日 - 6月15日)- 第1話から第10話までの字幕版の再放送• 土曜日19:00 - 23:00(2013年6月15日)- 第11話、第12話の吹き替え版の再放送と、第13話と第14話の吹き替え版の本放送• 日曜日2:00 - 6:00(2013年6月16日)- 第11話、第12話の字幕版の再放送と、第13話と第14話の字幕版の先行放送 関連番組 [ ] リベンジ いよいよ今夜謎が! おさらい SP [ ] リベンジ いよいよ今夜謎が! おさらい SP ジャンル トーク番組 出演者 、 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 20:20 - 21:00 回数 1 リベンジ いよいよ今夜謎が! おさらい SP(リベンジ いよいよこんやなぞが! おさらい スペシャル)とは、2012年6月23日20:20 - 21:00 JST にで放送された特別番組である。 とが出演し、「リベンジ」シーズン1第14話までをトーク形式で振り返りながら、その魅力を伝えていた。 また、「リベンジ」に出演しているエミリー・ヴァンキャンプとのインタビューも紹介していた。 ミッツ・マングローブのごごばんトーク [ ] ミッツ・マングローブのごごばんトーク ~私のリベンジ~ ジャンル 放送方式 放送期間 2013年 - 放送時間 月曜 - 金曜 13:45頃 — 13:50頃(5分) 放送回数 30 放送局 パーソナリティ 提供 特記事項: 「」に内包。 BSチャンネルDlifeプレゼンツ ミッツ・マングローブのごごばんトーク ~私のリベンジ~(ビーエスチャンネルディーライフプレゼンツ ミッツ・マングローブのごごばんトーク ~わたしのリベンジ~)とは、2013年からまでの月曜日から金曜日の13:45頃から5分間放送されたのである。 ナビゲーターは、で、毎回出演するゲストとともに、ゲスト自身の再起をかけた体験を紹介する番組である。 その再起をかけた体験をドラマのタイトル「リベンジ」とかけており、とのタイアップ企画の一環である。 また、2013年には、ニッポン放送内にあるでをゲストにした公開録音が行われた。 ゲスト [ ]• - 2013年からまで• - 2013年からまで• - 2013年からまで• - 2013年からまで この節のが望まれています。 ミッツ・マングローブのオールナイトニッポンGOLD リベンジスペシャル [ ] ミッツ・マングローブの オールナイトニッポンGOLD リベンジスペシャル ジャンル 放送方式 放送期間 2013年 放送時間 金曜 22:00 - 23:50(110分) 放送回数 1 放送局 ネットワーク パーソナリティ 出演 特記事項: 「」の一環として放送。 収録日は2013年。 ミッツ・マングローブのオールナイトニッポンGOLD リベンジスペシャル( - ゴールド - )とは、2013年の22:00から23:50まで放送されたの。 この番組は、」の一環でかつ、2013年にでの初放送を迎える「リベンジ シーズン2」を記念したとして放送された。 パーソナリティーは、が担当 し、ゲストのによるリベンジを果たした時の体験 や、同じくゲストのによる吹き替えの収録秘話 などのドラマのタイトル「リベンジ」に纏わるテーマでトークが展開された。 ラジオCM [ ] は「リベンジ シーズン2」におけるとのタイアップ企画の一環で、とは別にからまで「リベンジ」の魅力を伝えるラジオCMが放送された。 該当の時間と担当は以下の通り。 放送日時 いずれも 担当 いずれもニッポン放送アナウンサー 2013年1月29日10:38頃 2013年1月30日18:27頃 2013年1月31日15:52頃 2013年2月1日17:23頃 2013年2月2日14:48頃 脚注 [ ] []• 2014年5月12日. 2014年8月15日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年5月8日. TV by the Numbers. 2014年5月9日閲覧。 TVグルーヴ 2015年4月30日• シネマトゥデイ 2015年5月3日• TV Addict. 2011年9月5日閲覧。 総集編「The First Chapter」は2012年に放送された。 Dlife. の2013年4月23日時点におけるアーカイブ。 2013年1月24日閲覧。 Dlife. の2013年1月24日時点におけるアーカイブ。 2013年1月24日閲覧。 Dlife. 2014年3月19日閲覧。 [ ]• 2014年3月28日のみ27:00 - 28:00で放送。 出典:. Dlife. 2014年3月19日閲覧。 [ ]• より、2013年9月27日閲覧。 にて、2013年11月10日閲覧。 Dlife. 2012年12月1日閲覧。 [ ]• 2012年6月18日. 2018年1月17日閲覧。 Dlife. 2012年5月. 2012年12月1日閲覧。 [ ]• 海外ドラマナビ 2013年1月23日. 2013年3月14日閲覧。 TVグルーヴ 2013年1月23日. 2013年3月22日閲覧。 Dlifeのチャンネルに因んだもの。 TVグルーヴ 2013年1月17日. 2013年3月14日閲覧。 海外ドラマナビ 2013年5月30日. 2013年7月21日閲覧。 TVグルーヴ 2013年5月30日. 2013年7月21日閲覧。 Dlife. 2013年5月. 2013年7月21日閲覧。 [ ]• 第13話と第14話の字幕版の本放送は2013年23:00 - 23:54および0:00 - 1:00である。 出典:. Dlife. 2013年5月. 2013年7月21日閲覧。 [ ]• 海外ドラマナビ 2013年1月31日. 2013年7月21日閲覧。 プロモーション公式ウェブサイト 2013年. 2014年4月20日閲覧。 公式ホームページ. 2014年4月20日閲覧。 imprint公式facebook 2013年3月7日. 2014年4月20日閲覧。 CDジャーナル. 2013年3月13日. 2014年4月21日閲覧。 2014年4月21日閲覧。 [ ] 関連項目 [ ]• - 2012年3月17日、18日に放送されたの特別編成。 当該編成でリベンジの第一話が放送され、本放送時はDlife第一号のドラマである。 - Dlifeとの連動企画の一環で、「ミッツ・マングローブのごごばんトーク」や、リベンジのラジオCMを放送。 - ニッポン放送の帯番組。 当該枠でリベンジの特別番組を放送。 - Dlifeキャッチアップによる再配信を担当。 - 2013年12月31日23:55から2014年1月3日24:00まで放送されたDlifeの特別編成。 リベンジのシーズン3第一話が当該枠で二度先行放送。 外部リンク [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• - Dlife特集ページ [ ]• [ ]• (英語) - この項目は、に関連した です。

次の

キン肉バスター

リベンジ マッスル

リベンジ ジャンル 原案 出演者 作曲 iZLER 音楽 国・地域 言語 シーズン数 4 話数 89 各話の長さ 43分 平均 製作 製作総指揮 マイク・ケリー マーティー・C・ボウェン ゴールドン・ウィック・ゴッドフレイ プロデューサー ランディー・スッター サマンサ・トーマス メリッサ・ロイ ジョー・ファッジオ 協賛 テッド・バブコック 製作 撮影地 第一話: 撮影監督 クリス・マンレイ シンシア・プッシュエック ジョン・スミス ランス・ラッキー 編集 マーティン・ニコルソン 製作 ザ・ページ・フライト・カンパニー マイク・ケリー・プロダクション テンプル・ヒル・プロダクション 放送 放送チャンネル 放送期間 2011年9月21日 2011-09-21 - 2015年5月10日 2015-5-10 日本での放送 放送チャンネル 放送期間 2012年3月17日 2012-03-17 - 『 リベンジ』(原題: Revenge)は、との主演でで放送されたテレビドラマシリーズ。 2014年5月、ABCは2014年から2015年にかけて更新するドラマを発表し、「リベンジ」についても新シーズンを製作することを明らかにしたが、 2015年4月、放映中のシーズン4をもって番組を終了することが明らかになり、最終回が5月10日に放送された。 概要 [ ] あらすじ [ ] エミリー・ソーン ()は、明るい夏を楽しむため、に来て、グレイソン家の隣の家を借りた。 その後、エミリーは少女時代にハンプトンズにいたことが明らかになる。 実は、エミリーの本名はアマンダ・クラークであり、彼女の父は無実の罪を着せられて終身刑になったのである。 エミリーは父と別離し、二度と会うことはなかった。 今、彼女はハンプトンズに戻り、彼女と父親に罪を被せた人々への復讐を始める。 エミリーが計画を実行に移し、父を裏切った人々を破滅させるため、上流階級でうまく立ち回ろうとする。 しかし、計画が進むにつれ、彼女自身に複雑な感情が芽生え、動機と行動に疑問を持つのであった。 作品評価 [ ] パイロット版は、のタブレット端末であるとのタイアップで、ABCのサイトで配信 され、全ての重要な年代 18-49歳 の広告デモグラフィックにおける3. 3ニールセンレーティングを集めた後、ABCによりフルシーズン制作が決定された。 また、他のネットワーク CBS, FOX, CW, NBC の18~34歳のデモグラフィックにおいても常にその時間帯で勝利している。 『』の2006-2007シーズン以来、水曜日午後10時の時間帯におけるABCの最高視聴率を得ており、LOSTがその時間帯から去って以来4年ぶりに18-49歳デモグラフィックで同等の高視聴率を達成したシリーズである。 は2012年で最優秀主演女優にノミネートされ、また、本シリーズは2012年でお気に入りの新ドラマにノミネートされた。 父親をテロリストに仕立てた人々への復讐のために、裕福な慈善事業家エミリー・ソーンとしてハンプトンズに戻る。 非常に知的であり、格闘術にも長けている。 父の名誉を挽回することと、父を騙した者たちを失脚させることに心血を注ぐ。 ダニエル・グレイソンと婚約中である。 ビクトリア・グレイソン 演 - 、日本語吹替 - 「ハンプトンズの女王」と称される、コンラッド・グレイソンの妻で、ダニエルとシャーロットの母。 かつて、アマンダの父デヴィッド・クラークを深く愛していたが、コンラッドとフランクにより、デビッドを無実の罪に陥れる陰謀に加担させられた。 その結果、ビクトリアはエミリーの最大の敵となり、エミリーの正体を知らないものの、若くて完璧なエミリーに不信感をぬぐえず、信頼せずにいる。 ビクトリアは冷淡に他人を操り他人の感情を解さない人物と描かれているが、内面では彼女がデビッドに対して行った仕打ちに対する罪悪感と自分の家族を守るためだと示される。 ジャック・ポーター 演 - (幼少時代:ニコラス・スタージェル)、日本語吹替 - エミリー(本名アマンダ)の幼なじみ。 ボランティアのためにハイチに向かう直前に父親が急死し、弟デクランの法的保護者となったことと父の遺した店ストア・ウェイを続けていくために、ハンプトンズに残った。 本物のエミリー・ソーン(偽名アマンダ・クラーク)と知り合い、ボーイフレンドになる。 アマンダを探しに海岸に行き、殺人事件に巻き込まれる。 ノーラン・ロス 演 - 、日本語吹替 - 天才ソフトウェア発明家であり、コンピュータハッカー。 その資産は長者番付のトップ10に入る。 キャロル・ミラーの紹介でデヴィッドと出会う。 ノーランが事業を興す際、ノーランの可能性に賭けて自分の資産を投資してくれたデヴィッドに恩を感じ、エミリーの復讐計画を手伝う。 エミリーとは兄妹のような関係である。 その為、エミリーに復讐を止めて幸せになってほしいと願う想いもある。 またジャックやデクランに対しても、エミリーとグレイソン家の争いに巻き込まれないように、しばしば手をまわしている。 コンラッド・グレイソン 演 - 、日本語吹替 - ビクトリアの夫であり、ダニエル・グレイソンの父親。 グレイソン・グローバルの現在のCEOであり、デビッド・クラークの元上司でもある。 ビクトリアの元親友リディア・デイヴィスと愛人関係にあった。 コンラッドは、デビッド・クラークがテロ組織に資金を提供したとして有罪になった飛行機事故の真の責任者であるが、フランクとビクトリアの協力によりクラークを犯人に仕立てた。 ダニエル・グレイソン 演 - 、日本語吹替 - ビクトリアとコンラッドの長男。 エミリーと恋に落ち後に婚約する。 ダニエルは裕福なプレイボーイであるが倫理観を持ち、家族がグレイソン・グローバルの次期CEOに彼を迎えようとすることに密かに躊躇している。 シャーロット・グレイソン 演 - ()、日本語吹替 - グレイソン家の長女。 デクランに惹かれ付き合うようになる。 実はビクトリアとデヴィッドの間に生まれた娘(エミリーの異母妹)だが、ビクトリアはそれを隠し通してきた。 しかし、記者のトレッドウェルのインタビューテープから発覚してしまう。 デクラン・ポーター 演 - 、日本語吹替 - ジャック・ポーターの弟。 シャーロット・グレイソンのボーイフレンド。 アシュリー・ダベンポート 演 - ()、日本語吹替 - エミリーの(見かけ上の)親友で、主にビクトリアの秘書的な役割を務めるグレイソン家の従業員。 忠実であるが、セレブの仲間入りを切望する野心的な面も見せる。 準レギュラーキャスト [ ] デヴィッド・クラーク ()、日本語吹替 - アマンダの父親で故人。 グレイソン・グローバルで成功した幹部でありながら、ビクトリアと不倫関係にあった。 親切で寛大な男で、アマンダの献身的な父親であった。 コンラッド、フランク、ビクトリアらの姦計に嵌り、信頼していた友人や同僚たちにも裏切られ、彼らからのでっち上げによってテロリストの資金調達責任者にされ、テロと殺人のかどで逮捕・投獄された。 少年院で知り合ったアマンダ・クラークと身分を交換することに同意する。 リディア・デイヴィス 演 - 、日本語吹替 - ビクトリアの元親友で、コンラッドの愛人。 デヴィッド・クラークの元秘書であり、デヴィッドの裁判で偽証したため、エミリーが最初に復讐の標的とした人物。 フランクともみ合った末にバルコニーから転落し重傷を負ったが、転落前後の記憶を失い、グレイソン家に回復するまで滞在した。 ビクトリアに軟禁されていることを知ったコンラッドにより連れ出された後、姿を見られていない。 タイラー・バロル 演 - 、日本語吹替 - ダニエルのハーバード時代の友人。 グレイソン・グローバルの仕事を得るためにダニエルと一緒にハンプトンズに来る。 エミリーとノーランの罠にかかり、ダニエルらグレイソン一家から信用を失い、エミリーを恨んでいる。 両親はなく、現在は兄が法的保護者となっている。 ある精神疾患を患っており、薬が切れると興奮したら手がつけられない乱暴者となってしまう。 フランク・スティーブンス 演 - 、日本語吹替 - グレイソン家の警備責任者で元FBI捜査官。 コンラッドとともにデヴィッド・クラークにテロリストの資金提供の濡れ衣を着せ、ビクトリアに嘘の証言を強要した。 ビクトリアに恋愛感情を持っていることが後にコンラッドに知られ解雇される。 追い詰められた末、グレイソン家の信用を取り戻すためにエミリーの正体を暴こうとした矢先、本物のエミリー・ソーンによって殺害された。 デヴィッドの友人であり、エミリーに復讐の心得や武術を教えた恩師である。 エドワード・グレイソン 演 - 、日本語吹替 - グレイソン・グローバルの創業者で取締役会長、同社の元CEOでコンラッドの父親である。 会社と一族の名声の評判と地位を守ることに情熱をそそぐ。 シャロン・スタイルズ 演 - 、日本語吹替 - 元少年院看守。 後にエミリーの協力者であることが明らかになる。 ライアン・ハント 演 - ()、日本語吹替 - ビクトリアの離婚弁護士で、和解中にコンラッドの評判を貶める違法行為に手を染める。 最終的に両者の信用をなくし、ビクトリアに解雇される。 また、デヴィッド・クラークの弁護人でもあった。 当初はエミリーの復讐の標的と示唆されたが、実はクラークの無実を信じるエミリーの協力者であることが後に明かされる。 ベンジャミン・ブルックス 演 - 、日本語吹替 - タイラー・バロルの殺人事件でダニエルを弁護するために雇われた弁護士。 レオ・"メイソン"・トレッドウェル 演 - 、日本語吹替 - 著名なノンフィクション作家。 デヴィット・クラークに関する取材中、デヴィッド本人や幼少のエミリーを取材したが、グレイソン家に買収され、著書の中でデヴィッド・クラークについて嘘の内容を書いた。 エミリーによって、デヴィッド・クラークとエミリーのインタビューテープを盗まれ、家を放火された。 マルゴー・ルマルシャル 演 - 、日本語吹替 - ファッション誌ヴーレのアメリカ支社長。 ヴーレ本社オーナーであるパスカルの娘。 ダニエル・グレイソンの幼馴染。 自分の働きを認めようとしない父に不満を持つ。 ある時期から、ジャック・ポーターと個人的関係を築いていくが・・・。 ルイーズ・エリス 演 - 、日本語吹替 - 精神病院に送られたヴィクトリアと同室になった女。 ヴィクトリアが脱走した後に退院し、ヴィクトリアに近づこうと画策する。 ベン・ハンター 演 - 、日本語吹替 - 警官。 ジャックの同僚で相棒。 エピソード [ ] シーズン1 [ ]• アメリカ : - 、 - 、 - 毎週水曜日 22:00 -• 日本()• 吹替版:2012年 - 、(土曜日 21:00 - 22:00 JST )• 字幕版:2012年 - 、(金曜日 23:00 - 23:54 JST ) タイトル(邦題) 原題 監督 脚本 (第17話を除く) 第1話 幕開け Pilot 第2話 崩壊 Trust フィリップ・ノイス マイク・ケリー ジョー・ファッチオ 第3話 密告 Betrayal サルバトール・スタビル 第4話 告白 Duplicity ウェンディ・カルホーン 第5話 悔恨 Gulit ニキ・トスカーノ 第6話 誤算 Intrigue ダン・ドウォーキン ジェイ・ビーティ 第7話 虚偽 Charade ジョー・ファッチオ 第8話 記憶 Treachery ライアン・スコット 第9話 秘密 Suspicion サルバトール・スタビル 第10話 阻害 Loyalty ウェンディ・カルホーン ニキ・トスカーノ 第11話 脅迫 Duress エル・トライドマン 第12話 汚名 Infamy マット・アール・ビーズリー ダン・ドウォーキン ジェイ・ビーティ 第13話 覚悟 Commitment ケネス・フィンク マーク・B・ペリー リズ・タイゲラー 第14話 知覚 Perception ティム・ハンター ニキ・トスカーノ サリー・パトリック 第15話 混沌 Chaos サンフォード・ブックステイヴァー ジョー・ファッチオ 第16話 同盟 Scandal ケネス・フィンク エル・トライドマン 総集編 終わりの始まり From the Beginning 第17話 疑惑 Doubt マット・アール・ビーズリー Story by: マイク・ケリー Teleplay by: ダン・ドウォーキン、ジェイ・ビーティ 第18話 正義 Justice ボビー・ロス リズ・タイゲラー サリー・パトリック 第19話 赦免 Absolution サンフォード・ブックステイヴァー ニキ・トスカーノ テレサ・レベック 第20話 遺産 Legacy ダン・ドウォーキン ジェイ・ビーティ 第21話 悲嘆 Fear マーク・フィッシュ ジョー・ファッチオ 第22話 制裁 Reckoning サンフォード・ブックステイヴァー マイク・ケリー マーク・B・ペリー 総集編 1時間でわかるリベンジ シーズン1 総集編 The First Chapter シーズン2 [ ]• アメリカ : 2012年 - 2013年 毎週日曜日 21:00 -• 吹替版: - (土曜日 22:00 - 22:54 JST )• 字幕版:2013年 - (金曜日 23:00 - 23:54 JST ) タイトル(邦題) 原題 監督 脚本 第1話 運命 Destiny ケネス・フィンク マイク・ケリー マーク・B・ペリー 第2話 復活 Resurrection サリー・パトリック 第3話 信頼 Confidence J・ミラー・トービン グレッチェン・J・ベルグ アーロン・ハーバーツ 第4話 直観 Intuition ランドール・ジスク ダン・ドウォーキン ジェイ・ビーティ 第5話 容赦 Forgiveness マット・アール・ビーズリー 第6話 幻想 Illusion ボビー・ロス マイケル・フォーレイ 第7話 贖罪 Penance エル・トライドマン 第8話 起源 Lineage ニキ・トスカーノ 第9話 露見 Revelations ケネス・フィンク テッド・サリバン 第10話 権力 Power ジョー・ファッチオ 第11話 妨害 Sabotage ダン・ドウォーキン ジェイ・ビーティ 第12話 結託 Collusion マット・シャクマン サリー・パトリック スニル・ネイヤー 第13話 結婚 Union マイケル・フォーレイ テッド・サリバン 第14話 犠牲 Sacrifice マーク・B・ペリー ジョー・ファッチオ 第15話 報復 Retribution ニキ・トスカーノ エル・トライドマン 第16話 露呈 Illumination ボビー・ロス マイケル・フォーレイ サリー・パトリック 第17話 勝利 Victory コリン・バックシー ダン・ドウォーキン ジェイ・ビーティ 第18話 仮面 Masquerade スニル・ネイヤー ジェシカ・ジェームス 第19話 本性 Identity チャーリー・ストラットン ジョー・ファッチオ テッド・サリバン 第20話 婚約 Engagement エル・トライドマン サリー・パトリック 第21話 真実 前編 Truth, Part 1 ランドール・ジスク マイケル・フォーレイ ニキ・トスカーノ 第22話 真実 後編 Truth, Part 2 J・ミラー・トービン マイク・ケリー マーク・B・ペリー シーズン3 [ ]• アメリカ• 2013年 - 2014年 毎週日曜日 21:00 -• 2014年 - 毎週日曜日 22:00 -• 吹替版: - (土曜日 21:00 - 22:00 JST )• 字幕版:2014年 - (金曜日 26:00 - 27:00 JST ) タイトル(邦題) 原題 監督 脚本 第1話 恐怖 Fear 第2話 原罪 Sin ジョー・ファッチオ 第3話 懺悔 Confession サリー・パトリック 第4話 慈悲 Mercy カリン・ギスト 第5話 支配 Control 第6話 分解 Dissolution グレッチェン・J・ベルグ アーロン・ハーバーツ 第7話 復帰 Resurgrence ジョン・スコット クリストファー・ファイフ 第8話 禁断 Secrecy サリー・パトリック ジェシカ・ジェームス 第9話 降伏 Surrender ジョー・ファッチオ 第10話 脱出 Exodus ケネス・フィンク スニル・ネイヤー カリン・ギスト 第11話 生還 Homecoming マット・アール・ビーズレイ テッド・サリバン 第12話 忍耐 Endurance サリー・パトリック 第13話 憎悪 Hatred グレッチェン・J・ベルグ アーロン・ハーバーツ 第14話 回帰 Payback スニル・メイヤー クリストファー・ファイフ 第15話 苦悩 Struggle マイケル・J・シンキューマニ 第16話 屈辱 Disgrace シャノン・ゴス 第17話 依存 Addiction タラ・ニコル・ワイア ジョー・ファッチオ 第18話 帰郷 Blood カリン・ギスト 第19話 盟友 Allegiance ジェニファー・ウィルキンソン テッド・サリバン 第20話 革命 Revolution クリストファー・ムーア スニル・ネイヤー マイケル・J・シンキューマニ 第21話 監禁 Impetus J・ミラー・トービン グレッチェン・J・ベルグ アーロン・ハーバーツ 第22話 処刑 Execution ケネス・フィンク スニル・ネイヤー ジョー・ファッチオ シーズン4 [ ]• アメリカ• - 毎週日曜日 22:00 -• 吹替版:2015年 - 2015年(毎週日曜日 23:00 - 00:00 JST )• 字幕版:2015年 - 2015年(毎週土曜日 27:00 - 28:00 JST ) タイトル(邦題) 原題 監督 脚本 第1話 再生 Renaissance サリー・パトリック 第2話 暴露 Disclosure ジョー・ファッチオ 第3話 焼跡 Ashes アレックス・タウブ 第4話 流星 Meteor カリン・ギスト 第5話 波紋 Repercussions 第6話 打撃 Damage ジョン・ターレスキー クリストファー・ファイフ サリー・パトリック 第7話 奇襲 Ambush シャノン・ゴス 第8話 接触 Contact ジョー・ファッチオ 第9話 諜報 Intel カリン・ギスト 第10話 代償 Atonement ジョン・ターレスキー テッド・サリバン 第11話 追悼 Epitaph アレックス・タウブ 第12話 執念 Madness サリー・パトリック 第13話 誘拐 Abduction クリストファー・ファイフ 第14話 系譜 Kindred コリン・バックシー ナンシー・キウ 第15話 獲物 Bait タイ・トゥルリンガー シャノン・ゴス 第16話 怨恨 Retaliation アルリック・ライリー ジェシー・ラスキー 第17話 喪失 Loss ジョー・ファッチオ 第18話 決断 Clarity カリン・ギスト 第19話 激白 Exposure ジェニファー・ウィルキンソン ウィルソン・ポロック アンドリュー・ステイアー 第20話 炎上 Burn ケネス・フィンク テッド・サリバン 第21話 余波 Aftermath ロブ・J・グリーンリー シャノン・ゴス クリストファー・ファイフ 第22話 懇願 Plea J・ミラー・トービン アレックス・タウブ 第23話 墓穴 Two Graves ジョン・ターレスキー ジョー・ファッチオ 放送局 [ ] シーズン1 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考 2012年3月17日 - 8月18日 毎週土曜 21:00 - 22:00 吹替版 2012年3月23日 - 8月24日 毎週金曜 23:00 - 23:54 字幕版 2013年3月20日 - 9月4日 毎週水曜 01:38 - 02:38 2か国語版 ・ 2013年7月11日 -12月11日 毎週木曜 01:33 - 02:33 2013年8月21日 - 毎週木曜 01:33 - 02:33 2013年10月2日 - 毎週水曜 12:05 - 13:00 2013年10月6日 - 毎週日曜 01:00 - 01:55 テレビ東京系列 2013年10月11日 - 毎週金曜 01:30 - 02:30 2013年10月16日 - 2014年4月2日 毎週水曜 01:59 - 02:54 日本テレビ系列 2013年10月18日 - 毎週金曜 02:00 - 02:55 フジテレビ系列 2013年11月19日 - 毎週火曜 01:59 - 02:54 テレビ朝日系列 シーズン2 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考 日本全域 Dlife 2013年3月23日 - 8月10日 毎週土曜 22:00 - 22:54 BS放送 吹替版 2013年3月29日 - 8月16日 毎週金曜 23:00 - 23:54 字幕版 2014年2月26日 - 毎週水曜 01:39 - 02:39 2か国語版 2014年6月9日 - 毎週火曜 01:00 - 01:55 テレビ東京系列 2014年7月3日 - 毎週金曜 0 0:50 - 01:45 中京広域圏 メ~テレ 2014年10月20日 - 毎週火曜 01:59 - 02:54 テレビ朝日系列 シーズン3 放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考 2014年3月8日 - 8月2日 毎週土曜 21:00 - 22:00 吹替版 2014年3月14日 - 8月8日 毎週土曜 02:00 - 03:00 字幕版 中京広域圏 メ~テレ 2015年6月29日 - 2015年12月7日 毎週火曜 01:59 - 02:59 テレビ朝日系列 2か国語版 Dlifeにおける特別編成 [ ] オール アバウト リベンジ ナイト [ ] Dlifeスペシャル オール アバウト リベンジ ナイト(ディーライフスペシャル オール アバウト リベンジ ナイト)とは、2012年17:00 - 22:00 JST にかけてDlifeで放送された特別編成である。 「6月23日は復讐の原点へ…」 と題し、物語の起点となる第一話から第四話までの再放送、、第十五話の本放送で構成されている。 この編成に合わせて、が出演した「」が特別編成の前座として放送されている。 特別編成とその前後の番組 この編成で放送された番組は以下の表の通りである。 時刻 6月23日のタイトル 備考 14 Dlife CINEMA 15 16 版 ゲスト : 17:00 リベンジ 第一話 17:50 リベンジ 第二話 18:40 リベンジ 第三話 19:30 リベンジ 第四話 20:20 出演者:、 21 リベンジ 第十五話 22 シーズン2 第二話 注釈 字幕版を除き、もしくは日本語のみの放送 背景色がピンクの個所は特別編成枠 リベンジ サタデー [ ] リベンジ サタデー Revenge Saturday とは、からまでで放送された特別編成である。 2013年から放送開始のリベンジ シーズン2の放送を目前に、シーズン1本編を再放送した編成で、とのタイアップ企画の一環でもある。 また、が出演して、毎週25,000円分の商品券が8名にあたる懸賞 の告知も行われた。 放送日時• 毎週土曜日18:00 - 21:00(2013年2月2日、)- 第1話から第6話まで• 毎週土曜日18:00 - 22:00(2013年 - 3月9日)- 第7話から第22話まで リベンジウィーク 沈没への序章 [ ] 特別編成 「リベンジウィーク 沈没への序章」( - ちんぼつ - じょしょう、 Revenge Week The Secret of the Sunken Ship)とは、2013年からにかけてDlifeで放送された特別編成である。 「6月15日アマンダ号は沈没する」と題し、「リベンジ」シーズン2前半のクライマックスを迎え、後半の展望をうかがうストーリーとなる第13話と第14話の放送にあたり、まだ本作を観てなくても楽しめるよう、第1話から第12話までの再放送と、第13話と第14話の放送を迎える構成になっている。 放送時間• 月曜日 - 金曜日19:00 - 21:00(2013年6月10日 - )- 第1話から第10話までの吹き替え版の再放送• 火曜日 - 土曜日2:00 - 4:00(2013年6月11日 - 6月15日)- 第1話から第10話までの字幕版の再放送• 土曜日19:00 - 23:00(2013年6月15日)- 第11話、第12話の吹き替え版の再放送と、第13話と第14話の吹き替え版の本放送• 日曜日2:00 - 6:00(2013年6月16日)- 第11話、第12話の字幕版の再放送と、第13話と第14話の字幕版の先行放送 関連番組 [ ] リベンジ いよいよ今夜謎が! おさらい SP [ ] リベンジ いよいよ今夜謎が! おさらい SP ジャンル トーク番組 出演者 、 製作 制作 放送 放送国・地域 放送期間 放送時間 20:20 - 21:00 回数 1 リベンジ いよいよ今夜謎が! おさらい SP(リベンジ いよいよこんやなぞが! おさらい スペシャル)とは、2012年6月23日20:20 - 21:00 JST にで放送された特別番組である。 とが出演し、「リベンジ」シーズン1第14話までをトーク形式で振り返りながら、その魅力を伝えていた。 また、「リベンジ」に出演しているエミリー・ヴァンキャンプとのインタビューも紹介していた。 ミッツ・マングローブのごごばんトーク [ ] ミッツ・マングローブのごごばんトーク ~私のリベンジ~ ジャンル 放送方式 放送期間 2013年 - 放送時間 月曜 - 金曜 13:45頃 — 13:50頃(5分) 放送回数 30 放送局 パーソナリティ 提供 特記事項: 「」に内包。 BSチャンネルDlifeプレゼンツ ミッツ・マングローブのごごばんトーク ~私のリベンジ~(ビーエスチャンネルディーライフプレゼンツ ミッツ・マングローブのごごばんトーク ~わたしのリベンジ~)とは、2013年からまでの月曜日から金曜日の13:45頃から5分間放送されたのである。 ナビゲーターは、で、毎回出演するゲストとともに、ゲスト自身の再起をかけた体験を紹介する番組である。 その再起をかけた体験をドラマのタイトル「リベンジ」とかけており、とのタイアップ企画の一環である。 また、2013年には、ニッポン放送内にあるでをゲストにした公開録音が行われた。 ゲスト [ ]• - 2013年からまで• - 2013年からまで• - 2013年からまで• - 2013年からまで この節のが望まれています。 ミッツ・マングローブのオールナイトニッポンGOLD リベンジスペシャル [ ] ミッツ・マングローブの オールナイトニッポンGOLD リベンジスペシャル ジャンル 放送方式 放送期間 2013年 放送時間 金曜 22:00 - 23:50(110分) 放送回数 1 放送局 ネットワーク パーソナリティ 出演 特記事項: 「」の一環として放送。 収録日は2013年。 ミッツ・マングローブのオールナイトニッポンGOLD リベンジスペシャル( - ゴールド - )とは、2013年の22:00から23:50まで放送されたの。 この番組は、」の一環でかつ、2013年にでの初放送を迎える「リベンジ シーズン2」を記念したとして放送された。 パーソナリティーは、が担当 し、ゲストのによるリベンジを果たした時の体験 や、同じくゲストのによる吹き替えの収録秘話 などのドラマのタイトル「リベンジ」に纏わるテーマでトークが展開された。 ラジオCM [ ] は「リベンジ シーズン2」におけるとのタイアップ企画の一環で、とは別にからまで「リベンジ」の魅力を伝えるラジオCMが放送された。 該当の時間と担当は以下の通り。 放送日時 いずれも 担当 いずれもニッポン放送アナウンサー 2013年1月29日10:38頃 2013年1月30日18:27頃 2013年1月31日15:52頃 2013年2月1日17:23頃 2013年2月2日14:48頃 脚注 [ ] []• 2014年5月12日. 2014年8月15日閲覧。 Kondolojy, Amanda 2014年5月8日. TV by the Numbers. 2014年5月9日閲覧。 TVグルーヴ 2015年4月30日• シネマトゥデイ 2015年5月3日• TV Addict. 2011年9月5日閲覧。 総集編「The First Chapter」は2012年に放送された。 Dlife. の2013年4月23日時点におけるアーカイブ。 2013年1月24日閲覧。 Dlife. の2013年1月24日時点におけるアーカイブ。 2013年1月24日閲覧。 Dlife. 2014年3月19日閲覧。 [ ]• 2014年3月28日のみ27:00 - 28:00で放送。 出典:. Dlife. 2014年3月19日閲覧。 [ ]• より、2013年9月27日閲覧。 にて、2013年11月10日閲覧。 Dlife. 2012年12月1日閲覧。 [ ]• 2012年6月18日. 2018年1月17日閲覧。 Dlife. 2012年5月. 2012年12月1日閲覧。 [ ]• 海外ドラマナビ 2013年1月23日. 2013年3月14日閲覧。 TVグルーヴ 2013年1月23日. 2013年3月22日閲覧。 Dlifeのチャンネルに因んだもの。 TVグルーヴ 2013年1月17日. 2013年3月14日閲覧。 海外ドラマナビ 2013年5月30日. 2013年7月21日閲覧。 TVグルーヴ 2013年5月30日. 2013年7月21日閲覧。 Dlife. 2013年5月. 2013年7月21日閲覧。 [ ]• 第13話と第14話の字幕版の本放送は2013年23:00 - 23:54および0:00 - 1:00である。 出典:. Dlife. 2013年5月. 2013年7月21日閲覧。 [ ]• 海外ドラマナビ 2013年1月31日. 2013年7月21日閲覧。 プロモーション公式ウェブサイト 2013年. 2014年4月20日閲覧。 公式ホームページ. 2014年4月20日閲覧。 imprint公式facebook 2013年3月7日. 2014年4月20日閲覧。 CDジャーナル. 2013年3月13日. 2014年4月21日閲覧。 2014年4月21日閲覧。 [ ] 関連項目 [ ]• - 2012年3月17日、18日に放送されたの特別編成。 当該編成でリベンジの第一話が放送され、本放送時はDlife第一号のドラマである。 - Dlifeとの連動企画の一環で、「ミッツ・マングローブのごごばんトーク」や、リベンジのラジオCMを放送。 - ニッポン放送の帯番組。 当該枠でリベンジの特別番組を放送。 - Dlifeキャッチアップによる再配信を担当。 - 2013年12月31日23:55から2014年1月3日24:00まで放送されたDlifeの特別編成。 リベンジのシーズン3第一話が当該枠で二度先行放送。 外部リンク [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• [ ]• - Dlife特集ページ [ ]• [ ]• (英語) - この項目は、に関連した です。

次の

【放談】真マッスルリベンジャー、世にも奇妙な物語

リベンジ マッスル

バリエーション [ ] キン肉バスター キン肉マンがから伝授された48の殺人技の一つ。 主な使い手はキン肉マンとその息子のキン肉万太郎。 単独で使用する場合、キン肉マンは主にフィッシャーマンズスープレックス、万太郎はネックブリーカーの体勢から相手を持ち上げて技を掛ける。 『』の冒頭においては、 五所蹂躙絡み( ごところじゅうりんがらみ)の名称も与えられ、キン肉族の家宝となっている。 強靭な腰の力と肩・腕力が必要で、が使おうとした際は父親のから「あれはキン肉族の強靭な筋肉があるからこそできる技」と説明されている。 ただし『キン肉マン』の夢の超人タッグ編や『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編』ではカメハメ(の霊)に師事したテリーマンも使用した。 この技が初めて使用されたのは決勝戦における対戦であり、首折り・背骨折り・股裂きの三大技を集約した完璧な必殺技と評される。 実際には「首のフックが甘い」などの弱点があり、「首のフックをはずす(ネック・エスケープ)」や後述の版キン肉バスター破り・リベンジバスター、遠心力で回転させて上昇し屋根に炸裂させる新・キン肉バスターなど、複数の返し技で破られている。 この弱点を克服するため、キン肉マンや万太郎および彼らの好敵手である、らが自分の技として取り込み、改良に挑戦している。 その結果、様々なバリエーションが生み出された。 新キン肉バスター(ネオキン肉バスター) 7人の悪魔超人編の対バッファローマン戦で初使用。 バッファローマン版・キン肉バスター破りで体勢を入れ替えられたキン肉マンが、「火事場の逆噴射」で回転し両手で上昇気流を起こすことで天井に着地する。 ダブル・キン肉バスター• キン肉マンの必殺技。 7人の悪魔超人編の対バッファローマン戦で使用。 新キン肉バスターとキン肉バスターを連続して掛ける荒業で、バッファローマンを含めた7人の悪魔超人との戦いに終止符を打つフィニッシュ・ホールドとなった。 W・キン肉バスターとも表記。 2人の対戦相手に同時にかける技。 『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編』において、ブタ肉マンに扮したカオスが、人間である一等マスクとロビンマウスに対して使用。 当時のカオスは「体重の軽い人間がタイミングよく乗っかってくれるから可能な技」(つまり、技をかけるのには相手の協力が必要)と語っていた。 なお、TVアニメ版のエンディング「キン肉マンボ」ではキン肉マンがとイワオに対して同様の技をかけていた。 後述のバスターバリエーションPART5も『究極の超人タッグ編』においてW(ダブル)キン肉バスターと呼ばれている。 口さけキン肉バスター キン肉マンが黄金のマスク編の対戦で使用。 相手の両腿ではなく上顎・下顎を掴んで技をかけ、口を引き裂く。 サイドキン肉バスター キン肉マンの技。 黄金のマスク編の対戦で使用。 ロープの反動を利用して横方向に飛び、競技場の壁にぶつける。 相手にロープを掴まれ、掛け手と受け手を逆転されることで返された。 ターンオーバー・キン肉バスター キン肉万太郎の必殺技。 通常のキン肉バスターとは相手の体の向きを前後逆に入れ替えた状態で技をかける。 マッスル・G(マッスル・グラヴィティ) キン肉万太郎の必殺技。 相手を捉えて落下するまではキン肉バスターと同じ(何らかの改良が加えられているらしく、この段階でリベンジバスターで返そうとしても失敗する)だが、降下中にを発動させることにより、強烈なG(加重)が加わり、相手の身体が強風を受けたヨットの帆のように反り返る。 その状態で相手の両腕も脚で挟み込んで着地する(その際、双方の身体でアルファベットの「G」を形作っている)。 その威力はキン肉バスターの三つの効果に加え、両腕と肋骨をへし折り、内臓にもダメージを与えるほど。 後述のマッスル・エボルシオンの一部としてのマッスル・Gを見たテリーマンの感想は「キン肉バスターが極める五箇所(首・背骨・腰骨・左右の大腿骨)に加え肋骨と内臓を極める七個所極め」。 また、従来のキン肉バスターの弱点であった首からの脱出(そもそもロックする部位は首ではなく両腕)やバッファローマンやアシュラマン式の腕や脚を使うバスター破りも、不自然な体勢と強烈な重力のため行なえない。 現時点では究極のキン肉バスターの進化系となっている。 阿修羅バスター(アシュラバスター) アシュラマンの必殺技。 別名「トリプルキン肉バスター」。 6本の腕をフル活用して相手の両腿のみならず両腕・両足首まで完全にフックし、キン肉バスター返しやネオキン肉バスターに移行できないようにする。 また、キン肉バスターの三要素に足首折りとチキンウイングアームロックも加わり、相手の四肢にもダメージを与える。 しかし首のフックが甘い点はキン肉バスターと同様で、キン肉マン戦ではその弱点を突かれて回避された。 改良阿修羅バスター(かいりょうアシュラバスター) アシュラマンの必殺技。 夢の超人タッグ編の対戦でに使用。 阿修羅バスターの改良型で、従来の弱点である「首のロックの甘さ」を克服するため、一対の腕は相手の両腿ではなく頭を掴んで技をかける(着地時には冠の突起で相手の頭を串刺しにする)。 技の精度は上がったものの、相手の頭のロックに意識を集中してしまうため、威力が落ちていると『キン肉マンII世』で説明されている。 アルティメット・阿修羅バスター(アルティメット・アシュラバスター) 再生アシュラマンの必殺技。 阿修羅バスターのさらなる改良型で、6本の腕で相手の両腕・両腿・両足首を掴んだ上でアルティメット・スカー・バスターと同様に両脚を相手の首に絡めて落下する。 上記のような精度や威力の低下といった弱点も克服された、阿修羅バスターの集大成ともいえる強力な技。 現時点で一度しか破られていない。 ブラッドユニット阿修羅バスター(ブラッドユニットアシュラバスター) アシュラマンの必殺技。 完璧超人始祖のジャスティスマン戦で使用。 改良阿修羅バスターのフックを外された直後、6本の腕をすべて使って頭を掴み、落下時のヘッドバットによる脳天破壊のみに特化させたもの。 実質的にはバスター技からかけ離れているが、阿修羅バスターからの派生技なのでその名を冠している模様。 「ブラッドユニット」は仲間の悪魔超人から借りた腕で繰り出す点に由来する。 技を決めることには成功したが、ジャスティスマンの強固な頭部には通じなかった。 アルティメット・スカー・バスター スカーフェイスの必殺技。 キン肉バスターの体勢から自分の両脚を跳ね上げ、相手の首を三角絞めのように捉えて落下する。 首のフックが甘いという弱点を克服し、また三角絞めの効果を加えて首へのダメージも大きくなっている。 完成度は高く、一部のキン肉バスターの回避技が通用しない。 再生アシュラマンに破られるまで「バスター中のバスター」と注目され恐れられていた。 ペルフェクシオンバスター ネメシスの技。 基本的な形はキン肉バスターと同じだが、相手の両腕を自分の両脚でロックし尻のみで着地する。 劇中ではリベンジバスターの体勢から入っている。 バイキングバスター パイレートマンの技。 頭上で逆さに持ち上げた相手の胴体を両腕で挟み込みながら落下する。 バロンバスター アニメオリジナルキャラクターであるダーティバロンの技。 見た目はキン肉バスターと同じだが、ダーティバロンによると「キン肉マンのものよりスケールが大きく強烈」だという。 スコーピオン・バスター 用ゲーム『』の主人公ザ・マスクの必殺技。 通常のキン肉バスターとは相手の体の向きを前後逆に入れ替え、相手の首を肩でひっかけて体を反り返らせた状態で技をかける。 タッグ技 [ ] マッスル・ドッキング キン肉マンとキン肉マングレート(カメハメまたはテリーマン)によるタッグ技。 夢の超人タッグ編の宇宙超人タッグ・トーナメントでの対四次元殺法コンビ戦で初使用。 空中で上方にいる側がキン肉バスター、下方の側がキン肉ドライバーをかけ、肩車の要領で合体し同体で落下する。 破壊力はそれぞれの技を単体で決めた際の10倍ともされる。 バスターバリエーションPART5(バスターバリエーションパートファイブ) キン肉マンとテリーマンのタッグ技。 夢の超人タッグ編の宇宙超人タッグ・トーナメント決勝戦(対ヘル・ミッショネルズ戦)で使用。 1人の相手に対し、左右から2人がかりでキン肉バスターをかける。 ビッグ・ザ・武道に対して使用し、その正体がであることを暴いた。 バスターバリエーションPART6(バスターバリエーションパートシックス) キン肉マンをはじめとする、バスター系の使い手同士によるタッグ技。 ゲーム『』オリジナル技。 掛け手はお互い背中合わせに立ち、相手2人の脚を片方ずつ持ってキン肉バスターをかける。 バスターズ・ドッキング 上記と同様の技を完璧・無量大数軍のネメシスとポーラマンが使用した際の技名。 バッファローマンとスプリングマンに妨害された。 マッスル・コラボレーション キン肉マンとキン肉万太郎のタッグ技。 『キン肉マンジェネレーションズ』オリジナル技。 キン肉マンがサイドキン肉バスター、万太郎がマッスル・ミレニアムを掛け、リング中央で合体する。 1人の相手に対して、万太郎のキン肉バスターとケビンのOLAPを同時にかける。 マッスル・エボルシオン 万太郎とカオス・アヴェニールのツープラトン。 万太郎が1人の相手にマッスル・Gをかけ、カオスはもう1人にジャパニーズ・レッグクラッチホールドをかけてジャンプ。 空中でカオスが万太郎を掴んでキング・ジャーマン・スープレックスをかけることで着地時の勢いをつける。 一方、万太郎はカオスに自重を掛けることで相手の背中を強打させ、さらに脚のホールドの破壊力も倍増させる。 返し技 [ ] 上記の通り、『キン肉マン』では様々な返し技が研究・開発されていたが、『キン肉マンII世』の時代では使い手であるキン肉マンやアシュラマンが第一線を退いたことにより、返し技も廃れてしまっていた。 しかしキン肉万太郎やスカーフェイスといった新たな使い手の出現により再び返し技の復活・改良が進むようになる。 バッファローマン版・キン肉バスター破り(キン肉バスター返し、リベンジバスター) バッファローマンが考案し、7人の悪魔超人編の対キン肉マン戦で使用した。 バッファローマンいわく「6」を「9」にする返し技。 『キン肉マンII世』において、スカーフェイスとザ・ドゥームマンもこれを使用してキン肉バスターを破っている。 技にかけられている最中、フリーになっている両脚の反動を利用して上下の体勢を入れ替え、逆転する。 ただし、この返し技を可能とするには、キン肉バスターを仕掛けている側の10倍の超人強度を必要とするという。 宇宙地獄を司る能力で周囲を宇宙空間にして着地するための地面や天井を無くし、技を無効化させる。 アシュラマン版・キン肉バスター破り アシュラマンが使用したキン肉バスター破り。 技が決まる前にロックされていない腕を使い、マットに手を付いて着地の衝撃を防ぐ。 『キン肉マンII世』では万太郎のマッスル・Gもこの方法で破ろうとしたが、凄まじい加重を受け腕を動かせず失敗した。 アシュラマン版・新キン肉バスター破り(ネオキン肉バスター破り) アシュラマンが使用。 新キン肉バスターを破る技。 上記と同様だが天井に手を付く。 ネック・エスケープ・キン肉バスター破り 対アシュラマン戦でキン肉マンが使用。 ロックが不完全な首を引き抜いて脱出し、体を半回転させてパイルドライバーを仕掛けた。 これにより阿修羅バスターを破ることには成功したが、自身のキン肉バスターも同じ方法で破れることを証明してしまった技でもある。 その後、スカーフェイスも使用。 万太郎にキン肉バスターをかけられた際、首のフックを抜き、で返した。 ジェイド版キン肉バスター破り 『』版でジェイドが使用。 技を極める瞬間、左腕のシールドを丸ノコのように回転させ、胸を切り裂き脱出する。 サイドキン肉バスター破り 悪魔将軍が使用。 ロープに掴まって技を無効化し、さらに反動を利用してサイドキン肉バスターを仕掛ける。 アルティメット・スカーバスター破り(キン肉万太郎版) キン肉万太郎が使用。 持ち上げられた後、首をロックされる前にリングの鉄柱を引き抜いて(同時にフェイントとして、鉄柱にしがみ付いて持ち上げられるのを防ぐように見せかけた)相手の脚の間に差し込み首のロックを防ぐ。 ターンオーバー・キン肉バスター破り 超人オリンピック決勝でケビンマスクが使用。 元来のバスター破り同様、首のロックを外しジャーマン・スープレックスを極める。 アルティメット・スカーバスター破り(アシュラマン版) アシュラマンが使用。 天井のように伸びるジェネラル・リブにぶら下がって落下を防ぎ、さらに自らの歯を噛み砕いて頭の大きさを変え、三角締めから首を抜いて脱出。 自分がアルティメット・阿修羅バスターをかける。 アルティメット・阿修羅バスター破り キン肉万太郎が使用。 首のロックを抜くのではなく、あえてさらに体を捻じ込み隙間を作ることで首の抑えを外し、火事場のクソ力で阿修羅バスター破りに持っていく(その後、マッスル・Gにつなぐ)。 アルティメット・スカーバスター破り(セイウチン版) セイウチンが使用。 首のへこみを隆起させ、足のフックを外し、首に噛みつく。 バスター・クラッシュ 『』掲載時は キン肉バスタークラッシュ。 万太郎がキン肉マンに対して使用。 キン肉バスターを極める寸前にチョークスリーパーをかけて、その体勢でコーナーポストに頭を叩きつける。 パラシュートアンカー パイレートマンがキン肉マンに対して使用。 上着をパラシュートにしてキン肉バスターの降下をストップする。 これらのように、キン肉バスターの使い手たちは返し技の名手でもある。 また、ミートによるとバスター技の使用者は同時にバスター技の受身の名手でもあり、相手に技をかけられても通常よりダメージが低いという。 実際のプロレス技 [ ] オリジナル技はが編み出したメキシコ式の複合関節技の一種 ラ・マテマティカである。 いわゆるキン肉バスターの形で持ち上げて締め上げ各関節にダメージを与える。 日本ではがメキシコ帰還後に持ち込んだ サムソン・ストライカーが初となっている。 マテマティコの状態から後方へ倒れ込むように投げる技であった。 相手の頭部から背面に打撃を与える形はブレーンバスターの変形とも言える。 これらは漫画『キン肉マン』中でキン肉バスターが使われるよりも前に生まれている。 ただし、作者のゆでたまごの嶋田隆司はTwitter上にて、(ラ・マテマティカが原型ではなく)オリジナル技であると発言をしている。 日本のプロレスで使用されるキン肉バスターは、『キン肉マン』からの影響が強いが、かけられた側の技ダメージは見た目よりはるかに高く、冬木が危険すぎると一時期禁じ手にしたという側面もある。 ただし、漫画と同型で使おうとした場合、受ける側のみならず、かける側にも体の負担が大き過ぎるため、垂直に着地することは難しい。 主な使い手としては(気仙沼落しの名で使用) や、、、、があげられる。 アメリカのプロレス団体でもがマッスルバスターとして使用している。 とくにモハメド・ヨネは「キン肉バスター」名称の使用にキン肉マンの原作者・ゆでたまごの公認をもらっている。 またとの戦にて、マットから持ち上げ、尻餅で着地するという完全形に近いキン肉バスターを放ったことがあり、違いがあるとすればジャンプの高度だけである。 しかし、彼は後に『キン肉マン 特盛』で「以前、試合でキン肉バスターを使ったら、(相手の)記憶が吹っ飛んでしまった」と語っている。 は、相手を抱え上げてから後方に倒れ込むキン肉バスターを使用している。 はキン肉バスターの形に担いでシットダウンしつつ相手を前に背中から落とす と相手を前に投げ出して膝から落とす キン肉大断裂を使用している。 2009年5月29日に行われたのメインイベントでは、とキン肉マンが交互にキン肉バスターを掛け合っている。 美濃輪は相手を抱え上げてから膝で、キン肉マンは尻で着地しており、美濃輪のキン肉バスターは「掟破りの逆キン肉バスター」と呼ばれている。 脚注 [ ] []• ゆでたまご「戦りつの人面疽!! の巻 」『キン肉マン 第14巻』〈〉、1983年12月15日、、17頁。 マッスル・ドッキングに入るための技の一部として使用。 ゆでたまご「謎の新勢力…!! の巻」『キン肉マン 第18巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1984年12月15日、、44頁。 ゆでたまご「開眼!! の巻」『キン肉マン 第12巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1983年6月15日、、100-102頁。 樋口尚也編「キン肉マンII世 究極の超人タッグ編 第521回 ヒーローの条件!! 沼二郎はヨネ原人時代からラ・マテマティカを必殺技としている。 関連項目 [ ]•

次の