爆速ホームページ。 “表示爆速”阿部寛さんのサイト、IPv6にも対応済みだった 「デザインより質」ネットで話題

ヤマハ特設サイトが「阿部寛のホームページみたい」 爆速表示でツッコミの嵐: J

爆速ホームページ

バイクでおなじみ「ヤマハ発動機販売」の公式サイトが今、大変なことになっている。 と言っても、バグったとか画像がおかしいとか、そういうことではない。 簡単に言うと、 サイトの表示速度が異様に速いのだ。 無駄をそぎ落としたシンプル極まりないサイトデザイン。 そこから繰り出される拳のスピードは、レジェンド・に匹敵すると言っても過言ではない。 とても企業サイトとは思えないような速度だが、一体ヤマハに何が起きたというのか? ・ヤマハ爆速化 本日2019年10月24日より東京ビッグサイトにて開催されている 「東京モーターショー2019」。 ヤマハ発動機は『人はもっと幸せになれる』をテーマに、同ショーに18モデルをブース出展している。 件の爆速サイトが公開されたのも、ちょうど今日のことだった。 さっそくアクセスしてみると……な、何だこの レトロなデザインは。 フリー素材みたいな背景の上を、「The 46th Tokyo Motor Show 2019 YAMAHA」と書かれたテキストが ゆっくり横にスクロールしていく……。 ここは本当に令和なのか? しかし、掲載されているマシンは紛れもなく最新モデル。 画像をクリックすると…… バシュッ! は、速いッ!! クリックするかしないかのスレスレを狙うかのように表示されたではないか。 重さをまるで感じさせない軽やかなムーブ、まさにストレスフリー! ・速さの理由 期待以上のスピードに思わずガッツポーズが飛び出してしまったが、なぜヤマハの公式サイトはこうも爆速化してしまったのか? その答えはヤマハの 公式Twitterにあった。 本日10月24日の投稿を一部、以下に引用したい。 「モーターショーが開幕する10月下旬は、毎月のスマホのデータ通信量が上限に近づくいわゆる 『ギガ死』のタイミングなので爆速サイトをご用意しました」 そう、なんと今回の爆速化は、 ユーザーのデータ通信料に気を遣ってのことだったのだ! たしかに凝りまくったサイトは目には華やかだが、その一方でデータ通信料が余分にかかってしまう。 ただ情報が知りたいだけの人にしてみれば、軽いサイトの方が都合がいいのは明らかである。 ・実力の差 そういう意味でも、今回のヤマハ爆速化はユーザー目線に立った素晴らしい試みだったと言えるだろう。 ただ、個人的にはスピード面で やや物足りない部分もなくもないのだ。 実はヤマハを試した後、阿部寛さんのホームページにも改めてアクセスしてみたんですよ。 そしたらですね……。 もう、 速いってもんじゃねぇ。 マジで光速。 光だよ光。 阿部さんのホームページと比べたら、ヤマハのサイトなんて ほぼ牛歩である。 決して超えられない壁ってヤツを教えられた気分だ。 さすがのヤマハも、今回ばかりは相手が悪かったとしか言いようがない。 ・でも十分速い こうして、最終的に 阿部寛さん最強説が強化される結果となってしまったワケだが、一応フォローしておくと、それでも十分すぎるほどヤマハの公式サイトも爆速である。 デザインのシンプルさも含め一見の価値アリと思われるので、ぜひ一度アクセスしてみてくれ! ちなみにこの後、当編集部・佐藤による「東京モーターショー2019」レポも公開されるのでお楽しみに!!

次の

阿部寛の嫁は誰?高校から大学までの学歴!爆速ホームページが人気!

爆速ホームページ

どうも、「きにぶろぐ. com」の自由に憧れるフリーマン です。 自分でWEBサイトを運営していると気になってくるのが、サイトをクリックしてから表示されるまでのページスピードですよね。 私のこのブログも、見よう見まねで様々な高速化対策を行ってきましたが、WEB上で最も速いサイトってどれくらいの数値になるのか、知りたいと思ったことはありませんか? 現在ページスピードが速いと評判なのが「dev. to」というサイトで、最近では 「阿部 寛のホームページ」が爆速だと話題になっています。 そこで他にも表示速度で対抗できるWEBサイトはないか、ちょっと気になってしまったので、今回はいくつかの芸能人サイトを中心にスピードを検証してみました。 その結果、WEBサイトの最高スピードはどのくらいになるのか、ぜひ検証結果をご覧になってみて下さい。 選手権に選抜したWEBサイト WEBサイトのページスピード選手権に私が選抜したのは、以下の6つのWEBサイトになります。 dev. to 「 」 これは海外版のサイトで、プログラマーの情報を共有し合うコミュニティーサイトのようなものですね。 阿部 寛のホームページ 「 」 茂田オフィス所属の阿部 寛さんのホームページで、元々はファンの方は運営していたものが公式サイトとして認定されたそうです。 いとうまい子ホームページ 「 」 マイカンパニー所属のいとうまい子さんのホームページで、元アイドル歌手として人気になり、日本を代表する女優でもあります。 ガッツ石松のホームページ OK牧場! 「 」 ガッツ石松さんは元WBC世界ライト級チャンピオンで、ガッツエンタープライズ代表取締役社長でもあり、タレントとしても活躍していますね。 橘井堂主人の佐野史郎オフィシャルサイト 「 」 橘井堂 キッセイドウ の主人 佐野史郎さんは、様々なテレビドラマに出演されているベテラン俳優で、映画監督としても活躍されています。 永瀬正敏 オフィシャルサイト 「 」 有限会社ロケットパンチ所属の永瀬正敏さんは、出演作のほとんどが映画関係で映像作品を監督することもある俳優です。 ページスピードの検証開始 WEBサイトのページスピードを計測するツールは、Googleの「 」を使用します。 それでは早速、6つのWEBサイトのスピードを検証していきます。 1番手:dev. to dev. やはりページスピードの評判が高いだけあって、コストパフォーマンスはかなり優秀ですね。 両方の数値が 90以上という爆速っぷりは、話題になっているのもうなずけますね。 こちらもかなり速いですが、パソコンの方が伸びずにNeeds Workどまりです。 高速表示の dev. toを上回る速さというのは驚きですが、阿部 寛の爆速ホームページにはあと一歩というところですね。 っていうか「どんだけ速いんですか!」って思っちゃうレベルですよね。 ページスピードが最も速かったWEBサイトは 以上の検証結果からページスピードをまとめると、順位はこのようになりました。 永瀬正敏 オフィシャルサイト: 数値 97・97• 橘井堂主人の佐野史郎オフィシャルサイト: 数値 93・95• 阿部 寛のホームページ: 数値 92・93• ガッツ石松のホームページ OK牧場!: 数値 88・91• dev. to: 数値 86・89• いとうまい子ホームページ: 数値 87・82 表示速度はコンテンツ内容によっても大きく変わってくることでもありますが、今回はその辺は抜きにして、単純にスピード勝負だけで検証してみるとこんな結果になります。 動画や画像をたくさん使って、WEBサイトの見た目を凝ったものにしようと思ったら、ここまでの数値はなかなか難しいかもしれません。 まとめ 芸能人の公式ホームページやオフィシャルサイトは、基本的に鮮やかでそれぞれの特徴を活かしたデザインにしていることがほとんどです。 実際に色々なサイトの速度を計測してみるとわかりますが、「芸能人のサイトってこんなにパフォーマンスが悪いの!?」と結構な驚愕な事実が発覚します。 ですが、そこは芸能人という知名度が全てをカバーするので、サイトが速いとか遅いとかで悩む必要なんてないのでしょう。 私のような一般庶民は高速化くらいしておかないと、アクセスの「ア」の字も集まりませんからね。 今回の検証で芸能人のWEBサイトでも、ページの表示速度が速いところもあるというのは、私的にはちょっと好感が持てる気持ちになりました。 合わせて読んでほしい.

次の

阿部寛と堂本剛のホームページを見て阿部寛をもっと好きになった│意識高い系中島diary

爆速ホームページ

「阿部寛のホームページというサイトがある。 」 と言うとなんだか奇妙な日本語だが、確かに阿部寛のホームページは存在する。 なんだこれは。 なんだこの2000年代前半のスタイルは。 「阿部寛のホームページがなんかウケる」 とどこかで聞いたことをふと思い出し開いてみたが、一体このホームページはなんなのだろう。 不思議というか阿部寛らしいというか。 とにかくよく分からない。 そしてこの阿部寛のホームページは表示速度が爆速で、dev. toというQiitaの海外版的なサイトも爆速で有名なんですが、それよりも速いなんて結果が出たりしています。 ちなみにQiitaってのはプラグラミングの情報収拾サイトで色んな人がコードを公開していて、自分がプログラミングしていて困ったときに読んだりしてます。 一応僕も理系なのでね。 理系の皆さんなら知ってるかと思います。 さて、こんなシンプルすぎかつ爆速な阿部寛のホームページですが、 Kinki Kidsの堂本剛さんのホームページは意味不明なくらい複雑かつ重いです。 Kinki Kidsのお二人。 左が堂本剛さん。 右が堂本光一さん。 どちらも堂本なんです。 これも友達から教えてもらったんですけど、昔話題になったのかな?そこはよく知りませんが、騙されたと思って堂本剛のホームページを開いてみてください。 騙されたと思ってクリックしてみ!!! あとWi-Fiあるところでやった方がいいよ!!! ど、どうでしたか? 僕最初アクセスしたとき、 先進めませんでしたよ。 こっから先は 堂本剛のホームページのネタバレなのでまだクリックしてない人は見るのをここでストップしてくださいね。 だいたい ホームページのネタバレってなんだよ。 そんな日本語があっていいのかよ。 それはさておき堂本剛のホームページはいきなり すっトロい読み込みから始まります。 遅えよ!!! やっと読み込みが終わったかと思うと... え???先に進めないんですが??? この画面から先に進めない。 なんだこれは... そこをクリックすると...... 何も起こらない は???一体お前は俺をどうしたいんだ? く、くそー!!!! と クリックしたままマウスをぐちゃぐちゃに動かすとあら不思議!!! 散らばっていたクリスタルが徐々に集まり、まばゆい光で画面が満たされたかと思いきや... 大きなクリスタルが現れた!!!!! そしてやっとホームページの本体が顔を出した!!! て... おいっ!!!! 初見殺しにもほどがあるだろ!!! 誰があんなボタン押したままぐちゃぐちゃさせなきゃいけないって分かるんだよ。 謎解きじゃねえか。 ホームページ来ても先進めなくて諦める人いっぱいいるだろ!何考えてんだ堂本剛! ここで改めて阿部寛のホームページを思い出すとなんだか実家のような安心感さえ覚えた。 優しく微笑む阿部寛。 ただいま... ああ、ここが俺の帰る場所だ... 帰りたーい。 帰りたーい。 あったかハイムが待ってーいるー。 なんだかよくわからないけど 阿部寛をもっと好きになりました。

次の