ガンプラ 接着 剤。 ガンプラ初心者が合わせ目消しの瞬間接着剤を簡単に削る方法5工程

ガンプラを作るのに欠かせない!プラモデル用接着剤の種類と使い方を紹介!!

ガンプラ 接着 剤

タミヤのプラ板セットなら、0. 3mm2枚・0. 5mm2枚 1. 2mm1枚がセットになっているので大抵の改造に使えます。 バラの大きいサイズもありますので足りなくなったら欲しい厚さのプラ板だけ購入することもできます。 ガスバーナー ランナーを熱して引っ張って細長いアンテナを作ったり、プラ板を曲げる時に熱するために使います。 普通のライターよりバーナー式の物の方が炎の先端が細くなるので使いやすいです。 無ければ普通のライターでもOKです。 ただ、火が出る物なので注意して使ってください。 洗濯バサミ こちらはお母さんにもらうと良いでしょう。 洗濯バサミで挟んで固定 接着したパーツを挟んで押さえて開かない様にします。 普通サイズと大きいサイズを揃えておくと便利です。 輪ゴム もちらもお母さんにもらうと良いでしょう。 輪ゴムで固定 洗濯バサミでは挟めない大きな部品を接着した時、輪ゴムを巻いて開いたり動いたりしない様にします。 LED クリップライト 意外と役に立つのがこれです。 手元を明るく照らすだけでなく、撮影する時の照明にも利用できます。 暗がりでは細かな作業に支障が出ます。 手元を明るくすると作業が快適になります。 口金E17の小型の物でも充分に明るいです。 私が使っているLED電球は4. 5Wタイプの物です。

次の

素組みでガンプラ!合わせ目の処理方法 前編

ガンプラ 接着 剤

今回の記事では、プラモデル用接着剤の種類と使い方を紹介します。 ガンプラを作る場合は古いキットじゃなければ、接着剤を使わなくても組み立てることができます。 接着剤がなくてもガンプラを組み立てることはできますが、合わせ目消しをする場合やパーツが壊れてしまった時などは接着剤を使用するので、ガンプラを作る場合は接着剤を用意するようにしましょう。 プラモデルに使われる接着剤にはいくつかの種類があるので、用途にあった使い方で使用してください。 今回の記事では、プラモデル用接着剤の種類と使い方を紹介するので、プラモデルを作ろうと思っている方はぜひ読んでみてください。 それでは、プラモデル用接着剤の種類と使い方を紹介します。 タミヤセメント よく使われるタイプの接着剤です。 ドロドロとしていて、塗りやすく、合わせ目消しをするときに使いやすいタイプの接着剤です。 瓶の蓋にハケが付いているので、ハケを使って接着剤を塗って使います。 タミヤセメントを使うときは、ハケを使って接着したい面に接着剤を塗ってください。 接着剤を塗ったら30秒ぐらい置いておいて、少し接着剤が乾いたら、また接着剤を重ね塗りをして、パーツをくっつけます。 2度塗りすることで、接着面から接着剤がムニュっと出るので、そのあとにヤスリがけをして接着面を綺麗にすることで、綺麗に合わせ目を消すことができます。 基本の接着剤なので、プラモデルを作る場合は一つ持っておいてもいいと思います。 タミヤセメントはプラスチックを1度溶かして、再度プラスチックを固めることで、接着するので、乾燥に時間がかかります。 タミヤセメントの接着面は最低でも3日、完全に乾燥させるには1週間ぐらいかかります。 合わせ目消しをする場合など、接着面をヤスリがけする場合は最低3日は置いておくようにしましょう。 流し込みタイプ 流し込みタイプもプラモデルを製作する時によく使われる接着剤です。 合わせ目消しをする場合は流し込みタイプか基本のタミヤセメントのどちらかを選ぶことになると思います。 流し込みタイプは、タミヤセメントと違って、接着剤がサラサラしていて、接着するパーツの隙間に接着剤を流し込んで、流し込んだあとにパーツ同士をぎゅっとお汁けることで、接着します。 流し込みタイプは、速乾性の接着剤なので、タミヤセメントと比べてとても早く乾燥します。 乾燥時間が早いので、待ち時間が少ないので、使い勝手がとてもいい接着剤です。 早くプラモデルを作りたいと思う場合は流し込みタイプを選ぶのがいいと思います。 瞬間接着剤 タミヤセメントや流し込みタイプの接着剤がプラスチックを溶かして接着するのにたいて、瞬間接着剤は接着剤そのものが固まって接着する接着剤です。 流し込みの接着に適していて、抜群に乾燥が早いので、早く接着したい場合にはオススメです。 ただ、合わせ目消しをする場合は、タミヤセメントを使った方が合わせ目が綺麗に消えるので、タミヤセメントか流し込みタイプの接着剤を使うのがいいと思います。 瞬間接着剤はプラスチックと金属を接着する場合など、違い素材同士を接着する時に使用するのがオススメです。 黒い瞬間接着剤 黒い瞬間接着剤という名称の商品が販売されています。 パーツ同士を接着する使い方じゃなく、ラッカーパテのよう使い方で使用します。 ヒケがある場合や傷がある場合にヒケや傷がある場所に接着剤を塗っていきます。 黒い色が付いているので、接着剤をつけた場所がわかりやすく、切削しやすくデザインナイフや紙やすりで簡単に削れます。 ヒケや傷を修正する場合には便利ですが、それ以外で使うことはほとんどないので、必要な方は用意するようにしましょう。

次の

【動画あり】合わせ目消し:流し込み接着剤を使った方法とコツを紹介!

ガンプラ 接着 剤

普通に接着目的で使う場合は、接着したいパーツどうしの接合部に流し込んで使います。 プラモデルコーナーにはたいがい か が置かれています。 もあるのですが、プラスチックが十分に溶ける前に乾燥しそうなので、私は合わせ目消しには使っていません。 通常の流し込みタイプは塗ってから乾燥するまで時間に余裕があるので、余裕をもって作業ができます。 普通に接着したい場合や合わせ目消しなど、1本でオールマイティーに済ませたい場合も通常の流し込みタイプのほうがいいと思います。 流し込み接着剤を使った合わせ目消し それでは実施にガンプラの合わせ目を消してみましょう。 接着剤の流し込み• パーツの貼り合わせ・乾燥• ヤスリがけ の3ステップで進めていきますね。 step 1接着剤を流し込む 接着剤を流し込む前の合わせ目は、 わずかに隙間を空けておきます。 これは接着剤を流し込むためと、後でパーツを押さえつけて溶けたプラスチックをはみ出させるためです。 コンマ数ミリの隙間がいいそうなので、今回は付箋紙を挟みました。 ブログ記事用という事もあり慎重に作業しましたが、実際には作業しながら隙間を調整しても大丈夫です。 この隙間に接着剤を流し込むというより、隙間を接着剤で満たすような気持ちでたっぷり使ったほうがいいです。 1か所からだけでなく両端と中央など数か所から流し込みます。 隙間を覗くと接着剤が全体に行きわたり、液体が表面張力で垂れずにふんばっているような状態でした。 流し込み終わってから10秒ほど待ち、プラスチックを十分溶解させることがポイントです。 通常の貼り合わせタイプの接着剤を使った時と同じです。 手はすぐに離さず、20秒ほど押さえ続けます。 その後3日~1週間は乾燥させましょう。 私は甘く見てすぐにヤスリがけし、後でサーフェイサーを吹いた時にヒケてた事が何度かありました。 押さえ続けるのが大変な場合はクランプで挟んで他の作業をしてもいいでしょう。 バズーカなどの長物は全体的に押さえるといいでしょう。 飛行機モデラーさんが左右分割の機体の合わせ目を消す時は、よくマスキングテープや輪ゴムなどを使って全体をぐるぐる巻きにしてますね。 step 3ヤスリがけ 3日~1週間乾燥させると、表面の溶けたプラスチックがカチカチに固まっています。 デザインナイフを使ったカンナ掛けやサンドペーパーを使い、はみ出しているプラスチックを削ります。 今回は曲面のパーツだったので、背面のスポンジに布ヤスリを貼り付けた も使ってみました。 何番のヤスリまでかけるかは仕上げ方や個人によってマチマチです。 ミリタリー調でつや消し仕上げがメインの凄腕モデラーさんで、基本は400番までという方もいます。 教科書的には800番までヤスリがけしておけば、簡単フィニッシュ・全塗装どちらも対応できるでしょう。 カーモデルのようにピカピカの光沢仕上げにする場合、1,000~1,500番までペーパーがけする場合もあります。 速乾タイプの流し込み接着剤でも合わせ目は消せる? 上の画像はジム改の脚部で、スネが別パーツとして分割されています。 赤丸は、意図せず流し込み接着剤で溶けたプラスチックがムニュッっと出てきた場所です。 組み立てる時に速乾タイプの接着剤を流し込み、グッと押さえるとプラスチックが出てきてしまいました。 乾燥させてペーパーがけすれば、合わせ目は消せたでしょう。 ま、この時はモールドとして活かしたかったので乾燥して固まった後にケガキ針で彫り直しましたが…。 結論としては 速乾・流し込みタイプの接着剤でも合わせ目は消せると思います。 モデラーさんによっては速乾・強力タイプの を好んで使ってらっしゃる方も多いですからね。 しかし個人的に気になるのが「 表面は早く乾燥するけど内部まですぐ乾くのか?」という点。 タミヤの速乾・流し込みタイプでは、表面はすぐ乾いたけど中は乾燥まで時間がかかりました。 導入する場合は表面や内部が乾燥するまで時間にご注意くださいませ。 成型色を活かせる• 接着剤の塗布が簡単• 乾燥後も削りやすい• 接着部分が衝撃に強い 溶剤系の接着剤を使ったやり方に共通なのですが、合わせ目はほぼ元の色のままです。 800番までペーパーがけしてつや消しトップコートするだけで、ほとんど分からなくなります。 合わせ目に接着剤を塗る作業は、ドロッとした貼り合わせタイプの接着剤を使う方法よりも簡単です。 多少は変化すると思いますが… そのため乾燥後の硬さがほぼ元のプラスチックと同じで、 ヤスリがけがしやすいのも良い点です。 パーツどうしも合わせ目で一体化するので、 変形や衝撃に強く割れにくいです。 瞬間接着剤の場合は衝撃に弱いそうです。

次の