ホアキン ジョーカー。 ジョーカー : 作品情報

ジョーカー (映画)

ホアキン ジョーカー

圧巻という言葉では足りない。 オスカー最有力の呼び声高きでホアキン・フェニックスは、何かにとりつかれたかのように、最強のヴィランに命を吹き込んだ。 あえて言葉にすれば「悪魔的な神々しさ」。 先日発表された第76回ヴェネチア国際映画祭で、最高賞にあたる金獅子賞に輝いた瞬間、あなた自身はどのように感じたのでしょうか? ただただ、僕の期待や想像を超えた出来事だったね。 トッド(・フィリップス監督)とはいつも「自分のキャリアを終わらせるような映画は作りたくない」ってジョークで言っているんだけど(笑)、正直『ジョーカー』がこういう形で熱狂的に受け取られるとは思いもしなかった。 映画にとってはいいことだけど…、何て言えばいいんだろう? もう「驚きと興奮」という言葉に尽きるね。 それくらい『ジョーカー』は大きな挑戦なんだ。 演じるうえで、映画が示すメッセージ、そして自分自身を深く掘り下げる必要があったし、きっと観客にとってもチャレンジングなものになると思った。 新しい何かとの出会い…と言えば、大げさに聞こえるけど、 目の前に知らない世界が広がるのは、俳優冥利に尽きるね。 映画を見る魅力もそこにあると思うから。 そう考えれば、ジョーカーほど最高なキャラクターはいないよ。 ジョーカーといえば、子どもの頃に見た『バットマン』(1989年製作)のジャック・ニコルソンがとても印象に残っているし、『ダークナイト』のヒース・レジャーがすばらしかったのは、言うまでもない。 助演だから、決して出演シーンが多いわけじゃないのにね。 どちらのジョーカーも、一瞬にして見る者を恐怖させ、同時に魅了したんだ。 映画そのものを理解することに役立ったからね。 アイデアはたくさん持ち寄ったが、「このやり方がジョーカーにはぴったり」というわかりやすい道筋は見えなかった。 だから、何かに影響を受けた…というのは、答えるのが難しいな。 あっ、そうだ! 実は撮影中、ふと「あっ、いまの自分はフランクン・フルターに影響されているな」って思う瞬間があったんだ。 そう、『ロッキー・ホラー・ショー』に登場する奇妙な城主のフルター博士さ。 子どもの頃から大好きで、いつか演じたいと思っていたほどだから、不思議な感覚に襲われたよ。 《text:Ryo Uchida》.

次の

新旧「ジョーカー」徹底比較 ホアキン・フェニックス vs ヒース・レジャー

ホアキン ジョーカー

- 2017年 7月月8日午前7時27分PDT 今回ホアキンが主演を務めた『ジョーカー』はDCコミックス映画でありながら、DCコミックス映画が共有してきた1つの世界観であるDCユニバースに属さない1作であり、トッド・フィリップス監督は「コミックスは全く参考にしなかったんだ。 それに関してみんなは怒るだろうね」と ストーリーは、1人の男性アーサーがジョーカーになっていく過程を描き、これまでの正体不明というイメージのジョーカーではなく、「人間として」のジョーカーが描かれる。 ジョーカーになっていく、現代社会を生きる1人の男性を演じたホアキンは、映画制作をとおして自分自身の人生について思い返すことも多かったよう。 「この映画のクリップを見ていた時、私は家族のことを思い出していました。 私の姉レイン、妹のリバティー、そしてサマー。 彼らはいまだに私の親友です。 彼らとは話したり会ったりしませんが」 家族を親友と呼びながらも、話したりはしていないという彼らしいジョークを最後に入れて、会場の笑いを誘ったホアキン。 じつは、若くして亡くなり伝説的俳優として語り継がれる兄リヴァーに対し、演技力に定評があるにもかかわらず、これまでオスカーを受賞出来ていないホアキン。 ホアキン自身はオスカーに批判的なコメントを送ったこともあるけれど、そのような背景から、ホアキンは兄リヴァーを超えられないとする失礼な批評家も。 しかし今回、映画界全体への貢献を評価するTribute Actor Awardを受賞したことは、ホアキンの中でもかなり重要なことだったようで、自分の人生に影響を与えた人に対して個別にメッセージを送ったり、キャリアについて語ったりと、ホアキンが自分をオープンにしたスピーチとなった。 ホアキンは最後に、2019年7月に婚約したパートナーのルーニー・マーラへ「愛してる」と伝えてスピーチを終えた。 (フロントロウ編集部).

次の

『ジョーカー』、物議を醸したあの「難解シーン」はなんとアドリブだった!

ホアキン ジョーカー

解説 「バットマン」の悪役として広く知られるジョーカーの誕生秘話を、ホアキン・フェニックス主演&トッド・フィリップス監督で映画化。 道化師のメイクを施し、恐るべき狂気で人々を恐怖に陥れる悪のカリスマが、いかにして誕生したのか。 原作のDCコミックスにはない映画オリジナルのストーリーで描く。 第79回ベネチア国際映画祭で、DCコミックスの映画作品としては史上初めて最高賞の金獅子賞を受賞して大きな注目を集め、第92回アカデミー賞でも作品賞ほか11部門でノミネートされ、主演男優賞と作曲賞を受賞した。 「どんな時でも笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸に、大都会で大道芸人として生きるアーサー。 しかし、コメディアンとして世界に笑顔を届けようとしていたはずのひとりの男は、やがて狂気あふれる悪へと変貌していく。 これまでジャック・ニコルソン、ヒース・レジャー、ジャレット・レトが演じてきたジョーカーを、「ザ・マスター」のホアキン・フェニックスが新たに演じ、名優ロバート・デ・ニーロが共演。 「ハングオーバー!」シリーズなどコメディ作品で手腕を発揮してきたトッド・フィリップスがメガホンをとった。 作り手が解釈に委ねて明かす気はないと名言しているというだけでなく、それでは答え合わせに過ぎないから。 ただ、はっきりと言えるのは、本作のジョーカーは「ジョーカーを名乗っている」というだけで、別にジョーカーではない、ということ。 終盤の展開が本当なのか妄想なのかはともかく、ジョーカーを名乗った空虚な男に、大衆が自分たちの不満や怒りを託そうとする。 その社会性がこの映画の肝であり、このひしゃげたご時世に爆発的に受け入れられた理由なんじゃなかろうか。 映画的には撮影、演技ともにみごとだが、気にかかるのはあからさまに『キング・オブ・コメディ』『タクシー・ドライバー』とハッキリ名指しできるスコセッシ映画をモチーフにしていること。 アメコミ映画に新しいアングルからアプローチすることで、従来のジャンル映画の壁を破ろうという試みが、限りなく先達の作ったもの(スコセッシ映画)に近づいていく、といのはやはり懐古趣味ではないか。 スコセッシ御大が今でも常に攻めているからこそ、目指す天井が見えてしまっている感じが気になった。 ジョーカーという男はこんなにもわかりやすかったのか、と驚いた。 バットマンシリーズはそれぞれ独立した世界なので、今回のジョーカーはこういう解釈なのだと言われてしまえばそれまでだが、本作はノーランの『ダークナイト』に近いリアル路線の世界観だったので、ノーラン版の印象をそのまま引きずって観ていたので驚いたのだ。 本作のジョーカーの世間を憎む動機はとてもわかりやすい。 ノーラン版では、そのようなわかりやすい動機は示されなかった。 ノーラン版は、なんというか、「混沌」そのものを愛してるような印象だった。 口が裂けている理由がいつも違うのも、動機なんざどうでもいい、俺は混沌自体が好きなんだという風に見て取れた。 その底知れなさに魅力だった。 今回のジョーカーは、ある意味底が知れている。 共感可能な理由も描かれる。 実際共感を覚える人もたくさんいるようだ。 しかし、ちょっと待てと思う。 その共感できるストーリーそのものが嘘かもしれない。 本作が上手いのはここだ。 映画全体を嘘かもしれないと提示することで、観客を混沌に落とし込む。 この映画のそんな振る舞い方そのものがジョーカーっぽい。 レトロな色調で映し出されるゴッサムシティの根底で生きる大道芸人、アーサーの、まるで人の不幸をまとめて請け負ったような日常に、まず惹きつけられる。 誰しも、彼ほどではないにしろ、嫌なことが連続して起きることはあるし、そんな時、悲しむよりむしろ笑ってしまうことだってある。 ついてない現実から逃避するため、愉快な妄想の中で思いっきり自分を解放してみたくもなる。 かつて、コミックス上のヴィランにこれほどシンパシーを感じたことがあっただろうか? そうして、これまで誰も描かなかった「なぜ」に踏み込んだ本作は、絶望の果てにある妙にあっけらかんとした心の荒野を大都会のど真ん中に設定して、人の世の悲喜劇を新たな形で提示する。 今年一番の強烈な映画体験。 そろそろ始まるアワードシーズンを間違いなく牽引する1作だ。 映画を見ながらこんなに身震いしたのは初めてだ。 これはDCコミックの超有名ヴィランの誕生秘話の域を超えて、現代社会の喉元にナイフを食い込ませるかのような狂気と絶望に満ちた作品だ。 ホアキン・フェニックスのあの肉体からしてどうだ。 幾度も映し出される半裸の姿は、痩せているのになぜか肩のあたりが異様に隆起し、たったそれだけで彼の精神面での変動が透けて見えてくるかのよう。 同じ半裸の男と拳銃の文脈でいうとスコセッシの「タクシードライバー」が脳裏に浮かぶが、もう一つ忘れてはいけないのがその対をなす「キング・オブ・コメディ」の存在だろう。 ぶっ飛んだコメディを手がけてきたトッド・フィリップス監督がこれほどスコセッシとデ・ニーロを引き合いに「ジョーカー」を奏でるとは。 やはり我々の暮らす今日の現代社会は混沌としたあの頃へ逆戻りしているのか。 日常を侵食するこの感覚が僕らを狂わせる。 誰しもの心の中にジョーカーはいる。 C 2019 Warner Bros. Ent. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の