アホ 死ね。 コロナでお客さんから「アホ」「死ね」。ホテル従業員の叫び

朝青龍のTwitterの暴言珍言ツイートが批判されない謎について考えてみる|みやまるボルタ|note

アホ 死ね

変わらぬマッチョボディを披露すると... 朝青龍さんは、2011年10月にツイッターを開設。 2018年9月7日時点で5万を超えるツイートをしてきた。 母国・モンゴル語での投稿もあるが、相撲で慣れ親しんだ日本に向け、日本語でツイートすることもある。 ツイッター上では、朝青龍さん自ら行うリプライが日頃から人々の関心を引き寄せている。 例えば、18年9月4日のツイート。 太くたくましい筋肉隆々の腕を出し、ドリルで地面を掘削する様子を投稿した。 「仕事何でもやる!」 その後、掘り上げた地面を腕に持つ姿も投稿した。 こうした一連のツイートに対し、 「アルバイトですか?」 とイジられる。 すると朝青龍さん本人が「アホ死ね」と返信。 なお、7日時点で削除されている。 朝青龍さんのフォロワーは24万人にも及ぶ。 朝青龍さんのような有名人には日頃、軽く100を超える多くのリプライが寄せられるが、一般人のリプライに返信することは多いとは言い難い。 だが朝青龍さんはしばしば、返信を行っている。 過去にも「宮崎牛、美味しいよね~」に... 返信は今回だけに限らない。 17年11月には、「宮崎牛や ごちそさま」と味わっている様子をツイート。 「宮崎牛、美味しいよね~」とリプライが来ると、 「不味い」 と一蹴。 また、同年10月には「ぶさいく!」と犬の顔写真を公開。 「レオンくんは元気ですか?」と朝青龍さんが飼っていたと思われるペットの様子を尋ねられると、 「死んだ」 と淡泊に一言。 こうした返信がツイッター上で 「クソ笑った」 「草」 と注目を集めているが、なかには 「簡潔で分かりやすくてよいな」 とあっさりとした感想が逆に良い、という感想も見られた。 朝青龍さんと言えば、言わずと知れた元大横綱。 幕内優勝25回は歴代4位、最高番付は第68代横綱だ。 1999年の1月場所で初土俵を踏み、2010年に現役を退いた。

次の

[mixi]あほう太郎がバカなワケ

アホ 死ね

ずばり、幼稚園から大学まで、学習院で一貫教育を受けたことが理由と言えます。 氏の最終学歴である学習院大学は受験業界では「G-MARCH」の一角とされ、企業の入社試験に於いても足切り水準以上となる、「ソコソコのレベル」と言われる大学です。 しかし、内部進学となると話は別です。 あの慶応ですら、内部進学組の学力は低く、模試を受けた場合、G-MARCH・関関同立であってもE判定となってしまう生徒が大半だそうです。 また、医学部は、附属高校の各クラスで1番の生徒が進むというシステムになっており、2番・3番の生徒は外されるそうです。 2番・3番と言えば、トップクラスと言って差し支えありません。 医学部推薦に漏れた生徒の中には、理工学部などへの推薦を辞退し、他大学の医学部を目指す生徒もいるようですが、そのような生徒は一般的な受験生の学力に達しておらず、理系でありながらチャート式の数学の問題にも歯が立たないそうです。 また、小生の知人で、明治大附属から他大に進学した人がいます。 彼の話によると、附属は勉強しない生徒が大半で、模試を受けても大半の生徒は偏差値40台とのことです。 学習院より上の慶応や同水準の明治の附属の話から察すれば、学習院高等科のレベルなど推して知るべしです。 学習院だけが特別などと言うことは、まずあり得ないと思います。 こういった人間が苦労もせずにコネだけで地位を高めていくのを見ると、腹が立って仕方ありません。 「怪我」を「かいが」と読んだり、「村山談話を『ふしゅう』し…」などと意味不明な発言をしたり…。 安倍内閣を「学力低下内閣」と揶揄するメディアはありましたが、麻生内閣は安倍内閣以上の「学力低下内閣」と呼んで良いと思います。 まあ、安倍氏も著名な憲法学者、芦部信喜氏を「そのような先生に私は習っていないから知らない」などと言っていた程度ですので、五十歩百歩と言うべきでしょうか…。 blog111. fc2. html 麻生太郎が、「日本の水道はすべて民営化する」と言い出しました。 このことは無条件に、日本人の命の糧を多国籍企業に差し出すことを意味します。 麻生太郎の祖父・吉田茂も日米安保のときに、「日本の国土を米軍さんの好きなように使ってください」と、八百万の神々が住む日本の国土をあっさり献上したのです。 以来、日本は苦しみ続けているのです。 「血は争えない」とはこのことです。 「日本の水道は国営だろうが、市営・町営だろうが、すべて民営化します」 4月19日、麻生太郎が、CSIS 米戦略国際問題研究所 で、「 安倍晋三首相に続いて 私も戻ってきました」と切り出し、「日本経済再生に向けた日本の取組みと将来の課題」というタイトルでスピーチを行いました。 その中で、「日本の国営もしくは市営・町営水道は、すべて民営化します」と発言。 相変わらず、この御仁、漫画以外は読まないようです。 通訳を置いて、隣にいたジャパン・ハンドラー、マイケル・グリーンは喜びを隠すのに精一杯です。 「新世界秩序」から日本に送り込まれたエコノミック・ヒットマン さて、安倍内閣は、その命の糧である日本の水を外資の獰猛な牙の前に、そっくり差し出しますよ、と言っているのです。 日本の生命保険会社のガン保険などの保険商品の認可凍結しただけでなく、今度は水までも売り渡そうというのです。 これほど重大な決定を議会に諮るでもなく、ましてや、日本ではなく、アメリカの、それもただの民間シンクタンクであるCFR 外交問題評議会 の下請け機関で真っ先に表明するのです。 おそらく、自分の思考力を持たない安倍晋三と麻生太郎が、グローバリズムに汚染された日本の売国官僚によって、「TPP同様、水ビジネスでも日本は後れをとってはなりませぬ」などと言われて、あっさり了承したに違いないのです。 07 ID:DGMciHD2 以下、4月19日のCSISでの麻生副総理の水道民営化に関する部分の発言、書き起こし。 今、色々なアイデアが実に多くの人から出されているが、その中でと思っているのは、いわゆる規制の緩和です。 規制の緩和、なかんずく医療に関して言わせていただければ… (中略) このロボットは一つの例ですが、例えばいま日本で水道というものは世界中ほとんどの国ではプライベートの会社が水道を運営しているが、 日本では自治省以外ではこの水道を扱うことはできません。 しかし水道の料金を回収する99. 99%というようなシステムを持っている国は日本の水道会社以外にありませんけれども、 この水道は全て国営もしくは市営・町営でできていて、こういったものを全て民営化します。 いわゆる学校を造って運営は民間、民営化する、公設民営、そういったものもひとつの考え方に、アイデアとして上がってきつつあります」。 副総理は産業競争力会議の議長代理。 kantei. ustream. msn. htm ------------------------------------------------------------------------- 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は6日、大学入試改革に向けた議論を始めた。 高校在学中に複数回挑戦できる「到達度テスト」の導入を視野に、1回の共通テストで合否が左右されるとして批判のある大学入試センター試験の廃止を含めた見直しなどを検討する。 今秋にも結論を取りまとめ、安倍晋三首相に提言する。 安倍首相は会議の冒頭、「大学入試に過度にエネルギーを集中せざるを得ないことが、わが国の教育の問題。 幅広い観点から議論してほしい」と語った。 到達度テストは、自民党の教育再生実行本部が先月、安倍首相に提出した教育改革案に盛り込まれた。 文部科学相の諮問機関、中央教育審議会でも具体的な制度設計を検討している。 到達度テストは年2〜3回の実施を想定して議論される見通し。 大学側には年1回のセンター試験に比べ、受験生の学力を正確に把握できるメリットがある。 一方、高校側には大学に進学せずに就職する高校生の間での序列化につながるとの指摘や、到達度テストの勉強に追われ部活動など学業以外の活動がおろそかになるなどの批判があり、導入には曲折が予想される。 幅広い観点から議論してほしい」と語った。 あほう太郎とは違いますが…。 附属上がりでロクに勉強をせず、親の威光だけで偉くなった安倍首相がバカなことを言ってますね。 このような発言が出て来ること自体、附属上がりの政治家は、ロクに勉強をしていないことの何よりもの証しです。 「受験勉強ばかりさせられて子供がかわいそう」などと主張していた左派陣営と、今日の保守派では言っていることが同じです。 以下に、保守言論人・政治家の教育に関する「トンデモ発言」を掲載したいと思います。 こんな発言が出て来る時点で、保守派は偏差値や受験勉強を目の敵にするサヨクと言っていることが同レベルになっていると思います。 ・昔の子供は日が暮れるまで外で遊び、社会性を身に付けた。 だが今の子供は塾通いばかり。 これだから子供の心が荒み「子が親を殺す」などと言う痛ましい事件が多発している。 平沼赳夫氏 ・ 杉並区の和田中学校がSAPIX講師を招いて行っている「夜スペ」の授業に関し 教員免許を持たない者が教壇に立つ事を許して良いのか。 こんな事を黙認すれば学校は塾の収入源と化し、受験勉強以外は何の素養もない人間が量産され、日本の国益は侵される。 土屋たかゆき氏 ・できんものはできんままで結構。 国際学力調査の平均点が下がらないようではどうしようもない。 国際比較をすれば、欧米は日本より平均点は低いがすごいリーダーが出て来る。 日本もそう言う国になっていかないといけない。 三浦朱文氏 ・人生で最も多感な高校時代を、受験勉強のみに費やすのはいかがなものか。 小堀桂一郎氏 ・今の子供は塾通いばかりで子供らしい色々な経験をする機会が減っている。 ・過度な受験競争が子供をオウムの様なカルトに追いやった。 以上2件、山谷えり子氏 ・ 東大に多数合格者を送り込んでいる灘高校校長に対し 一つの学校から一定の人数以上はある大学には入学させないという規制をつくってはどうか。 過度の独占は問題である。 西尾幹二氏 ・偏差値秀才がこの国を駄目にして来た。 渡部昇一氏・田母神俊雄氏 ・ゆとり教育のやり方は間違っていたが、偏差値競争や詰め込み教育から子供を解放すると言う事自体は間違っていない。 戸塚宏氏 ・日本の試験秀才型の官僚達が拉致問題の解決を遅らせて来た。 荒木和博氏 麻生さんが好きと言うコミュではないのですかね・・・? 政治はあたしには分かりません。 なぜなら卵が先か?にわとりが先か?で ズルズルズルズル論争している訳が分からないのです。 どんな政策も、きっと誰かが幸せになり、誰かが不幸せになる。 平等にはなりません。 ついてくか?ついてかないか?日本の夫を決めるだけですよね 国の夫が失敗しても、じゃあどおするの?に対して行動できれば ついていきます。 いろんな論争をしても、政界に届き何かを変えられる人が 述べられるのだと思います。 裏も表もなんの事情も分からないまま届かない声で 論争するのもどうかな?と思います。 口喧嘩して、何も変えられない歯がゆい自分にストレスたまりませんか? コミュ違いでこんなこと書いてたらすみません。 blog111. fc2. html 麻生太郎が、「日本の水道はすべて民営化する」と言い出しました。 このことは無条件に、日本人の命の糧を多国籍企業に差し出すことを意味します。 麻生太郎の祖父・吉田茂も日米安保のときに、「日本の国土を米軍さんの好きなように使ってください」と、八百万の神々が住む日本の国土をあっさり献上したのです。 以来、日本は苦しみ続けているのです。 「血は争えない」とはこのことです。 「日本の水道は国営だろうが、市営・町営だろうが、すべて民営化します」 4月19日、麻生太郎が、CSIS 米戦略国際問題研究所 で、「 安倍晋三首相に続いて 私も戻ってきました」と切り出し、「日本経済再生に向けた日本の取組みと将来の課題」というタイトルでスピーチを行いました。 その中で、「日本の国営もしくは市営・町営水道は、すべて民営化します」と発言。 相変わらず、この御仁、漫画以外は読まないようです。 通訳を置いて、隣にいたジャパン・ハンドラー、マイケル・グリーンは喜びを隠すのに精一杯です。 「新世界秩序」から日本に送り込まれたエコノミック・ヒットマン さて、安倍内閣は、その命の糧である日本の水を外資の獰猛な牙の前に、そっくり差し出しますよ、と言っているのです。 日本の生命保険会社のガン保険などの保険商品の認可凍結しただけでなく、今度は水までも売り渡そうというのです。 これほど重大な決定を議会に諮るでもなく、ましてや、日本ではなく、アメリカの、それもただの民間シンクタンクであるCFR 外交問題評議会 の下請け機関で真っ先に表明するのです。 おそらく、自分の思考力を持たない安倍晋三と麻生太郎が、グローバリズムに汚染された日本の売国官僚によって、「TPP同様、水ビジネスでも日本は後れをとってはなりませぬ」などと言われて、あっさり了承したに違いないのです。 html 父親から金権体質をそっくり世襲した政治家がいる。 他でもない、総理大臣の安倍晋三だ。 安倍首相の地元、下関にはその象徴ともいうべき場所がある。 下関市街を見下ろす高台にある首相の自宅。 そして、JR下関駅駅前のだだっ広い敷地に建つ、事務所だ。 このふたつはまったく離れた場所にあるのだが、どちらも元は同じ会社が土地、建物を所有していた。 会社の名前は東洋エンタープライズ。 下関で最大手のパチンコ業者で、親会社の七洋物産は福岡、山口で多くのパチンコ店を経営している。 創業者・オーナーの吉本章治氏(故人)は、2002年には韓国から国民勲章「無窮花章」を受賞するなど、在日韓国人社会の重鎮でもある。 実は、この東洋エンタープライズ、そしてオーナーの吉本一族は、安倍首相にとって父親の代から続く地元の有力スポンサーなのだ。 吉本氏が無窮花章を受賞した際、パーティに来賓として出席した安倍首相はこんな挨拶をしている。 その支援は小渕議員同様、政治資金収支報告書に記載されている政治献金だけではなかった。 冒頭で紹介したように安倍首相の自宅と事務所はもともと東洋エンタープライズの所有で、安倍家はそれを賃借する形だったのだが、その家賃について当時、同社は取材に対し「両方あわせて月に約二十万ー三十万円」と答えている。 いくら地方都市とはいえ、自宅は2174平方メートルの敷地に346平方メートルの建物。 事務所はJR下関駅前の449平方メートルの土地つき建物である。 あわせて20〜30万円というのはありえない安さだろう。 しかも、自宅のほうは1990年に東洋エンタープライズから安倍晋太郎に所有権が移転されているのだが、その際、抵当権がついた形跡がない。 そんなところから地元では「あんな豪邸を現金で買えるはずがない。 安く売ってもらったにちがいない」という噂が飛び交い、以来、安倍首相の自宅は「パチンコ御殿」と呼ばれるようになったという。 blog. fc2. blog. fc2. blogspot. html 統一教会が幕張で大集会、自民・次世代の現職国会議員も出席•

次の

朝青龍のリプライがまたも剛速球 「バイトですか」に「アホ死ね」

アホ 死ね

片岡篤史が運営するYouTubeチャンネルで選手・コーチ時代のつらすぎるヤジの数々について振り返った。 「タイガースに移籍した2002年というのは、ちょうど星野(仙一)監督も阪神に来られて、秋キャンプからすごい人だったんですよ。 泊まっているホテルにファンの方がたくさんいるっていうことにまずびっくりしたんです。 ファンの方もそれを楽しみに来られるから、僕たち以上に『明日からキャンプインや!』みたいな感じになるんです」と、日ハムとはファンの雰囲気がかなり違ったという。 当時のヤジについては「関西の場合は『アホ、ボケ、死ね』がワンセット。 それで『オラァ、アホ、金返せ!』みたいな。 僕が阪神に行った2002年というのは、まだ阪神には1億円プレイヤーがいなかったのかな? それでFAで僕が行ったから、『活躍してくれるだろう』という期待を裏切って全く活躍できなかった。 まあキツかったですよ」と回顧する片岡。 チームメイトからは「あんなん気にせんでええねん」と言われるものの、なかなか受け入れられなかったそうだ。 さらに片岡は一番ショックだったヤジとして、小学生から受けた「頼むから出んといてくれ!」という言葉に「胸を突き抜けたよ」と、当時の衝撃の大きさを明かした。 また、片岡は不調だった2002年の倉敷マスカットスタジアムでの試合で、自身のエラーが原因で1対0で負けてしまったところ、デイリースポーツに『片岡のエラーで負けた』と大々的に報じられたという。 翌日になってティーバッティングをしていると、「お前コラァ出るな!」「頼むから出んといてくれ」といったヤジを飛ばされ、腹が立って「やかましいわ!」と言い返すと、星野監督から「おいツル(片岡)、それでええんや」と、発破をかけられたそうだ。 しかし相当なショックだったようで、翌日は選手のために用意されたホテルのビュッフェ会場に足を運ぶこともできず、コンビニのおにぎり2個買って1人で食べたという。 「忘れもしない日高昆布と鮭を買って、お茶を飲みながら涙が出たというか、涙がこぼれるっていうの? 逃げ出したいけど、逃げ出せない」と、つらすぎる思い出を明かした。 当時はなにをしても裏目に出たそうで、「とにかく『練習をしないといけない』と練習をしても……。 ユニフォームを脱いで、夜に素振りをするんですよ。 そのときは、ものすごくよくて『これや! これやったら明日いける』と思って、ユニフォームを着てグラウンドに行って『オイコラボケ!』って言われたら、またなんかおかしなんねん」と振り返った片岡。 とくに神宮球場がきつく、「三塁側のレフトをずっと歩いて帰らないといけないの。 ポール側に選手の出入り口がある。 だからね、もうすごいのよ。 負ける、もしくは打てずに負ける、もうそれはね。 スタンドって傾斜があるんだけど、その網を通り越して来るんじゃないかっていうぐらいの勢い」と、猛烈なヤジを受けたという。 「ボケ、お前なにを教えとんじゃ!」「お前しっかり指示せんかい!」といったヤジを浴びながら、片岡は「アホ、言うとるわい。 けれど指示して打てたら苦労せんわ」と内心思うこともあったそうだ。 金本知憲監督時代には「もう辞めろ!」という声もあったが、片岡は「辞めるのって簡単なんですよね。 途中でもう逃げ出したいときもありますけど、やっぱり今度はなんとか選手に頑張ってもらわなきゃいけない」と、選手のために踏みとどまっていたことも明かした。 「辞めろ!」「アホ、ボケ!」「無能」「死神」「疫病神」「お前が全部悪いんじゃ!」と、神宮で受けたヤジは「胸を突き抜けたね」と振り返る片岡は、「ただまあ、今になって考えたら、やっぱりファンの方もそれほどね、一生懸命期待して応援しているからこそ、そこまで怒れるんだと思います」と、一定の理解を示したが、「まだちょっと根に持ってるね(笑)」とぶっちゃけていた。 TAGS•

次の