小暮 学 関東。 関東学院大学落ちたったwwwwwwwwwww

関東学院大学落ちたったwwwwwwwwwww

小暮 学 関東

常識にとらわれてる人は見えません。 例えば文教とか玉川って教育学部だけがMARCHレベルなんてよく言われますよね? 実は関東学院、表面工学と栄養がたぶんそれじゃないかと。 関東学院-栄養47. 5 関西学院-生命52. 5 言われてるほど差ありますかね? 第一、関東学院って『私学の特許王』ですよ。 実は4月5日プラスチックメッキ経由で金属を通すミリ波レーダーが完成し、自動運転がカメラ搭載型よりも容易になりました。 これだけでもとんでもない発明ですが、関東学院大出自の発明品出したら博物館1個出来ます。 関西学院なんて過去の栄光しかないじゃないですか(苦言)。 関西学院は生命科学系があるのに、糖尿病患者に大豆パン1個すら発明できない。 研究機関としてどうなんでしょうね?大豆パウダーの発明も関東学院の物。 研究機関、研究実績として見るなら関東学院の圧勝で20年、30年単位で関学東西逆転が起きるのはこれもう間違いないです。 関東学院はこれからも伸びます。 というか文系学生にも特許が取れるように発明品考案の授業があるのです。 発明品の制作能力に偏差値なんか一切関係ありません。 大研究大学として30年後に関東学院が様変わりしてるのは間違いない。 あと関東学院は軽音楽部が活発で大ミュージシャンがもう1ユニット出るのも間違いない。 2000年代はアジカンだったけど。 だから「文化」という面でも関西学院を圧倒してる。 関東学院大なんてFラン大は関西学院大学と比ぶべくもない全く進学する価値と存在する価値がないFランク大学です。 関東学院大の今年の志願者は前年より1000人超以上の減少で、人生目標を立て将来をきちんと考えている受験生からは当然のことながら避けられています。 関東学院大は、運動部寮での大麻栽培・吸引事件、在学中から20年間にも渡る都立高校不法侵入をはじめとした女子高生制服・下着窃盗事件、10年程前には在学生による出会い系サイトを使った婦女暴行事件、在学生による飲酒運転での同乗者死亡事故、卒業生の15歳少女児童買春事件、昭和33年には在学生による主婦刺殺事件等、昔から他の大学では絶対にあり得ない悪質重大で凄惨、陰湿、破廉恥な事件を毎年突出しておこし続けてます。 学力が著しく低いだけならまだしも、この大学の場合、他大学と比べ社会的モラルや一般常識が著しく欠ける人間が異常に多いようで、上記のような事件を昔から次々とおこし世間を騒がせ迷惑をかけ続けています。 もはや大学とは呼べない学力と一般常識が欠ける落ちこぼれ底辺人間収容施設です。 また、過去から現在まで、そんな社会的モラルと一般常識が欠けた上に学歴コンプまみれの人間しかいない大学ですから、知恵袋や2chをはじめとしたネット上で虚偽捏造や妄想でFランク大の自分の大学を良く見せようとしたり、他の大学を貶したりすることを平然と行っています。 ですからネットだけではなく、世間での評判も非常に悪いです。 当然のことながら関東学院大を卒業したところで、就職・出世・結婚等人生において有利に働く要素は一つもありません。 死ぬまで世間からバカにされ続け惨めな人生で一生を終えるだけです。 名前は似てますけどね、関西学院とより縁のある東の大学は青山学院です。 レベル的にも青山学院が1番近いでしょう。 現在は学生交流など殆どありませんが、共にメソジスト派の宣教師によって設立された学校を起源としており、一応今でも関西学院と青山学院は関連校です。 キリスト教主義学校大学史関連の文献を数冊読めば詳しく載っています。 関東学院は神奈川ローカル大学です。 当然、関西学院とは雲泥の差です。 余談ですが神奈川の中堅以下の公立高校の大して頭の良くない私立文系受験生は、MARCHを記念受験し、日東駒専を第一志望にして、落ちたら神奈川大、それも落ちたら関東学院、それも滑ったら横浜商科大という緩やかな流れが有ります。 そんなレベルってことです。 マジレスすみませんでした。。

次の

小暮学社長率いる株式会社インヴァランス

小暮 学 関東

暖かみのあるというか、非常におっとりした学校ですね。 来年受験予定の息子も一発で気に入りました。 伝統校らしい風格のある建物と、高台の明るい雰囲気の建物がミックスされ、黄金町という困ったイメージを払拭して余りあると思います。 ただ、親の目で見ると、同レベルでやはり宗教系の藤嶺藤沢(一遍上人の時宗)と比べると、共学か男子校かを抜きにしても、まったく対照的です。 個人的に感じたプラス、マイナスです。 MARCH進学実績で藤嶺に大きく水をあけられるのは確実。 来春あたり、藤嶺は早慶に二桁の合格者を出し、関東を抜いて山手・湘南・青陵といったラインに肉薄するでしょう。 同じ伝統校で、もっと上位の森村よりお嬢さん、坊ちゃんぽい。 迫力は藤嶺の方が感じられた。 マーチングバンドやハンドベル、少林寺拳法などは全国的に有名。 藤嶺は、高入の野球部は実績はあるが、あとはほどほど。 プールがないので水泳部がない。 あとは、どっこいどっこいでしょう。 カラオケでいうと、ど演歌のオンパレードみたいな時代遅れの数学の出題、平和平和とくどい社会の出題は個性的です。 社民党のような雰囲気すらします。 息子が春から関東学院にお世話になっています。 実は第一志望ではなかったし、<この学校、実のところどうなのかな>と不安でした。 確かに年々、大学進学実績も落ちてきているみたいですし。 でも、入れてみて子供は楽しく学校生活を過ごしているみたいだし、友達にも恵まれ・・・。 部活動も盛んですが、定期試験もそれなりに皆さんキチンと?取り組んでいるのか試験の結果はいつも油断できない状態です。 小テストで補習に引っかかると、部活も 出れないし。 校舎は自然にあふれ、学生時代を楽しく過ごすにはとても素晴らしい学校です。 かんらん祭は生徒達が生き生きしてましたよ。 入ってからですが、私はすっかりこの学校のファンになってしまいました。 一流大学を狙うために勉強重視の学校を希望する方はきっと、物足りないと思いますが、これからの時代はコミュニケーション能力や人間関係 にスムーズに適応できる人が将来、有意義な人生を送れるような気がします。 もちろん、学歴は邪魔をしませんけど。 勉強もキチンとする学校なので、あとは本人次第。 流れに乗っかってくれれば良しかな。 今年の一年生から新たな試み(帰りのホームルームで小テスト)を始めているのも確かです。 校長も、学校をありのままにさらけ出してお話されます。 今の関東は<ぬかるみにはまった状態>になっているそうですが、OBから昔の関東に 戻してくれと強い要求があったそうで、校長自身もハッと考え直されたらしく、再来年からは新校舎の増築とともに、学習カリキュラム、授業内容のボリューム、土曜授業と 大きく変ります。 たぶん、入試も再来年からは4科受験のみになります。 今、再び伝統ある関東も大きく変化しようとしているところ。 この、のびのびした雰囲気に惹かれて入学を決めた方はこの変化をどう思うかわかりませんが、多くの保護者は期待しているみたいです。 勉強、勉強と親がうるさくて子供が親を殺してしまう事件も多い中、この学校は癒されますよ。 うちは下から持ち上がりではないので保護者同士のお付き合いもあまりありませんが、知り合いになった方は皆、とても良い方ばかりで私自身も楽しんでます。 私立はそれぞれ学校の雰囲気や特色も違うので要するに<好き嫌い>で分かれますよね。 関東学院はハッキリと分かれる学校ではないでしょうか。 関東学院の保護者です。 もみじ様のおっしゃるような男女交際の件は、共学でありながらも意外と男は男、女は女って感じに見受けられますよ。 とても活気のある学校ですが男女平等にいろんな事にとりくんでいる様子です。 もちろん、女子はファンの先輩とかいてキャーキャー陰で噂しているようです。 この学校、入ってからすごく居心地良いかも。 でも勉強はそれなりに厳しいですよ。 うちなんか小テストの度に補習に引っかかってるみたいです・・・・(泣)先生もやさしそうに見えてグサッと脅しをかけられます。 (笑) まあ、まさにこれから土曜授業やカリキュラムなど変更、改革が始まるので楽しみです。 昔からのこのほのぼのした関東学院が好きで入学させた親御さんはこの改革をどう思うかわかりませんが、中学からの入学組は期待しています。

次の

関西学院大学と関東学院大学東西の関学。この2校はレベルも学校名も非常に酷似...

小暮 学 関東

慶應義塾大学(SFC)総合政策学部の小暮厚之教授は、白髪交じりの端正な髭を蓄えた口から言葉を紡ぎ出すようにして語る。 いかにも深く思索する研究者の雰囲気が醸され、メガネの奥の柔和なまなざしが人柄の温かさを物語るようだ。 そんな小暮先生に、学際的・総合的教育をめざす慶大SFCの魅力から話してもらった。 「既存の大学学部における教育内容は非常に専門性が高くなっていく傾向にあります。 一方でそれも最高学府のあり方の一面でしょう。 しかし一方で若い学生諸君の長い人生と将来を考えますと、ひとつの専門に固定するのではなく、いろいろな分野について学んでおいたほうがリスク・ヘッジ(将来のリスクへの備え)にもなるわけです。 それが実現できるのが慶大SFCといえます。 さて、そんな小暮先生の専門は「統計学」「計量ファイナンス」「リスク理論」ということになる。 「非常に難解な研究分野になりますよ 笑 」 そう前置きしつつ、自身の研究分野について次のように説明してくれた。 「元々は統計学を研究していたのですが、次第にファイナンス(金融市場)の方面に興味をもつようになりました。 このファイナンスには、リターン(投下元本に対する収益の割合)とリスク 期待外れな投資収益率・損害)とが表裏一体の関係でありまして、現在はそのリスクの方面について着目して研究しています」 「金融工学」「保険・年金リスク学」の草分け的研究者 このリターンとリスクの関係を中心にモデル化した経済学体系を「金融工学」という。 その学会は93年に発足したが、その設立メンバーとして小暮先生は名を連ねる。 さらに「日本保険・年金リスク学会」の設立にも関わり、現在その副会長の重職にある。 こうした分野における日本の草分け的存在なのだ。 「これまで金融工学を基礎に主に金融市場やコーポレート・ファイナンス(企業金融)のリスク諸問題について研究してきましたが、最近は不動産や保険・年金に関連するリスク、あるいは死亡や災害・環境など個人や一般企業にかかわるリスク、さらにはマクロ経済全般にわたる諸リスクの分析研究にまで範囲を広げています」 こうした金融リスク諸問題については個別的なものとして把握されがちだ。 しかし小暮先生はこうした諸リスクには共通する基盤(リスク理論)があるのではないかと推論し研究を重ねてきた。 「リターンは目で見えますが、なかなかリスクは目に見えてきません。 これをリスクの保険数理と金融工学とを基盤にして見えるように(モデリング)する研究に取り掛かっています。 これが解明されると、ファイナンスはもちろん他の保険や年金・不動産などのリスクについても予測・対処ができるようになるわけですね」 さらっと言ってのける小暮先生。 ただし、これは非常に難解な理論と数理の世界での話であることは言うまでもない。 「FE」「FC」経済理論を実証していく研究プロジェクト 慶大SFCではいわゆるゼミ演習制を採っていない。 その代わり、各教員が主催する研究プロジェクトなるものが約200メニューも用意される。 SFCは総合政策学部と環境情報学部とからなるが、学生たちは両学部の枠を軽々と跳び越えて、自身の興味と関心のあるプロジェクトに参加できる(もちろん各プロジェクトに定員もあるが)。 しかも同時に違う教員のプロジェクトの2つにまで参加することも許される。 そこで小暮先生自身が主催する研究プロジェクトだが、「ファイナンシャル・エコノミックス(Financial Economics、FE 」と「ファイナンシャル・コンピュテーション(Financial Computation、FC 」に関するものの2つがある。 「前者のFEはいわゆる金融工学、後者のFCは計量経済学のカテゴリーに属する研究プロジェクトとなります。 ただ理論だけを学んでも仕方ありませんから、日々起きる生きたデータを使いながら各経済理論を実証するようにしています。 幸いSFCにはサイバートレーデングルーム(CTR)という情報端末施設がありまして、日本の大学では学部生でも唯一利用できますので、これらを活用しながら各プロジェクトを進めています」 「ベイズ統計学」の手法を駆使した新リスク理論を模索 小暮先生の研究プロジェクトの定員は双方とも15~16人ほど。 学部生によるプロジェクト参加は3年次からという一応の決まりがSFCにはあるらしい。 小暮先生のところでは大半が2年次からの参加で、なかには1年次の学生の参加もあるくらいだ。 「たとえ1年生でもプロジェクトに参加したいという意欲的な学生を断る理由はありませんからね 笑。 定員枠の許す限り参加を毎年認めています」 こうした小暮先生の研究プロジェクトでの特徴として、こと研究内容もさることながら、プロジェクト終了後に毎回のように先生を囲んで行なわれる談話会がある。 「教員側から一方的に指導していく講義と違って、この研究プロジェクトは私を含めたメンバー交流の場であるとも思っています。 ですから研究会終了後に全員でそれぞれ自由に好きなテーマで語り合うようにしています。 このときの話から私自身が啓発されることも多いですからね」 談話会は毎回2~3時間にも及ぶ。 毎回それだけの時間をかけて教授を囲んで親しく語り合う。 こうした経験は学生たちにとって若き日のそれこそ一生モノの貴重な思い出として胸に刻まれることだろう。 ところで今年08年度は小暮先生にとって特別研究期間にあたり、いったん教壇を離れて個人的な研究に明け暮れる毎日らしい。 その目下の研究テーマは「ベイズ統計学」(Bayesian Statistics)という新たな統計学手法を駆使して新リスク理論に結びつけるというもの。 じつは先生はこのテーマに絞った研究会を研究プロジェクトOB・OGを対象に毎月1回開いてもいる。 こうして小暮先生の全身全霊を傾けた研究と指導は、現役学生ばかりか既に卒業したOB・OGにまで及んでいるのだ。 まさに一生モノの恩師プロフェッサーの極みというべきだろう。 こんな生徒に来てほしい ますます混迷化を深めていく様々な社会的な諸難問を自分の問題と絡めて考えられる人がいいですね。 社会や世界というものは、自分ひとりだけでなく他にもたくさんの人々がいて成り立っています。 そうした地球中や日本中・地域中の人々の利益を考え、みんなの幸せを追求できるような人ならさらに素晴らしいですね。 いわゆる勉強ができるに越したことはありませんが、そうでなくても慶大SFCは勉強以外の諸能力も発揮できる環境がそろっています。 また自分自身でも気づかなかった能力を発見する場でもあります。

次の