スイッチ カラオケ 採点。 「カラオケJOYSOUND forニンテンドースイッチ」を始めてみた感想。料金は高いけど、本格的で楽しい!|しゅふのわ.com

【 最新 】Switchカラオケで遅延・音ズレさせない対策と方法【 スピーカー紹介 】

スイッチ カラオケ 採点

switchのカラオケは曲数も豊富!採点機能でパーティー・練習にも活躍 こんにちは、スロットパパさんです。 カラオケ好きなんだけど赤ちゃんがいて一緒に連れていくのは赤ちゃんに良くなさそうだから行きたくても行けないって人は多くいるかと思います。 実際にネットで「赤ちゃん カラオケ」で調べると、大音量が良くないので3歳くらいまでは行かない方が良いとか、行っても小さい音量で1、2時間にしましょうというページが多くあり、やっぱり小さいうちはカラオケはやめておいた方が良いかなと思ってしまいます。 今回はそんなときに一つの解決策になる新時代のシステム!?ってことでニンテンドーswitch のカラオケ「カラオケ JOYSOUND for Nintendo Switch」について紹介してみます。 カラオケ JOYSOUND for Nintendo Switch 14万曲で豊富な曲数! Switchのカラオケは「 カラオケ JOYSOUND for Nintendo Switch」でやることになります。。 Wii Uでもカラオケ JOYSOUND はあったので知ってる人は知ってるのかと思いますが、switch版も配信されており、背景もswitch のゲームの名場面が流れたりとswitch 仕様になっています。 ゲームの名場面を見ているうちにそのゲームも欲しいとか子供が言い出しそうな気もしますが、それは上手くかわしましょうw 背景でカラオケの背景を選べばカラオケボックスのジョイサウンドと同じ映像かどうかはわからないですがカラオケ用の背景も表示出来るので大人の方でももちろん問題なしです。 開始方法としてはソフト自体は無料でダウンロードして、別途マイクを買う必要があります。 Wii U用を流用して使っても全く問題無いですがswitch 用マイクが発売されているので、switch用を買えば大丈夫です。 90日券 2800円 となっています。 スマホのリモコンアプリ キョクナビ で快適選曲 ご近所さんの家ではWii U 版カラオケをやっていたのですが、あのでっかい液晶付きのコントローラーがデンモクかわりとなってカラオケボックスと同様に誰かが歌っている最中にコントローラーで曲予約とかが出来るので非常に便利でした。 しかし、switch のコントローラーには液晶は付いていないのでコントローラーだけで曲を入れるには歌っている最中にテレビ画面の一部 上と右側 にメニュー画面を出してそこでA、Bボタンと方向キーで曲を入れていかないといけないんです。 ちゃんと任天堂のジョイサウンドswitch 用のサイトにもアプリの紹介がされていました。 入れるアプリは「 キョクナビ」というJOYSOUND 公式リモコンアプリです。 これは、switch 専用というわけではなく実際のカラオケボックスのJOYSOUND で使えるリモコンアプリがswitch にも対応したものになっています。 使い方は簡単で最初にswitch の画面のQR コードを撮るだけでリンクが完了するので後はリモコンとして操作するだけです。 選曲画面は上に貼ったようなものとなっていて、実際に使ってみたところアプリで曲を選んだり、選んだ曲のYOUTUBE にリンクが貼ってあったり、全国の履歴や自分の履歴が見れたりと機能も豊富にあります。 反応速度も早く、演奏停止を押せばすぐに反映されるのでカラオケボックスのリモコンで操作するよりも高機能な気がしました。 実際にカラオケ行ったときにも使えるので自分の好きな曲とか履歴とかからすぐ出せるので曲選びの時間も短縮できそうです。 このキョクナビを使えばswitch の弱点とも言える 曲入力の不便さも克服する出来る上に、実際にカラオケボックスに行った時でも役立てることができるので 必須アプリと言えると思います。 家カラオケをおすすめする理由 ご近所さんの家でカラオケを見た次の日に衝動買いでWii U マイクを買ってしまったわけですが、自分としてはかなりおすすめできるものだと思うのでメリットを挙げていってみます。 赤ちゃんがいてもカラオケが出来る うちのケースだと下の子が一歳になったばかりの頃に、このマイクを買ってSwitchのカラオケをやるようになりました。 赤ちゃんが一緒の部屋にいても普段テレビを見るくらいの音量 うちのテレビ音量メモリだと15~20くらいです でも充分雰囲気が出るので家でやるとしてもそんな大音量というわけではないので赤ちゃんにも安心だと思います。 音量上げすぎにはご注意ください 節約できる 上で書いた料金でカラオケが出来るので 家計にも優しいレジャーと言えると思います。 使う時間だけ毎回払っても良いと思いますし、買ってすぐはちょこちょこ歌うだろうってことで30日や90日を選ぶのもアリですよね。 一番最初にチケットを購入したときは30日分で購入して、それ以降は友達が来たとき・家族でやるときといった際に24時間チケットで使っています。 パパとママの両方がお酒飲んで歌っても大丈夫 外に外食だったりカラオケ行ったりすると車を使って行く場合、どちらかは運転しないと行けなくなるので、二人してお酒飲むってできないのがもどかしいところですよね。 家カラオケならその後運転の予定がなければいくら飲んでも大丈夫なので安心です。 まとめ 家でカラオケということで「カラオケ JOYSOUND for Nintendo Switch」について紹介してみました。 家の中を楽しくしてくれるアイテムってことで色んな場面で活躍してくれています。

次の

ソニーのUSBマイクも使える!家でも気軽に採点できるSwitch版のカラオケJOYSOUNDで歌ってみた

スイッチ カラオケ 採点

ニンテンドースイッチを立ち上げる。 eSHOP(イーショップ)にアクセス• JOYSOUND(ジョイサウンド)をダウンロード 無料なので安心。 ジョイサウンドを選んで早速始めよう• 開始してすぐにナビがあるので安心して。 最大の課題は『ここ』 マイク。 「イヤホンマイクはダメ」と公式HPに明記してあります。 『ヘッドホンマイクならいけるか!?』と思ったけどダメでした。 大人しく公式マイクの購入をオススメします。 今回は諦めて進めます。 調整が終わるとジョイサウンド内で操作方法の説明があるのは優しい 説明受けました? スマホからも操作出来るアプリがあるので入れておくと便利。 ジョイコンは少しだけ使いにくい。 XING INC. ミュージック• さぁ歌おうか! その前にリアルカラオケと一緒。 お金を払おう。 3時間 324円• 1日 540円• 30日1512円• 90日3024円 ちょっ安過ぎない!? 30日だと1日50円よ? 90日だと1日33.6円ですよ!? 自宅でカラオケのブーム。 始まる。 任天堂のツイッターアカウントをフォローしておくと、お得な情報も見落としにくくなるのでおすすめです。 安い時に購入だけしておいて「使いたい時から」使用する事や、「期間の追加」も出来るのでお得に手に入れて欲しい。 ジョイサウンド内からイーショップへ• 利用時間を決める 今回はお試しなので3時間324円のコース。 マイク無いですし。 購入を確定。 課金オッケー! 先に課金しておいてチケットだけ入手しておいても良い。 これで好きな時に歌える。 というか「90日3024円」にしておけば「90日間好きな時」に歌えると考えるとコスパは高過ぎる。 3時間歌えるぞ~! マイク無いけど。 曲を選んで 歌っちゃう 曲によってはニンテンドースイッチのゲームが背景に流れるのは憎い演出。 自宅でカラオケ。 ご近所迷惑にならない程度に大はしゃぎしてみませんか?.

次の

【任天堂スイッチ】カラオケJOYSOUNDの感想は?マイクの歌声が遅延?

スイッチ カラオケ 採点

タップ出来る目次• 純正とHORI製どっちがおすすめ?スイッチで使えるUSB有線マイクを比較してみた それぞれのマイクの箱に記載された使用を以下に表しました。 8m 約4m 質量 約292g 約240g 全体的な仕様は同じですが、コードの長さや質量に違いがあります。 マイク方式のダイナミックマイクというのは、電源が必要なコンデンサーマイクと比べて ・価格が安い ・湿度に強い ・丈夫 ・感度が低い というのが主な特徴となっていて、カラオケに使うマイクはダイナミックマイクの方が適しています。 高価なコンデンサーマイクも使えない事はないですが、環境音拾うし壊れやすいし湿気に弱いしでカラオケには不向きだと思います。 という事で カラオケに使うマイクは今回紹介しているようなダイナミックマイクをおすすめします!! 外観と質感の比較 左が純正で右がHORI製です。 サムネと逆でスミマセン 大きさは純正の方が大きくカラオケ店にあるマイクとサイズ感が非常に似ていて大人は非常に握りやすいと思いますが、とにかく軽いのと質感がプラスチックっぽいのでおもちゃ感が強いです。 純正はスイッチにON OFF表記が無いですが、スイッチ周辺にくぼみがありHORI製のマイクよりもスイッチのONOFFはし易かったですね。 HORI製のマイクはデザインがスッキリしていてスイッチのロゴがカッコいいですね。 コードの根本部分が断線しにくそうな作りになっている点も良いと思います。 HORI製 コード込みの重さだと約50g純正の方が重くなります。 これは純正の方がケーブルの長さが80cm長い為で、純正マイク 292g HORI製マイク 240g それぞれの箱に記載されている重量はケーブルも含んだ重さになっているので注意しましょう。 ケーブルの長さ 純正が4. 8mでHORI製が4mとなります。 我が家では60インチのTVで使用しても4mで十分でしたが、もっと大きいTVや大人数で離れてカラオケをする場合には出来るだけ長い方が良いかもしれません それなら無線の方が良いか? 事前にしっかりと座る位置からスイッチドックまでの長さを測っておくのがベストです! 音質について 音質はどちらも大差なく、カラオケで使用する分には十分な音質でした。 ただ、どちらも感度は低めなのでそこそこ口に近づけるかちょっと大き目な声量で歌わないと音を拾いにくいので注意しましょう。 ちなみに私のPCに両方とも接続してみた所、HORI製のマイクはしっかり認識し音声の入力が可能でした。 しかし任天堂純正マイクはPCに認識はされるのですが音声をしっかり拾ってくれず録音する事が出来ませんでした。 気になった点 HORI製マイクはスイッチをONにすると即座に音声の入力を受け付けるんですが、任天堂純正マイクはスイッチをONにしてから入力を受け付けるまでに1秒程時間を要します。 個人的にストレスを感じる部分だったので、使用される方によっては気になる部分かもしれません。 無線式 USBワイヤレス のマイクについて 純正マイクであれば無線仕様の物も販売されていますが、あれって充電式じゃなくて乾電池いれるタイプなんですよね… 私はいちいち電池入れて電池切れたら入れ替えて、使えなくなった電池を処分して…といった作業が死ぬほど嫌いなので無線式は見送りました。 ただ、無線式であれば子供がコードに足引っ掛けてカラオケが一時中断になったり、テーブルの上のコップにコードを引っ掛けてジュースがこぼれるといったハプニングに見舞われる事は無いでしょう。

次の