里芋 牛肉 煮物。 里芋レシピ!人気12選【つくれぽ1000越え】殿堂入りの1位は?

【みんなが作ってる】 里芋と牛肉の煮物のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

里芋 牛肉 煮物

鍋やフライパン、包丁、まな板などは毎日使う物だから 使い易い物が良いですよね。 今は可愛くて便利、オシャレで性能の良い物が沢山あります。 鍋や中華鍋,圧力鍋,土鍋などは長く使える物なので 値段が高くても良い物を使うのが良いと思います。 毎日の料理を快適に、楽しくしてくれそうなお役立ちキッチングッズをイロイロと紹介しています。 ル・クルーゼの鍋はホーロー製で 熱伝導率にとても優れています。 又保温性にも優れ 料理も冷めにくく余熱時間が長い分、じゃが芋なども中までやわらかく煮えます。 煮物や煮込み料理以外に、ケーキなんかも焼けちゃうんですよ。 オーブンにもそのまま使えて便利です。 ル・クルーゼのココットロンドは 性能の良さは勿論カラフルで色鮮やかでとっても可愛く 世界中で愛されている人気の鍋です。 今は大抵のスーパーに置いてあるので 誰もが一度は目にしたことがあるのでは、と思います。 かぼちゃの形やハート形など まるで可愛いい置物みたいですね。 色もとってもカラフルで 遠くから見ても 「あ、ル・クルーゼのお鍋だ!! 」とすぐわかります。 定番のオレンジを始め、イエロー、フルーツグリーンなど ホントに色鮮やかです。 落ち着いた色が好み、という方には ホワイトやブラックもあるので落ち着いたカラーを選ぶと良いかと思います。 ル・クルーゼのココットロンドは 見た目の印象が強いですが、性能もとても素晴らしいです。 手で持つと どっしりと重く 蓋も重いです。 値段は少々? お高いですか 一家に一台は欲しいお鍋です。 ル・クルーゼのココットロンドはプレゼントや贈り物としても人気があります。 ちなみにル・クルーゼの中でも人気カラーはやはりココットロンドのオレンジ色だそうですよ。 夕食のおかず. com〜japanese food recipe〜 夕飯献立,夕食献立TP > 煮物系の献立 > ほっくりねっとり里芋と牛肉を甘辛く煮た里芋と牛肉の煮物。 冷凍の里芋も売ってますがやっぱり生の里芋が美味しいですよ。 野菜は暑すぎても駄目、寒すぎても駄目で、春くらいの気温が一番育ちやすいのではないかと思う。 春キャベツなんかは葉も甘みがあってやわらかく、生で食べても美味しい時期。 そろそろ竹の子が出回る時期ですが、生の竹の子が店に並ぶ期間は 約1ヶ月ほどで短いので、この時期、是非生の竹の子をゲットしてくださいね。

次の

里芋の煮物のレシピ/作り方:白ごはん.com

里芋 牛肉 煮物

里芋といかの下ごしらえ いかは筒切りになったものを購入すればOKですが、自分でさばく場合はを参考にしてください。 胴の中をしっかり洗って、水気を切ったら皮ごと1㎝幅に切ります(エンペラ部分もすべて)。 また、げそは短い足にそろえるように長い足2本の先端を切り落とし、塩でこすって吸盤を落としたら2〜3本単位に切り分けます。 里芋は洗って土を落としたら、無理に形を整えようとせずに、里芋の形に添って、できるだけ薄く皮をむきます。 里芋の煮物の時は里芋の形をできるだけ残してたゴロっとした煮っ転がしにしましたが、いかと煮るときはどちらかというと 味が染みやすいよう、大きい里芋は迷わず2〜3等分にするくらいの気持ちで大きさをそろえるといいと思います。 軽く混ぜて調味料を溶かしたら、里芋を入れます。 里芋を入れてから中火にかけ、 煮汁が沸いたら、いかをすべて入れます(いかもはじめからじっくり煮てあげるのがポイントです!) いかを入れたら箸で軽くほぐし、アクが出てくるのですくい取ります。 また、20〜30分の間、いかをぐつぐつと煮れば、いかの繊維もほぐれて柔らかい食感になってくれます。 アクを取ったら落し蓋をして、火加減を少し弱めます。 煮汁がぐつぐつと煮立つくらいの火を保って、 15分ほど煮ます。 15分煮たら、落し蓋をはずして、煮汁を煮詰めていきます。 火加減はそのままで、さらに 煮汁を少し煮詰める気持ちで5〜10分ほど煮ます。 煮詰め加減がそのまま味の濃さにもつながるので、最後に味見をしてみて、好みの加減のところでストップするとよいと思います。 熱々の状態で煮汁ごと器に盛り付けて完成。 冷めても美味しいですし、翌日以降のより味が染みたものもまた美味しいです。 冷蔵庫で3日ほど日持ちします(目安として)。 食卓に出すときは再度温めてから、弁当に入れるときは作りたてに近いものを使うとよいです(弁当の場合は特に芯まで加熱した後に一度冷ましてから!)。 いかをはじめに数分煮て取り出し、煮汁が煮詰まったころに戻し入れる作り方もあります。 こうした作り方なら、いかはよりプリッとして、里芋は里芋らしい味わいに仕上がります。 白ごはん. comで紹介している作り方は、 もっと里芋もいかも、混然一体となった味わいの煮物です。 また、いかを加えるタイミングを変え、同時に作って比較したことが何度かありますが、 いかの硬さははじめからじっくり煮たほうがやわらかく感じるくらいでした(いかの繊維の感じは少し強まるけど、トータルの食べた感じではよりやわらかい感じ)。

次の

里芋レシピ 人気 1 位は煮物!つくれぽ4000人以上

里芋 牛肉 煮物

里芋の皮のむき方 里芋の皮をむくときは、はじめに楕円形の形の上下を切り落とします。 それから縦に皮をむくのですが、 無理に形を整えようとせず、里芋の形に添って、できるだけ薄く皮をむくとよいです。 また、大きい里芋の場合は、 均一に火が通りやすいよう2〜3等分して大きさをそろえてください。 そのほうが里芋本来の味わいやぬめりを楽しめます。 それから鍋を中火にかけます。 煮汁が沸いてきたら、落し蓋をします。 火加減を少し落として(煮汁がぐつぐつ煮立つ程度で)、そのまま10分煮ます。 10分煮たら、落し蓋をはずして、煮汁を煮詰めていきます。 落し蓋を外した時に火加減が弱いようなら少し強めて全体がぐつぐつ沸く状態にして、さらに 煮汁が少なくなるまで13〜15分ほど煮詰めます。 このくらいだと、周りにはしっかり味がついて中はほっこりとした味わいです。

次の