ジャングルキング。 【楽天市場】AITOR アウトドアナイフ 16013 ジャングルキング2 ブラック [ ブラック ] アイトール 登山 魚釣り フィッシングナイフ キャンプナイフ ハンティングナイフ 狩猟 サバイバルナイフ シースナイフ:ミリタリーショップ レプマート

ジャングル・キング

ジャングルキング

現在「ライオンキング」実写版が世界中で公開されています。 大ヒットアニメ映画のリメイクともあり世界中で大きな盛り上がりを見せていますが、その一方上では少し趣の異なる話題に注目が集まっています。 それは ライオンキングがの「」のパクりではないかという疑惑についてです。 Osamu Tezuka, a Japanese animator, created the anime, "Kimba the White Lion," in 1965. 数度にわたり映画化やTVアニメ化されていて、その中でも1965年から放送されたTVアニメシリーズは「キンバ ザ ホワイト ライオン(Kimba the White Lion)」というタイトルで カでもにより放送され話題となっています(キンバは主人公レオのカ版の名前です)。 パクリ疑惑騒動を簡単におさらい そんなとライオンキングの両作品の間にはキャターのビジュアルから個々のシーンまで様々なところに類似点が見られます(後述)。 そのためライオンキング(1994)が公開された当時はのパクりではないかという疑惑がカや日本を中心に取り沙汰され話題となったことがありました。 ディズニーは疑惑を否定し続けている これらの疑惑が20年以上経った現在も大きな話題となる原因は、疑惑を裏付けるような数々の証拠が上げられているにも関わらず ディズニー側がの影響の一切を否定していることにあると思います。 初めて疑惑が話題となった当時は結局真実がうやむやにされたまま騒動が下火となってしまいましたが、実写版の公開が燃料となり騒動が再燃したようです。 ライオンキングのドコがパクり? それでは騒動について、まずどんなところがパクリだと言われているのか具体的に見ていきたいと思います。 両作品の似ている箇所を キャター、 シーン、 ストーリーの3つに分けてまとめました。 キャター 両作品に出てくるキャターを比較すると、若干の違いはあれ非常に多くの共通点がみられます。 のキャターは漫画版やアニメ版などで微妙に異なりますが、その中でも カでも公開された1965年版のメインキャターはライオンキングのものとほとんど丸被りのようになっています。 主人公の子ライオン 両者とも子供の雄ライオンが主人公です。 父親は動物たちの王様でしたが殺されてしまいます。 物語の中で大人へと成長し王様になります。 主人公の幼なじみ 両作品には主人公と幼なじみのライオンが登場し、やがて大人になり結婚し子供を産むことになります(ライオンキング2の設定を含む)。 ディズニーの映画にヒロインが出てくることは珍しくないですが 幼なじみと結婚するストーリーはこれ以外にほとんどありません(少なくとも筆者には思い当たりません)。 また自然界では別の群れのライオン同士が交わるので、写実性を意識した結果とも考えられません。 宿敵のライオン 両作品には主人公の宿敵として大人のライオンが出てきます。 両者とも鬣の黒いライオンで、左目に傷を負っています。 子分のハイエナ(1965年版オリジナルキャター) 両作品とも主人公の宿敵のライオンにハイエナの子分がいます。 ライオンキングでは3匹組、では2匹組です(ただし、黒ヒョウを合わせると部下は3匹になります)。 どちらも少しマヌケでドジな性格をしています。 主人公の友達の二匹組 両作品には主人公の友達として大小デコボコな2匹組が出てきます。 ライオンキングでは ミーアキャット(小)とイボイノシシ(大)が、では オウム(小)とインパラ(大)です。 種類は違うもののどちらもコメディ要素が強く、また二匹組の片方が一方の背に乗ることがあるなどの特徴が共通しています。 ちなみにオウムではありませんが似たようなキャターとして サという森林(ジャングル)に生息する鳥がライオンキングにも登場しています。 マントヒヒ(1965年版オリジナルキャター) 両作品にマントヒヒが出てきます。 両者とも単なる友達はなく 主人公より年長であり助言を与えるようなポジションにあるという共通点があります。 個々のシーン ライオンキングのシーンにはで登場したシーンとよく似たものが多くみられます。 主なものを以下に上げました。 プライドロック ライオンキングでは「プライドロック」と呼ばれる先端が突き出た岩が登場します。 この岩の先端にライオンが立つ画はライオンキングの象徴の一つですが、これは元々の象徴的な画の一つでもありました(漫画の表紙から、TVアニメのオープニングにまで出てきます)。 ムファサが雲の中に浮かび上がるシーン ライオンキングでは雲の中に死んだ父親の亡霊が現れます。 では雲や星座、月の中に主人公が親を想います(漫画やアニメ、映画を通し度々出てくるシーンです)。 相手を足で蹴り上げ崖からつき落とすことで決着が着くところまで共通しています。 巨大な太陽をバックに動物の群れが歩くシーン 「巨大な太陽」は舞台にも登場するライオンキングのシンボル的なイメージですが、の中でも使われています。 ただし、このイメージがオリジナルなのか元々あるサバンナの一般的なイメージなのかは不明です。 の群れがシンバやムファサを襲うシーン ストーリー ストーリーにも大まかな部分で類似が見られます。 しかし細かい部分を見ると違いも大きいので、類似点と共に相違点をまとめました。 類似点:物語は主人公の父親であり動物たちの王が殺されるところから展開する もライオンキングも、 ストーリーは主人公の父親であるライオンの王が殺されることに端を発して展開されます。 さらに父の死に関連して主人公は王国を離れることになり、その後王国に戻り王として返り咲くという一連の流れが共通しています。 相違点1:父親が殺された経緯が異なる では父親は動物たちを守るために人間の村落を荒らしていたため人間に殺さます。 ライオンキングでは王位を手に入れようとした弟(主人公の叔父)のライオンに殺されます。 この部分はの 「」を参考にしたと思われます。 主人公が王国を離れた経緯 では、人間が父親ライオンをおびき寄せるために母親ライオンを捕獲します。 捕まった母親ライオンはその後船でアフリカから輸送されることになりますが、その船内で主人公レオを産み落とします。 レオは船から泳いで逃げだし、やがて人間の国(イギリスだと思われます)に流れ着いてしまいます。 ライオンキングでは、父親の死の責任を真犯人である叔父になすりつけられ王国を出ていきます。 人間の有無 では人間が登場し、テーマやストーリーにも深く関わってきます。 ライオンキングには人間が一切登場しません。 ストーリーはオリジナルってこと? こうした相違点に注目すると、 ストーリーはオリジナルと呼ぶこともできるのではないでしょうか。 ただし、かといっての影響が皆無かというと決してそんなことはないと思います。 「ライオンの王子が主人公で父親の死で始まるストーリー」が偶然の一致で生じるとは思えません(キャターやシーンにみられる類似性を考えても)。 オリジナルストーリーといっても、個人的には「から人間を抜いて風に味付けした」というようなオリジナリティだと思います。 ディズニー側が「ライオンキングが影響を受けた作品」として「」や「」、「バンビ」を上げるなら、当然その中に「」があってもいいのではないでしょうか。 他にも疑惑を裏付けるような証拠や証言が このように両作品には多くの類似点がありますが、パクリ疑惑騒動は単に両作品が似ているからということだけを根拠に発展したものではありません。 ライオンキングの制作段階で用いられた資料や制作に携わったスタッフなどの証言も疑惑を一層深めるものになっています。 主人公は白いライオン ライオンキング制作初期段階のコンセプトアート(映画を仕上げる前に雰囲気やコンセプトなどを分かりやすく視覚化するために用いられる絵)に 白色の子ライオンが描かれています。 タイトルが「ジャングルの王様」 ライオンキングの初期のタイトルの案の一つが「 King of The Jungle(ジャングルの王様)」でした(ライオンは元々ジャングルには生息していません)。 この「ジャングル」というコンセプトは実際に映画の中で「シンバが王国を離れ新しい仲間たちと ジャングルで暮らし始める」という展開にも見受けられます。 ディズニー副会長が「キンバ」発言 ディズニーの副会長であったロイ・E・ディズニーはライオンキング制作中、ファンからの「ディズニー映画の中に素敵な母親キャラは出てきますか?」という質問に対しオンラで「夏に公開されるライオンキングと キンバの母親を待っててください。 彼女はとっても素敵ですよ。 」と解答しています。 制作スタッフが「キンバを知っていた」と証言 米紙において、映画製作に深く関わっていたとされる数名(匿名)から「確かにキンバを知っていた」、「 会議の中でキンバとの大きな類似性について発言したことを覚えている」、「ディズニーの言い逃れは戯言だ」などのコメントが上げられています。 声優も「キンバ」役だと勘違い シンバの声優であるは、オファーをもらったとき キンバ役だと思い周囲に「キンバの声優をやることになった」と話していました。 ディズニー側の反応 このように疑惑を裏付けるような様々な材料が上げられていますが、ディズニー側はの影響の一切を否定し続けています。 宣伝文句は「ディズニー初のオリジナル映画」 ディズニーは映画公開前から 「ライオンキング」を完全なオリジナル映画だと強調してきました。 「ライオンキングはそれまでのディズニー映画とは異なり どんな物語も元にしておらず、ディズニーアニメーションのストーリー部門によって作られたコンセプトである」と宣伝しています。 ただし映画公開後の撮影裏のインタビュー映像ではスタッフたちが「ベンハー」や「」、「」、「バンビ」などに影響を受けたと語っています。 「誰もを知らない」と主張 疑惑が持ち上がった当初、ディズニーは 映画製作に関わったスタッフの誰一人としてやのことを聞いたことも無いと主張しました。 ただしその後「スタッフの何人かは聞いたことがあった」と主張を変更します。 監督であるロジャー・アレーズも「は知らなかった」 ライオンキングの監督:ロジャー・アレーズものことを「知らなかった」と主張しました。 ただしアレーズはがすでに「日本の」と呼ばれていた 1980年代に東京に住みアニメーション関連の仕事をしています。 「はの侵害だ」と逆抗議 劇場版「(1997年)」がのファンタジア・フィルム・フェスティバルで公開されることが決まったとき、ディズニーは「 の侵害」としてイベントの責任者ジュリアン・グラントの元に公開の中止を要請する通告書を送っています。 日本側の反応 この一連の騒動はカだけでなく当然日本でも話題となりました。 その時に日本側の対応としては次のようなことがありました。 プロダクションは事を荒立てないスタンスをとる 当時の社長であった松谷孝征は紙において事態の収束を図るような声明を発表しました。 「 もしディズニーがからヒントを得たのであればは喜ぶでしょう。 全体としてライオンキングはとは完全に異なる作品であり、ディズニーのオリジナル作品だと考えています」 この対応は日本人的美意識からすると良いのかもしれませんが、個人的にはファンの気持ちを置いてきぼりにしているようにみえてあまり賛同できません。 しかし、その後のディズニー側の対応に業を煮やしたのかはこのようなスタンスを考え直します。 がディズニーに抗議文を送る 漫画家のが、やら約80名の漫画家の署名を含む488人の署名が添えられた抗議文をディズニーに送りました。 全文URL() 内容には以下のような趣旨が含まれています。 ライオンキングとの類似性はあまりに大きく偶然のはずが無いこと• 日本人にとっては国民的な遺産であり、日本文化を思う気持ち傷つけた一連の事件はディズニーへの敬意を著しく下げたこと• 自身はを尊敬しており、自身の作品の権利を守ることの重要性を彼から学んだこと• 側のディズニーへの和解的なスタンスは、争いを避けようとする日本人の典型的な反応であったこと• 原作者であるへの敬意を表す数行があればとの両者が満足するだろうこと この文章を読むだけでも当時いかに多くの人が一連の騒動を重大視していたのかが伝わってくるような気がします。 とても強い思いが乗せられた文章だと思うのですが、ディズニー側はこれを読んで何も感じなかったのでしょうか。 まとめと感想 みなさんはこの疑惑についてどう思われますか。 個人的にはすでに疑惑という言葉で表すのも歯がゆいくらいに感じています。 の作品は大好きなのでも漫画やTVアニメ(1989年版)、映画などで観たことはありましたし一連の騒動について聞いたこともあったのですが、改めて調べてみて類似の度合いや疑惑の濃さが考えていたよりずっと高いことがわかりました。 ただ最も衝撃的だったのは類似点の多さそのものではなくディズニー側の対応の仕方です。 同種のエンターテイナーであるへのリスペクトは全く感じられず、行動やコメントは異常な保身に満ちているように見えてしまいます。 世界有数のエンターテイメント会社の対応としてそれでいいのかなと疑問に感じました。 せっかく世界トップクラスのクリエイターたちが集まって楽しい作品を作っているのに(ボク自身もライオンキングをはじめ好きな作品は多いです)、その影に暗くネットリしたものが見切れているのは残念です。 この機会にディズニーが改めてこの問題に対し向き合い誠実に対応をしてくれればなと願うばかりです。 最後に、もしこの記事を読み何か感じるものがあれば是非やなどでシェアしていただければ嬉しいです。 海外の反応.

次の

フクロモモンガ・ハリネズミ・昆虫販売の専門店‐ジャングル・キング

ジャングルキング

【AITOR アウトドアナイフ 16013 ジャングルキング2 ブラック [ オリーブドラブ ]】 アイトールのサバイバルナイフとスキナーナイフがセットになったジャングルキング2の復刻版。 ブレードはソーバックでナイフの背にノコギリが装備され、ブラックパウダーコーティングが施されています。 ハンドルは中空ハンドルで、ハンドル内部には釣り糸や釣り針、絆創膏などが入ったサバイバルキット入り。 付属のシースは、シース内部にあるゴムチューブにより、パチンコとして使用することができます。 栓抜きやマイナスドライバーとして使用可能なガットフック付きナイフがセットになっており、鳥や魚などを解体するときに便利。 シースにはベルトループが装備されているので、腰から下げて持ち運ぶこともできます。 > > 取り扱いブランド > 《ア》行 > 《ア》で始まるブランド > AITOR アウトドアナイフ ハンドル内部にサバイバルキットが入ったアウトドアナイフ アイトールのサバイバルナイフとスキナーナイフがセットになったジャングルキング2の復刻版。 ブレードはソーバックでナイフの背にノコギリが装備され、ブラックパウダーコーティングが施されています。 ハンドルは中空ハンドルで、ハンドル内部には釣り糸や釣り針、絆創膏などが入ったサバイバルキット入り。 付属のシースは、シース内部にあるゴムチューブにより、パチンコとして使用することができます。 栓抜きやマイナスドライバーとして使用可能なガットフック付きナイフがセットになっており、鳥や魚などを解体するときに便利。 シースにはベルトループが装備されているので、腰から下げて持ち運ぶこともできます。 アウトドアナイフの詳細 こちらは「AITOR アウトドアナイフ 16013 ジャングルキング2 ブラック [ オリーブドラブ ]」のご購入ページです。 全長 約27. 8cm ブレード長さ 約13cm 刃厚 約4mm 重量 約226g ブレード材 ステンレス ハンドル材 ステンレス 付属品 ハードナイロンシース ガットフック付きナイフ パチンコ用ゴム 止血用ゴム コンパス 絆創膏 外科用メス ピンセット 縫い針 縫い糸 安全ピン 釣り糸 釣り針 マグネシウムロッド ファイヤースターター 他のバリエーションはこちら イサギン兄弟により1939年に創業した、ルーツはスペインの銃器メーカーがAITORの始まりです。 第二次世界大戦後にナイフの製造を開始。 AITORのサバイバルナイフはその性能と品質の高さから、スペインを始め世界各国の軍にも採用されています。 PC・モニタの環境で色が実物と多少異なる場合があります。 布製品などは個体差があり、寸法に誤差が多少ありますので、ご了承くださいませ。

次の

【全紹介】キング・ルーイ(ジャングル・ブック)

ジャングルキング

ハイクオリティな合成映像のために必要とされるおよびの技術的な問題ならびにトーキング・アニマルという非現実的な動作から生まれる違和感を、限りなく最小限にすることで実現したは、新たなるハイブリッド・テクノロジーの可能性を鑑賞者に提示し、ウォルト・ディズニー氏没後50周年というの歴史にとって大きな意味をもつ年に蘇り 、世界中で大きな話題を呼んだ。 物語ではたった一人、ジャングルの中でオオカミたちによって育てられてきた少年モーグリが、仲間である黒ヒョウのバギーラやクマのバルーに見守られながら、自身を狙う凶悪なトラであるシア・カーンから逃れるために人間の村へ向かう過程で、少しずつ人間として成長していく姿を描いており、主演・俳優は本作公開当時12歳の新人ニール・セディ、声優は『』の、『』の、『』のといった大御所をはじめ、、、、、など数多くの著名人が名を連ねた。 詩人でもあるラドヤード・キップリングによる『ジャングル・ブック』の原作には、一話ごとに歌が書かれていて、1967年のアニメ映画も原作に出てくる歌との関連性は低いもののとして公開されて人気を博したため、その名残として本作ではアニメ映画を代表する「The Bare Necessities」と「君のようになりたい」の2曲が登場キャラクターたちによって歌われている。 なお、が『ジャングル・ブック』を実写化するのは、1994年に主演で公開した『』に続いて2度目であり、の作品として1967年のアニメ映画を含めて数えると、本作は3つ目に新しい『ジャングル・ブック』である。 ストーリー [ ] 序章 [ ] ある日、この物語の主人公の少年は、何者かに追われるように必死にジャングルの中を走っていた。 しばらくすると、後ろを走っていたオオカミたちに軽々と追い抜かれ、やがて木の枝を足場にして走り始めた。 幹の内部がスカスカで高く伸びたのようになり、のツルに巻きつかれている、そんな木の中をくぐり抜けたが、その出口の先にあった枝を目がけてジャンプすると、あっさりと折れてしまった。 そして、地面に落ちたモーグリは己の師匠である に捕まってしまったのである。 「枝が折れていなかったら、うまくいってたよ」そう言うモーグリに、バギーラは「ツルに巻き付かれるような木は枯れているんだぞ」と教えた。 明るく振る舞うモーグリだが、群れに戻るとやはり落ち込んでいた。 に遊ぼうよ、とせがまれるが、そんな気分ではなかった。 モーグリの育ての母である もそんなモーグリの姿を当然気にかけていた。 巣穴から目と鼻の先にある丘の頂きで、ここ のオオカミの群れを束ねる気高きリーダーこと が を唱え、みんなもそれに続いた。 シア・カーンの警告 [ ] それからが終わり、の花も咲かない、例年になく非常に熱くて長いが訪れたときのことである。 は、川の水が乾上がって姿を現した を発見した。 「 だ!」も羽ばたいて声を上げる。 この休戦宣言によって、普段は食べられる側であっても安心して川の周りに集まってくるため、貧しくとも多様な生物が集う平和な光景が見られる。 だが、しばらくして、岩場の空気が一変した。 人間の仔であるモーグリの臭いを嗅ぎつけ、とともに恐ろしいトラの が現れたのだ。 彼は人間に対して強い恨みを持っていたため、オオカミたちはモーグリを守ろうとしたが、シア・カーンはモーグリの価値と多くの命を引き合いに出し、水の休戦が終わったら、モーグリ以外の者に危害を加えかねない可能性を示唆した。 とともに、ジャングルに雨が戻ってきたその夜、モーグリはこの件で揉めているやアキーラたちのもとへ行き、ここを出ていくことを宣言した。 ラクシャは猛反対したが、バギーラもそれがモーグリの命を救う最善の方法でもあるとして、自ら彼を連れていくことに名乗り出た。 結論が出て、母と仔は悲しみに暮れた。 群れを離れたモーグリはバギーラから へ行くことを明かされたが、納得しなかった。 その道中、森の中でに遭遇した。 バギーラは、ゾウの前では頭を下げて敬意を示さなければならないと教えてくれた。 なぜなら、ジャングルを創ったのは彼らであって、山々や木々も彼らのおかげでできたからである。 鳥には木々が与えられた。 しかし、ゾウが人間に与えたものはない。 バギーラは「それがモーグリがジャングルを去るべき理由だ」と言った。 しかし、彼らが森を抜けて草原に出たときのことである。 シア・カーンは、そのタイミングを狙っていた。 バギーラから北へ逃げろと言われ、走りだしたモーグリ。 幸いにもシア・カーンはに行く手を遮られ、逆にモーグリはそのスイギュウに掴まり、助かることができた。 だがその後、シオニーの丘にシア・カーンがやってきて、モーグリのことに関して口を割らないアキーラを無慈悲にも殺してしまった。 そして、モーグリを自分のところに連れてこない限り、ここは自分の丘だと宣言した。 一方、バギーラと離れ離れになってしまったモーグリは、そのスイギュウが行く高い崖道が雨水により崩れ落ち、彼らと一緒に川の中に落ちてしまった。 カーの催眠術 [ ] モーグリは流木からたどり着いた深い霧の立ち込める暗い森の中をさ迷っていた。 イチジクの実を発見したが、ジャンプしても届かなかったので、ツルを使って自分の近くに引き寄せてからもぎ取った。 実をかじっていたら、可愛らしいが現れたので、一口かじらせようと試みる。 だが、モーグリの後ろに隠れていたその仲間にイチジクの実をまるごと奪われてしまい、追いかけるはめになった。 気づいたら太い木の上まで来てしまっており、そこでモーグリは何者かの気配を感じた。 巨大なヘビの だ。 彼女はモーグリを仕留めるために言葉巧みに安心させようとする。 そして彼女は、モーグリが一体何者でどこから来たのかを知っているという。 カーは催眠をかけ始めた。 「大抵の人間はジャングルから遠く離れた村にいるけれど、ときどき彼らは旅をするの。 そのとき、暗いほら穴の中から漂ってきたもの、それはこう呼ばれた『 』と。 」ほら穴の中に1匹のトラがやってきた。 そう、あのシア・カーンだ。 「その夜、シア・カーンは旅人の一生を終わらせたの。 でもその際、彼は 赤い花に触れて焼かれてしまい、ものすごい勢いで走り去ったから取り残された仔には気づかなかったの。 そう、その仔があなたよ。 があなたを見つけたの。 」の存在とその死を知り、我を失ったモーグリは既にぐるぐる巻きにされていた。 そして、カーに襲われるその瞬間、何者かがカーに襲いかかった。 しかし、モーグリは自分に何が起きたのかを理解する前に気を失ってしまっていた。 バルーとの出会い [ ] 目を覚ますと穴ぐらの中で、大きな鼻が目の前で自分の匂いを嗅いでいて、モーグリは思わず悲鳴を上げた。 その鼻の持ち主は という名の大きなクマで、決して悪いクマではなさそうだ。 話を聞けば、カーに襲われていたモーグリを助けてくれたのだという。 バルーはなぜかモーグリに岩登りはできるか?と尋ねた。 崖の上にできたハチの巣を落として借りを返して欲しいのだという。 かなり高い崖だったため、モーグリは無理だと思ったが、バルー曰く冬眠のためにハチミツがたくさん必要なのだという。 仕方なくモーグリは小石をかち割って、木の枝から垂れ下がった太いツルを、小石の鋭い部分で切り落とした。 そして、これを命綱にして、崖の上からハチの巣を落とそうと試みた。 その下を見れば、ただ応援しているだけのバルーの周りには、、、も集まってきて何やら賑わっている。 だが、やっとの思いでモーグリはハチの巣を落とした。 借りを返したモーグリは、すぐにその場を離れようとしたが、バルーはモーグリの才能を見込んで、冬眠のためにもっとハチミツを集めたいという。 モーグリはトラに狙われているから人間の村に行かなきゃいけないと、バギーラから言われていると説明したが、バルーはバギーラをよく知っているらしく、人間の村のほうへ案内してくれることになった。 そして、人間の村を遠くから眺めることができるようになったのは夜のことだった。 村の様子を眺めながらモーグリとバルーは語り合った。 触れた者の身を亡ぼすから絶対に赤い花で遊んじゃだめだ、とバルーは教えてくれた。 そして彼は、モーグリがハチミツを手に入れるためにしたことを、今まで見たことがなかったと語ったが、モーグリはトリックを使ってしまったのでオオカミのやり方じゃないと答えた。 だが、彼は色々なやり方がある中で、その選んだやり方が何を成し遂げたかをモーグリに気づかせようとした。 そして、もう人間の村の場所を教えたのだから行きたいときに行けばいい、もうちょっとそのやり方を自分のところで使ってみないか?と尋ねたのである。 ハチミツが必要なその冬まで。 一方で、シオニーの丘の夜は、不気味なものであった。 寝ていたラクシャがグレイに起こされたが、辺りを見回すと他のオオカミの仔たちがいない。 丘の頂きを見ると、ラクシャの仔たちはシア・カーンの周りにいて、 カッコウ鳥の托卵の話を聞かされている。 「お前らが注意しておかねばならないのは、カッコウ鳥だ。 カッコウ鳥は仔育てに関してはとても賢い。 こっそりと自分の卵を別の鳥の巣に入れるのだ。 すると、孵化するときに、その母鳥は騙されているわけだ。 彼女は彼らにエサをやり育てる。 さて、お前らは彼女の本当のひな鳥には何が起こったのか解るかな? ……それはこうだ、彼らは飢えて……そして、死んでしまいましたとさ……。 構ってもらえずに。 すべての理由はこうだ。 母親が愛したひな鳥は……自分の仔ではなかったからだ。 」モーグリがジャングルを出ていくことを、シア・カーンが望んでいたもの、と思っていたラクシャだが、彼が望むのはモーグリの死だと断言した。 バギーラとの再会 [ ] モーグリは、仲間たちと効率良く働くために、ハチの巣落としのための様々な道具を作っては、森の川で背泳ぎするバルーのお腹に乗り、歌を歌ったりしながら楽しい時間を過ごしていた。 だが、モーグリはジャングルの茂みの中に何者かがいることに気づき、その身をバルーの大きな体で隠した。 「出て来て姿を見せろ」バルーがそう言うと、そこから出て来たのはバギーラであった。 モーグリは思わずバギーラに抱き付いた。 嬉しさのあまり興奮したモーグリはこれまでのいきさつを話して、今はバルーと一緒に働いていることを伝えた。 「それは本当か? ナマケグマが働くなんて初耳だな。 来いモーグリ、我々のやり方で行くぞ。 」だが、モーグリはバルーと過ごした穴ぐらを見せたかった。 機嫌の良いモーグリは穴ぐらの前に吊るしてある、ツルでできた命綱のロープを見せて得意げに語ったが、すでにバギーラの表情は険しかった。 そして、穴ぐらの中へと入ったバギーラ。 そこにはハチミツがいたるところに置かれていた。 「これは冬用に取っておくハチミツだよ!」モーグリは嬉しそうに説明したが、バギーラは怒っていた。 「正気を失ったか? お前はアキーラが教えてきたことを何も聞いていなかったのか? こんな場所があるか……、ジャングルにこんな……インチキ! お前がこんなことをしたいなら、人間の村ですればいい」モーグリが「バルーの冬眠のために準備しているんだ」と言うと「クマはジャングルで冬眠しないぞ」とバラされてしまった。 バルーは「旅立つにはもう遅いから、このことについては朝になったら話そう」と提案したが「賢明だが、まず私たちはここを立ち去るのが先だ」とバギーラは穴ぐらの外へ出て行ってしまった。 その夜、モーグリはバルーと一緒に寝た。 真夜中、モーグリは何者かの鳴き声で目が覚める。 近づいてみれば、それはゾウの鳴き声だった。 が円陣を組むようにして騒いでいる。 モーグリが近づくと、威嚇されてしまったので、群れを去るときにバギーラから教えてもらったお辞儀をして敬意を示してから、恐る恐る輪の中をのぞき込むと、落とし穴の中に落ちてしまったゾウの仔がいた。 モーグリはハチの巣落としのために用意してあったツルのロープを持ってきて、片方をゾウの親に噛ませ、片方をゾウの仔の体に巻き付けた。 ゾウの親が力いっぱい引っ張って、なんとかゾウの仔は穴から抜け出すことができた。 バルーが「な、言っただろ? 彼は特別だって」というとバギーラは「そんなことは分かってる、あいつは俺が育てたんだ」とぶっきらぼうに答えた。 しかし、モーグリがただのトラではなく、シア・カーンに狙われていることと、アキーラが殺されてしまったことを知ったバルーは、人間の村へ連れていくべきだというバギ-ラの考えを受け入れざるを得なくなってしまった。 「俺はもう君に用はないんだよ!」バルーは本心ではないことをモーグリに言った。 バンダー・ログの王 [ ] 木の上で落ち込むモーグリの前にが現れ、モーグリの真似をしておちょくってくる。 モーグリが強く「止めろって!」と言うと向こうも真似して怒りだした。 すると、急に現れたがモーグリを持ち上げて、空が見えるほど高い木の上でバケツリレーを始めた。 サルの手からサルの手へモノのように放り投げられるモーグリ。 バギーラとバルーがすぐに気付いて追いかけたが、サルはかなり高い崖の上までモーグリを背負ってよじ登っていく。 そして、崖の上に投げ込まれたモーグリの目の前に現れたのは廃墟と化した巨大な寺院であった。 に前を行けとばかりに背中を突かれ、寺院の中まで連れていかれたモーグリ。 そして、空から光射す吹き抜けのある広間までたどり着いた。 モーグリはたまたま近くに置いてあったをなんとなく手に取り「カラコロ」と音を鳴らすと、サルたちが遠ざかったので思わず後ろを振り向いた。 もう一度前を向き、カウベルを元の場所に戻して、また後ろを向いた瞬間、その背後から床に転がっていたを手に取る巨大な何者かがいることに気付いた。 の王 である。 話を聞けば、彼は色々な物を所有するが、唯一手にしたことがない を自分に差し出すようモーグリに強要してくるのである。 嫌がるモーグリの後ろからバルーの声がした。 そして、それはバルーがキング・ルーイと話している隙に、バギーラがモーグリを連れ出そうとする作戦だったのである。 しかし、1匹のサルがそれに気づいてしまったので、モーグリ、バギーラ、バルーは一気に寺院の中庭まで飛び出た。 するとキング・ルーイはその巨体をついに立ち上がらせた。 バギーラとバルーが中庭でバンダー・ログの足止めを狙う。 モーグリはさらに下がって寺院の南側へ入ったが、しばらくして中庭まで出てきたキング・ルーイは、けたたましい声で大咆哮し、とんでもない身体能力でその巨体を跳ね上がらせ、バギーラたちが何かをする間もなく、モーグリが行った方向を先回りし、その入口を大きな体で塞いだ。 モーグリが「僕は群れに戻るんだ! アキーラのところへ帰る!」と言うと、キング・ルーイは「アキーラ? 聞いていなかったのか? 奴ならシア・カーンに殺されたぞ」と言った。 それを信じないモーグリは寺院の中をかけ回った。 キング・ルーイもヒートアップしていく。 だが、彼は正気を失い始めていた。 モーグリが光射すほうへ向かいジャンプして寺院の外に抜け出すと、彼も手を伸ばした。 だが、あまりにもその巨体が暴れて回ったので、ついに寺院が耐え切れなくなり、崩れ落ちてしまった。 バンダー・ログはキング・ルーイを救出するため、崩れ落ちた瓦礫を手に取って放り投げ始めるが、それは途方もなく絶望的な状況であった。 一方で、バギーラとバルーもモーグリが瓦礫に埋もれてしまったと思っていたが、幸いにもモーグリは木の上にいた。 しかし、モーグリはショックを受けていた。 アキーラが死んだことが本当だと知ったモーグリの顔は怒りに満ちていた。 そして物語はシア・カーンとの最終決戦へと向かう。 登場キャラクター [ ] メインキャラクター [ ] ジャングルの掟(Law of the Jungle) ジャングルに生きる者たちが守るべきとされている掟。 Like the creeper that girdles the tree trunk, the Law runneth over and back; For the strength of the Pack is the Wolf, and the strength of the Wolf is the Pack. " 水の休戦(Water Truce) これが宣言されると、 ジャングルの掟により、平和の岩がある川の水の近くで捕食することは如何なる者であっても禁止される。 を維持するためにすべての者たちがしっかりと水を飲み、やがて来るであろう雨期を待ち望む。 キャスト [ ] 俳優 [ ] キャラクター 俳優 少年 ニール・セティ 幼児 ケンドリック・レイエス リテッシュ・ラジャン 声優 [ ] キャラクター 原語版の声優 日本語吹替版の声優 堀川恭司(成長したグレイ) 井上福悠() クロエ・エシュテル (オオカミたち) アッシャー・ブリンコフ 香月美紅(少女オオカミ) ノックス・ギャニオン 藤巻勇威(仔オオカミ1) 滝沢聖波(少年オオカミ1) 横山陽紀(少年オオカミ2) () サラ・アリントン ラルフ・アイネソン シーン・ジョンソン () アーティ・エスポジート () () () ハンナ・トイントン スタッフ [ ] 原語版 [ ] 制作スタッフ ジャスティン・マークス 、,p. ピーター・トビヤンセン、モリー・アレン、カレン・ギルティリスト , クリストファー・グラス , ローラ・ジーン・シャノン 、、 ジョイス・コックス サラ・ハレー・フィン, CSA 、社、 社、レガシー・エフェクツ社、ザ・サード・フロアー社、マグノパス社• ……古田由紀子 日本語吹替版 [ ] 制作スタッフ 田尾友美 ジェームズ・ハバート 製作 [ ] ニュース [ ] 日付 内容 7月9日 はジャスティン・マークスを脚本執筆に迎え、『ジャングル・ブック』の実写リメイクを開発中であることを発表した。 11月5日 が『ジャングル・ブック』の監督として交渉中であることが明らかになった。 3月6日 がシア・カーン役の声優として交渉中であることが明らかになった。 4月23日 がカー役、がラクシャ役の声優として交渉中であることが明らかになった。 6月25日 がバギーラ役の声優として交渉中であることが明らかになった。 7月9日 がを担当することが、彼の公式サイトで明らかになった。 7月15日 新人のニール・セティがモーグリ役の俳優として出演することをディズニーが発表した。 7月28日 がキング・ルーイ役、がアキーラ役で声優を担当することをディズニーが発表した。 8月1日 がバルー役の声優を担当することをが発表した。 1月13日 『ジャングル・ブック』の公開日を2015年10月9日から2016年4月15日に変更することをディズニーが公表した。 キャスティング [ ]• 本作のキング・ルーイの初登場シーンは、やを舞台にした1979年の『』で、ジャングルの支配者となった軍人カーツが暗い部屋の中、光の当たり具合によって顔を照らす初登場シーンをオマージュする形で描いており、その中で、前年に公開され、同じようにベトナムの戦地に送り込まれた若者たちの姿を描いた1978年の戦争映画『』で、最終的にに溺れて自害してしまう青年ニックの姿を演じたの名前が挙がってきたという。 企画 [ ]• 本作はのとを基にしているが、は新しい『ジャングル・ブック』を製作するために、様々な作品からインスピレーションを受けたという。 まず、ファヴローは今回初めての作品をするにあたり、その敬意を払うためにスタジオの初期5大遺産である『、、、、』からを組み込んだという。 その中で特に『バンビ』からは重要な影響があったといい、『白雪姫』の公開以降、アニメーションはエレガンスかつ急激に成長したが、それは動物に人間の顔のような表情や、典型的な漫画の動きをさせないことをが要求したからだという。 彼は動物たちのパフォーマンスに関心があり、〔写実性を保つために〕動物たちが会話することについても、口があまり映らないようなフレームを選択していたという。 そのためファヴローたちもオオカミを処理するときは、カメラをほんの少しだけ高い位置にして、鼻で口を隠すような工夫をしたり、いわゆる「」を回避するために『』のようなトーキング・アニマルを伴う最近の実写映画からも手がかりを得たという。 ファヴローは「私たちは(ベイブの監督)の本をお手本にして、その生物種が本質的に持ちうる挙動にとどめたんだ」と語っている。 また、1953年の『』に見られる、少年の目線を通して考える大人との関係性は、モーグリにとって物事を教えてくれる父親としてのバギーラ、一緒にいて楽しい叔父としてのバルーという姿に重なり、1990年の『』のように、危険な世界であるが故に一般社会とは違う独自のルールが彼らの判断基準として置かれているのは、ラドヤード・キップリングによる『ジャングル・ブック』の世界と通じるものがあり、伝統的なによる西部劇について多くの時間をかけて語り合っていく中で、実際にこれらの映画作品から本作が影響を受けていることを脚本家のジャスティン・マークスは語っている。 1967年のアニメ映画に登場するキング・ルーイはキップリングの原作には登場しないディズニーだけのであり、実は本作を製作する上で、インドのジャングルにオランウータンは存在しないという事実にファヴローは頭を悩ませたという。 だが、美術班がリサーチした結果、未知なる巨大類人猿の痕跡がインドにあったことを確認できたため、その最後の生き残りとして大胆に置き変えることを決断した。 そして、キング・ルーイがモーグリから赤い花の秘密を引き出そうとして迫ってくるシーンは、良くも悪くもモーグリにシア・カーンを支配するアイデアを与えるシーンでもあり、これは『』の指輪のように、たとえ究極の力を持ったとしても、それは破壊をもたらす堕落にもなり得るということを示している。 撮影 [ ] 撮影はにあるロサンゼルス・センター・スタジオにて行われ 、前述のとおりによるを前提にしているため、セットに組み込まれる一部を除き、大部分が真っ青なセットの上でニール・セティの出演シーンを撮影した。 正面を向きながらモーグリとバギーラが草原を歩いているシーンや、ハチの巣落としに成功したモーグリがバルーと歩いているシーンは、低速で回転している地表の高低も再現した直径約9. 1メートル(30フィート)にもおよぶ青いの上でニール・セティが流れに逆らい歩きながら演技しているのであって、カメラマンがニール・セティの進行方向に合わせて移動撮影しているわけではない。 名曲「The Bare Necessities」とともにモーグリがバルーのお腹に乗って川をゆっくり下るシーンの撮影は、ロサンゼルス・センター・スタジオの野外に特設された一面の大きなの中で、「ファヴローター(Favreator)」と名付けられたレガシー・エフェクツ社開発による式リグの上に、バルーのお腹を見立てたを敷き、そこにニール・セティを乗せて行われ、その動きはリグ内部のによって正確にコントロールできるようにコンセプト・オーバードライブ社のオーバードライブ・モーション・コントロール・システムを2台使い、レガシー・エフェクツ社のスタッフが事前にして操作した。 また、このシーンで使われたリグはモーグリを乗せたスイギュウが崖道を歩くシーンとモーグリがゾウに乗って現れる終盤のシーンにも使われていて、水泳プールも川に落ちたモーグリを撮影するために同じものが使われた。 なお、レガシー・エフェクツ社はの製作にも協力している。 VFX [ ] CGI製作は、その大部分を800人以上のスタッフが、霊長類は『』シリーズや『』のを手掛けたことで有名な社が行ったという。 オープニング・シーンはお馴染みのディズニー城がジャングルの前に位置するという粋な演出で始まる。 よく見ると、この城の周りだけ最新技術を謳った作品とは思えないほど絵画的で、監督のジョン・ファヴローはこのようなことを語っている。 「な冒頭にすることで、から本作までのディズニーにおける沿革の瞬間を感じて欲しかったんです。 ディズニーからを変更していいと言われたので、実際に手塗りでを塗ってロゴをデザインしたんですよ。 手描きの花火とトーチの点いたお城から、引いていって最終的に写実的な世界に入っていく。 このシーンは『』のようなシーンですね。 バルーのお腹に乗ったときの水中に浸ったモーグリの手足など、で作られたものとのあいだに物理的な接触を意味する部分はデジタル・ダブルにより、CGIで作られたモーグリを合成している。 デジタル・ダブルに使われたデータはニール・セティ本人ではなくセス・ザモーラ、マテオ・ディマーヤという2人の子供から撮影した写真を使っていて、彼らはそれぞれノーグリ、マトーグリと呼ばれていたという。 公開 [ ] 歌舞伎座ジャパンプレミア [ ] 『ジャングル・ブック』の日本初公開となる試写会がに銀座・にて『歌舞伎座ジャパンプレミア』として行われることが発表されたのは、同年のことである。 洋画のプレミアイベントが行われるのは歌舞伎座にとって史上初の試みであり、122年前に書かれたキップリングの短編小説集を伝承する本作が、127年前から続く日本の伝統芸能を受け継ぐ歌舞伎座で上映される形になった。 このプレミアイベントには、ディズニー・スタジオ幹部でプロデューサーの、監督の、脚本家のジャスティン・マークス、主演・モーグリ役のニール・セティに加え、日本語吹替版の声優からはバギーラ役の、バルー役の、ラクシャ役の、シア・カーン役のの計8人が参加し、歌舞伎座に初めて敷かれたレッドカーペットの上を歌舞伎役者である松本幸四郎も歩き、夜は歌舞伎座の外観もの監修のもと、ジャングルをイメージしてグリーンにライトアップされた。 評価 [ ] 受賞 [ ] 年 映画賞 賞 対象 結果 出典 2016 第22回 視覚効果賞 『ジャングル・ブック』 受賞 2017 第15回賞 長編実写映画・視覚効果賞 『ジャングル・ブック』 受賞 2017 『ジャングル・ブック』 受賞 音楽 [ ] 音楽はによる作曲・指揮。 2003年の『』、2005年の『』、2010年の『』に続き、とのは本作で4回目である。 ジョン・デブニーはの監督・の息子かつ、で主人公・モーグリ役の声優を務めた ()とは親友であったため、本作のプロジェクトのことを耳にしては強い思いを抱き、これを仕事として得るために、自らのと多くを語り合ったという。 だが、幸いなことに、ジョン・ファヴローが監督を務めることになったので、ディズニーと自分との思い出を写した小さなを、や何人かのスタッフに送りつけてアプローチした結果、音楽のすべてを任されることになったのだという。 サウンドトラック [ ] アメリカ盤はに、日本盤はに、からリリースされた。 日本盤は2枚組仕様となっており、初回限定盤のみ箔仕様である。 この日本盤は、日本語吹替版でバルー役を担ったとキング・ルーイ役を担ったが、それぞれ「The Bare Necessities」と「君のようになりたい」を日本語詞で歌い、これは日本語吹替版の劇中歌としても使われている。 また、が劇場では公開されない向けのとして歌った日本語詞による「君のようになりたい」のがここでは英語詞で歌われており、ラストは原語版でシア・カーン役の声優を担ったがとしてした「Trust in Me」と「The Bare Necessities」の2曲で締めくくられる。 なお、日本語吹替版でモーグリ役を担ったと原語版でモーグリ役を演じたニール・セティは劇中で、それぞれ各国のバルー役の声優と一緒に「The Bare Necessities」を歌っているが、日本盤、アメリカ盤ともにモーグリの歌声はであり、収録されているのは劇中で使用された「The Bare Necessities」からモーグリの歌声を差し引いたバルーのソロ・バージョンである。 『 ジャングル・ブック オリジナル・サウンドトラック』 リリース 2016年4月15日 2016年8月10日 録音 2015年-2016年 時間 74:17 日本盤のDisc1、アメリカ盤 タイトル 作詞 作曲 アーティスト 時間 1. 「ザ・ベア・ネセシティ」 The Bare Necessities () 3:36 2. 「トラスト・イン・ミー」 Trust in Me 2:55 3. 「ウォーター・トゥルース」 Water Truce 3:40 6. 「ザ・レインズ・リターン」 The Rains Return 1:46 7. 「ハニカム・クライム」 Honeycomb Climb 3:31 11. 「ザ・マン・ビレッジ」 Man Village 2:59 12. 「モーグリ・アンド・ザ・ピット」 Mowgli and the Pit 3:26 13. 「モンキーズ・キッドナップ・モーグリ」 Monkeys Kidnap Mowgli 1:52 14. 「アライバル・アット・キング・ルーイズ・テンプル」 Arriving at King Louie's Temple 4:35 15. 「コールド・レア・チェイス」 Cold Lair Chase 4:03 16. 「ザ・レッド・フラワー」 Red Flower 3:15 17. 「トゥ・ザ・リバー」 To the River 3:05 18. 「シア・カーンズ・ウォー・テーマ」 Shere Khan's War Theme 2:37 19. 「シア・カーン・アンド・ザ・ファイヤー」 Shere Khan and the Fire 4:52 20. 「エレファント・ウォーターフォール」 Elephant Waterfall 3:27 21. 「モーグリ・ウィンズ・ザ・レース」 Mowgli Wins the Race 0:41 22. 「ザ・ジャングル・ブック・クローズィーズ」 Jungle Book Closes 2:16 23. 「君のようになりたい」 I Wan'na Be Like You 3:02 24. 「ザ・ベア・ネセシティ」 The Bare Necessities () 、 () 3:01 『 ジャングル・ブック オリジナル・サウンドトラック(日本盤のDisc2)』 リリース 2016年8月10日 録音 2015年-2016年 時間 18:01 日本盤のDisc2 タイトル 作詞 作曲 アーティスト 時間 1. 「ザ・ベア・ネセシティ」 The Bare Necessities () 3:06 2. 「君のようになりたい」 I Wan'na Be Like You 3:03 3. 「君のようになりたい」 I Wan'na Be Like You 2:50 4. 「トラスト・イン・ミー イドリス・エルバ・イージー・タイガー・リミックス 」 Trust in Me 、 6:22 5. 「ザ・ベア・ネセシティ イドリス・エルバ・イージー・タイガー・リミックス 」 The Bare Necessities () 、 3:22 テレビ放送 [ ] 回数 テレビ局 番組名(放送枠名) 放送日 放送時間 放送分数 視聴率 備考 1 21:00 - 23:10 130分 9. 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 2016年4月18日. 2016年10月3日閲覧。 2016年5月29日. 2016年8月21日閲覧。 2016年10月1日閲覧。 - 2017年10月29日閲覧。 Keiko Zoll 2016年4月14日. Romper. 2016年9月17日閲覧。 ウレぴあ総研. 2016年6月29日. 2016年9月17日閲覧。 Ethan Gilsdorf 2016年4月8日. 2016年9月28日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年8月11日. 2016年8月30日閲覧。 Jeffrey Flocken 2016年5月23日. IFAW(国際動物福祉基金). 2016年9月7日閲覧. "He actually did have a name, it was Mr. Pangolin. Sumeet Keswanil 2016年4月17日. 2016年9月10日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2016年8月11日. 2016年8月21日閲覧。 2016年5月31日. 2016年5月31日閲覧。 2016年6月27日. 2016年6月27日閲覧。 2016年6月16日. 2016年6月16日閲覧。 2016年6月8日. 2016年6月8日閲覧。 Bustle. com. 2016年8月22日閲覧。 2016年8月28日. 2016年8月28日閲覧。 The Deadline Team 2013年7月9日. 2016年9月13日閲覧。 Borys Kit 2013年11月5日. 2016年9月14日閲覧。 Mike Fleming Jr 2014年3月6日. 2016年9月14日閲覧。 Borys Kit 2014年4月23日. 2016年9月14日閲覧。 The Deadline Team 2014年6月25日. 2016年9月14日閲覧。 John Debney. com 2014年7月9日. 2016年9月14日閲覧。 Jackson McHenry 2014年7月15日. 2016年9月14日閲覧。 Michael Gioia 2014年7月28日. Playbill. com. 2016年9月14日閲覧。 Josh Dicky 2014年8月2日. Mashable. 2016年9月14日閲覧。 Pamela McClintock 2015年1月13日. 2016年9月14日閲覧。 IndieWire. com. 2016年9月24日閲覧。 Robbie Collin 2016年4月8日. 2016年9月18日閲覧。 2016年10月2日閲覧。 Christopher McKittrick 2016年4月19日. Creative Screenwriting. 2016年10月1日閲覧。 2016年4月15日. 2016年10月2日閲覧。 AOLニュース 2016年8月28日. 2016年8月28日閲覧。 Casey Suglia 2016年4月15日. Romper. 2016年9月17日閲覧。 Bill Desowitz 2016年9月1日. IndieWire. com. 2016年9月25日閲覧。 fxguide. 2016年9月17日閲覧。 ConceptOverdrive. net. 2016年9月17日閲覧。 Marcus Errico 2016年4月16日. 2016年9月17日閲覧。 Heather Turk 2016年8月30日. Front Row Features. 2016年9月17日閲覧。 Film Doctor 2016年5月24日. 2016年9月25日閲覧。 2016年7月8日. 2016年10月3日閲覧。 2016年7月28日. 2016年10月3日閲覧。 映画ナタリー. 2016年12月12日. 2016年12月13日閲覧。 com. 2017年2月13日. 2018年11月26日閲覧。 com. 2017年2月27日. 2018年11月26日閲覧。 Nell Minow 2016年4月4日. 2016年8月27日閲覧。 2016年5月15日. 2016年8月27日閲覧。 『 関東版』2020年12号、、 58頁。 2020年6月12日閲覧。 映画ナタリー. 2020年6月5日. 2020年6月12日閲覧。 外部リンク [ ]• (日本語)• - (英語).

次の