パソコン メモリ 解放。 パソコンを使っているとメモリ不足になる原因と解消法とは?

パソコンの動作が遅い メモリ不足 Windows 8 PCまなぶ

パソコン メモリ 解放

メモリが少ない Windows PC で作業していると、やっぱりメモリが足りなくなることって多々あると思います。 メモリ解放の有料やフリーのアプリはありますがどれもいまいち。 今回紹介するメモリ解放アプローチは Microsoft 純正のツールを使います。 したがって Windows OS と非常に相性が良く、きっちりメモリ解放を行いつつ、スケージュールで決まった時間がきたときだけ発動するので、CPUに負担をかけません。 なにより純正という響きは安心安全感がとてもあります。 というわけで「Windows パソコンのメモリ解放してくれるツール」を紹介します。 この設定をするとメモリが少ないモバイルPCなどでは、若干ですが快適指数があがります。 このメモリ解放はこのくらいやってくれる! 一応最初に今回紹介のメモリ解放を行った結果を紹介しておきます。 メモリ 4GB のモバイル PC です。 グラフを見てもらえばわかると思いますが、メモリ解放が行われると、この計測時では約200MBほどメモリ解放をしてくれました。 ありがたいことです。 また、CPU も 13% とまったくパワーを使わずに、力を抜いた状態のまま自動開放を行うという匠な仕事っぷりなのです。 まずは Microsoft 純正ツールをダウンロードします 以下の Microsoft リンク先から「rktools. exe」をダウンロードします。 リンク先を開くと英語ですが、Download ボタンがあるのでそれを押すせば OK。

次の

Macが重い時にメモリ解放をする方法

パソコン メモリ 解放

更新履歴 [ 全て表示 戻す ] 2015. 24: Windows10で作動する事を確認 2015. 04: リンク切れを修正 2011. jugem. exe」が、メモリ解放にすっごく便利だよ!」 抜き出して単体で利用する方法があるよ! ってお話です。 Windows10でempty. インストール作業&実行方法• をダウンロード。 ダウンロードした「rktools. exe」をそのままインストールせず、 解凍して必要なファイルのみ抜き出す。 exeファイルでも解凍できるソフトは「」「」「」など。 「rktools. exeをコピー (注: 解凍ソフトによっては、さらに「Cabs. winrk. cabを解凍」してempty. exeを取り出す必要あり)• 抜き出したempty. 簡単に実行出来るよう、バッチファイルを作成する。 なのでempty. exeをSysWOW64にコピーしてもパスを通し直さないと作動しません。 検証:どのくらい効果があるか? まずは普段よく行う操作の中でもわりとメモリを必要とする操作を行い、その後にメモリ解放を行い、OSのモッサリ感を体感で検証。 検証したPC操作 「ブラウザで大量のページを読み込む」 「10GB程度の巨大ファイルを移動させる」 など、私が良く行うもの。 08GB 400MBほど確保。 キャッシュ済み 90MB増加 利用可能 400MB増加 空きメモリ 400MB増加 この程度ではOSが重くなる事はないので、体感上の違いは感じられず。 41GB 200MBほど確保。 キャッシュ済み 1. 6GB増加 利用可能 200MB増加 空きメモリ 30MB増加(変わらない?) OSがもっさりしてくるまでブラウザでページを開きまくってみた。 メモリ解放後、確かに操作は軽くなり、さらに5~6ページほどタブを開く事ができた。 200MB程度の解放なら、こんなもんか?ブラウザ閉じなくても一時しのぎは出来そうな感じ。 ただ、「キャッシュ済み」メモリ量が1. 6GBも増加したのがなんか不気味。 55GB 250MBほど確保。 キャッシュ済み 1GB増加 利用可能 250MB増加 空きメモリ 300MB減少 明らかに効果があった。 巨大ファイルを複数コピー・移動させると、しばしばOSがもっさりする事があったが、それらは一瞬で解放される。 ただ、この操作だけ「空きメモリ」の量が減少したのが謎。 58GB 60MBほど確保。 キャッシュ済み 120MB増加 利用可能 60MB増加 空きメモリ 300MB増加 「ブラウザで200ページ開く」・「巨大ファイルを移動させる」の2項目は、Glary Utilitiesのメモリ最適化は終了までに2分近くの時間を必要とし、ちょっと実用的じゃなかった。 しっかりメモリを解放してくれているが、個人的に「どうでも良いや感」で一杯になったので比較データの掲載はとりやめ。 検証後のメモ• empty. exeは、しっかりメモリ解放できてる。 巨大ファイル移動後に発生するモッサリ感はキチンと解消される。 Glary Utilitiesのメモリ最適化コマンドは、メモリ搭載量が多いと処理に長い時間がかかり、CPU負荷も高い。 かたや、empty. exeは一瞬で終了し、CPU負荷は全く無い。 empty. exeの方が実用的。 「巨大ファイル移動」の時だけは「空きメモリ」の項目で数値が悪くなった。 グラフ上の使用メモリ量は減っている&その後のOSのレスポンスも明らかに改善されているのに、なんでだろう? このページの情報は 以上です。

次の

PCの動作が重いのでメモリを解放してみる(Windows)

パソコン メモリ 解放

関連記事 3.パソコンのメモリ不足が発生する原因とは? では、なぜパソコンのメモリ不足が発生するのでしょうか? この項では、その理由の一例をご紹介します。 3-1.メモリの容量が小さい パソコンのプログラムによっては、メモリをたくさん消費します。 たとえば、グラフィックが美しいゲームや、複雑な製図ができるソフトなどはメモリを消費しやすいでしょう。 ですから、メモリの容量が小さいパソコンにメモリの使用量が多いソフトをインストールすると、メモリ不足になりやすくなります。 3-2.同時にたくさんのプログラムを作動させている パソコンを使っていると、表示されていなくてもたくさんのプログラムが動いていることがあるでしょう。 代表的なものは、ウィルス対策ソフトですね。 このようなソフトがいくつも同時に作動していると、メモリ不足が起きやすくなります。 3-3.周辺機器の影響 パソコンにプリンターをはじめとする周辺機器をつけて使用している方も多いでしょう。 周辺機器もメモリを使用します。 ですから、周辺機器をつけすぎていたり古い周辺機器を新しいパソコンにつないでドライバーが適応していないとメモリが不足している、と判断される場合があるのです。 3-4.空き容量の不足 パソコンにたくさんのファイルを保存して、CドライブやDドライブがいっぱいになってしまっても、メモリが不足しがちになります。 また、パソコンの動作が遅くなっている理由の多くが、空き容量の不足です。 一度自分のパソコンの空き容量をチェックしてみましょう。 関連記事 4.メモリ不足を解消する方法とは? メモリ不足を解消するにはどうすればよいのでしょうか?この項では、その方法をご紹介します。 メモリ不足の警告が出て困るという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 4-1.メモリを増設する パソコンのメモリは増設できるようになっています。 自分でも行えますが、サポートの一環としてメーカーでも行ってくれるのです。 また、家電量販店でも行ってくれるところがあるでしょう。 現在のパソコンが古くてメモリの容量が足りない場合は、実践してみましょう。 4-2.不要なファイルを削除する メーカー品のパソコンを購入すると、あらかじめいろいろなソフトが入っています。 その中には、全く使っていないものもあるのです。 そのようなソフトを削除すれば、メモリは軽くなるでしょう。 ソフトを削除する方法は、ゴミ箱に入れればよいというわけにはいきません。 必ず「ソフトのアンインストール」という方法を行います。 パソコンを買ってから一度も使用したことのないソフトは、思い切って削除していましょう。 4-3.パソコンの機能を調整する パソコンは、見やすいように使いやすいように調整されています。 ですから、パソコンの機能を調節して、メモリを軽くする工夫をしましょう。 特に、Windowsのバージョンが新しいほど、視覚優位な機能がオンになっているのです。 ですから、パフォーマンスを優先にしてあげると、メモリ不足が解消する場合があります。 4-4.デフラグを実行する パソコンは使い続けるうちに、保存してあるファイルが細切れになっていきます。 ですから、「デフラグ」という機能を実行してみましょう。 Windows7以降は、デフラグが定期的に実行できるようにパソコンから設定できます。 ですから、設定が1か月おきになっている方は、1週間おきにしてみてください。 また、Cドライブを開けて「ファイルのクリーンアップ」を実施します。 そうすれば、不要なファイルの記憶が一掃されてメモリ不足が解消されることがあるのです。 4-5.パソコンを買い替える パソコンのソフトは、年々メモリを多く使うようになっています。 また、パソコンのメモリの容量は、新しいものほど大容量になっているでしょう。 10年前のパソコンと最新型のパソコンを比べると、容量が10倍以上のものも少なくありません。 パソコンに詳しい方だと、古いマシンにOSをインストールし直して使う方もいるでしょう。 しかし、パソコンの平均的な寿命は約5年といわれています。 ですから、5年以上使ったパソコンはいくらメモリを増設しても、ソフトを起動するとメモリ不足になる場合も珍しくないのです。 ですから、メモリを増設してもパソコンの機能を調節してもメモリ不足になるという場合は、買い替えを検討してください。 企業のパソコンも同様です。 企業でパソコンを使っている場合、たくさんのパソコンを一度に買い替えるのは難しいケースも多いでしょう。 このような場合は、パソコンをたくさん使う部署から交換していってください。 そうすれば、効率的にパソコンを交換できるでしょう。 パソコンを5年以上使っているという方は、そろそろ買い替えを検討してみてください。 なお、パソコンはほかの家電のようにゴミ捨て場に捨てることはできません。 企業に回収してもらうか、パソコンを無料回収してくれる業者を利用しましょう。 関連記事 5.おわりに いかがでしたか? 今回はパソコンのメモリ不足の原因や解消をする方法をご説明しました。 まとめると• パソコンのメモリ不足とは、作業場の不足である。 タスクマネージャーを起動して、メモリの使用量をチェックしよう。 不要なファイルを削除したりデフラグを行ったりして、パソコンのメモリ不足を解消しよう。 5年以上使ったパソコンは、買い替えを考えよう。 ということです。 現在は、パソコンの代わりにスマホやタブレットパソコンを使用する人も増えてきています。 メモリ不足と聞いてもピンとこない人もいるかもしれません。 しかし、仕事の場では、まだまだ複数のファイルを一度に動かすことも珍しくないでしょう。 「メモリ不足です」という警告に、慌てないように対策法を学んでおいてください。 きっと役に立つはずです。

次の