仕事 辞める 理由 ランキング。 【円満退職】これで解決!仕事を辞める理由ランキング│転職賢者

驚くほど簡単だった!仕事を上手く辞める理由ランキングTOP5

仕事 辞める 理由 ランキング

rikunabi. 実はこの結果、 よく見ると非常に気になる傾向が読み取れるのですがなんだかわかりますか? 退職理由ランキングから見る日本の職場環境のヤバさ ではひとつずつ見ていきましょう。 まずen-Japanの退職理由ランキングの1位は ぶっちぎりで『人間関係が悪かった』で、2位にダブルスコアをつけての大差です。 マイナビでも 『職場の人間関係が良くない』は2位となっていますね。 世の中にある日本の企業の 大半の現場で退職に追い込まれるほどの対人関係の不満がくすぶっているということです。 これって冷静に考えてみると ものすごい職場環境といえるのではないでしょうか。 いやいやスゴイっていうか ちょっとコレ異常でしょう。 しかもおそらく潜在的にはもっとあるはずです。 考えてみれば過労死や自殺などが起こるのも、ブラックな環境もさることながら 『職場の誰にも相談できない』『上司や同僚も助けてくれない』という人間関係が壊れた職場環境という土壌があるためといえるでしょう。 いやはやすごい事実です。 そりゃ生産性も上がりませんよ。 海外における退職理由ランキングは? では海外を例にしてみるとどの様な退職理由が多いのでしょうか。 以下のサイトにヒントとなりそうな情報がありました。 上記は海外のサイトで 『The 7 Reasons Why People Change Jobs』というタイトルの記事です。 まあ意訳すると 『人々が転職する理由7選』といったところでしょうか。 (これも厳密には 退職理由ではなく 転職理由ですが参考にはなるかと思います) それによると海外(おそらくアメリカ人)の退職理由ランキングベスト7は以下のようになっています。 意外にも実は日本とあんまり変わらないようなランキングでした。 本当はアメリカの転職理由ランキングはほとんどポジティブなものばかりです!すごいでしょ!みたいな結論にしたかったのですが。 新しい環境への変化に抵抗がないアメリカ人 アメリカ人の転職の基本概念は『どうしたらよりよい環境、待遇を得られるか』です。 使えない社員はすぐクビにされるのと同じように従業員もまた 『この職場にいてもダメだな』と判断したらさっさと転職します。 つまり同じようにネガティブな理由があっても 『我慢し続けるのが日本人』『さっさと転職するのがアメリカ人』というわけです。 当然、 対人関係の不満があった場合も自分がのびのびと活躍できるステージを探すだけの話です。 我慢し続けてストレスを溜めて生産性の低い長時間労働を続けるなんて、彼らに言わせればナンセンスでしょう。 実に 合理的かつシンプルです。 ご存知のようにアメリカでは転職が極めて一般的で、 一人の人が生涯で平均10回近く転職するそうです。 転職はキャリアビジョンの選択肢の一つであり、むしろ同じ会社にずっと留まるほうが珍しいわけです。 ですから 『成長できない』『活躍できない』『正当に評価されない』そんな会社に我慢して残り続けるなんてことはしません。 まだまだ終身雇用がはびこる日本とはまるで違いますよね。 そもそも 日本人は環境変化に対する抵抗感が強い人が多いです。 要は保守的な性格が多いということですね。 (僕自身もそうなのですが) 辞める理由はなんでもいい。 我慢して残ることが問題 ちなみに僕の場合、その時の会社がものすごくヌルい環境で、経験年数の割にまったくスキルがついていなかったことに焦ったというのが大きな転職理由ですね。 その後何回か転職を繰り返し、結果的に スキルアップもできましたし給料も大幅に増えているので転職してよかったと思っています。 (転職してみるといかに前の会社がヌルすぎる現場だったのかよくわかりましたから、もし未だに残っていたら今頃は。。。 と考えるとゾッとします) 僕自身 『このままじゃ本当にやばい!』とケツに火がつかないと転職を決断できませんでした。 だから 初めての転職が非常にハードルが高いと感じる事はよくわかります。 しかし、同時にやってみれば簡単だったと思えます。 そう、 もっとシンプルに考えればよかったのです。 MEMO実際のところ、ポジティブな理由で転職する方が年収アップにつながりやすいのは確かです。 また、転職だけでなく 【海外にワーキングホリデーに行きたい】とか 【日本一周の旅をしてみたい】あるいは 【大学や専門学校で学び直したい】といった理由もまたポジティブと言えるでしょう。 もちろん金銭面を始めとして様々なハードルがあるので無責任なことは言えませんが、 個人的には建設的で素晴らしい選択だと思います。 『今の会社を辞めたらもっと悪い条件にならないだろうか』と考えてずっと残るよりも 『仮に次の会社がイマイチでもまた転職しちゃえばいいさ』くらいの気持ちで 逆に考えた方がうまくいくものです。 案ずるより産むが易しとはよくいったもので、 スキル面では同世代のエンジニアの中で相当下の方という自覚がある僕でも確実に転職の度に条件はよくなっています。 今は有効求人倍率も高く かつてないほどの売り手市場の時代です。 せっかくですからあなたも転職を考えてみませんか。 実際の転職の流れについてはを参考にしてみてください。 まとめ 今回は、大手転職サイトの 仕事を辞める理由のランキングから見た日本の職場環境について考えてみました。 想像以上に対人関係で悩んで退職していく人が多いことがわかりました。 色々な人と関わりながら仕事をしていく以上、コミュニケーションは欠かせません。 中にはどうしたって人間関係がうまくいかない職場もあるでしょう。 そんなときは我慢せずに思い切って環境を変えてみましょう。 大丈夫です、 見ての通り実際に人間関係が理由で辞めている人は多くいるのですから。 新しい環境では素晴らしい仲間に恵まれるかもしれませんよ。

次の

バイト・パートが辞める理由・続ける理由と、定着のための対策

仕事 辞める 理由 ランキング

仕事を辞める理由は人それぞれではありますが、多くの人が辞める理由として挙げていることがあります。 この記事では仕事を辞める理由や、仕事を辞めるための方法や良いタイミングについて紹介します。 第3位: 夢を追いたい 仕事を辞める理由の第3位は、夢を追いたいという理由です。 夢を追えるのは若いうちだけだと割り切って、20代だけは夢と両立するために自由が利くアルバイト・パートで働いている人もいます。 頑張って就職したとしても、夢のために仕事を辞める人もいます。 会社員の傍ら小説や漫画を描いている人が時間が足りずに仕事を辞める場合や、仕事へのモチベーションが感じられなくなって仕事を辞める場合もあるでしょう。 創作活動を目指す人ばかりではありません。 仕事を辞めて専門学校や大学などに入り直す人もいます。 仕事を辞めることで自由で有意義な時間を得ることができますが、一方で経済的な問題がのしかかります。 貯金がある程度たまるまで仕事を続けているという人もいます。 なお、夢を追うために会社を辞めるというのは現職に対する不満があるわけではないので、受け入れられやすい退職理由です。 第2位: 福利厚生など条件面 自分の夢を追って好きな仕事に就職できたとしても、福利厚生など条件面で仕事を辞める人もいます。 福利厚生とは会社が従業員や家族のために用意した制度のことで、住宅手当や家族手当など会社独自の物です。 年収が同じ会社同士でも福利厚生の質によっては、社員の会社への満足度が大きく違う場合もあります。 福利厚生の中には育児や介護をサポートする制度もあります。 育児や介護が原因でキャリアをス有数させざるを得ない場合がありますが、福利厚生が充実していれば社員が仕事を続けやすいです。 最近の就職・転職活動では年収だけではなく、福利厚生をも重視して就職先を検討する傾向になっています。 第1位: 人間関係 福利厚生が充実していたとしても、人間関係のストレスが大きいと会社で働きにくくなります。 各種制度が充実していても、上司が許可を出してくれなくては制度を実際に利用できません。 パワハラやいじめで過度のストレスを受ける人もいます。 文字どおりフレンドリーな職場であったとしても、社員同士の付き合いがつらい場合は、もっとあっさりした職場に転職したいと考える人もいるでしょう。 人間関係は自分の気持ち次第という人もいますが、どうしようもない人間関係の場合もあります。 辞める理由の第1位は人間関係が半分以上を占めると言われています。 人間関係の合う、合わないは人によって感じ方が違うので、どんな環境でも辞める原因にとなる可能性があります。 人間関係に耐えて勤めていると、体調や精神に異常が出る場合もあるので、気持ちの問題でどうにかなるものではありません。 仕事を辞めるタイミングは? 仕事を辞めると経済的な問題はつきまとうので、もらえるお金はもらってから辞めるのが良いでしょう。 ボーナスは支給日に会社に在籍していないともらうことができません。 有給消化中でも在籍さえしていれば、ボーナスをもらう権利があります。 ボーナスの支給のタイミングは多くの会社で6月と12月の2回です。 会社によっては、退職が決まった場合はボーナスの査定が少々下がる場合もあります。 その場合は、退職を切り出すのはボーナスをもらった後が良いでしょう。 転職先が決まっている場合は、現職と転職先の両方を考慮してスケジュールを調整せねばなりません。 場合によっては、現職のボーナスを諦めねばなりません。 転職先の内定が出てから入社までは1~2ヶ月が目安なので、ボーナスをもらうまで現職に籍を置くのは難しいこともあります。 雇用保険がもらえるまで頑張る 次の転職先を見つける前に辞めるのであれば、雇用保険を受け取れるまで働きましょう。 自分が雇用保険に加入しているかどうかは、給与明細の控除項目を見るとわかります。 会社を辞める時には、転職など自己都合の場合と、会社都合の場合があります。 自己都合の場合は、12ヶ月雇用保険に加入していなければなりません。 もし前に勤めていた会社で雇用保険に入っていて、失業時に雇用保険をもらっていなければ、前の会社の在籍期間も合算できる場合があります。 期の変わり目など 人事異動が多い期の変わり目であれば、スムーズに引継ぎを終えやすい可能性があります。 期の変わり目は、丁度仕事がひと段落する時期に辞めると、残りの人への負担が小さいです。 ただし、期の変わり目はバタバタするものなので、総務手続きなどに余裕を持てない場合もあります。 体に異常が出ている場合は一刻も早く辞めるべき 仕事を辞める方法がよくわからない人もいるでしょう。 仕事を辞めてからどうするかを決めるのが、まず一番優先すべきことです。 転職を考えているならば、辞める前に転職活動が必要です。 少し休息期間が必要ならば、経済的に余裕をもたせるために有給をなるべく消化し、ボーナスもできればもらえるようにスケジュールを考えます。 仕事を辞める方法について順を追って紹介します。 直属の上司に相談 仕事を辞めることが決まったら、まずは上司に伝えます。 本人から直接、退職の意思を伝える必要があります。 同僚などから退職の噂が広まってしまうと、円満に退職することが難しくなる場合もあります。 直属の上司に一番早く伝えるようにしましょう。 転職活動は内密に 仕事を辞める側も忙しいですが、業務を引き継ぐ人の事情も考慮しましょう。 引き継ぐ側は、通常の業務に加えて、新しい内容を覚えなければいけません。 できることならマニュアルを作成することや、一緒に業務を行うなど余裕をもった引継ぎが良いでしょう。 業務の内容を伝えるだけではなく、得意先や取引先への紹介など仕事が円滑に進むようにはからうことも大事です。 多くの会社では、退職の承認が下りるまで退職することをオープンにできません。 引継ぎの時間が一か月未満なこともあります。 引継ぎは、計画的に進めましょう。 総務手続きや身辺整理 必要な総務手続きは一覧で渡されることが多いので、早期に目を通して不足がないように準備しましょう。 退職届の受理に始まり、健康保険や雇用保険の手続きなど書類手続きだけでも煩雑です。 身辺整理の際、私物以外のものは会社に返却するか処分しましょう。 自分が作成した書類であっても、社外秘の資料を持ち出すことはできません。 また業務を勉強するためのテキストなど仕事のノウハウが詰まっているものも、返却か処分せねばなりません。 名刺や手帳など会社でルールが決まっていることが多いです。 社員証も退職の際に返却する必要があります。 職場への挨拶 最終出社日には、職場へ挨拶をしておきましょう。 お世話になった人には直接挨拶して回ると良いです。 最終出社日に全員のスケジュールが合うとは限りません。 外出が多い人の予定はそれとなく探っておきましょう。 仕事を辞める勇気の出し方は? 仕事を辞めることは逃げることだという人もいます。 仕事を辞めるのは甘えだと決めつけてしまうと、自分を追い詰めてしまいます。 逃げてもよいと考える 仕事だから辞めてはいけないというのは決めつけです。 仕事を選んだのは自分ですが、辞めることは自由です。 なぜ仕事をしているか考えてみましょう。 経済的な理由なら、辞めて別な仕事につけばよいでしょう。 自分が好きな仕事でも適性がなくて辛い場合もあります。 自分のやりたいことと実際の仕事が違うのなら、辞めて好きな仕事を経験したほうが幸せになれる可能性があります。 仕事を辞めるのは逃げることだと親しい人から言われるのは辛いです。 逃げるなというだけでは真意がわかりにくいので、配偶者や両親などから言われた場合にはよく話し合ってみましょう。 自分が家計を支えているなら、一家の収入がなくなる可能性があるため不安を感じるのは家族としては当たり前です。 自分一人で決めてしまうと、信頼関係が崩れる可能性が高いです。 仕事を辞めることの伝え方は? 一般的に仕事を辞める時は、直属の上司に余裕をもって口頭で伝えます。 なかにはやむを得ない事情で直接伝えられない人もいます。 仕事を辞めることの伝え方を紹介します。 電話 電話で伝える場合は、退職の意思が伝わりにくいです。 場合によっては欠勤扱いになってしまう恐れもあります。 ただ、どうしても会社に行けない人もいます。 例えば妊娠中に切迫早産の危機に陥った場合、自宅で安静にしていないといけません。 突然の事故、発病などでも同様です。 電話の連絡先は直属の上司で構いませんが、話をしにくいようならば、人事に電話をかけてもいいでしょう。 辞めざるを得ない状態であることを人事決定権がある人に伝えることで、話が進みやすくなる可能性が出てきます。 メール 電話で伝えようとしても、上司などがつかまらない場合もあります。 電話のアポイントを取る目的で、メールを送ることも検討しましょう。 また、電話では事務的な内容がメインとなり、どうしても感謝の気持ちなどを伝えにくいです。 個人的な感謝の気持ちや申し訳ない気持ちは、後からメールや、手紙で伝えると良いでしょう。 余裕があるときに読んでもらえます。 直接伝えるときの場所 仕事を辞めることを伝える場は、他の社員に聞かれない場所を選びます。 あらかじめ会議室などを予約して、メールなど目立たないツールで約束をしましょう。 メールの時点では、退職に関する話をするとは伝えなくて構いません。 時間を作ってほしいとだけお願いしましょう。 上司に退職の意思を伝えたら、次は同僚にも伝えます。 同僚に伝えるタイミングは、上司に相談してからにしましょう。 プロジェクトの途中の場合は、退職の話で職場全体のモチベーションが低下する場合があります。 仕事を辞めると心機一転できるチャンス!.

次の

会社を辞める理由ランキング|男女50人にこっそり聞いたリアルな本音がヤバイww

仕事 辞める 理由 ランキング

皆さんは「仕事を辞めたい…」と思ったことがありますか? 入社して数年経過すると「仕事辛いなあ…」と思う事が2,3度はあったのではないでしょうか。 そして、毎日激闘の日々を過ごす中で誰でも一度は「仕事辞めたい…」とつい思ってしまったことがあるはずです。 毎日毎日サービス残業• 毎月達成もできそうにない異常に高すぎるノルマ• 会社の人間関係も最悪…• 通勤距離が遠すぎる• 転勤ばかりで体力が持たない• 仕事内容がつまらない• 両親の介護で辞めるしかない• 結婚して寿退社 などなど。 退職を思い当たる理由というのは様々あると思います。 その中でもみんなが思っている仕事を辞めようと思う理由をランキングにしてまとめてみました。 また調べていくなかで、仕事を辞めたいと思っている人の中で状況によって 辞めた方がいい人、早まって 辞めない方がいい人に分かれると思ったので、そちらも一緒に紹介させていただきます。 自分以外の人はいったいどのような場面で仕事を辞めたいと思うのか、辞めたいという人たちのリアルな声をご紹介させていただきます。 Contents• 仕事を辞めたい理由ランキング 実際に仕事を辞めた人達の退職理由を見てみます。 こちらの統計で面白いのが仕事を辞めると決めたときの理由で 会社に実際に伝えた退職理由と本当の退職理由が異なるという点です。 ・ 会社に実際に伝えた退職理由ランキング• 結婚・家庭の事情(23%)• 体調を崩した(18%)• 仕事内容(14%)• 人間関係(6%)• 社風や風土(11%) ・本当の退職理由• 人間関係(25%)• 評価・人事制度(12%)• 社風や風土、拘束時間(11%)• 仕事内容(8%)• 一方で、会社に伝えた退職理由は 「結婚、家庭の事情」が1位です。 その一方で本当の退職理由としては「人間関係」や「評価・人事制度」、「社風や風土」が上位としてランクインしているところから、会社を辞めようと思う 本当の理由は会社に関することで不満があるからということが結果から読み取ることができます。 あくまで個人的な意見ですが、 会社を辞める際に本当の理由を明かす必要はないと思います。 ランキングにもあるとおり会社に言いづらかったり、退職理由を聞いてもいい思いをしなかったり。 お互いが円満に退職できるような方法をとるのがベストです。 ただやはり多くの方にとって、 「仕事を辞める理由」は人間関係にあるのですね。 状況別仕事を辞めた方がいい人 仕事を退職しようと思う理由は上記のような理由があることがわかりました。 このような理由があり仕事辞めたいな…と思っていても 「辞める」という決心がつかない人も多いはずです。 その中でも仕事を辞めることをお勧めする状況について考えてみます。 仕事をするにおいて、生きていくことにおいて変わることができるのは自分自身でしかありません。 状況に応じて柔軟に対応することが仕事においても生きるにおいても大切なことになってきます。 その一方であなた以外の他人というのは変えることができません。 あなたを邪魔する従業員• いつもがみがみ辛く当たってくる鬼上司• 足を引っ張る部下 あなたがどれだけ自分を変えて仕事を頑張ろうと思っても、他人の思考や行動というのはなかなか変えることができません。 むしろ変わってほしいと思い、いろいろと考えること自体がまた仕事のストレスのきっかけにもなりかねません。 この職場の人間関係の中で仕事をすることが辛いと感じたならば思い切って退職するというのも1つの手かと思います。 もちろん退職して人間関係を打ち切ることだけが解決策ではありません。 異動や転勤など人事権がある上司に相談したり、 自分の手で環境を変えるチャンスがあるかもしれません。 ギクシャクした人間関係の中で働いても良いことは1つもありません。 入社して1、2年目というのは仕事を覚えることで精いっぱいで、自分がどのように評価されているのかというのを客観的に見る機会というのはなかなかありません。 ところが数年会社で働いていると• 仕事も一通りできるようになったのに…• 毎月きちんとノルマを達成できるようになったけれど…• 毎日定時を過ぎて残ってまで働いているのに… と自分の働きに対する対価について考えるようになります。 そこでその働きに対する対価が正しいものでないと感じたとき、ひどくモチベーションが下がるきっかけになります。 やはり仕事というのは頑張って目標を達成し、それに対する正しい対価をもらってこそだと思います。 もしあなたが頑張ってしっかり実績も残したのに、給料が伸びなかったり、賞与がなかったりする場合はそれはきちんとした対価が支払われてない可能性があります。 またきちんと働いているのにも関わらず、給料が低い場合はもしかすると違法な状況で働かされている可能性があります。 長時間働いているのに残業代がなかったり、休日出勤をしたにもかかわらず休日手当てがない• 給料を時給換算すると最低賃金を下回る• 残業代を「みなし残業代」として支払われていて、どれだけ頑張って働いても給料があがらない。 もしこれらに当てはまるのであれば、転職を考えることをお勧めします。 少しとどまってみては? それ以外の方に関しては 少しとどまってみることをお勧めします。 人間関係や評価制度などに関しては自分1人の力ではどうしようもない限界があります。 他人を変えようと思っても変えることはなかなかできません。 評価制度も会社が大きく変わらない限りあなた一人の力ではなかなか変わることはないでしょう。 上述の通り、変えられないものは仕方ないと割り切り、新たな道を探した方があなたにとってメリットも多いです。 「自分に決められた天職は自分がその仕事を天職だと決めた仕事」 あなたにあう仕事なんて本当はないのかもしれません。 自分にこの仕事があうと思った瞬間にそれはあなたの天職です。 仕事があなたにあわせるのではなく、あなたが仕事に合わせる。 そう考えるとどんな仕事だって楽しく思えませんか? もしくは任される仕事が多すぎていたり、自分には関係のない仕事までやらされるのであればきっぱりと断るのもまた仕事の1つだと思います。 自分にはキャパオーバーだということ、自分以外にも適任がいるのではないか考えるということ、それも仕事です。 人間関係や評価制度自体は変えられないことかもしれませんが、自分の力で変えられることであれば、まだ可能性が残っています。 行動してみて、どうしても変えられなかったり、限界を感じたのであれば、そこでようやく「退職」という選択を考えてみてはいかがでしょうか? やはり転職することもリスクがつきものです。 まずはできることをやってみてそれでもだめなら転職しようというスタンスでいることが大切です! 仕事で鬱の人、その手前の人は辞めるべき 会社というのはあなたが体調を崩したり、精神障害になったとしても保証は全くしてくれません。 働かせるだけ働かせて動けなくなったら「ぽいっ」です。 だって代わりならいくらでもいるんだから… 人間関係や仕事内容がストレスで悩みが深刻化して鬱になってしまった人や、もしかして自分は鬱かもしれない…という人は、すぐさま仕事を休んだ方がいいです。 休ませてくれないのであれば退職を考えた方がいいです。 こちらで鬱を感じたときには休むべきな理由を書いています。 まずはしっかり休んで、自分自身を見つめることが鬱を治す第一歩です。 もっと言うと鬱病になってしまうと治すことに時間もお金も費やしてしまうこととなってしまいます。 そうなるまえに休職や転職を考えて、あらたなステージでまた頑張って働きましょう。 その他 ランキング外 ランキングには載っていませんでしたが、その他仕事を辞めたい理由とその理由は仕事を辞めた方が良いのかどうかです。 しかし、これは個人的な意見ですが 辞めない方がいいと思います。 石の上にも三年という言葉がある通り、新卒で入ったとして、転職で会社を変えたとして、まずは三年間は頑張ってみましょう。 仕事を始めたときというのはこの仕事が自分に向いているかどうかすらもわかりません。 そもそもその仕事の本当の楽しさや、本当の辛さというのすらも判断がつかないです。 そんな状況なのに辞めてしまうのは非常にもったいないです。 また一度自分には向いてないで辞めてしまって転職した場合、次もこの仕事向いてないかも…ということにもなりかねません。 転職する人が増えてきた最近ですが、そうはいってもまだまだ転職回数が多い人というのは不利になってきます。 転職も退職もリスクがついてくるものですので、この仕事がむいていないと思ってもまずは三年間はがんばってみましょう。 もちろんその中で仕事以外の人間関係などがストレスになってくるのであれば、話は別です。 転職のスパンがあまりにも短すぎると転職をするときに不利になります。 あわないなあ…と思っても3年間は頑張ってほしいです。 そして 自分の夢を追い求めることに関してはかなり熟考した方がいいです。 デイトレーダーが何をいっているんだ…と思われそうですが、やりたいことが見つかったとして、それが本当に収益が見込めるのか。 生活をやっていけるほど稼ぐことができるのか。 夢が見つかったときというのは仕事が邪魔で邪魔で仕方なく思えると思います。 それでもその夢でしっかり飯を食っていけるだけの可能性と確実性を手に入れた時、初めて退職の決意をしてください。 もしくは仕事をしながらその夢というのは叶えることはできませんか?最近では副業を認めるという会社も増えてきています。 私も夢を追いかけて自営業になりましたが、現実はそこまで甘くありません…夢を追いかけるのもいいけどまずは生活ができるということを優先してください。 まとめ 仕事を辞めようと思う理由から、仕事を辞めた方がいい人というのを考えてみました。 やはりみんな考える退職理由というのは同じみたいですね。 他人は変えられないから退職を…とは言いましたが、もちろん職場の人間関係を変えてやる!と頑張ってみるのも一つの選択肢です。 それで社内の雰囲気が変わったのであればあなたの功績になります。 またその他の理由であっても、そういう仕事を辞めたいなと思う気持ちとうまく付き合いながら、頑張る自分というのを楽しんでみてはいかがでしょうか。 人生は一度っきりです。 何事も楽しんでいきましょう!.

次の