都市 伝説 2020。 やりすぎ都市伝説 関暁夫のピーは何?放送できない内容がヤバい【4月29日】

Mr.都市伝説 関暁夫、2020年は「オリンピックの裏で何が起こっているのか…」に注目

都市 伝説 2020

Contents• 未来人の予言1:2020年8月開催の東京五輪について 漫画AKIRAで東京五輪の開催中止が予言されていたり、イルミナティカードでもコロンの流行、そしてそれに伴う東京五輪の開催危機の暗示と、あまり良くない予言が目立つ2020年東京オリンピック。 こちらの詳細は文末の関連記事をご覧くださいませ。 そんな不穏な予言が目立つ中、未来人の予言にはこのようなものも・・・ 未来人原田の予言する2020年東京五輪 かつて熊本地震や、2020年東京五輪の開催を予言したと言われている 2058年から来た未来人原田。 彼の予言によると、東京五輪の開催は滞りなく行われるものの、 いくつかの国が参加をボイコットすると予言しています。 引っかかるのが「 ボイコット」という言葉。 もしコロンが原因であるならば、「 棄権」「 不参加」といったほうがしっくりする気がします。 ボイコットであるならば、思い出されるのは、1980年のモスクワ五輪。 スポーツと政治の問題が大きく話題となりました。 未来人原田の言葉の意味を考えるのであれば、それは 政治的な衝突が起きることを示唆しているのかもしれませんね・・・ 2062年から来た未来人の予言する2020年東京五輪 東北沖地震を的中させたことで知られる、 2062年から来た未来人。 彼は2020年東京五輪の開催を以下のように予言しています。 「 東京オリンピックは成功する。 開会式より閉会式が感動的だ」 ・・・予言??笑 と言うかは置いておき、2020年東京五輪の開催は問題ないということでしょうか。 未来人原田の唱えた出場国問題については触れていません。 しかし、予言の一文からはそれ以上の意味は見出せないので、もしかしたらボイコットした国があるのかもしれませんね・・・ とにかく、閉会式が感動的らしいので、録画の準備はしておきましょう!笑 他にも色々な予言がありますが、 未来人の声を参考にすると、2020年東京五輪の開催自体は問題なさそうです。 スポンサーリンク 未来人の予言2:2020年8月に地震が起きる? 2020年に地震が起きると言う予言は、未来人のものはありませんでした。 しかし、 気になる予言が二つありましたので、そちらをご紹介します。 2020年東京で直下型地震が起きる? 一つは イルミナティカードと言われる、未来が次々と現実になると言われる不思議なカードの予言。 これまでに、911やペンタゴンのテロ、さらには311を的中させてきたり、未来を予言するカードとして注目を集めているのですが、その中には 東京都で直下型地震を暗示しているのではないかと取れるカードが存在します。 こちらがそのカードで、その解釈は諸説ありますが、ここでは簡単に有名な説を。 右上に描かれている時計台は、銀座の一等地として有名な 和光時計台。 それに酷似していると、かねてより話題となっています。 その時計台が、何か爆破のような形で破壊されています。 この原因は諸説あるのですが、その一つが東京を襲う直下型地震であると言うもの。 そして、 カードに登場する人物の服やネクタイなどを5色がオリンピックの5色エンブレムと配置は異なりますが、合致しています。 つまり、 東京五輪開催期間中に直下型地震が東京を襲うと言うものです。 もちろん、これには諸説ありますし、こじつけ感もあるのですが、過去に数多の予言を的中させてきたイルミナティカードの一つの可能性として、覚えておいても損はないと思います。 こちらについては、下記の記事で詳細を記載しています。 この予言も数年前から話題となっており、16日の日曜日が来る度に話題となるのですが、これまでは的中せず。 しかし、2020年に16日の日曜日が実現するのは、 2月16日(日)と8月16日(日)の2日間です。 ですが、ここで先ほどのイルミナティカードのイラストに書かれた人物のカラーがオリンピック、いや、パラリンピックの5色を表すのであるとしたら、8月16日と言う日付はまさにドンピシャのタイミングでやってきます。 と言うことなので、 2020年8月16日の日曜日、パラリンピックの真っ最中とはなりますが、もしかしたら、カードのイラストが実現してしまうかもしれません・・・ ・東京オリンピックのすぐ後くらいからある2カ国が衝突 ・2カ国はどちらもアジア ・日本が大きく関わっている ・日本が相手国の態度にブチギレ と言う内容のもの。 色々と情報を集めてみると、アジア2カ国での戦争ではありませんが、 アメリカと中国の戦争から第三次世界大戦に発展するのではと危惧する情報は多く、過去に多くの予言を的中させている ミステリー雑誌『ムー』でも、その内容を取り上げています。 となると直下型地震が原因ではなく、もしかしたら 戦争が原因で銀座の和光時計台が襲撃され、パラリンピックどころの騒ぎではなくなる・・・かもしれませんね。 感動を迎えるはずの東京五輪直後に、第三次世界大戦の勃発。 下記記事では、そのような内容をまとめて紹介しています。 過去に地震などを的中させてきた未来人ですが、果たして2020年以降の日本はどういった未来が待ち構えているのでしょうか。 もちろん、、、予言が的中しないことに、越した事はないですが。 今後の動向にも注目してみましょう。 また、関連記事も合わせてご確認してみてくださいね。

次の

【都市伝説】イルミナティカードの予言まとめ13選

都市 伝説 2020

ネット将棋伝説の最強棋士dcsyhi(デクシ)は羽生善治九段か?・都市伝説・つるの剛士 将棋倶楽部24という将棋界で有名なインターネットサイトがあるの。 藤井聡太七段もプロ棋士になる前に、このサイトで腕を磨いてたのよ! 将棋倶楽部24に2002年の終わり頃、最強の棋士が現れるの! ハンドルネームdcsyhi(デクシ) 勝ちまくって、あっという間に当時の最高段位まで上り詰めるわ。 プロ棋士の間でもデクシは話題になっていて、のちに名人になるプロ棋士の佐藤天彦さんもdcsyhiに挑んで負けてしまうの。 デクシの正体をみんなが突き止めようとして、ある人物が浮かんできたの。 予言のカードとも呼ばれていて、アメリカの9. 『 plague of Demon』悪魔の疫病のカード。 日本マクドナルドの社長(創業者)よ。 日本でハンバーガーなんて流行らない、絶対に失敗するという声が大きかったんだけど、日本で成功したの! ハンバーガー王とまで称された藤田田の成功の裏には、 ある法則があったと言われているんだって。 藤田田は大阪で生まれて、東京大学に入学するわ。 在学中に、GHQで通訳のバイトをするの。 そこで、ユダヤ人の方々に出会うの。 『78対22の法則(ユダヤの法則)』 78と22は足すと100になるわ。 1つの物事が、78%と22%に分かれる。 多くの重要な物事がその比率になっているという法則なの。 例えば…… 地球の窒素は大気の78%。 それ以外の成分が22%。 人体の善玉菌が78%・悪玉菌が22% (この割合がずれると、体調を崩すと言われているの) 富裕層が保有している資産78%・一般人が保有している資産が22% 78対22の法則を巧みに使うことができれば、成功できるのよ~! じゃあ藤田田さんは、どこでこの法則を理由したか。 マクドナルドの【390円セット(サンキューセット)】 非常に人気のあったメニューよ。 ありがとうのサンキューと、390円をかけてるのよね。 当時ちょうど500円玉効果が普及したころだったの。 サンキューセット(390円)を500円玉で買うと… 110円のお釣りになるわよね。 マクドナルドを大成功させて藤田田さんが亡くなったのは、奇しくも78歳だったの……。

次の

【都市伝説】2020東京オリンピックは中止?囁かれる様々な予言を調べてみた

都市 伝説 2020

英経済誌「エコノミスト 世界はこうなる」2020年の表紙に、日本が狙われている暗示があることを、「 」で解説しました。 今回は、新しく気づいた点について補足します。 あくまで、都市伝説としてお読みください。 イルミナティ・カードは語る 表紙の三隅に米・英・露を示す単語があります。 そして、左下隅はウォーレン米上院議員の名です。 彼女のファーストネームがエリザベスであることから、人工知能「 ELIZA イライザ」の暗示があると考えられます。 暗号表の2行目に「AI TO」があります。 これは、「AI to トランプ」、「AI to 英国」のように、人口知能と国や政府要人を結びつける何らかの予言があるという、とることができます。 危険なミッション 表の中に、「 AI to KIM(金正恩)」という暗号があります。 で、東京が空襲を受けるおそれがあることを書きました。 次にロシアですが、黒海周辺のロシアの軍事的脅威に対して、NATOとの対立があります。 ワールド・イフ2019の表紙に、NATOの意匠が使用されていますので、一つの解釈として記しておきます。 次にアメリカですが、中国との貿易摩擦だけでなく、南シナ海から軍事衝突に発展しないかという懸念がもたれます。 また経済では、仮想通貨リブラが2020年に発行される計画があり、仮想通貨にドルの裏付けをとる方向で動いています。 そのタイミングにあわせ、ドルを金本位制に戻す計画もささやかれています。 研究所爆発 イルミナティ・カードの「Lab Explosion 研究所爆発」は、赤い猿のイラストがあります。 2019年、赤い猿の脳に人の遺伝子を移植した、中国の生物実験の報道がありました。 中国の危険な実験..... サワニ(一文字ずらす暗号)は、武漢の生物研究所から漏れたバイオハザードの可能性があると、1月26日にワシントンタイムズは記事を出しました。 これからもっと明らかにされてくることでしょう。 イルミナティカードは当たりました。 フォローをよろしくお願いします。 テレビ東京「やりすぎ都市伝説SP 2020 春」の考察は、。 続きの記事は。 【はじめての方への御案内】2020年から都市伝説系マガジンを週2~3回ペースで発行しています。 発行順に読みたい時は、1番のマガジンからお読みください。 エコノミスト表紙予言の記事は、 2. YouTube「Mr. 都市伝説 関暁夫の情熱が止まらない」の考察記事は、「 」(有料マガジン100円 12記事)に保管してあります。 YouTube「都市伝説の極み」の考察記事は、「 」(有料マガジン133円 9記事)に保管してあります。 Deepな都市伝説を扱っています。 上の二つの動画の最新考察記事は、「 」(有料マガジン 133円 連載中)をお読みください。 さらにDeepな都市伝説を扱っています。

次の