キャストスタイル 口コミ。 【体験談】ダイハツキャストスタイルの評価・評判・口コミ・感想(レビュー)

ダイハツキャスト試乗の辛口評価!内装や外観の写真と乗り心地レポート

キャストスタイル 口コミ

色は 深緑色を選びました。 com また、Twitterではこんな口コミもありました。 キャストスポーツの人気カラーランキングを発表!カラーバリエーションは3色 オーソドックスな単色を選びましたが、意外とこれがかっこ良く見えました。 com また、Twitterでこんな口コミも見つけました。 長らくのったスイフトスポーツとはお別れです。 キャストのおすすめカラーは? キャストは個性豊かな3モデルが設定されているので、ここではそれぞれのモードによく似合うおすすめカラーを紹介していきます。 キャストアクティバにおすすめのカラーは?• ブラックマイカメタリック(モノトーン)• ブライトシルバーメタリック+デザインフィルムトップ&シャイニングレッド シンプルに厳選されたキャストスポーツのラインナップからは、モノトーンのブラックでスカート回りのレッドラインを最大限に引き立てるか、2トーンであればシルバー&ブラック+シャイニングレッドでインパクト重視のスタイリングはいかがでしょうか。 限られた色彩をミニマムorマキシマムそれぞれ両極端に活かすセンスが、スポーティなドライビングセンスを輝かせてくれるでしょう。 リセールから見るキャストのおすすめのカラーは? ボディカラー選びもまだなのに、買ってもいないキャストを売ることを考えるなんて気が早すぎるようにも思えますが、いざ売るor買い替える時に有利かどうかを知っておけば、ボディカラー選びの基準になります。 なので、以下に1年落ちキャストのリセールバリューをボディカラー別に算出、3タイプそれぞれのランキングを作成しました。 3万円 2位 ブラックマイカメタリック 109. 9万円 3位 ディープブルークリスタルマイカ 108. 9万円 4位 ファイアークォーツレッドメタリック 107. 7万円 5位 レモンスカッシュクリスタルメタリック 105. アクティバの傾向として定番のホワイト&ブラック以外は濃い目のハッキリしたボディカラーが好まれる傾向が出ているため、流通台数ゼロのためデータなしとなったスプラッシュブルーメタリックとオフビートカーキメタリックのリセールバリューは、レモンスカッシュクリスタルメタリックと概ね横並びになるでしょう。 8万円 2位 プラムブラウンクリスタルマイカ 113. 0万円 3位 ブラックマイカメタリック 111. 6万円 5位 ダークエメラルドマイカ 110. 9万円 6位 ファイアークォーツレッドメタリック 107. 1万円 7位 ライトローズマイカメタリック 105. キャストスタイルでは定番のホワイトパール&ブラックを抜いて ディープブルークリスタルマイカがトップに躍り出ており、続く プラムブラウンクリスタルマイカが僅差で2位でとなっています。 これは女性ユーザーからも人気が高いキャストスタイルではお洒落なボディカラーが好まれる傾向が強く、かつ彼氏や夫などパートナーの意向(あまり可愛すぎるのは困る、等)も尊重しながら歩み寄ったブルーやブラウンが選ばれたためと考えられます。 とは言え、全体的なリセールバリューの差は10万円以内に収まっているため、 基本的には好きなボディカラーを選んで問題ないでしょう(ただ、優雅なフォルムのキャストスタイルでは、レッドやピンクだといかにも女性っぽいため、男性ユーザーには敬遠されやすいようです)。 8万円 2位 ブラックマイカメタリック 132. 7万円 3位 ブライトシルバーメタリック 124. その差額はおよそ 5~10万円程度、シルバーに対するこだわりが特になければ、ホワイトパールかブラックが有利となります。 ネット上で概算価格が分かる、 です。 一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高査定が期待できます。 1分程度の入力の後、画面上に買取店の概算価格がすぐに表示されます。 カラーナンバーが記載されている場所はココ キャストのカラーナンバーは、コーションプレートを見ると確認できます。 コーションプレートには、一般的に以下の車両情報が刻印されています。 モデル型式• エンジン形式• 車体番号• 外装色(カラーナンバー)• 内装色• トランスミッション形式• 製造工場 daihatsu. jp キャストのコーションプレートの位置は、 助手席側のセンターピラーになります。 助手席のドアを開けた右下(黄色く囲っている部分)にコーションプレートが貼付してあるので、これを見てカラーナンバーが確認できます。 キャストの内装色に合うボディカラーはコレ キャストの内装カラーはアクティバ/スタイル/スポーツそれぞれに設定され、豊かな個性を表現しています。 キャストアクティバの内装カラーは8通り キャストアクティバの内装カラーは、基本色(グレードによってブラック/シルバーが標準装備)又はボディカラーと同じ色(標準グレードではメーカーオプション)のいずれかが選択可能です。 イエロー内装.

次の

【購入前に確認すべし】北陸アルミの各フライパン口コミ評判!評価の高い商品を選ぼう

キャストスタイル 口コミ

ただ、そこからターボ仕様車や特別仕様車へと派生しているのでグレードが、少しごちゃごちゃしているような印象を受けてしまいます。 そのため、このグレードを基準として各グレードを見てみると特徴をイメージすることもできちゃうんですよ。 ルームランプやヘッドライトがLEDじゃなかったりフォグランプがつかなかったりといった、ライト関係の気になる部分が目に留まります。 ただ、雪国に住む方にとっては、ライトレンズが凍らないハロゲンライトの方が便利と言えるし、自分の好みでカスタマイズできるのは魅力といえば魅力ですね。 他には、ステアリングホイールがウレタンになっていたり、スチールホイール 鉄チン となっていたり、オプション装備が一部対象外となっているのも気になる所。 そう考えると、よほどのことがない限りは選ばなくても良いグレードと言えるのではないでしょうか。 とは言え、同程度のオプションを付けるとなると約6万円余分かかると考えると、お得感はある…が、基本的には選択肢から除外して問題はないと思いますよ。 内装のシート表皮がレザー調、専用のインテリアカラーとなっているだけではなく、スーパーUVカットガラスが標準装備になっていたり、サイドエアバッグやスーパークリーンエアフィルターが追加されていたりと快適性・安全性・内装の装備が充実しています。 そしてターボ車なんですが、イメージ的に燃費を犠牲に走行性能を高めたと考えておくのがポイント。 排気量以上のパワーが出るため、坂道発進や高速道路でアクセルをベタ踏みせずに走行できる点は評価できる反面、どうしても排気量以上のパワーを出すがゆえに燃費が悪くなってしまいますし、ターボ車にするための部品が多くなるため価格も高くなります。 とは言え、キャストの燃費は以下のようにターボなし・ありでも低燃費。 NA ターボ無 ターボ車 2WD燃費 30. キャストスタイルのグレード以外に気になるオプションを具体的に紐解いてみた! また、皆さんの中にはグレードは決まっているけど、オプションをどうしようか悩んでいる、よくわからないといった方も多いはず。 そこでここからはもう少し踏み込んで、それぞれのオプションについても見ていきましょう。 一番付けたい『ナビ』はここで見ろ! まずは、もはや車に欠かせない存在となっているナビ。 キャストのナビは大きく分けて、8インチ画面の物と高画質のHD液晶ディスプレイの2つで、音響や操作の仕方等で『エントリー』『スタンダード』『プレミアム』の3つに派生している形です。 ここは高機能かどうかで判断すればいいのですが、問題は「純正ナビ装着用アップグレードパック」もしくは「オーディオレス仕様車用」のどちらを選ぶかってところ。 簡単にまとめると、バックカメラやステアリングホイールが必要かどうかでナビの価格も変わってくるってワケですね。 とはいえ、パノラマモニターを搭載して駐車時の不安をなくしたい方や運転に不慣れな方は付けておいて損はないと思いますよ。 キャストの『カラー』にも注目しておこう! また、公式サイトを見た方ならわかると思いますが、キャストはカラーバリエーションが豊富で自分の好きな色を選択することもできるんですが、単色カラーで22,000円、2勝カラーで44,000円がかかることも…。 そのため、予算を考えるときは希望のボディカラーにするためにはいくらかかるかも把握しておくようにしましょうね。 他にはどんなオプションがあると良い? そして、そのほかのオプション装備として『あったらいいな』的なものとしては、やはりドライブレコーダーがあげられます…が! ここ、先ほど紹介したナビに結構重複する部分でもあるので注意が必要なんですよね。 公式サイトの見積もりでも、基本的には両方設定できなくなっているので、ドラレコとナビの両方が必要だと思うのであれば『安心ドラレコプラン』から選ぶようにすると間違えないですよ。 似ているけどなんか違う!そんなキャストを見かけたことない? さて、ここまでキャストスタイルのグレードについていろいろとお話してきたけど、実際に街中でキャストを見てみると、キャストスタイルのように見えてちょっと違うキャストに出くわすことも多いはず。 というのも、実はキャストって元々「スタイル」「アクティバ」「スポーツ」の3タイプで販売していた車種でもあるんですよね。 2020年3月末をもって「アクティバ」「スポーツ」の製造・販売は終了してしまっていますが、ここもちょっと気になる所。 そこで最後に過去の『キャスト』のタイプ別の違いについても簡単にお話しておこうと思います。 他のタイプもグレードは基本的に一緒!外観の印象だけが違っている といっても、基本的にはグレードに違いはなく キャストスポーツだけ一種類だけ 、エクステリアのみの変更となっています。 言ってしまえば、見た目の印象が違っているだけ。 ただ、アクティバは車高が少しだけ高く設定され乗り降りが多少しやすくなっていたり、スポーツはターボ車のみの設定ですがガソリンの圧縮比の設定が変更されていることにより、よりスポーティな走行が可能になっていたりと細かな変更点があります。 とは言え、アクティバやスポーツは既に販売が終了しているタイプ。 欲しいと思ったら中古車での購入となるので注意してくださいね。 総評 キャストスタイルは正直初めて車を購入する人にとって、グレード選びから難しく感じることが多い車種。 でも、グレードごとの違いを『セット』で考えるとイメージがつかみやすくなりますし、グレードを選びやすくなると思います。 ご自身の予算と欲しい装備を見極めてグレードやオプションを決めるため、納車した時に『買ってよかった』と思えるために、グレード選びは慎重に考えるようにしましょうね。 車を安く乗り換える上で最も大切なことご存知ですか? 車の乗り換えで「ほとんどの方が損をしている」その盲点とは。 私はこの方法で毎回新車を 30万円安く購入しています。 覚えておいて損はありません。

次の

ダイハツキャストを辛口評価。売れない。エンジン音うるさい。ホント?

キャストスタイル 口コミ

【所有期間または運転回数】10か月 【総合評価】及第点 【良い点】MOVEと同じプラットフォームでボディ剛性はしっかりしているのでハンドリングが安定していること。 ドアを閉めるときの音が高級車を思わせる音であること。 市街地走行では17km/L程度だが、郊外走行では36km/L、荷物を300kg積んでも32km/L(高速道路のエコ運転)と高燃費であること。 NAエンジンでもDアシストスイッチやSレンジで力強い走りができること。 アクティバモデルなので他のスタイルやスポーツモデルより最低地上高が30mm高く、FFでも雪道の走破性が高いこと。 【悪い点】下回りに遮音材がないので石跳ねの音がカラカラ聞こえること。 純正タイヤのサイズが量販店にも少なく値段が高いこと。 後部座席は乗り心地重視の設計であるために厚みがあり、倒しても荷室の前が高くなりフラットのならないこと。 投稿者:ケチンボ・エンジニア 投稿日:2019年07月22日 総合評価 3. 3 【所有期間または運転回数】 1ヶ月 【総合評価】 とても良い 【良い点】 内外装から走りの質まで軽自動車ではなく普通車と言っても過言ではない車だと思います。 パドルシフトも扱いやすく、またターボエンジンの為人や物を乗せてもゆとりのある走りができます。 快適性も走行性能もどちらも欲しい、そんな欲張りを良いバランスで満たしてくれます。 【悪い点】 スポーツを謳うだけあり、他の軽自動車に比べれば燃費は劣ります。 また分類上はハイトールワゴンになるのかと思いますが、他車種に比べると荷室がフラットにならない、収納スペースが少ない等ありますので、そういった点にこだわる方には向いていないかと思います。 投稿者:くろねこ81 投稿日:2018年10月04日 総合評価 4.

次の