いったれオラァ。 作品歌詞:Summer SONG / 作詞 エエ声 / うたまっぷ自作歌詞投稿

【政治】記者に巻き舌で「オラオラオラァ!」とすごむ維新議員秘書が話題

いったれオラァ

先輩() 一年• コウジ• セイジ 先輩「 お前ら!!よく聞けよ。 大学でな、先輩・後輩の関係っていうのはな、四年は神様!三年は大名!二年は平民!おうそれからなぁ、お前ら一年坊主は、奴隷じゃ!」 先輩「今日はな、奴隷っていうのがどういうもんか、お前らにみっちり、仕込みこんだる。 」 先輩「返事は!!」 一年「アァスゥ! 」 先輩「声が小さいんじゃ!もっと腹の底から、返事!」 一年「オッス!!」 新入部員 乱交乱射強制合宿 (腕立て伏せ) 先輩「111!112!オラ113!オラ114!もっと気合い入れて!115!116!ちゃんとやれ!オラ117!11 8!オラオラオラ、もっと上げろ!119!」 先輩「ゲン!お前どうしたもっと、上げんかぁ!119からやコイツが上げるまでオラァ!120、オラいけゲン!トロいなぁお前は!上げろはよぉ!上げろ!上げへんかったら他の二人もそのままやぞぉ?」 先輩「あかん!120、120やお前ら!1 21オラもっといけ!オラ!122!122や!お前また倒れて(カット)」 (うさぎ跳び) 先輩「オラオラもっと上がれ!チンタラチンタラせえへんとオラオラ!何してんねんオラもっと上がらんかオラァ!その上までや!もっといける!オラ(カット)」 (腕立て) 先輩「90!オラ、91!92!93!94!95!96!97!百回や!98!99!99!(カンスト)」 一年「ア゛ア゛ア゛ァ!」 先輩「百ぺんや言うてるやろ!99!オラオラ、99!もっともっと!オラオラもっと気合い入れてやらんかオラ!99やまだ!99!オラオラどうしてんオラァ!99やオラオラもっともっと!オラァ、こらえろ!99!よぉし100!」 (スクワット) 先輩「90!オラッ、91!92!ほらもっと腰下げろ!93!94!ほらもっと頑張らんかぁ!94!95!もっと太もも張れい!96!97!百回や!98!ほら99!99やまだまだ、オラァ!99!気合い入ってへんぞ!99!オラァ、あと1回や頑張れ!ほら99や、まだまだや!もっと太もも離さんか!99!よし100や!」 (手押し車) 先輩「ほらほらもっと行かんかオラ!もっと腰下げてオラァ、もっと下げんねん行け行けそのまま!オラオラオラァ!もっと気合い入れてせんかぁほら!何が苦しいねんまだまだいける!オラ行け行け行け行けオラオラ!もっとや!もっと前に進むねん!」 先輩「ほら進めオラオラ!ちょっと腰下げてみもっと誰がこんなとこで!休んでいい言うた!オラもっと、****!オラ行かせ行かせオラ行け!オラァ、もっと速く進むねん、****!緩すぎる!ほらもっと腰高い高いんやオラ!」 (上体起こし) 先輩「1 1 1!112!ほら腹に力入れてんのか!113オラ上げろ!112、オラァ!もっと上がる!やる気あんのかお前?オラァ!コウジやる気あんのかオラァもっと上げろ!上半身全然上がってないやんけお前どういう気やねんオラもっと上げろ!ほぉら!上がるまでするぞぉ?オラ!もっと上げんかオラァ!上げる気あんのかお前!オラ!…頼んないなぁ!!」 先輩「オラ1 1 2から!113、オラ!ゲン!上げろ!112からやろ!上げろ112やろ!みんな上がってんねやろな?オラオラオラ、やる気あんのかお前!オラ、***!113!114!やる気あんのんかお前ら!!115!116!117!オラ、上げろ!オラ、やる気あんのんか?もっと、上がるはずや!」 先輩「オラオラいつまで経っても上がれへんぞそのままやったら!オラオラオラ!えぇ腹筋力入ってんのんかぁ?入ってんのんか?ほらほらもっと!ほら上げろ!ほらほら!上がるぅ!おぉう上がるよぉ〜し!できるできるオラ上げろ上げろ!」 先輩「上がろ思ったら上がるやろ?ほら、コウジ!上げろ言うてんねん!オラ!やる気あんのんかお前ぇ!!オラ!」 (川辺で休むコウジ) 先輩「コウジお前何サボってんねん!えぇ?喉でも渇いたんかぁ水飲みたいんかオラァ!!」 (腕立て伏せ) 先輩「んん上げろ!12 1!オラいけ!12 2!オラいけオラァ!セイジいけ!ホラ、123!12 4!オラいけゲン、125いかんかオラ!…オラオラやる気あんのんかぁお前ぇ!!えぇ?上げる気あんのんかオラァ!」 先輩「セイジ水汲んでこい!」バケツを蹴る 先輩「お前っ、トロいんじゃ!」ゲンを突き飛ばし水をかける ゲン「あぁ!」 先輩「もういっちょいったろか!?」 ゲン「やめてください!」 先輩「じゃあお前何でも言うこと聞くねんな?」 ゲン「はい、許してください!何でもします!」 先輩「よぉしじゃあお前ズボンおろせ!早くしろ!」 先輩「ほらテキパキしろ!」 先輩「パンツもや!」 先輩「オラやること分かってんねやろ?」 ゲン「えっ?」 先輩「舐めろ!」 先輩「ほらぁ…もっと口の奥まで入るはずや!」 先輩「…痛い!お前歯ぁ立てたやろ!!」 先輩「おぉん?何歯ぁ立ててんじゃはよもう一回やり直せ!」 ゲン「すいません…」 先輩「もっと奥まで舐めろ、咥えろ!喉の奥まで入るはずやろオラ!丁寧にしろ。 何でもやんねやろ?何でやる言うてんやろ?」 ゲン「はい」 先輩「よぉぉし……」 先輩「はぁ…なかなか上手なったやんけ!良いぞぉ〜、徐々にはっ、速くしろ!…おぉし、良い感じや…!おぉぉぉし…!」 先輩「よぉしいいあぁ、もっと激しくしろ、オラァ!ほらほら!どうしたんじゃ!何、もっと入れろ言うてるやろ!ほら!もっと激しくしろほらほらぁ、どうしてんオラァ!よぁし、良いぞぉ!もっと奥まで入るはずや、ほら!ほらほらほら!ほらほら!よぉし、オラ!もっと咥ぁえろ!ほらもっとしゃぶれ!ほら!オラオラ****!オラ!オラはぁもっと口使えオラ!ほらもっとピストン運動しろオラァ!ほらほらほら!そうや!もっとオラァ!奥まで入るやろ!よぉし!オラ!オラオラ!オラオラ!オラァ!よぉしオラオラもっと激しくしろオラァ、オラオラもっと、おぉ音たてろ、オラァ!何上品ぶってんのんじゃ!ウラ!」 先輩「…あぁ!…あぁ!」 先輩「よぉし良いぞ、良いぞ〜…アッ!!お前歯ぁ立てたやろ!!」 先輩「おいお前らコイツ**んでいけ!」 先輩「お前ほん〜まぁ、何もでけへんのぉ!!」 先輩「早く連れて行け!」 (林の木に縛られたゲン) 先輩「お前ぇ!口も使われへんねやったら次どこ使うか分かってるやろな?」 先輩「オラ足上げろ!オラ、おぉい…」 先輩「オラ!」 ゲン「っあぁ!っえぁ!」 先輩「力抜けオラ!オォレ!」 ゲン「いぇっ、あっ!あっ!あっ!あっ」 先輩「何が痛いんやオラ!おぉ!」 ゲン「あぁあぁっ、あぁっ!」 ゲン「あぁぁぁ痛ぁい!あぁぁあぁ…痛い…」 先輩「力抜け言うてるやろ!オラ!」 ゲン「あぁっはぁっ…あぁあぁあぁ!あぁぁえうっ、あぁ、うぅ、あぁっ…」 先輩「よしお前らも味わえ!」 セイジ「えっ…」 先輩「早く輪姦すねんお前らで!早くしろとっととせんか!」 先輩「何もたもたしてるんじゃ早く入れんか!セイジいけよオラ!弱らしてまえ!」 先輩「お前なぁ!今日はここでお前一日置き去りで反省してよう考えろ!!」 (木に縛られたまま置き去りにされるゲン) (ほどいてやるコウジ) (部屋に戻ったコウジとゲン) コウジ「もう逃げよか、********…」 先輩「オッ!?お前らこんなとこで何してるんじゃ!!ハッハァ〜ン、お前ら…逃げる気やろ!」 先輩「おいゲンお前!もう一回調教し直しやからなぁ!」 ゲン「…先輩違うんです!コイツが勝手に逃げだしたんです」 コウジ「えぇ…」 先輩「セイジ!はよ来い!」 (深夜の特訓後) セイジ「あぁぁっ疲れた!あぁぁ〜肩こった。 おっ、コウジ、ちょっと、肩揉んで。 」 コウジ「あぁ?なんで俺がお前の肩揉まなあかんねん」 セイジ「お前二期下やんけ」 コウジ「お前がダブったからやろ」 ゲン「そうやそうや」 セイジ「なんやとお前ゴラ?」 セイジ「おお!?」コウジに掴みかかる ゲン「やめろ!」 先輩「おいお前ら、ええ?お前ら何してんねんそんな所で、ええ?」 ゲン「先輩、コイツが年上やからって威張るんです」 先輩「そう、お前〜セイジお前が二回もダブるから、ちゃうのかオラァ!!」竹刀で突く セイジ「あ゛ぁ゛っ!!」 (ケツワレ一丁で縛られたセイジ) 先輩「おい!セイジお前、俺を〜、差し置いてお前生意気なんじゃ!ええ?」 セイジ「ガアアアアア!!(猿轡)」 先輩「よぉし、コウジ!コイツのお前、チン毛剃ってまえ!」 コウジ「えぇ…」 先輩「『えぇ』やない!お前コイツに舐められ***やろ?はよここで恨み、晴らしてしまうんじゃ!」 セイジ「ガアアアアアガアア!!(猿轡)」 先輩「道具持ってこい!」 コウジ「はい」 先輩「おう来た来た来た来た、えぇ?よし、まずパンツ脱がせろ」 先輩「何サポーターなんか着てるんじゃお前はぁ!オラァ!えぇ?大人しくしろ!往生際悪いなぁ、あぁん?何逆らってんねんオラァ!はよ**ろ!」 セイジ「ゴオオ!ガアアアアアア!ア゛アア!オ゛ア゛!(猿轡)」 先輩「大人しく、しろよオラァ!」 先輩「脱がせろ脱がせろ!」 先輩「よし剃れぇ!コウジ」 先輩「全部ツルツルにしてまえよ」 先輩「ジタバタ、するな!」 セイジ「ガアア!ガアアア!ガアアア!ガアアア!(猿轡)」 先輩「大人しくしろ!」 先輩「留年***が来たらこうなるんじゃオラァ!」 先輩「日頃の恨み晴らせコウジ、えぇ?」 コウジ「アイッス…はい(言い直し)」 先輩「はよ剃れ!オラ…ツルツルにしてまうねん」 先輩「少しは大人しくなったやろ…えぇ?」 先輩「なんやその反抗的な目!お前はいつまで分かってへんねんコラオラァ!えぇ?」 先輩「もっと下の方も剃れ!」 先輩「ほぅらだんだんだんだんお前、チン毛なくなってきたやんけ、えぇ?このままグラウンド走らそかぁ?あぁん?ウーウーウーウー、お前はうるさいねん!!」 セイジ「ガアア!ガアアア!ガアアア!ガアア!ガアア!(猿轡)」 先輩「ここらへんも剃れオラ」 先輩「全部いったれオラ、コウジ!一本残らず剃ってまえ」 先輩「おいセイジオラァ見てみろお前!えぇ?お前のチンポお前ガキみたいにツルツルやんけ!逆らったら、えぇ?どうなるか分かったやろ!おぉん?オラァ!」 先輩「オゥラセイジいつまでお前!寝とんじゃオラァ、コウジ来い!」 先輩「よぉい、よぉしお前、馬乗りになってコイツにチンポを舐めさせろ。 そのまま、イくんじゃ!」 コウジ「はい」 (ブリッジ) 先輩「オラオラオラオラもっと!おぉん?効いてんのかこれで!ええ?効いてんのか?もっと、しっかりしろよおう胸張れ張れ張れ、オラオラいけんのかこれで、オラァ!オラオラオラオラ!もっとしっかり耐えろよ何崩してんねんお前!!ええやる気あんのかゲン!オラァ!」 先輩「鍛えろよぉ、オラァ!よぉ〜し!オラオラオラオラもっと!ゲン起きろ!誰が休んでいい言うた!オラオラオラ!抑えろ!堪えろ!オラオラ!」 先輩「オラオラオラオ、もっと!腹筋使わんかオラ!入ってんのかここ力お前〜!ここ力入ってんのんか!オラァ!ええ?こんなんでお前、できる思っとったんかぁ?ほれぇ!」 先輩「オラ、腹筋力入れろ!ほら、もっと上げろ上げろオラ!誰がお前、休んでええ言うてんオラァ!誰が休んでええ言うた!」 先輩「舐めてんのんかぁ〜、俺を〜!オラもっと上げろ!上げるねんオラ!ええ?やる気あんのかお前、起きろ!はよしろ!さっさと!もう一回やオラオラ!入ってんのかここ力!ええ?力入ってんのんかオラァ、足はどうやねん!そらぁ!足もっと突っ張らせんか!やる気あんのかお前!上げろ!もう一回や!ほぉら、んええ?ここ入れろ、力!足いけてんねんなぁ!?オラオラオラ、手ぇはぁ!ええ?手に力入れんの忘れてんのかお前!もう一回や!上げろ!オラ!上げろ!そうやそうやオラァ、上は腹筋!ほらぁ、力!オラオラ!お前ら何休んでんねん、はよぉ!上げんかぁ! (体育倉庫で跳び箱に縛られたゲン) 先輩「お前の、感じるところ、探していって、立派な!Mに調教したるからな。 よぉーし…オラお前ら!」 セイジ「はい!」 先輩「やれ!」 先輩「よしコウジ、ケツ責めろ」 先輩「ケツをだんだん感じるように、調教したるからな、ありがたく思えよ?」 ゲン「あ゛あ゛ぁっ!」 先輩「最近お前、野菜不足じゃないのか?」 先輩「コウジ入れろ!キュウリ一本!」 先輩「オラオラ、コウジ!オラ、もっと入れろおい、***に入るはずや一本ぐらい、軽く!んん?オラァ!ゲン!」 ゲン「ア゛ァァ!ア゛ア゛ア゛ァァァ!!!」 先輩「苦しいかぁオラ!セイジお前、キュウリ、口ん中咥えんかオラァ」 先輩「もっとオラァ、何やねんオラァ、えぇ?オラオラ!オラ!」 先輩「もっとケツ動かせオラァ!二本いけ二本!」 ゲン「うわあぁぁああぁぁ!!あうぅぅぅ!うぅぅぅ!あっあぁぁぁ!!あぁぁ!うぅ!あぁぁぁぁ!」 先輩「オラオラジタバタせんとオラァ!ほらほらほら、*****」 ゲン「あぁぁぁあぁぁぁぁ!!」 先輩「うるさいなぁ!お前えぇ?オラァ、オラオラ」 先輩「よぉしコウジ***!そこにお前、浣腸器あるやろ、液入れろ!」 先輩「オラァ、もっと入れろオラァ!喉の奥まで入れろニンジンセイジオラァ!」 先輩「コウジオラァ!よぉしケツの穴に入れろ!よぉし、何してんねんオラァ!えぇ?ケツの穴めがけて入れんかオラァ、全部入れろよ!」 先輩「もっと入るはずやオラァ、オンラァオラオラ!…全部入ったんか!よぉし!」.

次の

思わず吹いたレス集合 その235

いったれオラァ

先輩() 一年• コウジ• セイジ 先輩「 お前ら!!よく聞けよ。 大学でな、先輩・後輩の関係っていうのはな、四年は神様!三年は大名!二年は平民!おうそれからなぁ、お前ら一年坊主は、奴隷じゃ!」 先輩「今日はな、奴隷っていうのがどういうもんか、お前らにみっちり、仕込みこんだる。 」 先輩「返事は!!」 一年「アァスゥ! 」 先輩「声が小さいんじゃ!もっと腹の底から、返事!」 一年「オッス!!」 新入部員 乱交乱射強制合宿 (腕立て伏せ) 先輩「111!112!オラ113!オラ114!もっと気合い入れて!115!116!ちゃんとやれ!オラ117!11 8!オラオラオラ、もっと上げろ!119!」 先輩「ゲン!お前どうしたもっと、上げんかぁ!119からやコイツが上げるまでオラァ!120、オラいけゲン!トロいなぁお前は!上げろはよぉ!上げろ!上げへんかったら他の二人もそのままやぞぉ?」 先輩「あかん!120、120やお前ら!1 21オラもっといけ!オラ!122!122や!お前また倒れて(カット)」 (うさぎ跳び) 先輩「オラオラもっと上がれ!チンタラチンタラせえへんとオラオラ!何してんねんオラもっと上がらんかオラァ!その上までや!もっといける!オラ(カット)」 (腕立て) 先輩「90!オラ、91!92!93!94!95!96!97!百回や!98!99!99!(カンスト)」 一年「ア゛ア゛ア゛ァ!」 先輩「百ぺんや言うてるやろ!99!オラオラ、99!もっともっと!オラオラもっと気合い入れてやらんかオラ!99やまだ!99!オラオラどうしてんオラァ!99やオラオラもっともっと!オラァ、こらえろ!99!よぉし100!」 (スクワット) 先輩「90!オラッ、91!92!ほらもっと腰下げろ!93!94!ほらもっと頑張らんかぁ!94!95!もっと太もも張れい!96!97!百回や!98!ほら99!99やまだまだ、オラァ!99!気合い入ってへんぞ!99!オラァ、あと1回や頑張れ!ほら99や、まだまだや!もっと太もも離さんか!99!よし100や!」 (手押し車) 先輩「ほらほらもっと行かんかオラ!もっと腰下げてオラァ、もっと下げんねん行け行けそのまま!オラオラオラァ!もっと気合い入れてせんかぁほら!何が苦しいねんまだまだいける!オラ行け行け行け行けオラオラ!もっとや!もっと前に進むねん!」 先輩「ほら進めオラオラ!ちょっと腰下げてみもっと誰がこんなとこで!休んでいい言うた!オラもっと、****!オラ行かせ行かせオラ行け!オラァ、もっと速く進むねん、****!緩すぎる!ほらもっと腰高い高いんやオラ!」 (上体起こし) 先輩「1 1 1!112!ほら腹に力入れてんのか!113オラ上げろ!112、オラァ!もっと上がる!やる気あんのかお前?オラァ!コウジやる気あんのかオラァもっと上げろ!上半身全然上がってないやんけお前どういう気やねんオラもっと上げろ!ほぉら!上がるまでするぞぉ?オラ!もっと上げんかオラァ!上げる気あんのかお前!オラ!…頼んないなぁ!!」 先輩「オラ1 1 2から!113、オラ!ゲン!上げろ!112からやろ!上げろ112やろ!みんな上がってんねやろな?オラオラオラ、やる気あんのかお前!オラ、***!113!114!やる気あんのんかお前ら!!115!116!117!オラ、上げろ!オラ、やる気あんのんか?もっと、上がるはずや!」 先輩「オラオラいつまで経っても上がれへんぞそのままやったら!オラオラオラ!えぇ腹筋力入ってんのんかぁ?入ってんのんか?ほらほらもっと!ほら上げろ!ほらほら!上がるぅ!おぉう上がるよぉ〜し!できるできるオラ上げろ上げろ!」 先輩「上がろ思ったら上がるやろ?ほら、コウジ!上げろ言うてんねん!オラ!やる気あんのんかお前ぇ!!オラ!」 (川辺で休むコウジ) 先輩「コウジお前何サボってんねん!えぇ?喉でも渇いたんかぁ水飲みたいんかオラァ!!」 (腕立て伏せ) 先輩「んん上げろ!12 1!オラいけ!12 2!オラいけオラァ!セイジいけ!ホラ、123!12 4!オラいけゲン、125いかんかオラ!…オラオラやる気あんのんかぁお前ぇ!!えぇ?上げる気あんのんかオラァ!」 先輩「セイジ水汲んでこい!」バケツを蹴る 先輩「お前っ、トロいんじゃ!」ゲンを突き飛ばし水をかける ゲン「あぁ!」 先輩「もういっちょいったろか!?」 ゲン「やめてください!」 先輩「じゃあお前何でも言うこと聞くねんな?」 ゲン「はい、許してください!何でもします!」 先輩「よぉしじゃあお前ズボンおろせ!早くしろ!」 先輩「ほらテキパキしろ!」 先輩「パンツもや!」 先輩「オラやること分かってんねやろ?」 ゲン「えっ?」 先輩「舐めろ!」 先輩「ほらぁ…もっと口の奥まで入るはずや!」 先輩「…痛い!お前歯ぁ立てたやろ!!」 先輩「おぉん?何歯ぁ立ててんじゃはよもう一回やり直せ!」 ゲン「すいません…」 先輩「もっと奥まで舐めろ、咥えろ!喉の奥まで入るはずやろオラ!丁寧にしろ。 何でもやんねやろ?何でやる言うてんやろ?」 ゲン「はい」 先輩「よぉぉし……」 先輩「はぁ…なかなか上手なったやんけ!良いぞぉ〜、徐々にはっ、速くしろ!…おぉし、良い感じや…!おぉぉぉし…!」 先輩「よぉしいいあぁ、もっと激しくしろ、オラァ!ほらほら!どうしたんじゃ!何、もっと入れろ言うてるやろ!ほら!もっと激しくしろほらほらぁ、どうしてんオラァ!よぁし、良いぞぉ!もっと奥まで入るはずや、ほら!ほらほらほら!ほらほら!よぉし、オラ!もっと咥ぁえろ!ほらもっとしゃぶれ!ほら!オラオラ****!オラ!オラはぁもっと口使えオラ!ほらもっとピストン運動しろオラァ!ほらほらほら!そうや!もっとオラァ!奥まで入るやろ!よぉし!オラ!オラオラ!オラオラ!オラァ!よぉしオラオラもっと激しくしろオラァ、オラオラもっと、おぉ音たてろ、オラァ!何上品ぶってんのんじゃ!ウラ!」 先輩「…あぁ!…あぁ!」 先輩「よぉし良いぞ、良いぞ〜…アッ!!お前歯ぁ立てたやろ!!」 先輩「おいお前らコイツ**んでいけ!」 先輩「お前ほん〜まぁ、何もでけへんのぉ!!」 先輩「早く連れて行け!」 (林の木に縛られたゲン) 先輩「お前ぇ!口も使われへんねやったら次どこ使うか分かってるやろな?」 先輩「オラ足上げろ!オラ、おぉい…」 先輩「オラ!」 ゲン「っあぁ!っえぁ!」 先輩「力抜けオラ!オォレ!」 ゲン「いぇっ、あっ!あっ!あっ!あっ」 先輩「何が痛いんやオラ!おぉ!」 ゲン「あぁあぁっ、あぁっ!」 ゲン「あぁぁぁ痛ぁい!あぁぁあぁ…痛い…」 先輩「力抜け言うてるやろ!オラ!」 ゲン「あぁっはぁっ…あぁあぁあぁ!あぁぁえうっ、あぁ、うぅ、あぁっ…」 先輩「よしお前らも味わえ!」 セイジ「えっ…」 先輩「早く輪姦すねんお前らで!早くしろとっととせんか!」 先輩「何もたもたしてるんじゃ早く入れんか!セイジいけよオラ!弱らしてまえ!」 先輩「お前なぁ!今日はここでお前一日置き去りで反省してよう考えろ!!」 (木に縛られたまま置き去りにされるゲン) (ほどいてやるコウジ) (部屋に戻ったコウジとゲン) コウジ「もう逃げよか、********…」 先輩「オッ!?お前らこんなとこで何してるんじゃ!!ハッハァ〜ン、お前ら…逃げる気やろ!」 先輩「おいゲンお前!もう一回調教し直しやからなぁ!」 ゲン「…先輩違うんです!コイツが勝手に逃げだしたんです」 コウジ「えぇ…」 先輩「セイジ!はよ来い!」 (深夜の特訓後) セイジ「あぁぁっ疲れた!あぁぁ〜肩こった。 おっ、コウジ、ちょっと、肩揉んで。 」 コウジ「あぁ?なんで俺がお前の肩揉まなあかんねん」 セイジ「お前二期下やんけ」 コウジ「お前がダブったからやろ」 ゲン「そうやそうや」 セイジ「なんやとお前ゴラ?」 セイジ「おお!?」コウジに掴みかかる ゲン「やめろ!」 先輩「おいお前ら、ええ?お前ら何してんねんそんな所で、ええ?」 ゲン「先輩、コイツが年上やからって威張るんです」 先輩「そう、お前〜セイジお前が二回もダブるから、ちゃうのかオラァ!!」竹刀で突く セイジ「あ゛ぁ゛っ!!」 (ケツワレ一丁で縛られたセイジ) 先輩「おい!セイジお前、俺を〜、差し置いてお前生意気なんじゃ!ええ?」 セイジ「ガアアアアア!!(猿轡)」 先輩「よぉし、コウジ!コイツのお前、チン毛剃ってまえ!」 コウジ「えぇ…」 先輩「『えぇ』やない!お前コイツに舐められ***やろ?はよここで恨み、晴らしてしまうんじゃ!」 セイジ「ガアアアアアガアア!!(猿轡)」 先輩「道具持ってこい!」 コウジ「はい」 先輩「おう来た来た来た来た、えぇ?よし、まずパンツ脱がせろ」 先輩「何サポーターなんか着てるんじゃお前はぁ!オラァ!えぇ?大人しくしろ!往生際悪いなぁ、あぁん?何逆らってんねんオラァ!はよ**ろ!」 セイジ「ゴオオ!ガアアアアアア!ア゛アア!オ゛ア゛!(猿轡)」 先輩「大人しく、しろよオラァ!」 先輩「脱がせろ脱がせろ!」 先輩「よし剃れぇ!コウジ」 先輩「全部ツルツルにしてまえよ」 先輩「ジタバタ、するな!」 セイジ「ガアア!ガアアア!ガアアア!ガアアア!(猿轡)」 先輩「大人しくしろ!」 先輩「留年***が来たらこうなるんじゃオラァ!」 先輩「日頃の恨み晴らせコウジ、えぇ?」 コウジ「アイッス…はい(言い直し)」 先輩「はよ剃れ!オラ…ツルツルにしてまうねん」 先輩「少しは大人しくなったやろ…えぇ?」 先輩「なんやその反抗的な目!お前はいつまで分かってへんねんコラオラァ!えぇ?」 先輩「もっと下の方も剃れ!」 先輩「ほぅらだんだんだんだんお前、チン毛なくなってきたやんけ、えぇ?このままグラウンド走らそかぁ?あぁん?ウーウーウーウー、お前はうるさいねん!!」 セイジ「ガアア!ガアアア!ガアアア!ガアア!ガアア!(猿轡)」 先輩「ここらへんも剃れオラ」 先輩「全部いったれオラ、コウジ!一本残らず剃ってまえ」 先輩「おいセイジオラァ見てみろお前!えぇ?お前のチンポお前ガキみたいにツルツルやんけ!逆らったら、えぇ?どうなるか分かったやろ!おぉん?オラァ!」 先輩「オゥラセイジいつまでお前!寝とんじゃオラァ、コウジ来い!」 先輩「よぉい、よぉしお前、馬乗りになってコイツにチンポを舐めさせろ。 そのまま、イくんじゃ!」 コウジ「はい」 (ブリッジ) 先輩「オラオラオラオラもっと!おぉん?効いてんのかこれで!ええ?効いてんのか?もっと、しっかりしろよおう胸張れ張れ張れ、オラオラいけんのかこれで、オラァ!オラオラオラオラ!もっとしっかり耐えろよ何崩してんねんお前!!ええやる気あんのかゲン!オラァ!」 先輩「鍛えろよぉ、オラァ!よぉ〜し!オラオラオラオラもっと!ゲン起きろ!誰が休んでいい言うた!オラオラオラ!抑えろ!堪えろ!オラオラ!」 先輩「オラオラオラオ、もっと!腹筋使わんかオラ!入ってんのかここ力お前〜!ここ力入ってんのんか!オラァ!ええ?こんなんでお前、できる思っとったんかぁ?ほれぇ!」 先輩「オラ、腹筋力入れろ!ほら、もっと上げろ上げろオラ!誰がお前、休んでええ言うてんオラァ!誰が休んでええ言うた!」 先輩「舐めてんのんかぁ〜、俺を〜!オラもっと上げろ!上げるねんオラ!ええ?やる気あんのかお前、起きろ!はよしろ!さっさと!もう一回やオラオラ!入ってんのかここ力!ええ?力入ってんのんかオラァ、足はどうやねん!そらぁ!足もっと突っ張らせんか!やる気あんのかお前!上げろ!もう一回や!ほぉら、んええ?ここ入れろ、力!足いけてんねんなぁ!?オラオラオラ、手ぇはぁ!ええ?手に力入れんの忘れてんのかお前!もう一回や!上げろ!オラ!上げろ!そうやそうやオラァ、上は腹筋!ほらぁ、力!オラオラ!お前ら何休んでんねん、はよぉ!上げんかぁ! (体育倉庫で跳び箱に縛られたゲン) 先輩「お前の、感じるところ、探していって、立派な!Mに調教したるからな。 よぉーし…オラお前ら!」 セイジ「はい!」 先輩「やれ!」 先輩「よしコウジ、ケツ責めろ」 先輩「ケツをだんだん感じるように、調教したるからな、ありがたく思えよ?」 ゲン「あ゛あ゛ぁっ!」 先輩「最近お前、野菜不足じゃないのか?」 先輩「コウジ入れろ!キュウリ一本!」 先輩「オラオラ、コウジ!オラ、もっと入れろおい、***に入るはずや一本ぐらい、軽く!んん?オラァ!ゲン!」 ゲン「ア゛ァァ!ア゛ア゛ア゛ァァァ!!!」 先輩「苦しいかぁオラ!セイジお前、キュウリ、口ん中咥えんかオラァ」 先輩「もっとオラァ、何やねんオラァ、えぇ?オラオラ!オラ!」 先輩「もっとケツ動かせオラァ!二本いけ二本!」 ゲン「うわあぁぁああぁぁ!!あうぅぅぅ!うぅぅぅ!あっあぁぁぁ!!あぁぁ!うぅ!あぁぁぁぁ!」 先輩「オラオラジタバタせんとオラァ!ほらほらほら、*****」 ゲン「あぁぁぁあぁぁぁぁ!!」 先輩「うるさいなぁ!お前えぇ?オラァ、オラオラ」 先輩「よぉしコウジ***!そこにお前、浣腸器あるやろ、液入れろ!」 先輩「オラァ、もっと入れろオラァ!喉の奥まで入れろニンジンセイジオラァ!」 先輩「コウジオラァ!よぉしケツの穴に入れろ!よぉし、何してんねんオラァ!えぇ?ケツの穴めがけて入れんかオラァ、全部入れろよ!」 先輩「もっと入るはずやオラァ、オンラァオラオラ!…全部入ったんか!よぉし!」.

次の

作品歌詞:Summer SONG / 作詞 エエ声 / うたまっぷ自作歌詞投稿

いったれオラァ

:とは、そののを当てているのがである事を示す言葉だが… 概要 としてを多数演じ、同時にとしても高いを誇り、また私生活では同じくののとして知られる。 しかし、そんなが を当てていると認めたくない、顔負けのゲスいや狂気に染まったを発するに対して特につけられる、それが「:」である。 ! から君はだ! :• とにかく、君には一生 「延々と右前に進む」っていうをやって貰うから! :• いい加減にしてくれ…!!今、一番覚えなきゃいけないのは 「如何に、右前にに進めるか?」ってことだろ! :• じゃあさ、もし左行ってちょー強い「」とかいたらどうすんの? :• もし、左行ってちょー強い出てきてさ! の崩れたらとれんのかって聞いてんだよ!! :• とれねーなら右前に行くのがなんじゃねーのかおぉん :• ぁっ…!掃除しなきゃ!、掃除しなきゃ! :• あ、どうもはじめまして…ハ? ウが2人… :• さぁ諸君!も元気に、 ! :• め…!を入れてやったのさ! :• んー…でも、今はちょっと富っちとしてるから… まぁ、に処理しといてよ :• ! 今のうちに配置変えちゃうもんねー! :• で不安にさせるだけさせて放送はまだ先とか、に考えてもんだろ!! がー! :• だがはしまえのところははしまうんだっちー!! 私に免じてー!!! :• ちょちょちょちょーい!! 何やってんだっち!まずは部位破壊! :• ちょちょちょちょちょーい!! ほんと何考えてんだ!どこの出てるのか言ってみろ!! :• !ポックルは先に両部位破壊すると回復とか始める野郎だ! こんなの見てたらでしょーが!! :• ほらっ もっと意識高く!!! :• …、せっかく私が意識高く分補給させてやってるっていうのに…!! :• やばい…!!もったいないだ!!ろウ! :• ちょ、あっつ!これはあっつ!あっち!あちっ! :• 田野郎がしゃしゃってっからだぞコロー! :• おいこの!さんに詫び入れて自らの準備によ入れや! :• でもしとくか!いったれオラァ! :• の野郎… :• 、よくも裏切りやがったな! :• おから何出してんだよ。 卑の助かっつーの! : 関連動画 関連項目• 「:」にを当てた.

次の