行政書士 勉強 資格。 【行政書士試験】18歳一発合格者の勉強法とは?勉強時間は?

行政書士試験 資格・試験ガイド

行政書士 勉強 資格

行政書士試験に合格するには?どうしたらいいか独学での勉強方法はどうすればいいか? 行政書士試験に合格するのはどうしたらいいのか? 受験生の悩みはこれにつきると思います。 この悩みは特に 独学の受験生に多いはずです。 なぜならば、誰も合格の仕方を教えてくれないからです。 そして、勉強方法もポイントもわからないまま、がむしゃらにやって、本試験に臨みます。 当然、不合格となり、皆いつしか諦めていくのです。 中には行政書士にどうしてもなりたいけど試験が難しそうだからとはじめっから諦めたという人もいるかもしれません。 確かにあの テキストや問題集の分厚さを見たらやめたくなるのは当然だと思います 笑 なぜ合格できないのか? 理由は簡単です。 完璧を目指そうとするからです。 それゆえ、本来はあんまり力を注いではいけない部分に力を注ぐから、受からないのです。 行政書士試験は確かに難しい・・・ 確かに行政書士試験は合格率一桁の難しい資格と言われています。 100人受験して、90人も落ちる試験です。 ですが、センスが問われるような試験ではありません。 正しい 勉強法、しっかりとした 勉強スケジュール、必要最低限の 勉強時間さえ取れれば、十分に合格できる資格試験です。 そして、合格するならば、やはり効率的に合格したいものです。 このブログでは独学での勉強方法や試験対策・戦略の立て方、 合格のコツなどを存分に紹介しています。 また効率の良い記憶方法や裏技的なことなどについても書いています。 学習する上で何かの参考になればと思っています。 但し、 経済的な面で考えてという意味でのオススメです。 ネット上などで「独学では絶対無理」という声も多いのは確かですが、絶対に合格不可能ということはありません。 現に私が自力で受かっているから、ウソではありません。 もちろん、私は高学歴でも法学部でもありません。 一応は大学卒ですが、私大です。 しかし国家資格、ましては法律系の資格である以上、簡単には合格できません。 その人の潜在能力や元々の教養や学歴にもよりますが、それなりの努力は必要です。 ここを勘違いしている人が多く、 合格率10%前後というの低い数字に現れています。 通信講座や通学の方が合格率は高い・・・。 初めから潔く、 予備校や通信講座で合格を目指すことも私は間違いではないと思います。 経済的な負担が少ないという意味で、独学がオススメというだけであって、必ずしも独学に固執する必要ありません。 私だって、 独学よりもサポートのしっかりした通信教育や予備校で受けたかったというのが本音です。 ただ、私のような貧乏人にしてみれば、高額な費用がかかる予備校は最初から選択肢になかったのです。 ただ、それだけです。 独学を選んだの、非常に単純な理由でした。 実は通信講座が安い!? しかし現在、その当時は知りませんでしたが、 独学にかかる費用に数万円足しただけで受講できる、コスパの良い通信講座も出てきているのも事実です。 それに、独学よりも通信講座や通学向きの人もいます。 今更ですが、私も参考書選びなどの手間も考えれば、そっちの方が良かったかなとも思っています 笑 そして、一部の通信講座会社で発表されている 合格率も全体と比べて、やはり高いです。 とこのように通信講座などのサービス、料金体系も変わりつつあるということです。 自分に合った方法を選択するということが大事 独学、通信講座、通学、それぞれ一長一短はあります。 どれを選べば正解ということはありません。 受験生一人一人、金銭的事情や学歴や記憶力といった能力や環境は様々です。 大事なのはそれぞれの受験生にあった方法を選択するということです。 基本的に行政書士は申し込みを忘れずにし、どんな方法であれ必要最低限の勉強さえすれば誰でも受かる試験なのです。 難易度や合格率なんて気にする必要はありません。 ただ、独学で合格するとなればある程度、戦略や作戦を立てる必要があります。 がむしゃらに勉強して受かる資格ではありません。 合格基準点のギリギリのちょい上を狙う!! 簡単かつ楽して合格したいならば、合格点ギリギリのちょっと上くらいを狙うことがオススメです。 ギリギリ=恥ずかしいではないのです。 後で詳しい説明はしますが、行政書士試験は基本的には300点満点中、合格基準点の180点を超えていれば不合格にはなりません 一般知識の足キリなどはあります。 つまり、 全体の6割である180点さえ超えれば、行政書士試験に合格できるのです。 中には、満点を狙わずに合格基準点さえ超えればいいという考えに否定的に捉える方もいるかもしれませんが、私は常套手段だと思っています。 そのおかげで私は 独学でより短い時間、少ない費用で合格しました。 どんな勉強方法が効率的なのか? ここでその勉強方法を少し紹介すると、記憶は夜にする、行政法を重点的に勉強するなどの 王道の勉強法から、商法を捨てる、ノートは取らないなどの 非常識とも思える勉強方法まであります。 つまり、行政書士試験は真向勝負しても時間がかかるだけです。 配点や試験の特性に合わせた学習方法が最適だということです。 満点で合格しても190点で合格しても行政書士にはなれます。 もちろん登録さえすれば、実務もできます。 扱いに、差別なんてありません。 自分から言わない限り、合格後に自分の得点がばれることもありません。 つまり、180点以上さえ取れば、合格なのです。 そこはまず押さえておきましょう。 また、このブログでは、管理人のわかり易いであったり、オススメの問題集などもこのブログで紹介しています。 当ブログの合言葉は 合格点のギリギリを狙って、楽して合格!!です。 少しでも参考にしていただければと思います。 時間がないという人のために目的別のリンクを作ってみました。 こちらを読めばこのブログの概要がつかめると思います。 該当する方は以下のリンクからどうぞ!! ・ ・ ・ はじめに~挨拶と行政書士試験に合格する方法について 資格マニアの管理人のプロフィール等です。 読み飛ばしていただいても構いません。 勉強する前に!!まずは行政書士試験を知ることが大切 行政書士試験とはどんな資格なのかがわかります。 日程や申し込み期間、合格基準など知ることはもちろん各科目の配点から出題形式まで知らなければなりません。 特に配点は大事で、配点から勉強方法や戦略を練るのが基本となっています。 行政書士試験は行政法と民法と憲法を重点的に学習するのがポイントです。 他士業資格の社労士試験と司法書士試験についても少し書いてみました。 将来、ダブルライセンスを視野に入れたり、ステップアップする予定のある人は見た方が良いかも知れません。 興味なければ読み飛ばしても構いません。 合格のために必ず知っておくべきこと・勉強法 資格試験に合格するための基本は過去問中心に演習すればいいと思っている方、 行政書士試験は過去問だけでは通用しません。 行政書士試験は暗記のみで解ける問題とそうでない問題があります。 過去問の問題と解答を暗記するだけでは合格はできません。 正しい勉強方法を知ることで例え独学だとしてもぐっと合格へと近づきます。 独学!勉強法はコレ!!行政書士試験対策・オススメのテキスト・参考書など 独学で学習する上で大事なのがテキスト・参考書や予想問題集などの教材関係についてまとめてみました。 具体的な勉強方法も書いています。 あまり自信はありませんが、条文など要点についても書いてみました。 迷ったときは読んでみてください。 何かのヒントがあるかも知れません。 当日・前日の過ごし方と行政書士試験のアレコレ 試験日当日や前日の過ごし方も大事です。 やはり本番に力を出し切れなければ意味がありません。 他、行政書士試験の歴史なども書いてみました。 裏技や試験のコツなども少し書いています。 あとは勉強のモチベーション維持についても書いています。 余裕のある方は読んどくといいかも知れません。

次の

行政書士の資格取得って時間の無駄なの?資格の価値や役に立つ機会を紹介

行政書士 勉強 資格

行政書士試験に挑戦するために、どうやって勉強しようか、どんな勉強方法で試験対策を始めようかと考え始めたときに、まず気になるのは、「コスト」と「手軽さ」ではないでしょうか。 コストが最も安くつき、なおかつ手軽にできるのは、やはり「独学」です。 逆に、 コストが最も高くつき、手軽さが最も低いのは「 通学講座」です。 そして、その 中間とでもいうべき、良いとこ取りをしたものが、「 通信講座」ということになるかと思います。 もちろん、「コスト」と「手軽さ」のほかに、どの勉強方法が行政書士試験の合格への近道なのか、ということも考慮しないといけませんが、この点については、はっきり言って、どの勉強方法でも、しっかりとこなすことができれば合格できます。 その勉強方法が自分に合ったもので、最後までやり遂げることができれば、行政書士に合格できるんです! ということで、最後までやり遂げることができる勉強方法、つまり、あなたに最適な行政書士試験の勉強方法の選び方について、考えていきたいと思います。 「独学」なのか、「通信講座」なのか、それとも「通学講座」なのか、 あなたに合った勉強方法を導き出すお手伝いをさせていただければと思います。 なお、上述のとおり、「コスト」と「手軽さ」の面から、「独学」がもっとも有利な勉強方法になりますので、このページでは、 独学が可能な人にとっては、「独学」がベストな勉強方法として位置づけています。 一方、 「独学」が難しい人は「通信講座」、それも難しい人は「通学講座」という順序で判定していくこととします。 ただし、通学講座は、立地条件の面でハードルが高くなるため、通学講座が最適と判定された場合であっても、通信講座でなんとか頑張っていただくという形になろうかと思います。 最適な行政書士試験の勉強方法を導く要素 その1 時間的な要素(通学する時間が確保できるか) まず一つ目は、時間的な要素です。 これは、それほど考えずに答えることができると思います。 もし通学講座に通うとなれば、週に1〜2日程度、3時間程度のまとまった時間を確保する必要があります。 曜日・時間帯は、平日の夜か、土日の昼間か、平日の昼間か、といった形で複数のコースが設定されている場合が多いと思います。 また、教室で講義を受けるのではなく、個別ブースでビデオ講義を受けるという受講形態もありますので、この場合は、決められた時間帯に左右されずに、自分のペースで通学することも可能です。 しかし、いずれにしても、わざわざ通学するわけですから、それなりにまとまった時間を確保したうえで、通学する必要があることに変わりはありません。 したがって、このような まとまった時間を確保できない場合や、 時間自体はあるけれども夜遅くの時間しかないというような場合は、必然的に、通学講座は不可能ということになり、「独学」か「通信講座」かのいずれかに選択肢が絞られてきます。 このような方は、 へ進んでください。 (リンクをクリックすると、該当箇所にジャンプします。 ) 一方、 まとまった時間が確保できるという場合は、まだ「独学」、「通信講座」、「通学講座」のいずれも選択肢が残っているという状態です。 このような方は、次のへ進んでください。 最適な行政書士試験の勉強方法を導く要素 その2 学習環境の要素 (ひとりで勉強できるか) 次は、学習環境の要素です。 これは、みなさんの勉強体質のようなものに関係してきます。 自宅でひとりの環境で勉強ができるかどうかの問題です。 自宅にいると、だらけてしまって勉強ができない。 ひとりでは気持ちが続かない。 心が折れてしまいそう。 机に向かうことが苦手。 そもそも勉強が苦手。 家の外に出て、周りの眼がないと集中できない。 というように、 自宅でひとりで勉強ができない方は、勉強体質がないため、「 通学講座」を選択した方がよいということになります。 このような方は、へ進んでください。 (リンクをクリックすると、該当箇所にジャンプします。 ) 逆に、自宅で ひとりの環境で勉強ができるという勉強体質のある方は、「独学」か「通信講座」かで勉強ができるということになります。 このような方は、次のへ進んでください。 最適な行政書士試験の勉強方法を導く要素 その3 勉強方法の要素(テキストで勉強できるか) 最後は、勉強方法の要素です。 これは、自分でテキストを読み進める勉強ができるかどうかの問題です。 人から教えてもらわないとわからない。 テキストを読んでいたら眠くなる。 わからなくて挫折した経験がある。 テキストを読むのが苦手 というように、 自分でテキストを読み進める勉強ができない方は、「 通信講座」を選択した方がよいということになります。 このような方は、へ進んでください。 (リンクをクリックすると、該当箇所にジャンプします。 逆に、• テキストだけで理解できる自信がある。 テキストを読んでいても眠くならない。 受験勉強も苦にならなかった。 というふうに、 自分でテキストを読み進める勉強ができる方は、「独学」による学習が可能となりますので「 独学」を選択することができることになります。 このような方は、へ進んでください。 (リンクをクリックすると、該当箇所にジャンプします。 ) あなたに最適な行政書士試験の勉強方法 以上の3つの要因(質問)により、「独学」、「通信講座」、「通学講座」のいずれがあなたに最適な行政書士試験の勉強方法なのか導かれたかと思います。 では次は、それぞれの行政書士試験の勉強方法について、解説していきたいと思います。 「独学」で行政書士試験にチャレンジ! では、独学で行政書士試験の勉強をすることに決まったら、まずはテキスト選びから始めましょう。 そして、そのテキストに対応した問題集も併せて選びます。 独学の場合、最低限、テキストと問題集がそれぞれ一冊ずつあれば、合格できる人は合格できます! 行政書士の市販テキストは、様々な出版社から各種のテキストが数多く出版されている状態です。 当サイトでは、各社のテキストを実際に購入して読み比べたうえで、おすすめのテキストや問題集をご紹介していますので、下記のページを参考にしてください。 テキストと問題集が決まったら、自宅などで時間を確保して、テキストを読んでインプット学習をし、問題集を解いてアウトプット学習をするという形で勉強を進めていくことになります。 また、スキマ時間を使ってテキストを読んだりすることもできますね。 初学者が行政書士試験に合格するためには、トータルで500時間程度の学習時間が必要と言われています。 1日に確保できる勉強時間や予備知識がどれだけあるかなど違いがありますので、500時間というのはあくまでも目安となりますが、例えば、1日に3時間の勉強時間が確保できる方であれば、半年程度の期間になりますし、1日に1時間しか勉強時間が確保できない方であれば、1年半程度の期間が必要になると考えていただければよいかと思います。 なお、テキスト1冊と問題集1冊のほか、もし時間的に余裕があれば、「要点整理テキスト」といわれるテキストを使って総整理すれば、知識の漏れを防ぎ、頭がスッキリと整理されますので、より効果的かと思います。 (当サイトの下記のページを参考にしてください。 ここまでやれば、完璧ですね! ただし、ここまでやらなくても、「テキスト」と「問題集」、この2つの組み合わせだけを、しっかりと丁寧に取り組めば、それだけでも合格できるはずですので、あくまでも余裕があればの話として、あまり無理をして手を広げないように注意してください。 「通信講座」で行政書士試験にチャレンジ! では、通信講座で行政書士試験の勉強をすることが決まったら、まずは講座選びから始めましょう。 行政書士の通信講座についても、多くの資格学校・資格予備校から、様々な講座が提供されています。 当サイトでは、各社の通信講座について、実際に体験したり、資料請求をして調査したうえで、おすすめの通信講座をランキング形式でご紹介していますので、下記のページを参考にご覧ください。 学習は、自宅で机に座って、パソコンなどで講義を受講するというのが基本形になりますが、多くの通信講座ではスマホにも対応していますので、スキマ時間を使って学習することも可能となっています。 カリキュラムは、初学者向けの通信講座なら、テキストを使いながらインプット講義を受け、問題集を使いながらアウトプット講義を受け、最後の仕上げに模擬試験を受ける、というのが基本的なパターンになっています。 なお、テキストも問題集もすべてオンライン化され、すべてスマホで受講できるという講座もありますので、スキマ時間だけで勉強したいという方は、そのような講座が最適ですね! 「通学講座」で行政書士試験にチャレンジ! では、通学講座に通って、行政書士試験の勉強をすることに決まったら、自宅から通える範囲に行政書士の通学講座(予備校・スクール)があるか探してみましょう。 それほど多くの選択肢はないかと思いますが、当サイトでは、下記のページで、行政書士試験の代表的な資格予備校について、都道府県ごとに整理してご紹介していますので参考にご覧いただき、近所に通学講座がないか探してみていただければと思います。

次の

行政書士試験 資格・試験ガイド

行政書士 勉強 資格

<試験までの残りの日数による目安の勉強時間の例> ・試験までの日数:300日の場合 平日1時間、土日4. 5時間 ・試験までの日数:200日の場合 平日1. 5時間、土日6. 5時間 どうでしょうか? 本記事の筆者のスタンスは、法律初学者は 1年間を勉強期間として確保することをおすすめします。 なぜなら、 記憶の定着にはある程度の時間がかかるからです。 また、 あと残り1問や2問で不合格になることは絶対に避けたいので、そうならないためにも1日でも早く勉強を開始する決意をしましょう。 行政書士試験は通信講座を活用して勉強の効率をあげよう 行政書士試験は独学でもなんとか合格が可能な試験です。 しかし、独学の場合には学習計画を自分で考えなければいけないですし、教材も全て自分で選択する必要があります。 そのため、 計画や教材選びの方向性が間違えている場合には勉強効率が悪くなっていることに気が付かないまま試験日だけが近づいてくる可能性があります。 一方で、 通信講座を利用する場合にはカリキュラムや教材が用意されているので、あとはそれに従って勉強を行えば正しい方向で勉強が可能で効率的です。 通信講座はどこを選べばよいかわからない方向けに、筆者おすすめの通信講座をで詳述しておりますので、ご覧ください。 法律科目だけを学習するだけでは合格できないということですね。 ちなみに意外と一般知識等の問題で4割以上の得点を取ることは難しいです。 行政書士試験の受験者数と合格率の推移 上記は近年の行政書士試験の受験者数と合格率の推移です。 受験者数はここ数年減少傾向で、合格率は徐々に上がってきている傾向です。 受験者数が減少していく傾向であれば、今後も合格率は10%以上で推移していくのではないでしょうか。 ちなみに合格率は上昇傾向となっていても、 やはり国家資格となるので難易度は決して易しくはないのでしっかり勉強していきましょう。 続いて他の国家資格との比較でみていきましょう。 行政書士試験の難易度をほかの資格と比較する 上記は、「 」の記事で紹介している、各科目の難易度比較と勉強時間の比較となります。 上記も踏まえて、合成書士試験と他の試験との難易度を比較していきます。 「 中小企業診断士>行政書士>宅地建物取引士」 僕がすべての資格を受験してきて、難易度を比較すると上記のようになります。 ここでの難易度というのは、 合格までにどれくらい苦労したかということも基準に入れて比較しています。 中小企業診断士との比較 合格までに必要な勉強時間 行政書士:600時間 中小企業診断士:1,000時間 各問題の難しさや内容の深さについては行政書士試験の方が難しいです。 また、行政書士試験はとにかく一問一問の内容の深さがあります。 対して、中小企業診断士は広範囲の内容について浅く学んでいくような試験になっています。 中小企業診断士は1次試験は7科目(択一試験)、2次試験(論述試験)と試験の合格までの道のりが長く、論述試験も行政書士と比較して記述量がとても多いです。 ですので、中小企業診断士の方が合格までにかかる勉強時間や2次試験まであり、非常に広範囲の知識を知る必要があることから、行政書士試験は中小企業診断士と比較すれば少々易しいです。 宅地建物取引士との比較.

次の