東京女子大ウェブクラス。 学習院女子大学

テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス

東京女子大ウェブクラス

290-312 3.『西ドイツにおける事実教授の教科書分析』共著、教科書研究センター編、天野正治他著、ぎょうせい 1987年7月 pp. 21-30 7.「「帰国体験を活かす」ことに対する意識とその形成要因について-帰国体験をもつ大学生へのインタビュー調査の分析から-」単著『国際教育評論』第8号 東京学芸大学国際教育センター 2011年6月 pp27-43 8.「帰国生の受け入れクラスに対する意識-受け入れ形態の差異に着目して」単著『異文化間教育』第28号 アカデミア出版会 2008年6月 pp. 100-113 9.「西ドイツにおける教員試補制度--研修カリキュラムにみる理論と実践との統合」単著『日本比較教育学会紀要』第12号 日本比較教育学会 1986年3月 pp. 220-229 6.『多言語多文化社会を切り開く日本語教育と教員養成に関する研究』平成17年度科学研究費補助金研究基盤研究B-2研究成果報告書、研究代表者:岡崎眸、2006年3月 pp. 1-27(うち約15ページ分担当) 【雑誌等】 1.「学習状況調査(子ども調査)結果報告」海外子女教育振興財団『海外子女教育』2018年7月号 2.「アメリカの補習授業校 インタビュー調査報告」海外子女教育振興財団『海外子女教育』2017年11月号 3.「帰国生のグローバルな活躍のために」海外子女教育振興財団『海外子女教育』2016年10月号、pp48-49 4.「事例紹介:首都大学東京における海外留学促進の取組み」小柳志津・岡村郁子、ウェブマガジン『留学交流』vol. 81-95、pp. 比較言語文化論• 比較言語文化論• 比較言語文化論特論演習• 比較言語文化論研究演習• Foundation Seminar• Globalization and Japan• Advanced Seminar• Internship• 海外留学認定科目• Current Issues of Education in Japan•

次の

テレビ東京ビジネスフォーラム・キャリア大学サマークラス

東京女子大ウェブクラス

『f-Campus』 学習院大学、早稲田大学、日本女子大学、立教大学で授業が受けられる制度。 履修できる科目数は2,000を超え、履修単位は卒業単位にみなされます。 『充実したグローバル教育』世界中の大学との交流も積極的に行っています。 英語圏やアジア、欧州各国の名門校と協定を結び、留学や研修を展開。 海外での学びを通じ、多彩な異文化に触れ広い視野を育んでいます。 『キャリア教育』学習院女子大学の特徴は少人数教育。 学生一人ひとりと向き合い、早期のキャリア教育やきめ細かな就職指導で毎年質の高い就職を実現しています。 『キャリア教育』学習院女子大学の特徴は少人数教育。 学生一人ひとりと向き合い、早期のキャリア教育やきめ細かな就職指導で毎年質の高い就職を実現しています。 『キャリア教育』学習院女子大学の特徴は少人数教育。 学生一人ひとりと向き合い、早期のキャリア教育やきめ細かな就職指導で毎年質の高い就職を実現しています。 主な就職先(2018年3月卒業生) 【金融】 みずほフィナンシャルグループ、りそなホールディングス、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、千葉銀行、京葉銀行、SBJ銀行、三井住友信託銀行、日本生命保険、明治安田生命保険、AIGジャパン・ホールディングス、あいおいニッセイ同和損害保険、損害保険ジャパン日本興亜、野村證券、巣鴨信用金庫、ジェーシービー、オリエントコーポレーション 【航空】 全日本空輸、日本航空、ANAエアポートサービス、JALスカイ、中国国際航空、フィリピン航空 【その他】 エイチ・アイ・エス、JTBワールドバケーションズ、住友商事グローバルメタルズ、三菱商事エネルギー、ユナイテッドアローズ、ルイ・ヴィトンジャパン、ソフトバンク、バンダイナムコエンターテインメント、東日本電信電話、新日鐵住金、ニュー・オータニ、星野リゾート、ウェスティンホテル東京、アサヒビール、警視庁、厚生労働省 国際文化交流学部 入試情報 国際文化交流学部 学科 募集人数 出願期間 試験日 試験科目 B方式 日本文化学科 20名 1月25日 金 ~ 2月13日(水) 2月22日 金 1. 外国語 : 100点 3. 英語ライティング : 100点 (英語コミュニケーション学科のみ) 国際コミュニケーション学科 30名 英語コミュニケーション学科 10名 A方式 学科 ・ 日本文化学科 (募集人数:60名) ・ 国際コミュニケーション学科 (募集人数:70名) ・ 英語コミュニケーション学科 (募集人数:30名) 出願期間 2019(平成31)年1月4日(金)~1月22日(火) 試験日 2019(平成31)年2月2日(土) 試験科目 1. 日本史 or 世界史 : 100点 3. 外国語 : 100点 3. 古文選択制(現代文のみでの受験可)。

次の

Home Page

東京女子大ウェブクラス

ビジネスフォーラムは、テレビ東京の経済報道番組『WBS』『モーニングサテライト』『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』『未来世紀ジパング』が一堂に会した、初の大規模な経済系イベントです。 会場では「ニッポンの底力を探れ!」をテーマとした番組出演者のトークショーのほか、番組制作の知られざる舞台裏などを紹介しました。 開催目的のひとつは、リアルイベント・番組放送・ウェブ配信を組み合わせた新たなビジネススキームを開発すること。 イベントの模様は特別番組で放送され、「テレビ東京ビジネスオンデマンド」でも配信されました。 もうひとつの目的は、経済番組のコンテンツを活用してファンに楽しんでもらうという社会貢献です。 当日は約4,300人が来場、各番組の個性を活かしたプログラムは大変好評で、テレビ東京のブランドイメージを高めることができたと思います。 キャリア大学への参画は今回で3回目を迎えます。 講義を受けた大学生の満足度は非常に高かったそうですね。 キャリア大学は大学1~2年生を対象にした企業体験プログラムです。 今年は40以上の企業のプログラムに約2,000人の学生が参加しました。 テレビ東京のプログラムではレポーター体験やカメラマン体験を入り口に、『WBS』のトップニュースの構成と『ガイアの夜明け』新作の骨子案づくりという二種類のグループワークを行いました。 私たちの日々の仕事と同じレベルの課題に取り組めたことや、講師となった番組プロデューサー陣が学生たちの個性的な企画案のひとつひとつに対し真摯にフィードバックしたことが好評を博し、今年のプログラムを評価するアワードで「総合第2位」と「ベストレクチャー賞」を受賞しました。 総務部とクロスメディア部が初めてタッグを組んだ企画運営が高い評価を得て、大変うれしく思っています。 大学受験は基本的には「ひとつしかない正解」の積み重ねで競い合うものです。 ところが社会に出ると正解は必ずしもひとつではなく、むしろ他人とは違う発想を求められます。 だからこそ、大学生の皆さんには経済報道番組を題材に、社会で起きている事象を多角的な視点で解釈・分析する習慣をつけ、豊かな発想力を身につけてほしい。 今回のプログラムは、そんな思いを込めて企画しました。 イベントで視聴者と対面できるように、クロスメディアの取り組みではステークホルダーとの新しいつながり方を生み出すことができますね。 テレビを視ない人が増えていると言われ続ける中で、リアルなイベントを通じてより多くの人とつながっていきたいですね。 また、放送は時間上の制約が強いのですが、ウェブ配信ではその制約が緩くなります。 放送では30秒しか流せなかった有識者のインタビューに、さらに有益な情報を加えてロングバージョンを制作し「テレビ東京ビジネスオンデマンド」限定で配信する試みも始まりました。 そうした配信オリジナルコンテンツを積極的に開発し、視聴者とのつながりをより深めることも目指しています。 クロスメディアによってコンテンツをより多くの人に届けることで、 テレビ局の新たな存在意義も生まれてくるのではないでしょうか。 クロスメディア部の活動を通じて、テレビ局が持つ「社会の事象を解釈・分析する視点」「コンテンツの構成力・制作力」が想像以上に幅広いシーンで求められていると実感しています。 ビジネスの面でも社会貢献の面でも新たな可能性を切り拓くために、私たちの持つノウハウに対してどのようなニーズがあるのか、意識的に探っていくことが今後必要になると思います。 最後に、クロスメディアの長期的なビジョンをお聞かせください。 将来的には、広い意味での「教育」の分野に寄与していきたいという思いがあります。 テレビ東京の経済報道コンテンツをイベントやセミナー、ウェブ、さらに教育の現場で活用し、学生のキャリア形成、若手社員の能力開発、シニア層の第二の人生プランづくりなど幅広い世代の「人づくり」に貢献するスキームを模索していきたいと考えています。 また、様々な番組のコンテンツを「地方再生」「中小企業支援」「女性の活用」などテーマ別に再構成し、それらをテキストに日本が抱える課題を解決するための議論や提言を行うプログラムの構想もあり、個人レベルでは、NPOのイベントなどと組んでトライアルを始めています。 いずれも本格的な取り組みには社内外の様々な調整・連携が必要なので一朝一夕にはいかないと思いますが、「夢は大きく」ですね。

次の